ハンバーグの冷凍保存方法と上手な解凍のコツ!焼き方とアレンジレシピも!

ハンバーグを冷凍で保存しておくと、長期の保存ができるだけでなく、いつでも好きなときにハンバーグを食べることができます。ハンバーグは老若男女問わず人気のおかずのひとつです。ですが、ハンバーグを作るのは行程が多く、なかなか手間がかかるものです。たくさんの量を一気に作っておけば、手間を減らすことができ、気軽にハンバーグを楽しむことができます。今回は、ハンバーグの冷凍保存の方法や、解凍の仕方、焼き方や冷凍したハンバーグを使ったおいしいアレンジレシピなど、冷凍ハンバーグについて詳しく紹介します。

ハンバーグの冷凍保存方法と上手な解凍のコツ!焼き方とアレンジレシピも!のイメージ

目次

  1. 1ハンバーグを上手に冷凍保存して美味しく食べる!
  2. 2ハンバーグの冷凍保存方法
  3. 3ハンバーグの冷凍保存のメリット
  4. 4ハンバーグの上手な解凍方法
  5. 5冷凍ハンバーグの美味しい焼き方
  6. 6ハンバーグは冷凍でもアレンジレシピで美味しい!
  7. 7ハンバーグの冷凍保存は簡単で便利!

ハンバーグを上手に冷凍保存して美味しく食べる!

ハンバーグは誰もが好きな人気のある食べ物のひとつです。おいしいハンバーグですが、ハンバーグの作り方は刻んだり混ぜたりなど作業工程が多く、なかなか大変なものです。できれば、たくさん作り置きしておきたいものです。

ハンバーグは冷凍保存が可能です。ハンバーグを冷凍保存しておけば、いつもの食事に気軽に取り入れることができます。日々のレシピや献立にも役立つことでしょう。今回は、ハンバーグの上手な冷凍保存の方法や、解凍方法を詳しく解説します。また、冷凍ハンバーグを使ったおいしいアレンジレシピも紹介していきます。

ハンバーグの冷凍保存方法

ハンバーグはきちんとした冷凍保存をすることで、解凍してもおいしくいただくことができます。ハンバーグを冷凍できるタイミングはいくつかあるものです。さまざまなタイミングの冷凍方法を知っておくことで、ハンバーグを使った料理の幅を広げることができます。

ここでは、生のたねの状態のハンバーグや、焼いた後のハンバーグ、煮込んだ後のハンバーグ、それぞれの状態にあわせた冷凍保存の方法を詳しく紹介します。また、それぞれのハンバーグの冷凍保存できる期間についても詳しく紹介します。

ハンバーグのたねの冷凍保存方法

ハンバーグを冷凍したいけれど、焼きたてを食べたいと思う人も多いのではないでしょうか?ハンバーグは生のたねの状態で冷凍することが可能です。生のたねの状態で冷凍しておけば、焼く段階から調理を始めることができるため、焼きたてを味わうことができます。

生のたねの状態でハンバーグを冷凍する場合は、玉ねぎにはしっかりと火を通しておくことが重要です。生の玉ねぎを使用したハンバーグの場合、たねの状態で冷凍すると水気が出てしまいます。冷凍する場合は、玉ねぎは加熱したものを使用しましょう。

ハンバーグをこねるときは、雑菌が増えるのを防ぐため、なるべくたねが温かくならないように手早くこねることが大切です。心配な場合は、ボウルの底に氷水を当てながらこねるとよいでしょう。また、冷凍するハンバーグのたねはよくこねておきましょう。よくこねておくことで、ドリップの流出を防ぐ効果があります。

たねができたら、お好みの形に成形し、空気が入らないようにぴったりとラップで包みましょう。空気が入ってしまうと霜の原因になり、解凍した時においしさが落ちる原因になります。ラップで包んだあとは、金属のトレイに乗せてから冷凍庫で一旦凍らせます。

金属製のトレイに乗せることで、熱伝導を良くし、急速に冷凍することができます。早く冷凍させることでそのままの質を保ち、うまみを逃しにくくなります。ハンバーグが凍ったら、密封できる保存袋に入れて、なるべく空気を抜いて袋の口を閉じて冷凍します。

ハンバーグとして食べることが決まっている場合は、ハンバーグの形に成形して冷凍しておくと便利です。肉団子などその他の料理を作る場合が考えられるときは、保存しやすいように四角くしたり、薄く平らに成形して冷凍すると使い勝手が良いのでおすすめです。

焼いたハンバーグの冷凍保存方法

焼いたハンバーグも冷凍することができます。小さめに成形して焼いたハンバーグを冷凍しておけば、弁当のおかずとしても活用することが可能でとても便利なものです。時間のあるときに多めに焼いて保存しておくことで、忙しいときの時短調理メニューとしても使用できます。

ハンバーグを焼いて冷凍保存するときは、まずハンバーグをしっかりと冷ますことがポイントです。きちんと冷ましてから冷凍することで、水蒸気の発生を抑え、ラップをしたときに表面に水滴がついてしまうことを防ぐ効果があります。ラップに水滴がついてしまうと、雑菌が発生してしまう可能性があるため、ハンバーグはしっかりと冷ましましょう。

ハンバーグを醒ましたら、ひとつずつラップで包みます。このとき、なるべく隙間が空かないようにしっかりと密着させてラップで包みましょう。そして、金属製のトレイに乗せて冷凍庫に入れ、急速に冷凍させます。ハンバーグがしっかりと冷凍されたら、ジッパー付きの密封できる袋に入れて、空気があまり入らないように閉じて再び冷凍庫に入れ冷凍させます。

煮込みハンバーグの冷凍保存方法

焼いたハンバーグもおいしいものですが、煮込みハンバーグもとてもおいしいものです。煮込んたハンバーグはソースが絡んでいるため冷凍が難しいのではないか、と考える人も多いのではないでしょうか?実は煮込みハンバーグもおいしい状態を保ったまま冷凍することが可能です。

煮込みハンバーグを冷凍する場合は、ソースを分けて保存する方法と、ソースと一緒に保存する方法の2つがあります。どちらの保存方法もおいしく冷凍保存することが可能ですが、それぞれに違った利点があります。

煮込みハンバーグのソースとハンバーグを分けて保存する場合は、焼いたハンバーグと同様、ハンバーグが冷めた後にラップで包み金属トレイに乗せて急速冷凍させましょう。このとき、なるべくソースを取り除いてから保存すると霜が付きにくくなります。

分けたソースは密封できるチャックの付いた保存袋に薄く平らにならして冷凍すると、使いたい分だけ折って取れるのでおすすめです。煮込みハンバーグはソースとハンバーグを分けて冷凍保存することで、ソースの量が調整できます。また、ソースとハンバーグは温まるまでの時間が異なるため、別々に温めて食べごろの温度にすることができるのも魅力です。

ソースとハンバーグを一緒に冷凍する場合は、ひとつずつハンバーグとソースを密封できる袋に入れてしっかりと空気を抜いて冷凍しましょう。この時も金属トレイに乗せて急速に冷凍させることがポイントです。一食分ずつ冷凍しておくと後々食べやすいでしょう。

ソースとハンバーグを一緒に冷凍する方法は、別々に冷凍するよりも簡単で手間がかからないのが魅力です。また、解凍するときは湯煎をすればソースとハンバーグを丁度良い具合に解凍することが可能です。そのため、耐熱の保存袋に入れて保存しておくと良いでしょう。

ハンバーグの冷凍保存期間は?

ハンバーグを冷凍保存したとき、どのくらいの期間保存することができるのかは気になるものです。冷凍保存は便利な方法ですが、おいしいうちに食べきりたいものです。ここでは、ハンバーグを冷凍保存したときの保存期間について詳しく解説します。

ハンバーグの冷凍保存できる期間は、生のたねの状態か、加熱してあるものなのかで期間が変わってきます。ハンバーグを生のたねの状態で冷凍保存した場合、冷凍できる保存期間は約2週間程度です。生の状態のハンバーグは加熱していないため、他の料理にも使うことができてとても便利なものです。

しかし、生のたねの状態のハンバーグは劣化しやすく雑菌も繁殖しやすいのが特徴です。そのため、冷凍したいときは手袋をしてこねると良いでしょう。また、冷凍した生のハンバーグのたねはなるべく早く使い切るように心がけましょう。

加熱をしてある焼いたハンバーグや、煮込んだハンバーグの冷凍保存期間は、約1か月です。火を通してあるため、生のものよりもやや長く保存することが可能です。焼いたり煮込んだりして加熱したハンバーグは、解凍してすぐ食べることができるのが魅力です。

しかし、加熱したハンバーグは生のたねの状態で冷凍したハンバーグよりも、長く冷凍することで味が落ちやすいと言われています。焼きハンバーグや煮込みハンバーグなどの加熱したハンバーグは1か月程度保存は可能ですが、2週間を目安として早めに食べることで、おいしい状態のハンバーグを楽しむことができるでしょう。

ハンバーグの保存は冷凍保存は可能ですが、常温での保存はハンバーグが傷みやすいため向いていません。ハンバーグを保存するときは、生の状態や焼いたり煮込んだり加熱をしているかどうかに関わらず、冷凍庫で冷凍保存をするようにしましょう。

ハンバーグの冷凍保存のメリット

ハンバーグはできたてがとてもおいしいものですが、冷凍しても味が落ちずに保つことができる便利な食材です。ハンバーグを冷凍で保存することによって、さまざまなメリットを得ることができます。ここでは、ハンバーグを冷凍保存したときに得られるメリットについて紹介します。

傷みやすいハンバーグを長期保存できる

ハンバーグは常温に置いておくと、傷みやすい食材です。そのため、常温での保存は禁物です。また、冷蔵庫での保存も、短時間でしたら大丈夫ですが、長期の保存には向いていません。しかし、冷凍をすることによって長期間保存することが可能になります。

ハンバーグはとてもおいしいですが、作る工程が多く、手間も時間もかかるものです。多めに作ったときや、余ってしまったときなどは、冷凍保存しておくことで、ハンバーグを無駄にしてしまうことを防ぐことができます。

ハンバーグは生のたねの状態ですと約2週間冷凍で保存が可能です。少々短く感じますが、焼いたり煮たりなど、火を通した後に冷凍保存をすれば1か月間保存ができるようになるため、長期間保存したいと考えている場合は、加熱してから冷凍保存することをおすすめします。

美味しいハンバーグをいつでも食べられる

ハンバーグを冷凍保存しておくことで、おいしいハンバーグを好きなときにすぐ食べることができます。ハンバーグは作るのに手間ひまがかかるものです。市販の冷凍ハンバーグもおいしいですが、自分で作った自分好みのハンバーグを冷凍しておけば、いつでも満足のいくおいしいハンバーグを食べることができます。

焼きたてを食べたいときは、ハンバーグのたねを冷凍しておくことで、おいしい焼きたてのハンバーグをいただくことができます。また、生のたねの状態で保存しておけば、ハンバーグ以外の使い道も考えることができるという利点があります。生のたねですと、ハンバーグのアレンジレシピの幅も拡がるので、迷っているときは生のたねのまま冷凍保存すると良いでしょう。

一方、焼いたり煮たりなど、加熱をした状態でハンバーグを冷凍保存しておくと、焼いた状態で保存しているため、焼くという作業を省くことができ、解凍すればすぐに食べることができます。忙しいときや、疲れているときは調理は手早く済ませたいものです。

すぐに食べられる状態で冷凍されたハンバーグなら、解凍するだけで食べることができるので、時間がないときにはとても便利でしょう。また、焼きたてのような風味を出したい場合は、解凍したあとにもう一度焼くと、再び焼きたてのハンバーグをいただくことができます。

お弁当にも使えて便利

小さめのハンバーグを作って冷凍をしておくと、そのままお弁当の具材として使用することができます。お弁当の具材として使用するハンバーグは前もって加熱しておくと加熱の手間が省けるため良いでしょう。お弁当のおかずとしてハンバーグをイチから作るのは、なかなか大変なものです。朝用意するお弁当はなるべく時間をかけずに作り上げたいものです。

冷凍ハンバーグがあると、お弁当に入れるおかずが一品増えるため、その分お弁当を作る時間を短縮することができます。お弁当を作る時間を短くすることで、朝の忙しい時間に少しだけ余裕が生まれます。朝の時間は貴重なものです。時間のあるときに、冷凍ハンバーグをストックしておくと良いでしょう。

ハンバーグの上手な解凍方法

冷凍したハンバーグを使うとき、どのように解凍したらよいのか悩んでしまう人も多いのではないでしょうか?解凍の仕方によってはうまみが流れ出てしまったり、パサパサになってしまうこともあるものです。せっかくおいしく冷凍したハンバーグは、きちんと解凍しておいしくいただきたいものです。

ここでは、冷凍したハンバーグの解凍方法を、生のたね、焼いたハンバーグ、煮込みハンバーグなど、ハンバーグの状態にあわせた解凍方法を詳しく紹介します。正しい解凍方法を知って、おいしい状態のハンバーグをいただきましょう。

ハンバーグのたねの解凍方法

ハンバーグのたねは、加熱をしていない生の状態のため、急に溶かしてしまうとドリップが出てしまいます。ドリップの中にはうまみ成分もはいっているため、流れ出てしまうことで、ハンバーグ本来のうまみが薄くなるばかりでなく、焼いたときにパサパサの仕上がりになる恐れがあります。

生のハンバーグのたねを解凍したい場合は、冷蔵庫でゆっくりと解凍させることがポイントです。冷蔵庫内での解凍は時間がかかるイメージが強い人も多いものです。しかし、冷蔵庫で解凍する時間は約6時間ほどです。朝冷凍庫から冷蔵庫へ移しておけば、夜にハンバーグのたねを使用して調理することが可能です。

焼いたハンバーグの解凍方法

焼いたハンバーグの解凍方法は、生のハンバーグのたねと同様、冷蔵庫でゆっくりと解凍するのがおすすめです。時間がないときは、焼いたハンバーグの場合、電子レンジで加熱して解凍しても大丈夫です。だたし、電子レンジで解凍するときに、うっかり加熱しすぎてしまうことに気を付けて行うことがポイントです。

電子レンジで解凍するときに、過度にハンバーグを加熱してしまうと、ハンバーグからおいしい肉汁が出過ぎてしまったり、水分が蒸発してしまうなどして、パサパサのハンバーグになってしまうことがあるので注意しましょう。

また、焼いてある冷凍ハンバーグはフライパンにそのままのせてじっくりと解凍することも可能です。フライパンで加熱しながら解凍していくため、香ばしい焼き目もできるので、冷凍保存する前の焼きたてを味わうことができるでしょう。

煮込みハンバーグの解凍方法

煮込みハンバーグの解凍方法も、他の冷凍ハンバーグと同様冷蔵庫で自然解凍をすることがおすすめです。冷蔵庫内で解凍しておくことで、スムーズに煮込みハンバーグを温めることができます。また、煮込みハンバーグをソースと共に冷凍していた場合、湯煎にかけて溶かすことも可能です。

ソースとハンバーグを別々に冷凍していた場合は、ハンバーグのみ冷蔵庫でゆっくりと解凍しておき、食べるときにソースと共に電子レンジで解凍しても良いでしょう。煮込みハンバーグの場合、ソースとハンバーグは解凍までの時間が異なるため、別々に解凍したり、ゆっくりと解凍することがポイントです。

お弁当にそのまま入れて自然解凍

冷凍をしておいた焼いたハンバーグは、お弁当のおかずとしてそのままお弁当の中に入れることができます。夏場は、冷凍された状態のハンバーグを入れておくことで、お弁当の保冷剤代わりにもなってとても便利なものです。

夏場は保冷剤代わりになる冷凍ハンバーグですが、冬場は逆に溶けにくいものです。冷凍ハンバーグをお弁当のおかずとして入れる場合は、電子レンジで解凍したり、事前に冷蔵庫で解凍しておくことがポイントです。

冷凍ハンバーグの美味しい焼き方

焼いた後、冷凍しておいたハンバーグは、再度焼くことで焼きたてのおいしさを復活させることができます。おいしく冷凍ハンバーグをやくためにはちょっとしたコツが必要なものです。せっかく冷凍したハンバーグは、おいしく解凍して食べたいものです。ここでは、冷凍ハンバーグのおいしい焼き方を紹介します。

フライパンに乗せてから火をつける

冷凍したハンバーグの焼き方を覚えておけば、おいしく冷凍ハンバーグを食べることができます。焼いて冷凍していたハンバーグは冷蔵庫で一度解凍してから焼きましょう。フライパンに乗せてから火をつけてゆっくりと加熱していきます。

生の状態で冷凍保存しておいたハンバーグの焼き方は冷蔵庫で解凍してから普通のハンバーグを焼く焼き方で仕上げることもできます。しかし、生のたねのハンバーグは、そのまま冷凍された状態でフライパンに乗せて、じっくりと加熱をして解凍しながら同時に焼き目を付けていく焼き方もできます。

強火で両面に焼き色をつける

冷凍したハンバーグの焼き目があまりついていない場合や、生のたねを解凍して焼く場合の焼き方は、まず強火で焼くことがポイントです。強火で焼くことで、ハンバーグの両面に香ばしい焼き色が付きます。この時点では中が生の状態でも大丈夫です。あくまで焼き色を付ける焼き方がポイントです。

蒸し焼きにする

キレイな焼き色が付いたら、次は蒸し焼きにしていきましょう。蒸すという焼き方をすることで、ふっくらとしたおいしいハンバーグに仕上がります。蒸し焼きをしないと、焼き方次第ではパサパサなハンバーグになってしまうことがあります。パサパサのハンバーグはおいしくないものです。

蒸し焼きにするときは、白ワインや日本酒、水を少し入れて蒸し焼きにすると、より一層ふっくらとした仕上がりになります。この蒸し焼きという焼き方の工程を行うことで、ワンランク上のハンバーグに仕上げることができるので、省かずに蒸し焼きをすることが大切です。

肉汁があふれてくるまでしっかり火を通す

ハンバーグを焼くとき、火の通し加減が分からないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか?冷凍ハンバーグの焼き方はちょっと難しいですが、コツを押さえれば簡単に調理することができます。ハンバーグを蒸し焼きにした後は、肉汁が溢れてくるまでしっかりと焼くことが肝心です。しっかりと焼くことで中までふっくらとしたハンバーグに仕上がります。

Thumb冷凍ハンバーグの焼き方のコツを解説!凍ったまま調理するには? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ハンバーグは冷凍でもアレンジレシピで美味しい!

冷凍したハンバーグはただ解凍するだけでもおいしく食べることができますが、よりおいしくアレンジをすることもできます。味付けや焼き方などを変えるハンバーグのアレンジレシピを覚えておくことで、冷凍ハンバーグを日々の食事に生かすことができます。ここでは、冷凍ハンバーグを活用したアレンジレシピを紹介します。

みんな大好き「トマト煮込みハンバーグ」

ハンバーグを作っておけば、おいしい具沢山のソースを用意するだけで簡単に煮込みハンバーグを作ることができます。レシピは、しめじ1パックの石づきを取り小房に分けます。パプリカと玉ねぎ各半分は縦に薄切りにします。フライパンに油を入れて、玉ねぎを炒めます。しんなりしたらしめじとパプリカを入れてさらに炒めます。

全体がしんなりしてきたら、ホールトマト1缶を加えて木べらで潰しながら加熱します。水1カップ、塩小さじ半、スープの素小さじ1、こしょう少々を加えてさらに煮詰めます。沸騰したら解凍した焼いておいたハンバーグを入れて、火が通ったら出来上がりです。

ランチに簡単「ロコモコ風どんぶり」

焼いたハンバーグや煮込みハンバーグを作っておくと、すぐにロコモコ丼を作ることができます。レシピはとても簡単です。作っておいたハンバーグを解凍して、ごはんに乗せ、デミグラスソースをかけます。お好みで目玉焼きやトマト、レタスを添えたらできあがりです。

解凍して乗せるだけの簡単レシピなので、忙しいときや疲れているときでも簡単に作ることができます。冷凍したハンバーグは味が落ち着いているため、とてもごはんにピッタリです。ロコモコ丼は一見作るのが難しそうですがとても簡単なレシピです。見た目も華やかなレシピなのでおすすめの一品です。

味付け冷凍でもっと手軽「お弁当用簡単ハンバーグ」

お弁当用に味付けをした状態で冷凍しておけば、お弁当に入れるだけで良いので時間の節約になります。お弁当は手早く仕上げたいものです。お弁当用のハンバーグのレシピを覚えておくことで、朝の時間をゆっくりと過ごすことに繋がります。

作り方は、ハンバーグのたねを作ったあと、小さく成形し、しっかりと焼きます。ハンバーグが焼けたら、みりん、ケチャップ、ソースを各大さじ2ずつ入れて、ハンバーグに絡めます。ハンバーグ全体に絡んだらできあがりです。冷凍するときはソースが絡んだ状態で冷凍しましょう。

ハンバーグの冷凍保存は簡単で便利!

ハンバーグを冷凍保存しておくことで、日々の食生活がより豊かなものにすることができます。また、冷凍ハンバーグはレシピの幅が広く、アレンジレシピもありとても使いやすいのが特徴です。冷凍ハンバーグは焼きたてのハンバーグに比べて味が落ちるイメージがある人も多いものです。

しかし、金属トレイを使用して冷凍すれば、できたてそのままの味わいを保つことができます。解凍後も焼き方のポイントやコツを押さえることでジューシーな味わいを逃さず焼くことが可能です。ハンバーグの冷凍保存は簡単で便利なものです。ぜひ活用して日々の食事に役立ててください!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ