スポーツドリンク粉末タイプのおすすめは?値段や成分も比較紹介

運動やスポーツに最適な飲料がスポーツドリンクです。粉末状のスポーツドリンクは液体状のものと比較してコストパフォーマンスに優れています。一言で粉末スポーツドリンクといってもその種類はたくさんあります。価格が安いだけでなく、糖質濃度や含有成分など機能面に関しても理解しておく必要があります。おすすめの粉末スポーツドリンクを安い順に比較して紹介します。また成分や特徴などの違いの比較についても詳しく説明します。

スポーツドリンク粉末タイプのおすすめは?値段や成分も比較紹介のイメージ

目次

  1. 1スポーツドリンク粉末タイプのおすすめは?
  2. 2スポーツドリンクの効果
  3. 3スポーツドリンクを成分で選ぶ場合のポイント
  4. 4スポーツドリンクを成分を比較してシチュエーションで使い分ける
  5. 5スポーツドリンク粉末タイプを値段を安い順に比較
  6. 6スポーツドリンク粉末タイプを効果的に活用しよう!

スポーツドリンク粉末タイプのおすすめは?

ランニングやウォーキング、近所のスポーツジムに通うなど体を動かすことは健康維持には欠かせません。スポーツをすることで体力を維持するだけでなくストレス発散などの効果もあります。手頃にできるスポーツが人気になっている今、スポーツドリンクも比例して話題になっています。失われた水分や栄養素を的確に補充するには水やジュースではなく、スポーツドリンクがおすすめです。

プロのスポーツ選手も愛用しているスポーツドリンクには様々な種類があります。店頭で販売されているポカリスエットやアクエリアスが有名ですが、それ以外のメーカーからも数多くのスポーツドリンクが販売されています。中でも液状で販売されているものではなく、粉末状のスポーツドリンクが人気になっています。保存期間が液状よりも長い事、手軽にもち運びでき、水さえあれば、いつでもどこでもスポーツドリンクが作れます。

さらにコストパフォーマンスが高く、液状で購入するより安上がりになることです。部活や団体などで大漁にスポーツドリンクを使用するときには重宝します。スポーツドリンクは普通の水やミネラルウォーターと比較して何が違うのでしょうか?スポーツドリンクの成分について詳しく紹介します。また、数ある粉末状のスポーツドリンクでおすすめの商品とその特徴について紹介します。運動するときに参考にしてみてください。

スポーツドリンクの効果

運動中の水分補給に

人間の体はその過半数が水分で構成されています。人間が一日に必要とする水分量は体重によって異なりますが、体重40キロの場合1740ミリリットル、50キロの場合2180ミリリットル、60キロの場合2610ミリリットル、70キロの場合3050ミリリットル、80キロの場合3480ミリリットル必要とします。2リットル以上は普通に水分補給しなければ生きていけないです。もちろんこれは通常時の水分補給量です。

夏の暑い日や運動やスポーツをしたときには発汗するため、失われる水分もより多くなります。つまり、失われた水分は補充する必要があります。状況によってこれ以上の水分を意図的に補給しないと熱中症などにかかりやすくなります。正しい水分補充は病気にかかりにくくなったり、肥満を防止したり健康上非常に重要な役割を持っています。水分を補充するのに欠かせない飲み物の一つにスポーツドリンクがあります。

水分補充の際はスポーツドリンクが一番と考えている人も少なくはないのですが、生活スタイルや水分が失われる状況によっては決してスポーツドリンクがベストとは限りません。水を飲むほうが良い場合もあります。スポーツドリンクには水分を効果的に体内に取り込むための工夫がなされています。そして塩分や糖分など水分以外の成分も数多く含まれています。味がついているものはその味の成分も含まれています。

デスクワークなどあまり体を動かさない状態でも一日に必要な水分の補充は必要です。これは人間の体を維持するために水分が必要不可欠だからです。その場合、水を飲むのが効果的です。失われるのは水分だけですので補充するのも水分だけにとどめたほうが良いのです。ポイントは汗をかく量で判断することです。短時間で大量の汗をかくようなシーンでは水分と同時に必要な栄養素も同時に体外に排出され栄養不足になります。

その状態で水分だけを補充しても体内の栄養素が不足している状態は継続します。これを回避するために利用するのがスポーツドリンクです。水分と同時に栄養素を補充して体のバランスを維持させるためです。運動やスポーツ時にはスポーツドリンクを飲むのが効果的と言われているのはこのためです。同じ大量の汗をかく夏の猛暑日などでは汗を短時間でかくわけでない為、水分補充だけで十分なのです。

短時間に大量の汗をかいていないのにスポーツドリンクを飲むと糖分や塩分の過剰摂取になります。つまり、体内に糖分や塩分が蓄積するようになり、肥満になりやすくなったり、病気になりやすくなったりします。ペットボトル500ミリリットルのスポーツドリンク1本は子供の一日に必要なカロリー量を超過しているほどです。運動せずに飲み続けることは肥満の要因になりかねないのです。

Thumbリボンナポリンとはどんな飲み物?北海道限定飲料を徹底調査! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

電解質の補給効果

一般的に汗をかくと放出される塩分と呼ばれているものは正式には電解質です。主にナトリウムなどが電解質に該当します。当然ですが、水を飲むだけでは電解質を補充することはできません。水を飲んでも脱水症状に陥ることがあります。これは水分は足りていても電解質が不足しているためです。そのため電解質を含んだスポーツドリンクを飲むことで適切に電解質を補うことができます。

電解質は体の維持に欠かせない成分です。電解質はカリウムやカルシウム、ナトリウムなどがありますが、特にナトリウムはグルコースの働きに大きな影響を及ぼしています。細胞の内外ではナトリウムの濃度を意図的に変化させています。浸透圧を発生させて取り込む栄養素の制限をかけています。ブドウ糖であるグルコースを細胞内に取り込む時にはこの浸透圧を利用してナトリウムとともに細胞内に取り込む仕組みです。

しかし発汗することでナトリウムの量が減少し、浸透圧のバランスを崩します。するとブドウ糖であるグルコースを細胞の中に上手に取り込む事ができなくなります。その結果、エネルギーを作り出すことができなくなりパフォーマンスが低下します。運動し続けると疲れてパフォーマンスを出せなくなる要因の一つがこのエネルギー代謝の低下です。ナトリウム以上にカルシウムは突然死を及ぼしてしまうこともあります。

カルシウムイオンは心筋の収縮にも利用されています。脱水症状によりカルシウムイオンが少なくなると、心室細動が生じる可能性もあります。電解質喪失は心臓の動きにも影響を及ぼします。長距離ランナーが突然死を起こしてしまうのはこの電解質喪失によりカルシウムイオンが大幅に不足してしまうことが要因です。電解質を補うのはスポーツドリンクが最適です。塩でも良いのですが、塩は主にナトリウムの補充にとどまります。

カリウムやカルシウムを塩で補充することはできません。そこで最適な配合バランスを保ったスポーツドリンクを用いることが必要です。長距離競技の定点に配置している給水所に配置している水は電解質を効果的に補うようにバランス調整されたスポーツドリンクです。のどの渇きを感じたときにはすでに遅い状態です。取り込まれるまでには時間を要する為、失われる前の定期的な補充が効果的です。

スポーツドリンクを成分で選ぶ場合のポイント

ナトリウムの量を見る

スポーツドリンクは様々な種類がありますが、それぞれ含まれる成分が異なります。どれも同じではありません。スポーツドリンクは失われた水分以外の補充を水分と同時に行えるのが魅力です。そのため、成分がどの程度失われるかによって選ぶのがポイントです。まずナトリウム量です。ナトリウムは塩分です。スポーツドリンクに含まれる塩分量で判断します。ナトリウムは主に電解質として利用されます。

市販のスポーツドリンクで見てみるとポカリスエットは1リットル当たりナトリウムが490ミリグラム含まれています。一方アクエリアスは400ミリグラムです。ただ他に含まれる成分もあります。アクエリアスはアミノ酸や人工甘味料なども多く含まれています。どの程度の運動でどの程度のナトリウム補充が必要なのかは一概に言えませんが、1リットルの汗をかいた場合、約1150ミリリットルのナトリウムを失うことになります。

つまり、1リットルの汗をかくような激しい運動をした場合、市販のスポーツドリンクであるポカリスエットやアクエリアスは2リットル飲んでもまだナトリウムが不足している状況です。もちろんスポーツドリンクで摂取するのはナトリウム以外の成分もあるため、ナトリウムが不足している反面、ほかの成分は過剰摂取している可能性があります。糖分である炭水化物は多く含まれているため、明らかに過剰摂取になってしまいます。

ナトリウムをスポーツドリンクの一つの判断基準にして摂取しようと試みても全体的にはアンバランスになってしまいます。そのためナトリウムだけでスポーツドリンクを選択するのは危険な判断です。総合的に判断するのが効果的です。プロの飲用するスポーツドリンクはそれぞれの成分が細かく調整された個人専用のオリジナルのスポーツドリンクになっているのです。

糖質の濃度で吸収率が変わる

スポーツドリンクにもう一つ比較する必要があるのが糖質です。成分表記では炭水化物と表記されていることが一般的です。炭水化物の含有量はポカリスエットで1000ミリリットル当たり62グラム、アクエリアスで47グラムです。角砂糖1つの重さが5グラムですので、62グラムであれば、角砂糖12個分に相当する量が1リットルのペットボトルに含まれています。参考までにコーラは1リットルあたり100グラムを超過しています。

炭酸飲料や清涼飲料水と比較すると糖分は少なめになっていますが、それでも過剰なほどの糖分が含まれているのが市販のスポーツドリンクです。しかし糖分は濃度によって吸収率を高める効果があるため、必要な成分でもあります。運動中のエネルギー源になるのが糖質です。ナトリウムと一緒に摂取することで水分の吸収を高める働きを持っています。糖質濃度が1.5パーセントから8パーセント程度が最も吸収率を高めます。

そのため、ある程度糖質が高いほうがスポーツや運動時の水分補充をより効果的にしてくれるため、スポーツドリンクには糖質が欠かせません。しかし運動をしていない平穏時にスポーツドリンクを飲むと糖分過剰になり肥満の要因になるため注意が必要です。糖質の量はどの程度の発汗や運動量があるのかを見極めて選択するのが賢いスポーツドリンクの選び方です。

Thumb乳飲料とはどういう飲料水?牛乳・加工乳の違いも詳しく解説! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

スポーツドリンクを成分を比較してシチュエーションで使い分ける

粉末タイプのスポーツドリンクは様々な種類があります。糖分濃度が高いものはアイソトニックと呼ばれています。逆に糖分濃度が低いものはハイポトニックと呼ばれています。さらに糖質や塩分以外の成分が含まれているかどうかによっても変わります。状況に応じてスポーツドリンクを使い分けるのがおすすめです。共通して粉末タイプは液体タイプと比較して糖質が少なくなっているのが一つの特徴です。

発汗量が多い時におすすめのスポーツドリンク

夏場や発汗量が多い時に選択したいおすすめのスポーツドリンクがイオンウォーター、アミノバリュー、アミノバイタル、スカイウォーターなどです。発汗量が多い時には、水分と塩分の補充を第一に考えたスポーツドリンクがおすすめです。糖分濃度は3パーセントから4パーセント程度で浸透圧が低いハイポトニックで素早く吸収される特徴を持っています。カロリーも低めであるため、太るなどの心配も軽減されます。

運動前や長時間の運動時におすすめのスポーツドリンク

長時間の運動を行うときにおすすめなスポーツドリンクはポカリスエット、アクエリアス、アクエリアスビタミンなどです。長時間の運動はエネルギーを想像以上に使用します。また血糖値も下がります。そのため糖分濃度が比較的高めのスポーツドリンクがおすすめです。糖分濃度は6パーセントから8パーセントです。すぐにはエネルギーに変換されない為、運動時はもちろんの事、運動前に飲むのも効果的です。

長時間の運動では成分補充を考慮することで適切なエネルギー補充をすることができます。まだ運動量が少ない運動開始直後に糖分濃度が高いスポーツドリンクを飲んでも効果はあまり出ません。むしろ水分、塩分の方が重要です。そのため開始直後にはアイソトニック、そして時間が経過するにつれでハイポトニックに変化させることでバランスのとれたエネルギーと水分補充ができるように工夫することもできます。

減量中におすすめのスポーツドリンク

減量中やダイエット中に飲むおすすめのスポーツドリンクはVAAMウォーター、ファインイオンドリンクなどを利用するのがおすすめです。これらに共通しているのは糖質濃度が低いアイソトニック飲料であることとカロリーが極めて低いことです。ダイエットや減量で大敵なのはカロリーです。もちろん、発汗量が多い時や長時間の運動を行うときにはそれに適したスポーツドリンクを利用するのが最も効果的な方法です。

スポーツドリンク粉末タイプを値段を安い順に比較

第10位「アミノバリューパウダー」1Lあたり約217円

粉末タイプのスポーツドリンクは液体タイプと比較して価格が安い特徴があります。価格が安い順に10商品紹介します。アミノバリューパウダーは10位です。1リットル当たりの価格は217円です。液体タイプと比較すれば、すでに十分安い価格です。市販は1リットルタイプが5袋入って1087円で販売しています。大塚製薬が販売している粉末スポーツドリンクです。必須アミノ酸が体の疲労感を和らげる効果を持っています。

飲みやすいシトラス風味であるのが特徴です。糖分濃度は約4パーセントで粉末タイプのスポーツドリンクの中では中間に位置しています。逆にアミノ酸など糖分や塩分以外の成分が多く含まれているのが特徴です。スポーツや運動で発生する疲労感を和らげる効果を重点的に開発された粉末スポーツドリンクです。通販でも販売しています。5パックセットでさらに割引するなどお得です。

第9位「アミノバイタルウォーター」1Lあたり約205円

次はアミノバイタルウォーターです。味の素が製造、販売している粉末タイプのスポーツドリンクです。価格は1リットル当たり205円です。市販は500ミリリットルを5袋セットにして512円で販売しています。糖質濃度は3パーセントで、ハイポトニック寄りの製品です。BCAAアミノ酸を配合しているとともにハイポトニックなので水分吸収率が非常に高いのが特徴です。飲みやすい爽やかな味に仕上げています。

第8位「VAAMウォーターパウダー」1Lあたり約143円

次に安いのがVAAMウォーターパウダーです。1リットル当たりの価格が143円と大幅に安いのが特徴です。株式会社明治が製造、販売しており、市販は500ミリリットルの粉末を30袋セットにして2138円で販売しています。糖質濃度1パーセント以下のハイポトニックで浸透性が非常に高いのが特徴です。カロリーゼロの粉末スポーツドリンクであるため、ダイエット中や減量中の人でも安心して飲用することができます。

第7位「アミノバイタル」1Lあたり約128円

次に価格が安い商品はアミノバイタルです。味の素が販売している粉末タイプのスポーツドリンクです。1リットル当たりの価格は128円です。市販は500ミリリットル入りの粉末を20袋セットで1283円の販売です。糖質濃度は2パーセントです。アミノバイタルには状況に応じて使い分けられるようにいくつかの商品があります。運動前や運動中、運動後など的確な補給を支援する商品がアミノバイタルです。

第6位「イオンウォーターパウダー」1Lあたり約116円

次はイオンウォーターパウダーです。大塚製薬が販売しています。1リットル当たりの価格は116円です。市販は750ミリリットルの粉末を5袋セットで436円の販売です。イオンウォーターは液体タイプも販売していますが、粉末の方が圧倒的に安いです。糖質濃度は約3パーセントです。スティックタイプも販売しています。持ち運んでいつでも飲みたいときに飲める便利さがあります。

第5位「アクエリアスビタミンパウダー」1Lあたり約99円

コカコーラが販売してるのがアクエリアスビタミンパウダーです。1リットル当たりの単価が99円です。100円を下回る安い価格が魅力です。市販は1リットルの粉末を5袋セットで、493円で販売しています。糖質濃度は普通のアクエリアスと同じく約5パーセントです。通常のアクエリアスに成分を使いしたのが特徴で、疲れやすい体に効果的なアミノ酸などを配合しています。ビタミンを効果的に補うのがアクエリアスとの違いです。

第4位「アクエリアスパウダー」1Lあたり約93円

アクエリアスパウダーはコカコーラが販売している粉末タイプのスポーツドリンクです。1リットル当たりの価格は93円です。市販は1リットル粉末を5袋セットで465円での販売です。糖質濃度は5パーセントとアクエリアスビタミンパウダーと同じですが、アクエリアスビタミンパウダーと比較して余計な成分が含まれていないのが特徴です。液体タイプとも異なる成分です。余計な成分が含まれていない粉末スポーツドリンクです。

第3位「ポカリスエットパウダー」1Lあたり約65円

第3位はポカリスエットパウダーです。1リットル当たり65円とかなり安いのが特徴です。市販は10リットル分の粉末がセットになっており、648円の販売です。誰もが知っている大塚製薬の粉末スポーツドリンクですが、糖質濃度は7パーセント以上あり、アイソトニックです。大量に購入してもコストパフォーマンスに優れているのが最大の特徴です。液体タイプと比較してカロリーは若干低めになっているのがポイントです。

第2位「スカイウォーター」1Lあたり約54円

スカイウォーターはクラシエが販売している粉末タイプのスポーツドリンクです。安いスポーツドリンクとして定評があります。1リットル当たりの価格はなんと54円です。市販は20リットルセットで販売しているため1091円での販売です。糖質濃度は2.5パーセント程度です。糖質を抑えているため糖質が気になる人でも利用しやすいのが特徴です。味と機能で三種類のバリエーションを展開しています。

第1位「イオンドリンク」1Lあたり約34円

最も安い粉末のスポーツドリンクはイオンドリンクです。1リットル当たり34円と他と比較してもかなり安いのです。株式会社ファインが製造、販売しています。市販は、500ミリリットルを22袋セットにしていますがそれでも382円で購入できます。糖質濃度を限りなく0に近くしたハイポトニック仕様です。保存料や着色料なども一切使用していないおすすめのスポーツドリンクでお風呂上りなどにも利用できます。

スポーツドリンク粉末タイプを効果的に活用しよう!

コストパフォーマンスに優れている粉末タイプのスポーツドリンクは液体タイプで販売しているスポーツドリンクよりも安い価格で購入できるのが魅力です。糖質濃度や含有成分などが商品ごとにそれぞれ異なっているため、利用する環境やシーンに合わせて選択するのがコツです。正しい粉末タイプのスポーツドリンク選びを行い、効果的に活用して失われた水分や成分を上手に補充しましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ