大根の黒い斑点や筋の原因は?皮や中身は食べられるのか調査!

買ってきた大根、家で育てていた大根をふと見れば黒い反丹が付いている事ありませんか?それを見て「え?腐っていたの?」と困惑する人も多いと思います。しかし、じつはその黒い筋や反丹は悪いものではないのです。しかしやはり黒いと虫がいる?皮を取れば食べれるの?と色々不思議に思う事があると思います。そこで今回その大根の表面や皮に出てきた黒い反丹について細かく調べてきたのでご紹介しましょう。

大根の黒い斑点や筋の原因は?皮や中身は食べられるのか調査!のイメージ

目次

  1. 1買ってきた大根に黒い反丹がある
  2. 2大根の黒い反丹や筋の正体
  3. 3大根の黒い反丹や筋は食べれるものばかりではない
  4. 4大根に黒い反丹や筋があっても食べれる
  5. 5黒い反丹や筋がない大根の見つけ方
  6. 6大根にある黒い反丹や筋と黒カビの見分け方
  7. 7黒い反丹や筋が大根の表面や皮にあっても美味しく食べる方法
  8. 8黒い反丹や筋が気にならない大根料理をご紹介
  9. 9黒い反丹や筋が大根にあっても虫はいない?
  10. 10大根の黒い筋は食べても大丈夫

買ってきた大根に黒い反丹がある

スーパーで大根を買ってきた時、外見は白くてもふと表面を見れば黒い反丹や筋みたいなのがあったりします。しかし気にならない人はそれほど気にしないのですが、中には包丁で切った途端、中に黒い筋や反丹があったり、外の皮からでは分からないけど、皮をめくってみれば裏側に黒いのがあったりして困ったことがありませんか?また家庭菜園で始めた大根にも同じような症状がでてショックを受けた人もいるはずです。

実はこの大根の黒い筋や黒い反丹があると捨てないとと思います。しかしそもそもその黒いものの正体をご存知ですか?その正体を知らないまま捨ててしまっては買った時のお金も無駄ですし、また中には青くなっていたりするものもあります。そもそも切らないと分からない中や皮の裏側などに出来ていると何かの虫がいるんじゃないの?と思いますよね。そこで大根の表面にも出てくる黒い奴の正体について触れてみようと思います。

Thumb大根おろしの効果効能についてまとめ!胃腸や免疫力アップの万能食材? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

大根の黒い反丹や筋の正体

そもそもその黒い反丹や筋の正体はいったい何か知りたくありませんか?大根は真っ白のイメージがあるので余計に黒いものは悪く見えることがあります。そこでその大根についている黒いものの正体について触れてみたいと思います。しかしそもそも表面や皮を見ていると白いはずの大根がどうしていざ切ってみると黒い筋や反丹が表面等に出てくるのでしょうか。それには意外な理由があったのです。大根の旬と深く関係があるのです。

そもそも大根の旬は11月から2月の間と言われています。寒い冬の季節にまさしくおすすめと言われている野菜です。寒い季節だからこそ気を付けないといけないのが大根の保存方法です。それについては後程少しだけ触れますが、その保存方法を間違えてしまうと表面や皮、そして中に黒いものが出来てしまうのです。保存を間違えるだけで大根の表面等に出てくる黒い筋や反丹の正体とはいったい何でしょうか?次に紹介していきましょう。

大根の黒い反丹や筋は食べれるものばかりではない

大根の黒い筋があっても病気の時もある

寒い時期だし、大根の煮物でも作ろうかなと思って切った矢先に出てくる黒い筋や反丹の正体。それは主に2つのものだと考えられています。しかしその前に一つだけ言っておきます。黒い筋や反丹があるからと捨てる必要はありません。それはそのまま食べること出来るので大丈夫です。しかし同じ黒いものでも黒カビというのも大根にあるので、その区別の仕方も後で紹介します。まずはこの大根に出来た黒い正体について触れます。

大根に出てくる黒い筋の正体のその1は「水晶現象」です。これは主に購入後によくある保存方法のミスで起きることです。いわば保存状況が悪い時に起きるのですが、切った時にしかわからない事が殆どです。表情として断面がリンゴのような蜜入りな状態になり透明から紫に変色した場合はこれに当たります。しかしだからと言って食べれない訳ではないので大丈夫です。気になる人はその部分だけどけて食べるといいでしょう。

もう一つの黒い筋の正体として疑うべきは「青あざ症」本来の病名は「ダイコンバーティシリウム黒点病」です。これは、大根を輪切りにしたときに黒い筋が放射状に入っていたり、皮のすぐ下を輪状に入っていたりするものです。その為に切った時出ないと分からない為に、農家さんでも気づかない病気ともいわれています。原因は大根が栽培された土壌中のカビで、暖かい所での栽培の大根によく見られます。これももちろん食べれます。

大根に黒い反丹や筋があっても食べれる

黒い反丹や筋が中や皮そして表面にあってその正体がそれぞれ分かった所でやはり気になるのは食べれるか?という事です。先ほど正体の所で話した通り、食べることは出来ます。特に青カビ症と言われているのもカビではありますが、人外への影響はほぼないと科学的にも証明されています。それでも気になる方には後半でご紹介するレシピを参考に活用して頂ければと思います。

ここでちょっとだけ触れると実は水晶現象は防ぐ方法はあります。そもそも水晶現象は保存方法によって出来る病気なので、こちらが正しい大根の保存方法を知ってれば大丈夫なのです。そこでおすすめな保存方法があります。冷凍保存です。冷凍保存をすれば水晶現象はまず起きないのです。そもそも旬が11月~2月の野菜なので、買ったらすぐに冷凍室に入れる方が大根としてはいいのです。保存は0~5度の低温保存がベストです。

また低温保存であれば日持ちしやすいですが大きい大根だと冷蔵庫に入らないというのであれば料理に合わせて先に切っておくといいでしょう。もう一つは新聞紙で包む保存方法です。カットされた大根の場合はラップでしっかり包んで冷蔵庫で立てて保存しておけば日持ちはばっちりです。それだけでも冷蔵保存した大根の保存期間は2週間~1ヵ月です。しかし冷蔵庫保存なので早く使う事をお勧めします。

黒い反丹や筋がない大根の見つけ方

しかし折角買ってきた大根に黒い反丹や筋があると「無駄遣いしちゃった」とがっかりしたくなります。できればスーパーで買う時に黒い反丹や筋がないのか見極めたいところです。しかし、この黒い筋や反丹は殆ど切ってみないと分からないぐらい外見からは見つけにくいものです。手に取ったものがダイコンバーティシリウム黒点病なのか青あざ症なのかわからなくなります。ではもしあった場合どうすればいいのでしょうか?


スーパーで売られている大根は大半画像のようになっているので、買ってみて切らないと分からない事が多いです。しかしそんな黒い筋や反丹を気にせずに買うことが出来る方法があります。それは丸ごと一本の大根を買うのではなく、1/2や1/3にカットされた大根を購入すればいいのです。最初から切り口が見えている大根であれば一目瞭然で分かります。さらに最初からカットされているので冷蔵庫や冷凍保存もしやすいです。

大根にある黒い反丹や筋と黒カビの見分け方

大根の黒い筋と黒カビは全く違うもの

所で中を切ってからしかわからない大根の黒い筋や反丹ですが、中には注意がいるものがあります。それは、黒カビと呼ばれるものです。同じ黒い筋や反丹でもこれは大根の中や皮を向いた時に出てくるのですが、青あざ症や水晶現象と違い、1か所に固まって出ている事があります。その黒カビは青あざ症のカビと違い、人体に影響を及ぼすもののカビなので、見つけた場合は即排除するべきです。黒カビは画像の様に固まっています。

また上の画像のような皮の部分だけにカビが見られたり、表面が白くても中を切れば黒カビのようなものがあったりします。その時はその大根は絶対口にしないようにしてください。また皮の表面や、表面に近いブブが変色をしていた利、異臭がしたり、触ったらブヨブヨに柔らかい時や汁が出てぬめぬめしているような大根も黒カビが原因で痛んでいる事があります。必ずその時はすぐに食べずに捨てるようにしてください。

黒い反丹や筋が大根の表面や皮にあっても美味しく食べる方法

黒カビと水晶現象そして青あざ症の違いが分かった所で、料理の仕方についてお話をしたいと思います。この後に5つほどのレシピをご紹介しますが、基本的に水晶現象や青あざ症になった大根は大根おろしや大根サラダといった生もので食べるのには向きません。なぜならば黒い部分は苦みがあったり、硬くなっている事が殆どの為です。となれば使い道は限られています。折角買ってきた大根なのでやはり食べれるようにはしたいです。

 

生もの以外であれば水晶現象の大根も、青あざ症になった大根もだべることが出来ます。一番おすすめは煮物系です。おでんやぶり大根、豚の角煮など、煮て食べるとそれらの味がしみ込んで気になることもないですし、お汁によっては水晶現象や青あざで黒くなった所に色がつくので目立たなくなります。また一番簡単なものでいうならば、味噌汁の具に使うといいでしょう。さて次からその煮物系を中心としたレシピを紹介します。

黒い反丹や筋が気にならない大根料理をご紹介

大根の黒い反丹や筋が気にならない大根レシピ①

黒い筋や水晶現象になった大根を使った煮物レシピの一つ目は豚の角煮です。もちろん角煮じゃなくても、豚の煮物でも全然使えます。作り方はいたって簡単です。豚の角煮のレシピ通りに作ればいいだけです。豚の角煮は醤油で味を調えるので、水晶現象が青あざでついた色が殆どわかなくなります。煮物料理としても作り慣れている人も多いので、ぜひおすすめしたい料理の一つです。

大根の黒い反丹や筋が気にならない大根レシピ②

次におすすめするのは大根と黒豆の炒め物です。こちらは見た目でごまかすことが出来る料理です。大根と黒豆なので、黒豆を少し多めに入れたり、味をちょっとコクしておけば水晶現象や青あざに気づく事はほぼありません。また栄養価的にも黒豆は栄養があるので、見た目的にもごまかせられます。また黒豆や大根だけではなく、ほうれん草なども入れてみると美味しいかもしれません。味付けは醤油で作られています。

大根の黒い反丹や筋が気にならない大根レシピ③

次に紹介するのはたまねぎと大根の炒め物です。白いもの同士なので、水晶現象や青あざ症の大根を使うには向かないんじゃないの?と思う方が多いですが、レシピは簡単に言えば肉じゃがのじゃがいもを抜いたレシピと同じです。なので醤油の味付けで煮込んでいるのでほぼ色は味付けによって隠れるのでおすすめできます。もちろんこれで肉じゃが作っても大丈夫です。煮物系は殆ど味付けが醤油なのでごまかすのにもってこいなのです。

大根の黒い反丹や筋が気にならない大根レシピ④

次に紹介する大根レシピは、焼き大根です。焼いているので水晶現象や青あざ症の色はほぼ気にならないぐらい大丈夫だと言っても他言ありません。そもそも焼き色ですでに期なっている色が殆ど消えてくれるのですが、味付けとして醤油を使うので、更に隠れるのでほぼ普通の大根を使ったように見えます。焼き大根は子どもたちでも食べやすい料理なのでぜひ作ってみてください。からしを付けてみると美味しいかもしれません。

大根の黒い反丹や筋が気にならない大根レシピ⑤

最後に紹介するレシピは大根の漬物です。ここまでいくつかのレシピを紹介して気づいた方もいると思いますが、色がきになるのであればその色を隠す料理を作ってしまえばいいのです。基本的に黒カビ以外の黒い筋や反丹であれば食べることは可能なので、見た目の色さえ誤魔化してしまえばわざわざ捨てる必要もありません。漬物もできれば画像のような漬物のほうが安心できると思います。濃い味付けをすれば殆ど気になりません。

黒い反丹や筋が大根にあっても虫はいない?

ここまで黒い筋や反丹の大根でも使えれるレシピをご紹介してきました。所で大根にも害虫と呼ばれる虫がいることはご存知ですか?今は無農薬の農家も増えています。その為にどうしても虫はついてきます。殆どは農家の手によって排除されてはいるものの、やはり中には大根の中に入っていたりします。しかし害虫とは言っても人間に害はありませんし、いたからと捨てる必要はありません。だけどこんな虫がいるという知識は必要です。

家庭菜園で大根を作っていればほぼ見かける虫がいます。それが画像の虫です。この虫の名前はカブラハバチという蕪葉蜂の幼虫です。殆ど大根よりは大根葉にいることが多い虫なので、家庭菜園をしていると8割は見かける虫です。その時はすぐに大根の葉から取り除いておけば大丈夫です。スーパーで買う時にはほぼいません。菜園の段階でいることが多い虫です。ちなみに親の顔は分かりませんが蜂にはなるので早めに排除がいります。

次に大根にいる虫としているのがアブラムシです。アブラムシは葉物系の家庭菜園を含めしていると殆どが見かけます。主に大根の葉の裏に大量発生します。その為に農家さんでも出来る限り気を付けてはいますが、たまにスーパーでも出回ることがあります。また白い点々もアブラムシの脱皮した後です。ほっておくといろんな病気を持ってくるので牛乳スプレーや外敵のてんとうむしを置くなどするとほぼいなくなります。

大根の黒い筋は食べても大丈夫

大根の黒い筋や反丹の正体が分からずいままでもやもやしていた人もこれですっきりしたと思います。しかし黒カビや虫の影響もあったりします。なので必ずしも安全とは限りません。しかし、大根は栄養価が高く冬場にはぜひ食べたい野菜です。しっかりその知識を持っている事で慌てることもなく、こうすればいいんだと自分の中で割り切ることもできると思います。やはり無知ほど恥ずかしいものはないと思います。

黒い筋や反丹が中を切らないと分からないというのもまた難儀です。それでもやはり一本買いたいという人はそこを気にしない事が一番です。もちろん黒カビとの違いはしっかり見てください。心配な方はカットしてある大根を購入するのが自分的にも落ち着くと思います。大根の買い方は人それぞれですし、受け止め方も色々あります。自分が一番安心できる形で大根の購入を決めてください。ここはあくまで一つのアドバイス場所です。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ