赤星ビールの魅力とは?限定缶やサッポロ赤星が飲める店も紹介!

サッポロラガービールの別名称として「赤星ビール」と呼ばれるサッポロの瓶ビールは、現在では珍しく大瓶、中瓶とも昔ながらの熱処理製法で作られたビールになります。赤星ビールを飲みなれた人は、居酒屋などでもうまい料理とともに生ビールではなく、苦味が強く飲みごたえがある赤星ビールを好んで注文される方も多いようです。今回は日本最古のビールである赤星ビールの魅力とともに、限定で販売されている赤星ビールの缶や赤星ビールが飲める販売店やお店など紹介しています。

赤星ビールの魅力とは?限定缶やサッポロ赤星が飲める店も紹介!のイメージ

目次

  1. 1赤星ビールが愛される理由を教えて!
  2. 2赤星ビールとは何?
  3. 3赤星ビールに限定缶があった!
  4. 4赤星ビールが飲める店や販売店が知りたい!
  5. 5赤星ビールがうまいと人気の理由と口コミ
  6. 6赤星ビールを見かけたら懐かしのうまい味を楽しもう

赤星ビールが愛される理由を教えて!

赤星ビールは日本で一番古いビールでありながら、昔ながらの製法を守っています。この記事では、赤星ビールとはどういうものなのか、瓶ビール主体の赤星ビールには限定缶が販売されている件について、うまい赤星ビールが飲める販売店や居酒屋などの場所などについて、赤星ビールがうまい理由と人気の秘密など、日本最古のビールである赤星ビールについて詳しく解説しています。
 

Thumbビールサーバーをレンタルするには?東京のレンタル店と料金も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

赤星ビールとは何?

日本で一番古いビールでありながら、昔ながらの製法を守っている赤星ビール。この記事では、赤星ビールとはどういうものなのか、瓶ビール主体の赤星ビールには限定缶が販売されている件について、うまい赤星ビールが飲める販売店や居酒屋などの場所などについて、赤星ビールがうまい理由と人気の秘密など、日本最古のビールである赤星ビールについて詳しく解説しています。

サッポロの赤星ビールについて、赤星ビールが日本最古のビールと呼ばれている理由や赤星ビールの赤星マール由来について見ていきましょう。また赤星ビールは、熱処理されていて苦味が強い昔ながらの製法で作られたビールですが、一般的には瓶ビールだけが販売店で取り扱わていますが、赤星ビールの缶ビールは販売店で売られているいないのかなどについても調べてみました。

サッポロラガービールのこと

1877年に登場して以来140年ほどになる老舗ブランドであるサッポリラガービールのことを、ラベルに赤い星のシンボルが書かれているため「赤星ビール」と呼んでいます。酒販売店などでサッポロラガービルというと、イコール赤星ビールのことだと思って大丈夫です。スーパーなどでも一部販売店があるようですが、通常は赤星ビールというと居酒屋などにおいてあることが多いようです。
 

赤星ビールは日本最古のビールブランド

赤星ビールは、メーカーの公式ホームページにも日本最古のビールであることが書かれています。赤星ビールのラベルにも英語で「JAPAN’S OLDEST BRAND」と書かれていますが、これは日本語翻訳で「日本最古のビールブランド」という意味です。今やビールというとアサヒやキリンなど各種メーカーから登場していますが、日本ではサッポロビールが老舗ブランドなのです。
 

赤星マークの由来は?

サッポロビールの赤星ビールのマークは、北海道開拓のシンボルして利用された「五稜星」をモチーフにしたものです。地元北海道らしい愛着のあるデザインですが、通常ボールラベルなどは時代とともに変わっていくものが多いのですが、このサッポロビールの赤星ビールのラベルだけは、創業当時から時代を超えても変わらないシンボル的なマークとなっています。

赤星ビールには缶がない?

サッポロの赤星ビールは、業務用の販売店でしか取り扱っていないことが一般的なのであり大瓶、中瓶のみの取り扱いのみとなります。しかし、うまいと評判の赤星ビールは期間限定で個人用向けに、数量限定で赤星ビールの缶が販売されることになりました。赤星ビールの缶タイプは2018年の7月から、生産数は限定されていますが全国の販売店で赤星缶をみることが出来るようです。

赤星ビール缶も旧来の赤星ビール瓶と同様のデザインで、中央の赤星とサッポロラガービールの刻印は据え置きのまま、デザインや中身の味は赤星ビールそのままです。赤星ビールファンの間では、自宅でも缶ビールで赤星ビールを味わうことが出来ると賑わっているようです。赤星ビール缶は350ml缶・500ml缶の2つの缶タイプが販売店で取り扱われます。

赤星ビールは貴重?

サッポロの赤星ビールは、うまいので近くに販売店は無いか探してみた方も多いと思いますが、実は赤星ビールは、一般的には業務用に販売されているため多くの場合、スーパーや最寄りの販売店での入手は難しくなります。ただし赤星ビール酒販売店に取り寄せを依頼すると個人でも入手することが可能なようなので、うまい赤星ビールを自宅で飲みたい方は、販売店に問い合わせてみましょう。

赤星ビールは熱処理ビール

販売店などで取り扱われているビールというと、昔は熱処理した瓶ビールが主流でしたが今では、ほとんどのメーカーが生ビールタイプに移行しています。サッポロの黒ラベルなどの瓶ビールや缶ビールも非熱処理の生ビールとなりますが、赤星ビールは昔ながら手法である熱処理したビールになりますので、昔ながらのビールの味を楽しみたい方にはおすすめと言えます。

熱処理したビールは、生ビール系の瓶ビールや缶ビールとは違い苦味が強く、厚みがあるある味わいで最近販売されているビールのように、ライトな味ではないので飲みごたえばあります。赤星ビールを知らない方は、同じような製法だと思ってしまいますが、居酒屋や販売店で見かけた場合は是非一度熱処理ビールを飲んでみると良いでしょう。

Thumbコーラとビールで作るカクテルが旨い!「ディーゼル」の作り方・レシピまとめ | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

赤星ビールに限定缶があった!

赤星ビールは通常は瓶ビルの大瓶と中瓶のみが販売店や居酒屋で取り扱われており、自宅で飲めるような缶ビールは販売されていません。しかし毎年数量限定で全国に昔ながらの製法の赤星ビールの味をしって欲しいということで、赤星ビールの缶ビールが販売されるようになりました。赤星のマークは健在ですが、缶ビールに描かれている裏の絵柄が毎年違うようようです。

2015年版の限定缶

2015年もサッポロビールは、業務用中心の瓶ビールである赤星ビールを数量限定で赤星缶ビールをお酒の販売店やコンビニなどで取り扱うようになります。サッポロビールの元の会社である開拓使麦酒醸造所で初めて製造されたビールの味をそのまま缶タイプで楽しむのとで来ます。2015年版の缶も継続して赤星が特徴的です。
 

2016年版の限定缶

毎年数量限定で販売店で取り扱かれる、サッポロビールの赤星ビール限定缶ですが、2016年度も全国の販売店に並びました。サッポロ赤星ビールの缶タイプの全面は、毎年同じなのですが、裏の絵柄が毎年変わります。今年は赤い北極星と札幌ビールと昔の左読みで書かれたレトロなパッケージのデザインが光ります。

2017年版の限定缶

赤星ビール缶の2017年の限定缶は、赤星ビールの表面上に2017の刻印と、裏には赤星ビールの1881年モデルのデザインが刻印されています。当時も北極星をシンボルとする赤星は健在であり、サッポロラガービールとかかれた文字もレトロで時代を感じさせます。限定缶には赤星ビールが1881年に受けた受賞内容なども書かれていますので、赤星ビールファンにはたまりません。

2018年版の限定缶

赤星ビール缶は2018年度も期間限定、数量限定で缶ビールが一部の販売店で取り合われるようになりました、明治10年からから継承される製法は、赤星ビールの瓶ビールと同様に苦味がある熱処理製法で作和れたビールになりうまさは健在です。2018年の赤星ビールの缶ビールにも、開拓使のシンボル赤星である北極星が描かれています。
 

赤星ビールが飲める店や販売店が知りたい!

サッポロビールの赤星ビールですが、最近では缶ビールも期間と数量限定で販売されるようになりましたが、うまい赤星の瓶ビールが飲める居酒屋や販売店を知りたい方が多いようです。赤星ビールは一度飲むとそのうまさから虜になる方が多いのですが、一般的には業務用に販売されているのでどこでも飲めるわけではありません。ここから、うまい赤星ビールが飲める販売店や居酒屋情報を見ていきましょう。

大衆居酒屋やレトロ業態の飲食店にある

加熱処理されている昔ながら日本ビールである、うまい赤星ビールが飲める販売店や居酒屋は、すべての販売店などで取り扱っている訳ではありません。どちらかというと大衆的な居酒屋やレトロな雰囲気の販売店や居酒屋などにおいてある事が多いようです。赤星ビールを取り扱っている販売店などはネットで検索すると一覧が表示されますが、一部おすすめのうまい料理とうまい赤星ビールが飲める店を見ていきましょう。
 

焼き鳥と赤星で幸せ「渋谷 鳥竹」

うまい焼き鳥が食べることが出来るということで渋谷でも有名な、焼き鳥やになります。焼き鳥1本300円からと焼き鳥の単価は少し高いですが、素材にこだわった本格的な焼き鳥と一緒に赤星ビールが飲める店ということで、毎日多くの方が来店します。渋谷で飲むときに迷ったらここというような、鉄板の焼き鳥やさんになりますので、うまい焼き鳥と赤星ビールを飲みたい方におすすめです。
 

煮込みや焼きなどつまみ豊富「新宿 萬太郎」

東京の新宿で下町気分を味わうことが出来る萬太郎は、赤星ビールの瓶ビールやホッピーともに、焼き鳥、煮込み、ポテトサラダ、小皿料理など大衆向けの居酒屋になり、ほっこりした気分でうまい家庭料理を楽しみながら赤星ビールを楽しむことが可能です。大瓶の赤星ビールは550円と一緒に、トロトロに煮込んだ白もつで一杯というのがこちらの店での定番です。
 

代々木公園前の人気居酒屋「花とら」

新宿周辺でうまい刺身と赤星ビールを飲むのであれば、おすすめのお店になります。広いカウンター席もあるので、会社帰りにふらっと一人で来店するのも良いでしょう、お刺身の他にサクサクの天ぷらや、お浸しや一品料理などすべてコスパに優れ満足できるメニューがそろっています。海鮮類は毎日築地から直送しているようなので、新鮮でお刺身を食べるなら間違え無し。

昔ながらラーメン屋「中華若月」

新宿ゴールデン街の中にある、レトロな雰囲気あるれる人気の中華そば屋になります。赤星ビールが似合う店内で、看板メニューである焼きそばは絶品です。来店の際はまずは赤星ビールを頼んで、焼きそばを注文し焼きそばの香りと味を肴に赤星ビールを楽しみましょう。焼きそばのほかにラーメン類も充実していますので、飲みの2件目にもおすすめです。

芸能人も多数来店!レトロな洋風居酒屋「どん底」

新宿になる1950年創業の老舗店になります。やはりこういったお店には赤星ビールは良く似合います。おすすめのチーズミックスピザとナマハムとチーズの盛り合わせなどとともに、赤星ビールで食べる洋風料理の数々は絶品です。アルコールも赤星ビールのほかにジンやウォッカ、ラムなど洋食に合う飲み物も多数そろっているますので、大満足の一軒です。

渋谷の道玄坂の人気行列店「鳥升」

渋谷界隈の人気の焼き鳥屋さんになり、19時過ぎると並ぶことがほとんどです。外観は昔ながらのレトロな感じで味も良く、安くて赤星ビールと一緒に飲んで食べての大満足のお店になります。お店は狭いですが毎日、列が出来ているほど人気で席の利用時間は2時間までと制限がついているほどです。赤星ビールと安くてうまい焼き鳥を渋谷界隈でお探しの方にはおすすめです。

美味しい日本酒と赤星ビールが飲める「松濤はろう」

・美味しい日本酒と赤星ビールが飲める「松濤はろう」
渋谷の小料理屋で、肩ひじをはらない洗礼された小鉢や一品料理と日本酒が楽しめる隠れ家的なお店です。夫婦でやられている小さなお店ですが、お刺身や焼き物、煮つけや卵料理などどれを食べても品が良く、味付けも抜群です。日本酒とともに赤星ビールも楽しめますので、静かに飲みたいときには是非寄ってみてください。
 

サッポロビールのレトロ業態でじわじわ人気

日本最古のビールとして知られるサッポロも赤星ビールですが、毎年登場する赤星ビールの限定缶などもデザインはレトロで当時の雰囲気を楽しむことが可能です。赤星ビール以外にもは、サッポロビールが手掛ける企画は昔ながらのレトロなデザインを全面におしだしているため、レトロな雰囲気やデザインが最近では若者にも受け入れられ人気になってきています。
 

赤星ビールは酒屋さんで買える

うまい赤星ビールの瓶ビールを飲みたいという方は、近くの酒屋の販売店で購入したいという方も多いと思います。熱処理された昔ながらの製法で作られた赤星ビールは、うまいのでリピートしたくなり近くの酒屋の販売店にあったら良いと思いますが、一部限られた販売店でのみ取り扱いとなっています。まずは近くの酒屋に電話で問い合わせてみて、無いようであれば赤星ビールの取り寄せをお願いすると酒屋で入手可能です。

赤星ビールは通販でも買える

一部の酒屋や販売店のみの業務量取り扱いの赤星ビールですが、自宅で赤星瓶ビールを飲みたいのであれば通販購入法が良いでしょう。1本あたり税込みで321円ほどで販売されています。酒屋の販売店の公式ホームページなどから注文することも可能ですが、いつも使い慣れたAmazonや楽天などでも赤星ビールの瓶ビールは購入可能です。ただしAmazonや楽天での通販は少し価格が高いです。

赤星ビールがうまいと人気の理由と口コミ

日本でも最古の熱処理ビールである赤星ビールは、なぜ創業当初の味から変わらずに現在まで長い間人気があるのでしょうか?赤星ビールがうまい秘密や、赤星ビールをうまいと飲み続ける人たちの口コミなどを見ていきましょう。今まで知らなかったサッポロの赤星ビールの製法やこだわりなども調べてみました。
 

赤星ビールがうまい秘密

サッポロの赤星ビールがうまい理由は、まずはビールの製造に必要な麦とヒップの原料はすべて契約栽培しているため、こだわりの生産地で栽培さらたものだけ利用しています。赤星ビールの原料の生産時期から深くかかわってビールづくりしているのもうまいビールの理由とえいます。昔ながらの熱処理製法のビールは、生ビールタイプにない苦味と旨味が特徴的です。

赤星ビールファンの口コミ

サッポロの赤星ビールは、他社にない味わいのため一度飲むとリピーターになる方が多いようです。赤星ビールを実際に飲んだ方の口コミを見ていきましょう。「ビール元来の味を楽しめます。ビール好きなら今どきの生ビールタイプと赤星ビールを飲み比べておいて欲しいくらいうまい」「うまい瓶ビールといえば赤星ビール。普通に販売店で売られていないのが謎なくらい味が良くうまい」

「他のビールでは味わえないうまいビール」「日本ビールの原点を味わうことが出来る」「居酒屋で初めて赤星ビール飲みましたが、ビールはアサヒビールが一番でしたが順位が変わるぐらいうまい!赤星ビールが1番」「赤星ビールを飲んだら他のでは物足りなくなった」などビール好きには赤星ビールは非常に好評で一度は飲んでみる価値があるうまいビールです。

赤星ビールの弟、サッポロ生ビール黒ラベルの名前の由来?

日本で最古のビールである赤星ビールですが、サッポロからは生ビールの瓶ビールである黒ラベルも登場しています。サッポロの瓶ビールというとどちらかというと、赤星ビールより黒ラベルのほうが良く見かけるかも知れません。多くの酒屋や販売店では黒ラベルは常時置いてあることが多いです。このサッポロ黒ラベルの名称は、当時サッポロビールファンのお客様が命名したらしいです。

瓶に張り付けられているレベルが黒かった事から「サッポロ生ビール黒ラベル」となりました。赤星ビールにならい黒星ビールという名前でも良かったかもしれませんが現在では上記の商品名で統一されています。海外ではこの黒ラベルは日本製ビールで一番売れているおいしいビールということで、話題にもなりました。

熱処理されたビールは赤星ビール以外にある?

日本で現在、昔ながらの熱処理されたビールの銘柄はサッポロの「赤星ビール」とキリンの「クラシックラガー」の2つの銘柄のみになります。キリンのクラシックラガーは、昭和40年当時のビール業界のおおよそ6割の販売を占めていたほど人気の商品だったようです。その当時の味を現在も味わうことが出来るのがキリンクラシックラガーになります。

一般的な生ビールタイプの瓶ビールと熱処理されたビールの大きな違いは、熱処理をすることでビールの酵母を殺菌する作用があるということです。酵母を熱処理することで、ビールの発酵を止め味の均一化を図ることが可能です。酵母がそのまま残った状態であれば、瓶づめした後にもビールの発酵がすすんでしまい美味しいビールを飲むことができなくなります。

一方現在主流になっている生ビールは、熱処理せずに酵母をろ過したものになります。製造技術がすすみ網目が細かいフィルターが出来たことにより、ろ過するだけでも酵母をビールから取り除くことに成功しています。アサヒのスーパードライが生ビールで驚異的な売り上げを出したことにより、日本では現在生ビールタイプがほとんどです。

赤星ビールの味はどんな味

サッポロの赤星ビールの気になる味は、苦味が特徴的でさっぱりとしたホップの味を楽しむことが可能です。グラスに注ぐとビールらしいキツネ色で麦の香りが普通のビールよりも濃い感じがします。飲み心地はさっぱりとしていて優しい苦味のビールというところです。後味もスッキリしているので揚げ物との相性が良いでしょう。

赤星ビールの屋形船「赤星丸」とは?

サッポロビールは創業140年生誕の節目に、サッポロラガービールである赤星ビールの名称からちなんだ「赤星丸」と命名された屋形船を、期間限定で東京の品川で運行することになったようです。赤星丸では、赤星ビールや料理を楽しみながら、サッポロラガービールの商品にまつわるクイズや映像を鑑賞ができたようです。

「赤星探偵団」とは?

赤星探偵団というホームページがありますが、これはサッポロビールと講談社が共同で製作しているグルメコンテンツサイトになります。ホームページ内では日本最古のビールである赤星ビールが飲めて、料理がうまい名店を数多く取材して紹介させています。赤星ビールとともに、お店の歴史や店主の人柄など赤星探偵団の中で丁寧に記載されています。

赤星ビールが飲める、おいしいおすすめのお店を探している方は赤星探偵団をチェックすると非常に良い情報を得ることができるでしょう。コンテンツ内の生地製作は現代ビジネス、FORZA STYLE、おとなの週末の編集者が取り組んでいるので読み応え抜群です。赤星ビール好きな方からグルメ情報を得たい方にも人気の記事多数でおすすめです。
 

Thumbビールグラスでビールを美味しく!おしゃれでおすすめ・人気の種類は? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

赤星ビールを見かけたら懐かしのうまい味を楽しもう

日本で一番古いと言われる赤星ビールの魅力や口コミについてと、赤星ビールの限定缶や取り扱いの販売店などについて紹介しましたがいかがだったでしょうか?赤星ビールというと、業務量の瓶ビールのため近くの酒屋などで入手できないことが多いのですが、現在主流の生ビールタイプと比べると、濃厚でビール本来の麦の味が楽しめますので、居酒屋などで見つけた場合は是非一度赤星ビールを飲んで見てください。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ