エンプティカロリーは太らないは嘘?酒・食べ物など太るのか調査!

「お酒はエンプティカロリーだから太る事ない!」という噂を聞いた事ありませんか?お酒は太る事がないという噂の真相は本当なのでしょうか?それとも嘘…?そこで今回は、エンプティカロリーは太らないという噂は嘘か本当か、調査してみました。また、エンプティカロリーはお酒の他にも多くの食べ物に含まれているとの事ですから、一体どんな食べ物に含まれているのかについても併せてチェックしてみましょう。

エンプティカロリーは太らないは嘘?酒・食べ物など太るのか調査!のイメージ

目次

  1. 1エンプティーカロリーとは何?
  2. 2エンプティーカロリーは太らない?
  3. 3エンプティーカロリーが含まれている食べ物は要注意!
  4. 4エンプティーカロリーの摂り過ぎは太る!お酒の飲み過ぎに注意!

エンプティーカロリーとは何?

あなたは『エンプティカロリー』というワードを聞いた事はありませんか?「何それ?知らない…」という方もいらっしゃるでしょうが、お酒を飲む方なら一度は聞いた事があるかもしれません。そんな『エンプティカロリー』をご存知の方は、『エンプティカロリー=お酒のカロリー』だと考えている方が多いですが、実はお酒だけではなく、その他食べ物にもエンプティカロリーは含まれています。

では、お酒や食べ物に含まれている『エンプティカロリー』とは一体どのようなものなのでしょうか?そこで今回は、意外と正しい意味を知っている人は少ない、『エンプティカロリー』について徹底調査してみました!間違った意味で知っていると、太る原因や病気のリスクを高める原因になりかねませんからこれを機にしっかり学んでみましょう。

エンプティーカロリーは太らない?

よく、「エンプティーカロリーは太らないから大丈夫!」「エンプティカロリーってダイエットの味方だよね!」なんて発言をしている方がいらっしゃいます。エンプティカロリーが太らないと言われているのは本当なのでしょうか?それとも嘘…?まずは、エンプティカロリーが太らないと言われている噂の真相について調査してみましょう。

エンプティーカロリーとは?

栄養学において『エンプティカロリー』とは、食物エネルギーから、固形脂肪や添加された砂糖以外の栄養素が皆無または、極めて少量しか供給されないような食品に使われています。一般的にエンプティカロリーの食物は、精製された炭水化物とエタノール (アルコール) と、ある程度の脂肪を含んでいます。

エンプティカロリーは一体どのような食物に含まれているのかというとケーキやクッキー・菓子・キャンディ・アイスクリームなどといった甘いものや、ソフトドリンク・フルーツ味の飲み物など、マーガリンやショートニング、ゼラチンや砂糖 (異性化糖、HFCSを含む) が入ったその他食品、ビールやワイン・その他酒類などが挙げられます。

1日のエンプティカロリー制限は、年齢や性別によって異なります。目安としては、成人女性の一日の摂取カロリーの平均はおよそ1,800~2,000キロカロリーとなっており、1,800キロカロリーであれば1日のエンプティカロリーは160程度、2,000キロカロリーであれば1日のエンプティカロリーは280程度にとどめておきましょう。

1日のエンプティカロリー制限は、年齢や性別によって異なります。目安としては、成人男性の一日の摂取カロリーの平均はおよそ2,200~2,400キロカロリーとなっており、2,200キロカロリーであれば1日のエンプティカロリーは265程度、2,400キロカロリーであれば1日のエンプティカロリーは330程度にとどめておきましょう。これらはあくまで制限目安なので出来るだけ摂取を抑える事が大切です。

お酒は太らないは嘘!エンプティーカロリーのメカニズム

「お酒はエンプティカロリーだから太る事はない」とよく言われますが、嘘か本当か気になるところではないでしょうか?この噂の真相について結論からお話しさせていただくと、この噂の真相は嘘です!では、一体なぜエンプティカロリーであるお酒は太らないという嘘が広まるようになったのでしょうか?エンプティカロリーのメカニズムについて学んでみましょう。

『エンプティカロリー』の『エンプティ(empty)』には、『空っぽ』という意味あります。そのため、「エンプティカロリーはカロリーが(空っぽ)ないんだ!」と勘違いされ、「お酒はエンプティカロリーだから太らない」と言われるようになりました。お酒に含まれているカロリーは、体内に蓄積されないといわれています。

一体どういう事なのかというと、お酒に含まれているエンプティカロリーは肝臓ですぐに分解されて、優先的にエネルギーとして消費されてしまうという事です。お酒に含まれているエンプティカロリーというのは、体内に蓄積されずに食べ物などから摂取したカロリーの消費を後回しにしています。肝臓で分解されたお酒のカロリーは最終的には炭酸ガスと水になります。

お酒で摂取したカロリーは体内に蓄積されないとなれば、「おつまみは食べずにお酒だけ飲んでたら太る事ないって事?」と思われるかもしれませんが、そういうわけでもないようです。お酒を分解する過程で、肝臓での中性脂肪の合成が促進されるので、脂肪肝を誘発してしまいます。つまり、肝臓が太ってしまうという事です。

エンプティーカロリーの意味は栄養が無いということ

お酒などに含まれるエンプティカロリーが太る事はないという噂の真相は嘘だという事がわかりましたが、食べ物や飲み物にはカロリーや栄養素が含まれています。先ほど、『エンプティカロリー』の『エンプティ(empty)』には、『空っぽ』という意味があるとご説明させていただきました。そして、エンプティカロリーは太るという事もわかりました。

つまり、お酒などに含まれているエンプティカロリーは『カロリーが空っぽ』なのではなく、『栄養が空っぽ』というわけです。栄養を含まないエンプティカロリーは体内で蓄積する必要がありません。その為、優先的にカロリーが消費されていきます。

『エンプティカロリー』は栄養を含んでいないのにもかかわらずカロリーが高いものです。私たち人間が生きていく上で栄養素は非常に重要な存在ですが、そんな栄養素を含まずにカロリーが高いだけとなれば、「エンプティカロリーは太るかどうか」といった疑問点よりも体にとって悪影響になってしまう事が心配されます。

海外ではエンプティカロリーは「カロリーが空っぽ」という認識をされているのに、なぜだか日本では「エンプティカロリーはカロリーがない」と認識されるようになってしまいました。「お酒はエンプティカロリーだから太る事はない」という噂は嘘だという事を頭に入れておいてください。

エンプティーカロリーが含まれている食べ物は要注意!

エンプティカロリーが含まれている代表的な飲食物といえば、お酒ですが、意外と身近な食べ物にもエンプティーカロリーが含まれています。気づかないうちにエンプティカロリーが含まれる食べ物を口にしてしまっている事が多いので、USDA (アメリカ合衆国農務省) は「少量のエンプティカロリーは良いが、殆どの人は健康を害する量を摂取している」と助言しているほどです。

では、高カロリーなのに栄養がないというエンプティカロリーが含まれる食べ物とは一体どんな物があるのでしょうか?また、エンプティカロリーがもたらす体への影響などはどんな事があるのでしょうか?お次は、エンプティカロリーが含まれる食べ物や体への影響について学んでみましょう。

高カロリーなのに栄養がない食品に注意!

エンプティカロリーは高カロリーなのに栄養がない食べ物や飲み物のことです。では、どんな食べ物や飲み物が挙げられるのかというと、ケーキやクッキー・ドーナッツ・アイスクリームなどといった甘いお菓子や、スナック菓子・ハンバーガー・ピザ・ソーセージ・チーズ・炭酸飲料・ビール・日本酒・ウイスキーなどです。

こうしてみてみると、エンプティカロリーが含まれる食べ物や飲み物はコンビニやファーストフードなどのジャンクフードに含まれていることが多い印象です。また、マーガリンやショートニング・その他脂肪・油 などにもエンプティカロリーは含まれているので、上記の食べ物以外にもエンプティカロリーが含まれている可能性があることを頭に入れておきましょう。

お酒のエンプティーカロリーは脂肪肝の原因にもなる!

ビールや日本酒・ウイスキーなどのアルコール類に含まれるエンプティカロリーは、太る原因となってしまうだけではなく脂肪肝の原因となる恐れもあります。『脂肪肝』とは、肝臓に中性脂肪が異常に蓄積した状態のことを指します。簡単に説明すると、なんらかの理由によって肝臓で脂肪の処理が追いつかない状況に陥り、肝細胞の中に脂肪が油滴のように溜まり、肝細胞が膨れた状態です。

世界的に見て、脂肪肝は飲酒が原因のアルコール性脂肪性肝炎が多いようです。肝臓はアルコールを飲む事によって中性脂肪の合成が促進されるので脂肪肝の原因を引き起こす可能性が高くなってしまいます。分かりやすく説明すると、肝臓はビールやウイスキーなどのお酒を先に消費するため、脂肪を消費するのが後回しになる事から内臓脂肪が溜まってしまうという事です。

アルコールはエンプティカロリー以外にも太る原因がいっぱい!

エンプティカロリーが含まれるから太りやすいという事も一つの理由ですが、まだまだアルコールには太る原因が多く挙げられます。あなたはアルコールを飲んでいると、炭水化物が無性に欲しくなった経験ってありませんか?

おつまみをたくさん食べたのに、締めのラーメンやうどん・お茶づけなどといった炭水化物を食べないと気が済まないという方もいらっしゃるでしょう。これは、炭水化物には糖質が多く含まれているためです。糖分はアルコールを代謝するために必須です。

また、糖分は脳のエネルギーにもなるのでアルコールを飲んでいるときは普段よりも糖質の吸収率が高まってしまうことから太りやすくなってしまいます。さらにアルコールには食欲増進効果があるのでいつもよりカロリーを多く摂取してしまうことも多いので、注意が必要です。

エンプティーカロリーはダイエットの大敵

エンプティカロリーは栄養が含まれていないのに高カロリーということで、すでにダイエットの大敵に思われますが、それ以外にもまだまだ恐ろしいダイエットの敵が潜んでいます。まず、エンプティカロリーは消化をする際、体内にある酵素をいっぱい使います。そのため、エンプティカロリーの消化・分解をするだけでも体にかなりの負担がかかっています。

代謝を促進するために酵素をいっぱい使うので、結果として代謝を下げる原因となってしまいます。また、エンプティカロリーを食べたとき、人間の体にとって必須である『ビタミン』や『ミネラル』が失われているので様々な病気を引き起こす恐れがあると言われています。

例えば、食物繊維が不足しているときは、体脂肪が増えて肥満の原因を引き起こしてしまうだけではなく、コレステロール値も上昇するので、心臓病や脳梗塞の恐れが高まります。また、食物繊維が不足していると便秘になるのでダイエットの敵となる上、腸内環境が悪くなり免疫力が低下し、大腸ガンのリスクを高める恐れがあります。

カルシウムが不足していると骨粗しょう症の可能性を高めますし、ビタミンBやクロミウムが不足していると糖尿病の原因を引き起こしてしまいます。エンプティカロリーがダイエットの大敵であることはもちろんですが、健康への悪影響となることも忘れないようにしてください。

エンプティーカロリーの摂りすぎは太る原因に!

エンプティカロリーが含まれている食べ物はどれも大人から子供まで愛されている食べ物ばかりです。エンプティカロリーが含まれている食べ物や飲み物を摂取していると、太る原因を作ってしまいます。一体なぜかというと、カロリーは高いのに栄養はないので体が栄養失調になり、「栄養が欲しい!」と呼びかけてくるためです。

「栄養が欲しい!」と体が呼びかけてくると、脳がどんどん食べ物を欲してきて過食につながってしまうそうです。過食すれば太ることはお分かりでしょうが、栄養不足になるとそれらに加えて脂肪を溜め込んでしまいます。つまり、エンプティカロリーが多く含まれる食べ物やアルコール類を過剰摂取していると太る原因がいくつもあるということです。

とはいえ、これらの食べ物やアルコールを絶対に食べたり飲んだりしてはダメというわけではありません。我慢をすればするほど、ストレスが溜まってしまい結局過食につながってしまうこともありますから、ほどほどに楽しむことをお勧めします。

エンプティーカロリーの摂り過ぎは太る!お酒の飲み過ぎに注意!

エンプティカロリーは太らないは嘘?エンプティカロリーが含まれる酒・食べ物などは太るのか、といった調査まとめはどうでしたか?よく耳にする「エンプティカロリーは太る事がない」という噂の真相は、嘘でした。エンプティカロリーはカロリーがないのではなく、栄養がない上、高カロリーというダイエットの大敵であると同時に健康への悪影響をもたらす事がわかりました。

栄養がなく、カロリーが高いエンプティカロリーは私たちが思っている以上に、多くの病気リスクを高める恐れがあります。しかし、エンプティカロリーが含まれている食べ物や飲み物は、どれも美味しいものばかりで多くの人たちが好むものばかりです。一切摂取しないほうが良いとは言いませんが、エンプティカロリーが含まれる食べ物や飲み物を摂取する場合は程々の量で楽しむ事をモットーにしましょう!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ