アメリカンビレッジおすすめグルメは?ランチ・ディナーの人気店紹介!

美浜のアメリカンビレッジで楽しめるおすすめのグルメを、ランチからディナーまで厳選して紹介します。美浜にあるアメリカンビレッジは大型の観光リゾートタウンで、観光客や地元の方が多く訪れ人気があります。広大な敷地には観覧車やビーチだけでなく、ショップやレストランも多く立ち並んでいます。そんなアメリカンビレッジで楽しめるおすすめの絶品グルメを、沖縄ならではのグルメからアメリカらしいグルメ、おいしいバイキングが食べられる人気店まで詳しく紹介していきます。

 アメリカンビレッジおすすめグルメは?ランチ・ディナーの人気店紹介!のイメージ

目次

  1. 1アメリカンビレッジでおすすめのグルメについて詳しく知りたい
  2. 2アメリカンビレッジについて
  3. 3アメリカンビレッジのおすすめ人気グルメ店
  4. 4アメリカンビレッジでランチグルメが楽しめるおすすめ店
  5. 5アメリカンビレッジでディナーのおすすめ店
  6. 6アメリカンビレッジのおすすめグルメのお店に行ってみよう!

アメリカンビレッジでおすすめのグルメについて詳しく知りたい

米軍基地跡を利用して建設された広大なリゾートタウン「アメリカンビレッジ」は、シンボルである観覧車をかじめ、多くのレストランやショップが立ち並ぶ観光地として人気があるスポットです。テーマパークのような景観でサンセットビーチやホテルもあり、一日遊んでも飽きないアメリカンビレッジには、観光客や外国の方だけでなく、地元の方など多くの人で賑わいます。

そんなアメリカンビレッジには、沖縄料理やタコライスなどの沖縄ならではのグルメだけなく、アメリカンという名にふさわしくステーキ専門店やハンバーガーショップ、タイ料理店まで幅広い種類のグルメが集まっていて、カップルや友達同士だけでなく家族連れでも楽しめるグルメスポットです。そんなアメリカンビレッジでおすすめのグルメを厳選して、ランチからディナーまで紹介していきます。

アメリカンビレッジについて

沖縄の北谷町にある「美浜アメリカンビレッジ」

「美浜アメリカンビレッジ」は沖縄本島の北谷町(ちゃたんちょう)美浜にあり、58号線を走ると大きな観覧車が見える施設です。東京ドーム約5個分の広大な敷地内には、沖縄の海沿いにアメリカの西海岸をイメージしたカラフルなレストランやショッピングのお店が並んでおり、まるでアメリカ西海岸に来たかのような雰囲気があります。地元の人だけでなく多くの観光客も足を運ぶ人気スポットです。

観覧車やビーチなど家族が楽しめる大型シティーリゾート

アメリカンビレッジの入口には大きな観覧車「SKYMAX60」がそびえ立ち、シンボルともなっています。1周15分、頂上までの高さは60mもあり、美浜の街を一望できるので季節や時間帯によって青空や夕日、エメラルドブルーやオレンジの海など美しい風景を楽しむこともできます。夜はイルミネーションされムード満点です。料金は大人500円、小人300、3歳以下無料とお手頃価格です。

「サンセットビーチ」はショッピングの途中でも気軽に立ち寄ることができるアメリカンビレッジ内のビーチです。空と海が夕焼けで染められる美しい景色を見ることができ、ビーチで楽しむ若者や木陰でくつろぐ家族連れなどそれぞれのスタイルで楽しむことができます。

そんな沖縄の絶景ショッピング・レストランリゾートのアメリカンビレッジで、ランチからディナーまで人気のあるお店でおすすめのグルメを厳選して詳しく紹介していきます。

アメリカンビレッジへのアクセス方法と営業時間

アメリカンビレッジへのアクセス方法は、車の場合は那覇空港から国道58号線を北上し、約35分ほどで左前方に観覧車が見えてきたら「桑江」交差点を左折します。一つ手前の「美浜交差点」を左折しても行くことができます。路線バスを利用する場合は、那覇市内より名護西線(20番)・読谷楚辺線(28番)などより「桑江」に乗車します。「軍病院前」バス停から徒歩3分程度で着きます。また空港リムジンバスも運行しています。

アメリカンビレッジの営業時間は店舗によって異なりますが、ランチからディナーまで営業しているお店が多く、大半の店は10時から11時くらいに開店して21時頃には閉店します。中には24時まで営業しているお店もあります。アメリカンビレッジでお目当ての店を訪れる際には、前もって閉店時間をチェックしておくことをおすすめします。

アメリカンビレッジのおすすめ人気グルメ店

本格的な味「タイ国料理JaiThai沖縄店」

「タイ国料理JaiThai(ジャイタイ)沖縄店」は、タイ人シェフが調理し本場の素材を使った、タイ政府公認の本格的なタイ料理店です。タイ料理というと、香辛料がきつく辛いイメージがありますが、本国のタイではとてもバランスのよいヘルシーフードです。ジャイタイは旬の食材を使ってタイの味を忠実に再現することで人気があります。「ジャイタイ」は「タイのこころ」という意味で、心のこもった上質なタイ料理を楽しめます。

平日ランチ(1080円)は4種類あり、「バッタイ」と「チキンピラフ」、「鶏肉のココナッツミルク入りグリーンorレッドカレー」、「辛すっぱい海老入りライスヌードル+エビピラフ」から選べて、スープやサラダ、ドリンクがセットになっています。人気のメニューは「辛すっぱい海老入りライスヌードル+エビピラフ」で、大人気のトムヤムクンスープにつるつるとした米麺がよく合って飲み干してしまうおいしさです。

ランチは他にも「ジャイタイ スペシャルセット」(1350円)や「日替わりランチ」(950円)もあります。ディナーにはアラカルトで「グリーンカレー」1100円、「たらばガニのカレーソース炒め」2000円など本格タイ料理が豊富です。

店内は、直接タイから取り寄せているインテリアが並び、独特なアジアンテイストがタイの雰囲気を醸し出します。70席のテーブル席と個室があり、夜はライトアップされデートにもおすすめです。場所は、アメリカンビレッジ内カーニバルパーク・ミハマの2階にあります。営業時間は平日ランチ11時から15時、ディナー17時から23時で、土日祝日は11時から23時です。年中無休で営業しています。

ポップでカラフルなアイスクリーム「ブルーシール」

アメリカンビレッジの入口に近い国道58号線沿いに位置する「ブルーシール」は、観光客から地元の方まで幅広く人気があるアイスショップで、アメリカ人向けのアイスクリームを沖縄でも味わってもらおうと1963年より一般販売されている老舗チェーン店です。米軍基地の目の前に店舗を構え、軍人や家族連れの外国人など異国情緒あふれる光景が見られるのも特徴です。

定番のフレーバーから限定フレーバーなど30種類以上のフレーバーがあるアイスクリームは、一番人気は「塩ちんすこう」で、北谷の塩を使った沖縄版のバニラ&クッキーとなっており、ちんすこうのザクザク感がアクセントでおすすめです。カラフルな沖縄らしいフレーバーが多いのが特徴で、トッピングにオレオやM&M、マシュマロなどがあり見た目が可愛くインスタ映えする自分だけのアイスクリームが作れます。

店内は広く開放的なアメリカンらしいポップな色合いを使ったインテリアで、アイスクリームのメニューがずらりと並びます。場所は那覇空港から車で30分ほど、国道58号沿いを北上して左手にあり、アメリカンビレッジからも近いです。営業時間は10時から翌1時で、年中無休で営業しています。

絶品オムライスが食べられる「decker's kitchen」

地元でも人気の「decker's kitchen(デッカーズキッチン)」はおしゃれな店内と街を眺めながら食事ができるテラス席があってリゾート感たっぷりのカフェレストランです。ランチタイムにはプラス400円で利用できるサラダバーやドリンクバー、手作りスイーツも食べ放題で、特に女性に人気があり女子会やママ会にもおすすめのお店です。

地元で人気の「マチ飯」を格付けするC-1グランプリで2回優勝し殿堂入りを果たした「ビーフシチューオムライス」(900円)が一番人気で、ふわふわの卵と濃厚なビーフシチューが相性抜群のおいしさです。他にもこちらも優勝したことのある石垣牛100%使用のこだわりのハンバーグ「石垣牛煮込みハンバーグ」(1500円)や、とろとろの半熟卵がのった「半熟たまごのタコライス」もおすすめです。

おしゃれでリゾート感のあるテラス席のほかに、店内には落ち着いていて明るくおしゃれなカフェの内装になっていて、カップルや家族連れの方にもおすすめです。場所は沖縄南ICより車で5分、アメリカンビレッジ内デポアイランドビルD棟の2階にあります。営業時間は11時30分から22時で、ランチからディナーまで楽しめます。仕入れ状況により閉店時間が変更になることがあります。定休日は不定休で、1月1日はお休みです。

アメリカンビレッジでランチグルメが楽しめるおすすめ店

ボリュームタップリのハンバーガー「アタビーズ」

アメリカンビレッジに新しくできた「アタビーズ」は、シーサイドビルの海に面した1階にあり、全席オーシャンビューという絶景のロケーションです。東京の名店で修業した店主が作るボリュームのある本格ハンバーガーは、薫り高いバンズと牛肉100%のパティのバランスが絶妙で、常時10種類以上のハンバーガーとサンドイッチ、ホットドッグもあります。クラフトビールと一緒に楽しめ、夏にはかき氷も提供しています。

「あたビーズサルサバーガー」(1200円)、「アボカドバーガー」(1120円)、「アップルバーガー」(1250円)など珍しいメニューもあり種類が豊富です。おすすめなのはチーズバーガー(1070円)にアボカドスライス(200円)をはさんだアボカドチーズバーガーで、ふんわりしたバンズにレタスやトマト、オニオンがはさんであり、たっぷりのチェーダーチーズがかけられたパティは程よい食感でボリューム満点です。

ハンバーガーにはどれもポテトがセットになっていて、「ベーコンチーズバーガー」(1270円)はカリカリのベーコンが食欲をそそります。ランチタイムには青い海を背景にインスタ映えのするハンバーガーです。

店内にはカウンター席とテーブル席があり、外にもテーブルが5つほどあって、海を眺めながら食事を楽しむことができます。場所はアメリカンビレッジ内デポアイランドシーサイドビル1階にあります。営業時間は11時から21時で、定休日は不定休です。

食べ放題で楽しめる「チュラティーダ」

「チュラティーダ」はホテル「ザ・ビーチタワー沖縄」内にあるレストランです。絶景ポイントのサンセットビーチが目の前に広がり、海側はオーシャンビューを眺めながら食事をすることができます。隣接する「ちゅら~ゆ」という温泉施設も無料で入れる便利な立地です。セルフのビュッフェスタイルで朝食からランチ、ディナーまで楽しめます。

キッチンコーナーがある開放的なブッフェで、和洋中から沖縄ならではのゴーヤーチャンプルーや沖縄そば、好きなだけトッピングできるハンバーガー、朝食にはここでしか味わえない「ぶっけかもずく」や行列のできるオムレツが人気がありおすすめです。ランチには、シェフのクッキングパフォーマンスがあり、揚げたての天ぷらなどボリューム満点のバイキングで、日替わりスイーツ「スペシャリテ」がおすすめです。

ディナーには、ヘルシーで低カロリーのアグー豚が食べ放題の「あぐーしゃぶしゃぶ」が2時間食べ飲み放題で、特に女性に人気がありおすすめです。夜には昼とはまた違った景色でリゾート気分を満喫できます。料金は、モーニングとランチが大人1800円・小人900円(6~11歳)・幼児500円で、ディナーは大人4200円(20歳以上)・大人3200円(12~19歳)・小人2100円・幼児1000円です。

キッズコーナーにはカレーやパスタ、唐揚げなど子供の好きなメニューが数多くあり、離乳食まであるので家族連れにも人気があっておすすめです。

店内は南国の明るく開放的な雰囲気で多数のテーブル席・ソファー席があり、外にはオープンテラス席もあります。場所はアメリカンビレッジすぐ近くの「サ・ビーチタワー沖縄」1階にあります。営業時間は、モーニング7時から10時30分、ランチ11時30分から14時30分、ディナー18時から22時です。年中無休で営業しています。

タコライス専門店「タコライスcafé きじむなぁ」

タコスと日本の米食文化が融合されて生まれた沖縄発祥のタコライスは、沖縄のソウルフードであり、米とひき肉に野菜やチーズをのせたヘルシーな料理です。タコライス専門店「タコライスcafé きじむなぁ」デポアイランド店は、スタンダードなタコライスから、タコライスにふわふわのたまごをのせた「オムタコ」など、いろんなトッピングをのせて自分好みのタコライスを作れることで人気のあるおすすめグルメです。

きじむなぁオリジナル「オムタコ」(780円)はきじむなぁが発案・商標登録したメニューです。甘口か中辛かを選べるスパイシーなミートはきじむなぁ秘伝の味で、やサルサソースがのったタコライスにふわふわの卵で優しく包んで食べると、幸せな気分になるおすすめメニューです。中でも香ばしいベーコン&モッツァレラチーズのトッピングが人気があり、2013年に北谷グルメバトルで入賞したメニューです。

他にも相性の良い「アボカド」や甘辛い「照り焼きチキン」などトッピングがあり、自分でアレンジすることでさらにタコライスをおいしく頂けます。お子様メニュー「オムタコキッズ」(680円)は甘口ミートに可愛いスマイルポテトとゼリーがついており、家族連れでも楽しむことができます。

店内はカラフルでおしゃれな雰囲気で、カウンター席とテーブル席があり、温かみのある大きな絵が出迎えてくれます。ランチ時には満席になることがあります。場所は、アメリカンビレッジ内の海側にあるデポアイランドビル2階にあります。営業時間は11時から22時で、年中無休で営業しています。

アメリカンビレッジでディナーのおすすめ店

家族で楽しめる「鉄板焼ステーキハウスキャピタル北谷店」

牛の看板が目印の「鉄板焼ステーキハウスキャピタル」北谷店は、創業27年以上の老舗ステーキ店で地元の方だけでなく県外や観光客も多く訪れ、多くの外国人客で賑わう人気のお店です。テーブル席ごとに鉄板を設置してあり、シェフが目の前で調理をしてもらえて楽しめるのが魅力のおすすめグルメです。

ディナーのおすすめメニューは、ステーキ180gとチキンと小エビ4尾がセットになったトリプルセット(2200円)で、特選ステーキ・サーロイン・テンダーロインの3種の肉から選べます。目の前で調理された熱々のステーキはガーリックとバターの香ばしい香りに包まれ、やわらかな食感と口いっぱいに広がる肉の旨みを堪能できます。スープ・サラダ・ポテト・野菜・ライスまたはパンが付いていて、ボリュームがあるメニューです。

店内は昭和を感じさせるレトロで落ち着いた雰囲気で、広々としたソファのあるテーブル席がメインなので家族連れにもおすすめです。場所は沖縄南ICより車で5分、アメリカンビレッジより車で10分ほどで、国体記念道路沿いの北谷高校入口交差点そばにあります。営業時間は、ランチ11時30分から16時、ディナー16時から22時です。年中無休で営業しています。

沖縄料理を楽しむ「リンケンズキッチン」

「南ぬ天」がリニューアルされ生まれ変わった「リンケンズキッチン」では、目の前に美浜サンセットビーチが広がり絶景のロケーションで沖縄料理を堪能できます。定番の沖縄料理からオリジナルの創作料理まで多彩なメニューを提供しており、「てびちの唐揚げ」や「田芋(ターンム)」の唐揚げなど一度食べたらやみつきになる自慢のメニューばかりです。隣接する「カラハーイ」では沖縄音楽を楽しむことができます。

おすすめメニューは「てびち(豚足)の唐揚げ」(900円)で、5~6時間かけて下処理を行い手間暇かけており、外はカリッとして中はとろとろで味が良くしみ込んでいてジューシーです。にんにく醤油ベースが食欲をそそります。

定番の「ゴーヤーチャンプルー」(700円)や「海ぶどう」(450円)、カルフォルニアロールの「美浜ロール」(980円)、「どぅる(田芋)天」(600円)など沖縄ならではの家庭料理をオリオンビールや泡盛などとともに堪能できます。

店内は木目調と赤を基調にすっきりとした店内で、夕方には夕日に染まる海が見ながら食事ができる絶景ポイントです。サンセットビーチ側の席はすぐ埋まるので、早めに予約するのがおすすめです。場所は沖縄南ICから車で15分ほど、アメリカンビレッジ内のサンセットビーチに隣接しています。営業時間は17時から23時で、年中無休で営業しています。

豊富な種類のカレーが楽しめる「Horizon Curry Works Okinawa」

オーシャンビューのテラスで昼は真っ青な海、夕方は絶景のサンセットを眺めながら食事ができる「Horizon Curry Works Okinawa」は、豊富な種類のカレーグルメを楽しめます。たっぷりの野菜と牛骨、豚ガラ、鶏ガラを3日間煮込んで作っているカレーは、素材の旨みがぎゅっとつまっておりスパイスの味わいが効いている自慢のカレールーです。中華で有名な料理人が監修した自家製のラー油をかければやみつきになるおいしさです。

一番のおすすめ「ロコモコカレー」は1080円で、全てのカレーにはスープとサラダが付いて大盛無料と、コスパの良いメニューです。ジューシーなハンバーグととろとろの目玉焼きが相性抜群でおいしく堪能できます。他にもとろりと溶けたチーズと熱々カレーの「石焼きチーズカレー」(1280円)やボリューム満点の「サーロインステーキカレー」(1980円)など迷いそうなほどたくさんの種類のカレーグルメを味わえます。

またパスタやプレートメニューのほか、サイドメニューは「アボカドの唐揚げ」(780円)や「フィンガーシュリンプ」(850円)などやアルコールも豊富で、「甘口キッズカレー(ジュース・アイス付)」(600円)のキッズメニューもあり、家族連れでも楽しめます。

店内は明るく開放的で、こだわりのあるおしゃれなインテリアが飾られてます。テラス席は海が一望出来てカップルにおすすめです。中にはテーブル席やカウンター席もあり居心地の良い空間です。場所はアメリカンビレッジ内ディストーションシーサイドホテル2階にあります。営業時間は11時から22時で、年中無休で営業しています。

アメリカンビレッジのおすすめグルメのお店に行ってみよう!

いかがでしたか?美浜に行ったら必ず行ってみたい絶景・観光スポット「アメリカンビレッジ」のおすすめグルメをランチからディナーまで厳選して紹介してきました。アメリカンビレッジでは、郷土料理の沖縄料理やタコライスをはじめ、アメリカらしいハンバーガーやステーキ専門店、バイキングなど様々なジャンルのグルメを楽しむことができます。ぜひお気に入りのお店を見つけて、おいしいグルメを堪能してみましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ