生姜の栄養成分・効果効能がすごい!正しい摂取量と利用方法まとめ

健康になりたいときの定番アイテムとなったヘルシーな食材、生姜。手軽にすぐ取り入れられるので大変重宝するアイテムです。生姜の栄養成分や効果効能について紹介します。どれくらいの量を摂取したらいいのか、正しい摂取量や利用方法も紹介します。生生姜とチューブの栄養成分はどう異なるのか、生姜の旬の時期など気になる情報もあります。生姜を正しく取り入れて、もっとキレイになれる情報満載です。

生姜の栄養成分・効果効能がすごい!正しい摂取量と利用方法まとめのイメージ

目次

  1. 1定番ヘルシー食材である栄養豊富な生姜
  2. 2栄養豊富な生姜はどこからきたのか
  3. 3昔の生姜の活用方法について
  4. 4栄養豊富な生姜の主な成分は?
  5. 5栄養豊富な生姜の主な効能
  6. 6栄養豊富な生姜の主な効果
  7. 7栄養豊富な生姜の正しい摂取量とは?
  8. 8栄養豊富な生姜の種類と旬とは?
  9. 9栄養豊富な生姜の色々な活用レシピ
  10. 10様々な切り方で嬉しい効果がある生姜
  11. 11生姜の味が苦手な方へ
  12. 12チューブの生姜と生の生姜の違い
  13. 13栄養豊富な生姜と美
  14. 14栄養豊富な生姜のまとめ

定番ヘルシー食材である栄養豊富な生姜

定番ヘルシー食材である生姜は、今や生活にはかかせないアイテムです。以前生姜ブームが起こり、女性の間で大人気となった生姜ですが、それまでは料理に使ったり、ジンジャーエールやキャンディといった定番商品のみの展開となっていました。

生姜は栄養豊富でヘルシーな食品です。生姜ブームが起こり、その効果効能が見直されてからは、続々と新しい生姜商品が開発・販売されています。現在は生姜シロップやドリンク、スウィーツなど、美味しく取り入れキレイになれる商品が本当に豊富です。生姜に対して、昔っぽい・合わせにくいといったイメージを抱いていた時代は終わりました。

手軽に美味しく摂取出来るようになった、栄養豊富な生姜。生姜はどう体にいいのでしょうか?効果や効能についても紹介します。まず、生姜はどこからやってきたのでしょうか?

Thumb生姜パウダーの効果は?作り方・使い方やおすすめの市販品も紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

栄養豊富な生姜はどこからきたのか

生姜がはじめにどこで発見されたのかは現在も不明のままのようです。日本においては、奈良時代に中国から生姜が伝わったとされています。生姜は中国から伝わり栽培が始まったという記録が残っています。栽培した際に、香りの強いほう、弱いほうで分けて管理され、香りの強い方がのちにみょうがになったという説があるそうです。

生姜は香辛料や生薬として用いられてきました。特に中国では薬としての役割が大変大きく、茎を乾燥させたり、他の材料と組み合わせることにより、様々な効果効能が得られます。生姜は様々な用い方で重宝されてきたのです。

日本料理では欠かせない存在となっている生姜。私たちは普段から摂取しているといっても過言ではありません。それほど日本料理では重要な役割を担っているのです。

生姜を用いた料理や、トッピングや薬味など生姜は多くの料理に使われています。例えば、寿司に添えられているガリなどは本当に欠かせないものです。ガリは生魚独特の味をさっぱりリセットしてくれます。味だけでなく、殺菌作用もあり、体に嬉しい効果もあります。

生姜の嬉しい効果について、生姜が薬とされていた昔の活用方法から紐解いてみることにしましょう。

Thumb乾燥生姜の簡単な作り方!冷え性におすすめの効果がある使い方・飲み方 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

昔の生姜の活用方法について

前項で紹介したように、生姜ははるか昔から生薬として使用されてきました。生薬として使用する場合は、主に根の部分を使用します。

生のままの生姜は生姜(しょうきょう)と呼ばれ、乾燥させた生姜は乾生姜(かんしょうが)、蒸した生姜は乾姜(かんきょう)と呼ばれています。生・乾燥・蒸すというそれぞれの方法で、症状によってそれぞれの効果を発揮します。これが漢方の用い方です。

現在市販・調剤されている漢方薬にも、生姜成分は使用されているものもあります。生姜はそれほど効果が期待でき、栄養豊富な大切な生薬なのです。

薬としても食品としてもなくてはならない存在の生姜。それでは、その栄養豊富な生姜の主な成分について紹介します。

Thumb生姜スープの簡単人気のレシピ集!風邪予防・ダイエットにも最適 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

栄養豊富な生姜の主な成分は?

栄養豊富な生姜は、3大成分と呼ばれる成分が存在します。生姜の効能効果に大きく関わる主要成分です。

栄養豊富な生姜の3大成分「ジンゲロール」

ジンゲロールは、生の生姜に多く含まれている成分です。生の生姜は辛いと感じたことがありませんか?その辛み成分がジンゲロールと言われています。

ジンゲロールの効果はたくさんありますが、まずは血流の改善の作用があります。血流改善により期待できる効果は多くあります。

ジンゲロールの血流を改善してくれる効果は、代謝が良くなり、冷えの改善につながります。また、代謝が上がることでダイエット効果も期待できます。特に女性は冷えやダイエットは常に気になるところです。女性にとっては大変嬉しい効果です。

ジンゲロールは体の免疫機能を活性化する効果もあります。炎症作用をもたらす細菌に対抗する力があるので、喉が痛い場合や気管支炎などにも効果があるとされています。

最後に、ジンゲロールは胆汁を排泄する効果があります。胆汁と言っても結果的にどうなるのか難しい話だと思いますが、胆汁が排泄されるということは、新しい胆汁を作り出す必要があるということです。

新しい胆汁を作るために、体内のコレステロールは必要となります。新しい胆汁を作るには、多くのコレステロールが必要なのです。これがコレステロール値を下げることにつながります。

栄養豊富な生姜の3大成分「ジンゲロン」

前項で、生姜は乾燥させたり蒸すことによりそれぞれ効果効能が期待できる話しをしましたが、ジンゲロンはジンゲロールを加熱することにより得られる成分です。

成分自体はジンゲロールに類似しているのですが、特に効果効能があるとされているのが冷えの改善です。生姜を食べると体が温まって汗が出てきたことがありませんか?それこそがジンゲロールやジンゲロンの効果なのです。

他には消化を助ける効果効能が期待できます。胃液の分泌を活性させる効果があるとされているからです。

胃液の分泌を活性化させることで、食欲が増進したり、消化を良くする効果が期待できます。体調不良で食欲がない場合などに期待できそうな効果です。

栄養豊富な生姜の3大成分「ショウガオール」

前項でも紹介しましたが、ジンゲロールを加熱したものがジンゲロンとなります。さらに、そこから乾燥させた場合、また新たな成分が形成されます。それがショウガオールです。

ショウガオールは乾燥させ、加熱させることにより成分が増えるとされています。購入した生姜にはショウガオールはほとんど含まれていません。生姜を購入した場合は、そこから更に自宅で高温加熱することによりショウガオールを増やすことが可能です。

ショウガオールの効果効能は、ジンゲロール・ジンゲロンと同じです。しかし、驚くことに成分をジンゲロールやジンゲロンからショウガオールに変化させることにより、その効果効能は絶大になります。

ショウガオールは痛みを取り去る効果があるとされています。主に効果があるのは生理痛などです。生理痛に悩む女性は多いので、嬉しい効果です。

しっかり加熱・乾燥させることにより、効果効能はアップすると言えますが、ジンゲロール・ジンゲロンに比べ格段に辛みが増します。また、多量摂取はおすすめできません。こちらは摂取量についての項目で紹介します。

Thumb生姜紅茶の効果効能は?ダイエットや風邪予防にもおすすめの作り方・レシピ | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

栄養豊富な生姜の主な効能

生姜を摂取したことにより、体に直接起きる変化や影響はどうなのでしょうか?生姜の主な効能に関してまとめて紹介していきます。

栄養豊富な生姜を摂取すると汗が出る

生姜は摂取することにより代謝が上がると紹介しましたが、それに伴い発汗作用があります。

代謝が上がることは体の冷えの改善にも繋がっています。生姜を摂取して体がぽかぽか温まってきますが、発汗により結果的に体が冷えてしまわないように気をつけたいです。

栄養豊富な生姜を摂取すると食欲が増す

生姜には食欲増進作用があります。食欲がない場合に少量摂取すると大変効果があると言われています。

生姜には殺菌作用もあるので、生ものや胃もたれしてしまいそうな脂っこいものとの組み合わせが抜群に良いです。そのため、昔からトッピングや薬味として日本人にも親しまれてきました。

生姜を上手に取り入れることで、体をいたわり健やかな食事を実現できます。生姜の歴史と先人たちの知恵が合わさった生姜の取り入れ方です。

栄養豊富な生姜を摂取すると吐き気を抑えられる

生姜は吐き気を抑える効能が期待できる食物です。食欲不振の際や、妊娠中にも効果が期待できるとされています。気をつけたいのが妊娠中の摂取についてです。多量摂取は避け、意識的に取り入れたい場合は医師に相談することをおすすめします。

生姜は古来より生薬として用いられてきた植物です。生活の中で上手に取り入れ活用して行きたいものです。

Thumb生姜ご飯の炊き方・基本レシピは?おすすめ・人気の友近流作り方も紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

栄養豊富な生姜の主な効果

生姜を摂取したことにより結果的にどうなるのか、生姜の効果についてまとめて紹介していきます。

生姜の利尿作用

生姜には、体内の水分を排出させる効果があります。そこで期待出来るのが、むくみやだるさの改善です。

この効果は特に皮に多く含まれている成分が大きく作用していると言われています。生姜を皮ごと使用する場合は、皮を少し削ったりこすったりして無理なく取り入れるのが理想的です。

生姜と風邪

古来より風邪のときは生姜が生薬として使われたり、現在でも風邪をひいたときに飲む漢方薬には生姜成分が含まれています。風邪の症状と生姜の効果は切り離せないのです。

体を温めたり、喉や胃腸の殺菌作用など、生姜の効果は風邪の症状に絶大な効果を発揮します。

免疫力を高めつつ、体内を正常に保つ効果があるので、生姜は風邪の諸症状にぴったりの生薬なのです。

生姜のデトックス作用

生姜によるデトックス効果が期待できる理由は、排出作用があることからです。利尿作用について紹介しましたが、胃腸の働きを助ける効果があることから、利尿作用に加え利便作用もあると言えます。

お通じ作用がありダイエット効果も期待できるので、女性には本当に嬉しい効果と言えます。

腸内環境を整え便通も助けてくれる生姜。胃腸を整えることは美肌にも繋がる嬉しい効果です。

Thumb生姜湯の基本の作り方は?チューブ入りの場合やアレンジレシピも紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

栄養豊富な生姜の正しい摂取量とは?

生姜の正しい摂取量に関して紹介していきます。生姜は、状態や成分によっては高い効果が期待できるので、摂取量には注意が必要となります。

生姜の摂取量に気をつけたい理由

生姜は、より乾燥させることによって成分が変わり、高い効果が期待できる食品です。そのため、体の状態によっては摂取量に気をつけたい食品といえます。

例えば、生姜の効能として食欲増進を紹介しましたが、胃酸過多の人が生姜を多く摂取した場合、胃酸が更に分泌されてしまいます。生姜の効果効能を理解し、体調により摂取過多には気をつけたほうが良い場合があるのです。

生姜は、体を温める効果があるので高熱がある場合は避け、胃腸の動きを活発にするので胃弱な方も摂取を控えた方が良いと言えます。

生姜の具体的な摂取量について

生姜は殺菌作用も高く、刺激のある食物と言えます。摂取する場合は生のタイプのものを避けたり、量を少量にすることをおすすめします。

特に生の生姜は胃弱の方にとって刺激が大変強いようです。摂取する場合は自分の体調と合わせて賢く取り入れたいものです。

おすすめの摂取方法は、お湯と一緒に摂取する方法です。体を温めると共に、胃腸にも優しく体に取り入れやすくなります。

Thumb生姜のはちみつ漬けの作り方は?効果効能と美味しいレシピまとめ | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

栄養豊富な生姜の種類と旬とは?

生姜に多くの種類と旬の季節があることを知っていますか?ここでは生姜の種類と生姜の旬について紹介します。

生姜の種類

生姜は主に南アジアで多く栽培されています。スーパーなどで見かける生姜は南アジア原産ものもか、国産のものがほとんどです。生姜は世界中で香辛料として利用されています。また、中国でも栽培は大変盛んです。

生姜の主な種類は、古根生姜(ひねしょうが)、新生姜(しんしょうが)に分けられます。

古根生姜は通年出荷・販売されている生姜で、生姜独特の辛みが強く、固めの生姜になります。

新生姜は、古根生姜の上に出来た新しい根の部分にあたります。夏・秋の季節に収穫されます。新生姜をすぐに出荷・販売せず、数ヶ月寝かせたものが古根生姜になります。

さらに、新生姜は2つの種類に分けられます。新生姜に葉が付き、そのまま出荷・販売されるものが葉生姜になります。葉生姜より早めに収穫し、日に当てることなく育ったものが芽生姜となります。芽生姜は出荷する直前に日に当てて濃いピンクの色をつけることにより、鮮やかな色になります。

例えば、日本料理の西京焼などに添えられているピンクの芽のようなものを見たことがありませんか?あれが芽生姜です。日本料理に色どりを添える、欠かせないアイテムです。

生姜の旬について

先ほど紹介した生姜にはそれぞれ旬の季節があります。古根生姜は9〜11月、新生姜・葉生姜は6〜8月、芽生姜は4〜6月とが大体の旬の目安です。

新生姜は寝かせる場合があるため、状態をチェックすることをおすすめします。全体が白く、根の先の部分がピンクになっているものが新しい新生姜です。旬の新生姜をゲットするときの参考にしてください。

Thumb生姜はチューブでも効果はある?栄養や成分の違いを生しょうがと比較 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

栄養豊富な生姜の色々な活用レシピ

生姜の商品はたくさんありますが、自宅で新生姜を使ってオリジナルで1品作ったり、フォトジェニックなメニューに活用すると気分も上がります。ここでは簡単に取り入れられる生姜の活用レシピを紹介します。

お手軽ジンジャーティー

前項でもおすすめしたお湯と生姜を一緒に摂取する方法ですが、お気に入りのお茶を取り入れて混ぜるだけでも生姜の効果が期待できます。

おすすめなのは紅茶、ウーロン茶などです。生姜紅茶は多くのメーカーから市販もされており、特におすすめの組み合わせです。好きなお茶と組み合わせるだけでテンションが上がります。

使用するのは新生姜のすりおろしです。生姜の皮をむいて、ひとかけら分すりおろしたら、汁ごとお茶に入れると出来上がりです。

簡単で手軽に生姜の効果が期待できます。日本茶に取り入れると、より一層殺菌効果や利尿作用が期待できます。

定番生姜焼き

生姜を取り入れた定番おかずと言えば豚の生姜焼きです。大人も子供も大好きなメニューです。みんな大好きな定番メニューも、新生姜を使用するだけでグッと本格的な料理になります。

ここでも使用して欲しいのが新生姜です。生姜はすりおろしたものと、千切りにしたもの、2種類用意します。2種類用意することで風味豊かで、生姜成分たっぷりの生姜焼きが味わえます。

肉の味付けの段階ですりおろしを入れ、他の調味料と共に煮立てます。千切りはフライパンから取り出す直前に入れ、サッと火を通す程度にすると香ばしいさや繊維も味わうことができます。

生姜焼きを作る際におすすめなのが、はちみつを取り入れることです。はちみつは体を温める効果があります。生姜焼きは醤油、砂糖などの調味料を使用すると思いますが、砂糖をはちみつに置き換えると、体にも優しい1品になります。生姜と一緒に取り入れることで、冷え知らず疲れ知らずの体になれるかもしれません。

生姜スムージー

生姜食物繊維もたっぷり含まれているので、美肌作りにも最適です。そこでおすすめしたいのがスムージーです。甘いフルーツやヨーグルトを使用すれば、飲みやすく健康になれる生姜スムージーが簡単に出来上がります。

生姜スムージーの作り方は、いつものスムージーに生姜のすりおろしを混ぜるだけです。とても簡単です。

前項でも紹介したはちみつを混ぜるのはおすすめです。フルーツはバナナ、イチゴ、グレープフルーツなどがおすすめです。また、ヨーグルトを使用することで口当たりも良く飲みやすくなります。

ビタミンも取れて、生姜の効果も期待できるので、健康な体を目指す方や美肌作りに最適と言えます。

生姜チップス

自家製の生姜チップスは、インターネット上でもたくさんのレシピが存在しています。生姜ブーム以降、市販の生姜アイテムはもちろん、自家製の生姜アイテムを作る生姜ファンは多いようです。

生姜チップスは色々な活用法があります。そのままはちみつにつけて食べたり、砕いてジャムに混ぜたり、ヨーグルトに入れたりという活用方法です。お茶に浮かべても良いですし、生姜焼きに活用しても美味しくなります。

お湯に加えると生姜湯になり、炭酸ソーダに加えればジンジャーエールになります。自家製ジンジャーエールなんて、おもてなしにぴったりです。

生姜チップスの作り方は、生姜をキレイに洗い、薄くスライスします。生姜と同じ分量の三温糖と水を鍋に入れスライス生姜を煮詰め、アクを取ります。時間は10分ほどです。

このときの汁は、生姜シロップとして活用できます。生姜の成分がたっぷり含まれています。お湯で割って飲んだり、ソーダ水で割ってドリンクにするのもおすすめです。

取り出した生姜は、チップス用の砂糖をまぶし、160度のオーブンでパリパリになるまで焼いたら出来上がりです。

Thumb生姜シロップの作り方!冷え性におすすめの簡単アレンジレシピも紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

様々な切り方で嬉しい効果がある生姜

生姜を取り入れる際に気にしたいのが、生姜の切り方です。生姜は食物繊維が豊富なので、それを生かした切り方をするとその効果を強く得られます。

何にでも取り入れやすいのはすりおろしです。少しの量を足したい場合や、風味を抑えたい場合などに活躍します。取り入れやすいですが、本来の生姜の繊維が細かくなってしまうという難点があります。

生姜の千切りは料理に取り入れやすく、風味も残るので使いやすい切り方です。加熱することで繊維も食べやすく残ります。

1番おすすめの切り方は、生姜のスライスです。繊維が残り、皮を残せば成分の強い部分を取り入れることができます。煮付けなどのレシピに活用できます。風味は強く残り、直接の食べにくさはありますが生姜の効果を多く得られる切り方です。

Thumb生姜焼きの献立に迷わない!おすすめ主菜・副菜は?栄養やカロリーも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

生姜の味が苦手な方へ

栄養豊富で体に良く、たくさん取り入れたい生姜ですが、味や風味や苦手…という方が多いようです。

確かに、独特の味や香り、土っぽさなど気になってしまう場合があると思います。生姜は、料理などに取り入れ味付けすることで味は若干まろやかになります。

生生姜を取り入れる際は、香りもマイルドになり、味がまろやかになるような食品と組み合わせることで生姜独特の味や香りを抑えることができます。

例えば、ヨーグルト、豆乳、シソ、シナモン、にんにくなどです。特に生生姜で作るスムージーなどは、組み合わせは無限にあるので、好みの組み合わせを探してみてください。

生姜を取り入れる際は、すりおろしの汁だけを活用する方法もあります。生姜本体の使用を控え、汁のみを使用するだけで独特の風味は抑えられるのでおすすめです。生姜の効果もそれなりに期待できます。

Thumb生姜の栽培方法・育て方のコツは?植え方やプランターでのポイントも紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

チューブの生姜と生の生姜の違い

チューブ生姜は手軽で安く、活用しやすさがあります。生生姜は洗ったりむいたりだけでも手間ですし、大きいので消費しきらず、なかなか購入することはないかもしれません。

チューブ生姜と生の生姜の成分はさほど差はありません。チューブ生姜を購入する際のポイントは、国産ものかどうかということです。現在は国産の生姜を使用したチューブ生姜が販売されています。国産のものはより安心して使用できます。

生生姜はチューブ生姜と違い、防腐剤・保存料などはもちろん含まれていません。より安心して利用できます。また、生姜成分の効果効能をより期待できるのは乾燥生姜です。活用理由や方法に合わせて、生姜の状態も選びたいものです。

Thumbはじかみ生姜の正しい食べ方は?名前の由来・食のマナーについて紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

栄養豊富な生姜と美

生姜は女性にとって嬉しい効果効能をもった食品です。正しく取り入れることで、女性を輝かせる成分が多く含まれています。

肩こり、頭痛、冷えの解消、代謝を高めるなど、様々な効果効能を紹介してきました。抗酸化作用のあるショウガオールは、アンチエイジングに欠かせません。ジンゲロールは、脂肪の蓄積をおさえる効果があることも分かってきました。

生姜は、ダイエットや女性の美のための効果効能が期待できるスパイスなのです。美味しく生姜を取り入れて、もっとキレイで健康な体を目指しましょう。

Thumb生姜焼きの献立に迷わない!おすすめ主菜・副菜は?栄養やカロリーも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

栄養豊富な生姜のまとめ

いかがでしたか?身近にあるスパイスである生姜によって、様々な効果効能が得られます。古来より様々な方法で用いられてきた生姜のパワーは絶大です。

今の自分の体調や状態によって、生姜を取り入れることでどう良くしたいか、自分の体と向き合うことも重要です。

手軽で簡単に始められる生姜を日々の生活に取り入れて、元気に輝く明日を実現させましょう。自然由来の賢く優しい生姜パワーで、より健康で美しい日々になること間違いなしです。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ