そうめんの太らない食べ方!カロリーや糖質が高いのに太りにくい?

そうめんと聞くと低カロリーで太らないイメージですが、のどごしが良いのでついつい食べ過ぎてしまって摂取カロリーを超えて太る原因となることも多いです。今回「そうめんの太らない食べ方!カロリーや糖質が高いのに太りにくい?」と題して、そうめんにカロリーと糖質、そうめんの太る理由、そうめんの栄養成分と効果の中に脂肪燃焼効果があること、ダイエットに効果的な方法やエネルギー代謝の促進方法、おすすめの食べ方や注意点、おすすめのレシピなどを詳しく紹介していきます。

そうめんの太らない食べ方!カロリーや糖質が高いのに太りにくい?のイメージ

目次

  1. 1そうめんは太る?
  2. 2そうめんの栄養成分と効果
  3. 3そうめんの太らない食べ方
  4. 4そうめんダイエットのやり方
  5. 5そうめんのおすすめレシピ
  6. 6そうめんで太る原因は食べ方にあった!

そうめんは太る?

そうめんは低カロリーと思われがちですが、実は太ることもあります。太る原因とは何なのか、そうめんのカロリーと糖質、そうめんで太る理由、そうめんとご飯を比較した場合などを詳しく紹介します。詳しく分かることでそうめんの太る原因が分かります。

そうめんのカロリーと糖質

さっぱりそうめん

そうめんというと夏の食欲のない時にさっぱりと食べられてヘルシーなイメージですが実はカロリーが高い食品なのです。乾麺の状態でのそうめんは100g当たり356kcalです。そうめんの売られているときの1束が50gなんで1束当たり178kcalになります。そうめんの糖質は1束当たり35.1gになります。そうめんを茹でた時の100g当たりのカロリーは127kcalになります。

そうめんで太る理由は?

太らないように気を付けたいと思っている所

そうめんの太る理由とは何でしょうか?それは太らないと思い込んで、食べ方でそうめんがのどごしが良く食べることができるので、食べすぎてしまったという感覚はなく、実は量をたくさん食べてしまっていることで摂取するカロリーが増えて太る原因になってしまうことが理由の一つと考えられます。また、そうめんだけをつゆにつけて食べるだけなので、野菜などは薬味程度となってしまい栄養バランスも悪いのも太る原因の1つです。

そうめんとご飯の比較

ごはん

そうめんの100g当たりのカロリーは127kcalに対して、ご飯の100g当たりのカロリーは167kcalになるので、同じ量を食べるとしたら、そうめんの方が成分値が低カロリーになります。ただ、そうめんはのどごしが良く、ご飯の量よりも食べ過ぎてしまうので、摂取カロリーを超えてしまうので成分を比較しいた時はそうめんの方がカロリーは低いですが、結果的に成分値が超えてしまうことが多く太る原因です。

そうめんとごはんの糖質の成分を比較してみると、ごはんの糖質は100gあたり55.1gになり、そうめんの糖質が一束当たり35.1gなので、100gにすると糖質は70.2gになるので、ご飯よりもそうめんの方が糖質の量は多いことになります。

そうめんの栄養成分と効果

そうめんに含まれる栄養成分と効果にはどんな物があるのでしょうか?そうめんに含まれるアンチエイジングやダイエット効果のあるセレン、代謝を促進する働きがあるモリブデン、食欲抑制や脂肪燃焼効果があるクロムについて詳しく紹介します。

そうめんにはアンチエイジングやダイエット効果があるセレンが

ざるに乗ったそうめん

そうめんにはアンチエイジング効果やダイエット効果があるセレンというミネラル栄養素が含まれています。セレンはセレニウムとも呼ばれていて、強い抗酸化作用を持っていて、身体を活性酸素から守る働きをしてくれます。すごいパワーを発揮してくれ抗酸化ビタミンと呼ばれるビタミンEの60倍もの働きがあります。

そうめんには100gあたり、6μg含まれています。その他にもセレンの色々な効果があり、身体の細胞の老化を防ぐ効果、デトックス効果、免疫向上効果、生殖機能の活性化や女性ホルモンを整える効果、血液の流れを良くしてくれ、新陳代謝向上の効果、老廃物を排出してくれる効果があります。セレンは若返りやダイエット効果を発揮してくれるミネラル栄養素です。

そうめんに含まれるモリブデンには代謝を促進する働きが

きれいに盛られているそうめん

そうめんに含まれているモリブデンと呼ばれる栄養成分には代謝を良くしてくれる働きと鉄の働きを促進する働きがあります。血のミネラルとも呼ばれていて、血の身体のめぐりを良くしてくれることで、細胞に栄養や酸素をとどけてくれたり、新陳代謝にも関わっているのですべての源になっている重要な働きを助けてくれることで代謝が良くなります。そうめん100gあたり3㎍含まれています。1日の所要量の12%を摂ることができます。

モリブデンの効果は、貧血の予防効果や改善、糖質、脂質の代謝を良くすること、消化酵素の働きを高めること、身体に有毒な物質を分解して排出することなどの効果があります。

クロムには食欲抑制や脂肪燃焼の効果が

そうめんを食べるところ

そうめんには食欲抑制や脂肪燃焼の効果があるダイエットミネラルとしても注目されている栄養素のクロムが含まれています。クロムにはインスリンなどの分泌を促進して血糖値をコントロールする効果があり、糖尿病やダイエットに効果的となります。そうめん100gあたりクロム1㎍含まれていて、1日の所要量の約10%が含まれています。クロムのダイエット効果や脂肪燃焼効果はサプリメントとして販売される程期待されています。

クロムには、血糖値をコントロールして、糖質代謝を正常にされる効果や食欲抑制作用を持つ成分のセロトニンの合成を促進される効果、糖を代謝する際、エネルギーの生産を促進させる効果、脂肪燃焼を促して筋肉増進する効果、中性脂肪を減らす効果、悪玉コレステロールを下げて、善玉コレステロールを揚げる効果などがあります。

そうめんの太らない食べ方

そうめんの太らない食べ方とはどんな食べ方なのでしょうか?そうめんの食べ方としておすすめのトッピングや温かくして食べる食べ方、糖の吸収を抑える物と一緒に食べる食べ方、夜には食べないようにすることや栄養バランスを考えることなどの注意点も交えながら食べ方について詳しく紹介します。

そうめんにおすすめのトッピング

生姜

そうめんというとそのまま食べてしまいがちですが、ダイエットにもおすすめの太らない工夫のできるトッピングを紹介します。おすすめの1つに生姜を加えることで身体の中から体を温める効果があり、冷え性や生理不順などや免疫力アップの効果、脂肪燃焼効果があります。続いておすすめなのはごまです。そうめんにごまを加えることでし脂肪燃焼効果やエネルギー代謝の促進、食欲抑制などのダイエット効果がたくさんあります。

次におすすめなのは刻み海苔です。刻み海苔は貧血予防や美肌効果があり、ダイエットをしているとどうしても貧血になりがちになったり、肌荒れをおこしてしまうことがあるので効果的な食品です。その他にも便秘の解消にも効果があります。トッピングを利用して、脂肪燃焼効果やエネルギー代謝の促進効果を得ながら太らない食べ方で美味しくいただきましょう。

温かいつけ汁で食べる

温かいそうめん

そうめんというと夏の暑い時期に冷たくして食べることが多いと思いますが、身体が冷えないように温かくして食べるのもおすすめです。温かいつけ汁につけたり、温かいつゆや味噌汁に知れてにゅう麺にするのも良いですが、チャンプルや、焼きうどん、ジャージャー麵としても食べることもできます。また、身体を温める食材のねぎやごぼう、レンコン、生姜、にら、にんにく、唐辛子などと一緒に食べるのもおすすめです。

また、温めたそうめんに、身体を温める食材を加えることで、太る原因の改善にもなる脂肪燃焼効果などにもなり、より効果的になります。

糖分の吸収を抑えるものと一緒に食べる

水溶性の食物繊維の海藻

そうめんというと炭水化物になるので糖分を抑える食材と一緒に食べることをおすすめします。そうめんと一緒にのむ飲み物は緑茶豆乳などがおすすめです。緑茶にはカテキンが含まれているのでカテキンには糖の吸収を穏やかにしてくれる効果があります。豆乳には血糖値の上昇を抑えてくれる効果があるので無調整の物で砂糖などが添加されてないものを飲みましょう。またつけ汁に豆乳を加えるのもおすすめです。

その他にも水溶性の食物繊維を一緒に食べる物おすすめです。糖の吸収を抑えてくれる働きがあるので、こんにゃく、キノコ類、オクラ、納豆、めかぶ、もずく、海藻類などがおすすめです。中でもひじき海苔にはダイエット効果や脂肪燃焼などもある栄養素クロムも含まれています。

夜遅くにたくさん食べない

ポイントとして

そうめんを夜遅くにたくさん食べないようにしましょう。炭水化物ばかりのそうめんを食べてしまうと栄養成分が偏った食事になってしまい太る原因です。ご飯だけ、パンだけというのも炭水化物ですが、その中でもそうめんはおかずなしに食べることができるので注意が必要です。太らない食事として夜の食事はなるべく炭水化物だけでなく、糖分を控えて野菜とタンパク質をとるようにすると良いです。

栄養バランスを考える

考える人

そうめんばかりを食べてしまうと栄養バランスが偏ってしまい太る要因となります。食べるときはそうめん1束ぐらいにして、その他に野菜やタンパク質を中心に、他の栄養成分もしっかり摂るようにしましょう。全体的にバランス良く食べることで、単品で食べるときよりも満腹感を得られ食欲も乱れにくく太らないようになります。

そうめんダイエットのやり方

そうめんを使ったダイエットの方法とはどんな方法なのでしょうか?1日1食をそうめんに置き換える方法やダイエットをするうえでの注意点などを詳しく紹介します。

1日1食をそうめんに置き換える

ダイエット

そうめんダイエットのやり方として、1日1食をそうめんに置き換えてみましょう。1日3食食べるうちの1色をそうめんに変えますがおすすめの時間帯は昼食か夕食にするとよいです。脂肪がたまりやすい夕食に置き換えることでカロリー制限できるので効果的になります。1日当たりのそうめんの摂取量は1食あたり乾麺100gまでが良いです。茹でることで約三倍になります。ダイエット目的の場合は100g以下にするとよいです。

そうめんダイエットの注意点

やってはいけない

そうめんダイエットの注意点は、1日1食だけにし単独でそうめんを食べないようにしましょう。1食以上にして単独で食べてしまうと栄養不足になってしまう可能性があるので気を付け、その他に1食当たりの摂取カロリーにも気を付けましょう。そほのかの注意点として、よく噛んでゆっくり食べるようにしましょう。のどごしが良いそうめんなので早食いになりがちですがゆっくり食べることで満腹感を得られ太る原因を改善できます。

注意点の最後に、冷やして食べるそうめんはなるべく控えるようにしましょう。どうしてもそうめんは夏に食べることが多く冷たい状態で食べますが、冷たい状態で食べることで体を冷やしてしまい、血液の循環を悪くしてしまい代謝を下げてしまい太る原因になってしまうので、つゆを温かくして、身体を冷やさないようにして食べるようにしましょう。

Thumbそうめんダイエットのやり方・効果は?糖質の注意点やレシピも! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

そうめんのおすすめレシピ

そうめんのおすすめのレシピとして、腸をすっきりさせるそうめん入りの味噌汁や一品でも栄養バランスが取れるそうめんチャンプル、身体を温め代謝をあげるそうめん風ラーメンを紹介します。

腸をすっきりさせる「そうめん入り味噌汁」

  • そうめん1束
  • 薄揚げ20g
  • 大根40g
  • しめじ50g
  • 三つ葉適量
  • 和風だし500ml
  • みそ大さじ2

  1. 薄揚げはザルに入れて熱湯を回しかけて油抜きをします。油抜きしたものを短冊に切ります。大根も短冊切りにして、しめじは石づきを切り落として小房に分けます。三つ葉は3cmの長さに切ります。
  2. 鍋に和風だしと三つ葉以外の具材を入れて中火にかけます。煮立ったら弱火にして大根が柔らかくなるまで煮ます。
  3. そうめんは固めに茹でてザルにあげて水気をきり、鍋の中に加えます。煮立つ直前に味噌を溶き味を整えて火を止めます。器に盛って三つ葉をのせたら完成です。

一品でも栄養バランスがとれる「そうめんチャンプル」

  • そうめん2束
  • 高菜漬け40g
  • 長ネギのみじん切り大さじ1
  • 生姜のみじん切り大さじ1
  • 菜種油大さじ2
  • 和風だし小さじ1/2
  • 塩少々
  • こしょう適量
  • 大葉3~4枚
  • 海苔適量

  1. そうめんを茹でて冷水でしめます。ザルにあげて水気を切りましょう。
  2. そうめんをボウルに移して、高菜付け、菜種油大さじ1、和風だし、塩、こしょうを加えてむらなく均等に混ぜます。
  3. フライパンに菜種油大さじ1を入れて熱して、長ネギ、生姜を炒めて香りを出します。ボウルで調味料を和えたそうめんを加えてさっと炒めます。
  4. 炒めたそうめんをさらに盛り、手でちぎった大葉と海苔をトッピングしたら完成です。

身体が温め代謝をあげる「そうめん風ラーメン」

そうめん風ラーメン

  • そうめん50g
  • 茹で鶏のフープ300ml
  • 茹で鶏50g
  • ネギ1本
  • 万能ねぎ適量
  • 塩少々
  • 醤油少々
  • 生姜少々

  1. まずはじめに茹で鶏を作ります。胸肉に塩をすり込んで水400ccに生姜を少々入れて弱火で5分かけて、火を止めて15分置きます。その後鶏肉を取り出します。
  2. そうめんを茹でます。少し固めに茹でると良いでしょう。
  3. 鶏のフープを沸かしてネギを加えます。そこに茹でたそうめんと鶏肉を入れて味を見て塩と醤油をたします。鶏のだしが効いた美味しいラーメンのスープで体温まるラーメンの完成です。

そうめんで太る原因は食べ方にあった!

薬味たっぷりそうめん

今回「そうめんの太らない食べ方!カロリーや糖質が高いのに太りにくい?」と題して紹介しましたが役に立てたでしょうか?そうめんは実はご飯よりも低カロリーですが、のどごしが良くついつい食べ過ぎてしまうことで、太る原因でもあるカロリーを多く摂取してしまうことや炭水化物だけの摂取になりがちで栄養バランスが崩れてしまうことから太りやすくなってしまうことが分かりました。

でも、食べ方を1食置き換える方法や温めて食べることで太らないようにすることもでき、逆に脂肪燃焼やアンチエイジング効果、食欲抑制効果、ダイエット効果などがある栄養成分を多く含んでいるので嬉しい食材でもあります。食べ方を工夫しながら太る原因を改善しそうめんを美味しくいただきましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ