アンチエイジングとはどんな意味か解説!老化を遅らせる方法がある?

アンチエイジングという言葉はよく聞くものですが、アンチエイジングとはどのような意味なのでしょうか?アンチエイジングのための食事やライフスタイルを実践する人は増えていますが、加齢に伴う老化を遅らせるアンチエイジングとはどのようなものなのでしょうか?今回はアンチエイジングの意味と廊下のメカニズムを踏まえた上で、具体的なアンチエイジングの食事や運動方法をチェックしましょう。

アンチエイジングとはどんな意味か解説!老化を遅らせる方法がある?のイメージ

目次

  1. 1アンチエイジングとは?
  2. 2アンチエイジングについて徹底解説
  3. 3老化のメカニズムを知ってアンチエイジング
  4. 4老化を遅らせるアンチエイジングの方法は?
  5. 5日頃の心がけがアンチエイジングにつながる

アンチエイジングとは?

アンチエイジングとはさまざまな業界で最近よく聞く言葉のひとつですが、果たしてアンチエイジングとはどのようなものでありその意味とは何なのでしょうか?アンチエイジング医学なども存在し、アンチエイジングのライフスタイルを実践することは美を保つだけでなく長く健康的に生きることにも直結するため重要だと考えられているようです。

今回は、そんなアンチエイジングとはどのようなものであり加齢に伴う老化のメカニズムとそれを遅らせるための具体的な方法をみていきます。アンチエイジングは美容・美肌のためだけだと思われがちですが、総合的な健康のために重要であり、実践すべきポイントは睡眠・食事・運動などにまで渡るので、ぜひ具体的にチェックしてみましょう。

アンチエイジングについて徹底解説

アンチエイジングとは最近メディアでもよく聞く言葉ですが、そんなアンチエイジングとはどのようなものなのでしょうか?アンチエイジングはなんとなく健康のために重要であることは想像がつきますが、アンチエイジングとはどんな意味でアンチエイジング医学の定義や内容なのかを把握しておき、効果的なアンチエイジングにつなげましょう。

アンチエイジングの意味

アンチエイジングとは英語では「antiaging」となりますが、これは「anti(対抗する)」と「aging(加齢)」という単語に分けられます。つまりアンチエイジングの意味とは加齢に対抗することであり、日本語でアンチエイジングとは抗老化・抗加齢などと呼ばれることもあります。アンチエイジングとは、加齢を少しでも食い止めるということなのです。

エイジングに対してのアンチという響きは、ともすると不老不死を目指すような意味合いに捉えられることもありますが、アンチエイジングは決して不老不死のような無理難題を目指すことではありません。現代の発達したサイエンスでも死というのは避けられませんが、アンチエイジングはそこまでのプロセスを変えるということを意味します。

人間を含めすべての生物というのはいつか死を迎えてしまうものですが、それまでの過程においてどうしてもずっと若々しく健康な状態を保つというのが難しくなってきます。それが加齢に伴う老化の現象であり、その影響は肌のシワやシミなど見た目に現れる問題、諸器官の機能的な衰え、さらには臓器の病気などの形となって現れるのです。

そのため、アンチエイジングの取り組みとは日々の生活の中で、見た目的にも身体の機能的にも少しでも長く若く健康的に自身を保つということが肝となります。このことは男女問わず共通してほとんどの人が願うことであり、どうしても抗いきれない老化ではあるもののその衰えのペースを少しでも緩やかにすることが目標となるでしょう。

そんなアンチエイジングのためにさまざまなスキンケア商品が登場して、いつまでも若々しい見た目を保つための体制はこれまでの時代よりも整ってきたと言えるでしょう。さらにスキンケアだけでなく運動などによって健康を維持しようとする動きや、少しでも長生きすべく医療によって病気を食い止められる可能性というのもかなり広がっています。

そんな中でアンチエイジング医学のように、さまざまな知識と技術を駆使した現在ならではの予防医学の動きも盛んになるようになりました。そんなアンチエイジング医学についてもその意味や定義、内容を把握してアンチエイジングの一助としたいものですが、最近ではサクセスフル・エイジングのような概念も登場し、話題を呼んでいます。

サクセスフル・エイジングとは直訳すると成功的な加齢を意味しますが、加齢していく中で老化を食い止めて長生きすることだけでなく、生活の質を維持して幸福な人生を最後まで全うするというようなより包括的な意味合いも含んでいます。この考え方の中では、身体的な健康だけでなく精神的な健康や幸福度などの要素も重要になっています。

もちろんこのサクセスフル・エイジングの一部として、アンチエイジングを行って長寿を目指すとともにいつまでも美しく若い姿を保とうとする努力というのは非常に重要だと考えられています。そんなアンチエイジングの実践のために、アンチエイジング医学の内容や加齢と老化のメカニズムなどもしっかりと理解しておきたいものです。

アンチエイジング医学がある

アンチエイジングとは主に加齢に対抗することを指しますが、そのために取り組むべきポイントというのは案外多いものです。アンチエイジングとは加齢・老化に伴い起こりやすくなる病気を予防するという意味も含まれますが、そのためにも最近発展してきたアンチエイジング医学というものの存在を認識しておくことは重要かもしれません。

アンチエイジング医学とは文字通りアンチエイジングのための医学であり、基本的には医療的なアプローチによって加齢・老化とともに起こりやすくなる動脈硬化や各種がんなどの老化が大きな原因のひとつとなっている病気の発生と悪化を予防することがメインの目的となります。それによって、健康長寿を目指すというのが基本の考え方です。

このようなアンチエイジング医学が最近重要視されている背景には、医療技術の発達に伴い予防できる病気の範囲が拡大されている一方で、日本においても不健康な食生活やテクノロジーが発達したからこその運動不足などが問題視されるようになったことがあります。技術の発達は、メリットだけでなく様々な弊害も現代人にもたらしたのです。

しかし医療技術も発達しているからこそ、医療的なアプローチの介入によって加齢・老化に伴う病気を予防しようというのがアンチエイジング医学です。医学・医療というと薬や手術のイメージもありますが、アンチエイジング医学とは加齢に対抗するということで根本的に予防医学となっており、日々の生活に根ざした医学となっているのです。

このようなアンチエイジング医学の感覚を取り入れることは、現在若い人にとっても重要なことであり、日々の生活からアンチエイジングのためのちょっとした心がけや努力を行うということにつながるのです。アンチエイジング医学の存在を知ってさまざまなアンチエイジングを実践するかどうかで、数十年後の結果には大きな差が生まれそうです。

このようにアンチエイジング医学が発達してその実践によって健康的に長生きする人が増えるということは、少子高齢社会において高齢者が現役として働き生活の質を保つということにもつながります。つまりアンチエイジング医学とはまさしく今の時代に即したものとして認知度が高まっており、そのメリットはかなり大きいと言えるでしょう。

アンチエイジング医学とは生物学的・細胞学的な見地から病気予防などを行うわけですが、その取り組みの領域というのは予想以上に広いものです。アンチエイジングとは個人が健やかに長生きするために重要ですが、その具体的な内容についても理解を深めて、ぜひ自分の日常レベルでうまく活用できるようにしたいものです。

アンチエイジング医学の定義と意義

アンチエイジング医学の定義は最新の医療技術なども駆使して、以前では不可能であったような病気予防などを行うということであり、医学的な介入によって老化に対抗するということを指します。そしてその意義としては少子高齢社会において、高齢者であっても健康的で現役の働き手を増やし社会を活性化できるということも含まれているようです。

そのような意義まで考えるとなんとなく大それたことにも思えるようなアンチエイジング医学ですが、もちろん根本的には個人が廊下に対抗してできる限り健康的かつ若々しく生きるということに他なりません。40年ほど前までは医療技術による抗老化への介入というのは不可能と思われていましたが、技術の発達した現代だからこそ可能なのです。

そんなアンチエイジング医学の取り組みとしては、かなり幅広い分野・領域に及びます。脳神経科に関してのアンチエイジングではアルツハイマー病など60代以降に発症することが多く不可逆的な重病への予防はもちろんのこと、ストレスなどの日常的なレベルでの取り組みも重視されており、生活療法を施すというケースも少なくありません。

つまり、大それて響くこともあるアンチエイジング医学ではあるものの、単に最先端の医療技術を駆使して以前は予防が不可能だった病気の予防を行うということだけでなく、日常レベルで運動療法や精神療法なども含めて予防治療を施すというのが中枢をなしています。その考え方の中には、普段の食事や睡眠、運動なども当てはまるのです。

特にストレスに対する療法やサプリメンを活用した予防・治療などは、従来の医学ではあまり適用されてきませんでしたが、アンチエイジング医学においてはこれらも時と場合に応じて奨励されることがあります。もちろんこれらも医師の指導のもとでエビデンスを重視した方法で行われ、全く根拠がない方策がとられるわけではありません。

もちろんまだまだ発展途上の分野ではあるため、今後ますますアンチエイジング医学の定義やその内容が変遷していくことは考えられますが、より一層の技術の発展に伴って確実性が増し治療の幅も広がっていくことが予想されています。現在でもアンチエイジング医学の領域は皮膚科・整形外科から眼科・歯科・耳鼻科などまで広くカバーされています。

特に動脈硬化やがんなどの加齢・老化に伴い発症しやすくなる病気を予防することはアンチエイジング医学における大きな意義・目的のひとつですが、そのような目的やそれ以外の目的のためでもアンチエイジング医学を取り入れ日常生活の中でアンチエイジングのために行えることは、予想以上に多岐にわたるので具体的にチェックしましょう。

老化のメカニズムを知ってアンチエイジング

アンチエイジングとはその分野が以前にも増して拡大しており、最近ではアンチエイジング医学なども確立されつつあることで、アンチエイジングのために行える選択肢の幅も広がっています。そんなアンチエイジングを行うためにまずしっかりおさえておきたいこととしては、加齢とそれに伴う老化のメカニズムというのが挙げられるでしょう。

老化の原因は酸化と糖化

アンチエイジングとは老化に対抗することを意味しますが、そのためには老化の原因とメカニズムというのをまずはしっかりと把握しておきたいものです。老化に対して闇雲に対抗するのではなくあくまでサイエンスに基づいた対策を行うためにもまずしっかり理解しておきたい老化の原因ですが、それは基本的に酸化と糖化にあるとされています。

以前までは老化の概念やメカニズムなども解明されておらず、それに対抗しようにも方策が乏しいという状態でした。しかし、現代医学においては老化の原因は主に身体の酸化及び糖化であるということが判明しており、この身体の酸化と糖化というものがどのようなものでありそれに対してどうするかによってアンチエイジングの質が変わります。

アンチエイジングとは老化に対抗して病気の予防などを行うことですから、まずは老化の根幹的な部分に対してしっかりと理解を深めておくということが重要だと言えます。老化の原因となっている酸化と糖化というものがどのようなものかを知った上で、ぜひ酸化・糖化それぞれにしっかり対抗できる取り組みというものを実践したいものです。

テクノロジーの発展に伴い医療技術もかなり発達した一方で依然アンチエイジングとは一筋縄ではいかないものであるとも言われていますが、そんな一筋縄ではいかないアンチエイジングをうまく成功させるためには、身体の糖化・酸化につながっている日常生活の原因とは何であり、日常レベルで効果的な対策を効率よく行っていきたいものです。

老化の原因の酸化について

老化の原因のひとつとなっておりアンチエイジングとは何かを理解する上でも重要な現象が、酸化です。身体の酸化とは、活性酸素の大量発生によってそれが原因となってさまざまな病気が引き起こされていきます。加齢に伴い病気になりやすくなる原因のひとつこそが酸化であり、酸化とは死ぬまでのプロセスで避けることのできない現象です。

避けることのできない現象とは言っても、その程度には個人差がありアンチエイジングとは何かを知り抗酸化の取り組みを行う人とそうでない人とでは、健康状態にかなりの違いが見受けられるものです。活性酸素というのは普段人間が酸素を利用してエネルギーを作る際にどうしても出てしまう物質であり、発生をゼロにすることはできません。

普段普通に生活をしているだけでも活性酸素というのは発生しているものですが、この活性酸素は若く健康的な人の場合には病気などの症状にならないように酵素などの働きによって無毒化されているものです。しかし、年齢を重ねるとともに活性酸素の割合は高まっておりその無効化の働きが追いつかなくなると、何らかの症状が起こるものなのです。

活性酸素は普通に生活するだけでも加齢とともにどうしても増えてしまうものですが、その原因としてはストレスやタバコ、紫外線や暴飲暴食、食品添加物なども挙げられるのです。つまり、あまり体によくないとわかっていながらやめられない習慣などにも体を蝕む要因があり、これにより肌のシミや動脈硬化などの病気が発生することもあります。

このような活性酸素の働きを抑えてくれるのは酵素だけでなく、抗酸化物質と呼ばれる成分もあり、それは食品などから取り込むこともできます。ビタミンCやビタミンEなどは抗酸化物質として有名ですが、ポリフェノール類も代表的なものでしょう。抗酸化物質を取り込むことは、肌を若々しく保ったりガンなどを予防することにもつながります。

老化の原因の糖化について

お伝えしたように老化の原因のひとつは酸化と呼ばれる現象であり、完全に活性酸素の働きを無効化することはできないものの、抗酸化物質の働きなどもうまく活用することでアンチエイジングを行うことができるかもしれません。そんな酸化とともに老化の原因としてしっかりおさえておきたい身体の現象が、糖化と呼ばれる現象なのです。

糖化というのは文字通り糖分によって身体が蝕まれていくことですが、原因となっている物質はAGEs(終末糖化産物)と呼ばれるものです。この物質はタンパク質の糖化によって生成される物質であり、これが体内に蓄積されると血管系の病気のリスクなどが高くなります。この糖化のスピードは個人差がありますが、放っておくのは危険だと言えます。

糖化を端的に理解するためには、ケーキなどを焼く際にこんがりと焼き色がつく際のことを想像すると簡単ですが、あのようにメイラード反応とも呼ばれるこの化学反応は体内でも起こっています。この極端な例が焦げですが、この焦げのような現象が体内で起こってしまうと肌のくすみ・シミなどにつながるだけでなく、病気の原因にもなり得るのです。

身体内に入った糖質は筋肉などの原料となっているタンパク質と結びつきますが、この働きによってタンパク質が劣化し、それが蓄積して病気の原因などにもなるのがAGEsです。もちろん糖質は人間にとってのエネルギー源でもあるために糖質そのものを断ち切ることはできませんが、食事方法などを工夫するだけでも糖化の予防にはつながるのです。

高血糖状態が長く続くと身体の糖化に拍車をかけることになるので、できるだけそうならないように血糖値が急上昇するような食事を控えることが重要です。食物繊維を先に摂取することや食後のウォーキングなどの運動も糖化予防につながる対策として知られているので、身近なところから糖化に対抗するアンチエイジングを始めたいものです。

老化を遅らせるアンチエイジングの方法は?

お伝えしたようにアンチエイジングとはアンチエイジング医学などの考えも取り入れて老化に伴うさまざまな現象を食い止めることですが、老化の原因は主に糖化と酸化にあることがわかりました。そんな糖化や酸化の働きを最小限に抑えるためにも、食生活から睡眠・運動に至るまで行えるアンチエイジングの具体的な方法をみていきましょう。

食生活を見直して老化を遅らせよう

アンチエイジングとは老化に伴い酸化・糖化を防ぐということになりますが、その上で行える対策としてまず挙げられるのが食生活の見直しです。食事で摂取する食べ物は人間が生きていく上でのエネルギー源になりますが、どのような食べ物を選びどのような食べ方をするかによって、糖化や酸化などの動きにも影響が出てしまうものなのです。

そのため、アンチエイジングを行う際には酸化・糖化の意味を抑えた上で、それらの働きを最小限にとどめられるような食べ物を食べ、食べ方も工夫する必要があると言えます。アンチエイジングとは一筋縄でいくものではありませんが、普段の食事が将来の自分の健康につながっているということをまずはしっかりと認識することが重要だと言えます。

老化の原因のひとつとなる酸化を防止するためにはその働きを予防できる抗酸化物質が含まれている食品を食べるのが望ましいでしょう。これらにはビタミンや植物のみに含まれるポリフェノールなどが挙げられます。また、糖化に対抗するためには調理法を加熱しすぎないように工夫したり、血糖値が上がりづらい食品を選んだりしたいものです。

アンチエイジングにつながる食事の食べ方としては、血糖値の急上昇を防ぐために食物繊維を含んでいるサラダなどを先に食べたり、血糖値が急上昇しづらい朝食もしっかり食べることが挙げられます。さらにAGEsをできるだけ摂取しないためにはグリル料理などより蒸し料理を多めに食べることなどの工夫も、効果的だと言われています。

抗酸化作用がある食べ物「孫は優しいよ」を食べよう!

お伝えしたように食事の仕方というのもアンチエイジングに関わっていることであり、かなり重要度が高いと言えます。そしてアンチエイジングとは摂取する食べ物の種類によっても質が変わるものであり、できるだけ抗酸化作用のある食べ物を意識的に食べることで、身体の酸化を少しでも防ぎ、酸化に伴う病気や肌トラブルなども予防しましょう。

アンチエイジングのためには、ぜひ糖化・酸化を防ぐことにつながるような食べ物を摂取したいですが、その代表格と言われているのが「孫は優しいよ」で知られる食品群です。これは豆類・ごま・わかめなどの海藻・野菜(緑黄色野菜)・魚類・しいたけなどのきのこ類・芋類・ヨーグルトなどの乳製品の頭文字をとった総称となっているようです。

もちろんこれらの食品を毎食食べるというのは非常に難しいかもしれませんが、一日のうち一食分だけでもこれらの食品を最大限に取り入れられるように意識するだけでも、栄養バランスがとれ美容にも役立つ食生活を実践することにつながりそうです。「孫は優しいよ」は、アンチエイジングのために食べるべき食品の基準となることでしょう。

もちろんこの「孫は優しいよ」に該当する食品以外にもアンチエイジングに役立つ食べ物というのは案外多いですが、この「孫は優しいよ」に含まれる海藻やヨーグルトなどは特に気軽に取り入れやすいとされています。さらにこのような食品を食物繊維が多い順で食べて、血糖値が上がりにくいような状態を実現することも実践したいものです。

抗酸化作用や糖化しにくい食べ物を摂取しよう

アンチエイジングとはどのような食べ物をどのような食べ方で摂取するかということが深く関わっていますが、老化の原因のひとつである酸化に対抗するためには抗酸化作用のある食品を取り入れたいものです。さらに、AGEsが発生しにくいような食品を取り入れることで、体内での酸化・糖化というのを最小限におさえることが可能かもしれません。

抗酸化作用のある食品にはさまざまなタイプのものが挙げられますが、代表的なものとしてはまずビタミンCやビタミンEなどのビタミン類を多く含む食品が挙げられます。ビタミンCはアセロラや柑橘類、野菜全般や芋類などに特に多く、ビタミンEはかぼちゃやアボカドなどの野菜やアーモンドなどのナッツ類、卵などに多く含まれているようです。

また、抗酸化作用というのはビタミン類だけでなく植物特有のポリフェノールという成分にも期待できます。ポリフェノールにはさまざまな種類がありトマトのリコピンや緑茶のカテキンなどはその一部ですが、緑黄色野菜や果物、お茶・コーヒー・ワインなどの植物由来の食品にアンチエイジングに役立つポリフェノールは含まれているようです。

また、できるだけAGEsが発生しないようにするためには血糖上昇率の低い食品をうまく取り入れるということも非常に重要です。例えば同じ主食となる炭水化物でも、白米や食パンなどは血糖上昇率が高いのに比べて、そばやパスタなどは比較的上昇率が低いです。また、野菜の中でもジャガイモや人参はこの数値が高いので注意が必要です。

また、この影響というのは調理法によっても異なるので、できるだけ高温加熱などを経ないヘルシーな料理を楽しむというのもアンチエイジングの一環として行いたいものです。その上で抗酸化物質が多い上に食物繊維も多い野菜類を先に食べるなどの食べ方も工夫して、ぜひ効率的なアンチエイジングを実践していきましょう。

質の良い睡眠をとろう

お伝えしたように酸化・糖化の意味を把握して食生活を見直すことはアンチエイジングにつながるため、今日からでも実践したいものです。また、アンチエイジングとは食生活以外においても対策を行うことが重要となりますが、数ある対策の中でも毎日とらないわけにはいかない睡眠の質を高めるということが、アンチエイジングにつながるのです。

睡眠は最強のアンチエイジングと言われることもあり、睡眠に何らかの問題がある人は将来的に健康に弊害が生じやすくなる傾向にあるとされています。不眠症や過眠症などの睡眠に関する問題は、心筋梗塞のリスクを高めるとも言われていますが、食事で摂取した栄養を吸収して体内で活性させるためにも睡眠というのは欠かせない行為なのです。

さらに睡眠中に分泌される成長ホルモンというのは身体の諸器官の機能維持や肌のターンオーバーなどにも関わっているので、このホルモンの恩恵を受けるためにも睡眠時間というのはしっかりと確保する必要があります。とは言っても睡眠時間は長ければよいのではなく、ある研究では7時間程度の人が心臓病のリスクがもっとも低かったようです。

加齢に伴って眠りづらくなる問題が生じる上に睡眠時間というのも基本的には少なくなるものですが、7時間を目安に自分にとって理想的な睡眠時間をしっかり確保して、ただ休息しているだけでもアンチエイジングになる睡眠の恩恵を最大限に引き出しましょう。そしてそんな健やかな睡眠のためにも、適度な運動というのは非常に役立つことでしょう。

適度な運動を心がけて肥満を避けよう

アンチエイジングとは単に食事の見直しだけで達成できるものではなく、睡眠もアンチエイジングのために非常に重要な役割を果たすことがわかりました。そんなアンチエイジングにおいては適度な運動を行うことも奨励されていますが、運動の意味とは加齢とともに下がる傾向にある基礎代謝を上げることであり、肥満防止にもなります。

加齢とともに代謝が落ちてしまうのも老化現象のひとつですが、そのせいで肥満などになると血管系の病気のリスクなどが高まってしまうものです。それを防ぐためにも代謝効率を維持することは非常に大きな意味をもちますが、そのためには適度な運動を取り入れて筋肉量を落とさないようにし、基礎代謝を上げて老化に対抗したいものです。

運動と言っても色々なタイプのものがあり、ランニングなどの有酸素運動は脂肪燃焼や心肺機能の強化のメリットがありますが、筋力トレーニングなどは基礎代謝をアップさせるとともに生活習慣病の予防にもつながるという意味があります。もちろんこのような運動を頻繁に行えない人でも、ジョギングなどを取り入れることは大きな意味をもちます。

現代人は長時間座りっぱなしの状態が続くというケースが多いものですが、そのような状態を改善するというだけでもアンチエイジングの一助となるでしょう。さらに適度な運動は快眠にもつながり、睡眠の効果も最大限に高めてアンチエイジングの効率化につながるので、ぜひ適度な運動もアンチエイジングのために行ってみてください。

日頃の心がけがアンチエイジングにつながる

今回は、アンチエイジングとはどのようなものであるかについて具体的にみてきましたが、いかがでしたでしょうか?アンチエイジングは最近ではアンチエイジング医学などまで存在するほど大きな流れ・動きとなってきていますが、睡眠や食事、運動などライフスタイルの身近な部分から実践できるアンチエイジングは案外多いようです。

サイエンスが発達してアンチエイジング医学も確立されつつある現代だからこそ、最新の情報をもとに効果的なアンチエイジングを行いたいものです。まずはしっかりと加齢に伴う老化現象について理解を深め、それを食い止めるために日々行えることを少しずつ実践して、いつまでも若々しく健康な心と体を目指してみてはいかがでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ