つけ麺の食べ方の基本を詳しく解説!スープ割りやあつもりとは?

濃厚なスープに麺を付けて食べるスタイルのつけ麺。その美味しさから、男性はもちろん女性人気も高いつけ麺の正しい食べ方を詳しく紹介します。スープの種類から麺の太さ、トッピングなど楽しみ方豊富なつけ麺の意外と知らない情報も要チェック!つけ麺のスープ割やあつもり・ひやもりの違いについても詳しく解説していきたいと思います。ラーメンとはまた違った魅力や食べ方で注目を集めるつけ麺。そんなつけ麺をこれまでより味わい、楽しむためには必見です。

つけ麺の食べ方の基本を詳しく解説!スープ割りやあつもりとは?のイメージ

目次

  1. 1つけ麺の食べ方を詳しく知りたい!
  2. 2つけ麺の食べ方の基本
  3. 3つけ麺の注文の仕方は?
  4. 4つけ麺は麺の温度を指定できる
  5. 5つけ麺の食べ方を学んで正しく食べよう!

つけ麺の食べ方を詳しく知りたい!

濃厚で味わい深いスープに、太めの麺をつけながら食べることで親しまれているつけ麺。ラーメンとはまた違った食べ方や味わいの違いに、多くの人から好まれている食べ物の一つです。最近ではラーメン屋だけではなく、つけ麺の専門店などが出来るほどの知名度と人気を誇るつけ麺。地域やお店によって異なる麺の種類や、スープの種類もつけ麺の魅力の一つと言えます。

そんなつけ麺の魅力に迫るべく、意外と知られていないつけ麺の基本的な食べ方や、麺の太さ・トッピングなどを含むつけ麺の注文の仕方などについて詳しく紹介していきたいと思います。また、大きく二種類に分かれるつけ麺の“あつもり”と“ひやもり”の違いやそれぞれの特徴・魅力についても見ていきましょう。つけ麺好きはもちろん、普段あまり食べないという方も要チェックです。

Thumbつけ麺のカロリーと糖質は?ダイエット中におすすめの食べ方とコツ! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

つけ麺の食べ方の基本

濃厚で味わい深いスープに、麺を付けるという食べ方で知られているつけ麺。ラーメンと似ている部分もありますが、ラーメンとはまた違った食べ方や味わい方がつけ麺の人気の理由の一つとも言えます。また、つけ麺は海鮮スープや激辛スープなど、スープの種類も豊富で地域やお店によっていろいろな食べ方を楽しむこともできます。そんなつけ麺ですが、意外と知られていないのがその食べ方の基本です。

男性はもちろん、女性や子供からの人気も高いつけ麺。お店や地域によっては、もりそば・つけそば・ザルなどと呼ばれて親しまれているつけ麺ですが、そんなつけ麺の美味しさや魅力をこれまで以上に感じるためにも、まずは、意外と知られていないつけ麺の基本的な食べ方について見ていきましょう。

まずは麺をそのまま食べてからスープにつけよう

つけ麺の基本的な食べ方として、一番大切なのは、まず始めに麺をそのまま食べるという点です。スープがメインとも言えるラーメンとは違い、つけ麺のメインは麺そのものであると言えます。そのため、まずはスープに付けずに、麺をそのまま味わうというのがポイントです。麺の種類はもちろん、そのお店ごとに違うこだわりを持った麺の魅力を存分に味わいましょう。

麺をそのまま味わった後は、麺をスープに付けて食べましょう。その際の注意点としては、麺を一度にたくさん付けたり、その麺をスープに付けたまま放置しないということです。

なぜならば、つけ麺の麺は基本的には冷たく、温かいスープに一度にたくさん入れたり、放置してしまうとスープがすぐに冷めてしまうためです。そのため、つけ麺を食べる際には、一度に啜れるだけの量の麺を温かいスープにサッとつけ、一気に味わうのがベストです。

お酢やラー油などで味を変えて楽しもう

麺をスープに付けながら味わうのが魅力とも言えるつけ麺。ラーメン同様に、チャーシューや薬味などがついていることがほとんどですが、それらはつけ麺のスープに入れて食べるも良し、そのまま食べるも良しと言われています。

また、ラーメン同様に海苔がついていることも多いつけ麺ですが、その場合は海苔で少量の麺を挟むようにして掴み、サッとスープにくぐらせてから食べるのがおすすめなのだとか。箸休めとして食べるには最適とも言えるかもしれません。

また、つけ麺のスープの味に変化が欲しくなった場合には、お好みでお酢やラー油などを加えるのもいいでしょう。お酢やラー油を加える際には、スープに直接加えるのも良いですし、麺に直接絡ませるようにして加えるのもおすすめです。つけ麺の麺そのものの味はもちろん、スープの変化などで何度でも楽しむことが出来るつけ麺。これもまた、つけ麺ならではの魅力と言えます。

つけ麺のしめはスープ割りで

まずは麺そのものの味を楽しみ、その後はスープにつけながら薬味やお酢・ラー油で味の変化も楽しむことができるつけ麺。そんなつけ麺のしめとしておすすめなのはスープ割りです。ラーメンと似ているようにも思えるつけ麺ですが、このしめのスープ割りの食べ方がラーメンとは異なるつけ麺ならではの魅力とも言えます。

スープ割りとは、つけ麺を食べ終わったあとの余ったスープに熱めの出汁を注いで薄めることです。つけ麺のスープそのままでは濃いものがほとんどですが、最後にスープ割りとして薄めることで飲みやすくしたものを言います。つけ麺を取り扱うお店や専門店では、必ずと言っていいほどスープ割り用の出汁が用意されています。

お店によっては店員さんにスープ割りと頼むと、スープ割りを準備してくれたり、つけ麺のスープに注いでくれたりというサービスがあります。また、自分でスープ割りを入れるスタイルの場合は、あらかじめスープが入っていたところまでを目安に自分の好みの濃さに調節してスープ割りを楽しむことも可能です。ラーメンとはまた違った魅力を感じるためにも、ぜひ一度スープ割りでつけ麺のしめを味わってみましょう。

Thumbつけ麺のたれのレシピは?簡単に作れるのやアレンジなど紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

つけ麺の注文の仕方は?

つけ麺の基本的な食べ方を抑えたあとに気になるのが、つけ麺の注文の仕方ではないでしょうか。ラーメンは食べたことがあるけど、つけ麺をお店で食べたことがないという方も多いかと思います。

注文の仕方に関しては、ラーメンとそれほどの差はないつけ麺。しかし、つけ麺特有の注文の仕方などもあります。まずは、ラーメンを注文する際と同じである麺の量やトッピングの注文の仕方について見ていきましょう。

麺の量や太さを選ぶ

まず、つけ麺を注文する際には麺の量や太さを選ぶことができます。大盛・並盛・小盛・1玉・2玉など、注文方法に違いはあるものの、これはラーメンと共通している点でもあります。中には、無料大盛サービスなどを行っているお店も多くあります。しかし、その際に注意しておきたいのがその量の目安についてです。

つけ麺の並盛は、一般的なラーメンよりも多めに設定されていることが多いため、ラーメンと同じような感覚でつけ麺の量を選ぶと想像していたよりも量が多くて食べきれないということもあり得るかもしれません。一般的なラーメン並盛で多いなと感じる方の場合は、つけ麺は少なめを意識して注文するのがいいでしょう。

麺の太さに関しては、つけ麺の場合ほとんどが太麺となっています。しかし、お店によっては麺の種類が豊富であったり、細麺を選ぶことができるというところもあります。気分やスープによって麺の太さを変えてみるのもいいかもしれません。

トッピングを選ぶ

麺の太さや量を選んだ後は、トッピングを選ぶことが可能となっています。煮卵やチャーシュー・ネギ・メンマなどラーメン同様にトッピングは豊富です。薬味などが付いてくるところもあれば、好きなものを選ぶことができたりとお店によって様々ではありますが、スープや気分に合わせて選ぶのもつけ麺の楽しみ方の一つと言えるでしょう。

つけ麺のトッピングとして選んだ具材や薬味は、そのまま食べるのも良いですし、スープに入れたり、直接麺に絡ませたりして食べるのがおすすめとされています。また、つけ麺をトッピングや薬味・お酢・ラー油などで味に変化をつけて食べている中で、スープが冷めてきてしまったという場合には、お店の方に頼むと温めなおしてくれるというサービスがあるところも多いため、そうした際には一度聞いて見るのもいいかもしれません。

Thumbつけ麺のスープを飲むときのスープ割りとは?おすすめレシピも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

つけ麺は麺の温度を指定できる

つけ麺の基本的な食べ方だけではなく、つけ麺の注文の仕方なども紹介してきました。注文の仕方やトッピングなどに関してはラーメンとつけ麺との違いなどは特にありませんでしたが、実はつけ麺特有の注文方法というものがあります。それはつけ麺は麺の温度を指定できるという点です。

ラーメンとは違ったつけ麺ならではの注文方法について、その特徴を抑えながら説明していきたいと思います。つけ麺そのものの歴史を知ることはもちろん、よりつけ麺を楽しみたいという方は必見です。さっそく見ていきましょう。

つけ麺の基本の「ひやもり」

つけ麺は麺の温度を指定できると前述しましたが、基本的には二種類あり麺が冷たい“ひやもり”と麺が温かい“あつもり”とに分かれています。まずは、“ひやもり”について紹介します。

ひやもりは、その名の通り冷たい麺です。そもそもつけ麺はひやもりだけだったと言われるなど、つけ麺の基本とも言われており、茹でた麺を冷水で締めることで引き締まったツルリとした食感を楽しむことができます。また、アツアツのスープにくぐらせて食べることから、麺の表面は熱く、中は冷たいといったつけ麺ならではの温度や味わいを感じることもできます。

他にも、ひやもりのように茹でた麺を冷水で締めるのと同じ原理で、氷で締める“こおりじめ”や、麺の表面のぬめりを水で洗い落した“すべり落とし”などがあります。どれも、冷たい水や氷で麺を引き締めるという点ではひやもりと言えます。麺が冷たいため、スープが冷えない用に少量ずつサッと食べるのがおすすめです。

つけ汁が冷めにくい「あつもり」

続いて、つけ麺の麺の温度として選べるのは“あつもり”と呼ばれるものです。これは、茹で上がった麺を一度冷水で引き締めた後に、もう一度熱いお湯につけて麺を温めたものです。冷たい麺によってスープが冷めるのを防ぐためにとできたもので、ひやもりとは違ってあつもりの場合は最後までアツアツの状態でスープも麺も楽しむことができるという点が魅力と言えます。これからの寒い季節にはおすすめと言えそうです。

また、麺がお湯に浸かった状態で提供される“湯だめあつもり”というものもあります。基本的なあつもりの場合、時間がたつと麺同士がくっついてしまうというデメリットがありますが、この“湯だめあつもり”だと麺がくっついてしまうということもなく、最後までスムーズに食べることができます。

しかし、あつもりの場合はひやもりとは違ってスープが冷めにくいというメリットがある反面、麺のコシが落ちやすいという点や湯だめあつもりの場合はスープが薄まってしまうというデメリットもあります。お店によっては、ひやもり・あつもりの表記がなかったり、あつもりと記載されていても湯だめあつもりが出てきたりということもあるため、事前に確認してから注文するのがいいかもしれません。

また、つけ麺の麺の温度だけではなく、中には辛さを選ぶことができるお店もあります。特に、一般的なつけ麺とは違って辛さを指定するのが基本とされている広島風つけ麺では、辛さを段階的に指定できるお店がほとんどです。その日の気分などによって辛さを変えるのもいいかもしれません。

Thumbつけ麺レシピのおすすめ19選!人気の濃厚魚介や簡単味噌など紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

つけ麺の食べ方を学んで正しく食べよう!

ラーメンと似ているようで、意外と違う点も多くあるつけ麺。麺の温度を選べるという点や、スープ割りがあるという点は特につけ麺ならではの魅力とも言えます。ラーメン屋だけではなく、最近では専門店が出来るほどの知名度と人気を誇るつけ麺。スーパーや通販サイト・コンビニなどで見かけることも多くなるなど、たくさんの方に親しまれていることも分かります。

麺の太さや量を好みのものに合わせるだけではなく、トッピングや薬味でスープの味に変化をつけるなどして味わうことも出来るつけ麺。麺の温度も指定できることから、暑い夏には冷たい麺のひやもりで楽しみ、寒い冬には温かい麺のあつもりで楽しむなど、色々な味わい方が可能なのもつけ麺の魅力の一つです。

スーパーやコンビニでは、すぐに食べられるようなパックに入ったつけ麺も多くありますし、麺とスープが別々に個包装されたタイプのものも販売されています。最近ではレシピサイトなどでも多く取り扱われているつけ麺。トッピングや薬味を好みで合わせるなどし、自分だけのオリジナルつけ麺を楽しむのもいいかもしれません。

つけ麺の基本的な食べ方について紹介しましたが、必ずしもこれだけが正解であるということはありません。大人はもちろん、味付け次第では子供にも人気のつけ麺。アレンジの幅なども豊富で、最近では雑誌やメディアで紹介されることも少なくありません。まずは基本的な食べ方を抑えつつも、好みの麺の太さや温度、スープやトッピングを見つけてつけ麺をどんどん楽しみましょう。

Thumbセブンイレブンの冷凍「具付きつけ麺」が話題!アレンジ方法も! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ