キウイの効果・効能に注目!効果的に食べるなら朝と夜のどちらが良い?

キウイは健康につながる果物として知られており、美容や美肌、デトックスなどへの効果・効能が期待できるとも言われています。さまざまな栄養素が豊富に含まれているキウイですが、具体的にはどのような効果が期待でき、その効果を引き出すためにはどんな食べ方が良いのでしょうか?キウイの効果を引き出すために知っておきたい朝・夜や食前・食後のどちらに食べるのがよいのかなどの気になる食べ方の疑問点と効能を掘り下げます。

キウイの効果・効能に注目!効果的に食べるなら朝と夜のどちらが良い?のイメージ

目次

  1. 1キウイの素晴らしい効果効能に注目!
  2. 2キウイの効果的な食べ方
  3. 3キウイはドライフルーツにすると効果が倍増!
  4. 4キウイを食べて健康をサポートしよう!

キウイの素晴らしい効果効能に注目!

キウイはさまざまな効果効能が期待できるフルーツと言われていますが、具体的にはどのような成分が含まれておりどのような効果が期待できるものなのでしょうか?美肌やデトックスに役立つだけでなく病気予防にもなると言われているキウイの働きを具体的にチェックしましょう。

ビタミンC・ビタミンEによる美肌と美容効果

キウイに期待できる効果効能としてはまず、ビタミン類による美肌・美容への影響が挙げられます。ビタミンCはシミやそばかすができるのを防ぐ働きがあるとされ、美白・美容の手助けをしてくれる成分です。また、ビタミンCには活性酸素の働きを抑制する働きも期待できるために、老化による肌への影響をおさえることにもつながります。

またキウイに含まれるビタミンEも若返りに関わるビタミンと呼ばれているほどであり、肌のツヤやハリなど若々しさや肌の健康を守るのに役立つ栄養素となっています。これらの栄養素を加熱によって失わずに食べられるのがキウイのよいところでしょう。

食物繊維によるデトックス効果

また、キウイには食物繊維も豊富に含まれています。キウイには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方がバランスよく含まれており、なんとキウイ一個あたり3gもの食物繊維があるとされています。他の果物に比べても多いこのキウイの食物繊維は、整腸作用・便秘予防やデトックスの効果を発揮してくれるキウイの重要な栄養素のひとつです。

身体の老廃物を取り除くことはダイエットにおいても美容においても重要であり、この食物繊維によるデトックス効果が期待できることも、美容への意識が高い人がキウイを食生活に取り入れる理由のひとつとなっているようです。便秘やそれに伴う肌荒れに悩んでいる人にも、キウイはおすすめなのです。

カリウムは高血圧やむくみ予防に

むくみというのはどうしても気になってしまうものですが、キウイに含まれるカリウムは体内に蓄積した塩分を排出する働きがあるため、塩分の多い食事をする機会が多い人のむくみ予防にも役立ちそうです。また、塩分の調節というのは血圧にも関わるので、カリウムが豊富なキウイは高血圧の予防にも繋がるでしょう。

現代人の食事というのはどうしても塩分を多く摂取してしまう傾向にありますが、そんな現代人の食事においてはカリウムなどの栄養素を積極的に摂取することも重要です。キウイの中でもカリウムは特にゴールドキウイに豊富であり、一個あたり315mgほどが含まれています。

アクチニジンは消化をサポート

キウイに期待できる効果効能の中でも、キウイ特有のものとして知られているのがアクチニジンという成分の働きです。アクチニジンはタンパク質分解酵素の一種であり、消化をサポートする働きがあるようです。この栄養素の働きを借りれば胃が弱っているときに消化を楽にし胃もたれなどを予防してくれることでしょう。

このアクチニジンを摂取する際の注意点としては、加熱によって失われてしまう成分のためにキウイを生で食べることが重要ということが挙げられます。キウイならではの効果効能を発揮させるためにも、ぜひアクチニジンが活性化した状態の生キウイを楽しんでみましょう。

ポリフェノールでアンチエイジング効果

キウイは美容やデトックスによい果物と言われていますが、アンチエイジングの効果効能も高いとして注目を集めています。野菜や果物に含まれているポリフェノールはアンチエイジングに役立つ代表的な成分として知られていますが、ポリフェノールは体内で過剰に発生してしまった活性酸素を除去する働きがあります。

キウイにはビタミンCやビタミンEなどのビタミン類も豊富に含まれていますが、これに加えてポリフェノールも豊富なためにアンチエイジング効果が高く美容の維持などにも役立つようです。朝・夜などキウイを食べるタイミングは人それぞれですが、キウイを長期的に食べ続ける美容へのメリットは案外多そうです。

有機酸には疲労回復効果

なんとなく疲れているときには果物を食べたくなるものですが、キウイフルーツを食べることは疲労回復にもつながるとされています。果物に多く含まれている有機酸ですが、キウイフルーツにもクエン酸などの代表的な有機酸だけでなくリンゴ酸やキナ酸なども含まれています。

これら有機酸には筋肉を使用するときに生成される乳酸の抑制や鉄分の吸収効率アップなどの働きがあり、スポーツをした後にキウイフルーツを食べるメリットも多いと言えそうです。デトックスや美容を意識する女性だけでなく、スポーツをよくする男性にもキウイの恩恵はありがたいものでしょう。

葉酸は貧血防止に効果的

キウイにはさまざまな栄養素が含まれており総合的に美容に役立つものですが、そんなキウイに含まれる成分の中でも特に女性にとって嬉しいのが、葉酸です。葉酸が不足すると貧血になりやすくなると言われていますが、葉酸は造血に不可欠な成分であるとともに特に妊娠中は多くの葉酸を必要とするものです。

葉酸はほうれん草やレバーなどにも多く含まれていますが、加熱するとどうしても失われやすくなってしまいます。そのため加熱することなく生のままで美味しく食べられるキウイは、葉酸を特に効率的に摂取しやすい食品として重宝することになるでしょう。

キウイの効果的な食べ方

キウイにはビタミンやポリフェノールなどの栄養素が豊富であり、肌・美容やデトックス効果が期待できるだけでなく、長期的にみた健康への影響も少なくないようです。そんなキウイの効果を引き出すためには、食前食後などの食べるタイミングや食べ方やも重要だと言われています。果たしてキウイの効果を引き出すための食べ方とは何なのでしょうか?

食べるのは朝と夜のどちらがおすすめ?

キウイは栄養満点でさまざまな健康への作用が期待できそうですが、食べ方としては朝と夜のどちらに食べるのが望ましいのでしょうか?朝食として食べるのも美味しい上に夜にデザートとして食べるのもよさそうなキウイですが、実は朝キウイにはキウイのソラレンという成分により紫外線の影響を受けやすくなってしまうというデメリットがあります。

そのため朝にキウイを食べる習慣が続くと外出した際にシミができやすくなってしまうとも言われているので、要注意です。一方で夜にキウイを食べることは翌朝のお通じをよくしたり寝ている間の美肌・美容の恩恵を受けやすかったりというメリットがあるので、肌のためにもキウイの食べ方としては朝よりも夜に食べることを心がけましょう。

食前と食後ではどちらがおすすめ?

朝と夜のどちらかということの他にキウイの食べ方として気になるのが、食前と食後のどちらに食べるのがおすすめかということでしょう。キウイにはお伝えした通り食物繊維が豊富に含まれていますが、食物繊維を食前に摂取しておくことは食後の血糖値の急上昇を防ぐことにつながります。また、食前に食物繊維を摂取することは食べ過ぎを防ぐことにもつながります。

そのため、食後の仕事の効率アップやダイエットのサポートのためにも、キウイの食べ方として食前と食後であれば食前の方がおすすめと言えるかもしれません。もちろん食後に食べてもキウイの健康へのさまざまな恩恵を受けることができますが、ダイエットを実践している人などは、食後よりも食前に食べる食べ方を意識してみましょう。

キウイの栄養素を摂取したいなら生で!

美肌のためにもその他の健康のためにも、朝・夜あるいは食前・食後というキウイを食べるタイミングはぜひ意識したいものですが、タイミングだけでなくキウイの栄養素を摂取する上で意識したいのは生で食べるということです。ここまでお伝えしてきた栄養素の中にはビタミン類を中心に加熱によって失われてしまうものも少なくありません。

さまざまな成分がバランスよく含まれており多角的な健康への影響が期待できそうなキウイですが、あくまでそれは生のままキウイを摂取した場合だと言えます。幸いなことにキウイはそのまま食べるだけでも美味しいですし、ヨーグルトに混ぜたりサラダに混ぜたりと、生のままのアレンジレシピもかなり簡単に楽しむことができるでしょう。

キウイの効果を活用したダイエットも

健康のためにキウイを食生活に取り入れる人は案外少なくないものですが、そんなキウイの効果効能を活用してダイエットを行ってみてはいかがでしょうか?近年ではなさまざまなダイエットが存在しますが、キウイを取り入れたダイエットは食前にキウイを食べ水も一緒に摂取するだけの簡単なものです。また、間食としてお菓子類ではなくキウイを食べるのもキウイダイエットの一つです。

キウイを水と一緒に摂取することで食べ過ぎを防ぐことができますが、キウイダイエットは厳しい食事制限などを行う必要がないメリットもあります。夜に食べたり食前に食べたりという効果的な食べ方を実践し、ぜひキウイダイエットで成果を出してみてはいかがでしょうか?

グリーンキウイとゴールドキウイを食べ分ける

ダイエットやデトックスにもつながるというキウイは食後よりも食前に食べるのがおすすめなようですが、キウイには主にグリーンキウイとゴールドキウイの2種類が存在することも意識しておきたいところです。グリーンキウイとゴールドキウイではゴールドキウイの方が糖度が高く味にも違いがありますが、成分的にはゴールドキウイにはビタミンCやカリウムがグリーンキウイより豊富という側面があります。

一方でグリーンキウイはバナナ3本分もの食物繊維が含まれているとされ、便秘解消などに役立ちやすいキウイだと言えます。もちろんビタミン類も豊富ですが、グリーンキウイとゴールドキウイのこのような成分の違いに着目し、美肌やデトックスなど目的合わせて食べ分けるのも健康へのメリットを最大化させるポイントです。

キウイの効果を高める食材

デトックスなど健康へのキウイの効果を高めたい場合には、他の食材の組み合わせも重要となります。キウイはヨーグルトとの相性がよく、便秘解消やデトックスにはヨーグルトと組み合わせるのがおすすめです。また、美肌効果を高めたいのであれば鶏肉と組み合わせるのもおすすめです。鶏肉と組み合わせることでタンパク質やコラーゲン補給になるとともに、キウイとのビタミンのバランスをとることができます。

キウイの味付けで鶏肉を楽しむのもおすすめですが、キウイは玉ねぎやピーマンなど野菜類との相性もよいと言われています。玉ねぎの硫化アリルやピーマンのβカロテンなどの栄養素とキウイの成分を組み合わせることで、より効率よく美容の効果などを引き出すことができるでしょう。

キウイはドライフルーツにすると効果が倍増!

ここまでキウイの効能とその効能を引き出すための食べ方などもチェックしてきましたが、キウイはドライフルーツにすることでその作用が倍増するとも言われています。ドライフルーツは間食などにもぴったりですから、キウイをドライフルーツで食べることのメリットも要チェックです。

ドライフルーツにすることで得られる効果

キウイをドライフルーツにすることで、生のキウイを食べる際の体を冷やしてしまうというデメリットを避けることができます。また、ドライフルーツであれば皮や種なども含めキウイの栄養を余さず摂取することができ、より効率的にその恩恵を受けることができます。

また、キウイをドライフルーツにすることで持ち運びも楽になり小腹が空いたときに気軽に食べることができるだけでなく、少ない量でも簡単にキウイの効果を引き出すことができます。そのため、効率よくキウイの健康への影響を受けたいという人には、ドライフルーツがおすすめなのです。

キウイをドライフルーツにする方法

キウイをドライフルーツにする方法は案外簡単です。キウイのドライフルーツは電子レンジでも簡単に作ることができ、薄めの輪切りにしたキウイを皿に並べて加熱し、水分が飛んで乾いた状態になったら完成となります。電子レンジであれば数分でもできますが、オーブンでも30分程度丁寧に焼き上げて作ることもできます。

このようにして作ったドライフルーツは密閉容器などに入れて保存しておくとよいでしょう。あとは好きなタイミングで食べるだけとなりますが、水分がしっかり抜けて入れば1ヶ月以上もつこともあるので、丁寧に水分を飛ばして作り、間食などとして楽しんでみてください。

キウイを食べて健康をサポートしよう!

今回は、キウイの栄養素・効果と食べ方について掘り下げてきました。キウイはビタミンCやビタミンEが豊富なだけでなく食物繊維も含まれており、美肌・美容への総合的な効果が期待できそうです。また、ポリフェノールによる老化防止や葉酸の貧血防止など、他にも健康へのよい影響が期待できると言われています。

そんなキウイは、朝と夜であれば夜に、食前と食後であれば食前に食べる食べ方の方がそのメリットを得やすいとも言われています。そんな食べ方も意識して、ぜひキウイをさまざまな形で少しずつ食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか?

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ