サバ缶の栄養と効果効能を調査!ダイエットに効果的な成分とカロリーは?

みなさんはサバ缶は好きでしょうか?サバ缶は日々のレシピでも使いやすく、魚のサバは食べれないけれども、サバ缶は食べれるという方もいるのではないでしょうか?サバには栄養が豊富ですが、サバ缶にも栄養が豊富に含まれています。サバ缶に含まれる栄養成分やサバ缶を食べることによる効果や効能は知っていますか?今回はサバ缶について詳しく紹介していきます。サバ缶の栄養成分や効果効能などを見ていきましょう。

サバ缶の栄養と効果効能を調査!ダイエットに効果的な成分とカロリーは?のイメージ

目次

  1. 1サバ缶の栄養価にはどんなものがある?
  2. 2サバ缶の栄養と効果効能を解説!
  3. 3サバ缶のダイエットに効果的な成分とカロリーについて
  4. 4サバ缶に含まれる栄養をそのまま食卓に取り入れよう!

サバ缶の栄養価にはどんなものがある?

みなさんはサバ缶を食べたことはありますか?最近ではさまざまなものが長期保存も可能な缶詰として発売されていますが、サバ缶詰も発売されています。テレビなどでもサバ缶が紹介されたり、サバ缶を使ったレシピが豊富に紹介されていたりと、サバ缶が気になっているという方は少なくないのではないでしょうか?

そんなサバ缶ですが、サバ缶に含まれる栄養成分や、サバ缶を食べることで期待できる効果や効能は知っていますか?魚は体にいい食べ物というイメージはありますが、はたしてサバ缶は体にいい栄養成分や体にいい効果や効能があるのでしょうか?また、ダイエットの際にサバ缶は食べてもいいものなのか、ダイエットに有効な栄養成分があるのかも気になるポイントです。

サバ缶に含まれる栄養成分、効果や効能だけでなくサバ缶のカロリーについても調べてみました。サバ缶をどのようにして食べると効果的なのか、サバ缶を食べる際の注意点などはあるのかも紹介しますので、サバ缶の栄養成分や効果効能について詳しく知りたい方、サバ缶が体にいいのか知りたい方などは必見です。

Thumb鯖缶の人気簡単アレンジレシピ特集!パスタからカレー・炊き込みご飯も! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

サバ缶の栄養と効果効能を解説!

サバ缶に含まれ得る栄養成分や食べることの効果や効能を知っていますか?サバ缶にすると栄養成分が少なくなってしまうのでは?と思う方もいるかもしれませんが、サバ缶の方が栄養が含まれている場合もあります。サバ缶は開封後は1回で食べきった方がいいですが、開封前だと長い期間保存が可能となる便利なものです。サバ缶に含まれる栄養成分を詳しく見ていきましょう。

サバ缶は健康や美容効果に優れている!

サバ缶にに含まれる栄養成分には、健康維持に役に立つ栄養成分や、美容に嬉しい効果や効能を持った栄養成分が含まれています。サバ缶に含まれる栄養成分が豊富で優秀なので、サバ缶を食べていれば病気にならないのではないかと思ってしまう程、たくさんの栄養成分がサバ缶には含まれています。

サバ缶に含まれる栄養成分が豊富すぎてすべて紹介はできませんが、特に注目したい栄養成分と、その栄養成分のもつ効果や効能などを紹介していきます。サバ缶に含まれる栄養成分で主に摂れる栄養成分は、ビタミン関係はビタミンB12・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンD・ビタミンEです。その他にも、ナイシアン・カルシウム・タンパク質・脂質・亜鉛・リン・銅など多くの栄養成分がサバ缶には含まれています。

サバ缶に含まれる栄養素:EPA

EPAやDHAという栄養成分は聞いたことはあるのではないでしょうか?しかし、DHAやEPAについて詳しくは知らないという方も少なくないでしょう。まず、サバ缶に含まれる栄養成分の一つでもあるEPAは、オメガ3脂肪酸です。このEPAは、人間の体の中では作ることのできない栄養成分となります。体の中に入ると脳の栄養となりますし、病気の予防であったり健康に対する効果や効能に嬉しい栄養成分でもあります。

EPAには、人体の中を巡る血液をサラサラにしてくれるという嬉しい効果があります。また、気になる中性脂肪や悪玉コレステロールといった数値を下げてくれ、体にいい善玉コレステロールを増やすという効果もあります。

もちろんEPAの効果や効能はそれだけではありません。その他にも中性脂肪を減らすだけでなく、血管をやわらかくしてくれる効果もありますし、目の疲れや、眼精疲労の改善効果も期待できます。アレルギー症状も緩やかにしてくれる効果もあり、精神を安定させたり、うつの症状を改善させるという効果も期待されています。美容効果では、お肌の潤いにも効果があります。

サバ缶に含まれる栄養素:DHA

続いてはDHAです。DHAは聞いたことがあるという方が多いのではないでしょうか?頭がよくなるというイメージがあるかと思います。DHAの効果や効能について見ていきましょう。DHAはオメガ3系列である多価不飽和脂肪酸です。DHAに期待できる効果や効能は多くあります。まずは、学習能力の向上が期待できます。そして、物忘れや認知症の症状にも効果が期待できます。

頭だけでなく、体にも嬉しい効果や効能があり、動脈硬化や脳梗塞、高血圧や心筋広告などにも効果がある栄養成分となります。血液をサラサラにしてから、血液の流れをよくする効果に関しても、効果が高い栄養成分がDHAです。それだけでなく、視力の低下やアレルギー症状を改善、うつ病や糖尿病まで健康効果が期待できます。

血液な流れがよくなると嬉しい健康効果がたくさん期待できますし、血液の流れをよくすることは、美容効果の面でもいいといえます。これほどに健康に対する効果や効能があるDHAは非常に優秀な栄養成分でしょう。

サバ缶に含まれる栄養素:ビタミンB12

続いては、サバ缶に含まれる栄養成分のビタミンについて見ていきましょう。まずは、ビタミンB12です。ビタミンB12は水溶性のビタミンとなります。水溶性とは、簡単にいうとその名の通り水に溶けるものになります。ビタミンB12は赤褐色の見た目をしています。そのことから、赤いビタミンとも言われています。

ビタミンB12の効果や効能は、貧血を予防、そして貧血の改善、腰痛の改善や不眠症に悩んでいる方は、不眠症の改善にも効果があります。その他にもビタミンB12は赤血球を作ってくれますし、妊娠中や授乳中にビタミンB12は必要な栄養成分となります。

ビタミンB12は植物性食品には、海苔以外にはほどんと含まれていない栄養成分となります。また、血液中のヘモグロビンという成分を葉酸と一緒に作り、脳からでた命令信号を伝える神経を維持するという働きもしています。とても貴重な栄養成分となりますが、健康に対する効果や効能はいいものがたくさんありますので、積極的に摂っていきたい栄養成分です。

サバ缶に含まれる栄養素:ビタミンD

ビタミンDはよく聞く栄養成分ではないでしょうか?ビタミンDは脂溶性のビタミンになります。ビタミンDは食べることでも摂ることができますが、日光浴などをすることでも作られる栄養成分となります。日光浴や外出などで体が日光を浴びると、体内でビタミンDが作られ、体の中でも作ることのできる栄養成分となります。

ビタミンDの効果や効能やよく知られています。あらためてビタミンDの効果や効能を紹介すると、骨粗鬆症(コツソショウショウ)を防ぐ効果、骨や歯の成長を手助け、老化を防ぐという効果があります。これだけでも充分に嬉しい効能と言えますが、ビタミンDはそれだけでなく、ガンや糖尿病、自閉症といった効果も近年注目されているのです。

骨の健康に対する栄養効果があるのは知っているという方も多いと思いますが、病気にも効果が期待されているというのは意外と知られていないのではないでしょうか?カルシウムのバランスも整えてくれます。ビタミンDはサバ缶だけでなく、卵類や、魚はもちろんのこと、きのこ類などに含まれている栄養成分です。

サバ缶の水煮と味噌煮に栄養成分の差はある?

サバ缶とひとことで言ってもサバ缶にも種類があります。サバの味噌煮やサバの味噌煮、サバの塩焼きなどあります。サバ缶の水煮と味噌煮にはもちろん栄養素の違いはあります。サバ缶の味噌煮は、味噌の栄養成分も含まれますので、水煮とは栄養成分が異なるのは当り前とも言えます。もちろん、サバ缶の水煮とサバ缶の味噌煮ではカロリーも異なってきます。

それぞれのサバ缶の水煮とサバ缶の味噌煮のカロリーを比べてみると、サバ缶の水煮の場合は、100gあたり170kcal~180kcalほどです。だいたいサバ缶の内容量は180g~200gくらいありますので、単純に考えて倍近くの340kcal~360kcalくらいとなります。

サバ缶の味噌煮は、100gあたり220kcalくらいとなります。水煮に比べると倍近いカロリーとなります。他にも、オリーブオイル漬けであったり、レモンペッパー風味がつけられたものなどさまざまなサバ缶の味付けがあります。サバ缶につけられている味によってカロリーは違うということをしっかりと知っておく必要があります。

サバ缶を食べすぎは塩分の取り過ぎになる!

体にいい効果あや効能のあるサバ缶は毎日でも食べたいという方もいるかもしれません。毎日食べたほうがいいのではとも思える程豊富な栄養成分があり魅力的です。しかし、毎日サバ缶を食べるということは、はっきりいって体には悪いです。

体に嬉しい効果や効能ばかりなのになぜ体に悪いのか?と思うかもしれません。サバをたくさん食べすぎて病気になるということはないようではありますが、サバ缶を毎日のように食べたり必要以上にサバ缶を食べすぎてしまうと塩分のとりすぎになってしまいます。また、カロリーもあるものになりますので、カロリーもとりすぎになります。

それ意外にもおすすめできない理由はいくつかあり、サバ缶には少なからず糖質や脂質も含まれています。そのため健康にいい栄養成分たっぷりでも食べ過ぎると逆効果になってしまうこともあります。

Thumb鯖缶のカロリーは高い?糖質量とカロリーを水煮・味噌煮・汁ごとで比較! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

サバ缶のダイエットに効果的な成分とカロリーについて

サバ缶のカロリーはどれくらい?

サバ缶のカロリーはサバ缶の味の種類によってことなります。サバ缶の水煮の場合は、100gあたり170kcal~180kcalほどです。だいたいサバ缶の内容量は180g~200gくらいありますので、単純に考えて倍近くの340kcal~360kcalくらいとなります。サバ缶の味噌煮の場合は、100gあたり220kcalくらいと思っておくといいでしょう。サバ缶の塩焼き缶の場合には、100gあたり200kcal程度です。

それ意外にもサバ缶のオリーブオイル漬けやレモンペッパー風味のサバ缶などあります。サバ缶を購入する場合には、だいたいこのくらいという認識ではなく、しっかりと栄養成分などを確認して購入するようにした方がいいでしょう。想像以上にカロリーがあるサバ缶などもあり、何も見ずに一日の食事を取っていると、一日の摂取カロリーの目安を超えてしまっていたという場合もあります。

サバ缶はダイエットに必要なたんぱく質が豊富!

サバ缶は健康に嬉しい栄養成分が多く含まれていますが、はたしてダイエットにはどうなのでしょうか?サバ缶のカロリーを見ていきましたが、サバ缶ひとつで360kcalならあまり低くはないと感じますよね?しかし、サバ缶はダイエットに必要なタンパク質が豊富に含まれています。

サバ缶に含まれているタンパク質は良質なタンパク質となり、体のしなやかな筋肉つくりには最適なものになります。実際にサバ缶は炭水化物は低く、タンパク質は高いので、健康面を気にしているという健康に気を使っているという方であったり、スポーツをする方、スポーツ選手までよく食べているものになるようです。

サバ缶のダイエットに嬉しい効果はこれだけではありません。サバ缶に含まれる不飽和脂肪酸も嬉しい効果があります。不飽和脂肪酸の嬉しい効果は血液をサラサラにし、余計なコレステロールも低下させてくれるという効果になります。ダイエット中の老廃物を出す手助けになるのは嬉しいです。

サバ缶にはさらに嬉しいダイエット効果がある!

さらにサバ缶には嬉しいダイエット効果があります。サバ缶のサバを食べることにより、GLP-1というホルモンが出るということが近年の研究で分かってきたようです。GLP-1というホルモンはダイエット情報に敏感な方は耳にしたことはあるのではないでしょうか?

GLP-1は別名ダイエットホルモンとも呼ばれています。このダイエットホルモンが体の中で分泌されると、食欲を抑えてくれたり、食事をしたあとの血糖値の上昇を抑えてくれる効果もあるようです。しかし、注意してほしいのはダイエットに向いているサバ缶はサバの水煮ということです。カロリーの高いサバの味噌煮缶であったり、サバのオイル漬けはどはカロリーも糖質も高いものになってしまいますので、ダイエットには適しません。

もちろん、味噌もオリーブオイルも体に悪いものではありません。しかし、ダイエットという視点で見るとカロリーも水煮缶と比べ高くなってしまいますし、糖質も高くなりますのでダイエット中にはおすすめできません。

サバ缶のダイエット効果をアップさせるには?

サバ缶ダイエットというのも一時話題となり流行りました。テレビでサバ缶ダイエットという、1日1食サバ缶を取り入れるという方法が紹介されサバ缶ダイエットがブームになりました。やはりテレビの影響はすごく、一時期スーパーなどでサバ缶が品切れが続くという状況にもなったくらいです。しかし、サバ缶とダイエットというワードはなかなか結びつかないのではないでしょうか?

サバ缶はどちらかというとおつまみとして、お父さんが晩酌で食べていたというイメージがある方もいるかもしれません。ツナ缶とかは便利で使いやすいので常備しているという過程は多いのではないかと思いますが、サバ缶をわざわざ買ったことはないという方も少なくないのではないかと思います。缶詰のサバに抵抗があるという方もいるでしょう。サバ缶のダイエット効果を高めるポイントがいくつかありますので紹介します。

サバ缶のカロリーは300kcal程度ありますので、ダイエットに有効というのも信じがたいです。サバ缶がダイエットにいいとされる栄養成分はEPAです。EPAは紹介したとおり健康に嬉しい効果や効能を多く持っています。しかし、ダイエットに注目されているのはそのような効果だけではなく、ダイエットホルモンとも言われるGLP-1の分泌を増やすということでさらに注目されています。

GLP-1は紹介したとおり、体に余計な糖質や脂質を排出する働き、そして空腹を抑える効果があります。サバ缶がダイエットにいいという証拠として、山形県はサバ缶の消費量が全国で一番高いのですが、肥満率が低いという結果もあるそうです。

サバ缶ダイエットの効果を高めるポイントとして、まずはサバ缶を食べるときに一緒に食物繊維を摂るということが挙げられます。理由としては、食物繊維が体にいいというだけではなく、満腹をより感じられるということにあります。食物繊維が多い食材ならさらに効果がありますので、野菜やきのこ、海藻やアボガドなどが食物繊維の多い食材になります。

サバ缶をそのまま食べるという方法だけでなく、食物繊維の多い食材を一緒に使ってサバ缶を使ったレシピを使うようにすると、さらに美味しく食べることができそうです。サバ缶w食べるだけではなく、さらに有酸素運動も合わせて行うこともサバ缶を使ったダイエット効果を高めるポイントとして有効でしょう。

有酸素運動を取り入れると効果がアップする理由としては、EPAなどの働きで糖質や脂質の代謝が進んでいますが、その中で有酸素運動を行うことで脂肪の燃焼するスピードがさらにアップすると言われているためです。運動と聞くと面倒だなと思っていまいがちですが、毎日15分~20分歩くというだけでも効果はありますので、近場なら歩いていってみたり散歩をしたり、通勤通学で歩く距離を作ってみるといいでしょう。

ダイエット中毎日サバ缶を食べても大丈夫?

サバ缶ダイエットが効果的と言っても注意する点があります。まずは、毎日は食べすぎないことです。サバ缶を食べすぎてしまうと塩分をとりすぎることになってしまいます。また、サバ缶の味噌煮などではなく、サバの水煮缶を食べるようにしましょう。サバの味噌煮は、美味しいものの糖分のとりすぎも気になりますので、ダイエットという視点でみるとサバの水煮缶がおすすめです。

サバの水煮缶だとしても、毎日食べると塩分のとりすぎになるのではと気になる方もいるでしょう。サバの水煮缶を1日おきに食べるということでもいいかと思います。

また、サバ缶ダイエットとはいっても、サバ缶ではなく、サバ自体を使った料理にしてもいいです。また、サバはどうしても食べられないという方は、EPAが入っているマグロやイワシ、サンマやブリといった青魚でもEPAが含まれますので、ダイエットホルモンであるGLP-1を増やすという効果は期待できます。

サバ缶は水煮は汁ごと活用しよう!

サバ缶の汁はどうしてますか?脂とかが浮いていて嫌だから捨ててしまうという方もいるのではないでしょうか?そのまま使うのも抵抗があるし飲むのも躊躇してしまいます。しかし、サバ缶の水煮で汁を捨ててしまうのは少しもったいないことです。サバの栄養成分のDHAやEPAといった栄養成分は脂溶性の栄養成分になり、サバの水煮缶に溶け出てしまいます。

サバの水煮缶で脂のようなものが浮いていますが、その部分に流れてしまったDHAやEPAがたくさんあるのです。サバ水煮缶は、生のサバに水や食塩水を使用したものになります。サバの水煮缶を開けて浮いている脂は、全てサバからでた脂となります。そのため捨ててしまうとDHAやEPAの健康にいい栄養成分をそのまま捨ててしまうことになります。

しかし、そのまま飲むのはやはり抵抗があるかと思います。そのような場合には、サバの水煮缶の汁をスープの味付けに使ってみたりして、栄養成分たっぷりのサバ缶の汁も使うようにすると栄養成分を捨てずに済むでしょう。

Thumb鯖缶のおすすめ人気ランキングTOP20!栄養バランス・コスパもばっちり! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

サバ缶に含まれる栄養をそのまま食卓に取り入れよう!

いかがだったでしょうか?今回はサバ缶に含まれる栄養成分や食べることによる体に嬉しい効果など紹介していきました。サバ缶を使ったダイエット効果についても紹介していきましたが、食べ過ぎには注意が必要です。サバ缶を上手に日常生活に取り入れて健康維持に役立ててください。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ