ちゃんこ鍋を東京で食べるならここ!名店のおすすめランチとは?

おいしいちゃんこ鍋を食べることのできるお店が、東京にはたくさんあるものです。鍋といえば、ちゃんこ鍋が好きな人も多いのではないでしょうか?ちゃんこ鍋は数多くの野菜や肉・魚を一度にたくさん食べることができるおいしい料理です。ちゃんこ鍋は相撲部屋で作られている鍋のため、ちゃんこ鍋を食べられるお店は元力士が開いているお店が多いものです。今回は、東京でおいしいちゃんこ鍋を、ランチやディナーで食べることのできる、おすすめの名店を紹介します。

ちゃんこ鍋を東京で食べるならここ!名店のおすすめランチとは?のイメージ

目次

  1. 1ちゃんこ鍋の東京の名店で熱々鍋を囲んで楽しもう!
  2. 2ちゃんこってどんな食べ物なの?
  3. 3ちゃんこ鍋食べるならやっぱり両国!
  4. 4ちゃんこ鍋が美味しいお店は他にもいっぱい!
  5. 5ちゃんこ鍋が美味しい東京の名店へ行こう!

ちゃんこ鍋の東京の名店で熱々鍋を囲んで楽しもう!

ちゃんこ鍋はおいしい鍋の種類のひとつです。東京にちゃんこ鍋の店はたくさんあるため、東京でちゃんこ鍋を食べようと思ったときに迷ってしまう人も多いのではないでしょうか?せっかく東京でちゃんこ鍋を食べるのなら、おいしいちゃんこ鍋を食べたいものです。

ちゃんこ鍋は、肉や魚などのタンパク質だけでなく、数多くの野菜やきのこ類などをたくさん食べることがでるため、栄養バランスも良く、ランチやディナーにぴったりの鍋です。今回は、東京で食べることのできるおいしいちゃんこ鍋の名店を紹介します。また、合わせてちゃんこ鍋とはどういう鍋なのか、詳しく紹介します。

ちゃんこってどんな食べ物なの?

ちゃんこ鍋は有名な鍋ですが、そもそもどのような鍋のことを指すのか、具体的に知らない人も多いのではないでしょうか?せっかくちゃんこ鍋を食べるのなら、どんな食べ物のことなのか知っておきたいものです。ここでは、ちゃんこ鍋とはどんな食べ物なのかを紹介します。

相撲部屋の力士が作る手料理のこと

ちゃんこ鍋は力士が相撲部屋で作る鍋料理全般のことを指します。鍋の種類はその時の食材や、その相撲部屋により異なるものです。そもそもちゃんこという言葉は、力士が手作りする料理という意味があります。力士はさまざまな料理を作りますが、その中でも鍋が良く作られ、相撲部屋の料理といえばちゃんこ鍋というイメージが広まりました。

たくさんの食材を一度に食べられる!

ちゃんこ鍋の特徴は、野菜や肉・魚などさまざまな食材が一度にたくさん食べることができるところです。食事量の多い力士たちにとって、とても理に適った料理のため、良く作られるようになりました。また、味付けも塩や味噌、醤油などさまざまあり、カレーなどの一風変わった味付けもちゃんこ鍋にはあります。

ちゃんこ屋さんのほとんどが元力士が経営

ちゃんこ鍋は相撲部屋が発祥のため、ちゃんこ屋さんのほどんどは元力士が経営しているお店です。自分たちの食べていたちゃんこ鍋をもとにして、さまざまな味の本格的なちゃんこを提供しているため、一般の人でも本場のちゃんこ鍋がお店で気軽に頂くことができます。

ちゃんこ鍋食べるならやっぱり両国!

東京にはちゃんこ鍋を食べることのできるお店がたくさんあるものですが、特に東京の両国には、ちゃんこ鍋を提供しているお店がたくさんあるものです。ここでは、東京の両国にあるおいしいちゃんこ鍋の名店を紹介します。

陸奥部屋の本格ちゃんこは具沢山楽しい「ちゃんこ霧島」

相撲部屋のひとつである陸奥部屋の本格的なちゃんこを味わえるお店です。豚骨や鶏ガラを使用してとった出汁はあっさりとした味わいながらもコクがあり、たくさんの具材をひとつにまとめてくれています。ちゃんこ鍋は4320円のコースからあり、メインのちゃんこ鍋以外にも、旬の海の幸を使用した刺身や、味の良く染みたおいしい煮物、サクサクに揚げられた揚げ物など、おいしい料理を贅沢に堪能することができます。

個室も4名から利用可能で、席数も多く、宴会もすることができます。カウンター席や座敷、掘りごたつなどさまざまな席の種類もあるのが嬉しいポイントです。東京の両国駅から徒歩1~5分圏内にあり、営業時間は11:30から23:00です。

相撲一家が経営する味の種類豊富「相撲茶屋 寺尾」

元寺尾関のお兄さんが経営しているちゃんこの名店です。相撲一家が経営する味の種類が豊富なちゃんこ鍋は人気があり、おすすめのお店のひとつです。ちゃんこ鍋は2500円で、味の種類は塩、味噌、醤油、ポン酢の4種類あります。どの種類もおいしい食材とだしを味わうことができるので、何度も足を運んで違う味わいのちゃんこを食べたくなるものです。

ランチでもちゃんこを味わうことができます。ミニちゃんこ定食があり、800円でお手軽にちゃんこ鍋をいただくことができます。東京の両国駅から徒歩で3分の場所にあり、営業時間は火~金曜日はランチ11:30~13:30、ディナー17:00~22:00、土・日・祝日は17:00~22:00です。

両国のちゃんこ屋名店「相撲茶屋 ちゃんこ 江戸沢 総本店」

東京の両国にあるちゃんこ鍋の名店といえば「相撲茶屋 ちゃんこ 江戸沢 総本店」です。両国でおいしいちゃんこ鍋を食べたいときにこのお店を思い浮かべる人も多いものです。ちゃんこ鍋といえば夜にコースを提供しているお店が多いものですが、このお店はランチタイムでも本格的なちゃんこのコースを3300円でいただくことができます。

品数も7品と豊富にあり、お腹いっぱいにちゃんこを堪能することができるのでおすすめのコースです。前菜から始まり、サラダ、香の物、お手軽ちゃんこは鶏ちゃんこと鶏すり身が入っています。そして揚げ物、ご飯物、デザートというラインナップになっています。両国駅東口から徒歩2分の場所にあり、ランチタイムは11:30~15:00までです。

新鮮な海と山の幸がたっぷり「ととながし」

東京にあるちゃんこ鍋のお店の中でも人気のある「ととながし」は、両国駅から近く、アクセスしやすい場所にあります。ちゃんこ鍋の種類も7種類あるため、さまざまなバリエーションを味わうことができるのも魅力的なものです。このお店で提供されるちゃんこ鍋のなかでも人気のちゃんこ鍋は横綱ちゃんこ2630円です。

鶏肉、えびやかになどの魚介類、つくねなど、このお店の自慢の食材が全て入ったちゃんこを味わうことができます。定番のちゃんこ鍋をぞんぶんに楽しみたいときにおすすめの名店です。営業時間はランチタイムは11:30〜14:30、夜の営業は17:00〜24:00、土曜は15:00~24:00、日曜は15:00~23:00です。

こだわりの食材を使用「ちゃんこ照国」

東京の両国駅から徒歩1分のところにある「ちゃんこ照国」は、ひとつひとつの食材からこだわり抜いたちゃんこ鍋を味わうことができる名店です。店内は品のある和の雰囲気が漂っており、おしゃれな空間がよりいっそうちゃんこ鍋をおいしく感じさせてくれるものです。ちゃんこ鍋は4000円のコースからいただくことができます。

ちゃんこ鍋のコースでは、メインのちゃんこ鍋以外にも、おいしい一品料理や、鍋のしめを楽しむことができます。鍋のしめはうどんやきりたんぽ、中華麺の3種類の中からチョイスすることができるため、選択肢があるのもうれしいポイントです。営業時間は17:00~23:00です。東京の両国で王道のちゃんこ鍋を食べたいときにおすすめのお店です。

ボリューム感のある具材のちゃんこ鍋「ちゃんこ道場」

おいしいちゃんこ鍋を食べることもでき、相撲の雰囲気を感じることもできるのが「ちゃんこ道場」です。東京の両国といえば相撲のイメージがあるものです。その雰囲気を店内でも感じることができます。店内には有名な力士たちの若かりし頃の写真が飾られており、相撲ファンにはたまらない店内となっています。ちゃんこ鍋はしょうゆがベースで、奥深い味わいです。

ちゃんこ鍋は3500円のコースから楽しむことができ、種類は鶏、つくね、魚、鴨、つみれなどがあり、その中でも特に人気の横綱ちゃんこは魚や鶏を一度に味わうことができるちゃんこ鍋として人気があるためおすすめです。ちゃんこ鍋以外の一品料理も人気で、刺身は鮮度が抜群でおいしいと有名なものです。営業時間はランチが11:30~14:00、ディナーは17:00~22:00です。

味噌味ちゃんこ鍋がおいしい「ちゃんこ巴潟」

ちゃんこ鍋にはさまざまな味付けがあるものですが、その中でも味噌味のちゃんこ鍋が人気の名店といえば「ちゃんこ巴潟」です。東京の両国駅から徒歩3~6分程度の場所にあるちゃんこ巴潟は、ちゃんこ鍋の会席を5400円から味わうことができます。メインのちゃんこ鍋以外にも、旬の食材を使った料理を堪能することができるのが魅力的です。

ちゃんこ鍋のしめとして、最後にはうどんが提供されます。もちもちのうどんがちゃんこ鍋のおいしい出汁を吸ってうまみを閉じ込め、ちゃんこ鍋を最後まであますことなくおいしくいただくことができます。営業時間は月~金曜日はランチ11:30~14:00、ディナーは17:00~22:30、土・日・祝日はランチ11:30~14:00、ディナーは16:30~22:30です。

Thumbちゃんこ鍋を両国で食べるなら?ランチおすすめやダシが旨い人気店15選 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ちゃんこ鍋が美味しいお店は他にもいっぱい!

東京の両国にはちゃんこ鍋のおいしいお店がひしめき合っているものですが、東京の両国以外にもちゃんこ鍋のおいしいお店はたくさんあります。東京のちゃんこ鍋はどのお店も特徴があっておいしいものです。ここでは東京にあるちゃんこ鍋のおすすめの名店を紹介します。

ランチや宴会にも使える極上名店のちゃんこ「佐賀昇」

東京の築地市場の近くにあるちゃんこ屋「佐賀昇」はおいしいちゃんこ鍋が食べられることで有名なお店のひとつです。ちゃんこ鍋の味は、定番の塩、しょうゆ以外にもチゲを選択することができます。どのちゃんこ鍋もおいしくて人気がありますが、おすすめは定番の塩でしょう。ちゃんこ鍋は5950円の小結コースからいただくことができます。

ランチタイムにはこだわりの食材を使用した薬膳カレーや五色納豆丼などの料理も楽しむことができ、人気があるものです。ちゃんこ鍋以外の料理もおいしいため、ちゃんこ鍋を食べに行ったときには、一品料理も個別に頼んで楽しんでも良いでしょう。営業時間はランチタイムは11:30~14:30、ディナーは17:00~22:50です。

個室で広々仲間とちゃんこを囲める「料亭 時葉山」

下町の雰囲気も楽しむことができる昔ながらのちゃんこを味わいたい人におすすめの名店といえば「料亭 時葉山」です。昭和の香りがただよう外観と店内は、本格的なちゃんこ鍋を楽しむひとつのスパイスとなることでしょう。ちゃんこ鍋を味わうことができるおまかせちゃんこコースは7000円から楽しむことができます。本格的な和の雰囲気の中で食べるちゃんこ鍋はとてもおいしいものです。

完全個室のお店なので、周りを気にすることなくゆっくりと気兼ねなくちゃんこ鍋を味わうことができるのもこのお店の特徴のひとつです。席数に限りがあるため、事前の予約が必要です。東京の菊川駅から約200メートルの場所にあります。営業時間は17:30~21:30です。静かにゆっくりとちゃんこ鍋を味わたい人におすすめの名店です。

鶏ガラ出汁のそっぷ鍋が人気「琴乃富士」

東京の神楽坂にあるちゃんこ鍋の名店といえば「琴乃富士」です。一軒家のお店のため、席数が少なく少人数でゆっくりとちゃんこ鍋を楽しみたいときにおすすめのお店でしょう。東京の喧騒を忘れて静かな店内でじっくりとおいしいちゃんこ鍋をいただくのも良いものです。琴乃富士のちゃんこ鍋のなかでも人気な味は、トリガラの出汁がきいたそっぷ鍋です。

そっぷ鍋は1人前1500円からいただくことができます。コースは5000円からあり、多種多様なおいしい料理を楽しむこともできるお店です。そっぷ鍋のしめは名物のラーメンがおすすめです。場所は東京の飯田橋駅から徒歩6分のところにあり、営業時間は18:00~23:00です。

繊細で奥深い出汁の味「三重ノ海」

東京の門前仲町にある「三重ノ海」はゆったりと過ごすことのできる掘りごたつの席もあり、リラックスしながらちゃんこ鍋を味わうことができる名店です。名物料理の元祖ちゃんこ鍋2000円は季節の野菜が12種類入っており、そのとき一番おいしい野菜をたっぷり味わうことができます。また、手作りの鶏ミンチはとてもおいしく人気があるものです。

ちゃんこ鍋のしめとして、雑炊やラーメン、焼きもちがあり、とのしめもちゃんこ鍋を最後までおいしくいただくことができます。また、ちゃんこ鍋と一緒に飲んでおいしい日本酒も多種類揃っており、食事とそもに楽しむことができます。門前仲町駅の一番出口から歩いて3分の場所にあり、営業時間は17:00~23:00です。

部屋直伝のちゃんこ鍋が味わえる「琴大和」

佐渡ヶ嶽部屋直伝のちゃんこ鍋の味わいを楽しめるお店が「琴大和」です。相撲部屋直伝のちゃんこ鍋は、まさに本格的なちゃんこ鍋の味です。ちゃんこ鍋の種類は、水炊き、塩、本格和風だし、味噌の4種類から選ぶことができます。どの味も素材の味を生かしつつもおいしいコクや深みのあるちゃんこ鍋に仕上がっています。

ちゃんこ鍋で一番人気のコースは、琴大和コース3480円です。ちゃんこ鍋以外にも提供される新鮮な刺身を味わうことができる船盛や小鉢はとてもおいしく人気があるものです。場所は練馬駅から歩いて5分のところにあり、営業時間は17:00~23:00です。東京の練馬でちゃんこ鍋を食べたいときにおすすめの名店です。

前日から丁寧にとった出汁がおいしい「ちゃんこ芝松」

東京の中目黒にある「ちゃんこ芝松」は、デザイナーのこだわりがつまった店内が、よりいっそうちゃんこ鍋をおいしく味わうことのできる場所となっています。おしゃれな光が織り成す和の雰囲気はまさにちゃんこ鍋をいただくにふさわしい雰囲気でしょう。このお店のちゃんこ鍋に使用されているだし汁は、前日からじっくりと時間をかけてとっていることが特徴のひとつです。

丁寧に時間をかけてとられた出汁は、味に深みがあり、ワンランク高いおいしさのあるちゃんこ鍋に仕上がっているものです。ちゃんこ鍋は4500円のコースからいただくことができ、一番人気のコースは大関コース7000円です。場所は東京の中目黒駅から歩いて6分の場所にあり、営業時間は18:00~01:00です。

土俵のある個性的な店内「割烹 吉葉」

東京の墨田区にある「割烹 吉葉」には、店内に土俵があり、相撲の雰囲気をぞんぶんに堪能することのえきる、相撲好きにはたまらないお店です。相撲の雰囲気に浸りながらいただくちゃんこ鍋はとてもおいしく人気があり、おすすめの一品です。ランチタイムにも、おいしい本格的なちゃんこ鍋をいただくことができます。

本格的なおいしいちゃんこ鍋は、ちゃんこ吉葉鍋コース3300円で頂くことができます。また、単品でもちゃんこ鍋を2600円で食べることができます。ちゃんこ鍋の味はしょうゆ、塩、味噌、辛味噌の4種類からチョイスすることが可能です。場所は蔵前駅から約500メートルの場所にあり、営業時間はランチライムは11:30~14:00、ディナーは17:00~22:00です。

カレーちゃんこが名物「心山」

東京の新宿区荒木町でちゃんこ鍋が食べられるお店といえば「心山」です。ちゃんこ鍋といえば塩や醤油、味噌味が定番なものですが、このお店の名物ちゃんこ鍋といえばカレーちゃんこ2592円が人気です。スパイシーなカレーの風味がきいただし汁に、肉団子や豚バラ肉、数多くの野菜がたくさん入っており、お腹いっぱいに食べることができます。

カレーちゃんこが名物ではありますが、その他の定番の味しょうゆや塩、キムチのちゃんこ鍋もおいしくて人気があります。大勢で来てちゃんこ鍋の味を食べ比べてみるのもひとつの楽しみ方でしょう。他の一品料理もとてもおいしいため、箸休めとして頼んでも良いでしょう。場所は東京の四谷三丁目駅から約200メートルのところにあります。営業時間は18:00~23:00です。

ちゃんこ鍋が美味しい東京の名店へ行こう!

東京にはちゃんこ鍋がおいしいお店がたくさんあるものです。相撲の街でもある両国にはもちろん、東京のさまざまな場所においしいちゃんこ鍋を食べることのできるお店が軒を連ねています。東京を訪れたときには、おいしい本格的なちゃんこ鍋の名店に行ってみてください!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ