福田パンは盛岡名物のご当地パン!メニューや店舗情報も紹介!

岩手県の盛岡には地元の人からソウルフードとして、非常に愛されている福田パンという人気のパン屋さんがあります。お店のオープン前から列が毎日のようにできているお店で盛岡では福田パンはもっと有名なパン屋さんと言えます。福田パンの人気の秘密はそのメニューの多さやボリューム、コスパの良さなどにもあります。そんな盛岡で人気の福田パンがいったいどういうお店なのか、また福田パンのおすすめメニューなどについてご紹介しています。

福田パンは盛岡名物のご当地パン!メニューや店舗情報も紹介!のイメージ

目次

  1. 1盛岡名物のソウルフードの福田パン
  2. 2盛岡の地元で愛される福田パンとは?
  3. 3盛岡以外にもある?福田パンの店舗
  4. 4盛岡の福田パンのここが魅力!
  5. 5盛岡のスーパーでは福田パンは買えるの?
  6. 6盛岡の福田パンのおすすめメニューとは?
  7. 7独特な福田パンのメニューの注文ルール
  8. 8福田パンのトッピングの挟み方について
  9. 9食パンとコッペパンの福田パンとは?
  10. 10オリジナル野菜サンドのマル秘オーダー方法
  11. 11具材無しの素コッペパンの福田パンはあるの?
  12. 12盛岡では常識!福田パンの賞味期限は?
  13. 13人気の福田パンのカロリーは?
  14. 14福田パンのメニュー組み合わせのおすすめは?
  15. 15福田パン店舗限定のメニューとは?
  16. 16福田パンの美味しい食べ方とは?
  17. 17福田パンで有名なコッペパンの発祥は?
  18. 18福田パン監修のお菓子とは?
  19. 19福田パン以外にもある?盛岡の特産とは?
  20. 20盛岡名物の福田パンの口コミや評価
  21. 21盛岡の福田パンのグッツはゆるキャラが人気
  22. 22福田パンに似た全国のコッペパン屋
  23. 23盛岡のソウルフードの福田パンを食べてみよう

盛岡名物のソウルフードの福田パン

岩手県盛岡の名物である「福田パン」をご存知でしょうか?盛岡ではソウルフートと呼ばれるほど人気のパンになります。そんな福田パンの購入の特殊な購入ルールについてや、店舗数や福田パンのおすすめのメニューや組み合わせについて、福田パンが人気の理由や口コミ・評価について詳しく解説しています。

盛岡の地元で愛される福田パンとは?

1948年に岩手県の盛岡市で創業した福田パンは、商品名と店舗の屋号が同一になります。福田パンは盛岡では知らない人がいないほど有名なパンで、岩手県の人口126万人に対して、福田パンの1日の製造販売個数が1万個という商品で、人口に対しての供給がもお凄い商品と言えます。

福田パンが作られた動機は、「安い価格で腹いっぱいに若い学生に食べさせたい」というコンセプトで、今の福田パンの本店店舗にて開発された大判のコッペパンにあんこやバターなどを付けて販売したのが始まりです。そんな福田パンも現在の形になる前には、砂糖などを使わないフランスパンを主流のパン屋さんだったようです。
 

盛岡市にある福田パンが九州や沖縄や中部地区から、わざわざ買いにくる理由は、雑誌やテレビなどで取り上げられたの理由だそうです。盛岡では人気の福田パンですが、コッペパンに具材を挟んだパンというのはどこでも作れそうですが、やはりその土地に観光に寄った際に、食べたくなるほどテレビや雑誌の紹介というのは効果が高いことをうかがえます。

Thumbコッペパン専門店「パンの田島」が大人気!メニューや店舗を大公開 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

盛岡以外にもある?福田パンの店舗

そんな福田パンの店舗で修業した職人が、東京や大阪で独立して福田パンの店舗展開も行っていとのことなので、福田パンが盛岡以外でも需要があるのがわかります。また福田パンの直営店の店舗は盛岡の本店店舗以外に合計合わせて4店舗あります。本店は岩手県盛岡市長田町になります。営業時間は7:00から17:00までとなっています。

盛岡の福田パン本店店舗はJ、R東北新幹線の盛岡駅から徒歩13分ほどかかります。観光で盛岡駅周辺によった人の多くが、テレビなどで取りあがられる、福田パンの魅力に魅せられ、朝7:00前から並ぶ方が多いのも特徴です。本店店舗のは駐車場も完備されていますので、遠方から車で来られるかたもよりやすいお店と言えます。

福田パンの盛岡以外の店舗 「矢巾店」

福田パンの店舗「矢巾店」は、盛岡市内ではなく岩手県紫波郡の福田パンの工場の横にあります。こちらの店舗も本店同様に朝の7:00から17:00までの営業で日曜日が定休日となっています。今まで盛岡市内まで行って福田パンを食べていた方が、福田パンの工場横に併設された店舗で食べれるようなので、本店同様に多くの人でにぎわっています。

盛岡駅構内イワテテトテト・Fuku♪ran with 福田パン

福田パンを食べたいけど、福田パンの本店店舗まで歩く時間が無い方におすすめなのが、福田パンJR盛岡駅構内のイワテテトテトで販売されています。本店店舗や 福田パンの店舗「矢巾店」のようなメニュー数はありませんが、人気のメニューは福田パン本店店舗と同じように食べることが可能です。営業時間は朝の7:15から20:00まで空いています。

福田パン盛岡以外:吉田パンの亀有本店店舗

東京都葛飾区亀有に登場した盛岡のソウルフードである福田パンを食べることが出来るパン屋さんです。店の屋号は福田パンではなく吉田パンという名称の屋号です。亀有駅から徒歩3分ほどにあるお店なので、どうしても東京で福田パンを食べたいという方は、吉田パンで元祖の味を愉しむことが可能です。吉田パンの創業者は盛岡の福田パンで修業した弟子が東京で出しているパン屋になります。

吉田パンのメニューは元祖盛岡の福田パンと同様に、多くのメニューがありおやつコッペのあんこやバターなどが人気です。その他にお惣菜系のおかずコッペや亀有の吉田パンだけの限定である、オリジナル野菜サンドは盛岡の本店店舗にはない人気メニューとなっています。季節などによっては新しいメニューが登場したりと新商品が入れ替わりで登場しています。

福田パン盛岡以外:吉田パンのルミネ北千住店

盛岡の福田パン本店店舗で修業した方が、亀有で出店している吉田パンの店舗になります。吉田店の2号店となりルミネ北千住8Fとなります。亀有よりもアクセスが良く人通りが多いので、少し並ぶ必要があるかもしれません。吉田パンのルミネ北千住店は夕方の17時からの販売となりますので、販売時間に注意しましょう。

盛岡の福田パンのここが魅力!

地元盛岡をはじめ今では全国区になったコッペパンの福田パンの魅力は、本体の大きなコッペパンに好きな具材をその場で挟んで、食べれるという点が非常に人気の理由です。メニューの組み合わせも豊富で、福田パンの本店店舗や支店店舗はいつも多くの人でにぎわっています。また福田パンは複数の具材をトッピングできるのでメニューもかなり豊富と言えます。

盛岡ではもはや常識?福田パンのトッピング

盛岡名物の福田パンの大きな魅力は、焼き立ての大きな大判コッペパンに、具材をその場でトッピングしてくれることが人気の理由と言えます。人気のあんこにバターなどをオーダー後にパンに塗ってくれるため、通常にパン屋に比べると手間はありますが、食べるほうはいつも新鮮な塗りたてのパンを食べることができる福田パンとなります。

盛岡の福田パンはメニューが多い

地元盛岡の人もメニュー選びに迷ってしまうほど、福田パンはメニューが多く、なんと全部で60種類のトッピングメニューがあります。とくに人気なのは定番の餡パターです。その他に具材はあんに抹茶、チーズクリーム、マーマレードなどの定番のメニューから、カレーやコンビーフ、ごぼうサラダなどもトッピングメニューとして人気を博しています。

昔はこの福田パンに塗るトッピングメニューは本店店舗でもジャムとあんこにバターの3つだけだったようですが、盛岡県でも評判を呼びたくさんのトッピングメニューが、福田パンの本店店舗でも登場するようになりました。今の福田パンが全国展開しているのは、こういった福田パンの店舗側の絶え間ない努力の結果と言っても良いかもしれません。
 

盛岡では昼食も福田パンが人気

福田パンはあんこバターが一番の人気ということはお伝えしましたが、実は甘い福田パン以外にもお惣菜系の福田パンも盛岡市内では非常に人気です。オーダー後にもちろん作ってくれるシステムですが、オリジナルの野菜サンドは味が良く、ハムやスパゲティ、チキンやカレーなどとトッピングメニューも自由自在で食べ飽きません。好きなメニューで好みの福田パンを作りましょう。

盛岡のスーパーでは福田パンは買えるの?

岩手県盛岡の名物である福田パンは、福田パン本店店舗や支店店舗以外でも実は多くのスーパーで福田パンを購入することが可能です。特にあんこバターの福田パンはどこスーパーやコンビニにでも置いてある人気のパンになります。そのため小さいころから大人になっても食べる機会が多く、盛岡のソウルフードと呼ばれている所以です。

スーパーで販売されている福田パンのメニューは、コーヒーサンド、ブルーベリーサンド、ピーナッツサンド、ピーナッツバター、クッキーバニラ、チーズサンドなど定番の福田パンの味が楽しめます。店舗のように作りたてとはいきませんが、福田パンが製造販売をスーパーやコンビニで手掛けているので安心して食べることが可能です。

盛岡の福田パンのおすすめメニューとは?

福田パンには多くのおすすめのメニューがありますが、そのメニューの多さにも目を見張ります。なんと店舗にもよりますが定番の60種類のメニューと本店限定の特殊メニューなども販売されています。創業当時はあんこ、バター、ジャムの3種類のメニューだったようですが、少しづつ時間の経過とともにメニューが増えたようです。

独特な福田パンのメニューの注文ルール

福田パンのメニューは60種類以上ありますが、実はすべての種類のメニューを自由にトッピングできると思っている方もいるようですが、ある程度決まったルールが設けられています。コッペパンに挟むので複数の具材はもちろん挟み込むことは出来ないので福田パン独特のルールが生まれたのだと思います。

盛岡では常識!福田パンのオーダー方法

まずは福田パンは2種類のメニューのトッピングが可能です。例えばジャムとバター。あんことバターのような組み合わせです。またメニューには甘い味のあんこやジャム、クッキーバニラやきな粉などのメニューと、お惣菜系のコンビーフやカレーに照り焼きなどがあります。甘い味のものとお惣菜系のメニューを一緒にすることは出来ません。

好みもあるかもしれませんが、甘いもとのお惣菜系の具材のメニューは、間違いなく美味しくないので、そういったメニューでオーダーしてもストップされると思います。また甘い系のメニューは価格が高い方の値段で購入が可能になります。例えばあんこが159円とホイップが169円の2種類のトッピングを選択した場合は、価格が高いホイップの169円だけになります。甘い系のメニューは合計ではないことを念頭に入れておきましょう。

調理系のお惣菜福田パンは、甘いもののトッピングと違い価格に書かれている値段の合計になります。例えばてりやきチキン270円とたまご86円の2種類のトッピングだった場合には356円の価格になります。また調理系の福田パンは1種類だけでもオーダーができるようです。調理系のメニューも相性があるようなので、人気の組み合わせを聞いてみるのも良いかもしれません。

福田パンのトッピングの挟み方について

福田パンの甘い系のメニューを注文する際に2種類をトッピングすることになるのですが、コッペパンを半分にきって左右に別々のメニューを塗る方法の福田パンの定番のオーダー方法と、上下に半々に塗って味が混ざらないオーダー方法があります。これは調理系のメニューには該当しませんので、甘いメニューの福田パンを注文する際に選択しましょう。

食パンとコッペパンの福田パンとは?

福田パンといえばコッペパンが定番ですが、実は外側のバンズはコッペパンから食パンに変更することが可能です。オーダーする際にコッペパンから食パンに変更することが可能です。ほとんどの方がふっくらしたコッペパン型の福田パンを食べるようですが、コッペパンがなくなった際は自動的に食パンに変更されます。
 

オリジナル野菜サンドのマル秘オーダー方法

福田パンのメニューの中に売れ筋商品として「オリジナル野菜サンド」というお惣菜系の福田パンがあります。中に具材が入っているので、通常はこういったメニューはトッピングが不可ですが、このメニューに関しては通以下で2種のトッピングが出来るようです。福田パンのルールとしては最大2種類までという決まりですが、この商品だけ3種類となります。

具材無しの素コッペパンの福田パンはあるの?

通常は甘いものであれば2種類のオーダー、お惣菜系の調理パンにするのであれば1種類以上から2種類以内でのオーダーが、福田パンの注文ルールなのですが、コッペパンだけ買うことは出来るかと言うと可能です。福田パンの店舗にはコッペパンだけの販売ができるように袋に入れられています。素のコッペパンだけ購入して自宅で具材を挟む方も多いようです。

盛岡では常識!福田パンの賞味期限は?

福田パンの店舗では賞味期限について記載された張り紙などがありますが、基本的に調理系の福田パンは当日までが賞味期限です。甘いメニューの組み合わせの福田パンは、砂糖が利用されているため翌日までが賞味期限となっています。甘いものについては砂糖が入っているので少し賞味期限が長くなると思います。

人気の福田パンのカロリーは?

当時の福田パンの本店創業者は、いまのように食料が飽和していない時代だったのでパン1個と牛乳1本でお腹いっぱいになるメニューとして福田パンを考案しましたが、実際のことろカロリーはどのくらいあるのでしょうか?福田パンで一番の人気のあんバターおおよそ580キロカロリーあります。成人の男性の1日の摂取カロリーが2600キロカロリーで、女性は2000キロカロリーです。

それを考えると男性の1回の摂取カロリーは860キロカロリーが妥当といますので、1個では少し低カロリーかもしれませんが、牛乳1本あたり140キロカロリーなので合計すると720キロカロリーとなり打倒なのかもしれません。福田パンのメニューにもよりますが、何個も食べると高カロリーになるので注意が必要です。

人気の福田パン:あんバター

地元盛岡の人の3割の方がオーダーする福田パンの中でも、一番人気のあんバターになります。福田パンの定番のメニューではありますが、やはりあんことバターは銅像どうりに美味しく盛岡の地元の方にも非常に人気と言えます。カロリーが高いので美味しいですが食べすぎに注意しましょう。
 

人気の福田パン:ピーナツバター

濃厚でまったりとした甘さが甘党の人にはたまらないピーナッツバターの福田パンは、なつかしい味を感じさせれる福田パンの人気定番メニューのひとつです。ピーナッツバターは粒入りのもと、定番のペースト状の商品がありますがともに人気の商品となります。あんバターよりもカロリーは低めです。

人気の福田パン:コンビーフたまご

お惣菜系のパンでの中でも珍しいメニューである、コンビーフたまごは福田パンならではメニューと言えます。コンビーフとたまごが合うのか食べたことが無い人も多いかもしれませんが、卵とビーフの組み合わせなので合わないはずはありません。コンビーフと卵の食感もまた楽しく、初めて食べる方にビックリするほど美味しいおすすめメニューです。

人気の福田パン:キーマカレーたまご

ジューシーなひき肉とスパイシーなカレー粉を使ったキーマンカレーと、サンドウィッチ用のタマゴの組み合わせは、想像どうりに非常に美味しい味の福田パンと言えます。キーマンカレーは大人向けのピリリと辛いカレーというよりは、給食で提供されるような懐かしい味なので子供も大人も楽しめる味と言えます。

人気の福田パン:ハムサンド&メンチカツ

コッペパンにバターを塗って、レタスにハムを敷きつけた上にジューシーなメンチカツのトッピングはボリュームがあり食べ応えがあります。メンチカツには肉の甘味や旨味があり、あっさりとしたハムとの相性抜群です。なかなかハムとメンチカツを組み合わせることはないかもしれませんが、福田パンのおすすめメニューと言えます。

福田パンのメニュー組み合わせのおすすめは?

福田パンのメニューの組み合わせ数は60種類のメニューから2種類組み合わせますので、100種類以上の組み合わせがあります。その中でも人気の組み合わせもご紹介したいと思います。甘いものだと、あんこ&ホイップ、ずんだ&ホイップがおすすめです。お惣菜系は、オリジナル野菜サンドに合わせて、コンビーフ、ハンバーグ、れんこんしめじの組み合わせがおすすめです。

福田パンが1日に1万個も販売されている理由は、メニューの組み合わせの多さにも理由があるのかもしれません。たくさんお種類の中から好きな好みの具材を選択することが出来るので、飽きることがなくいろんな味に挑戦できることが可能だからかもしれません。また福田パン1個あたりの価格も安いのも福田パンが売れる理由だとも言えます。

福田パン店舗限定のメニューとは?

実は福田パンは本店の店舗限定のメニューがあります。全部で13種類ありブルーベリージャム、クッキーコーヒー、アプリコットジャム、マーマレードジャム、スィートポテト、粒あん、粒いちごジャム、桃ジャム、すりおろしりんご、かぼちゃクリーム、シュガーマーガリン、ずんだあん、夏みかんマンゴージャムになります。

盛岡の地元の人で福田パンの大ファンは、やはり本店店舗しか食べれないメニューを食べにわざわざ本店店舗まで足を延ばす方が多いようです。季節のジャム系のメニューが多いようですが、どれも美味しそうです。福田パンで修業したお弟子さんが出店している吉田パンでも店舗限定のメニューを展開しているようです。盛岡から遠く東京葛飾区亀有の吉田パンになります。

福田パンの美味しい食べ方とは?

コッペパンの表面がこんがりしていて、パン自体はふわっとしているのが福田パンのコッペパンの魅力ですが、やはり一番美味しい食べ方は盛岡の福田パンの店舗で直接オーダーして、すぐに食べるのが一番美味しいようです。スーパーなどでも購入も可能ですが、店舗で販売しているものと違うので是非盛岡の店舗によって食べてみてください。

福田パンで有名なコッペパンの発祥は?

パンは海外から日本に入ってきた文化ですが、コッペパンはどこの国が発祥かごぞんじでしょうか?外見はアメリカのホットドックに非常に似ていますが、実はアメリカでパンの作り方を学んだ日本人が開発したパンになります。コッペパンのコッペはフランスパンのクッペから由来しているようです。日本語に翻訳すると真ん中が縦に20センチほど切れているなどという意味を持っているようです。

コッペパンの由来をみると、やはり縦に長く割れているので名前のとおりのパンなのかもしれません。ちなみにコッペパンが日本で広く広がったのは太平洋戦争後の給食などの配給によってです。当時はお米が不足していて逆にアメリカから小麦粉が援助されていたため、とうじはコッペパン1個が白いごはんの代わりに提供されていたようです。

コッペパンと揚げパンの違い

揚げパンは平成産まれの人は知らない人が多いかもしれませんが、コッペパンを上げたものが揚げパンに砂糖で振りかけたものになります。コッペパン同様に揚げパンが日本で広がったのは給食によってです。とうじは甘い砂糖は貴重品だったため揚げパンが提供されることによって、子供たちは非常に喜んで食べたようです。福田パンどうようにコッペパンは当時から多くの人のお腹を満たす食べ物だったようです。
 

福田パン監修のお菓子とは?

福田パンの味で人気のあんバターの味を一口大のお菓子で楽しめることが出来るコンセプトで作られたお菓子である「あんバターサンドクッキー」。監修は福田パンですが、岩手県の盛岡特産ではなく同じ東北の宮城県仙台市のアイビーというメーカーが開発販売しているようです。ちいさいながら本格的な福田ぱんのあんバターを体験できると非常に人気を集めているお菓子です。

あんバターサンドクッキーはどのようなお菓子かというと、プレーンの甘さを抑えたクッキーにあんことバター風味のクリームを挟み込んで、福田パン風にアレンジしたのがこのお菓子の特徴といえます。クッキーじたいも福田パン同様にふっくら柔らかめです。発売当初から非常に人気を集め、東北地方には特に福田パンのファンが多くSNSなどでも話題になったようです。

「あんバターサンドクッキー」の値段は6個タイプが700円で倍の12個入りが1200円になります。箱をあけると福田パンのおじさんの絵が描かれています。どこで購入できるかといいうと、岩手県内の盛岡駅、東北自動車道岩手山サービスエリア、紫波サービスエリアの3か所の販売所だけのようです。残念ながら通販などでは入手は不可能なようです。

福田パン以外にもある?盛岡の特産とは?

福田パンは地元の盛岡では知らない人がいないほど、人気ソウルフードとして知られています。以外と岩手県以外の人の盛岡の特産やソールフードと言えば、わんこそば、盛岡冷麺、じゃじゃ麺の方が有名かもしれません。地元盛岡ではそれらの麺類よりも福田パンの消費量が1年間で圧倒的に上回るということなので、かなりの人気だと言えます。

県外の人が見たらビックリするかもしれませんが、福田パンは毎日朝から行列ができていることが多く、盛岡で一番有名なパン屋と言えます。本店を含めると岩手県には3店舗の福田パンがありますが、イオンモールなどで特設コーナーを設けて実践販売がされていることも多いようです。一般的に売られている菓子パンのようなタイプの福田パンとは味が違います。
 

Thumbサラダパンは滋賀県のご当地パン!具がサラダじゃなくたくあん? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

盛岡名物の福田パンの口コミや評価

盛岡のソウルフードとして人気の福田パンですが、実際に食べた人の口コミや評判について知らべて見ました。岩手県内の人のみならず、県外から訪問した人も高い評価を付けていることが多いようです。一度福田パンを食べた方の多くの人はリピーターになることが多く、福田パンの魅力にふれると病みつきになるようです。

盛岡の福田パンの悪い口コミ評価

かなり数が少ない見つけるのが非常に難しい、福田パンに関する低評価の口コミで多いのは、「混雑している時間帯は商品を購入するまで時間がかかる」「人が多いわりに駐車場が少ない」「福田パンはうまいけど店内のコーヒーがいまいち」「コッペパンが売り切れで食パンしかなく残念だった」「カロリーが高すぎる」などが多かったです。
 

盛岡の福田パンの良い口コミ評価

盛岡でも人気の福田パンは圧倒的に良い口コミが多いです。また満足度が高いのが特徴で再訪問したくなるようなコメント多数です。「じっくりとたくさんのメニューから選べるので楽しい」「大きなコッペパンに中身の具材が豊富で満足」「コッペパンがふわふわしていて、そのまま食べても美味しい」「パンが甘味があり具材もパンに合うように作ってるので良い」と言った口コミが多いようです。

またその他に「毎日食べても組み合わせが多いので飽きない」「コッペパンにこんなに魅力があるのを盛岡で知った」「福田パンの店舗にはいると毎回テンションが上がる」「スタッフさんが手際が良く親切」「懐かしくいやれる味や雰囲気」「1個でもじゅうぶんお腹いっぱいになるパン」などとの評価も散見されました。

どちらかというと福田パン自体の評価というよりは、パンを購入するまでのプロセスに時間がかかったり、福田パン以外のことでの低評価の口コミのようです。ほとんどの方がコストパフォーマンスに優れて美味しいという評価をされています。またコッペパンを購入して自分で作るよりも、店舗で実際に作ってもらって食べるほうが美味しいようです。

盛岡の福田パンのグッツはゆるキャラが人気

福田パンにはTシャツや前掛けやトートバックなどのグッズも販売されています。福田パンのモチーフであるゆるキャラのぱんおじさんが書かれています。Tシャツ1枚2800円とそれなりの価格ですが、どの商品も販売されるとすぐに売り切れてしまう人気の商品のようです。パン同様に福田パンブランドも非常に愛されているのが分かります。

福田パンに似た全国のコッペパン屋

岩手県の盛岡で非常に人気の福田パンですが、地元岩手県以外では上記でも紹介しましたが、福田パンで修業されたお弟子さんが出している東京の2店舗のみが実質の福田パン認定のお店と言えるでしょう。福田パンとは違いますがコッペパンを使って福田パンと似たようなお店が全国にあるのか調べてみました。

まずは東京上野駅近くの「イアコッペ」は、上野の森さくらテラスの3階にあり小さなお店でスィーツが多いお店になります。福田パンほど大きなコッペパンではなく一般的なサイズの半分程度の大きさになりますが、具材がゴロゴロと大きく食べ応え抜群と言えます。ショーウィンドいっぱいに数種類のコッペパンが並んでいます。太麺のナポリタンや照り焼きチキンなどが人気のようです。

次に紹介するのが東京・自由が丘の「パンの田島」になります。一般的なパン屋に並んでいる商品もあるようですが、こちらのお店のウリはコッペパンになります。店内のレイアウトはレトロな学校をモチーフにしていますので、コッペパンとの雰囲気はばっちり合うと言えます。コッペパンの中身は自分でチョイスすることがかのでオーダー後に作るスタイルです。給食でだされるようなコッペパンを店内で食べることが可能です。

東京の恵比寿にある「えびすぱん」は、天然酵母と国産小麦を利用した安心のコッペパンになります。コッペパンには「えびすぱん」の文字が焼き印されており、ふわふわのコッペパンにボリュームがある具材が魅力的と言えます。具材としてスモークされたサバを利用しているものや、ティラミスなどの変わり種の具材も人気のようです。

千葉県の行徳にある「盛岡製パン」は、福田パンそのものではというような見た目のコッペパンですが、店の外観はどちらかというと派手で大阪風と言えます。お店のおすすめメニューのじゃじゃ麺コッペパンや、盛岡の名物である前沢牛を使ったコロッケなども販売されており、盛岡製パンという屋号どうりに盛岡に特化しているコッペパン屋さんと言えます。

東京の巣鴨にある「ニューコッペパンの店 みはるや」は、飾り気がない給食でだされていたようなコッペパンに、定番のコロッケや焼きそば、ハムカツを挟むなどシンプルな具材の使った商品が懐かしい気持ちにさせてくれます。創業1951年と老舗のパン屋さんで作られたレトロ感ではなく、味もボリュームも二重丸なお店です。

続いて神奈川県の「コッペん道土」は、コッペパン専門のパン屋さんになります。店内は昭和を思わせるレトロな雰囲気で、昔懐かしい感じがします。オーダーから作り立てを提供してくれるお店で、大きくてふわんわりしたコッペパンが地元でも支持を得ています。店内の黒板にも記載されていますが、こちらのオーナーは北海道のご出身で材料も一部北海道産のもののようです。
 

埼玉県の浦和からは「魔女のコッペパン」というお店が有名です。既に地元では雑誌やテレビに取り上げられることが多く、浦和駅徒歩数分でつくので非常に人気のパン屋になります。材料にこだわりがあり埼玉産小麦の全粒粉を使用していたり、トランス脂肪酸オールフリーのパン屋で、健康志向が高い人におおすすめと言えます。ふわりとしたコッペパンは味もよく非常に人気があるお店です。

盛岡のソウルフードの福田パンを食べてみよう

盛岡では知らない人がいないひど有名な福田パンについて解説させて頂きましたが、いかがだったでしょうか?創業から70周年を迎えた福田パンは、テレビや雑誌で取り上げられたことにより、盛岡だけではなく全国でも有名なパンとして知られるようになりました。盛岡観光に行った際には、人気の福田パンを食べてみましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ