本当においしい糖質ゼロのビールおすすめ人気ランキングTOP15!

夏の暑い時や疲れた時には飲みたくなるのがビールです。そんなビールに、糖質ゼロのビールがあることを知っていますか?ビールというとついついカロリーや糖質、プリン体のことが気になりますよね。最近ではそんな気になる糖質をゼロにし、さらにはプリン体もゼロやオフにしたものが出ています。今回「本当においしい糖質ゼロのビールおすすめ人気ランキングTOP15!」と題しまして紹介していきます。

本当においしい糖質ゼロのビールおすすめ人気ランキングTOP15!のイメージ

目次

  1. 1糖質ゼロのビールで美味しいおすすめはどれ?
  2. 2糖質ゼロのビールで本当に美味しい人気ランキングTOP15を紹介
  3. 3糖質ゼロビールについて知っておこう!
  4. 4糖質ゼロビールのおすすめの人気商品を飲み比べてみよう!

糖質ゼロのビールで美味しいおすすめはどれ?

糖質オフや糖質ゼロのビールは今ではいろいろなメーカーから、糖質だけでなく、プリン体やカロリー、脂質を抑えた物や人口甘味料不使用の物など色々な種類が出ています。スーパーなどで見かけることも多い糖質ゼロのビールですが、棚に並んでいて、いったいどれを選んだらよいかついつい迷ってしまいます。今回はそんな、ついつい迷ってしまう時におすすめの糖質ゼロのビールをおすすめ人気ランキングにして紹介していきます。

糖質ゼロのビールで本当に美味しい人気ランキングTOP15を紹介

今回糖質ゼロのビールをおすすめの人気ランキング形式でトップ15位の紹介をしていきます。それぞれに味や特徴も異なり、成分や原材料についても紹介していきますので比較してみましょう。違いなどがわかりやすくなっています。自分好みの糖質ゼロのビールを見つけることで、さらに糖質など気にすることなくビールを楽しみながら飲むことができるように参考にしてみましょう。

美味しい糖質ゼロビールでおすすめの人気ランキング15位「カウリエエクストラ」

美味しい糖質ゼロのビールでおすすめの人気ランキング15位のビール大国でもあるベルギー発のカウリエエクストラは見た目はビールに近いですが、香りがフルーティーでマスカットのような香りで辛口のチャンパンのようなドライさでとってもすっきりした味わいです。苦味があまりなくビールが苦手な方でも美味しく飲むことができます。世界にも糖質ゼロのビールで美味しいビールがあるなんて飲み価値があります。

カウリエエクストラの100ml当たりの栄養成分はアルコール分が4.3%、エネルギー30kcal、糖質0です。原材料は水、麦芽、シムコーホップのみで砂糖や人口甘味料、防腐剤、着色料などは一切使っていません。シムコーホップからマスカットのような香りがあり、フルーティーでアロマにモモやシトラスを思わせるようなドライの飲み口がなんとも言えない本格的なラガービールになっています。

価格は330ml税抜き950円と少し高めですが、ダイエット中でも安心して飲むことができ、体にも優しいのでぜひ一度は味わうのもおすすめです。日本の糖質ゼロのビールと比較してみるのも良いかもしれません。

美味しい糖質ゼロビールでおすすめの人気ランキング14位「アサヒヘルシースタイルノンアルコールビールテイスト」

美味しい糖質ゼロのビールでおすすめの人気ランキング14位の特定保健用食品のアサヒヘルシースタイルノンアルコールビールは、カロリーゼロで、糖質ゼロで食事にもピッタリなコクのある味でもあり、食後の血中中性脂肪の上昇を穏やかにする健康機能を両立したノンアルコールビールテイストの飲み物です。食物繊維の働きにより食事から摂取した脂肪の吸収を抑えて排出を増加させてくれる働きがあると言うことです。

アサヒならではのドライな感じとビール独特のホップな香りと泡だちの良さがあり、糖質ゼロ、カロリーゼロとは思えないぐらい他のノンアルコールビールと比較しても違いがないほどです。ノンアルコールビールにトクホがついているのに他のノンアルコールと比較しても価格も変わりありません。注意点として、飲みすぎはお腹が緩くなることもあるので1日1回1本を目安に飲みましょう。

アサヒヘルシースタイルノンアルコールビールの350ml当たりの栄養成分は、アルコール分0%、エネルギー0kcal、タンパク質0g、糖質0g、脂質0g、食物繊維5.6g、食塩相当量0.01g~0.10gです。原材料は食物繊維(難消化性デキストリン)、大豆ペプチド、ホップ、炭酸、香料、安定剤、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤ビタミンC、甘味料アセスルファムKとなっています。

美味しい糖質ゼロビールでおすすめの人気ランキング13位「アサヒオフ」

美味しい糖質ゼロのビールでおすすめの人気ランキング13位の飲みごたえをアップしたアサヒオフは厳選された麦芽を増量して麦の本来の味わいと飲みごたえをアップし、プリン体0、糖質0、人口甘味料0のおいしい3つの0になっています。アサヒスタイルフリーと比較するとキレが少し弱くなっていますがリキュールでできるいる発泡性のお酒として美味しく飲むことができます。

アサヒオフの100ml当たりの栄養成分はアルコール分3%以上4%未満、エネルギー22Kcal、タンパク質0g、脂質0g、糖質0g、ナトリウム0mg~8mg、食物繊維1.4g~2.1g、プリン体0mgです。原材料は、麦芽エキス、ホップ、米、コーン、スターチ、糖類、カラメル色素、食物繊維、大豆たんぱく、調味料アミノ酸、スピリッツ大麦になります。

アサヒオフはクセがなく、飲みやすくなっています。以前はプリン体85%オフ、脂質70%オフでしたが、リニューアルしてゼロへと進化しました。アサヒから出ている他の糖質ゼロのビールと飲みながら比較してみるのも良いかもしれません。

美味しい糖質ゼロビールでおすすめの人気ランキング12位「アサヒドライゼロフリー」

美味しい糖質ゼロのビールでおすすめの人気ランキング12位の5つのゼロを実現したアサヒドライゼロフリーは他のノンアルコールビールに先駆けてプリン体0.0のノンアルコールビールを誕生させました。アルコールも0.00%、カロリーもゼロ、糖質もゼロに加えて新たに人口甘味料もゼロと5つのゼロを実現しました。嬉しい5つのゼロですがビールらしさもあり手軽に味わえます。

アサヒドライゼロフリーには人口甘味料から天然甘味料を使用し、その天然甘味料はステビアというキク科の植物ステビアからとれるものになります。ステビアは糖尿病の方などに砂糖の代わりにも使うことが多く甘味料になります。これによって、人口甘味料をゼロにすることができるようになりました。いつものビールと変わらない爽快なのどごしもありごくごく飲むことができます。

アサヒドライゼロフリーの100ml当たりの栄養成分は、アルコール分0.00%、エネルギー0kcal、タンパク質0g、脂質0g、糖類0g、食物繊維0.4g~1.2g、ナトリウム5mg~20mg、プリン体0.0mgです。原材料は食物繊維、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤ビタミンC、甘味料ステビアになります。

美味しい糖質ゼロビールでおすすめの人気ランキング11位「サッポロ爽快ゼロ」

美味しい糖質ゼロのビールでおすすめの人気ランキング11位の3つのゼロと低カロリーを実現したサッポロ爽快ゼロは、サッポロ極ZEROの特徴のプリン体、糖質、人口甘味料の3つをゼロにしその他に低カロリーナンバーワンを実現したビールテイストの飲み物です。国産のメーカーから発売されている糖質0のビール類の中で最も低カロリーで100mlあたり18kcalとなっています。

のどごしはドライで爽快と名が付くように炭酸が強く、キレがあり、シトラスのような香りのフレーバーホップが使われていると言うことでさわやかな後味があります。アルコール感はあまりなくビールに近い味わいが好きな方は物足りないかもしれません。ビールを飲みたいけれどカロリーが気になる方などにおすすめの1本です。

サッポロ爽快ゼロの100ml当たりの栄養成分はアルコール分2.5%、エネルギー18kcal、タンパク質0g、脂質0g、糖質0g、食物繊維1.9g、ナトリウム0mg、プリン体0mgです。原材料はホップ、糖類、水溶性食物繊維、エンドウたんぱく、カラメル色素になります。今年発売されたばかりの飲み物になります。他のサッポロの糖質ゼロのビールと比較して飲んでみるのも良いかもしれません。

美味しい糖質ゼロビールでおすすめの人気ランキング10位「キリン淡麗プラチナダブル」

美味しい糖質ゼロのビールでおすすめの人気ランキング10位の世界初の特許技術のプリン体カット製法を使ったキリン淡麗プラチナダブルはプリン体0.00、糖質0の2つのゼロと淡麗ならではのすっきりとした爽快な飲み口になっていて、アルコール分は5.5%の飲みごたえとなっています。淡麗のグリーンラベルと比較すると濃厚な感じではなくさっぱりした味となっています。

キリンの独自の世界初の特許技術プリン体カット製法とはどういうものなのでしょうか?それは、活性炭という小さな穴がたくさんあいた炭にプリン体を吸着させてカットする方法です。粒の大きさや穴の大きさの活性炭を使用することで効率よくプリン体を吸着できるのがこの製法のポイントです。糖質だけでなくプリン体も0というのは健康上でビールが飲めない方に嬉しいです。

キリン淡麗プラチナダブルの100ml当たりの栄養成分はアルコール分5.5%、エネルギー31kcal、タンパク質0g~0.1g、脂質0g、糖質0g、食物繊維0g~0.1g、ナトリウム0mg、プリン体0.00mgです。原材料は、麦芽、ホップ、大麦、糖類、カラメル色素、アルコール、香料、酸味料、乳化剤、甘味料アセスルファムKです。他のキリンの糖質ゼロのビールと比較して飲んでみるのも良いかもしれません。

美味しい糖質ゼロビールでおすすめの人気ランキング9位「アサヒスタイルフリーパーフェクト」

美味しい糖質ゼロのビールでおすすめの人気ランキング9位の4つの嬉しい特徴があるアサヒスタイルフリーパーフェクトはプリン体0、糖質0、人口甘味料0、着色料0の発泡酒になります。アルコール度数は高めの6%となっていて、すっきり爽快な後味で風味も良く、比較的のどごしも感じてしっかりとした満足感を楽しめることができます。

糖質制限中の方やダイエット中の方、痛風でビールが飲めない方、炭酸が強めの発泡酒がお好みの方、ビールの風味を感じたいなどに比較的に美味しいく飲むことのできる発泡酒としておすすめです。アサヒのスタイルフリーと比較して色が濃く、香りがよく味もあります。

アサヒスタイルフリーパーフェクトの100ml当たりの栄養成分はアルコール度数6%、エネルギー34Kcal、タンパク質0g、脂質0g、糖質0g、食物繊維0g、ナトリウム15mg~30mg、プリン体0mgです。原材料は、麦芽エキス、ホップ、アルコール、酸味料、香料、乳化剤、調味料アミノ酸、酸化防止剤ビタミンCとなっています。

美味しい糖質ゼロビールでおすすめの人気ランキング8位「キリンのどごしゼロ」

美味しい糖質ゼロのビールでおすすめの人気ランキング8位の糖類ゼロ、プリン体ゼロ、さらに人工甘味料もゼロのキリンのどごしゼロは元になっているのどごし生に比較的近い味になっていてビールの味を再現しています。プリン体ゼロ、人口甘味料ゼロの商品独特の臭さがないのもこののどごしゼロの特徴でもあります。

のどごしゼロのプリン体をゼロにするには発酵制御技術を用いて、酵母によるプリン体を極限まで抑えています。また、糖質ゼロを実現した糖質カット製法は原材料の処理、仕込み、発酵、熟成、ろ過、パッケージと6つの工程から成り立ち、キリン独自の技術で糖質カット方法でしています。

のどごしゼロの100ml当たりの栄養成分はアルコール分4%、エネルギー27kcal、たんぱく質0g~0.2g、脂質0g、糖質0g、食物繊維1.8g、ナトリウム0g、プリン体0mgです。原材料は麦芽エキス、ホップ、糖類、食物繊維、大豆たんぱく、赤ワインエキス、香料、乳化剤、大麦スピリッツとなっています。

美味しい糖質ゼロビールでおすすめの人気ランキング7位「サッポロ極ZERO」

美味しい糖質ゼロのビールでおすすめの人気ランキング7位のプリン体もゼロのフルーティーな味のサッポロ極ZEROはプリン体だけではなく糖質も0、人工甘味料も0でビールを飲むことでマイナスとなる成分を排除したビールになります。ビールや発泡酒のおいしさはプリン体、糖質、人工甘味料が必要とされていますが、この部分がゼロというと美味しくなくなってしまうのではないかと思いますがこのビールはどうでしょうか?

サッポロで発売されているこのサッポロ極ZEROはそんな不安もなく他のビールと比較しても、発泡酒として美味しく飲むことができます。また、ダイエットをしている方や痛風、尿酸値などを気にしている方が普通のビールを飲みたいのに飲めないと悩んでいるのでこのビールは安心して飲むことができるビールとなっています。

極ZEROの成分値はアルコール分が4.5%、エネルギーが26kcal、たんぱく質が0~0.1g、糖質0g、脂質0g、ナトリウム0mg、プリン体0mgになっています。原材料は麦芽、ホップ、大麦、糖類、苦味料、カラメル色素、スピリッツ、水溶性食物繊維、エンドウタンパク抽出物、香料、塩化カルシウム、酸味料、安定剤となっています。

美味しい糖質ゼロビールでおすすめの人気ランキング6位「サントリー頂 極上ZERO」

美味しい糖質ゼロのビールでおすすめの人気ランキング6位の史上初のアルコール度数のサントリー頂極上ZEROは高アルコールならではのコクと旨味があり、飲みごたえを実現しました。ビール好きの中でもやはり健康志向が高まっている中、頂極上ZEROも糖質ゼロというのに加えてアルコール度数を7%です。ビールの味わいやコクなどの決め手は麦芽です。麦芽には糖質を含んでいます。

では、どうやって糖質をゼロにしているのでしょうか?麦芽の量を減らさずに独自の醸造技術でうまみ成分であるタンパク質を含んだ旨味麦芽を使い、糖質ゼロとビールに似た味をの両方を実現することができました。更にアロマホップをたくさん使うことでくせのない自然な味わいにし。醗酵度を高めて後味の切れの良い物になっています。色々な料理に合うので、食事のお共に楽しみながら飲みましょう。

頂極上ZEROの100ml当たりの栄養成分は、アルコール分7%、エネルギー45Kcal、たんぱく質0.2~0.4g、脂質0g、糖類0g、食物繊維1.6g、ナトリウム0~15mgです。原材料は麦芽、ホップ、糖類、カラメル色素、醸造アルコール、食物繊維、大豆たんぱく、小麦スピリッツ、炭酸ガスです。アルコール度数8%の頂もあるので、アルコール度数が高いもがお好みの方はこちらも飲んで比較してみると良いかもしれません。

美味しい糖質ゼロビールでおすすめの人気ランキング5位「サントリーオールフリー」

美味しい糖質ゼロのビールでおすすめの人気ランキング5位のノンアルコールビールテイストのサントリーオールフリーはその名の通りアルコール、カロリー、糖質、プリン体の4つがゼロのノンアルコール飲料です。ノンアルコールといえどもあらどれない美味しさで、ビール類の香りを徹底的に解析して、ビールらしさののどごしの良さに効く香りの成分を開発しオールフリーに活かしました。

また、炭酸ガスをさらに高めることで刺激を与え飲みごたえをアップさせました。原材料にもこだわり、ビールと同じ二条大麦麦芽の中の一番麦汁だけを使用し、上品な香りと苦味が特徴のアロマホップを贅沢に使いました。そして、深層地下水の天然水100%で仕込み素材の特徴を引き立てた飲み物になっています。オールフリーだからこそ、いつでも美味しくビールの味を楽しむことができます。

オールフリーの栄養成分はアルコール分0%、エネルギー0Kcal、たんぱく質0g、脂質0g、糖類0g、食物繊維0~0.1g、ナトリウム0~7mg、プリン体0mgです。原材料は麦芽、ホップ、香料、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤、苦味料、アセスルファムKです。ノンアルコールなので、お昼の時間からアウトドアやレジャーをしながら飲んだりすることもでき、体のことが気になる方でもプリン体やカロリー0なのでおすすめです。

美味しい糖質ゼロビールでおすすめの人気ランキング4位「アサヒアクアゼロ」

美味しい糖質ゼロのビールでおすすめの人気ランキング4位の新ジャンルのアサヒアクアゼロは仕込みの工程で酵母の格好に影響を与えることが知られている3種類のミネラルのマグネシウム、カルシウム、カリウムを補いました。さらに、食物繊維も使用することで従来の糖質に配慮した新ジャンルとと比較して、飲みごたえを実現しよりビールに近い物になっています。

アサヒのすっきり系で美味しく、苦味と甘みのバランスがとても良いです。香りも良く、色もきれいでコクがある代わりにキレはなくビールに近い味わいとなっています。約肉や揚げ物などのかっつり系の料理にもピッタリでアウトドアのバーべーキューにおすすめです。糖質を気にされている方にはもちろんですが、飲みごたえがあるビールがお好みの方にはアクアゼロはおすすめの飲み物です。

アクアゼロの100ml当たりの栄養成分はアルコール分4%、エネルギー27Kcal、たんぱく質0g、脂質0g、糖質0g、食物繊維1.5g~2.0g、ナトリウム0mg~10mg、プリン体3.0mgとなっています。原材料は、麦芽エキス、ホップ、糖類、カラメル色素、食物繊維、酵母エキス、大豆たんぱく、調味料アミノ酸、硫酸Mg、硫酸Ca、リン酸K、甘味料アセスルファムK、スピリッツ大麦が含まれています。

美味しい糖質ゼロビールでおすすめの人気ランキング3位「クリアアサヒ贅沢ゼロ」

美味しい糖質ゼロのビールでおすすめの人気ランキング3位のクセがなくて飲みやすいクリアアサヒ贅沢ゼロは麦の使用量が現行の品と比較して36倍で味わい深い特徴を持つ国産のゴールデン麦芽を一部使用しています。更にアロマホップを使用した糖質ゼロの贅沢な味が楽しめるアルコール6%のビールです。香りが強く後味がしっかり残りすっきりとした味ですがのどごしが良くさわやかな糖質オフの第3のビールです。

クリアアサヒ贅沢ゼロの原材料は麦芽、麦芽エキス、ホップ、米、コーン、スターチ、糖類、カラメル色素、アルコール、食物繊維、大豆たんぱく、調味料、スピリッツ大麦になります。成分は100mlあたりアルコール分6%、エネルギー39kcal、たんぱく質0g、脂質0g、糖質0g、食物繊維1.5g~2.2g、ナトリウム0mg~8mg、プリン体1.9mgです。プリン体も抑えてあるビールになっています。

美味しい糖質ゼロビールでおすすめの人気ランキング2位「アサヒスタイルフリー」

美味しい糖質ゼロのビールでおすすめの人気ランキング2位の旨味がある糖質ゼロを実現したアサヒスタイルフリーは糖質をゼロにしながらも麦芽の風味や旨味を上手く残しているビールです。アサヒ独自の発酵度を高める製法を使い、うまみがある糖質ゼロを実現しました。安らぐことのできる、ファインアロマホップの香りやさっぱりとした後味が口の中に広がり、糖質がゼロで美味しいビールを選ぶのならスタイルフリーはおすすめです。

従来のビールに比べて麦の量を1.3倍に増やし、糖質はゼロですが麦の本格的な味わいと飲みごたえを高めた飲み物に仕上がっています。スタイルフリーは今年3月下旬にリニューアルしたばかりですが、以前のスタイルフリーと比較すると飲みごたえもアップしましたが成分などはほぼ変わりがなく食物繊維が少し多くなりました。

アサヒスタイルフリー100ml当たりの栄養成分はアルコール分4%、エネルギー24Kcal、たんぱく質0g、脂質0g、糖質0g、食物繊維0.1g~0.3g、ナトリウム0~12mg、プリン体3.1mgです。原材料は麦芽、ホップ、大麦、コーン、スターチ、糖類、カラメル色素、酵母エキス、食物繊維、大豆たんぱくになります。麦の使用料をスタイルフリー史上最大の麦1.3倍まで引き上げることに成功したスタイルフリーを味わいましょう。

美味しい糖質ゼロビールでおすすめの人気ランキング1位「キリン濃い味糖質0」

美味しい糖質ゼロのビールでおすすめの人気ランキング1位の深みと味わいがあるキリン濃い味糖質0はキリンのどごし生で培ったキリン独自のコクを味付けできる技術を採用して、深みのある味わいとボディー感を作り上げました。また、カラメル麦芽による麦の香ばしさやファインアロマホップによる引き締まった苦味が実感できる味わいに仕上げると同時にカロリーオフにすることもできました。

全体的にバランスが良く、アルコール度数が低いわりに味付けもしっかりしていて、糖質ゼロと言うことにびっくりしてしまうぐらいのビールでキレもあり、コクもあり美味しいです。糖質ゼロにも関わらずキリン独特のこくみのあるテイストを味わうことができるヘルシーなビールです。プリン体も60%オフと低カロリーになっています。

濃い味糖質0の100mlあたりの栄養成分値はアルコール分2.5%以上3.5%未満、エネルギー19kcal、たんぱく質0.1g~0.3g、糖質0g、糖類0g、食物繊維1.8g、ナトリウム0~10mg、プリン体0.6~1.7mgです。原材料は麦芽、ホップ、糖類、食物繊維、大豆たんぱく、酵母エキス、甘味料アセスルファムK、大麦スピリッツです。低カロリーでプリン体も抑えてあり、味も第3のビールとは思えないほどの味わいなのでおすすめです。

糖質ゼロビールについて知っておこう!

糖質ゼロの糖質とはなんでしょうか?それは食物繊維を除いた炭水化物のことになります。食物繊維は消化吸収がされず、エネルギーとはなりません。糖質は消化吸収されてぶどう糖や果糖になりエネルギーに変わります。過剰摂取するとぶどう糖が十分に消費することが出来ず血液中に残ってしまい高血糖を引き起こしてしまいます。それと同時にぶどう糖や果糖が脂肪に変わり肥満の原因となってしまいます。

そんな糖質を無くしたのが糖質ゼロビールになります。糖質ゼロと謳っていますがいますが、本当に含まれていないのでしょうか?糖質ゼロビールは体に悪いのでしょうか?脂肪に変わることはないと言うことですが太ることはないのでしょうか?糖尿病の心配はないのでしょうか?など詳しく紹介していきます。

糖質は本当に含まれていないの?

ビールといえば摂りすぎると太る糖質の量が気になるところです。ビールと発泡酒に含まれるカロリーと糖質の量を比較してみると、100mlあたり、ビールのエネルギーが約40kcal、糖質が約3.1gで発泡酒は約45kcal、糖質が約3.6gと商品によって異なりますが、実は発泡酒の方がカロリーも糖質も高いです。

糖質オフや糖質ゼロの発泡酒を見かけることが多くなってきましたが、糖質オフというのは、100mlあたり糖質量が2.5g以下のものとなり、糖質ゼロというのは100mlあたり糖質量が0.5g未満のものになり糖質ゼロと謳っていますが、必ずしも0gではなく、0.5g未満という事で、微量ですが含まれていることもあります。

糖質ゼロビールは体に悪いの?

糖質ゼロのビールは体に良くないを聞いたことがあるかもしれませんが、その原因は合成甘味料のアセスルファムKが添加されたものが多いことから言われるようになりました。アセスルファムKは砂糖の約200倍の甘味がありますが、自然界に存在しない化学合成物質で体内で分解されることなく、血液に乗って全身へめぐります。肝臓にダメージを与えたり、免疫力の低下や妊婦から胎児に移行することもあります。

できれば、アセスルファムKの含まれたものは席るだけ避けるようにしましょう。糖質ゼロのビールの中にもアセスルファムKが含まれてないものありますので、成分をよく見てから飲むことをおすすめします。また、甘味料の中でステビアを使ったものもあります。糖尿病の方にはおすすめの甘味料となりますが、発がん性や不妊の原因にもなると言われていたこともあるので飲みすぎには注意しましょう。

糖質ゼロビールは飲んでも太ることはない?

糖質ゼロと謳っていてもカロリーがゼロなわけではありません。アルコールにはカロリーがあるので太ることもあります。アルコールの度数が上がるにつれてカロリーが高くなります。また、糖質がゼロのビールを飲んでいてもおつまみなどをたくさん食べることでさらにカロリーを摂取してしまうこともあるので気を付けましょう。

糖質ゼロビール糖尿病の心配は?

糖質がゼロと言うことで血糖値が上がる心配はありませんが、アルコール自体が糖尿病への重大な影響を与えます。アルコールを摂取することで低血糖を引き起こす可能性があります。アルコールは肝臓に負担をかけるだけでなく、血糖値の中のインシュリンを分泌する膵臓の細胞も破壊することがあるので、糖尿病の方は、医師に相談してから、飲用するようにしましょう。

プリン体とは?

ビールというと糖質の他によく耳にする言葉がプリン体です。プリン体を摂りすぎてしまうと尿酸値が上がり痛風のリスクを高めてしまうと言うことでも知られています。プリン体は尿酸の原料でもあり一般的に肉類や魚介類に多く含まれています。プリン体の1日当たりの摂取目安量は400mg以下となっており、過剰摂取はしないようにしましょう。

アルコール飲料の中でプリン体を多く含むビールは原料のホップにプリン体が多く含まれています。アルコール飲料の中でビールはアルコール度数が低いことから何本も飲んでしまうこともあるためプリン体を多く摂取しがちの飲み物になってしまいます。そういうことを考慮しプリン体を抑えたビールや発泡酒が販売されるようになりました。プリン体が気になる方は手に取ってオフになっている物や0になっている物を選びましょう。

糖質ゼロビールのおすすめの人気商品を飲み比べてみよう!

今回「本当においしい糖質ゼロのビールおすすめ人気ランキングTOP15!」と題しまして紹介してしてきましたが役に立てたでしょうか?今では健康を考えて、糖質やプリン体を気にする方も増え、各メーカーからも糖質ゼロやプリン体ゼロ、人口甘味料不使用や低カロリーなど様々な物を減らして、減らした分味を落とさない工夫をして糖質ゼロのビールなどを開発し商品化しています。

各メーカーから様々な商品が出ているので、ついついスーパーなどで目にして購入するときに迷ってしまうかもしれませんが、自分にあったお好みの物を比較しながら糖質ゼロのビールを選び、今まで健康上ビールを我慢していた方やダイエットを考えている方にも美味しく楽しくビールを飲むことができるようになっているので、この機会にぜひ手に取って、ビールを味わいましょう。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ