うなぎを上野で食べるならココ!人気で安い老舗有名店21選!

東京の上野周辺には、多くのうなぎ屋さんが存在しています。うなぎと言えば、高級でなかなか食べられないものというイメージを持っている方も多いと思います。そこで今回は、上野周辺にあるうなぎの老舗名店から、ワンコインでうなぎを食べられるお店、老舗ながらお手頃な値段でうなぎを提供しているお店など、シチュエーションや予算によって選ぶことができるよう、様々なおすすめのうなぎ屋を紹介していきます。

うなぎを上野で食べるならココ!人気で安い老舗有名店21選!のイメージ

目次

  1. 1上野には人気で安い老舗のうなぎ店がたくさん!
  2. 2上野で食べたいおすすめの人気うなぎ店21選
  3. 3上野へ美味しいうなぎを食べに行こう!

上野には人気で安い老舗のうなぎ店がたくさん!

東京の上野周辺には、うなぎの専門店が多く存在していることを知っていますか?うなぎと聞くと、高級なイメージや、少し敷居が高いイメージなどを持っている方も多いかもしれません。しかし、うなぎ専門店にも、様々な種類があり、高級で美味しいうなぎを食べることができる老舗店から、学生やサラリーマンにも優しいお手頃な価格でうなぎを食べられるお店などもあります。

そこで今回は、上野周辺にあるおすすめのうなぎ専門店を、21店舗ほど紹介していきます。一度は食べてみたい幻のうなぎや、ランチタイムにサクッと食べられるようなうなぎ店、驚きのワンコインうな丼など、たくさんの魅力的な情報が満載です。では早速、上野にあるうなぎ店について詳しく見ていきましょう。

Thumb千葉のうなぎ人気店ランキングTOP25!おいしいおすすめ有名店はココ! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

上野で食べたいおすすめの人気うなぎ店21選

ふっくら鰻が絶品!コスパも良い「鰻かねいち」

まず最初に紹介するのは、上野にある穴場のうなぎ屋さんとして知られている「鰻かねいち」です。新御徒町駅から徒歩5分の場所にあります。中でも、鰻かねいちの「特上うな重」は、ふっくらと分厚いうなぎが、重箱に収まりきらないほどに広がっていて、おすすめです。肝のお吸い物がついて3200円と、うなぎの大きさと量を考えれば、コスパがとてもよくて安いと人気です。

ふっくらと弾力のあるうなぎと、しっかりと照りのついたタレが絶妙に絡まっていて、ご飯がどんどん進みます。ランチタイムは混むことが予想されるため、少しピークの時間とずらして来店すると良いでしょう。通常のうな重は1800円なので、お手頃にうなぎを食べたい方にもおすすめです。うなぎの名店の味を安い値段で楽しむことができます。

新鮮で美味しい鰻が食べられる「久保田」

上野にある「うなぎ久保田」は、明治30年創業の老舗うなぎ屋名店の一つとして知られています。うなぎの質と鮮度に特にこだわりを持っているのが特徴です。「お客様が新鮮なうなぎを美味しく食べれるように」という思いで、100年以上もの長い間、安くて美味しいうなぎを多くの人に提供してきました。特にランチ限定1日30食の「うな丼(特上うなぎ)」は、なんと1450円という破格の値段で食べることができ人気です。

お箸を入れた途端に、ほろりと崩れるほどの柔らかさが特徴の久保田のうなぎは、口に入れた瞬間にふわっととろけて絶品です。タレがしみた硬めのご飯は、何杯でも食べたくなります。すっきりと甘すぎないタレが、男性ウケも抜群です。通常のうな重メニューも2400円からと、リーズナブルな価格設定で、人気が高いのも納得です。

江戸時代中期より受け継がれし伝統の味「鰻割烹伊豆栄」

上野にある、江戸時代から受け継がれてきた伝統の味を守る老舗うなぎ名店が「鰻割烹伊豆栄」です。現在は9代目の女将がその味を引き継いでいます。開店から閉店まで多くのお客さんで賑わうため、毎日約100kgのうなぎを朝7時から仕込んでいます。うなぎを裂く工程、串を打つ工程、そして焼く工程、それぞれの職人が作業を分担して、伝統の味を守り続けています。

伊豆栄のうなぎの特徴は、外は香ばしく、中はふっくらとしているところです。秘伝のタレは、甘さが効いた一般的な関東風蒲焼とは違い、砂糖を使わずさっぱりしつつも、深さのある味をしています。うなぎが冷めた後も美味しく食べられるようにと、工夫がされてあります。歴史があるからこそできる、熟練の技や細かな接客が、多くの方から愛され、今でも人気を誇っています。

注文を受けてからうなぎを捌く本格派の「やしま」

上野から少し歩いて新御徒町駅の近くに、本格派の絶品うなぎを楽しめるうなぎ屋「やしま」があります。やしまのうなぎの特徴は、注文を受けてから活きうなぎを裂くといった「裂き立て」を行っていることです。注文をしてから提供されるまでに少し時間がかかりますが、お店の本格さが伝わり、新鮮で出来立てのうな重は絶品です。香ばしくふわふわのうなぎと、甘すぎないタレが合わさって、口の中でほろほろと砕けていきます。

やしまのうなぎのメニューは、うな重の上が3300円、うな重の特上が3900円と、決して安いとは言えませんが、ボリュームがあって食べ応えもあり、また食べたいと思う正統派のうな重です。人気が高く満席の時も多いため、予約をしてから訪れることをおすすめします。

うなぎと日本酒の組み合わせがたまらない「稲毛屋」

上野にあるうなぎと地酒のお店が「稲毛屋」です。昭和2年に創業された老舗のうなぎ屋で、地酒や日本酒も多く取り揃えています。一般的なうなぎ屋とは少し違い、焼き鳥や他の料理もあるため、お酒を飲みながら友人とワイワイと楽しむことができます。うなぎも白焼きや、関西風蒲焼、串焼きなどメニューが充実しているため、食べ比べをしてみたり、普段と違ったうなぎを味わうことができます。

また稲毛屋では、ランチタイムのうな丼が1300円と、とてもリーズナブルにうなぎを食べることができます。うな丼も「和風うな丼」や「白焼きうな丼」「関西風うな丼」などの種類があります。気軽に安いうな丼を食べることができるため、常に人気で客足が絶えません。

東京のうなぎ好きも唸る「入谷鬼子母神門前のだや」

上野にある「入谷鬼子母神門前のだや」は、明治元年創業の老舗うなぎ屋名店です。東京でうなぎと言えば「のだや」と言われるほど、その味と匠の技は一流で人気があります。店内に入れば、その日のうなぎの産地と、焼き手の名前が掲げられているのが特徴です。そんな「のだや」のうな重は、重箱を開ければ思わず見とれてしまうほど美しく、しっかりと照りがついたうなぎが、きっちりと綺麗に収まっています。

口の中でとろっととろけてしまうような、ふわふわとしたうなぎは、これまでのうなぎのイメージを覆してしまうほど、絶品です。特に、「幻のうなぎ」とも呼ばれる「きょうすいうなぎ」は、のだやを含め全国で40店舗ほどしか扱っていない、貴重なブランドうなぎなので、少しお値段が張りますが、一度食べる価値はあるでしょう。普段頑張っている自分へのご褒美として、贅沢なうな重を食べてみてはどうでしょうか?

七輪の炭火でじっくりうなぎを焼き上げる「初小川」

上野周辺にある、老舗ならではの貫禄が漂ううなぎの名店「初小川」は、明治40年に創業しました。現在は3代目となる女将が焼き場に立って、うなぎを一枚ずつ七輪の炭火で焼き上げています。こじんまりとした店内には、うなぎの香ばしい匂いが広がり、昔ながらの雰囲気にどこか懐かしさを覚えます。

約30分ほど丁寧に焼いた、初小川のうなぎは、皮目がパリッと香ばしく、身はふっくらとしていて、タレも甘すぎず、辛すぎずで絶妙なバランスを持っています。また、昼も夜も予約が可能なため、人気店ながら待ち時間を気にせずに行くことができるところも嬉しいポイントです。

記念日や接待にもおすすめの老舗うなぎ屋名店「亀屋一睡亭」

上野駅から徒歩3分ほどのところにある、「亀屋一睡亭」は、1950年から続く老舗のうなぎ屋名店です。まるで料亭を思わせるような上品な雰囲気と、「霜降りうなぎ」を使用しているのが特徴で、注文を受けてから活きうなぎを捌くといったこだわりもあります。

創業時から代々受け継がれている秘伝のタレは、うなぎの香ばしさや旨味が混ざり合って、ブランドうなぎの良さをさらに引き立てています。うなぎ丼であれば2000円台で食べることができるため、とてもお得です。個室も完備してあるため、大切な記念日や接待等にも使うことができ、おすすめです。

人間国宝が愛したうなぎが食べられる「小福」

東京上野の湯島駅から徒歩2分ほどのところに、老舗うなぎ屋「小福」があります。落語界初の人間国宝である、柳家小が愛したうなぎ屋としても知られています。そんな小福の「うな重(桜)」は、1.5匹分のうなぎがご飯が見えないほどにぎっしりと詰まっていて、なんとも贅沢なうな重です。ボリューム満点のうなぎと濃いめのタレが絡まって、ご飯が進みます。

小福のうな重のメニューには、ランクが3段階ありますが、一番上の「桜」に一番良いうなぎを優先して使っているようです。「桜」の値段は約6000円と決して安いとは言えませんが、重箱から溢れんばかりのボリュームと、良質のうなぎを食べて見れば納得のお値段です。たまにの贅沢や自分へのご褒美として、ぜひ食べてみてはどうでしょうか?

ランチ限定のうなぎコースがお得な「根ぎし宮川」

東京上野の側にある鶯谷駅から徒歩3分のところにある「根ぎし宮川」は、創業70年以上の老舗うなぎ屋名店です。アットホームな雰囲気の中で食べる、ふかふかで優しい味のうなぎが特徴で人気があります。うまきやうざくなどの一品料理も充実しているため、お酒を飲みながらのおつまみとしても楽しむことができます。

また、宮川にはランチ限定で「うなぎコース」があります。お造りやお吸い物、うな重やデザートなどがついて2830円と、とてもお得で安いので人気が高いメニューとなっています。ボリューム満点で、美味しいうなぎを手頃な値段で食べたい方におすすめです。

200年の歴史を持つ天然うなぎが食べられる「前川」

日本では滅多に見られることが少なくなった天然うなぎですが、そんな天然うなぎを食べられるのが、老舗うなぎ専門店「前川」です。創業から200年の歴史と、その間に培ってきた技術が料理一つずつに光ります。天然うなぎを食べることができるのは、5月上旬から11月下旬の間で、それ以外の時期は、天然うなぎに限りなく近いと言われている高級養殖うなぎ「うなぎ坂東太郎」を使用しています。

前川のうなぎは、口の中でとろける脂がと、後味があっさりしているところが特徴です。特に天然うなぎは独特の匂いなども感じることができ、普段食べなれている養殖うなぎとの違いを実感することができるでしょう。また、前川ではうな重だけでなく、う巻やうなぎの白焼きも人気があります。美味しいうなぎを片手に、隅田川とスカイツリーを眺めながらの贅沢なひと時をお楽しみください。

宮崎県産の国産うなぎを使用している「よし田」

上野周辺にある、戦後間もなくに創業した老舗うなぎ屋「よし田」は、宮崎県を主に国産うなぎのみを使っているうなぎの名店です。注文を受けてから活きたうなぎを捌くといったこだわりああります。口に入れた瞬間にほどけるうなぎと、後からくるタレのコクや甘みが、老舗ならではの奥深い味を演出しています。

よし田では、うな重以外にも先代が考案したオリジナルのうなぎ料理「よ多漬」が有名です。よ多漬とは、秘伝の味噌に漬けたうなぎのことで、身に味がしっかりと染み込み、お酒のつまみとしても相性が抜群です。ここでしか食べられない味をぜひ試してみてはどうでしょうか?座敷もあるため、家族連れでも行きやすいお店となっています。

手軽に食べられる安いうな丼なら「宇奈とと」

うなぎと言えば高級なイメージがつきものですが、上野にある「宇奈とと」は、なんとワンコインでうな丼を食べることができる、うなぎ屋チェーン店です。500円のうな丼と聞いても、あまり想像がつきませんが、程よいサイズの丼ぶりに、うなぎが一切れ乗ったものとなっています。うなぎは肉厚で、タレも味がしっかりしているため、500円とは思えないクオリティの高さに驚きです。

もっとうなぎをしっかり食べたい方には、うなぎの量が2倍になっている「うな丼ダブル」がおすすめです。うな丼ダブルでもお値段は、わずか1000円と安いのが嬉しいポイントです。学生やうなぎ好きの子どもがいる家庭など、うなぎを安く食べたい方や、手軽なランチを食べるにも、ぴったりなお店となっています。

安い早いうまいの3拍子が揃う「登亭」

1952年に、それまで高級品のイメージが強かったうなぎを、大衆向けに食べてもらいたいという思いで創業したのが、上野にあるうなぎ屋名店「登亭」です。創業以来、うまくて安いうなぎを多くの人々へ提供し続けてきました。規格外のうなぎを使用することでコスト削減を可能にし、またその調理方法も効率化を優先して、今の手法へ確率させていきました。

登亭のメニューは、うな丼とうなぎの量でグレードが変わる、3種類のうな重のみとシンプルです。特にうな丼は、1470円で食べることができ、ランチタイムにサクッと食べたりや女性が食べたりするには十分な量となっています。約5分ほどで出てくるうな重は、まさに早くて安いを求める忙しいサラリーマンや学生にぴったりです。

気軽にサクッとうなぎを食べるなら「鳴門」

上野松坂屋の地下一回にあるうなぎ屋「銀座鳴門」は、イートインのカウンターが5席ほどあるお店です。ショッピングの帰りや、ランチタイム、休憩時間などにサクッとうなぎを食べることができるため、主婦や年配の方にも人気のお店となっています。こってりしすぎない、さらっと薄めの味付けが好きな方にもおすすめです。

お持ち帰りもしやすいため、手土産などにも人気があります。うなぎの価格により、値段は変わりますが、比較的他の店舗よりは、安い値段で提供しているのも嬉しいポイントです。ランチタイムには、行列ができるため、少し時間をずらして行くと良いでしょう。

行列に並んででも食べたいうなぎがある「色川」

上野から遠くない浅草にある老舗うなぎ料理専門店「色川」は、開店前から行列ができる人気店です。150年の歴史ある秘伝のタレと、口の中でとろけるうなぎの組み合わせが絶品です。外国人にも人気で、客足が途絶えることはありません。うな重は3000円と老舗にしては、お安い値段設定も魅力的です。

色川の秘伝のタレは、甘めで優しい味となっているのが特徴です。店内もアットホームな雰囲気で、また行きたいと思わせる心地よい空間が広がっています。ランチタイムは売り切れ次第終了のため、早めに行って並んでおくと良いでしょう。

老舗ながらリーズナブルにうなぎが食べられる「小柳」

上野の近くの浅草周辺には多くのうなぎ老舗店が存在します。その一つが1926年創業の「小柳」です。2014年にリニューアルオープンしていて、和風モダンな明るい雰囲気の中でうなぎを食べることができます。店内に入れば、店中に漂う甘辛い香りがさらに食欲を増進させてくれます。

小柳のうな重は、竹と松の2種類があります。竹は2700円、松は3200円と、老舗うなぎ屋の中では比較的安い値段設定となっていて、お得感もあります。また、小柳はお刺身やうまき、焼き鳥などの一品料理も充実しているところも魅力的です。大人数が入れるお座敷などもあるため、お祝い事などにもおすすめです。

ランチがお得でおすすめの「うな鐵将」

上野周辺で安い値段ながら比較的美味しいと評判のうなぎ店が「うな鐵将」です。特にランチタイムは、うな丼が1600円と、お手頃な価格でうなぎを食べることができます。注文を聞いてから焼き始めるため、少し時間はかかりますが、柔らかくて甘すぎずキリッとしたタレが、バランスよく収まっています。

うな鐵将は、うな丼やうな重だけでなく、うざくや串焼き、うまき、蒲焼などのメニューも美味しいと評判が高いのも特徴です。そのため、夜にお酒を飲みながら、ゆっくりとうなぎを味わうのもおすすめです。店内はこじんまりとしていますが、客足は絶えず、お店のファンも多く存在します。もし3名以上で訪れる際は予約をして行くと良いでしょう。

140年の歴史あるうなぎ屋を受け継いでオープンした「備長うな昌」

上野周辺で、比較的新しくオープンしたうなぎ屋さんが「備長うな昌」です。140年の歴史ある老舗うなぎ屋「伊豆菊」を受け継ぐ形でのオープンとなりました。居酒屋のような親しみやすい雰囲気で、串焼きなどのメニューも充実しています。うな重は1900円からと、お手頃なのも嬉しいポイントです。

うな昌は、日本酒などのお酒メニューも充実しているため、仕事帰りに仲間と寄って帰るのもおすすめです。ランチ時も営業しているため、がっつりお昼を食べたい時にもぴったりです。うなぎを食べて夏の暑さに負けないスタミナをつけることができるでしょう。

ランチはうな丼が1000円で食べられる「鍋茶屋」

上野周辺でランチにおすすめのうなぎ屋さんといえば「鍋茶屋」です。なんと、1000円でうな丼が食べられるという安さから、特にランチ時は行列ができ、大人気となっています。1000円のうな丼といえど、注文を受けてから、30分ほどしっかりと丁寧に焼き上げられており、味も香ばしくて美味しいと評判が高いです。あっさり目に仕上げてあるタレなので、ペロリと食べてしまうことができます。

鍋茶屋は、うな重も2600円と、他と比べてリーズナブルになっています。低価格ながら、本格的で丁寧なうなぎが食べられるので、いいとこ取りでとても良心的なところが人気の理由でもあります。店内の雰囲気も良く、ゆったりとした大人の空間を楽しむことができます。

パパッと食べられて観光客にもおすすめの「つるや」

上野周辺にあるうなぎ屋で、昭和6年の創業以来、伝統の味を受け継いできたのが「つるや」です。老舗のうなぎ屋ながら価格も良心的で、観光客や地元民問わず人気が高いお店です。60名までの宴会なども開くことができるため、行事ごとにも利用することができます。注文してから出てくるまでが早いため、観光中や仕事の休憩であまり時間が取れないときや、子供連れの方にもおすすめです。

つる屋では、運が良ければ、天然うなぎも食べることができるため、チャンスがあれば食べてみると良いでしょう。通常メニューと比べて、お値段は少し張りますが、養殖うなぎとは違った旨味を味わうことができるはずです。ふわとろのうなぎが口の中でとろけていくのを実感できます。

Thumbうなぎを名古屋で食べるならココ!ひつまぶしが美味しい人気店を紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

上野へ美味しいうなぎを食べに行こう!

いかがでしたか?今回は上野や上野周辺にあるおすすめのうなぎ屋を、たくさん紹介しました。有名な老舗店から、安い値段で食べられるうなぎ、ランチがお得なお店など、上野には様々なうなぎ屋が存在します。もっと気軽にうなぎを食べられるように、目的やシチュエーションに合わせて、お店を使い分けてみてください。きっとお気に入りのうなぎ屋さんを見つけることができるでしょう。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ