新宿思い出横丁の行き方は?人気のディープなおすすめ飲み屋を紹介!

新宿の思い出横丁というと、レトロな雰囲気が漂いその空間だけ昭和の名残をのこし一歩新宿の思い出横丁に足を踏み入れると、過去にタイムスリップしたかのように個性的な店が立ち並び、多くの人が懐かしい雰囲気や美味しい料理に舌つつみする任kいのスポットです。この記事では東京の新宿で人気のエリアである思い出横丁のおすすめのお店や生き方、営業時間など新宿の思い出横丁についての特集記事になります。新宿は多くのお店などが立ち並びますが思い出横丁の魅力を見ていきましょう。

新宿思い出横丁の行き方は?人気のディープなおすすめ飲み屋を紹介!のイメージ

目次

  1. 1人情たっぷり「新宿思い出横丁」徹底調査!
  2. 2知る人ぞ知る新宿思い出横丁とは?
  3. 3新宿思い出横丁で「焼き鳥」がおすすめのお店
  4. 4新宿思い出横丁で「もつ」がおすすめのお店
  5. 5新宿思い出横丁で「魚介」がおすすめのお店
  6. 6新宿思い出横丁で「おでん」がおすすめのお店
  7. 7新宿思い出横丁の「穴場」のお店
  8. 8ディープな新宿思い出横丁に飲み行こう!

人情たっぷり「新宿思い出横丁」徹底調査!

新宿の中でもホッとするオアシス的な新宿思いで横丁。今回は、知る人ぞ知る新宿思い出横丁とは、思いで横丁の行き方や新宿思い出横丁で「焼き鳥」がおすすめのお店について、新宿思い出横丁で「もつ」や「魚介」「おでん」がおすすめのお店について、新宿思い出横丁の穴場のお店について、ディープなスポットである新宿の思い出横丁について詳しく解説していきたいと思います。

知る人ぞ知る新宿思い出横丁とは?

レトロな雰囲気で新宿の中でもとりわけ、思い出横丁が一番好きだという人も多いぐらい人気のスポットですが、ここからは新宿の思い出横丁はいつからあるのか?歴史について、また新宿の思い出横丁までの生き方やアクセス方法、思い出横丁は何時から何時まで飲むことが出来るのか、営業時間からおすすめのお店などについて見ていきたいと思います。

新宿思い出横丁はいつからあるの?

新宿でもおすすめのエリアの一つである思い出横丁の歴史は、戦後直後の1950年から1951年までさかのぼることになります。戦争が終わった直後の1946年は新宿の西口周辺は瓦礫の山に埋もれていて、今見る新宿の繁華街とはまったく別風景だったようです。しかし今の新宿駅の西口にあたる場所では、毎日テント張りの露天商の屋台が出て、日用雑貨やおでん、天ぷら、古本からふかしたお芋などを販売していました。

そこから露天商の飲食店の取り締まりが厳しくなり、ラーメンや今川焼などの粉ものとうの販売ができなくなり、統制品でない対象の食品だけを利用する形で牛や豚のモツを利用した料理を提供するお店が増えていき、今の思い出横丁でもそういったメニューが多いのもその時代の名残になります。規制が入ったことでモツ料理が発展したのですが逆に人気になり、今でも焼き鳥やモツ料理店が思い出横丁に多いもの名残になります。

新宿の思い出横丁への生き方を調べて実際に行ってみると、ほかのエリアでは見ることが出来ないお店の作りになっており、店舗と店舗の壁が合体している作りなっているのも当時の露天商がべニア板一枚でお店を仕切っていた名残のようです。1955年になると新宿の思い出横丁にもキャバレーが入ってきたりと非常に賑わいを見せたようです。

1960根にごろになると新宿の再開発が入時真理、新宿の思い出横丁にあった300軒以上のお店が不法占拠で立ち退きになり、甲州街道から青梅街道の道路整備に該当しなかったお店のみ今もなお新宿の思い出横丁で飲食店などとして残っています。戦後から今もなおほとんど味や雰囲気が変わっていないお店は、当時の思い出と共に美味しいモツ料理や焼き鳥を楽しめるスポットとしておすすめです。

新宿の思い出横丁の場所

新宿の思い出横丁は新宿1丁目のエリアになり、新宿駅の西口からガード沿いに進むとかなり遠くから見ても大きな緑色のネオンの看板で「新宿の思い出横丁」とデカデカと書かれた文字があるのですぐにわかると思います。昭和を雰囲気を残すエリアの思いで横丁は、個性的な飲食店が立ち並ぶスポットなので是非立ち寄ってみてください。ここからは各交通機関を利用した行き方について見ていきます。

新宿思い出横丁の行き方とは?

新宿西口の思い出横丁の行き方は、公共機関を利用した行き方はどれを利用しても徒歩3分程度の到着することが可能です。電車などの公共機関であるJRを利用した行き方の場合は「新宿駅」で下車したあとは改札を出て右に3分ほどのすぐにあります。小田急線を利用した場合の行き方も新宿駅で下車あと改札でて右側に徒歩2分ほどです。

京王線を利用した新宿の思い出横丁の行き方は、京王線新宿駅を出てすぐ3分なので行き方はシンプルです。その他に西武新宿線の行き方は西武新宿駅下車でこちらも徒歩3分程度です。東京メトロ丸の内線での行き方は、新宿駅で下車してすぐ目の前です。都営大江戸線での行き方は新宿西口駅で降りた後に徒歩3分程度でどの交通手段を利用した行き方でもアクセスは抜群に良いです。

新宿の思い出横丁までバスで行き方

バスで新宿の思い出横丁への生き方は、この界隈にはバス停が多くありおおよそ10個程度のバス停留所で降りれば、徒歩での行き方は5分圏内でアクセスすることが可能です。新宿の思い出横丁への主要なバス停からの行き方について少し見ていきたいと思います。まずは「新宿駅東口」のバス停で降りた場合の行き方は、新宿大ガード東をくぐり交差点を左折してさらに突き当りを左折し直進で新宿思いで横丁に到着です。
 

このバス亭での行き方が一番近く、最短2分で到着することが可能です。次に「新宿広小路」バス停留所からの行き方は、バス停すぐの交差点を左折して直進、ヨドバシビルからさらに左折すると到着です。このバス停からの行き方も2分ほどで到着可能です。「新宿駅西口」からの行き方は、徒歩ルートで3分ほどでアクセス可能です。新宿の思い出横丁までは交差点を5回左折すると到着することが可能です。

新宿思い出横丁の営業時間とは?

新宿の思い出横丁のお店はエリア一体で営業時間の決まりはなく、各店舗ごとに営業時間や定休日が決まっていますので、訪れるお店の時間や定休日を調べて訪問しましょう。遅くまで開いている飲食店は早朝5時まで営業しているお店もあるので、新宿の思い出横丁でレトロな雰囲気で遅くまで楽しみたい方にはおすすめです。

Thumb新宿の焼き鳥屋で個室があるお店を紹介!デートや接待におすすめ! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

新宿思い出横丁で「焼き鳥」がおすすめのお店

新宿の思い出横丁はかつては「焼き鳥横丁」と呼ばれるほど、美味しい焼き鳥店が多数存在するエリアでしたが、都市開発の際に多くの店が立ち退きにあい今でも残っているのは、区画整理や開発エリアに食い込まなかった老舗のお店ばかりで、味も一級品の焼き鳥店が並びます。その中でも思い出横丁でおすすめの焼き鳥店をいくかご紹介しています。

立ち飲みもできる「鳥園」

新宿横丁の焼き鳥の中でも名店と呼ばれるお店の一つです。焼き鳥のメニューが豊富で新宿の横丁を初めて訪問する方は一番良いかもしれません。おすすめのポイントとしては焼き鳥のほかにも一品料理で馬刺しや鯨のお刺身が低価格で楽しむことが出来るため国内旅行者はもとより、海外からの観光客できた方の訪問も多いお店です。

焼き鳥はおすすめの「盛り合わせ5種」683円と非常に安く、単品の焼き鳥が1本250円程度なので訪問の際は盛り合わせのほうがおすすめです。その他に人気のメニューである「鯨刺し」683円、懐かしい給食の味「鯨竜田揚げ」735円のおすすめです。単品料理の他に飲み放題がついたコース料理も人気で3500円から実施していますので、ゆっくりと飲みたい人にはおすすめと言えます。
 

新宿思い出横丁おすすめ店の営業時間や場所

思い出横丁の焼き鳥名店である「鳥園」のお店の場所は、思い出横丁の一番線路沿い通りの6軒目になります。定休日は元旦と不定期に臨時定休日があるようです。営業時間は11:30から23:30までとなり、ラストオーダーは30分まえまでとなります。週末の混雑時は多くの人が来店するため、コース料理や飲み放題を頼まない場合でも滞在時間は2時制となっています。お店にはテーブルと座敷席があるのでゆっくりとくつろげます。
 

サラリーマンに優しい明朗会計「やきとりタロー」

新宿の思い出横丁の中でも隠れ家的な焼き鳥屋さんで、店内は狭いのですが創業当社から店内の雰囲気はあまり変わっていないく、昭和の香りが残っているためそういう雰囲気が好きな人が多いようです。焼き鳥は定番の豚バラ、砂ずり、はらみ、タン、ハツ、レバーなど12種類に野菜串10種類程度で、焼き鳥は各種150円から200円までのものとなります。塩味かタレ味か選択できるもの嬉しいサービスです。

焼き鳥の他におすすめは大きな鍋で上質のモツを煮込んだ「モツ煮込み」450円になります。モツは食べ応えがあるプリプリした食感で、大根やニンジン、こんにゃくなどと一緒に味噌味で柔らかく煮込まれているので、ビールや焼酎にピッタリです。一品料理も380円程度から多数揃っています。つまみもお酒も優しく周辺のサラリーマンのリラックススポットとして人気です。
 

新宿思い出横丁おすすめ店の営業時間や場所

やきとりタローのbあしょは西新宿1丁目になります。定休日は無く年中無休で営業時間は10:00から24:00までとなります。店内は全部で30席と小さなお店で、1階はカウンター席の15席、2階はテーブル席の15席となります。小さい店ながら昭和の時が止まったような雰囲気と歌謡曲が流れていますので、コスパに優れた調理とお酒でゆったりとした時間を過ごすことが可能です。
 

鮮度にこだわりの食材がうまい「やきとん野方」

お店は小さいながら思い出横丁の焼き鳥激戦区エリアに店があり、開店時間からほとんど満席状態の場合が多いお店です。各種焼き鳥は1本150円から、肉厚で新鮮なお肉やモツが利用されており、タレ焼きの場合は甘すぎるピリっとしたアクセントが効いて旨味が強いのが特徴です。アルコールにはサッポロビールのラガー赤星が置いているので、是非焼き鳥と一緒に満喫しましょう。

焼き鳥の人気は「焼き鳥おまかせ5本セット」700円です。焼き鳥は1本150円からなのでセットのほうが少しは価格がお得です。かしらやはらみ、たん、れば、はつ、てっぽう、ばら、ねぎまなど焼き鳥のうまいところがズラリと揃っていて、一品料理も充実しているので一人でぶらりと来店するのも良いでしょう。

新宿思い出横丁おすすめ店の営業時間や場所

うまい焼きとんが食べれるお店である「やきとん野方」のお店の場所は西新宿2丁目になります。定休日は無く年中無休で営業時間は16:00から25:00までです。店内は全部で12席とかなり小さな店でカウンター席8席とテーブル4席となります。こじんまりとしていますが、夕方近くになると近隣のサラリーマンなどでほぼ満席になり、開店から閉店まで多くの方が訪問する人気店です。

Thumb新宿の寿司屋のおすすめ17選!安い食べ放題や高級店など紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

新宿思い出横丁で「もつ」がおすすめのお店

レトロな雰囲気で美味しい名店が多く残る、新宿の思い出横丁ですが焼き鳥とともにおすすめなのが「もつ料理」を提供するお店です。戦後すぐは色んな飲食店が並んでいたようですが、統制品で食材の規制が入ったため限られた食材で飲食店をやりくりするためにモツ料理を提供する店が増え、その名残で今も思い出横丁にはモツ料理を提供するお店が多いのも特徴です。その中でもおすすめのお店をご紹介していきます。

もつ焼きが人気「きくや」

新宿の思い出横丁にあるもつ焼きとやきとんが美味しいお店のきくや。こちらのお店は焼酎ハイボールを生み出した発祥のお店として知られています。元祖酎ハイボールは1杯320円。思い出横丁には老舗店ばかりが多いのですが、こちらのお店もさすがお酒の種類が多く日本酒や生酒などホルモンと一緒に飲むにはおすすめのお酒がずらりと並んでいます。

黒豚の本場である鹿児島から直送している豚肉は、きくやのおすすめの食材・臭みがなく脂身がサクサクで香りが抜群と評判です。おすすめのメニューは「「味自慢煮込み」420円、「牛レバ刺し」525円、「くじらカツ」630円になります。焼とり1本105円のほもばかりで注文は2本以上からとなりますが、創業から利用されているタレを利用した焼き鳥は絶品です。安くてうまいもつ焼きならこちらはおすすめ。

新宿思い出横丁おすすめ店の営業時間や場所

新宿の思い出横丁のもつ焼きで有名なきくやのお店の場所は、西新宿の1丁目にあります。新宿駅から徒歩3分ほどの場所になりますのでアクセス抜群です。定休日は無く年中無休で営業時間は平日が15:00から24:00まで、金曜日が15:00から24:30となります。ラストオーダー各30分前となっています。店内は1階と2階にがあり個室はありませんがキャパ50席とかなり広いのが訪問しやすいと言えます。

リピーターが多い激ウマなモツ「もつ焼きウッチャン」

思い出横丁の中でももつ焼きというとトップ3には名前があがる名店です。お店は非常に狭く、隣の人と肩が触れあるほどの距離で窮屈なのですが平日でも17時ごろにはすでにお店は満員で待ちの列が出来ているほどの人気店です。お店の中に入ると美味しいモツ焼きの匂いが充満しているので、食欲をそそります。おすすめのメニューの「もつ煮」はゆっくりと煮込まれたモツが柔らかく旨味が凝縮されています。
 

モツ焼き串をはじめ各種串焼きは1本180円程度が相場になります。名物の「ホルモン炒め」390円はお店のオリジナルの甘辛タレで炒められているのでビールが進みます。その他「黒コショウレモン焼きそば」510円、「もつ煮込み」490円、「味噌漬けチーズ」290円などがおすすめで、価格もさすが思い出横丁と言わんばかりに庶民的で好感が持てるお店です。

新宿思い出横丁おすすめ店の営業時間や場所

思い出横丁の中でももつ焼きがおすすめのお店の「もつ焼きウッチャン」のお店の場所は穂波ビル1階になります。定休日はなく年中無休で訪問可能で営業時間は16:00から23:00までとなります。日曜日や週末はネタが無くなり次第終了となるため、早めの時間の訪問が良いでしょう。連休が続いた際はモツの仕入れ状況によってはお休みになることもあるようです。お店はカウンター席のみの26席とかなり小さなお店となります。

焼きそばとモツがうまい「縄文の豚」

もつ焼き「縄文の豚」は、観光地化が進む新宿界隈の老舗店でも昔ながらの価格とメニューで店内も昭和感満載なレトロな雰囲気が楽しめます。お通しはキャベツ300円かかりますが味噌をつけて食べるとうまいし胃もたれを起こしません。人気のメニューは「もつ焼きおまかせ5本セット」680円になります。その他に「おもよこホルモンロール」1本180円、「縄文ベーコン」680円もおすすめです。

こちらの縄文の豚はランチも営業しており、人気の焼きそば店だった若月の店主がランチ時間のみ焼きそばを焼いているので美味しい焼きそばも楽しめます。若月焼きそば並500円、大600円になります。その他に「もつ煮込み定食」600円、「まぐろブツ定食」900円となります。とくに若月の店主が焼くランチ時間の焼きそばは絶品で多くの人が訪れる名店です。
 

新宿思い出横丁おすすめ店の営業時間や場所

美味しいモツ料理と焼きそばを食べることが出来る人気のお店の場所は、西新宿1丁目になります。定休日は日曜日が不定期でお休みです。営業時間はランチ時間が平日の月曜日から金曜日の11:30から14:00まで夜の時間は16:00から23:00までとなっています。元はラーメンやソース焼きそばが食べれる「若月」だったお店がもつ焼き専門の「縄文の豚」に変わっています。
 

新宿思い出横丁で「魚介」がおすすめのお店

新宿の思い出横丁には美味しい名店がそろっているのですが、魚介を取り扱う飲食店ではこの価格でこのボリュームはあり得ないというほど、お得なお店から東京の築地直営で新鮮な海鮮類を提供しているお店などディープなスポットなので、毎回訪れるのが楽しみなエリアです。ここからは新宿の思い出横丁で美味しい魚介類が食べれるお店を紹介していきます。

仲卸直営店「築地三代」

築地仲卸直営店になる「築地三代」は大粒で新鮮な牡蠣を中心に、築地で仕入れたばかりの海鮮類を安い価格で食べることが出来る、思い出横丁でも人気のお店になります。また牡蠣が好きな方には非常におすすめで、日本の各産地で獲れる人気の牡蠣をよりよい状態で一年中楽しむことが出来る「築地オイスターバー」になります。

各産地の美味しい牡蠣を食べ比べることが出来る「2産地食べ比べセット」900円はおすすめです。牡蠣は岩手、宮城、山口、兵庫、長崎、福岡、佐賀県などの産地の美味しい牡蠣を食べることができます。牡蠣は生牡蠣から素焼き、バター焼き、蒸し焼き、トマトチーズ焼きなど楽しめまさに牡蠣ワールドを堪能できるお店と言えます。

新宿思い出横丁おすすめ店の営業時間や場所

お店の場所は西新宿1丁目になります。定休日は日曜日と祝日になります。営業時間は平日が17:00から22:00まで、土曜日は17:00から21:00までとなりますが地下のみ15:00からオープンしています。お店は1階は立ち飲み専門で15席と地下にテーブルが備え付けられた20席用意されています。週末には多くの人が訪問するので、待ち時間が長くなることもありますが牡蠣好きな方には、安くて美味しい牡蠣が食べれるので大満足のお店です。
 

活気がありコスパ最強「トロ函」

ここは新宿なのを一瞬忘れてしまう思いで横丁で食べることが出来る、本格的な浜焼きを中心に活気のある店内で新鮮な魚介類メニューを楽しむことが可能です。トロの切り落としや、豪快に盛られたいくらにうになどどれも盛り付けが豪華でコストパフォーマンスに優れるおすすめの名店になります。おすすめのメニューはほぼすべて満足いくものですが、いくつかご紹介したいと思います。

「活貝浜焼盛り合わせ」1186円は、豪華にホタテ、サザエ、ハマグリの大きな貝がのってこの価格は圧巻です。「ぶっかけ三点寿司」はウニ、イクラ、カニの身が盛大にぶっかけられて1186円。もう具材がはみ出ているという以上のぶっかけ具合に驚きです。食べ応え抜群の「鮪カマ焼き」754円は身がぷりぷりしていてカマ焼き好きにはたまりません。価格に対して料理の質が高いので満足度が高いお店です。

新宿思い出横丁おすすめ店の営業時間や場所

新宿思い出横丁トロ函のお店の場所は。西新宿1丁目になります。定休日は年中無休で営業時間は月曜日から金曜日までが17:00から23:00まで、土日祝日が16:00から23:00までとなります。店内は全部で100席ありかなり広いですが、週末となると多くの観光客やリピーターの方が多く訪れずれます。全面喫煙可なので喫煙者には嬉しいお店と言えます。
 

うまくて安い!コスパ最強「てらだ屋」

新宿の思い出横丁にあるワンイコンで美味しい海鮮丼を楽しめるお店です。てらだ屋のマグロは築地直送で、シャリはてらだ屋特製の寿司酢が利用され、醤油は生しぼり醤油と食材にこだわりながら新宿でこらだけ安い価格で美味しい海鮮をたべることが出来る店は他にないでしょう。店内は小さく全部で10人程度入れるキャパですが、ランチ時間は多くの人でにぎわいます。

人気のメニューはどれも安く、「づけ丼」590円、「ネギトロ丼」500円、「づけちらし」590円、「まぐろスープ」60円と非常にリーズナブルです。日本に来た外国の観光客はとくに価格の安さと沢山たべて周りたい方が多いため非常にリーズナブルな価格設定は人気のようです。一番高いメニューでも「特製づけ丼」890円と1000円を切る価格なので非常に安く、お腹いっぱい食べれるところも良いところです。

新宿思い出横丁おすすめ店の営業時間や場所

てらだ屋新宿店のお店は西新宿1丁目になります。西新宿駅から徒歩3分程度になります。定休日は無く年中無休で営業時間は11:00から24:00までとなります。店内は全部で10席の両面カウンター席のみの小さなお店です。価格が安く多くの人が訪問しますが回転が速いので比較的並んでもすぐに入ることが可能です。一人でも訪問しやすいので是非利用してみてください。

Thumb新宿のしゃぶしゃぶ食べ放題のおすすめ店7選!人気のランチなど紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

新宿思い出横丁で「おでん」がおすすめのお店

日本人のソウルフードの一つである「おでん」ですが、新宿の思い出横丁には戦後からおでん屋や十銭焼きや今川焼が立ち並ぶなら古くからおでん料理がお店で提供されてきた土地だと言えます。そんな新宿の思い出横丁でおでんが美味し飲食店のおすすめのお店をいくつかご紹介していきたいと思います。

大根おでんが絶品「ばんしゃく家うま久」

温かみのある間接照明が利用された店内は、懐かしさを感じさせるどこかホッとするようなお店です。店内にはこだわりの焼き鳥と美味しいおでんが食べれる、思い出横丁でも人気のおすすめ店となります。この「ばんしゃく家うま久」はとにかくメニューが多く小皿料理がメインなので、1皿の価格も安くちょこちょこと色んなものを食べることができます。
 

平日は18時までに来店すると生ビールが半額で飲めるサービスも実施しているので、新宿で遊ぶ前に一杯飲むのも良いでしょう。人気のおでんは120円から楽しむことが出来き、おすすめは「おでん盛り合わせ5品」680円になります。こだわりの出汁でだいこん、玉子、厚揚げ、こんにゃく、ちくわが入って名店の自家製おでんを楽しめます。ぽてサラやさば焼きなどは200円程度なのでおでんの他にも満喫できます。

新宿思い出横丁おすすめ店の営業時間や場所

おでんや焼き鳥に小皿料理が楽しめる「ばんしゃく家うま久」のお店の場所は、西新宿1丁目になります。定休日は一年で5回程度ですが不定期です。営業時間は月曜日から金曜日までが15:00から24:00まで、土曜日が12:00から24:00まで、日曜日と祝日は12:00から23:30となります。店内は全部で40席ほどあり個室はありませんが20名以上で貸し切りも可能です。全面喫煙可です。貸し切りも可能です。全面喫煙可です。
 

焼き鳥とおでんがうまい「えんなすび」

新宿の思い出横丁の「えんなすび」は、焼き鳥とおでんがメインの居酒屋になります。おでんは京風の昆布の出汁がきいたあっさりした関西風のおでんになります。人気のメニューは「花薫る都おでんの盛り合わせ」780円になります。おでんで人気のたまご、大根、厚揚げ、ちくわ、はんぺんなどのうまいどころが入っていますのでお店の味を満喫できます。

おでんは150円から200円程度で20種類ほど揃っていますので、会社帰りに一杯飲んで帰るのには適してたお店と言えます。おでんの他にも焼き鳥の盛り合わせ「風薫る 醤油塩串焼き盛り合わせ」780円も人気です。6本入りなのでビールと合わせて食べ飲んでも1000ベロが出来る価格です。一品料理も充実しているので是非新宿の思い出横丁で美味しいおでんを食べたい方はおすすめです。

新宿思い出横丁おすすめ店の営業時間や場所

「えんなすび」の場所は西新宿1丁目のファイブケアビル3階になります。定休日は無く年中無休え営業時間は金曜日、土曜日、祝日前は15:00から翌5:00まで、月曜日から木曜日の平日と日曜日は15:00から24:00までとなります。店内は85席とかなり広く、個室も完備されているのでゆっくりと宴会にも利用することが可能です。また深夜まで開いているので新宿ではしごする店としても人気です。

新宿思い出横丁の「穴場」のお店

ディーブなエリアで昔からあるお店が多いので新宿の思い出横丁には、穴場と呼ばれるお店がゴロゴロありあます。また提供される料理も老舗店が多いため味が洗練されていながら低価格で大衆向けの飲み屋が多く、周辺のサラリーマンから地元の人や観光客、ネットで調べてわざわざ足を運んで食べに来る人も多いエリアです。そんな思いで横丁の穴場スポットをいくつかご紹介していきたいと思います。

うなぎの名店「カブト」

新宿の思い出横丁にある創業70年以上のうなぎのかば焼きならぬ、焼き鳥風のうなぎ串専門店の居酒屋になります。東京でもかなり珍しいお店ですが毎日多くの方が訪問する名店です。うなぎ串の「カブト」のお店はゴヤ街にあるような、屋台風の外観ですでに日が暮れる夕方ころになると、多くのお客で店は賑わいます。お店のおすすめはうなぎ串のコースである「一通り」1610円になります。

うなぎ串7本で5か所の部位を楽しめます。コースの一品目はうなぎの頭の部位である「えり焼」。二品目は「ひれ焼き」といううなぎの腹びれになります。三品目はうなぎの内臓全部である「きも焼」、四品目はうなぎの本体部分「一口蒲焼」、五品目はうなぎの肝臓のみの「れば焼」となります。うなぎ1本をすべて串焼きで楽しむことが出来るので非常におすすめの名店と言えます。

新宿思い出横丁おすすめ店の営業時間や場所

うなぎ串が食べれるカブトの場所は、西新宿1丁目になります。定休日は日曜日、祝日と年始年末になります。営業時間は13:00から20:00までです。お店はカウンター席のみの全部で15席とかなり小さなお店で週末問わず平日も満席状態のことが多いので、入店できるチャンスがあればうなぎ串の一通りメニューは挑戦してみましょう。日本酒や焼酎も多く揃っているのでおすすめです。

思い出横丁を食堂名店「つるかめ食堂」

半世紀以上、新宿の西口で食堂を営むつるかめ食堂は、定食を食べに行ってもよいですし、一品料理や小皿料理も充実しているのでお酒を飲みながら美味しい料理を満喫するのにも適したお店です。食堂という名前が付いていますが、定食ものから刺身、揚げ物、丼、一品料理とかなりの数のメニューがあります。定食で人気なのが「元気丼」600円です。牛スジの煮込みにマムマリネを乗せた丼で、食べるともりもり元気が出てきます。
 

どれもオリジナリティなるメニューで、多くの常連さんで毎日店内は賑わっています。この周辺は100軒近くの飲み屋があり、夕方を過ぎるとどこも満席になりこちらのつるかめ食堂もごはんを食べに訪問する方が多いのですが、お酒というよりは定食目当てなので回転が速く比較的夜でもお店に入れることが多いでしょう。もちろん定食以外にもお酒も飲めるお店です。

新宿思い出横丁おすすめ店の営業時間や場所

おいしい定食を食べることが出来る西新宿の思い出横丁「つるかめ食堂」はの場所は、西新宿1丁目になります。定休日は年中無休で営業時間は15:00から23:30までとなります。店内は全部で25席でテーブル席も用意されています。全面喫煙可なのでタバコを吸う人も来店しやすいお店と言えるでしょう。

Thumbラクレットチーズが食べられる新宿のお店は?ランチ情報も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ディープな新宿思い出横丁に飲み行こう!

西新宿にある老舗のお店が集まる思い出横丁のおすすめの飲み屋や、思い出横丁までの行き方についてご紹介させて頂きましたが如何だったでしょうか?新宿といえば歓楽街の歌舞伎町、飲みに遊びに適した新宿ゴールデン街の方が目立ちますが、魅惑なお店が多数揃う思い出横丁は一度体験すると病みつきにあるディープなスポットなので、是非一度おすすめのお店を参考に遊びに行ってみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ