【2019年】コストコの洗濯機を比較!価格やおすすめ機種を解説!

会員制スーパーのコストコでは様々な洗濯機が販売されています。この記事ではコストコで購入出来る洗濯機の種類や特徴などを、縦型とドラム式に分けて紹介します。価格や設置料金、保証などについても記載しているので参考にしてみて下さい。

【2019年】コストコの洗濯機を比較!価格やおすすめ機種を解説!のイメージ

目次

  1. 1コストコの洗濯機を徹底比較
  2. 2コストコの洗濯機を選ぶ際のポイント
  3. 3コストコのおすすめ洗濯機【ドラム式】
  4. 4コストコのおすすめ洗濯機【縦型】
  5. 5コストコの洗濯機の配送・設置料金
  6. 6コストコの洗濯機の保証期間・返品サービス
  7. 7コストコで洗濯機を買うときの注意点
  8. 8コストコの洗濯機まとめ

コストコの洗濯機を徹底比較

コストコというと、大容量の食べ物や日用品が販売されているイメージが強いでしょう。しかし、コストコでは家電のラインナップも充実しています。この記事では、コストコで販売されている洗濯機を徹底比較していきます。

コストコではどの様な種類の洗濯機を購入出来るのか?や、気になる商品の価格、設置料金、保証などについても紹介します。縦型式とドラム式の両方記載しているので、どちらのタイプが好きな方も是非コストコの洗濯機についての記事を参考にしてみて下さい。

コストコの洗濯機を選ぶ際のポイント

最初に、コストコで洗濯機を選ぶ際のポイントを見ていきましょう。洗濯機は安くない買い物ですし、つい値段に目が行きがちです。しかし、後々後悔しないためにもしっかりポイントを押さえておく事が重要です。以下の項目をチェックして、コストコで自分に合った洗濯機を見つけましょう。

コストコの洗濯機を選ぶポイント①縦型・横型

洗濯機には二層式、縦型、横型があります。二層式はあまり使われなくなったので、選択肢として挙がるのは縦型と横型のドラム式でしょう。それぞれの特徴をしっかり理解しておく事が重要です。

縦型洗濯機は一般的にリーズナブルな価格で販売されている事が多く、比較的ドラム式よりも購入しやすい値段で販売されている事が多いです。また、洗浄能力が高いので、毎日たくさんの汚れものが出るという家庭にもおすすめします。形もスリムで、場所を取りにくいというメリットもあります。

また、洗濯槽一杯に水が溜まる構造なので、洗浄剤を使用した時に隅々までしっかりクリーニング出来る点も魅力。ただ、その形故に底が深く、底にある洗濯物を取り出しにくいというデメリットもあります。腰が痛い方などは毎回負担に感じる可能性も高いので、この点が気になる方はドラム式を選択肢に入れてみても良いでしょう。

一方、横型であるドラム式洗濯機は乾燥能力が高いというのが魅力です。コインランドリーの形を想像すると分かる様に、ドラム式の方がより空気が循環しやすく洗濯物が乾きやすいからです。また、節水面でも優れており、頻繁に洗濯する方にもぴったりです。

デメリットとしては、縦型に比べるとドラム式は洗浄能力が少し弱いという点や、扉が前に開くのでスペースの確保が少し大変という点が挙げられます。洗浄能力を重視するなら縦型、高い乾燥機能が欲しい方や、洗濯回数が多い方は横型であるドラム式の洗濯機が良いでしょう。

コストコの洗濯機を選ぶポイント②容量

本と数字の画像

続いて、洗濯機の容量を決めましょう。一般的に大人一人が出す洗濯物の量は1.5kg程であるとされています。これに加えてタオル類も追加されますし、スポーツを行っている人はジャージなどの洗濯物も増えるでしょう。家族の人数やライフスタイルに合わせて、少し余裕のある容量を選んでおくと購入した後で困る事が無くなります。

コストコの洗濯機を選ぶポイント③乾燥機能

家庭用洗濯機でも、乾燥機能はお馴染みの機能になって来ました。乾燥機能の有無を決めたら、機能そのものについて詳しく知っておきましょう。実は、家庭用洗濯機で使われている乾燥機能には二つのシステムがあります。それぞれにメリットデメリットがあるのでチェックしてみて下さい。

ヒーター式とヒートポンプ式

乾燥機能のシステムには、ヒーター式とヒートポンプ式とがあります。ヒーター式は温度を90度まで上げて一気に乾燥させ、ヒートポンプ式は60度前後で乾燥させるという違いがあります。ヒーター式の物は値段が低めですが、高温で乾燥させるため衣類を傷めやすいというデメリットがあります。

ヒートポンプ式の物はヒーター式よりも洗濯機自体の値段は高めですが、低い温度で乾燥させるので比較的生地も傷みにくく、電気代を抑える事も出来て長期的にはお得になる可能性が高いです。長期間使用する予定のある方は、ヒートポンプ式タイプの方を選んだ方が良いかもしれません。

インバーター機能

乾燥機能が付いている洗濯機は、全てインバーター機能が搭載されています。インバーター機能とは何かというと、電気量を調節してくれるというお役立ち機能です。モーターの回転数を調節したり、必要な分だけのパワーを出して洗濯機を動かすといった働きがあります。必要な分の水量だけを使用するので、節水にもなります。

節水効果の他にも、衣類に合わせて適した洗濯をしてくれるので運転音を抑える効果も期待出来ます。運転音が静かなら夜でも稼働しやすいですし、ライフスタイルに合わせて家事をする事が出来ます。

コストコの洗濯機を選ぶポイント④搭載機能

洗濯機には乾燥機能の他にも、様々な機能が搭載されています。毎日使用する洗濯機は、どうしてもカビの悩みが付きものです。カビの悩みを減らしたいといった方には、パナソニックのナノイー機能などがおすすめです。この機能には黒カビの発生を抑えるという効果があり、掃除の手間も無くなります。

また、より便利に洗濯したいという方には液体洗剤や柔軟剤の自動投入機能が付いている物もあります。これならいちいち洗剤や柔軟剤を入れている時間を短縮出来ますし、毎日の作業を面倒に感じている方にもおすすめです。

コストコのおすすめ洗濯機【ドラム式】

それでは、コストコで購入できるおすすめ洗濯機を見ていきましょう。まずはドラム式の物から紹介します。ドラム式はデザイン性が高く、しっかり乾燥してくれる物が多いので順番にチェックしてみて下さい。

コストコの洗濯機①【日立】ビックドラムBD-NX120BL

日立から販売されているビックドラムBD-NX120BLは、12kg対応可能な大容量の製品です。洗濯物の量が多い方はもちろん、布団など大型の洗濯物をしたいという時に便利です。この洗濯機の魅力は、洗剤や汚れのセンサーシステムが付いているという点にあります。

このセンサーシステムによって、黄ばみやしみを残す事なくしっかりと洗い上げてくれます。乾燥時にも優れた機能が付いており、高速の風で乾かしているので風アイロンにもなります。防しわ加工がされていないシャツを洗濯する時に便利なドラム式洗濯機です。

サイズ・価格

日立のビックドラムBD-NX120BLのサイズは、縦620mm、横735mm、高さ1060mmです。購入時によって価格は異なりますが、購入した方の口コミによると13万8000円で購入した方がいます。

洗濯乾燥機 BD-NX120B : 洗濯機・衣類乾燥機 : 日立の家電品

コストコの洗濯機②【SHARP】ES-ZH1

コストコで購入出来るES-ZH1は、シャープの洗濯機の中でも特におすすめのドラム式洗濯機です。頑固な汚れや黄ばみを落としたいという時に心強い極め洗いコースや、手洗いを代わりにしてくれる予洗いコースなど様々な便利機能が搭載されています。

また、シャープならではのプラズマクラスター機能を搭載しているというのも大きな魅力。ドラム内のカビ菌の繁殖を防ぎ、掃除の回数を減らす事が出来ます。他にも洗えない衣類を除菌、消臭出来るコースなどもあります。シンプルな洗濯機が欲しいという方よりは、色々な機能を使いこなして洗濯したいといった方におすすめの機種です。

サイズ・価格

シャープのES-ZH1のサイズは縦729mm、横640mm、高さ1114mmです。標準使用水量の場合ですと74L、洗濯から乾燥を行う場合には96Lとなっています。価格は94000円で、10万円を切る価格です。

ES-ZH1|洗濯機:シャープ

コストコの洗濯機③【日立】BD-S7400L-N

日立から発売されているBD-S7400L-Nも高速風アイロン機能が付いており、洗った物をまるでクリーニングに出した様に柔らかく仕上げる事ができます。また、洗濯している間に洗濯槽までしっかりと洗濯してくれるので、黒カビの繁殖も防いでくれます。除菌効果もあるので、普段の洗濯で衣類を清潔に保ちたいという方にもピッタリです。

サイズ・価格

コストコで購入出来るBD-S7400L-Nのサイズは、縦717mm、横600mm、高さ1050mmです。コストコでの値段ではありませんが、家電量販店で12万8000円で販売されていた事があります。コストコでドラム式洗濯機を購入する際の参考にしてみて下さい。

コストコのおすすめ洗濯機【縦型】

ドラム式の洗濯機は人気が高いですが、縦型タイプもまだまだ人気があります。縦型は汚れをしっかりと落としたいという方から支持を集めているので、こちらのラインナップも順番に見ていきましょう。

コストコの洗濯機④【日立】ビートウォッシュ BW-DX120BN

日立のビートウォッシュBW-DX120BNは、ナイアガラビート洗浄という機能が特徴の機種です。一体どういう機能かというと、X字状のビートウイングで衣類を内外上下に動かしながら洗うという物です。

この洗い方によって頑固な汚れをしっかり落としてくれるので、部活動などで衣類を泥や土で汚しやすいお子さんがいる方にはぴったりです。洗浄力重視の方にはかなりおすすめの洗濯機と言えるでしょう。

サイズ・価格

BW-DX120BNのサイズは縦645mm、横650mm、高さ1060mmです。コストコでの販売価格は91800円です。ショッピングサイトで検索すると初値が24万7713円となっており、かなりお得であるといえます。

コストコの洗濯機⑤ZABOON AW-D836

頑固な汚れをしっかりと落としたいといった方には、東芝のAW-D836もおすすめです。この機種はシャワーで濃い洗剤液を衣類全体に浸透させてくれるので、汚れを芯からしっかりと落としてくれます。また、低騒音という魅力もあります。洗いの時は26db、脱水の時でも37dbとなっており、深夜や早朝にしか選択する時間が無いという方にはぴったりです。

最低水位が12Lという特徴もあり、靴下だけを分けて洗いたい時や少しの量を洗濯したい時などに便利です。脱水もしっかりしてくれるので干す時間も短縮する事が出来ます。

サイズ・価格

東芝のAW-D836のサイズは縦569mm、横600mm、高さ960mmとなっています。価格は59000円とかなりリーズナブルな物になっています。価格の安い洗濯機を探している方にはおすすめです。

コストコの洗濯機⑥ES-PU11B

ES-PU11Bはシャープから販売されている洗濯機で、超音波ウォッシャーを搭載しているという特徴があります。超音波ウォッシャーを使えば、汚れた部分に当てるだけで簡単に汚れを落とす事ができます。

あらかじめ汚れた部分のみを超音波ウォッシャーで綺麗にしておけば、あとは10分洗濯コースにお任せして時短する事も可能です。傷みやすい、デリケートな衣類にも使用出来るという嬉しい機能です。

また、洗濯槽に穴が無いといった点のも大きな特徴です。洗濯槽に穴が無いので、槽の外側や底面に着いた黒カビや汚れが槽内に入らないというメリットがあります。清潔に使用出来ますし、無駄水が無いので節水にも繋がります。

サイズ・価格

ES-PU11Bのサイズは縦650mm、横600mm、高さ1050mmとなっており、価格はコストコで18万9000円です。超音波ウォッシャーが付いていたり洗濯槽の穴が無かったりと高機能な分、コストコの洗濯機の中でも価格は高めです。

製品トップ|ES-PU11B|洗濯機:シャープ

コストコの洗濯機の配送・設置料金

大型家電である洗濯機を購入する洗濯機を購入した際には、配送料や設置料金が高くないか心配という方も多いでしょう。自分で冷蔵庫を設置出来ない方の場合、設置料金がどれ位するのかは重要な問題です。コストコでは洗濯機の配送、設置料金はどうなっているのかを紹介していきます。

基本的に配送料が無料

コストコで洗濯機を購入した場合、基本的に配送料は無料となります。しかし、これはコストコの各店舗で決められたエリア内の話です。家から距離がある店舗のコストコで購入する場合などは、事前に自分の家が無料の配送エリアであるかどうかを確認しておきましょう。

有料の場合、基本配送料は税抜き2000円です。事前キャンセルをする場合でも配送料が発生する可能性があるので注意して下さい。配送料について不安が残るという場合には、事前にお店にしっかりと確認しておく事をおすすめします。

設置は別途費用が必要

お金のイメージ

洗濯機を購入した店舗のエリア内であれば、基本的に配送料は無料です。ただし、設置料金(2700円)は別途必要となります。

自分で設置出来る方は良いですが、自分で設置出来ない場合にはお店に設置をお願いする必要があります。洗濯機の値段に設置料金がプラスされるので、少しも予算をオーバーしたくないという方は覚えておいた方が良いでしょう。

コストコの洗濯機の保証期間・返品サービス

配送料や設置料金に続いて、コストコの洗濯機の保証期間、返品サービスについても確認しておきましょう。洗濯機を正しく使用していても壊れてしまったり、返品をしなければならない様な場合も出てきます。コストコで洗濯機を購入する前に、こちらで保障について確認しておきましょう。

コストコの90日間の返品保証サービス

カレンダーの画像

洗濯機に限らず、コストコで購入した商品にはコストコ保証という保証が付いています。コストコではこの保証によって、欠陥や損傷、システム障害の際に交換してもらう事が出来ます。さすがに気に入らなかったから返品したいという個人的な理由では無理ですが、その間は保証してもらえるので安心です。

商品によって保証期間は異なっており、家電である洗濯機の場合ですと返品保証は90日間と決まっています。昔は無期限で保証してもらう事が出来ましたが、現在では期限があるので覚えておきましょう。1か月半という期間は意外と短いので、返品する意思がある場合にはこの期間を過ぎてしまわないように注意が必要です。

90日後も通常のメーカー保証が付いている

90日という期間はそれ程長くはありませんが、コストコの保証が切れてしまった後も通常のメーカー保証は付いています。90日の保証期間が過ぎてしまった場合にはこちらの保証を活用してください。購入時に、こちらの保証期間についても確認しておくと良いでしょう。

コストコの有料の延長保証サービス

コストコの永久無料保証を経験している方にとっては、90日間という期間は短く感じるかもしれません。そういった方には、有料にはなりますがコストコの保証期間を延長する事が出来ます。

コストコの家電売り場では、SOMPOワランティというサービスのパンフレットが置かれています。このSOMPOワランティには2種類あり、自然故障+物損対応の物損2年延長保証と、5年延長保証とがあります。

通常のメーカー保証ではマニュアル通りに使用して故障した場合にしか保証してもらえませんが、この物損対応の保険に入っておけば水没や落雷などでの故障でも保証してもらう事が出来ます。保証料金は購入金額によって異なりますが、例えば3万円~4万9999円なら3000円、10万円~19万9999円なら1万円という料金設定です。

少し高めの値段にはなりますが、壊れた時の修理費や買い替えの事を考えると加入しておいても損は無いでしょう。物損保証は便利ですが、それよりもさらに長期間保証してほしいという方もいるでしょう。そういう方には5年延長保証の方がおすすめです。

こちらの保証はマニュアル通りに使用した時に故障してしまった場合のみを保証しており、5年間の延長保証を受けることが出来ます。

こちらも商品の購入金額によって保証料金は異なっていますが、3万円~4万9999円なら1200円、10万円~19万9999円なら4000円という料金になっています。先程の物損故障が付いた保証よりも少し安い価格設定です。

コストコで洗濯機を買うときの注意点

続いて、コストコで洗濯機を購入する場合の注意点を見ていきましょう。購入するのにおすすめの時期や、確認しておきたいポイントについてあらかじめ確認しておきましょう。

コストコの洗濯機の注意点①時期や場所によっては品薄な場合も

コストコの洗濯機は、時期や場所によって品薄な場合もあるので注意しましょう。タイミングが悪いとかなり限られた種類の洗濯機しか置いてない事もあり、欲しい商品が見つからないという事も考えられます。

あまり購入を急がないのであれば、時期をずらすなどしてコストコに他の商品が入荷されるのを待った方が良いでしょう。店舗によって品薄になっている場合もあるので、他の店舗を探してみるというのも手です。この場合には、配送エリア内であるかどうかを確認しておいた方が良いでしょう。

コストコの洗濯機の注意点②セールの時期をチェックする

家電量販店でもセールを行っていますが、同じ様にコストコでもセールを開催する事があります。コストコで同じ洗濯機を購入するのなら、断然セール中の方がおすすめです。

しかし告知や広告が無いので、コストコの情報に詳しい方のブログをチェックしたり、友人達と情報交換をしておくと良いでしょう。また、コストコの公式サイトをこまめにチェックしておくのも良い方法です。

コストコの洗濯機の注意点③永久保証無料サービスが終了

終了を表す画像

先ほど少し紹介しましたが、以前はコストコで洗濯機を購入した際、永久保証無料サービスが付いていました。しかし、現在ですと保証期間は90日に短縮されているのであらかじめチェックしておく事が重要です。

しかし、90日が過ぎた後もメーカー保証は付いていますし、SOMPOワランティのサービスを利用する事によって期間を延長する事が出来ます。コストコの洗濯機を購入する場合には、自分がどれくらいの保証が欲しいかをよく考えてみましょう。

コストコの洗濯機まとめ

この記事では、コストコで購入出来る洗濯機について機能や特徴などについて紹介しました。コストコには様々な洗濯機がお得な値段で販売されており、それぞれに特徴があります。

コストコの配達料はエリア内なら無料ですし、設置料金は有料ですが設置してもらう事も出来ます。コストコで自分に合った洗濯機を見つけて、リーズナブルに購入してみてはいかがでしょうか?

Thumbコストコのおすすめ家電20選!売り切れ必死の大人気家電まとめ | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb洗濯機の縦型おすすめ機種は?乾燥機付きなど選び方とメーカー比較も | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb洗濯機でドラム式のおすすめは?縦型との違いと選び方を徹底解説! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ