ダイエット中におすすめのおやつ・お菓子23選!コンビニ商品も紹介!

ダイエット中は摂取カロリーを制限するのが基本なので、おやつやお菓子を食べるなんてもってのほか、と我慢していませんか?でも、実はダイエット中におやつを食べるとダイエットが成功しやすいある理由があるんです。今回はその気になる「ダイエット中のおやつがいい理由」や、ダイエット中のおやつのルール、コンビニでも手に入るおいしくて低カロリーなおやつやお菓子を大特集します。ダイエッターの方必見です!

ダイエット中におすすめのおやつ・お菓子23選!コンビニ商品も紹介!のイメージ

目次

  1. 1ダイエットしててもおやつ・お菓子を食べて良い?
  2. 2ダイエットにおすすめのおやつ・お菓子23選!
  3. 3ダイエットはおやつ・お菓子を賢く間食
  4. 4ダイエットにピッタリのおやつ・お菓子を作ろう
  5. 5ダイエットはおやつ・お菓子の選び方1つでヘルシーに

ダイエットしててもおやつ・お菓子を食べて良い?

ダイエット中の方にとって一番ツラいのが空腹ではないでしょうか?ローカロリーな食事は大体食べごたえのないものが多く、ダイエット中は量も制限されるため満腹感を得られにくく、食事と食事の間はお腹が減ってしまいます。グーグー鳴るお腹を抱えながら、おやつは我慢しなければいけない、と思ってはいませんか?でも、ルールさえ守ればおやつを食べてもOKなんです。むしろおやつを食べたほうがいいという意見もあるんです。

ダイエット中の方にとっておやつを食べることがいいというのには理由があります。どんな理由なのか気になりますね。今回は、今までのダイエットの常識を覆す「ダイエット中のおやつのすすめ」についてフューチャーしていきます。また、ダイエット中におすすめのお菓子についてもたっぷりと紹介します。コンビニで気軽に買えるものもあるので、この記事を参考に我慢しないダイエットを叶えましょう!

ダイエットにおすすめのおやつ・お菓子23選!

驚きの低カロリーアイス「グリコSUNAO」

SUNAOはからだにやさしいおいしさを作りたいという思いからグリコが満を辞して発売したカロリーのおやつブランドです。豆乳やトウモロコシ由来の食物繊維で糖質をコントロールしながら、濃厚な風味にこだわったダイエット中でも満足感のあるお菓子が揃います。中でもSUNAOアイスは、1カップあたり80kcal、糖質を50%オフを実現しました。

さっぱりとしながらもまろやかな風味が楽しめるバニラ味、生クリーム入りのチョコアイスに香ばしいチョコクランチを合わせたチョコクランチ味、芳醇な味わいのラム酒漬けレーズンを生クリームをミックスしたラムレーズン味の3種類が揃います。ダイエット中でも食べたいキモチに我慢しない、おすすめのアイスです。

仕事の合間にもおすすめ「森永カレ・ド・ショコラカカオ70」

カレ・ド・ショコラカカオは、ダイエットをサポートしてくれる高濃度カカオチョコレートです。甘さを抑え後切れのすっきりとしたカカオ70%の本格ビターチョコレートで、原料や製法に徹底してこだわって作られた森永製菓の自信作です。たったひとつ食べるだけでも、濃厚なカカオの風味が楽しめるので、満足感がたっぷりと味わえ、午後の仕事や家事も頑張ろうと言う気持ちにさせてくれます。

紅茶やコーヒーとの相性も良いので、ほっと一息つきたい時にもおすすめです。チョコレート一枚あたり28kcalと低カロリーなのにおいしいと評判なので、チョコレート好きの方はひとつストックしておくとよいかもしれません。プレーン味のほか、くるみやざくろなどダイエットにぴったりの食材が入ったタイプもあるので、お好みで選んでみてはいかがでしょうか?

ライザップが監修したダイエット向けスイーツ「ライザップスイーツ」

CMでもおなじみのパーソナルトレーニングジム、ライザップが大手コンビニとコラボしたダイエット向けスイーツは、ダイエット中でも食べられる糖質10g以下の低糖質が魅力です。ラインナップは4種類あり、いちごとラズベリーソースで甘酸っぱさをプラスした濃厚チーズケーキ、北海道産純生クリームを使った濃旨キャラメルプリン、ブルターニュ産発酵バターを配合したふんわり食感のバウムクーヘン、チョコホイップシューです。


濃厚チーズケーキは186kcalとなっていますが、キャラメルプリンとチョコホイップしゅーは201kcal、バウムクーヘンは252kcalとなっているので、頑張った日の特別なおやつとしてごほうび代わりに利用するのがよいでしょう。購入はファミリーマートやサークルK、サンクスのみとなっていますので、近くにあればぜひチェックしてみてほしいおすすめです。
 

手軽に買えて絶品「ナチュラルローソン低糖質お菓子シリーズ」

ダイエット中の女子に大人気となっているのが、ナチュラルローソンの低糖質お菓子シリーズです。低糖質で、低カロリー、食物繊維がたっぷりと含まれた体が喜ぶおやつが多数ラインナップされていて、こんにゃくチップスやマヌカハニーアーモンド、ソイクランチ、ゼロノンシュガーチョコレートなど聞くだけでヘルシーなお菓子がたくさん見つかります。

中でもくるみとココナッツのキャラメリゼは、キャラメルでコーティングされたくるみがたまらないおいしさです。1袋食べても糖質はたった5.4g、食物繊維も3.8g含まれているので、お通じの改善にも効果が期待できます。どれもパッケージにはジッパーが付いているので、ちょい食べにもぴったりで、会社の置きおやつとしても最高のお菓子シリーズとなっています。

満腹感を得られて食べ過ぎをガード「ぐーぴたっ」

ぐーぴたっは、少量摂取するだけでおなかの中で何倍にも膨らむコンニャクマンナン(グルコマンナン)を使ったダイエット中でもおいしく食べられると話題のソフトクッキーです。食物繊維グルコマンナンを豊富に含んでいるので、少量食べるだけで満腹感を得られ、小腹がすいた時のドカ食いを防いでくれます。食物繊維だけでなく、1日分に相当するカルシウムや鉄分も含んでいるので、不足しがちな栄養素も補えます。

いろんなシリーズが発売されていて選ぶのも楽しいですが、中でもおすすめは糖質ゼロシリーズです。豆乳とおからから作られているので1袋あたり50kcal前後と低カロリー、プレーン味、ビターショコラ味、きなこ味、抹茶味とフレーバーもたくさんあるので、食べ飽きる心配もありません。1箱に3個入りのクッキーが3袋入った小分け包装も、ダイエット中の方に嬉しい配慮です。

生チョコ風味で満足感たっぷり「シャトレーゼとろけるショコラ」

シャトレーゼの「糖質84%カットのとろけるショコラ」は、砂糖は一切使用せず糖質は1粒あたり0.22gという驚きの低糖質を実現した夢のようなチョコレートです。生クリームと水溶性食物繊維をたっぷり配合し、生チョコ作りで培った技術、製法で作り上げているので、口当たりがとてもなめらかで、ひと粒食べるだけで口の中いっぱいにカカオの濃厚な風味と、ミルクのコクが広がります。

ダイエット中でもチョコレートが食べたい、という気持ちに寄り添ってくれるチョコレートとして、世の中のダイエッターからも評判です。そのまま食べてももちろんおいしいですが、冷蔵庫で冷やして食べると生チョコ風味が増してさらにおいしいので、朝冷蔵庫に入れておくのがおすすめです。

コレステロールにも効く「ポッカサッポロ豆乳で作ったヨーグルト」

ポッカサッポロの豆乳で作ったヨーグルトは、名前通り原料を豆乳とし、乳酸菌で発酵させて作った植物性ヨーグルトです。4種の生きた乳酸菌、大豆イソフラボン、大豆たんぱく質がたっぷりと含まれた特定保健用食品(トクホ)にも認定されているヨーグルトです。食べ続けると血液中LDLコレステロールを低下させる働きがあるので、コレステロールが気になる方には特におすすめです。

人気の豆乳メーカーソやファームの豆乳で作ったプレーン味は、まろやかですっきりとした味わいが特徴です。そのほか、アロエ入りでライチのすっきりとした味わいのアロエ味、ブルーベリー果肉がたっぷりと入ったブルーベリー味の3種類を揃えています。1個あたり約80kcalという低カロリーもうれしいポイントです。

糖質40%オフのおいしいクッキー「グリコSUNAO」

最初に紹介したグリコSUNAOシリーズのクッキーシリーズも、ダイエット中のお菓子に最適です。豆乳、小麦胚芽を使用していてヘルシーでおいしいのが人気となっています。それでいて糖質50%オフというからうれしいですね。豊かな香りを持つ発酵バターを使用した風味豊かな発酵バター味と、生地に阪ホー店ココアを配合し、チョコチップを加えてチョコチップ味の2種類がラインナップされています。

15枚入りのSUNAOクッキーが2袋入った箱タイプも販売されていますが、おすすめはオフィスのデスクや外出先でも食べられる小袋タイプです。これなら気になる食べ過ぎを防ぐことができ、十分に満足感が得られます。

低糖質で太りにくい「大塚製薬SOYJOY」

ダイエット中のおやつといえば有名なSOYJOYは、栄養豊富な大豆をまるごと使用し、素材の味わいを大切に焼き上げた大豆由来のソフトクッキーです。大豆たんぱく質やイソフラボン、食物繊維、ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれているので、便秘解消効果や美容、アンチエイジング効果も期待できます。

SOYJOYに含まれる糖質量は1本あたり10gあたりととても低く、食後も血糖値の急上昇を防ぎ、糖質の吸収が穏やかなので、太りにくいのも嬉しいポイントです。果実感たっぷりのブルーベリーやストロベリー、レーズンやナッツが入ったしっかり食感のアーモンド&チョコレート、ピーナッツ、大豆パフがサクサク食感を生み出すホワイトマカダミアや、プレーン、ミックスベリーなど豊富な味のバリエーションも人気のポイントです。

健康効果が抜群「明治チョコレート効果カカオ72%」

高濃度カカオチョコレートの中で、高い売り上げを記録しているチョコレート効果は。その理由はチョコの中でも100g当たり840mgとダントツに高いカカオポリフェノール量で、血圧低下、肌トラブルを防ぐ美容効果、便通改善、アレルギーの改善、脳の活性化などに効果が期待されているので、食べない手はありません。カカオの華やかなコクと上質な苦味が味わえる本格ビターチョコレートなので、ひと粒で十分な満足感が味わえます。

噛みごたえがあって満足感十分「明治おいしく鉄分プルーンミックス」

グミはカロリーも低く、噛みごたえがあるため、ダイエットに最適なお菓子です。よく噛むことで小顔効果も得られるので、積極的に取り入れましょう。こちらの商品は、プルーン由来の鉄分と豊富に含み、不足しがちな鉄分を気軽に補うことができます。コラーゲンも配合されているため、美肌のサポート効果もあります。1袋251kcalなので、全て食べるのではなく量は計算しながら食べることをおすすめします。

低カロリーでふんわりおいしい「シャトレーゼ糖質88%カットのどらやき」

こちらの商品は砂糖の代わりに人工甘味料エリスリトール、小麦粉の代わりに食っもつ繊維や大豆糞を使用することで、糖質を抑えながらもふんわりとした生地に仕上げたどらやきです。あんには白洲名水の煮汁を使用することで糖質を88%と大幅にカットすることに成功しました。1個あたりのカロリーは106kcal、糖質量は4.7gなので、ダイエットしている方や糖尿病の方にもおすすめです。美味しくて低カロリーな人気商品です。

なんと脂肪分がゼロ「オイコスヨーグルト」

かしこく小腹を黙らせろ、がキャッチフレーズのオイコスは、通常のヨーグルトの水分を抜いた濃厚なギリシャタイプのヨーグルトです。スプーンを傾けても落ないほどの濃密な食感で、食べごたえがあって、腹持ちが良いのも特徴です。乳製品なのに脂肪分ゼロ、良質な筋肉やお肌を作ってくれるたんぱく質が豊富で、カロリーは100kcal未満と低カロリーなので、栄養面でもカロリー面でもおいしさの面でもおすすめの商品です。

おいしくダイエット「クリーム玄米ブラン」

食物繊維がほかの食品に比べて群を抜いて豊富な小麦のブラン(ふすま)と、栄養成分が豊富な玄米を原料としたザクザク食感のビスケットです。ダイエット中の方だけでなく、現代人に不足しがちな10種類のビタミン、カルシウム、鉄、食物繊維をバランスよく配合しているので、食べるだけで栄養を補える栄養補助食品でもあります。ブルーベリー味やカカオ味、クリームチーズ味、塩レモン味など気分に合わせて選べるのも人気です。

ノンフライなのにおいしいと話題「湖池屋ポテのん」

ポテトチップスで有名な湖池屋がノンフライ製法にこだわって作り上げたポテのんは、たった105kcalという低カロリーを実現しました。ノンフライだと味気ない商品が多いですが、そこはさすが湖池屋、まるで油で揚げたようなしっかりとした食べごたえと食感になっています。リッチコンソメ味と、トマトサラダ味の2種類あるので、お好みに合わせてオフィスやおうちに常備しておくと小腹がすいた時にすぐに食べられて便利です。

驚きの0kcal「たらみカロリコカロリカマスカット味」

おいしくカロリーコントロールしたい、ダイエット中でもおやつは欠かせない、という方におすすめなのが、たらみのカロリコカロリカです。マスカット果汁のさわやかな甘さと酸味のゼリーに、こりこり食感がおいしいナタデココを入れているので、最後まで飽きずにおいしくいただけます。それでいて、カロリーは0kcalというから驚きです。今日のランチは食べ過ぎたという日には、カロリコカロリカで乗り切りましょう!

糖質を70%カット「森永おいしい低糖質プリン」

森永のおいしい低糖質プリンは、スイーツの巨匠辻口博啓シェフが推奨したお墨付きのおいしさです。同社のプリンと比べて糖質を70%もカット、1個に3.5gしか含まれていないので、ダイエット中でも安心してプリンを食べることができます。それでいて味気がないわけではなく、卵の風味がしっかりとするカスタードの濃厚な風味が味わえるので、満足感もあります。低糖質でも大満足の味わいが楽しめるおすすめの一品となっています。

美容効果もあり「ロッテおいしいハイカカオ」

良質なカカオが生産されるドミニカ共和国と、ガーナのカカオ豆を配合したチョコレートです。高濃度チョコレートは苦味があって食べにくいという方もいますが、こちらは72%のハイカカオなのになめらかな口溶けと、毎日食べたくなる程よい甘さにヤミツキになります。高濃度チョコレートならではの活性酸素を除去し高い美容効果が得られるのも見逃せません。ダイエット中でもチョコレートらしい甘さを味わいたい方におすすめ。

自然な甘さにほっこり「セブンプレミアム有機むき甘栗」

有機栽培された甘栗をひとつぶひとつぶ丁寧にむき上げた有機むき甘栗は、栗本来の自然な甘みが楽しむことができます。添加物不使用となっているので、ダイエットをしながらも自然由来のおやつが食べたいという方におすすめです。1袋の中に食べきりサイズの小袋が3つ入っているので、食べ過ぎも防げて便利です。1袋あたり161kcalと低カロリーなので、罪悪感なくおやつを頂ける点も人気となっています。

しっとりケーキ風でおいしい「グリコおからだからチョコチップ」

豆腐由来のおからをたっぷりと練りこんだ生地に、チョコチップを加えてしっとりと焼き上げたソフトタイプのクッキーです。食物繊維、5種類のビタミン、カルシウム、鉄分が一個あたりに1日に必要な量の1/6が含まれているというから驚きです。まるでケーキを食べているような満足感がありながらも100kcalと低カロリーなのがうれしいですね。ダイエット中でもおいしさと栄養は外せないという方におすすめの一品です。

噛めば噛むほどおいしい「あたりめ」

ダイエットで小腹が減ったけど、しょっぱいものが食べたいという方におすすめのお菓子があたりめです。原料であるイカはたんぱく質が豊富で、噛めば噛むほど味が出てきておいしいので、少量でも満腹感を得やすいのがその理由です。スーパーやコンビニなどでも常に置いてある商品なので、気軽に購入できる点も見逃せません。1袋あたり50kcalと低カロリーで、脂質や炭水化物も少ないので、全て食べてしまっても安心です。

さくさくおいしくて低カロリー「おやつ海苔」

しょっぱい系のおすすめお菓子からもう一品紹介するのが、板海苔に加工する前のバラ干海苔に味をつけ、いつでもおやつのように食べられるスナック感覚のおやつ海苔です。こちらの商品は、有明海の海苔を100%使用、ごまを配合した上質な風味が味わえると人気です。1袋あたり49.8kcalなので、おやつを食べる時も罪悪感なくいただけるのがポイントです。チャック付きの小袋タイプなので、食べ残してしまった時も安心です。

甘くて濃厚なおいしさ「セブンイレブンアップルマンゴー」

小分け包装で、食べやすくておいしいと人気のセブンイレブンの冷凍フルーツシリーズも、ダイエット中におすすめのスイーツです。中でも人気のアップルマンゴーは、特に甘みが強いと言われているタイ産のマンゴーを急速冷凍し、おいしさをぎゅっと閉じ込めた一品です。繊維がすくなく柔らかな果肉は、甘くて濃厚で満足感がたっぷりと味わえます。1袋あたり88kcalという低カロリーもポイントです。

ダイエットはおやつ・お菓子を賢く間食

ダイエットはおやつ・お菓子を賢く間食

食事法によるダイエットをしている方は、炭水化物の摂取を控え、もちろんおやつを食べるなんてもってのほか、というのが今までの常識でした。実際経験のある方もいると思いますが、食事制限をして大好きなおやつやお菓子も食べられない、という状態が続くと、反動で食べ過ぎてしまったり、甘いだけのおやつを口にしてしまって悪循環ということに陥りがちです。ダイエットは長く続けたいのでストレスがないのが一番です。

そこでおすすめなのが、ダイエット中でも間食したい時はおやつを賢く食べるという方法です。適度におやつを食べることで脳に満足感を与えると、ストレスを溜めずダイエットが長続きするので、結果痩せやすくなるというわけです。でも何でもかんでも好き放題食べていいというわけではありません。特におやつを食べる時間帯には注意が必要です。

12時に昼食をとって、夕食が8時頃になる方はその間何も食べないと脳が栄養を欲して食欲が増し、夕食が食べすぎになる傾向があるそうです。体がエネルギー不足を感じると、エネルギーにしやすい糖質を求めてしまい、おやつを我慢したのに太りやすくなってしまうというなんとも本末転倒なことになってしまいます。では、おやつを食べるのにベストな時間は?というと、それは昔から言われる「3時のおやつ」です。

昼食と夕食のちょうど中間である3時頃におやつを上手に食べることで、夕食のドカ食いを防ぎます。3時のおやつ、というのはとても理にかなった方法だっというわけです。ちなみにおやつを食べるのに最もNGな時間帯は、というと夜遅い時間です。夜遅い時間は体が脂肪をため込む時間帯です。この脂肪をため込む作用の影響を受けないのが午後3時頃と言われているので、ダイエット中の方は覚えておいてください。

おやつ・お菓子を食べるなら200kcal以内

ダイエット中のおやつのカロリー目安は、1日に必要なエネルギーの10%いないと言われています。30代女性の必要エネルギー量は普通体型の方で大体2000kcal程なので、おやつやおかしを食べる場合は200kcal以内を意識するようにしてください。ただ、運動量が少なかったり、逆に激しい運動をした場合はおやつのカロリーの目安が変わってしまうこともあるため、大体200kcal以内を目指しておやつを食べるとよいでしょう。

食べ過ぎないよう小分けのものを選ぼう

200kcal以内に意識しておやつを用意したとしても、大袋に入ったおやつやお菓子だとついつい食べ過ぎてしまいます。ダラダラ食べているうちに、あっという間に1袋完食してしまったということにもなりかねません。おやつのカロリーオーバーを防ぐためにも、おやつやお菓子はあらかじめ小分け包装になったタイプを選ぶようにすると食べ過ぎも防げ、カロリーもわかりやすいのでおすすめです。

太らないおやつ・お菓子の代表「ナッツ」

太らないおやつやお菓子にはどのようなものがあるのか気になります。その答えは、「ナッツ」にありました。例えばアーモンドには血行促進効果が有り代謝をアップすることでダイエットをサポートしてくれるビタミンEや食物繊維、カシューナッツにはビタミンB1や亜鉛、ピスタチオには血行促進効果があり代謝アップが期待できるカリウムや鉄分、クルミにはαリノレン酸、ビタミンAやB2が豊富に含まれています。

しかもナッツはコクがあっておいしく、よく噛むので小さくても食べごたえがあります。目安のカロリーも紹介しておくと、アーモンドは1粒6kcal、クルミ1粒は40kcal、カシューナッツは7~9kcal、ピスタチオは3kcalとなっています。1粒でも意外とカロリーが高いので、くれぐれも食べすぎには気をつけて1日20粒程度を目安に食べるようにしましょう。

チョコを選ぶならビターを!

チョコレートダイエットという夢のようなダイエットがあるのを知っていますか?ダイエットのおやつやお菓子としては大敵のようなチョコレートですが、チョコレートに含まれている成分にはダイエットにうってつけのものがたくさん含まれているので、チョコレーをと間食して減量を目指すことができます。特に、高カカオチョコレートと言われるカカオが70%以上含まれているチョコレートにはダイエット効果の成分が豊富です。

食物繊維には便秘解消効果、テオブロミンには血行促進効果、カカオポリフェノールにはコレステロールを下げる効果やアンチエイジング効果があると言われています。ダイエット中でも甘いものを食べたいという方には高カカオチョコレートをがおすすめです。高カカオチョコレートはミルクチョコレートに比べると苦味がありますが、カカオ70%台のものなら食べやすいですよ。チョコレートひとかけらのカロリーは27kcalです。

ヨーグルトやチーズが優秀

ダイエット中のおやつでおすすめしたいのが、ヨーグルトです。ヨーグルトには朝の環境を整えてくれる乳酸菌が豊富に含まれていて、便秘を解消し、お腹の張りをすっきりきれいにしてくれる効果があります。ダイエット中に不足しがちなカルシウムが補えることも見逃せないポイントです。また、同じ乳製品であるチーズもダイエット中のおやつとして最適です。タンパク質、カルシウムを豊富に含み、少量でも腹持ちが良いのが特徴です。

ヨーグルトやチーズはコンビニでも手に入りやすく、いろんな種類が販売されているため飽きずに食べられるのも嬉しいポイントです。ちなみにカロリーの目安としてはカマンベールチーズが1切れ50kcal、無糖ヨーグルトが100g62kcalとなっています。おやつやお菓子のカロリー最適摂取量200kcal以内に充分収まる上、食べごたえがあっておいしいので、ダイエット中のおやつに困ったらヨーグルトやチーズを選ぶとよいでしょう。

今まさにダイエット中の方の中には、低糖質ダイエットや糖質制限ダイエットを行っている方もいると思います。それらのダイエット中でも甘いものを食べてはだめ、ということはありません。低糖質制限を初めて小腹が減ったからといって、我慢できず低糖質ダイエットを断念してしまってはもったいないです。そんな時は低糖質のルールにしたがって、低糖質のおやつを食べましょう。

低糖質ダイエット中でも食べられる低糖質のおやつは、今各メーカーからシリーズで発売されるようになり、スーパーやコンビニで気軽に購入することができます。低糖質おやつや低糖質のお菓子を上手に利用して、ダイエット中のツラい空腹を乗り越えると、ダイエット成功は目前と言っても過言ではありません。

Thumbチョコレートダイエット方法とおすすめは?カカオが痩せるポイント! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ダイエットにピッタリのおやつ・お菓子を作ろう

ダイエット中におすすめのお菓子をお届けしてきましたが、手作り派の方には簡単に作れて低カロリーなお菓子のレシピもありますので合わせてご紹介します。手作りおやつなら添加物なども気にする必要もありませんし、節約にもなるのでおすすめです。今回紹介するのはお菓子作り初心者にも作りやすいレシピばかりなので、気軽にトライしてみてください。
 

美味しくお腹にたまる「ふんわりおからミルククッキー」

おからパウダーを使ったふんわりおいしいミルククッキーです。ダイエット中でも食べごたえがっておいしいので、罪悪感なしでいただます。混ぜるだけの簡単レシピなので、材料が揃ったら作ってみてください。材料はおからパウダー 50g、生クリーム200cc、ホットケーキミックス 50g、卵白3個分、砂糖大さじ3、ラム酒小さじ1/2です。

作り方はおからパウダーと生クリームを混ぜておきます。ボウルに卵白と砂糖を混ぜて、おからパウダーと生クリームをまぜたものを加えて混ぜます。ラム酒とホットケーキミックスを加えて混ぜ合わせたら手で丸めて天板に並べます。170℃に予熱したオーブンで18~20分焼いたらできあがりです。

糖質制限太らない「幸せのチーズケーキ」

小麦粉を一切使わないレシピなので、気になる糖質をカット。普段のおやつにはもちろん、クリスマスやお誕生日、バレンタインなどイベントの時にもぴったりです。材料はクリームチーズ200g、バター50g、卵2個、レモン汁小さじ1、バニラエッセンス少々、シュガーカット0小さじ5を用意してください。

作り方は、やわらかくしたバター・クリームチーズと、甘味料シュガーカット0を混ぜます。溶き卵、レモン、バニラエッセンスの順に入れ、その都度よく混ぜます。バターを塗った型に入れます。160〜170℃のオーブンで、25〜35分焼いたらできあがりです。そのまま型に入れて冷まし、肩から外して冷蔵庫で冷たく冷やすとさらにおいしくいただけます。

ひんやりおいしい懐かしの味「ヨーグルトアイス」

ダイエット中のオヤツとしてぴったりのヨーグルトアイスは、昔子供の頃に食べたような懐かしい味わいで、おいしくて止まりません。子供と一緒に作ることができるくらい簡単なので、お手伝いしてもらってはいかがでしょうか?材料はヨーグルト適量と好きなフルーツ缶です。

作り方はヨーグルトにフルーツ缶のシロップを適量加え、シリコン型に半分ずつ入れます。好みのフルーツ缶のフルーツを小さく切って入れ、さらに上からヨーグルトを入れふたをします。冷蔵庫で3時間ほど冷やし、固まったら完成です。みかん、パイナップル、白桃、マンゴー、どんなフルーツ缶でも合いますし、ミックスするのもおすすめです。

Thumbダイエットでチョコレートを食べると太るのか痩せるのか調査!効果は? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ダイエットはおやつ・お菓子の選び方1つでヘルシーに

ダイエット中でも食べられるおやつを紹介してきましたが、意外とたくさんあると思いませんでしたか?チョコレートやヨーグルト、チーズケーキまでダイエット中は絶対我慢しなくてはならないもの、と思っていたお菓子が、罪悪感なく食べられので利用しない手はありません。ダイエットは長期戦です。ずっと我慢していては長続きしません。甘くておいしい低カロリーおやつを味方につけて、スリムなボディを目指しましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ