ビタミンCが多い食べ物・食材ランキングTOP19!コンビニ商品も!

ビタミンCは日常的に不足しないように注意したい栄養素のひとつですが、ビタミンCが多い食べ物・食材というのはどのようなものなのでしょうか?ビタミンCは美容のためにも健康維持のためにもしっかりと補給したいものですが、コンビニで気軽に買える食べ物・食材の中にもビタミンC補給に役立つ商品は案外多いようです。今回は、そんなビタミンCが多い食べ物・食材ランキングTOP19を紹介します。

ビタミンCが多い食べ物・食材ランキングTOP19!コンビニ商品も!のイメージ

目次

  1. 1ビタミンCが多い食べ物や食材とは
  2. 2ビタミンCについて知ろう!
  3. 3ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキングTOP19を紹介
  4. 4コンビニでも買えるビタミンCが豊富な商品を紹介
  5. 5ビタミンCの豊富な食べ物・食材を知って効率的に摂取しよう!

ビタミンCが多い食べ物や食材とは

ビタミンCは身体のさまざまな健康維持に欠かせない栄養素のひとつとなっていますが、ビタミンCが多く含まれている食材・食べ物とは何でしょうか?ビタミンCといえばやはりレモンのイメージも強いですが、レモン以外にもビタミンCが多く含まれている食べ物はコンビニ商品も含め多く、ビタミンC補給の方法とは案外多岐に渡るようです。

今回は、そんなビタミンCが多く含まれている食べ物・食材について詳しくみていきます。ビタミンCが不足するとさまざまな健康上の問題につながってしまうものですが、そんな状況を防ぐためにもぜひコンビニ商品なども含めてビタミンCをさまざまな食べ物・料理から摂取して、ビタミンC由来の効果効能の恩恵をしっかり受けていきましょう。

ThumbビタミンCが多い飲み物ランキングTOP13!コンビニおすすめも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ビタミンCについて知ろう!

ビタミンCというのはビタミンの中でも特に代表格と言える食べ物であり、ビタミンCは健康のために欠かせない栄養素のひとつでもあります。ビタミンCというのは身体のさまざまな器官の機能を維持するために欠かせないのはもちろんですが美容のためにもしっかり摂取したい栄養素の代表格ですから、その効果効能をまずは把握しておきましょう。

ビタミンCに効果効能は?

ビタミンCは不足しないようにコンビニ商品なども活用してしっかり補給したいですが、その効果効能としてはまずコラーゲンの生成を助けることが挙げられます。そのため血管や皮膚などの機能維持にビタミンCは欠かせないですが、近年ではその抗酸化作用が注目されシミやそばかす予防など美容のために役立つという側面にも期待がもてそうです。

さらにストレスへの抵抗力を高めるという働きや鉄分の吸収を高めるという働きもあり、その抗酸化作用は美容だけでなく動脈硬化などの病気の予防にも役立つという側面があります。このようにビタミンCの効果効能というのは多岐に渡るものですが、これらの恩恵を受けるためにもぜひ多く含む食べ物をチェックしたいものです。

一日に必要なビタミンCの摂取量は?

ビタミンCにはさまざまな効果効能が期待できるようですが、そんなビタミンCは一日に一体どれくらいの摂取量が必要なのでしょうか?ビタミンCの摂取目安量は成人男性・成人女性ともに100mg程度とされていますが、水溶性ビタミンのビタミンCの食品からの過剰摂取に伴う副作用のリスクは低いため、できるだけ多くを補給したいものです。

特にストレスがかかっている人やタバコをよく吸う人などは他の人に比べてより多くのビタミンCを必要とするとも言われていますから、日々の生活の中で意識的にさまざまな食品からビタミンCを摂取するように努めたいものです。

ビタミンCが不足するとどうなる?

ビタミンCにはさまざまな効果効能が期待できるということがわかりましたが、そんなビタミンCが不足するとどうなってしまうのでしょうか?ビタミンCの不足はさまざまな病気の原因になるとも言われていますが、その代表的なものは血管がもろくなって出血してしまう壊血病などでしょう。

さらにビタミンCが不足するとストレスや風邪のウイルスなどへの抵抗力が弱まってしまうことも予想されます。また、ビタミンCの抗酸化の作用を受けられないと紫外線によるダメージなども必要以上に加わってしまいますし、動脈硬化などの病気のリスクも高まってしまうので注意が必要でしょう。

このようなビタミンCの働きを考慮すると、やはりしっかりと補給していきたいものです。そしてそんなビタミンCの補給のためにも、ビタミンCが豊富に含まれている食品というのをランキングでもチェックして、ぜひ日々の食生活に積極的に取り入れていきましょう。

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキングTOP19を紹介

ビタミンCを摂取する際にはその目安量が不足しないようにさまざまな食べ物からビタミンCを補給していきたいものです。ビタミンCの不足は肌荒れや病気なども招く恐れがあるので要注意ですから、ぜひビタミンCが豊富な食べ物・食材のランキングTOP19をチェックしてビタミンC補給に役立ててみてください。

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング19位:唐辛子

意外な食材にビタミンCが豊富に含まれているということも案外多いものですが、カプサイシンや辛いというだけのイメージが強い唐辛子も、実はビタミンCの宝庫となっています。唐辛子には100gあたり120mgほどのビタミンCが含まれていますが、食欲増進などの働きも期待できる辛味成分であるカプサイシンの効果も同時に期待できそうです。

もちろん唐辛子はメインで大量に食べるということはあまりないかもしれませんが、ちょっと辛い料理が食べたいというときに唐辛子入りの料理を食べることは、ストレス発散になるだけでなくしっかりビタミンCなどの栄養素もプラスアルファで摂取できるのが嬉しいものです。ぜひ、唐辛子入りの料理でビタミンCを補給してみてください。

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング18位:ゆず

レモンと並び柑橘類の中でも特にビタミンCが豊富な食材として知られているのが、ゆずです。ゆずはその効能から風呂などに浮かべて活用する人も多いですが、果皮を料理に活用するケースも多いです。ゆずの果皮は100gほどで150mgのビタミンCが含まれていますが、独特の香りを料理に加える意味でもゆずの果皮は活用したいものです。

ゆずの果皮はカロリーオーバーになりにくく他の果物の果汁などに比べても糖分なども過多にならずに、同程度のビタミンCをしっかり補給できるというのが利点だと言えます。ちょっと料理にさっぱりとした感じを加えたいというときには、ぜひゆずを料理に活用して清涼感を楽しむとともにビタミンC補給をしてみてはいかがでしょうか?

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキン17位:オレンジ

柑橘類は全般的にビタミンCが多いイメージがありますが、特にジュースでも飲む機会が多い上にそのまま食べることもあるオレンジは、ビタミンCが豊富な果物の筆頭となっています。ビタミンCの含有量は100gあたり53mgほどであり、ビタミンAやカルシウムなどの栄養素もある程度含まれている上に、使い勝手がよいというメリットもあります。

酸味や清涼感を料理に加えたいというときにはオレンジをドレッシングの一つとしてサラダにかけることもできますし、オレンジと一緒に肉類を煮込めばさっぱりとした味で楽しむことができます。さらにコンビニなどでもよくオレンジジュースは見かけることの多い飲料ですが、レモンよりも食べやすい・飲みやすいのがオレンジでしょう。

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング16位:ゴーヤ

苦い野菜というのはビタミンCなどの栄養が特に豊富だというイメージもありまうが、夏野菜として特に有名で沖縄では定番食材伴っているゴーヤは、ビタミンCが100gあたり76mgと豊富です。ビタミンCはコラーゲンの生成に不可欠な栄養素であり肌荒れ防止などにもつながりますが、ゴーヤはゴーヤチャンプルーなどで食べやすいのも魅力的です。

その独特の苦味が好きだという人もいればそうでないという人もいると思いますが、ぜひ他の野菜や肉類と炒めてゴーヤの栄養素を引き出してみてください。そんなゴーヤは苦味成分であるモモルデシンにも効果効能が期待できるとされ、胃腸の粘膜を守ったり血圧を安定させたりする働きもあるので、ビタミンC以外の効果も期待したいものです。

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング15位:キャベツ

野菜というのはやはりビタミンCなどのビタミン類の存在も意識しながら、ぜひ栄養価の高いものを栄養価の高い状態で楽しみたいものですが、生でも美味しく食べられるキャベツもビタミンCが豊富な存在として知られています。キャベツは100gあたり41mgほどのビタミンCが含まれていますが、食物繊維やボロンなどの栄養素も豊富なようです。

便秘の悩みや胸の悩みを抱えている女性というのは特に多いものですが、そんな女性特有の悩みに答えてくれる野菜こそがキャベツだと言えるでしょう。食物繊維は便通を促す作用が、ボロンはホルモンバランスを整えて育乳に役立つとも言われていますが、さらに抗酸化作用が高くしみ対策などにもなるキャベツは一石三鳥の野菜なのです。

そしてポン酢やたれ、塩昆布などの味付けで簡単におつまみとして食べることができ、居酒屋などで提供されることも多いでしょう。さらに千切りにしてカツに添えるという食べ方も定番ですが、味噌汁の具材としても重宝すること間違いなしです。野菜の中でも特に使い勝手のよい食べ物として、ぜひビタミンC補給にも役立ててみてください。

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング14位:ハム

続いて紹介するビタミンCが豊富に含まれている食べ物・食材は、ハムです。ハムはサンドイッチの具材やハムエッグとして楽しむことができ、日本人にとっても日常的に特に摂取する機会の多い肉類の食べ物だと言えるのではないでしょうか?ハムのビタミンC量は100gあたり49mg程度ですが、汎用性が高いということもメリットでしょう。

サンドイッチの具材として活躍してくれること間違いなしのハムですが、毎朝食べることもできるほど簡単に利用することができます。さらに、ちょっとしたパーティーの創作料理を作ることも可能であり、ブロッコリーやアスパラガスなど栄養価が特に高い野菜との相性もかなりよいために、色々な方法でハムは楽しむことができるでしょう。

あまりお肉を食べるような気分ではないというときも、ハムであればかなり気軽に食べられてタンパク質を補給できるのが嬉しいですが、タンパク質だけではなくビタミンCもしっかり補給をできるというのがハムの魅力だと言えるでしょう。特有の質感のよさと食べやすさを活かして、ぜひ野菜類と合わせて栄養価が高い状態で楽しんでみてください。

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング13位:ジャガイモ

芋類の中でも特にビタミンCの量が多いジャガイモは、主食としてもおかずとしても活躍してくれる食べ物です。ジャガイモに含まれるビタミンCの量は100gあたり35mgと今回のランキングの中ではやや低めかもしれませんが、主食として活用できるという側面からもわかる通り、一回に摂取できる量が多いのでビタミンCの量も多くなります。

また、ジャガイモは蒸してそのまま食べたりマッシュポテトにしたりするだけでも美味しいですが、フライするなどの調理法でも美味しく食べられるという魅力があります。フライドポテトはあまり体によいというイメージがありませんが、できるだけヘルシーで新鮮な油を使って作れば、ジャガイモ由来のビタミンCの補給にもなるでしょう。

ジャガイモは食べ応えもあり腹持ちもよいので、お菓子を食べたくないときの間食としても活用できるでしょう。ジャガイモのビタミンC含有量は温州みかんと同程度とされていますが、ビタミンCのほかにはマグネシウムなどもある程度含まれています。活用方法が多いジャガイモならではの食べ方で、ぜひビタミンCを補給してみてください。

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング12位:いちご

甘酸っぱいフルーツの代表格であるいちごは、ビタミンの宝庫でもあります。スイーツ女子なら嫌いな人はいないというほどフルーツの中でも特に人気度が高く、ケーキなどのトッピングの定番でもあるいちごは、100gあたり62mgほどのビタミンCが含まれています。さらに食物繊維もたっぷりと含まれており、美容に貢献してくれそうです。

いちごはフルーツの中でも特に美味しく一番好きだという人も多いフルーツですが、甘みと酸味のバランスが素晴らしく、生クリームとの相性が抜群だという側面があります。そのため、そのまま食べても美味しい上に練乳などをかけて食べることも可能ですし、またいちごをトッピングしたデザート・スイーツ類というのは非常に多く存在します。

ストレスフリーな生活のためにもたまには甘いスイーツでほっこりしたいというときもあると思いますが、そんなときにいちごからビタミンCなどの栄養を豊富に摂取できるのは嬉しいものです。さらにナトリウムの排泄に関わり人間の身体に欠かせない電解質であるカリウムも含まれており、むくみ防止などの効果もいちごには期待できそうです。

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング11位:ブロッコリー

野菜の王様であるブロッコリーはビタミンC以外の栄養素も豊富に含まれていますが、ビタミンCに関してもかなりの量が含まれています。ブロッコリーは炒め物やサラダ、蒸し野菜などさまざまな形で日本の食卓で楽しまれている親しみ深い野菜の筆頭ですが、100gあたり120mgほどのビタミンCが含まれている上に他のビタミン類も豊富です。

ブロッコリーはあまり野菜が好きではないのでできるだけ少ない量で栄養を摂取したいというときにもぴったりであり、ブロッコリーだけでもβカロテンやビタミンK、ビタミンB群やミネラル全般もバランスよく含んでいます。さらにお肉と炒めたり海老と炒めたりしても美味しく食べられるので、メインのおかずとして活用することもできそうです。

そんなブロッコリーを茹でる際には茹で汁に栄養が逃げてしまうこともあるので要注意ですが、蒸し野菜などにすれば栄養を逃さずに摂取することができそうです。蒸したブロッコリーはそのままでも美味しいですが、塩やマヨネーズなどで気軽に食べることもできるので、ぜひ野菜の王様であるブロッコリーをシンプルに味わってみてください。

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング10位:焼き海苔

ビタミンCが多く含まれている食べ物・食材の中には意外な食材もありまうが、今回のランキングでも特に予想外にビタミンCが豊富な食材となっているのが、海苔でしょう。海苔はご飯のおかずとして活用することが多く、ご飯を巻いて醤油をつけて食べるだけで美味しいというのが魅力的ですが、ビタミンCは100gあたり200mgと豊富です。

さらに低カロリー・低脂質でダイエットの間食などにもぴったりな海苔ですが、ビタミンCの他にも葉酸やビタミンB12、マグネシウムやカルシウムなどのミネラル類も豊富に含まれています。さらに食物繊維も気軽に摂取できるので、便秘防止のためにも活用できる食材だと言えます。これらの効果で総合的に美容に役立てることができそうです。

海苔を食べるときの注意点としては、寿司であれそのままご飯で食べる場合であれ、あるいは加工食品として食べる場合であれ塩分の過剰摂取になりかねないという点でしょう。どうしても塩や醤油との相性がよい海苔はついつい塩辛い味でたくさん食べてしまいがちですが、そのまま食べる場合にはぜひ味のないタイプを選んでみてください。

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング9位:レモン

ビタミンCはコンビニ商品から定番の野菜や果物までさまざまな食べ物から摂取したいものですが、中でもビタミンCのイメージが強い人気食品こそがレモンです。ビタミンCの含有量はレモン何個分と表示されることも多いなどビタミンCの基準となっているのがレモンですが、そんなレモンには100gあたり100mgのビタミンCが含まれています。

だからこそわかりやすくビタミンCの含有量の基準ともなっているレモンですが、そのまま食べるということはあまりないものの爽やかで心地よい酸味が特徴であり、コンビニで買えるお菓子から飲み物までさまざまな加工食品の原料伴っています。もちろん、レモンをカットして料理に添え、酸味とビタミンCを気軽に加えることもできます。

サラダや肉料理、魚料理に合うのはもちろん、ラーメンや鍋物などにもレモンは活用できるなどその汎用性の高さは実に魅力的だと言えます。さらにお菓子や飲み物などもレモン由来のものが多いので、ビタミンCの補給源として最も頻度高く楽しめるのがレモンでしょう。ぜひ、さまざまな形でレモンからビタミンCを摂取してみてください。

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング8位:キウイフルーツ

ビタミンCが豊富な果物といえばレモンというイメージも強いですが、実はレモン以上にビタミンC含有量が多いフルーツとして人気なのがキウイフルーツです。キウイフルーツはフルーツの中でも特にビタミン量が多く美容に役立つものとして多くの女性に人気ですが、甘さと酸味のバランスがよくそのままでも十分に美味しいのが嬉しいものです。

レモンは料理などに活用するというイメージが強いものの、キウイフルーツであればそのまま美味しく食べることができます。キウイフルーツは食後のデザートや自分へのご褒美として食べるという人も多いですが、美味しい上にビタミンCなどの栄養をしっかりと補給できメラニン生成による肌トラブル防止の一助となるのは実に魅力的でしょう。

キウイフルーツはゴールデンタイプであれば100gあたり160mg以上のビタミンCが含まれており、さらに食物繊維も補給できる上にカリウムや葉酸など女性にとって嬉しい成分が豊富なのです。さらに活性酸素の働きを抑制できるポリフェノールや疲労回復に役立つ有機酸も豊富であり、運動をしている人や美容を意識する人にぴったりです。

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング7位:芽キャベツ

野菜類の中でもソテーなどにして楽しまれることの多い芽キャベツも、100gあたり160mgという多量のビタミンCを含む野菜となっています。通常のキャベツとは違いより栄養豊富な芽キャベツはビタミンC以外にカリウムも豊富に含まれておりむくみ解消にも役立ちそうですが、2〜3個食べるだけでもかなりの栄養補給になることでしょう。

普段はあまり食べる機会が日本人にとっては少ない芽キャベツですが、フレンチ風の炒め物料理などにするときにはその見た目も相まっておしゃれな野菜として知られています。芽キャベツをソテーにするときにはオリーブオイルとにんにく、ペッパーなどでシンプルに味付けをして、お肉を加えて旨味を追加することで食べやすくしましょう。

かみごたえもあって他の野菜に比べてかなり食べ応えも抜群な芽キャベツは、ダイエット中に間食としてソテーを楽しむという食べ方も非常におすすめです。普段はあまりスーパーなどで意識的に選ばないという人も、肌荒れ防止や病気防止などの効果効能のためにも、ぜひ一度意識的に芽キャベツを選んで調理してみてはいかがでしょうか?

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング6位:パセリ

パセリもビタミンCが豊富な食べ物の代表格となっています。パセリは居酒屋などでも添え物として提供されることが多く残すというケースも少なくないものですが、ビタミンCの摂取などを考えると残さずに食べるのがよりおすすめだと言えます。パセリには葉の部分を生で食べると100gあたり120mgほどのビタミンCをしっかり補給できるのです。

さらに乾燥パセリであれば100gあたり800mg以上のビタミンCを補給できるなど、よりビタミンCの摂取効率は高まりますが、乾燥パセリをパスタや炒め物などにすこし振りかけるだけでも摂取できる栄養価というのはかなり変わることでしょう。さらにパセリは、鉄分やカルシウム・マグネシウムなど、貧血予防に役立つミネラルも豊富なのです。

その苦味と清涼感が苦手だという人は多いですが、調味料としてすこしだけ振りかけるという活用方法や苦手でも葉の部分をひとつ生ハムなどに巻いて食べやすくするなどの食べ方が特におすすめとなっています。また、その清涼感から食べた後の口内の不快感などをおさえる役割も果たすので、ぜひ残さずに食べてみてはいかがでしょうか?

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング5位:ピーマン

野菜類というのはビタミンが総合的に多い食べ物が多いものですが、特にビタミンCを野菜から摂取したいときにはピーマンをうまく活用してみてはいかがでしょうか?ピーマンは果肉が厚く組織的に栄養素が壊れにくい野菜となっており、しっかり炒めて苦味をおさえて食べやすくしてもビタミンCを効率よく摂取できるというメリットがあります。

中でも赤ピーマンはピーマンの中でもビタミンCの含有量が多く、100gあたり180mgほどのビタミンCを摂取できる食べ物となっています。さらにビタミンC以外にもビタミンAやEなどの抗酸化作用の高いビタミン類が豊富であるという特徴のあるピーマンはまさに栄養満点の野菜であり、苦手な場合でもぜひ細かく刻んで料理に入れたいものです。

苦味の元になっているピラジンという成分やクエルシトリンなどの成分も血栓予防などの効果が期待できる成分である、他のビタミンCが豊富な野菜にはない魅力をも持ち合わせているのがピーマンだと言えます。炒め物として味や食感のアクセントにもなりますし、お肉類との相性もよいのでぜひ夏バテ防止にも炒め物やマリネで楽しんでみましょう。

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング4位:グァバ

ビタミンCが豊富な果物というのは酸っぱい傾向が強いですが、中でもグァバは独特の酸味と甘みが特徴的な南国の果物です。グァバのビタミンC含有量は果物の中でもトップクラスであり赤肉種も白肉種も100gあたり220mgほどのビタミンCが含まれています。そんなグァバはグァバジュースやサワーなどドリンクで楽しまれることが多いです。

沖縄など南国で育つグァバはビタミンEなどビタミンC以外の抗酸化作用をもつビタミンも含んでいる上に、カリウムなどのミネラルも豊富です。紫外線のダメージから肌を守る効果やむくみ解消の効果も含めて美容に役立ちそうなグァバですが、加熱しても壊れにくい還元型のビタミンCが含まれジャムなどにしても効率よくビタミンを摂取できます。

そんなグァバを気軽に摂取したいのであればやはりジュースやサワーなどがおすすめであり、ほどよい酸っぱくほどよく甘いドリンクとして楽しむことができます。また、ヨーグルトなどと合わせてスムージーにしても美味しく楽しむことができます。レモン以上にビタミンCの多い果物として、ぜひ機会があるときには摂取したい食べ物でしょう。

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング3位:緑茶

続いて紹介するビタミンCが豊富な食材は、緑茶です。緑茶はコンビニなどでも気軽に買え、日本人にとってはかなり馴染み深いタイプの食材ですが、特に緑茶の中でも煎茶は100gあたり260mgほどのビタミンCが含まれておりビタミンC補給にはぴったりです。また、緑茶のビタミンCは安定しやすく、ホットでもアイスでも楽しめるでしょう。

ペットボトルの市販のお茶がコンビニなどでも多く売られており気軽にビタミンC補給ができそうですが、リラックスタイムにはぜひ自分でお茶を淹れてより美味しくビタミンC含有量も多いお茶を楽しみたいものです。カテキンなどのポリフェノールやテアニンというリラックス作用のある成分など、ストレスや美容への効果も期待できそうです。

そのまま飲めてかつリラックスできるというお茶は、今回紹介するビタミンCが豊富な食品の中でも特に毎日摂取しやすいものだと言えるでしょう。ほうじ茶などであればカフェイン量が少なくカフェインの過剰摂取に注意したい人にはおすすめですが、一方でビタミンCの含有量はやや少なめなので、状況に合わせてベストなお茶を選びましょう。

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング2位:ケール

続いて紹介するビタミンCが豊富な食べ物は、ケールです。今回ランキング2位として紹介するケールのビタミンC含有量は葉の部分で100gあたり81mgほどと野菜ではトップ中のトップですが、ケールがメインの青汁であれば100gあたり1000mg以上のビタミンCを摂取できるなど、その摂取方法によってはかなり有効活用できる食材と言えます。

ケールはあまり日本人にとっては馴染みのない野菜かもしれませんが、加工品では青汁のほかケールチップスなどとして売られることも多いですし、料理としてもサラダなどに簡単に使うことができるおすすめ野菜です。その独特の苦味と爽やかさはトマトやドレッシングの酸との相性が抜群な上に、ビタミンC以外の栄養素も豊富なようです。

さらにケールは食物繊維の宝庫である上に、ビタミンC以外にもベータカロテンやビタミンEなど抗酸化作用の高い成分が豊富に含まれているので肌荒れや病気予防などにも活かせそうです。さらにルテインが豊富で目のトラブル予防にもぴったりなケールは、野菜の中でもビタミンCが多い食品を探している人には特におすすめとなっています。

ビタミンCが豊富な食べ物・食材ランキング1位:アセロラ

ビタミンCが豊富な食べ物にはさまざまなものがありますが、今回ランキング1位の食材として紹介するのはアセロラです。アセロラはアセロラジュースやアセロアゼリーのような形で食べることが多いですが、そんなアセロラは美容によい果物の代表格としても知られています。なんと100gあたりのビタミンC量は1700mgと圧巻の数値です。

ビタミンC=レモンというイメージも強いものですが、実はレモンの17倍ものビタミンCが含まれている食材こそがアセロラなのです。熟した実は皮ごと食べることができますが、すぐに傷んでしまうという特徴があるために原産地であるブラジルなどの外国や、国内であれば沖縄など以外で生のアセロラを食べるという機会はあまり多くありません。

ビタミンCが多いアセロラはフルーツの中でも抗酸化作用が高く、美容への効果も期待できそうです。加工品ではさまざまな形で食べられるアセロラですが、たとえ果汁含有量が低いアセロラジュースだとしても100%のレモンジュース・オレンジジュースなどに比べてビタミンCを効率よく摂取できる上に、甘酸っぱい味わいも人気となっています。

さらに銅やベータカロテン、葉酸などの栄養も多く含まれており肌荒れ防止や貧血防止などにも役立ちます。甘酸っぱいからこそやや糖分を加えてゼリーなどにしても美味しい上に、他の果物に比べて少ない量でも効率よくビタミンCを補給することができますから、ぜひビタミンCの不足を圧倒的な含有量のアセロラで補ってみてください。

コンビニでも買えるビタミンCが豊富な商品を紹介

ここまでビタミンCが多く含まれるさまざまな食べ物をチェックしてきましたが、ビタミンCが豊富に含まれる商品というのはコンビニにも案外多く存在するものです。気軽にビタミンCを補給できるコンビニの商品も、ぜひチェックしましょう。

のどケアしながらビタミンCが摂れる「VC3000のど飴」

ビタミンCを補給できるコンビニ商品の代表格として知られているのは、VC3000のど飴です。VC3000のど飴は天童よしみさんのCMでもおなじみののど飴であり、喉の炎症予防などのために舐める人も多く、どのコンビニにも大抵置いている馴染みの商品です。

そんなVC3000のど飴には一袋あたり1200mgものビタミンCが含まれており、さらにビタミンB群やハーブ成分なども含まれています。そのため、すっきりとした後味になっている上に舐めるだけでビタミンを補給できるので、ぜひ気軽に近所のコンビニをチェックしてみてください。

ビタミンCが摂れるチューイングキャンディー「かむかむレモン」

ビタミンCといえばレモンというイメージも強いですが、レモンをテーマにしたコンビニ商品というのもかなり多いものです。そんな中で、コンビニにいけば必ず手に入るような印象もあるほどの人気商品が、かむかむレモンです。かむかむれレモンは一粒でもビタミンCを200mgも補給できます。

そのためちょっと疲れているというときなどには、糖分補給もかねてぜひかむかむレモンを一粒から二粒程度補給してみてはいかがでしょうか?あくまでチューイングキャンデーであり食べ過ぎは要注意ですが、たった一粒でも十分な量のビタミンCを補給できるコンビニ商品となっています。

懐かしのお菓子でビタミンCチャージ「ハイレモン」

ビタミンCが補給できるレモン入りのコンビニお菓子というのは多いですが、そんな中でも懐かしのお菓子として依然人気度が高いのは、ハイレモンです。ハイレモンはヨーグレットと並んだタブレット型の人気菓子であり、コンビニでもゲットすることができます。

そのぽりぽりとした食感と1箱で1000mgというビタミンCの配合量が人気の理由であり、甘酸っぱい味も癖になると話題です。懐かしのお菓子がふと食べたくなったときには、ぜひ近くのコンビニでビタミンC補給のためにもハイレモンを買い求めてみてはいかがでしょうか?

忙しい毎日でも簡単に飲んだビタミンC補給「キレートレモン」

忙しい日々の中でもコンビニ商品で気軽にビタミンCを補給したいときには特にドリンクタイプのコンビニ商品がおすすめですが、中でもキレートレモンはポッカレモンの代表的なものとして知られています。ビタミンC・クエン酸を1350mgも補給できるキレートレモンは、美容を意識している女性にもかなり人気です。

その甘酸っぱい味わいは飲みやすく、疲労が溜まっているときやストレスなどの負荷を感じているときには、ぜひコンビニで買い求めたいビタミンCが豊富な商品です。お菓子などをつまむ暇もなく飲み物タイプでビタミンCを補給するなら、うってつけだと言えます。

ビタミンCの豊富な食べ物・食材を知って効率的に摂取しよう!

今回は、ビタミンCが豊富な食べ物・食材について詳しくみてきましたが、いかがでしたでしょうか?ビタミンCは病気予防や肌の健康、さらには精神面にまで影響を及ぼす人間の体に欠かせない栄養素ですが、そんなビタミンCはレモンなどの柑橘類以外にもケールなどの野菜や緑茶などの飲み物にも豊富に含まれているものがあります。

特にストレスを感じている人や喫煙者は摂取すべき量が増えるというビタミンCですから、当てはまる人はぜひランキングも参考に積極的にビタミンCを補給してみてはいかがでしょうか?ビタミンCが豊富な食材は、メインだけでなくちょっと添えたりかけたりできる食材が多いので、調理法次第で簡単に補給できることでしょう。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ