ブロッコリーの栄養価がすごい!効能や効果を逃がさない食べ方を紹介

ブロッコリーの栄養価が凄い!効能や効果を逃がさない食べ方を知っていますか?鮮やかな緑色が特徴の野菜「ブロッコリー」サラダはもちろんですが、炒めても茹でてもおいしいので色々なメニューで使われている人気の野菜です。そんなブロッコリーの魅力はその美味しさだけではありません。ビタミンCや、たんぱく質、鉄分、、マグネシウムなど豊富な栄養が含まれています。栄養素は調理法で摂取できる栄養素が変わります。ブロッコリーの栄養素や栄養を逃がさない食べ方を調査して紹介します。

ブロッコリーの栄養価がすごい!効能や効果を逃がさない食べ方を紹介のイメージ

目次

  1. 1ブロッコリーは栄養満点の野菜!
  2. 2ブロッコリーの栄養素
  3. 3ブロッコリーの効果・効能
  4. 4ブロッコリーの選び方
  5. 5ブロッコリーの栄養を摂取する調理法①サッと茹でる
  6. 6ブロッコリーの栄養を摂取する調理法②焼く・炒める
  7. 7ブロッコリーの栄養を摂取する調理法③蒸す
  8. 8ブロッコリーの栄養を摂取する調理法④電子レンジを使う
  9. 9ブロッコリーの栄養を摂取する調理法⑤生で食べる
  10. 10ブロッコリーを生で美味しく食べるには?
  11. 11ブロッコリーは茎も栄養豊富
  12. 12ブロッコリーの栄養を逃がさない保存方法
  13. 13ブロッコリーを食べる時の注意点
  14. 14ブロッコリーの仲間の野菜
  15. 15栄養満点のブロッコリーを食べよう!

ブロッコリーは栄養満点の野菜!

人気野菜「ブロッコリー」花言葉は「小さな幸せ」です。その花言葉の通り、ブロッコリーは茹でても、焼いても美味しい人気が高い野菜の1つです。食べることで「小さな幸せ」を感じることができる緑黄色野菜です。色々なレシピ・メニューで頻繁に利用されています。茹でてサラダにしても美味しいです。人気野菜のブロッコリーはたんぱく質・鉄分・マグネシウムなどの栄養素も豊富に含まれています。

豊富な栄養素が含まれているブロッコリーですが、調理法によって失われる栄養素も多く、調理法によって摂取できる栄養素も大きく変わってきます。今回は豊富な栄養素をなるべく逃がさないようにするにはどうしたらいいか、どの調理法がおすすめか詳しく調査して紹介します。

Thumbブロッコリーのダイエットの効果は?痩せるレシピと正しい方法も紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ブロッコリーの栄養素

人気野菜ブロッコリー。豊富な栄養素が含まれている事は少し紹介しましたが具体的にどんな栄養素が含まれているのでしょうか?ブロッコリーに含まれているという栄養素を詳しく紹介します。健康な体つくりのために参考にしてみてください

ブロッコリーに含まれている栄養素1「ビタミンC」

ブロッコリーに含まれている栄養素の1つ「ビタミンC」かなり有名な栄養素です。ビタミンCといえばレモンをはじめとした柑橘類に多く含まれているイメージが強いですが、ブロッコリーにも含まれており、ブロッコリーを食べることによってビタミンCを摂取することができます。ビタミンCは成人男性、女性共に1日で100mg摂取することが推奨されています。

ビタミンCは強い抗酸化作用があり、動脈硬化を防いだり美容に欠かせないコラーゲンを作る際に重要な栄養素です。様々な病気を予防したり、美容に高い効果・効能が期待できます。ブロッコリーを食べることでビタミンCを十分に摂取することができます。

ブロッコリーに含まれてる栄養素2「ビタミンA」

ブロッコリーに含まれている栄養素の1つ「ビタミンA」ビタミンAの成分の1つ「レチノール」には抵抗力をアップさせてたり、目や肌にもいいとされています。最近から体を守ってくれる機能をアップさせてくれる効果・効能も期待できます。しかしビタミンAは過剰に摂取すると害があり注意が必要です。適度な量を守りましょう。

ブロッコリーに含まれている栄養素3「ミネラル」

ブロッコリーにはミネラル分も多く含まれています。含まれているミネラル分は「カリウム」「クロム」「鉄分」「カルシウム」「亜鉛」等です。カリウムは高血圧やむくみを予防したりする効果・効能が期待されています。ブロッコリーを食べることでこれらの豊富なミネラル分をバランスよく摂取することができます。

ブロッコリーに含まれている栄養素4「葉酸」

「葉酸」は水溶性ビタミンの1つに数えられています。葉酸の主な働きは「核酸」を合成することです。赤血球の細胞を作るのに大きな役割を担っています。ブロッコリーの他の野菜では大豆、モロヘイヤ、ホウレンソウなどに多く含まれています。胎児の成長にも欠かせない成分の為、妊婦の方は不足しやすいので、積極的に摂取することが進められています。

ブロッコリーに含まれている栄養素5「たんぱく質」

たんぱく質もブロッコリーに含まれている代表的な栄養素の1つに挙げられます。たんぱく質は生きていくうえで欠かせない重要な栄養素の1つです。炭水化物、脂質、そしてたんぱく質と三大栄養素と呼ばれているくらい大事な栄養素です。体を作る効果・効能に加えてエネルギー源としても重要な栄養素です。

ブロッコリーに含まれている栄養素6「ポリフェノール」

「ポリフェノール」有名な栄養素の1つです。赤ワインや、ブルーベリーなどに多く含まれています。脂肪の消費効果や美白などの美容効果・効能も期待できます。

ブロッコリーに含まれている栄養素8「食物繊維」

ブロッコリーには食物繊維もかなり豊富に含まれています。食物繊維は人間の消化酵素で分解することができないため、便通をよくする働きがあります。しかし食物繊維の効果。効能はそれだけではありません。研究が進んで色々な病気を予防する働きがあることが近年わかっています。ブロッコリーを食べることで食物繊維も取ることができるのです。

ブロッコリーに含まれている栄養素9「スルフォラファン」

あまり聞きなれない栄養素「スルフォラファン」もブロッコリーに多く含まれている栄養素の1つです。スルフォラファンには強い抗酸化作用、胃がん・大腸がん発症を防ぐ効果や肝臓機能改善機能・など様々な効能・効果を期待できる心強い成分です。このスルフォラファンが多く含まれているブロッコリーはまさしくスーパーフードといっても過言ではないでしょう。

ブロッコリーに含まれている栄養素10「SMCS」

こちらも聞きなれない言葉の栄養素です。アブラナ科の野菜に含まれるアミノ酸です。特定保健用食品に多く用いられています。コレステロールの低下効果が実験で確認されて以来注目を集めている成分です。ブロッコリーの他にキャベツや玉ねぎにも含まれています。

ブロッコリーの効果・効能

代表的な人気緑黄色野菜「ブロッコリー」に含まれている代表的な栄養素を紹介しました。かなり豊富な栄養素を含んでいるブロッコリー。食べることでたくさん栄養をとれることはわかりましたが、具体的にどんな効能や効果があるのでしょうか?ここからはブロッコリーを食べることで期待できる効果・効能について調査して紹介します。

がん予防効果

ブロッコリーを食べることで期待できる効果・効能の1つに「がん予防効果」があります。日本人の多くが発症するといわれている国民病のがんですが、ブロッコリーを食べることで予防効果があると言われています。がんだけに限ったことではありませんが、病気を予防し、健康的に暮らすには「免疫力」を高めることが前提です。

免疫力を高めていくことでがんをはじめとした病気を予防できるのです。ブロッコリーを食べることでがんを予防できるといわれていますが、その根拠となる栄養素が「スルフォラファン」です。スルフォラファンは強力な抗がん作用があります。

紹介したスルフォラファンの抗がん作用の他にもブロッコリーが「アブラナ科」であることが大きな理由です。アブラナ科の野菜を多く摂取することで、がんになりにくいという研究結果が多く発表されています。アブラナ科の野菜を食べることによって含まれている「グルコシノレート」という成分が分解されて、「イソチオシアネート」という成分に変わります。

この変化した成分尾のイソチオシアネートががんを予防するのに大きな役割を果たしてくれるのです。イソチオシアネートには体内の発がん働きを高める効果があります。スルフォラファンとイソチオシアネートの二つの働きによって、がんを予防する効果が期待できるのです。

便秘改善効果

がん予防に続いて紹介するブロッコリーの効果・効能は「便秘改善効果」です。ブロッコリーを食べると「便秘解消に効果があると言われています。その理由として豊富に含まれている「食物繊維」があります。ブロッコリーに含まれている食物繊維は「不溶性」といわれています。この不溶性の食物繊維が便秘の改善に大きな力になってくれるのです。

不溶性の食物繊維は腸内に働きかけて腸の運動を活発にしてくれます。なのでブロッコリーを適度に食べることによって便秘の予防・改善位につながるのです。ただし不溶性の食物繊維は腸内の水分を吸収する働きがあるため水分を過度にとらないと逆に便秘になりやすくなってしまうため、注意が必要です。ブロッコリーと一緒に水分も程よく摂取するように気をつけましょう。

アンチエイジング効果

ブロッコリーには「アンチエイチング」効果も期待できます。がん予防の時に紹介したグレコシノレートが変化した「イソチオシアネート」は抗酸化作用と活性酸素を除去作用があり肝臓の強化にもなります。抗酸化作用・肝臓機能が強化されることでアンチエイジング効果が期待できます。

他にもブロッコリーに含まれる栄養素の中には高い抗酸作用が期待できる栄養素がたくさん含まれています。がん予防効果の際に紹介したスルフォラファンもがん予防と共にアンチエイジング効果が期待できます。ポリフェノールの仲間の「フラボノイド」も高い抗酸化作用が期待できます。このようにブロッコリーには様々な抗酸化作用を持つ栄養素が含まれており、ブロッコリーを食べることによってアンチエイジング効果が期待できます。

血圧上昇防止効果

ブロッコリーに含まれている成分は血圧の上昇を防止する効果があります。血圧の上昇を抑える役割はブロッコリーの中に含まれているマグネシウムやカリウムです。適度にブロッコリーを食べることによって血液上昇を防ぐ効果が期待できます。

ストレスに効く

ブロッコリーに含まれてい「ビタミンC」かなり有名なビタミンCはストレス対策が期待できる栄養素です。人間はストレスを受けると体内でアドレナリンが活発に分泌されます。アドレナリンを分泌する時にビタミンCを多く使います。なのでストレスが増えれば増えるほど体内のビタミンCが減っていくのです。ブロッコリーにはビタミンがを多く含まれているので、ストレス対策に高い効果が期待できます。

筋トレにいい

ブロッコリーは筋力トレーニングなど屈強な身体を作るときにも心強い味方です。強い体を作るにはバードな筋力トレーニングとバランス良い食事が不可欠です。豊富な栄養素が含まれているブロッコリーはハードなトレーニングの後の栄養を摂取するのに適した野菜といえます。また、ブロッコリーに含まれる「I3C」「インドリルメタン」という成分は筋トレを効果的にする働きがあります。まさに筋トレにピッタリの野菜なのです。

Thumbブロッコリーが筋肉にいい理由は?筋トレ中の摂取量や効果的な食べ方は? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ブロッコリーの選び方

人気の緑黄色野菜ブロッコリー。ほとんどのスーパーに並んでいますができるだけ新鮮なものを選びたいですよね?ここからは新鮮なブロッコリーの選び方を紹介します。できるだけ新鮮なブロッコリーをえらんで効率よく、そして美味しく栄養を摂取しましょう。

ブロッコリーの選び方1「色で選ぶ」

ブロッコリーを選ぶ際の注意点1つ目は「色で選ぶ」です。色を観察してできるだけ濃い色をしたブロッコリーを選ぶようにしましょう。反対に黄ばんでいるものは避けましょう。紫色のブロッコリーを見かけますが紫色のブロッコリーはおすすめです。この紫色はポリフェノールが多く含まれている証拠です。なので黄色以外のブロッコリーを選ぶようにしましょう。

ブロッコリーの選び方2「つぼみを見る」

ブロッコリーの選び方2つ目は「つぼみ」です。ブロッコリーのつぼみの部分がしっかりと密集っしているものを選びましょう。鮮度が落ちているブロッコリーはつぼみに締まりがなく、触ったときに手ごたえがなく柔らかくなっています。ブロッコリーを選ぶときはつぼみの密度をしっかり確かめて軽く触ってみましょう。

ブロッコリーの選び方3「空洞を見る」

ブロッコリーの茎の部分を確認しましょう。ブロッコリーを選ぶ際につぼみの部分や、色合いなどをチャックして選ぶ方法を紹介しましたが、茎の切り口・断面をチェックして空洞がないか確認しましょう。茎の断面に空洞があるブロッコリーは避けた方が無難です。成長しすぎるとブロッコリーは茎の中に空洞化できることがあります。空洞ができたものは固くなってしまっていて少し味が落ちます。なるべく空洞がないものを選びましょう。

ブロッコリーの栄養を摂取する調理法①サッと茹でる

熱を逃がさないブロッコリーの調理法一つ目は「サッと茹でる」です。実は栄養素を逃がす一番の敵は「熱」です。熱を与えるとビタミン等の栄養素が無くなってしましいます。特に茹でる行為はブロッコリーの栄養素を逃しやすい調理法・食べ方なのです。ブロッコリーを茹でたい時は沸騰したお湯に入れた後にすぐに取り出すことが重要です。熱湯に入れてから色が変わるのが目安です。色が変わったらすぐに取り出しましょう。

長時間茹でると栄養素が流失しやすい

ブロッコリーの栄養を逃がさないには茹で時間をなるべく早くする方がオススメですが「熱」以外の理由もあります。それは「水に入れる」という行為も栄養素が逃げる原因の一つだからです。水に入れる時間が長くなれば長くなるほど水溶性のビタミンが流失してしまいその分無くなってしまします。この二つの理由からブロッコリーを茹でる時はサッと短時間で茹でましょう。

ブロッコリーを茹でてしまうことで、流失してしまう栄養素は「ビタミンB1」「ビタミンB2」「ビタミンC」等の水溶性ビタミンの為、茹でた汁に流れてしまいます。色々ある調理法の中で栄養が逃げやすい調理法の1つです。茹で過ぎてしまうと味も大きく落ちてしまうのでサッと茹でる習慣をつけましょう。

茹でると水に栄養が溶けでしますが、スープやシチューにすることで水分や栄養が解けても栄養を摂取することができるので栄養を効率よく摂取するためにはおススメの調理法・食べ方です。

茹でてサラダにする

茹でたブロッコリーはやはり「サラダ」にするとより美味しく食べることができます。ブロッコリーと玉ねぎをあわせてたサラダや、リンゴや豚肉とブロッコリーをあわせたレシピもネットで紹介されています。ブロッコリーを茹でてサラダにすると紹介した以外にもいろいろな材料とよく合うのでおススメです。ブロッコリーでサラダを作りたいときは短時間で茹でるようにして作ることで栄養を逃しにくくなります。

ブロッコリーの栄養を摂取する調理法②焼く・炒める

栄養を逃がさないブロッコリーの調理法。二番目に紹介するのは「焼く・炒める」です。最初にブロッコリー栄養をなるべく逃がさない茹で方を紹介しましたが、茹でるよりおすすめの調理法が焼くことです。茹でると同じく熱を加える調理法ですが、水に入れない分栄養を逃がしにくい方法です。

ブロッコリーを焼くとき水に入れる必要はありません。なので茹でる時と比べて水溶性のビタミンが残りやすくその分栄養を効率よく摂取することができます。焼く時の注意点は茹でる時ほどありません。弱火でオリーブオイルなどで弱火で焼きましょう。ブロッコリーの風味も和らぐので苦手な方にもおすすめの調理法です。

焼いたブロッコリーは「カマンベールチーズ」とよく合います。カマンベールチーズの他にも「カレーソース」とも相性抜群!いろいろな調味料とも相性がいいので使い勝手がよく重宝します。ブロッコリーのみを焼いても美味しく食べることができます。ベーコンと相性がいいので焼きベーコンと焼きブロッコリーのパスタもおススメです。色々な食べ方ができて便利です。

またブロッコリーは「炒める」調理法・食べ方もおすすめです。炒めても同じように水分にブロッコリーの栄養素が溶け出してしましますが、片栗粉でトロミをつけるなどして一工夫すればシチューやスープと同じような感覚で溶け出した栄養分を摂取することができるのでおススメです。またブロッコリーは「油」との相性もいいので揚げる調理方法や食べ方もおすすめです。

ブロッコリーの栄養を摂取する調理法③蒸す

栄養を逃がさないブロッコリーの調理法。次に紹介するのは「蒸す」調理法です。茹でる、焼く調理法に比べ栄養を逃しにくく、おすすめの調理法です。蒸してブロッコリーを調理することでブロッコリーの素材の美味しさもより味わうことができます。なぜブロッコリーを蒸して食べると栄養を逃しにくいのか詳しく紹介します。

ブロッコリーを蒸して食べるといい理由1つ目はやはり「お湯に入れないから」です。お湯に入れてしまうと、ブロッコリーに含まれているビタミンCが大量に流失してしまいます。お湯にブロッコリーをつけるとビタミンCが半分以上無くなってしまうという情報もあります。ブロッコリーを蒸して食べると、お湯の中に入れて調理することはないのでビタミンの大量流失を防ぐことができます。

ブロッコリーを蒸して食べる方法にすると茹でて食べる時よりもかなり簡単に調理が終わります。時間もかなり短縮できて忙しい方にもピッタリの調理方法です。ブロッコリーの栄養をしっかり確保でき、時間も短縮できるのでかなりおすすめの調理法です。

蒸したブロッコリーのは生のままよりも柔らかい食感で食べることができます。そのままでも美味しいですが、塩や好みのドレッシングをかけても美味しく食べることができます。蒸しブロッコリーはお弁当のおかずにもぴったりです。蒸したブロッコリーだけでも豊富な栄養をとることができるので、お弁当の栄養バランスを整えやすいのでおススメです。

ブロッコリーの栄養を摂取する調理法④電子レンジを使う

栄養を逃さないブロッコリーの調理法。最後に紹介する調理法は「電子レンジ」を使った調理法です。電子レンジを使って調理すればかなりの栄養素を逃さずに摂取することができます。栄養素を逃しにくいメリットの他に調理時間を大幅に短縮できるため、かなりおすすめの調理法です。栄養を効率よく摂取したい、忙しいからなるべく早い時間で調理したい方におススメです。

電子レンジで調理すると栄養が壊れてしまいそうなイメージがありますが、そんなことはありません。むしろ茹でる・焼く調理法よりも多くの栄養素を含んだままブロッコリーを調理することができて、かなりおすすめの調理法です。ブロッコリーを軽く水で洗って汚れをおとして水を切りましょう。その後に耐熱容器に入れて2~3分加熱調理を行います。水につけたり、火を通して調理しないのでかなりの栄養を摂取することができます。

栄養豊富なブロッコリーをかなり短時間で食べることができる電子レンジ調理法。レンジで調理する手順はまずブロッコリーを小房に分けます。小房に分けることによって熱を通りやすくします。その後耐熱皿や耐熱容器に小房に分けたブロッコリーを入れて少し水をかけましょう。その後ラップをして電子レンジに入れて1分から2分ほど加熱しましょう。この方法なら短時間で栄養満点のブロッコリーを食べることができます。

ブロッコリーの栄養を摂取する調理法⑤生で食べる

栄養を流さないブロッコリーの調理法・食べ方を紹介しましたが、ブロッコリーを生のまま食べたほうが栄養を丸ごととることができます。水につけたり、熱を加えたりするとどうしても栄養が流れ出てしまいます。栄養を効率よく取るためにブロッコリーを食べようと考えているかたは生のままブロッコリーを食べることをオススメします。調理するときよりやや風味が強く感じますが栄養は十分取ることができます。

Thumbブロッコリーは生でも食べられる?栄養や美味しく食べる方法・レシピを紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ブロッコリーを生で美味しく食べるには?

生のブロッコリーは栄養満点のですがやはり調理したブロッコリーに比べてかなり癖があります。食感も少し硬く感じます。ブロッコリーが苦手な方は食べ方に工夫をしないと食べることができないでしょう。ここからはブロッコリーを生のまま美味しく食べる方法を紹介します。

生ブロッコリーを美味しく食べるコツ1「細かくする」

生のブロッコリーを生で美味しく食べる方法は「細かくする」です。単純な方法ですがブロッコリーをできるだけ小さく刻んで食べると独特の臭みや食感も感じにくく栄養満点のブロッコリーを食べることができます。細かく刻んで他の野菜や食材とサラダにするとさらに食べやすくなります。生のブロッコリーを美味しく食べるための最も簡単で効果的な方法です。

生ブロッコリーを美味しく食べるコツ2「スムージーにする」

生でブロッコリーを楽しむ方法2つ目は「スムージー」にする方法です。他の野菜や好みの果物と合わせてスムージーすると生のままのブロッコリーを栄養満点のまま美味しく食べることができます。サラダで生ブロッコリーを食べてみて苦手だなと感じたら生ブロッコリーを使ったスムージーを作ってみましょう。スムージにするときに好きなフルーツを混ぜることで食べやすくなります。ぜひ試してみてください!

ブロッコリーは茎も栄養豊富

ブロッコリーといえばつぼみの部分を楽しむ方が多いと思いますが、実は「茎」の部分はブロッコリーの中でもかなりの栄養を含んだ部位なのです。つぼみの部分よりもビタミンC・カロテンが豊富に含まれています。捨ててしまうか方もかなり多いですがブロッコリーの茎の部分もつぼみと一緒に丸ごと食べることによってさらに豊富な栄養をとることができるのです。捨てずにブロッコリーの茎部分まで楽しみましょう!

Thumbブロッコリーの茎の美味しい・栄養満点レシピ!皮のむき方や切り方も | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ブロッコリーの栄養を逃がさない保存方法

栄養を逃がさないブロッコリーの調理法を紹介しました。調理法でも摂取できる栄養素は大きく変わりますが、どんな方法でブロッコリーを保存するかによっても摂取できる栄養が変わってきます。ここからは栄養を逃しにくいブロッコリーの保存方法を紹介します。栄養を逃がさない調理方法と合わせて覚えておきましょう

生のまま冷凍

ブロッコリーを冷凍保存するときに栄養を逃がさないよう保存するには「生のまま冷凍保存」することが望ましいです。調理方法で紹介したようにブロッコリーの栄養を逃がさないためには「水」と「熱」がキーワードです。なので生のまま冷凍して保存したほうが栄養を逃さないです。冷蔵庫で保存すると2.3日も過ぎればすぐに黄色く変色し、味も品質も落ちてきます。生のまま冷凍すると味や栄養価がそのままに1ヵ月ほど持ちます。

ブロッコリーを食べる時の注意点

ブロッコリーはかなり栄養豊富な野菜ですが、ブロッコリーを食べる際に注意しなければいけない点があります。それは食べ過ぎない事。どんな食材にも言えることですがブロッコリーを食べ過ぎてしまうと副作用といえる作用が起こります。どんな作用があるのかここから紹介していきます。栄養豊富なブロッコリーを健康的に楽しむためにも注意点をしっかり把握しておきましょう。
 

食べ過ぎると「体臭」がきつくなる

どんな食材・食べ方にも言えることですがブロッコリーは食べ過ぎてはいけません。ブロッコリーを食べすぎると「体臭」がきつくなるといわれています。ブロッコリーに含まれている成分「コリン」が原因です。コリンが体内に増えると対象がきつくなると言われていますが、そのくらい摂取したら体臭に影響が出るのか個人差があるようです。適度に食べる程度では問題ないですが、気になる方は食べ過ぎに注意が必要です。

食べ過ぎると胃腸に負担がかかる

ブロッコリーを食べ過ぎてしまうと胃腸に負担がかかります。胃腸に負担がかかってしまうことによって胃腸の働きが落ちてしまい結果的にたくさんの栄養を摂取しても体に吸収されにくくなります。せっかく栄養がたっぷりなブロッコリーを摂取しても食べすぎてしまうと結果的に吸収できないことがあります。ブロッコリーの食べすぎには注意が必要です。

ブロッコリーの仲間の野菜

栄養豊富なブロッコリーの調理法・食べ方を紹介しました。栄養満点なブロッコリーはその仲間たちも人気です。ブロッコリーと同じように栄養満点なのが人気の理由です。ブロッコリーの仲間たちを紹介します。健康食のブロッコリー、毎日食べて少し飽きてきたかな?と思ったらブロッコリーの仲間たちを食べましょう。ブロッコリーと同じような豊富な栄養を摂取することができます。そんなブロッコリーの仲間を紹介します。

ブロッコリースプラウト

最近よく見かけるようになった人気野菜「ブロッコリースプラウト」スプラウトとは「新芽」という意味の言葉です。なので新芽のブロッコリーという意味です。サラダによく合います。ブロッコリーと同じようにスルフォラファンを豊富に含んでいます。ダイエットなどにも人気の野菜のようです。ブロッコリーと同じように色々な調理法や食べ方があります。

ブロッコリースプラウトと似た野菜で「ブロッコリースーパースプラウト」があります。ブロッコリースプラウトはスルフォラファンが成熟ブロッコリーの約7倍含まれていると言われていますが、ブロッコリースーパースプラウトにはなんとスルフォラファンがブロッコリーの20倍含まれていると言われています。まさにスーパーフードです。国内で流通しているブロッコリースプラウトは村上農園が生産しているものだけです。

Thumbブロッコリースーパースプラウトの栄養は?効能効果や食べ方・レシピも | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

茎ブロッコリー

次に紹介するブロッコリーの仲間は「茎ブロッコリー」です。茎ブロッコリーはつぼみ部分と茎の部分を食用に育てたものです。「カイラン」とかけ合わせて作られた日本初の野菜です。味の特長はアスパラガスに似ていると評判のブロッコリーです。スティクセニョールと呼ばれておりアメリカで人気の野菜です。ブロッコリーと成分と似ていて栄養満点です。

栄養満点のブロッコリーを食べよう!

色々なレシピ・メニューに使われている人気野菜「ブロッコリー」ブロッコリーを食べることで期待できる効能・効果や、豊富な栄養素を少しでも逃がさない調理法を紹介しました。いろんな種類の調理方法でブロッコリーは調理することができますが、食べ方によって摂取できる栄養素がかなり違うので注意が必要です。栄養を逃がしやすい調理法でもポイントをしっかり押さえてできるだけ栄養を逃さないようにしましょう。

筋力トレーニングや、アンチエイジング、がん予防、便秘解消など様々な効果が期待でき、ブロッコリーは健康維持のための強い味方です。お弁当や、スムージーにしたりと使えるシーンもいろいろあるので便利です。色々なブロッコリーの食べ方を覚えて美味しく楽しく効率よく栄養を摂取しましょう!

ブロッコリーに関するまとめ記事はこちら!

Thumbブロッコリーの離乳食レシピ!初期・中期・後期別の下ごしらえと作り方 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbブロッコリーの花は食べられる?黄色い時の活用方法・美味しいレシピは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ