ブドウ糖の効果と持続時間は?勉強やスポーツに必要な食べ物を紹介!

最近、森永ラムネがビジネスマンや、受験生の勉強にいいらしいと聞いたことや、糖尿病患者にもオススメらしいと聞いたことはありませんか?店頭の目立つところにも並べられるようになっています。なぜ、駄菓子の森永ラムネが注目されているかというとカギはブドウ糖です。私たちにかかせないブドウ糖が90%含まれていて、効果もてきめん、なおかつ安全なのが要因です。でも以外に知っているようで知らないブドウ糖、何で、どんな効果がどのくらいの時間持続するのか?ブドウ糖を活用できるよう説明します。

ブドウ糖の効果と持続時間は?勉強やスポーツに必要な食べ物を紹介!のイメージ

目次

  1. 1ブドウ糖の効果について知りたい!
  2. 2ブドウ糖について詳しくなろう
  3. 3ブドウ糖の効果や持続時間は?
  4. 4ブドウ糖は勉強やスポーツにうれしい効果がある
  5. 5ブドウ糖を効果的に摂取しよう!

ブドウ糖の効果について知りたい!

最近、じわじわとビジネスマンや受験生などにも人気の、森永ラムネにふくまれているブドウ糖。知っているようで、なぜ人気になっているのかときちんと知っていない人は以外にも多いのではないでしょうか?じわじわ広まっている理由は、効果がはっきりしていることと、安全かつ即効性があるからです。どんな効果があるかをしっかり知って生活にどんどん役立てましょう。

ブドウ糖について詳しくなろう

効果のたくさんあるブドウ糖ですが、ばくぜんと名前と、効果があるらしいくらいしかしらない人が多いのも事実です。詳しく知れば、効果のある使い方ができますが、どうゆうものかを知らないで摂りいれても、効果の半減する使いかたをしてしまっているかもしれません。ブドウ糖について詳しく知って、効果の高い使い方をしましょう。

ブドウ糖とは?

ブドウ糖は別名グルコースともいいます。ぶどうなどの果実や、はちみつなどにおおく含まれている単糖類の一種で、分子が小さいのでそのまま小腸で吸収され、体のエネルギー源として即効性にすぐれています。筋肉を正常に動かすためにかかせないもので、なかでも、脳はブドウ糖のみをエネルギー源として通すので、脳の活動つまり私たちが活動するためにブドウ糖は絶対に欠かすことのできない唯一のエネルギー栄養素です。

人は、一日なにをしなくても、およそ260g、脳だけでも一日に120gものブドウ糖を消費します。運動や勉強などをするとさらに消費されるので、そんな時補給することは大切です。また脳はブドウ糖を蓄えることができないので、特に起床後の朝はブドウ糖が不足しています。

ブドウ糖が不足するとどうなる?

よく聞く「低血糖」とは体にブドウ糖が不足したためにおきます。脳は、二酸化炭素を使いブドウ糖をエネルギーにしています。そのため、ブドウ糖が不足すると脳がうまく動かず集中力や、思考能力の低下が起き、イライラしたり、集中力が低下したり、仕事や勉強、精神面でも影響します。ブドウ糖を摂ることはとても大事です。

ブドウ糖が欠乏すると命の危険にもかかわります。糖質制限をしすぎると、血中に脂質が代謝されることでケトン体という物質が増えて、体が酸性に偏り意識障害を引き起こしかねません。また、アルツハイマー型認知症では、脳にブドウ糖を上手に取り込めなくなり、脳が機能できなくなってしまいます。ブドウ糖を摂ることはとても大切といえます。

ブドウ糖の効果や持続時間は?

ブドウ糖を積極的に摂ることで、とてもうれしい効果があります。それは、ブドウ糖が唯一の脳のエネルギー源のため、低血糖状態のときなどに必ずブドウ糖が必要なものだからです。ただ、いくら効果があるといっても持続時間などをキチンと知っていないと、せっかくの効果が半減してしまいますから、ブドウ糖についてきちんと知っておくことは欠かせません。まず、うれしいどんな効果があるでしょうか?
 

ブドウ糖の効果

まず、働いているひとにうれしい効果の一つに、「集中力や記憶力のアップ」があります。ブドウ糖=脳のエネルギーという点に着目し、企業によっては、働き方改革の一環としてオフィスのいたるところに、森永ラムネがおいてあるところさえあります。

また仕事中だけでなく、ドライブ中にも疲れて集中力が欠けぼーっとしてくるときにも、ブドウ糖を補給すると脳が回復し安全運転につながります。コーヒー×ブドウ糖も相乗効果でドライブにオススメです。

さらに、「二日酔いにも効き」ます。お酒を飲みすぎると、肝臓がアルコールの分解に忙しくなるため、低血糖の症状をひきおこしています。それでブドウ糖を摂ることで二日酔い解消の助けになります。

糖尿病患者さんが、血糖値を下げるために薬やインスリン注射をしたときに、副作用で低血糖の症状が起きてしまった時のために、吸収が早く即効性のあるブドウ糖を携帯することを進めているお医者様もいます。

女性にとってもブドウ糖は「ダイエットに効果的」です。ブドウ糖は砂糖よりもカロリーが低く、空腹を感じたらブドウ糖を少し摂るだけで、血糖値がアップして脳の空腹感が解消され、間食防止になります。またブドウ糖を摂ることで、疲れている脳が回復するためイライラがなくなったり、リラックスできるようにもなります。ダイエットに上手に活用したいです。

最近夏になると連日耳にする「熱中症対策にも有効」です。大量に汗をかいて、水分と塩分を補給するときにブドウ糖を一緒に摂ると、塩分だけのときよりも腸に素早く吸収され、なおかつ水分吸収も早くなります。ブドウ糖で水分、塩分を素早く体に補給できるので、熱中症対策にブドウ糖を使って夏を乗り切りたいものです。

ブドウ糖の効果時間はどのくらい?

ブドウ糖は単糖類と言ってこれ以上分解されない単位の分子のため、吸収されるのは早く、摂取してから15分から30分で現われます。ただ、効果は2時間から3時間しか持続しないため、一度摂ればよいのではなく、こまめに摂ることが必要です。

ブドウ糖は勉強やスポーツにうれしい効果がある

ブドウ糖を上手に摂ることで、先にあげた効果のほかにも、勉強やスポーツやトレーニングの効果をアップさせる効果があることも知られています。いろいろな研究結果をみると、その効果は高く、是非勉強やスポーツをするときに役立てたいものです。

ブドウ糖は脳の大切な栄養分

脳にとってブドウ糖は絶対にかかすことができません。どうしてかというと、脳は血液中の栄養素のなかからブドウ糖だけをエネルギー栄養素として通すからです。脳の活動には、ブドウ糖が唯一のエネルギー源になります。体は休んでいても脳は休みなく一時間あたり5gのブドウ糖を使っていますが、脳はエネルギーを貯蔵できません。勉強や仕事などでたくさん頭を使ったときはブドウ糖を補給してあげましょう。

ブドウ糖で勉強の集中力アップ

文部省のデータでは、朝食を食べる習慣のある学生ほど学力調査の正答率が高いことがわかっていますが、これは、朝に食事で脳のエネルギーであるブドウ糖をとっていることが関係していると考えられています。空腹時にイライラしたり、思考力が鈍るときは脳に十分な糖が補給されていない可能性があります。ブドウ糖で脳のエネルギー補給をすることで集中力を高めましょう。

ほかにもイギリスの教授の研究から、ブドウ糖を摂ると、記憶力を高めたり注意力や忍耐力を必要とする作業の効率をアップさせることもわかっています。これは、ブドウ糖を摂ることで脳神経の伝達物質の生成が高められるためと考えられていて、効果は若い人より中高年に出やすいとなっています。ブドウ糖でビジネスマンの仕事効率化アップができそうです。

ブドウ糖はエネルギーの補給にも役立つ

ブドウ糖は吸収がはやいので、エネルギー補給にも最適です。スポーツやトレーニングをしていて筋肉が疲労した時には糖質の素早い栄養補給は大事ですが、その点ブドウ糖を補給すると筋肉に素早くエネルギーが与えられて、トレーニングの効果がアップするというのはよく知られています。

ブドウ糖が摂取できる食べ物は?

ブドウ糖は、穀物やイモなどの炭水化物が分解されブドウ糖に変わります。それで三食をバランスよく摂っているなら極端に不足するということはありません。それでも、ダイエットや忙しくて食事を抜いたりしている場合はなかなかそうもいきません。最近はそんな現代人のために、ブドウ糖の粉末やタブレットタイプ、そして今人気のブドウ糖が主成分のラムネもあり、いざという時に摂取しやすくなっています。

ラムネは手軽にブドウ糖が摂取できる

森永のラムネが人気となっているのは、ブドウ糖90%のため効果的にブドウ糖が摂取できるからです。でも、ラムネなら何でもいいかというと、メーカーによってはブドウ糖がそれほどふくまれていないものもありますので注意してください。ラムネは、手軽に携帯しやすいですし、簡単に摂取できるのでオススメです。

一日のブドウ糖所要量は、約150g程度とされています。一時間あたり6.25g消費していることになりますが、ラムネ10粒でだいたい一時間のブドウ糖を摂ることになります。ただ、どんなに良いものでも食べ過ぎれば肥満につながりますので、自分で何個までと目安を決めることも大切です。

ブドウ糖を効果的に摂取しよう!

ブドウ糖の人気の理由がわかっていただけたでしょうか?ブドウ糖は、乳幼児や高齢者にも使える安全な食品です。さらに、医療現場でも点滴の材料として使われていて、副作用がほとんどありません。そして、即効があります。生活の様々なシーンでだれでも手軽に活用できます。ブドウ糖を摂って生活をいっそう充実したものにしたいものです。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ