米びつの冷蔵庫用おすすめ容器は?コンパクトな2㎏や5㎏など紹介!

米びつに入れて冷蔵庫で保存することがお米にとって最適な保存方法であることは知っていますか?シンク下の戸棚に入れていたり、袋のまま保存していたりと人それぞれ保存方法は違うかと思います。しかしながら高温多湿な場所に置いているとお米は劣化してしまいます。お米をより長持ちさせるためにおすすめの冷蔵庫用米びつを紹介します。冷蔵庫にも入れやすいコンパクトな2kg、5kgのものも紹介しますのでぜひ参考にしてください。

米びつの冷蔵庫用おすすめ容器は?コンパクトな2㎏や5㎏など紹介!のイメージ

目次

  1. 1米びつを冷蔵庫ですっきり保管しよう!
  2. 2米びつの冷蔵庫用おすすめ容器2kgならコレ!
  3. 3米びつの冷蔵庫用おすすめ容器5kgならコレ!
  4. 4米びつの冷蔵庫用おすすめ容器7kg以上ならコレ!
  5. 5米は冷蔵庫で保存した方が長持ちする!
  6. 6米びつを冷蔵庫で保存してお米の美味しさ長持ち!

米びつを冷蔵庫ですっきり保管しよう!

皆さんはお米をどのように保存していますか?袋に保存している人もいれば米びつで保存している人もいるかと思います。またキッチン棚に保存している人もいれば冷蔵庫で保存している人もおりお米の保存方法は様々かと思います。どのように保存するのが良いのか知っていますか?実は米びつを冷蔵庫で保存するのがお米を長持ちするのに適しているとされています。米びつを冷蔵庫で保存するには、いくつもメリットがあります。

そこで今回は冷蔵庫で保存できるおすすめの米びつを紹介します。2kgや5kgなどコンパクトなものも容量ごとに紹介するのでぜひ参考にして冷蔵庫で米びつを保存しましょう。また、冷蔵庫で米びつを保存するメリットなども紹介していきますので、お米の保存方法などについても参考にして美味しいお米を食べましょう。

米びつの冷蔵庫用おすすめ容器2kgならコレ!

冷蔵庫で米びつを保存するのが良いのは分かっているけれど、冷蔵庫が小さいから入れられないといった方や、一人暮らしであったり、夫婦2人だけだからそんなに大きいものは邪魔になる、という方も多いかと思います。

そんな方におすすめしたいのが2kgの冷蔵庫用米びつです。冷蔵庫にすっきり入れられるコンパクトタイプの米びつが増えています。収納場所に困らず、その分違ったものをシンク下などに収納できるためとても便利です。それでは早速2kgのおすすめ冷蔵庫用米びつをみていきましょう。

桐が一定の湿度と温度を保ってくれる「桐製米びつ」

まず紹介する2kgの冷蔵庫用おすすめ米びつは、「桐製米びつ」です。大きさは幅約17cm、奥行約8cm、高さ約30.5cmで冷蔵庫のドアポケットにも保存しやすいサイズです。価格は5400円です。側面には溝があえて入れられており、ドアポケットから取り出しやすいよう考えて作られています。またフタは計量する際にも使え、内側の線まで入れると1合はかることができます。

桐でできた米びつであり、お米の保存に適しています。米びつ内を一定に保ってくれるのでお米が劣化しにくいというメリットがあります。温度だけではなく多湿、結露からも守ってくれるのでお米がより長持ちします。またしっかり密閉され空気に触れにくいのでお米の酸化を防ぐ、虫が発生しないといった点もあげられ、安心してお米を保存することができます。

またこの桐製米びつは、職人が手作業で作っているものです。桐箪笥を作る技術を使っているため、フタもきちんと閉まりしっかりとした密閉性が期待できます。桐製の米びつは見た目も上品でおすすめです。桐製米びつシリーズは2kg以外のものもあるので気になる方はチェックしてみてください。

横置きも縦置きも叶う便利さ「無印良品 冷蔵庫用米保存容器」

続いて紹介する2kgの冷蔵庫用おすすめ米びつは、無印良品の「冷蔵庫用米保存容器」です。価格は700円です。サイズですが、幅約17cm、奥行約10cm、高さ約28cmとなっています。一人暮らしや夫婦2人だけのご家族にもおすすめの、冷蔵庫にぴったりコンパクトサイズの米びつです。無印良品らしい、シンプルで無駄のないデザインであることが特徴です。デザインにこだわる方も無印のこのデザインなら嬉しいです。

この米びつは、注ぎ口にぱちっとはまるように計量カップがついており、計量カップを別に用意しなくても良いのですっきりと収納できます。目盛りは黒字でわかりやすく、2箇所付けてくれているのでどの向きでも量りやすいです。また注ぎ口から少量ずつ注ぎ入れて量れるため量りやすいです。

この米びつのおすすめポイントは、冷蔵庫のドアポケットに縦向きですっきり入れられることはもちろん、ドアポケットがいっぱいの際には横向きで冷蔵庫に保管することもできるため収納場所に困らないことです。またこの人気の米びつ、お米を入れるだけではなくグラノーラなどを保存するのに使っている方も多いようで、色々なシーンで使える優れものです。

傾けるだけで計量できる「米スターの米ポット」

続いて紹介する2kgの冷蔵庫用おすすめ米びつは「米スターの米ポット」です。価格は1027円です。サイズは幅約9.5cm、奥行約8cm、高さ約31.5cm、となっておりこちらもコンパクトサイズで冷蔵庫に保存しやすいサイズ感です。側面にくぼみがあるのでドアポケットから取り出す際にも持ちやすいデザインです。上部にも取っ手がついているため持ち上げやすいです。

この米びつの一番の魅力は、前方にポケットがついており、米びつを傾けるだけで簡単に1合が量れるというところです。きっちりすりきりできるよう、スライドレバーもついているので正しく1合量ることが可能です。別途計量カップなどが不要で、そのまま釜に注ぐだけで良いのでとても作業しやすいですし場所も取りません。

無洗米の1合も正しく量れるよう、ポケットに入れる付属のスペーサーがついているため無洗米も問題なく量ることができます。無印良品の米びつと同様、冷蔵庫のドアポケットがいっぱいの際には空いているスペースに横置きすることができます。横置きに米びつを置く際にも上部に取っ手が付いていることから取り出しもスムーズに行えおすすめです。

お、ねだん以上「ニトリ冷蔵庫米びつ2kg」

続いて紹介する2kgの冷蔵庫用おすすめ米びつは「ニトリ冷蔵庫米びつ2kg」です。価格は599円とさすがニトリ、リーズナブルに購入することができます。サイズは幅16.7cm、奥行11cm、高さ29.3cmとなっています。リーズナブルですが、お米を美味しく保存できるよう、パッキンとロックがついておりしっかり密閉することができます。

きちんと密閉できるため、お米の酸化を防いだり湿気から守ったり、より長く美味しいお米を保存することが可能です。また冷蔵庫に入れやすいすっきりとしたデザインで、縦にも横にも置くことが可能なので収納に困りません。ハンドルがついており冷蔵庫のどこに入れていても出し入れしやすいよう考えられています。

取り外しが簡単な計量カップが付属でついているため量る際にも便利です。ニトリの米びつは数種類でており、このコンパクトサイズの米びつ以外にも5kg、10kgのものなど用途に合わせて選べるのでチェックしてみてください。

米びつの冷蔵庫用おすすめ容器5kgならコレ!

冷蔵庫用のおすすめ米びつ2kgのものを見てきました。続いては、一人暮らしの方にも、ご家族の方にも使いやすい、5kgの冷蔵庫用米びつを紹介します。2kgのものでは入りきらないけど大きすぎるのも、という方に5kgの米びつはおすすめです。ぜひ参考にしてください。それでは5kg用の米びつを早速みていきましょう。

袋ごと収納できて移し変え楽ちん「パール金属 米びつ」

まず紹介する5kgのおすすめ冷蔵庫用米びつは「パール金属米びつ」です。価格は874円です。サイズは幅31cm、奥行15.5cm、高さ32cmとなっています。こちらの米びつは安心のパール金属性で、かわいらしいデザインが特徴的です。そして米びつには珍しく、カラーバリエーションが豊富です。オレンジ、ネイビー、ブラウン、ブラック、ペールブルー、ホワイト、レッドから選ぶことが可能です。

5kgのお米がそのまま全部入るので、袋にお米が残ってしまうといった心配がなく、冷蔵庫で安心してお米を保存することができます。お米の差し替えといった面倒なこともしなくて済みます。また取っ手が付いており持ち運びしやすいよう考えて作られています。

さらにこの米びつには無洗米も量れる計量カップもついているため保存に便利なだけでなく、お米をはかる際にも便利なよう作られています。形状がまるくかわいらしく、自分好みのカラーを選ぶことのできるパール金属の米びつ、検討してみてはいかがでしょうか?

お米が最後まで綺麗にとれる「tower 密閉シンク下米びつ」

続いて紹介する5kgのおすすめ冷蔵庫用米びつは山崎実業の「tower密閉シンク下米びつ」です。価格は2675円です。サイズは幅30cm、奥行19.7cm、高さ19.2cmとなっています。ホワイト、ブラックと2色展開で、システムキッチンにぴったりのスタイリッシュなデザインであることが特徴です。キッチンに合わせてカラーも選べるのでおしゃれなキッチンにも馴染んでくれます。

すっきりしたデザインなので冷蔵庫の野菜室にも入れやすいです。保存に適しているだけではなく、量る際のことも考えた計量カップが付属されています。米びつの底に付属の計量カップがぴったり合うように設計されているため、すくい残しがなく最後まで綺麗にお米をすくうことが可能な優れものです。フタが全面開くようになっているので、お米をすくいやすいのはもちろん残りの量も確認しやすいようになっています。

フタにはパッキンがついておりしっかり密閉されるので冷蔵庫での保存も安心してできます。フタをパチっとなるまでしっかり閉めておけば、湿気などから守ってくれお米の酸化の速度を遅くすることができお米をより長持ちさせることができます。

古いお米と区別できる「イノマタ米びつ革命5kg」

続いて紹介する5kgの冷蔵庫用おすすめ米びつは「イノマタ米びつ革命5kg」です。価格は788円です。サイズは幅21.7cm、奥行36.9cm、高さ20.7cmとなっています。一番のおすすめポイントは、米びつの内部に小さいスライドポケットが別途ついており、お米を入れ替える際に残ったお米を分けて入れておくことができるという点です。

米びつの中のお米が残り少なくなった時、ついつい新しいお米を上から注ぎ足してしまいがちですが、古いお米のぬかなどは虫が発生する原因になってしまいます。そのためこのようにきちんと密閉された米びつの中で新しいお米と古いお米を区別することができるというのはお米を保存する上でとても有難いものです。

底が一部傾斜になっており、すくい残しがないよう設計されています。また計量カップが付属されており、すくいやすいよう半月状の形に作られており、お米がすくいにくいといったストレスが軽減されます。底にはキャスターがついており、お米をたくさん入れても持ち運びやすいことも特徴です。透明のデザインで残りの量も簡単に確認することができます。

米びつの冷蔵庫用おすすめ容器7kg以上ならコレ!

2kg、5kgといったコンパクトな米びつについて紹介しました。続いては、一度にたくさんのお米を買う方や家族が多く大容量入る米びつが欲しいといった方のために7kg以上入る冷蔵庫用のおすすめ米びつを紹介します。ぜひ参考にしてください。それでは早速みていきましょう。

フタが大きく開くから出し入れが楽「トンボ 米びつ」

まず紹介する7kg以上のおすすめ冷蔵庫用米びつは「トンボ米びつ」です。こちらの米びつは7kg用のものと12kg用のものと2種類用意されています。価格は7kg用のものが766円、12kg用のものが1436円です。サイズは7kg用のものが幅24cm、奥行33cm、高さ15cmで、12kg用のものが幅28cm、奥行38cm、高さ18cmとなっています。

デザインはとてもシンプルで中身も見えやすいものになっています。こちらの米びつの特徴は、フタが大きく開くためすくいやすい、残りの量が確認しやすい作りである点です。また残りを確認するためのメモリがついています。お米(kg)、容量(L)の2種類のメモリで簡単に確認することができます。

計量カップも米びつに付属されており、こちらのメモリも2種類。普通米と無洗米が量れるように作られています。また計量カップは角型になっているため最後まできちんとお米をすくうことができ使いきれるため衛生的です。少し大きめの米びつですが、野菜室の下の段にぴったり入る、といった声が聞かれておりおすすめの米びつです。

パッキンとロックでしっかり密閉「アスベル密閉米びつパッキン付」

続いて紹介する7kg以上の冷蔵庫用おすすめ米びつは「アスベル密閉米びつパッキン付き」です。価格は1609円です。サイズは幅21.9cm、奥行37.6cm、高さ28.5cmで12kg用のものです。ちなみに6kgのものもあるので気になる方は調べてみてください。

パッキンが付いておりフタをパッキンでしっかり閉めロックしておくことで、お米が空気に触れないようにしてくれ湿気などから守ってくれます。お米の劣化を防ぎ美味しさをより長く保ってくれることが期待できます。シンプルなデザインで中身も見えやすい作りであり、分かりやすい青色の目盛りがついており残っている量を確認しやすいです。

米びつ内部には、別途小さめのポケットがついており、お米の入れ替えを行う際に古いお米を入れておくことができ、新しいお米と分けることができるためお米の鮮度を保つ効果があります。フタは大きく開きます。お米もすくいやすい作りとなっています。軽量カップは付属されており半月状になっているため最後までしっかりすくいきることができます。

米は冷蔵庫で保存した方が長持ちする!

ここまで、冷蔵庫用のおすすめ米びつを容量ごとに見てきました。2kg、5kgなどコンパクトで冷蔵庫に入れても邪魔にならないものもたくさん売られているということが分かりました。お米は冷蔵庫で保存した方がより長く持つ、ということですが、具体的にはどういうことでしょうか?お米を冷蔵庫で保存するのにはどういったメリットがあるのでしょうか?

冷蔵庫で保存すれば夏場も安心

お米を保存するのに最も適している場所は、温度15度以下、湿度70%前後で、直射日光の当たらない暗い場所です。お米も時間がたつとどんどん劣化していきます。温度を低く保つことでお米が酸化する速度を遅くすることが可能になります。

最近の夏場は特に猛暑が続いており、30度超えの日が続いています。食品の取り扱いに気を付けている人がより増えているかと思いますが、お米の保存方法にも気を付けていますか?春から秋にかけて、暑い季節は特に、カビも発生しやすくなります。そのため特に注意する必要があります。冷蔵庫に入れておけば低い温度が保てるため夏場も安心です。

また、湿度が高いところで保存することによってもカビの発生原因になります。シンクの下の棚などに保存していて水がかかってしまったり、湿度が高いことによりお米が劣化してしまっているということはありませんか?そういったことを避けるためにもきちんと密閉された米びつに入れ、冷蔵庫に入れておくことをおすすめします。

お米の賞味期限については知っていますか?食べられなくなるわけではないのですが、賞味期限を超えると味に差がでてきます。お米の賞味期限は25度だと2ヵ月、20度だと3ヵ月、15度であれば5ヵ月、5度であれば7ヵ月程度だといわれています。常温で保存した場合、冷蔵庫で保存した場合と比べると3ヵ月以上期限が異なることになります。

暑い夏に常温で保存しておくと、期限を超えたあたりから急激に風味が落ちていきます。こういったことを見ても、冷蔵庫で保存しておくことが安心であることが分かります。

冷蔵庫で保存すれば虫がこない

お米を正しい方法で保存していないと、お米の味が落ちるだけではなく、虫がわいてくるという心配もあります。温度が18度以上になり、湿度が高いと虫が発生してしまいます。虫がわくと食べられないかというと、毒などはないので食べて問題があるわけではないです。とはいえ虫が入っているものを食べたくありません。毎日食べるお米であるならなおさらです。

虫の発生を防止するためにも、米びつを冷蔵庫で保存することは有効です。温度を一定に保てるるので冷蔵庫で保存しておけば虫が発生することを防げます。また、虫を防ぐという点では米びつの掃除、お米の入れ替えにも注意が必要です。米びつは綺麗に保っておくようにしましょう。計量口や内部などの汚れが虫の発生の原因になってしまいます。

またお米の入れ替えの際ですが、米びつの中のお米が残り少なくなったからと言って、新しいお米を足し入れてはいませんか?古いお米のぬかなども、虫の発生原因となってしまいます。きちんと古いお米を全部使いきって、綺麗な状態にしてから新しいお米を米びつに入れるように注意しましょう。

冷蔵庫ならニオイ移りの心配が少ない

炊きたてのお米なのに、なんだか香りがいつもと違う、といった経験のある方もいるのではないでしょうか?お米はニオイを吸収しやすいため、近くにニオイの強いものがあると移ってしまいます。洗剤や灯油、化粧品といったニオイの強いものの近くに保管するのは良くありません。そのためニオイ移りを防ぐためにも、米びつを冷蔵庫で保存することをおすすめします。

また、洗剤や灯油などの近くに置いている人は少ないかもしれませんが、シンク下の戸棚に置いている人は多いかもしれません。シンク下の戸棚に保管しておくのもまたニオイの原因となってしまいますのでぜひ冷蔵庫で保存しましょう。また容器についてはしっかりと密閉できる米びつを使うようにしましょう。

ここまで冷蔵庫でお米を保存することのメリットについてみてきました。様々な要因から冷蔵庫での保存が適していることが分かりました。その他にも、米びつがしっかり密閉されているかといった保存容器や、掃除状態、保存期間などお米の劣化には様々な要因がありますので知っておくようにしましょう。

Thumb米びつに「虫」がわいても食べられる?対処法は?予防対策も解説! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

米びつを冷蔵庫で保存してお米の美味しさ長持ち!

今回は、冷蔵庫用のおすすめ米びつを2kg、5kg、7kg以上と大きさによって紹介してきました。参考になりましたでしょうか?2kg、5kgなどコンパクトで冷蔵庫に入れやすい米びつもたくさんあることが分かっていただけたかと思います。

またお米を冷蔵庫で保存することのメリットについても紹介してきました。主食であるお米だからこそ、正しく保存して虫やカビなどを防ぎ、毎日美味しく食べたいものです。これまで常温保存していた方も冷蔵庫で米びつを保存して、お米をより長持ちさせ美味しいご飯を食べましょう!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ