雑穀麹の生酵素の飲み方は?ダイエット効果をあげる方法を紹介!

テレビ番組や有名人が紹介していたことでも有名な『雑穀麹の生酵素』。ダイエットのサポートをしてくれるサプリメントとして、聞いたことある方も多いのではないでしょうか?特徴として酵素が入っていることがありますが、「体重が落ちた」という声がある一方で、「何も効果を感じられなかった」、という声も多数あります。果たしてどんな飲み方をすればいいのでしょうか?今回は、雑穀麹の生酵素のダイエット効果を感じられる、効果的な飲み方について紹介していきましょう!

 雑穀麹の生酵素の飲み方は?ダイエット効果をあげる方法を紹介!のイメージ

目次

  1. 1雑穀麹の生酵素の飲み方について知りたい!
  2. 2雑穀麹の生酵素について
  3. 3雑穀麹の生酵素の飲み方
  4. 4雑穀麹の生酵素の効果を上げる方法
  5. 5雑穀麹の生酵素の口コミを紹介
  6. 6雑穀麹の生酵素は効果を上げる飲み方を意識しよう

雑穀麹の生酵素の飲み方について知りたい!

公式ホームページではリピート率92.5%と謳われている雑穀麹の生酵素。しかし、「雑穀麹の生酵素を飲んだけど、あまり効果を感じなかった」という意見があります。せっかく飲むのなら効果的な飲み方の方法を知りたいです!

雑穀麹の生酵素について

飲み方の方法について知る前に、まずはそもそも酵素とは何なのか?そして雑穀麹の生酵素にはどんな成分が含まれていて、どんなダイエット効果が出期待できるのか解説していきたいと思います。

酵素とは?

「酵素」と聞くと「ダイエット」「体にいい」「美容」などのイメージがあるのではないでしょうか?酵素とは基本的にたんぱく質でできており、必要に応じて細胞内で生まれるものです。人間の酵素だと、摂氏35度から40度の温度で最も活発にはたらきます。ただし、48度以上の加熱で死活してしまうことや、酸とアルカリに弱い弱点があります。

酵素は、体内の化学反応の触媒(仲立ち的な位置付け)のはたらきをしてくれます。この「化学反応」とは、他の化学物質が分解されて他の化学物質になることです。例えば、炭水化物(でんぷん)の分解にはアミラーゼという酵素が大きくかかわっています。白米を食べても胸やけや胃もたれをおこさないのは、このアミラーゼが白米の炭水化物(でんぷん)を分解してブドウ糖に変えているからです。

体内の消化吸収には、ほぼ酵素のはたらきがないとできません。体内の環境やはたらき、つまり化学反応の種類によって酵素の役割も異なっており、種類も数千種類あるといわれています。吸収するには大きすぎる炭水化物(でんぷん)を小さく分解することで、体内に栄養吸収しやすくしてくれます。他にも、お肉のたんぱく質にプロテアーゼという酵素がはたらきかけることで、アミノ酸になるなどがあります。

酵素は大まかに分けられる

酵素は大まかに体内酵素の「消化酵素」「代謝酵素」、外部酵素の「食物酵素」と分かれます。さらに酵素がはたらくための、「補酵素」と呼ばれるものもあります。順番に解説していきましょう。

「体内酵素」とは、潜在酵素ともいいます。体内酵素の「消化酵素」とは、食べ物を消化する酵素で、代表的なのが唾液・胃液、などです。「代謝酵素」とは、体内で代謝を担う酵素のことです。消化酵素で分解された栄養分をエネルギーに変えるはたらきがあります。

消化酵素と代謝酵素はお互いに関係しあっています。1日のうちに体内で作られる酵素には限りがあるといわれており、例えば大きなステーキを食べると、その分消化酵素に酵素が回されて、代謝酵素に回されなくなります。すると、新陳代謝が鈍る→老廃物が体に溜まる→太りやすくなる、体がだるくかんじる、免疫力が落ちる、などの症状が出てきてしまいます。

外部酵素の「食物酵素」とは、加熱されていない生の食品や発酵食品に含まれている酵素のことです。野菜や果物、パンやビール、味噌や日本酒などの発酵させたものなど、体内に摂取されると分解されて養分として吸収されます。

酵素がスムーズにはたらくには、ビタミンなどの補助的な栄養素も欠かせません。そこで「補酵素」が必要になります。補酵素とは食事中に摂取したビタミンからできており、主にビタミンB群が代表的です。一緒に食べる食事も重要になってきます。

酵素とは年齢と共に減っていくもの

酵素は、年齢と共に減っていきます。酵素が不足すると、栄養素の分解に時間がかかってしまうので、消化に時間がかかり、胃痛や胸やけを起こしたり、太りやすくなります。歳をとるとダイエットをしてもなかなか効果が出ない、というのはこういうことです。酵素とは、体にとってとても大事な存在なのです。

雑穀麹の生酵素とは?

酵素がどんなものか分かったところで、「雑穀麹の生酵素」とはどんなサプリメントなのでしょうか?雑穀麹の生酵素には「麹(こうじ)」など豊富な栄養が入っており、ダイエットをサポートしてくれます。雑穀麹から取り出した酵素などを、飲みやすいようにカプセルに包んでいます。

ダイエット以外にも、「見た目が老けて見られる」「ダイエットが続けられない」「体重が思ったように落ちにくくなった」という方にもおすすめといわれています。また、ダイエットの食事制限でついつい栄養分が不足しがちになってしまうことがあります。おろそかになりがちな栄養分も、雑穀麹の生酵素で摂取できるので、体の内部からの変化が期待できます。

雑穀麹の生酵素の成分はどのようなものがある?

雑穀麹の生酵素の成分の中でも、特に有効的な成分について取り上げていきましょう。まずはメインの「麹(こうじ)」です。塩麹などで一時期大人気になったので聞いたことある方も多いでしょう。雑穀麹の生酵素の中で一番大事な成分といえます。麹は、お米や麦、大豆などの穀物を蒸して、麹菌を植え付けて繁殖させたものです。

お味噌や醤油などの発酵食品を作るのに使われるので、日本の食文化の中で欠かせない存在です。雑穀麹の生酵素の中には、7種類の雑穀(大麦、あわ、ひえ、きび、タカキビ、紫黒米、米粉)が使われており、その麹の中に酵素が含まれています。

「酵母」も含まれています。パンやビールなどの発酵に欠かせない存在で、古くから人間と深いかかわりがあります。実は、酵母はキノコやカビの仲間で、単細胞の真菌になります。酵母そのものには、糖質(ブドウ糖)を分解し、最終的にアルコールと炭酸ガスに分解するはたらきがあります。人間はその分解されたものを利用している、ということになります。

酵母には、血糖値上昇の抑制、糖質が脂質に変わり肥満になるのを防ぐはたらきがあります。酵母そのものの成分や効果としては、食物繊維で便秘の解消、ビタミンB群で疲労回復、ミネラルで体の維持・調節、筋肉の生成に必要なアミノ酸とあります。また、酵母などの菌は腸に届く前に胃酸でほぼ死滅してしまいます。しかし、死んでしまった酵母そのものも、腸内細菌にとってエサになるので有効活用されます。

「チアシード」もあります。ダイエットに効果的だとこちらも話題になりました。チアシードは、水につけると約10倍に膨らむので、空腹感を満たしてくれます。成分や効果として、豊富な食物繊維による整腸作用があります。整腸作用がよくなることで、腸内の悪玉菌が減少します。

人間は腸から栄養を吸収するので、悪玉菌が多いとお肌も荒れてしまいますが、整腸作用が進むとお肌も綺麗になります。他にも、コレステロール・中性脂肪の数値を正常に戻す作用、カルシウムや鉄、亜鉛、マグネシウムなどのミネラルも豊富です。

緑茶に多く含まれている「茶カテキン」もあります。カテキンは抗酸化作用にいいとされるポリフェノールの一つです。期待できる効果として、生活習慣病の予防、抗酸化作用でストレスに強くなる、アンチエイジング、脂肪燃焼や、脂質の吸収の抑制による肥満の予防などがあります。また、抗菌作用があるので、細菌やウイルスから体を守ってくれます。胃がんの原因になるピロリ菌にも効果的であることが分かっています。

他にも、雑穀麹の生酵素には112種類の生酵素として、野菜や果物から発酵して作られており、雑穀酵素のはたらきのサポートをしてくれます。肌の生成に関するビタミンCやビタミンB群などビタミンを11種類、体の維持・調節をする亜鉛、マンガンなどのミネラルも7種類含んでいます。このように、雑穀麹の生酵素には豊富な栄養が含まれています。

酵素は体内に入るとどうなるの?

雑穀麹の生酵素に含まれる酵素について、大事な点があります。それは、酵素そのものは、たんぱく質なので、体内に入るとアミノ酸に分解・吸収されます。酵素そのものが体内でもそのままの形ではたらく、というわけではありません。そもそも食べ物から取り入れた酵素は、そのままの形で消化管を通じて吸収されないようになっています。分解された酵素も体内で復元されることはありません。

酵母などの小さな生き物の中に含まれている酵素はどうなのでしょうか?この酵母などの菌も、胃酸でほぼ消化されてしまいますし、酵素も同じことです。なんとか腸に辿り着いたところで、腸内環境に根付く菌は限られています。

菌が死ねば酵素も外に出てきますが、菌の中にいた酵素が人間の体内ではたらくわけでもありません。人間の体内でも、口の中の唾液と胃の中の胃液では、全く環境や性質が異なっています。そもそも酵素は、はたらく場所の環境によって、対応した作りになっています。

元々別の生物の中にあった消化酵素が人間の中ではたらき続けるにしても、環境が全く異なるめ、うまくはたらけないでしょうし、分解されずに私達の体内に吸収されるようなことがあったら、私達の体内の免疫になんらかの問題があるということになってしまいます。そのため、残念ながら「酵素を摂った」からといって、その「酵素の役割をそのまま体内でも維持できる」わけではないのです。

ただし、食品を食べる前に含まれる消化酵素(この場合食物酵素)は例外です。分かりやすいのが、焼き魚と一緒に出てくるすりおろし大根です。生の大根には、でんぷんやたんぱく質、脂質を分解してくれる酵素が含まれているので、油の多い揚げ物や焼き魚と一緒に食べると、消化を助けてくれます。体に脂肪がつきやすい、とお悩みの方にとっては、消化不良の改善につながるので、この方法はダイエットにも効果的といえるでしょう。

そうなると、雑穀麹の生酵素は効果がない?と思われるかもしれませんが、決してそういうわけではありません。雑穀麹の生酵素に含まれる麹や酵母は、腸内細菌のエサになりますし、うまくいけば腸内に根付くこともあります。麹や酵母が発酵の過程で生んだ栄養分も豊富です。「酵素そのものをを補給する」ではなく「麹や酵母で腸内細菌のエサにしている」「発酵で生まれた栄養を飲んでいる」の表現の方が近いでしょう。

雑穀麹の生酵素を飲むメリット

そんな雑穀麹の生酵素ですが、体にどのようなメリットがあるのでしょうか?基本的に、お腹との相性が良ければ、ヨーグルトなどと同じように効果的です。雑穀麹の生酵素で考えられるメリットをいくつか簡単に挙げていきましょう。

「腸内環境が整ってお通じがよくなる」「肌がきれいになって化粧ノリがよくなる」「体調がよくなって健康的になる」「太りにくくなる」「お腹周りがスッキリする」「激しい運動が苦手な人でも続けられる」「カプセルタイプなので飲みやすい」などのメリットが考えられます。

若い頃はたくさん食べても、消化吸収、代謝機能と滞りなくできますが、歳をとるとたくさん食べられなくなりますし、消化機能や代謝機能の低下などがあります。狙った栄養を摂りたくても、普段の食事から摂るのはなかなか大変です。栄養に関する知識がないと、カロリーオーバーなんてことも。その点、雑穀麹の生酵素にはミネラルやビタミンなどが豊富に含まれており、簡単に摂取できます。

さらに、腸内環境が整うと、睡眠に必要なホルモンのバランスも整い、熟睡できるようになり、健康的になります。このホルモンには別名「幸せホルモン」とも呼ばれるセロトニンが関係しているので、雑穀麹の生酵素を飲み続けることで、メンタル面にも影響を与えることが期待できます。

雑穀麹の生酵素にはデメリットはあるのか?

雑穀麹の生酵素の考えられるデメリットも挙げましょう。「続けないとダイエットなどの効果を実感できない」「即効性はない」「個人差がある」「お腹がゆるくなったり便秘になる」「ガスが出やすくなる」「飲み方を工夫する必要もある」「初回は500円と安いが2回目以降は高くなる」などのデメリットが考えられます。

腸内環境に変化を与えることになるので、当然腸内に何らかの変化が生じます。お腹との相性が悪いと、なかなかお腹の調子が安定しない、ということも。また、雑穀麹の生酵素はあくまでサプリメントなので、お薬のような即効性はありません。仮にすぐに効果が出るものは、その分副作用が出ることも考えられます。

Thumb雑穀麹の生酵素の口コミは「痩せない」が多い?成分や効果・評判をチェック! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

雑穀麹の生酵素の飲み方

さて、肝心の雑穀麹の生酵素の飲み方の方法について紹介していきたいと思います。雑穀麹の生酵素はどのような飲み方になるのでしょうか?飲み方で意識したいポイントや効果的な飲み方、飲み方の疑問をチェックしてみましょう。

1日2粒を決まった時間に飲む

雑穀麹の生酵は一袋につき60粒入りで一か月分です。1日につき2粒飲みます。飲み方はいつ飲んで構わないようですが、食事時間を軸に、食後もしくは食前に飲むという方法が多いようです。決まった時間に摂取する方法で効果を得られやすくなります。

ダイエット効果を期待するなら食後に飲む

食後は消化機能が活発化しているので、サプリメントを飲むのに適しているといわれており、食事のときに一緒に摂ると、体内で消化吸収されやすくなります。消化吸収もいいので、ダイエットに効果が期待できます。お腹を壊しやすいという人も、消化不良を起こしにくくなるので食後に飲む方法がいいでしょう。時間帯に関しては特に指定がないので、食後30分以内を目安に飲む方法をおすすめします。

食事の前に飲むと満腹効果がある

食事量そのものを減らしたいと考えている人は、食事の前に飲む方法がおすすめです。雑穀麹の生酵素に含まれるチアシードが、体内で水分を吸収して膨れるので満腹中枢が刺激されます。この飲み方だと、たくさんの量を食べなくても、少なめの量で満足できるというわけです。

薬と一緒に飲んでも大丈夫?

雑穀麹の生酵素を飲んでいるとき、お薬を一緒に飲んでも大丈夫なのでしょうか?雑穀麹の生酵素は自然のもので作られているため、基本的に問題はないようです。飲み方について心配な方は、かかりつけの医師に相談してみるといいでしょう。

雑穀麹の生酵素の効果を上げる方法

「雑穀麹の生酵素を飲むだけでダイエットになる!」「雑穀麹の生酵素を飲んでいるから他は何もしなくていい」というのは早合点です。より効果を得るには、適切な食事制限と運動が必要と考えるといいでしょう。ここではさらに、雑穀麹の生酵素のダイエット効果につながるような飲み方を紹介しましょう。

毎日続けて飲むことが大切

薬ではないため、どのくらいで効果が出るのかは明確には答えられませんが、毎日コツコツと飲み続けることが大事です。腸内環境を決める腸内フローラ(腸内細菌叢)の基本的な形は、3歳までに決まるといわれています。つまり、そこからの長年に渡って定着したものを変えるのには、当然時間がかかります。

短期間的な変化による下痢や便秘だと、改善には約2週間かかるといわれています。根本的な腸内環境を変えるには、個人差にもよりますが、中には「1年以内はむしろ短い」という意見もあります。その間にも少しずつの変化を感じることもできるでしょう。定期的に雑穀麹の生酵素による刺激を与えて、体に定着させること。腰を据えた長期間による取り組みが大事です。

飲むだけでなく運動も行う

栄養と運動には大きな関りがあります。運動することで、血流がよくなり、雑穀麹の生酵素で摂取した養分が体内に行き渡りやすくなります。実際に、栄養摂取の前に有酸素運動をする実験で、運動後に食事と睡眠をして体への栄養吸収率と、筋肉のたんぱく質の合成率について調べたところ、運動をしなかったグループよりも、有酸素運動をしたグループの方がよかったという研究結果があります。

それに、運動後は体内の栄養分が減っている状態です。減った栄養分を補給する必要があります。雑穀麹の生酵素で「腸内環境を整える」→「消化吸収がよくなる」→「基礎代謝が上がる」→「運動によってさらに基礎代謝が上がる」→「運動で使った栄養分を補給する」と、このサイクルをつくることです。

「運動が辛い」「毎日はできない」といった方は、お腹周りに刺激を与える両膝を抱えてゴロゴロするストレッチ方法があります。お通じが少しでもよくなるように、積極的にはたらきかけるといいでしょう。

日々の食事の見直しも行う

お菓子を食べ過ぎたり、カロリーの高いものばかり食べていませんか?雑穀麹の生酵素はあくまでもサプリメントで栄養補助食品です。体型が気になる方は、まずはメインの食事内容や方法から見直すことも大事です。不摂生な食生活はそのまま体型や肌に現れます。せっかく雑穀麹の生酵素で豊富な栄養分を摂取しているわけですから、いい機会だと思って、日々の食事内容や方法などから意識を変えていきましょう。

雑穀麹の生酵素の口コミを紹介

賛否両論ハッキリ分かれた雑穀麹の生酵素ですが、実際に雑穀麹の生酵素を飲まれた方の口コミも調べてみました。

雑穀麹の生酵素は効果ありの口コミ

雑穀麹の生酵素の効果があった方の口コミには、「下痢気味だったのが改善された(しかし1.5キロ増えた)」「いい便が出るようになった」「肌が綺麗になった」「代謝と便通がよくなった」「食欲を抑えられるようになった」「3、4キロ減った」「3か月で7キロ痩せた」「お腹がへこんだ」「自分に合った食事を見直せた」といった喜びの口コミが見られました。

雑穀麹の生酵素で効果を実感できた方は、「自分の体質に合っていた!」という印象で、早い人だと一週間ほどで効果を感じている方がいました。雑穀麹の生酵素は、初回では500円で購入できるので、そのときに効果を実感できたり、なんらかの変化が見られると、やはり続けやすいでしょう。

雑穀麹の生酵素は効果なしの口コミ

効果がなかった方の口コミには、「2か月続けたけど効果なし」「3ヵ月続けたが全く痩せない」「体調が悪くなることはなかったが、何も変化が起こらなかった」「便通が変わらない」「ガスが出て困った」「はじめは疲れにくくなったが体が慣れてまた疲れやすくなった」「かえって太った」「胃の調子を崩した」といった口コミが見られました。

はじめの方で効果を実感できなかった場合、その後、継続するか否か判断されているようです。お腹との相性が合うのか、そしてその相性がすぐに分かるのかがやはりポイントでしょう。「ガスが出るようになった」など変化の兆候を訝しんでいる方も見られました。

ただ、見た限りでは、大きく体調を崩したという方は特に見られませんでした。代わりに、「何も変化が起こらなかった」という口コミもありましたが、いってみればその分副作用が大きくないということです。その点においては安心できるでしょう。ちなみに、空腹状態でサプリを飲むと、胃が荒れることがあるので、お腹が空いているときに飲む飲み方は注意が必要です。

Thumb雑穀麹の生酵素の効果を調査!悪い口コミや痩せない評判が多い理由とは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

雑穀麹の生酵素は効果を上げる飲み方を意識しよう

雑穀麹の生酵素のダイエット効果を上げる飲み方の方法について紹介しました。雑穀麹の生酵素は、酵素そのものの効果よりも、雑穀麹の生酵素に含まれる栄養分でダイエットにつなげる、と考えるといいでしょう。毎日コツコツと飲んで、ダイエットに役立てみてください。

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ