ほうれん草の最適な茹で方と茹で時間!レンジ調理が1番?【動画付き】

ほうれん草の最適な茹で方と茹で時間について、紹介します。ほうれん草の茹で方のコツや、ほうれん草を茹でる前の下ごしらえのやり方、ほうれん草の最適な茹で方と茹で時間などを、詳しく解説していきます。また、ほうれん草の茹で方では、電子レンジ調理が1番?についても、その真偽を紹介するとともに、ほうれん草の保存方法や、茹でたほうれん草を使ったおすすめレシピなども、併せて紹介します。

ほうれん草の最適な茹で方と茹で時間!レンジ調理が1番?【動画付き】のイメージ

目次

  1. 1ほうれん草の茹で方にはコツがある
  2. 2ほうれん草を茹でる前の下ごしらえ
  3. 3ほうれん草の最適な茹で方と茹で時間
  4. 4ほうれん草はレンジ調理が便利
  5. 5茹でたほうれん草の保存方法
  6. 6茹でたほうれん草を使ったおすすめレシピ
  7. 7ほうれん草の茹で方はコツをつかめば簡単

ほうれん草の茹で方にはコツがある

ほうれん草を茹でるのには、下ごしらえから茹で方や茹で時間まで、コツがあります。この記事では、そんなほうれん草の茹で方に関するコツを詳しく解説していきます。また、ほうれん草を茹でるにあたって、鍋だけでなくフライパンを使った茹で方も紹介するとともに、電子レンジでほうれん草を茹でる調理の仕方も紹介します。

従来からの鍋と、フライパンやレンジを使った茹で方を比較して、いずれがベストかも検証してみます。あるいは、茹でたほうれん草の保存方法や茹でたほうれん草を使ったおすすめのレシピなども、併せて紹介していきます。

ほうれん草を茹でる前の下ごしらえ

この記事では、ほうれん草の茹で方に関するコツや、どんな道具が一番便利かなどを紹介するつもりです。いずれの方法を取るにしても、茹でる前にほうれん草の下ごしらえをしなければなりません。この章では、ほうれん草の下ごしらえについて、やり方などを紹介していきます。

根本の下処理をする

ほうれん草の根元の下ごしらえでは、汚れた黒い部分は、ほうれん草の束がバラバラにならないような位置で切り落とします。この時に、ほうれん草の根元の赤い部分を、できるだけ多く残すことを考えるのが、下ごしらえの最初のポイントです。赤い部分はほうれん草の中でも、栄養価の高い部分になります。

また、ほうれん草の茎が太いような下ごしらえの場合には、根元に十文字の切れ込みを少し入れておきます。茹でる際に、火を通りやすくするためです。

ほうれん草をよく洗う

ほうれん草の根元の下ごしらえが終わったら、ほうれん草をよく洗います。全体の汚れや土などを洗い落としますが、特に根元の部分は、農薬や虫などが残留している可能性もあります。たっぷりの水か流水で、ほうれん草の根元をゴシゴシと、もむようにして洗っておきます。根元を洗ったら、葉の側も水で汚れを落としておきます。

後に紹介する電子レンジでの茹で方の場合は、茹でる際に水を使用しないので、下ごしらえの段階で特に念入りに洗っておく必要があります。

ほうれん草の最適な茹で方と茹で時間

下ごしらえを終えたほうれん草の、茹で方を紹介していきます。ほうれん草の最適な茹で方と茹で時間を、鍋を使ったケースと、フライパンを使ったケースに分けて紹介します。

鍋を使った茹で方

下ごしらえできれいに洗った、ほうれん草を茹でていきます。ここでは、鍋を使った茹で方を紹介します。鍋を使ったほうれん草の、手順と茹で時間などを解説していきます。

ほうれん草の茹で方で、注意すべきポイントは、ほうれん草の葉と茎では、茹で時間などの扱い方が異なることです。また、同じく茎でも太いものと細いものでも違ってきますし、ほうれん草の一度に茹でる量でも異なります。

手順

ほうれん草の茹で方の手順を紹介していきます。用意する鍋はできるだけ大きいものが便利です。鍋の口径がが小さいと、ほうれん草の茎を折ることになります。鍋にたっぷりの水を入れて、沸騰させます。たっぷりと言いましたが、ほうれん草1束(約200g)当たり、1L以上は必要です。

ほうれん草の量が多いときは、茎の部分をそろえて輪ゴムなどで束ねておくことも、後に切りそろえる際に便利です。水が沸騰したら、1Lに対して塩を小さじ1加えます。これは、ほうれん草の茹で上がりの緑色を、鮮やかにするためです。かならずしも必要でありません。ほうれん草の茹で方は、まず茎の方から熱湯に沈めます。

次いで、葉も沈めて全体に熱が通ったら湯から引き揚げます。引き揚げたほうれん草は、ただちに冷水(できれば氷水)に泳がせます。ここでも、できるだけ短時間にほうれん草の粗熱を取ったら、ほうれん草を引き上げて軽く水気を絞ります。ほうれん草の束をそろえ、食べやすい長さに切って、さらに軽く水気を絞っておきます。

茹で時間

ほうれん草の茹で方の手順を紹介しました。その手順にしたがって、それぞれの茹で時間も紹介します。これには、ほうれん草の量とか、茎の太さによって茹で時間も微妙に異なってくることを、承知しておいてください。ここで紹介する茹で時間は、1束が約200gのほうれん草を、茹でる前提で説明していきます。

沸騰した湯に、根元をそろえたほうれん草を、茎の部分だけが浸かるように入れて、30秒茹でます。次いで、葉の部分も沈めて15秒経過したら、全体を裏返します。さらに、15秒したらほうれん草を引き上げて冷水に取ります。これを基準にして、湯の量や、ほうれん草の量、茎の太さを考慮しながら、茹で時間は調整するようにしてください。

また、この後ほうれん草を冷凍保存にかける場合は、解凍調理時の加熱を考慮して、10秒ほど茹で時間を短くする必要があります。

フライパンを使った茹で方

下ごしらえできれいに洗い終えた、ほうれん草の茹で方を紹介します。ここでは、フライパンを使った、ほうれん草の茹で方を紹介します。フライパンを使う茹で方の、手順や茹で時間などを解説していきます。

鍋を使った茹で方と同様、ほうれん草の量や茎の太さなどで、多少の加減は必要になってきます。鍋よりもフライパンの方が、茹で時間は短縮ができるようです。

手順

フライパンを使ったほうれん草の茹で方を紹介します。用意するフライパンは、できるだけ深さがあって、口径の広いものが便利です。フライパンに、深さ2~3cmになるように水を入れます。水が沸騰したら、塩小さじ1を加えます。

きれいに下ごしらえをしたほうれん草を、茎の方から入れて葉まで全体が収まるように入れたら、フライパンにフタをします。しばらく蒸し煮したら、フタを取ってほうれん草の上下をひっくり返します。ふたたびフタをして、さらに蒸し煮します。ほうれん草をフライパンから取り出して、冷水に取ります。

以下の手順は、鍋の場合とまったく同様になります。冷凍保存にかける場合も、鍋と同じく茹で時間を短くします。

茹で時間

フライパンを使ったほうれん草の、茹で方の手順の次には、茹で時間を紹介します。沸騰したフライパンの湯にほうれん草を入れてフタをし、30秒蒸し煮します。30秒したらフタを取って、ほうれん草の上下をひっくり返します。ふたたびフタをして、さらに30秒蒸し煮します。ただちに、ほうれん草を冷水に泳がせて粗熱を取ります。

鍋での茹で方と比較すると、使う水の量が少なくてすみます。同時に、沸騰させるための加熱時間も、当然に短くすみます。茹でたほうれん草を冷凍保存にかける場合は、鍋での茹で方と同様に、10秒短く茹でたらほうれん草を引き上げます。

ほうれん草はレンジ調理が便利

ここまで、鍋やフライパンを使った、ほうれん草の茹で方を紹介してきました。ここでは、電子レンジを使った茹で方を紹介します。電子レンジで茹でるメリットや茹で方の手順、レンジでの加熱時間などを詳しく紹介していきます。また、鍋やフライパン、あるいは電子レンジなどの茹で方を比較検討して、どれが1番なのかも併せて紹介します。

レンジで茹でるメリット

下ごしらえまでは、鍋もフライパンも電子レンジも、ほうれん草の扱いに変わりはありません。ここで紹介する、電子レンジでの茹で方によるメリットは、大きく三つあります。一つめは、水が不要なことです。そして、二つめのメリットも三つめのメリットも、これと無関係ではないことです。

つまり、二つ目のメリットとは、水を加熱して湯に変える必要がないため、調理時間が大きく短縮できることになります。時間短縮ということに関しては、電子レンジの使用そのものも、全体時間の短縮に寄与しています。

最後の三つめは、ほうれん草を湯に浸ける必要がない茹で方と、その後に冷水に取る必要もないために、ビタミンなどの水溶性の栄養素を、逃がさないですむことです。鍋よりもフライパンの方が水の量や調理時間を短くできる、と前述しました。しかし、以上に述べたメリットを考え併せると、レンジでの茹で方が一番と言ってよいでしょう。

レンジでの茹で方の手順

電子レンジを使った、ほうれん草の茹で方の手順を紹介します。きれいに下ごしらえをしたほうれん草は、水気を切らずに濡れたまま、4~5cmの長さに切り分けます。耐熱容器に1束200gのほうれん草を入れて、塩小さじ1を振りかけます。

塩はほうれん草から水分を出して、アクを抜く役目をします。電子レンジでほうれん草を加熱したら、ただちに全体をよくかき混ぜます。余熱で火の通りを均一にするためです。ボウルから取り出してほうれん草を冷まします。粗熱が取れたら、ほうれん草の水気を軽く絞っておきます。

レンジ加熱時間

電子レンジを使ったほうれん草の茹で方で、レンジでの加熱時間を紹介します。ほうれん草は1束約200gの場合に、600Wのレンジならば3分加熱します。半量の100gならば、加熱時間は2分です。この後、冷凍保存する場合は、鍋やフライパンでの茹で方と同様に、10~20秒加熱時間を短くします。

茹でたほうれん草の保存方法

ここまで、下ごしらえから始まって、ほうれん草のいろいろな方法による、茹で方を紹介してきました。ここでは、茹でたほうれん草の保存方法を解説していきます。冷蔵保存と冷凍保存の、二つのケースに分けて紹介します。

冷蔵保存の場合

茹でたほうれん草を、冷蔵保存する場合の方法を紹介していきます。ほうれん草は軽く水気を切って、3~4cm長さに切って、ジップロックや密閉容器に入れて冷蔵庫に保存します。使う際に、水気をきつめに絞ってから調理します。

おひたしなどではなく、加熱調理が前提ならば、茹でる時に硬めに茹で上げておくと使いやすいでしょう。冷蔵保存では、2~3日中に使い切る必要があります。
 

冷凍保存の場合

茹でたほうれん草を、冷凍保存する方法を紹介していきます。ここまで、再三述べたように、冷凍保存をする場合には、茹でる段階から考慮して、10秒ほど茹で時間を短くする必要があります。解凍する際の加熱によって、ほうれん草がグシャグシャになるのを防ぐためです。

硬めに茹でたほうれん草はしっかりと水気を絞ってから、使いやすい長さに切りそろえ、1食分ずつラップで小分けして包んで、フリーザーバックに重ならないようにして納めます。加熱調理の場合は解凍することなく、そのままツユなどに入れて使用します。

Thumbほうれん草の保存方法と日持ち期間は?冷凍の仕方と活用レシピも! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

茹でたほうれん草を使ったおすすめレシピ

ほうれん草を茹でる際の、下ごしらえからさまざまな道具による茹で方まで、あるいは茹でたほうれん草の保存方法にまでわたって、詳しく紹介してきました。ここでは、そんな茹でたほうれん草を使ったおすすめのレシピを紹介していきます。

ほうれん草のごま和え

  • ほうれん草1束
  • 麺つゆ大さじ2
  • 煎りゴマ大さじ2
  • かつお節3g
 
  1. 茹でたほうれん草は、冷水に取って粗熱を冷ましたら、水気をきつく絞って4cm長さに切り分けておきます。
  2. ボウルにほうれん草を入れて、麺つゆとかつお節を加えて、混ぜ合わせます。煎りゴマも加えてひと混ぜしたら完成です。

茹でたほうれん草を使ったレシピ「ほうれん草のごま和え」になります。茹でただけのほうれん草が、立派な一品になる、しかもごく簡単なレシピです。日本人にはなじみのほうれん草の定番レシピと言えます。

ほうれん草と豆腐のお吸い物

  • ほうれん草1株
  • 豆腐1/2丁
  • 出汁400cc
  • 塩・淡口醤油適量
 
  1. ほうれん草は茹でた後、冷水で粗熱を取って、水気をきつく絞ったら4cm長さに切っておきます。豆腐は、5mmの賽の目切りにします。
  2. 鍋に出汁を入れて加熱し、豆腐を加えて煮立ったら、塩、薄口醤油で味を調え、ほうれん草も加えて完成です。

茹でたほうれん草を使ったレシピ「ほうれん草と豆腐のお吸い物」になります。茹でたほうれん草と出汁は相性が抜群です。もちろん豆腐も含めて、簡単なレシピにもかかわらず、取り合わせが絶妙のお吸い物になります。

Thumbほうれん草を使ったレシピ人気31選!子供も気に入る簡単料理集! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ほうれん草の茹で方はコツをつかめば簡単

ほうれん草の茹でかたについて、下ごしらえからさまざまな茹で方の方法、保存方法、おすすめのレシピにいたるまで、詳しく紹介してきました。電子レンジによる、便利な茹で方も分かりました。ここまで紹介してきた記事を参考にして、ほうれん草の茹で方はコツをつかめば簡単!だと、知ることができました。

Thumbほうれん草のアク抜きを簡単に!栄養が逃げない方法とは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbほうれん草の旬の季節!栄養価が増す時期は?正しい保存方法も紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbほうれん草のシュウ酸の除去方法は?炒める場合や食べ過ぎの影響も調査 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ