ホットヨーグルトの作り方は?温め時間とダイエット効果の口コミは?

ホットヨーグルトって知っていますか?ヨーグルトといえば冷たくて酸っぱくて乳酸菌の入っているヘルシーなものですが、近年ヨーグルトは温めた方がさらに体に良いと言われています。そんなホットヨーグルトの作り方や、どれくらい温めたら良いのかなどの作り方のコツや、ダイエット効果はあるのか、何が体に良いのか、どうやって食べたら美味しく食べられるのかなどを調べてみたいと思います。ダイエット成功、失敗の口コミも紹介します。いつも食べているヨーグルトをより効果的に摂取してみましょう。

ホットヨーグルトの作り方は?温め時間とダイエット効果の口コミは?のイメージ

目次

  1. 1ホットヨーグルトが人気
  2. 2ホットヨーグルトとは?
  3. 3ホットヨーグルトの作り方
  4. 4ヨーグルトの種類毎の最適温度
  5. 5ホットヨーグルト効果効能
  6. 6ホットヨーグルト効果的な食べ方
  7. 7ホットヨーグルトの口コミ
  8. 8ホットヨーグルトの美味しい食べ方
  9. 9まとめ:ホットヨーグルトを食べよう

ホットヨーグルトが人気

この頃、健康に良い口コミの一つにホットヨーグルトが挙がります。ヨーグルトといえば乳酸菌が腸の働きをよくしてくれて、カルシウムも豊富というイメージです。便秘を解消してくれたり、骨阻喪症にも効果があります。花粉症にも良いということもあり、良いことづくめの食品です。でも、ヨーグルトといえば冷たいものという固定概念がありましたが、温めた方が、効果がさらに上がるようです。それについて説明していきます。

Thumbヨーグルトの効果を引き出すおすすめの食べ方とは!効能別に比較! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ホットヨーグルトとは?

ホットヨーグルトとは温めた40度くらいに温めたヨーグルトのことです。温めることでヨーグルトの効果がさらに高まるようです。まず、カルシウムの吸収率がアップします。また、ヨーグルトは体を冷やす食べ物ですが、温めることで腸を冷やすことなく、血流が悪くなりません。そして、温めることにより乳酸菌が元気になるので、腸内環境をよりよく整えてくれ、その結果、便秘予防や美肌などの効果も生まれます。

ホットヨーグルトの作り方

ホットヨーグルトを作る上で気をつけなければならないことは、加熱しすぎてはいけないということです。乳酸菌は温め時間が長いと死滅してしまいます。一般的に乳酸菌が増殖しやすい温度は25〜40℃で、60℃だと30秒で、100℃では数秒で死滅しまいます。それぞれのヨーグルトに含まれている乳酸菌は違いますので、最適温度が違うので、ホットヨーグルトにして食べる場合にはヨーグルト選びに気をつけてください。

ヨーグルトの種類毎の最適温度

ヨーグルトには含まれている乳酸菌が違います。その効果も違います。主なヨーグルトの乳酸菌とその効果、最適温度を紹介します。これを参考に自分にあったヨーグルトを選び、ホットヨーグルトを作るなら、温め時間に注意してください。

メグミルクナチュレ恵

メグミルクナチュレ恵には2つの乳酸菌が入っています。1つがガセリ菌SP株で、これはは日本人由来の乳酸菌で、腸に長く留まることができます。小腸に留まり内臓脂肪を減らす効果があります。もう1つがビフィズス菌SP株です。大腸に留まり、便秘解消に効果があります。最適温度は40℃前後です。

明治ブルガリアヨーグルトLB81

明治ブルガリアヨーグルトLB81にはLB81乳酸菌が入っています。これはブルガリア菌とサーモフィラス菌を合わせたものです。この2つの乳酸菌を一緒に摂取すると、お互いの弱点を補い合って多量の乳酸菌を生成します。そしてビフィズス菌を増やし、便秘解消効果や美肌効果があります。最適温度は42〜45℃です。

ダノンビオ

ダノンビオにはBE80菌が入っています。これは生きたまま腸に届くビフィズス菌で張りやガスなどのお腹の不快感を和らげる効果があります。その他ラクトコッカスラクティス菌、サーモフィラス菌、ブルガリカス菌2種も入っています。最適温度は40℃前後です。

ヤクルト ソフール

ヤクルトソフールには乳酸菌シロタ株が含まれています。これも生きたまま腸に届き、腸内環境を整え便秘を解消する効果のほか、免疫強化、花粉症予防などの効果もあります。このシロタ株はヤクルトに含まれている乳酸菌です。最適温度は36〜37℃です。

メイトーおなかにおいしいヨーグルト

メイト―のおなかにおいしいヨーグルトにはビフィズス菌LKM512が含まれています。これは大腸で増殖するビフィズス菌で、腸内環境を改善し、お腹の調子を整えてくれる乳酸菌です。またアトピー症状改善にも効果が確認されています。最適温度は40〜45℃です。

カスピ海ヨーグルト

カスピ海ヨーグルトにはクレモリス菌FC株が入っています。これは生きて大腸まで届くプロバイオティクス乳酸菌(人間の体に利益をもたらす善玉菌)で美肌効果のほか、風邪などの予防にも役立ちます。最適温度は20〜30℃なので、電子レンジ加熱ではなく、常温程度が良さそうです。
 

ホットヨーグルトの温め時間

ホットヨーグルトは電子レンジで温めて作ります。ヨーグルトの量、ヨーグルトの加熱前の温度、電子レンジの機種によっても違うので、温め時間はどれくらいで良いということは一概に言えません。目安としては500Wで40秒くらいと思ってください。ちょっとずつ加熱して、温度を測ってどれくらい加熱したら良いのか最適な温め時間を探してみてください。ホットヨーグルトの効果を得るには温め時間は非常に大切です。

Thumbヨーグルトの種類と効果を比較調査!混ぜる・変えるで効果も変わる? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ホットヨーグルト効果効能

ホットヨーグルトのダイエット効果

即ダイエット効果を求めるのならば、朝食に置き換えるのが良いです。ヨーグルトは低カロリーなので、ご飯やパンなどのカロリーや糖質が高いものと置き換えることによって、摂取カロリーをかなり減らすことができ、ダイエットに繋がります。ヨーグルトには体に必要なたんぱく質やビタミン、ミネラルなどの栄養はしっかり取れるので、置き換えダイエットをしてもいわゆる「飢餓状態」になりにくい長所があります。

飢餓状態とは、体が必要な栄養を十分に取れないため、防衛本能として体内に摂り込んだ栄養をいつも以上に溜めこんでしまう状態をいいます。極端な食事制限を行うとこの飢餓状態に陥りやすくなり、せっかくカロリーを抑えても痩せにくい状態になり、リバウンドを起こしやすくなるため、ダイエット中こそきちんと栄養を摂る必要があるのです。ヨーグルトならば、この状態になりにくく、ダイエットできます。

 

ホットヨーグルトは胃腸を温めてくれるので、胃腸の働きを良くしてくれるので、消化吸収の機能が高まり、乳酸菌やカルシウムといったヨーグルトの重要な成分をきちんと吸収することができます。ダイエット中に、体重が落ちなくなる停滞期は、カルシウムの不足が原因とも言われているので、ホットヨーグルトダイエットでは停滞期が起こりにくくなると言われています。

ホットヨーグルトの便秘解消効果

便秘になる原因の多くは、腸内環境にあります。腸内には、善玉菌・悪玉菌、そして日和見菌という3種類の腸内細菌がいますが、腸内で無限に増えることができないため限られた枠内で常に陣地の奪い合いをしている状態です。つまり、悪玉菌が増えるとそれだけ腸内の善玉菌が減り、ガスや有害な物質が溜まりやすくなってしまうのです。悪玉菌が増えると便秘が起こりやすくなるため、腸内は善玉菌を増やすことがとても大切なことです。

そこで効果があると言われているのが乳酸菌です。乳酸菌は善玉菌のエサとなるため、腸内に多く届くことで善玉菌を活性化させることができます。しかし、胃腸の消化機能が劣っているとヨーグルトを摂取しても乳酸菌を効率よく吸収することができません。その際、冷たいままのヨーグルトよりも温かいホットヨーグルトの方が、胃腸を冷さず腸内の動きを活発にし、消化機能が高まるので、乳酸菌を吸収しやすくなります。

 

また、胃腸を温めることで体温が上昇し、血流が促進されるので、代謝がアップしダイエット効果もあり、同時に老廃物の排出も活発になるので便秘解消効果も高まります。

ホットヨーグルトの不眠症解消効果

牛乳やヨーグルトなどの乳製品には幸せを感じるホルモンともいわれるセロトニンの原料のトリプトファンというアミノ酸が多く含まれています。このトリプトファンは日光を浴びないとセロトニンに変化せず、摂取してすぐに眠くなるということもありません。寝る前にホットヨーグルトを食べるとで内臓が温まり、リラックスし、快眠効果が高まります。そして朝日を浴びるとすっきり目覚めることもできます。

 

ホットヨーグルト効果的な食べ方

ホットヨーグルトにどんな効果を期待するかで、食べるタイミングを決めるのが良いです。ダイエット効果や便秘予防であるなら朝食時に食べてください。ホットヨーグルトを食べることで腸が刺激され動き出し、スムーズな便通が期待できます。ただし、空腹で食べてしまうと胃液によって善玉菌が死滅してしまうので、食間か食後にしてください。

夜になっても寝付けない、寝ても疲れが取れないという場合なら、ホットヨーグルトは夕食後に食べてください。腸内環境が整うと、脳内にセロトニンが分泌され、リラックス効果から質の良い睡眠へと導いてくれます。

Thumbヨーグルトダイエットの効果を上げる方法!おすすめの食べ方やレシピを紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ホットヨーグルトの口コミ

体重減&骨密度の数値がアップの口コミ

冷え性で、冷たいものが不得意だったので、ヨーグルトは敬遠していましたが、ホットヨーグルトは効率的に乳製品を摂取できるので、気に入りました。ヨーグルトを温めたことにより、ヨーグルトの効能をより効果的に摂取できたことにより、腸内環境が整い、便秘解消に繋がりました。体も冷えにくくなり、代謝も上がったので、結果的にダイエットに繋がりました。ホットヨーグルトを食べ始めて半年で、4キロも体重が減りました。

便秘が解消されたせいか肌荒れも直り、良いことばかりです。また、ヨーグルトを日常的に摂取するようになったことで、カルシウム不足も解消し、骨密度の数値までも良くなっていました。作り方がレンジでチンするだけという手軽さも、続けられた原因の1つです。

毎朝ホットヨーグルトを飲み続けて便秘解消の口コミ

長年便秘に悩まされていたので、最初は冷たいヨーグルトを食べていましたが、あまり腸内環境が良くなったとは感じることはできませんでした。しかも腹が痛くなってしまう事もあり、お腹が痛いのに便秘の状態で、すごくつらかったので辞めてしまいました。ヨーグルトを温めて食べるホットヨーグルトを知り、食べるのにかなり抵抗がありましたが、やってみたところ案外食べやすく感じました。

しかも温めてあるのでお腹を壊す事もなくなりました。毎朝ホットヨーグルトを飲み続けたら排便出来るようになり、すっかり便秘が解消されました。

ホットヨーグルトで2カ月でマイナス8キロの口コミ

テレビでホットヨーグルトを知り、電子レンジでたった1分温めるだけという作り方の手軽さがやってみようという気になりました。これまでダイエットは色々なサプリを試しましたが、少し痩せてはリバウンドを繰り返してきました。ホットヨーグルトダイエットは朝と昼は好きなものを食べ、毎日夜だけ食事をホットヨーグルトに置き換えました。すると2カ月でマイナス8キロになり、その他に便秘も解消され、肌もきれいになりました。

おやつの代わりにホットヨーグルトでマイナス2キロの口コミ

おやつの代わりに味つきのヨーグルトを食べて、2週間で2キロくらい痩せました。便秘にも効果がありました。

5ヶ月で8キロ減量の口コミ

プレーンヨーグルトにカロリーの低いコーンフレークを混ぜて食べて、5ヶ月で8キロ減量しました。その他に半身浴、腹筋、腕立て伏せ等もしました。これは体を引き締めるためと、体質が改善させる目的です。あと、寝る前のストレッチは有効です。

ホットヨーグルトとクラッカーの置き換えで2キロ減の口コミ

朝はバナナ、昼は好きなものを食べていました。夜にホットヨーグルトと低カロリーのクラッカーに置き換えました。クラッカーは腹持ちもよく、お腹空いたら豆乳を飲むように徹底し、1週間で2kg減りました。週に1度は、夜にちゃんとご飯を食べるようにしていましたが、1か月で5kg減に成功しました。これからは2~3日に1回の夜ヨーグルトに切り替えて、もう少し落とそうと思います。

深夜のホットヨーグルトで失敗の口コミ

22時からがホットヨーグルトが腸により効果があるゴールデンタイムと聞き、深夜0時ごろ、寝る直前にベッドでホットヨーグルトを食べていました。するとダイエットどころかその分体重が増えていきました。

甘味を加えすぎて失敗の口コミ

プレーンヨーグルトの酸っぱさが苦手なので、初めはジャムやはちみつを少しだけ入れていましたが、だんだん甘みに慣れてきて、いつのまにか加える量が増えていました。結果、甘いヨーグルトを毎食後100g以上食べていたので、その分逆に太りました。

ホットヨーグルトで失敗した口コミを総合すると、ミスのポイントは、食べる時間帯、食べる内容、食べる量、味の工夫不足、温め時間のミスが考えられます。ホットヨーグルトは良いことづくめですが、カロリーがゼロではないので、ダイエット効果を得るためには、当然ながら今まで食べていたものを減らさなくては太ってしまいます。効果をすぐに期待するならやはり、朝食か夕食に置き換えるのが良いでしょう。
 

それと温め時間が長すぎるとせっかくの乳酸菌は死滅していますので、人肌程度に温めることに注意してください。それとホットヨーグルトを継続できることです。ダイエットをする場合、初めはテンションが高いですが、マンネリに陥りやすいものです。それを防止し継続してこそダイエットに繋がります。

ホットヨーグルトの美味しい食べ方

ホットヨーグルトは100gのプレーンヨーグルトと大さじ1の水とはちみつを用意します。それらを合わせて耐熱容器に入れ、温め時間に注意して、電子レンジ加熱して食べます。水を入れるのは分離を防ぐためです。はちみつはなくても良いですが、ヨーグルトは温めると酸味が増し、香りもきつくなります。はちみつが入ると随分と食べやすくまろやかな味になりますし、はちみつが乳酸菌のエサとなるため効果を高めてくれます。

電子レンジでチンするだけでできるホットヨーグルトですが、ダイエットするには継続しなくてはなりませんので、食べ飽きしないようにいくつかレシピを知っておくと便利です。よってホットヨーグルトのアレンジレシピを紹介します。

ホットヨーグルトアレンジ:はちみつりんごのホットヨーグルトの作り方

これはレンジ加熱する方法ではなく、材料と一緒に鍋で煮るタイプのホットヨーグルトです。りんごのさわやかな酸味とはちみつの甘さで、食欲のない朝もさっぱりと食べることができます。作り方はまず、りんごを食べやすい大きさに切ります。小鍋にりんご、はちみつ、砂糖、水を入れ15分ほど弱火で煮込み、りんごの香りがしてきたらヨーグルトを加え弱火で煮ます。温め時間に注意し、40度くらいになったら出来上がりです。

ホットヨーグルトアレンジ:ホットヨーグルトトマトココナッツオイルの作り方

加熱したヨーグルトがチーズのような風味になり、ホットカプレーゼのようになります。ココナッツオイルがなければ、オリーブオイルでも代用できます。トマトのリコピンも吸収することができて一石二鳥です。作り方は、ヨーグルトを耐熱容器に入れ、電子レンジで30秒ほど加熱します。(温め時間は目安です、温め過ぎないように注意)トマトを食べやすい大きさに切り、ココナッツオイルで炒めます。

温まったヨーグルトに炒めたトマトとココナッツオイルを乗せ、オレガノをふりかければ完成です。グラノーラを入れても美味しいです。

ホットヨーグルトアレンジ:ホットヨーグルト&しょうが&黒蜜の作り方

ホットヨーグルトとしょうがのダブルパワーで、パワーアップしたホットヨーグルトです。黒蜜の甘さが優しく、しょうがの苦手な方でも美味しく食べやすいです。作り方はヨーグルトにおろし生姜と黒糖を入れて混ぜます。電子レンジで温め時間に注意しながら、40度になるくらいまで約1分ほど加熱します。(温め時間は目安です)お好みで、砂糖漬けの針生姜をトッピングすれば出来上がりです。

ホットヨーグルトアレンジ:きなことホットヨーグルトのヘルシーデザート風の作り方

きなこの素朴な甘みと、はちみつのコクがヨーグルトにぴったりです。作り方は簡単です。ヨーグルトに水とはちみつ、きな粉を入れ電子レンジで温め時間に気をつけながら40度になるくらい加熱すれば出来上がりです。

ラム酒香る大人のホットヨーグルトの作り方

いつもと違うホットヨーグルトが食べたくなった時におすすめの大人のヨーグルトです。作り方はまず、ラム酒とミルクを混ぜた中に、バニラビーンズを種とサヤ両方入れてサッと煮出します。常温に戻したヨーグルトと温めたミルクを分離しないよう静かに混ぜて、これを耐熱容器に移し、チョコレートソースを少量かけ、冷凍のベリーを飾れば完成です。

甘酒のスパイシーホットヨーグルトの作り方

甘酒もホットヨーグルトもシナモンもジンジャーパウダーも全て体を温めてくれます。甘酒のコクとヨーグルトの酸味とスパイスが絶妙にマッチしています。冷え性の人には特におすすめです。アルコール分が入っていて寝つきが良くなるようなので、夜に食べてください。作り方は酒粕タイプの甘酒にプレーンヨーグルトとシナモンもジンジャーパウダーをマグカップに入れ良く混ぜます。

電子レンジで温め時間に気をつけながら、40度くらいになるまで温めます。さらにジンジャーパウダーを好みで振りかけ、混ぜたら出来上がりです。

ほうれん草のホットヨーグルトスープの作り方

ホットヨーグルトにほうれん草とクリームスープをあわせた温かいスープです。ほっこり体を温めてくれます。作り方は小鍋にバターを入れて熱し、生姜の薄切り、2つに割った八角、クコの実、山椒を香りが立つまで炒めます。これに牛乳を加え5〜7分煮た後カップに入れ、人肌程度まで冷まします。その間にほうれん草を湯がき、みじん切りにし、ヨーグルトと混ぜます。それを冷ました牛乳に混ぜれば出来上がりです。

まとめ:ホットヨーグルトを食べよう

ホットヨーグルトの口コミは良く耳にしていましたが、詳しく調べてみるとすごく体に良さそうです。腸活という言葉も聞いたことがありましたが、腸を洗浄したり、便通を良くすることはデトックス効果もあり、体の中から綺麗にすることができます。ホットヨーグルトは腸を温めるというところがポイントで、そうすることで善玉菌を増やし、腸内環境を良くすることで便秘の改善が見込めます。

便通が良くなることはダイエットにも良い影響があり、また、腸が温まることで血流も良くなり、冷え性が改善され、代謝も上がりますのでダイエットにも効果があります。ホットヨーグルトを実践した人の口コミによると、電子レンジで温めるだけと簡単なので、続けることができ、その結果ダイエットにつながったようです。朝食や夕食に置き換えることができれば、即効性もあり、一ヶ月で数キロ単位で減量できるようです。

腸を温めることで、体全体を健康にしてくれ、ダイエットだけでなくデトックス効果から肌が綺麗になる、寝つきが良くなるなどの口コミもあるホットヨーグルトです。体は1日中冷房にさらされていますので、腸は温めて、健康的なダイエットをしてみませんか。便秘解消や不眠症解消、美肌効果などのおまけもついてきますよ。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ