生理を早める・遅らせる食べ物は?大切な日に合わせてずらす方法を解説

生理を早めたり、遅らせたりする食べ物を知っていますか?生理周期を早めることや、予定がある日に合わせてずらすことができる方法がいくつかあります。生理周期は食べ物の効果で女性ホルモンを促進し早めることや遅らせることもできますが、その他にも薬の1つプラノバールを使って子宮の働きを促すことで早めることや遅らせることもできます。生理周期の乱れから遅れる時にも役立つことがあるので参考にして試してみましょう。

生理を早める・遅らせる食べ物は?大切な日に合わせてずらす方法を解説のイメージ

目次

  1. 1生理の開始日は食べ物で調節することができる
  2. 2生理を早める食べ物とその成分
  3. 3生理を遅らせる食べ物とその成分
  4. 4生理の日程を食べ物で調節している人の口コミ情報
  5. 5薬以外でも生理の周期はコントロールできる

生理の開始日は食べ物で調節することができる

生理用ナプキンと薬

生理は排卵の準備をする卵胞期、卵子が排出される排卵期、卵子を育てる準備期間の黄体期に分かれていて、卵胞期にはエストロゲンが黄体期にはプロゲステロンと言う女性ホルモンが分泌されます。女性の身体にとって必要な事が生理周期です。人によって生理周期が乱れてしまい月経が早く来ることや遅れる原因は女性ホルモンが関係しています。

女性ホルモンは食べ物にも左右されるので、遅れることや早めることなどに関係してくる女性ホルモンを促進するのに効果的な食べ物もあります。大切な予定が入っているときにずらす方法の一つとして薬以外の食べ物でも女性ホルモンを促すことで調整できるのでぜひ試してみましょう。

生理を早める食べ物とその成分

生理を早める効果のある食べ物とはどのような食べ物なのでしょうか?女性ホルモンの働きを促すことで月経をずらすことのできる食べ物に含まれる成分や効果などを交えながら紹介します。また、食べ物以外にも早める効果のある薬の1つプラノバールについても詳しく伝えていきます。

チョコレート

板チョコ

生理をずらす食べ物として一番耳にする食べ物はチョコレートです。チョコレートの成分にはカカオが含まれていて、カカオにはデオブロミンと言う成分が含まれています。デオブロミンにはリラックス効果があり、ストレスなどをためてしまうと生理が遅れることがあります。

気持ちがリラックスしていることで生理を促すことに繋がり少し早める効果があります。その他にもチョコレートには子宮収縮を促進させる作用もあるので生理を早めるとも言われています。

チョコレートには糖分がたくさん含まれているので、成分の1つでもある砂糖が身体を冷やしてしまいます。体の冷えは血流を悪くし女性ホルモンの分泌を抑えてしまうので食べすぎには気を付けましょう。

セロリ

ザルにのったセロリ

セロリに含まれる成分の1つでピラジン血液を浄化する効果があると同時に、ビタミンEと合わさることで相乗効果になり血行促進作用があります。血行が良くなることで月経を促す効果があります。その他の効果として生理不順の人や生理症候群や更年期障害などの症状を緩和してくれます。

セロリの茎の部分にはアピオールが含まれていて生理周期を修復する作用があるので遅れる人にも効果があります。注意点としてアピオールを過剰摂取してしまうと妊娠を考えている人や妊娠中の人は流産しやすくなってしまうので気を付けましょう。またセロリ以外の食材でパセリにもアピオールを成分として含んでいる食品になるので注意しましょう。

ビタミンCを含む食品

ビタミンC豊富な果物

ビタミンCを含む果物レモンやアセロラ、柿、イチゴ、ザクロと野菜のパプリカ、ブロッコリーなどを摂取することでエストロゲンの生成を促すことができ子宮収縮作用の促進につながります。子宮収縮作用からエストロゲンが増加することで排卵日を促進して、生理を早める効果があります。

注意点として、ビタミンCを過剰摂取してしまうと下痢を起こしてしまうことがあります。また、妊娠を望んでいる方や妊娠中の人も注意が必要で流産しやすくなってしまうので気を付けましょう。

緑黄色野菜

カロテンを含むかぼちゃ

かぼちゃやにんじん、ほうれん草などの緑黄色野菜にはカロテンを豊富に含んでいます。カロテンにはエストロゲンの分泌を促すことで生成を助ける働きがあるので生理を早める効果があります。また、緑黄色野菜に含まれるカロテノイドには乳がんのリスクを減らす効果もあると言われています。

食事で月経をずらす方法も色々ありますが、それと同時に十分な睡眠をとることや生活習慣を見直すことも大切です。エストロゲンの分泌を促す食材を食べても十分に睡眠がとれていないと女性ホルモンが作られずに早めるどころか遅れる原因になります。

根菜類

ごぼう、しょうが、にんじん、れんこんなどの根菜類

ごぼうやれんこん、にんじん、しょうがなどの根菜類は滋養強壮効果があり体を温めてくれる効果があります。体を温めてくれるだけでなく、食物繊維も豊富に含んでいるので腸内環境を整えてくれる効果もあるので血行を促進して体内全体に血液を流してくれます。血行を促し生理周期が整うので、遅れる人にとても効果的です。

根菜類の中で特におすすめの食材がしょうがで、しょうがの中に含まれる成分の1つジンゲロールが血管を広げてくれるので血液の流れを良くしてくれるので血行促進に効果が高く、しょうがを使って料理する場合には皮は剥かずにそのまま使うことでジンゲロールの効果をたくさん得ることができます。

ビタミンEを含む食品

たくさんのナッツ類

ビタミンEを豊富に含む食品にはナッツ類やオリーブオイル、魚卵などがあり、ビタミンEの作用は血行を促進して、ホルモンバランを整えてくれる役割があります。血行を促進する働きから美肌効果や冷え、肩こりなどの血行不良からの症状も緩和する効果や副腎や卵巣に働きかけ女性ホルモンの分泌を促す効果があります。

生理を早める効果だけでなく、抗酸化作用もあるので活性酸素を抑えて体内の酸化を防ぐ働きから生理痛や月経前症候群、生理不順の改善や不妊症にも効果的と言われています。

アーモンド10粒で4.1mgのビタミンEを摂取することができますが、アーモンドを粒で食べるよりもアーモンドミルクとして飲むことで体内に吸収されやすくなるのでおすすめです。

早める効果があるからと言ってビタミンEを含む食品を過剰摂取してしまうと逆効果になってしまいホルモン分泌障害を起こしてしまうので、適度な量を摂取するよう注意しましょう。

プラノバール

食べ物ではなかなか効果が表れない方におすすめなのが、中用量ピルの1つプラノバールを服用することです。プラノバールは人工的に黄体ホルモンと卵胞ホルモンを体内に入れることで女性ホルモンの乱れを整えてくれる効果があります。生理を早める場合や遅らせる場合どちらにも使うことができます。

生理を早める場合の服用方法は、月経が始まる前にプラノバールを1日1錠飲み始めます。飲み始めることで基礎体温が高温期に入り排卵後の症状になります。服用を中止したあと数日後に月経がスタートするので、自分の予定に合わせて生理を早めることができますが、医師と相談しながら服用し月経を調整しましょう。

生理を遅らせる場合には、生理予定日の数日前からプラノバール1日1錠飲み始めることで生理の始まりを遅らせることができます。注意点としてプラノバールは飲み忘れないように気を付けましょう。プラノバールを飲み忘れてしまうと効果がなくなってしまいコントロールできずに生理が始まってしまいます。

また、プラノバールには副作用もあり頭痛やむくみ、吐き気、嘔吐などの症状が出る場合があるので副作用がある時にはかかりつけの医師に相談しましょう。

漢方

漢方には血の巡りを良くする作用が含まれたものがあります。漢方の中でも特に効果的なのが当帰芍薬散です。周期が乱れ生理が遅れる人に効果的で早めるという効果もありますが、どちらかと言うと周期を整えてくれる効果が大きいです。

体の冷えから生理が遅れる人も多いですが、漢方を飲むことで体の冷えが改善女性ホルモンの働きを促すことに繋がり、周期が整い生理が来るようになります。

生理を遅らせる食べ物とその成分

生理を遅らせる食べ物にはどのような食べ物があるのでしょうか?生理を早める食べ物はよく耳にしますが、遅らせる食べ物や方法もあります。月経をずらすことのできる食べ物に含まれる成分などについて詳しく紹介します。遅らせる方法を知ることで自分の身体とも向き合うことができます。

大豆製品

豆乳と大豆

生理を遅らせる食べ物の1つ、大豆製品にはイソフラボンが豊富に含まれています。イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをする成分が含まれているので、たくさん摂取することでホルモンバランスが乱れてしまい生理を遅らせる効果があります。

大豆イソフラボンが含まれる食材として納豆や豆乳、豆腐などがありますがたくさん食べたり飲んだりしてしまうと女性ホルモンのエストロゲンを減らす効果があることから生理が遅れることに繋がります。女性ホルモンのエストロゲンが減ることは排卵を遅らせる効果や月経を止めることにもつながってしまうので適度な量を摂取するようにしましょう。

遅らせることが目的で摂取する場合の目安の量としては豆乳の場合はコップ3杯、豆腐の場合は1丁、納豆の場合は2パックまでにしましょう。大豆製品の過剰摂取は肥満の原因にもつながり、その他にも子宮体癌のリスクも高めると言われています。

大豆製品は生理を遅らせる効果があると言うことで伝えてきましたが、早める効果もあります。大豆イソフラボンが体内のエストロゲンに似ているので似た働きをすると同時に卵胞の成長を促す働きがあり、排卵の促進にもつながることから生理が早まる効果もあると言われています。

早まる効果や遅らせる効果どちらにも効果があるのが大豆食品です。薬のプラノバールも両方の効果が期待できますが、大豆にも両方の効果があります。大豆製品を摂って月経を遅らせたり早めたりする時には摂取量に注意しながら摂るようにしましょう。

陰陽五行の食事でコントロール

陰陽五行を使って食事のコントロールをすることで生理を遅らせ、ずらすことができます。陰性の食事を摂ると体が冷え、血行が悪くなってしまうことから低温期が長くなり卵子の育ちの成長が遅くなる可能性があります。排卵する日が遅くなることから、月経が遅れることに繋がります。

また、逆に陽性の食べ物を摂ることで体が温まり血行が良くなることから排卵を促進し月経を早める効果があります。月経をコントロールしない場合は陰陽のバランスをよく食事を摂ることで月経周期も乱れることなく、身体にとっても良い状態で過ごすことができます。

食事の量を少なくする

サラダを食べようとしている人

食事の量が少なくなると栄養が足りなくなってしまい、体全体に血液を流すことができなくなってしまうことから血行が悪くなり生理が遅れる原因や生理が止まってしまう原因です。

ダイエットを始めたら月経が止まることや月経が遅れると言った生理周期の乱れが起きるのも体の中の血流からくることが原因となっています。食事量を減らすことはダイエットにもつながるので良いことでもありますが、ダイエットをやりすぎないように気を付けましょう。

遅らせることは体に取って負担になってしまうことにもつながるので、必要最低限で遅らせることや早めると言ったコントロールをすることをおすすめします。

生理の日程を食べ物で調節している人の口コミ情報

生理を食べ物で早めることや遅らせることなどずらすことを実践している人の口コミを紹介します。「生理を早める食べ物を積極的に摂取したりダイエットで遅らせたりと奇跡的に回避しました。」と言う口コミがありました。

その他にも「陽性の食べ物食べたら早めに来た。陰性の食べ物食べてるときは遅くなるし、食べ物でずらせるなんて本当にすごいな。」と言う口コミ「生理を早めるには食べ物はチョコレート、ごぼう茶、パセリ茶、セロリ、アーモンド、ハーブティーが良いみたい。それと合わせて三陰交と血海のツボ押ししよう。」と言う口コミが見られました。

口コミでは食事でも早めたり遅らせたりできることが多くみられましたが、その他にも子宮に働きかけを促すツボとして血海と言って膝の皿の上の部分を押すことや三陰交と言って足首の内くるぶしあたりを押すと生理が早く来ると言う口コミも多くみられました。

薬以外でも生理の周期はコントロールできる

生理用ナプキンを持っているところ

生理をずらしたい時に病院へ相談してみると薬を処方されることがありますが、実は薬以外でも生理周期をコントロールできる方法がいくつかあります。その一つに食べ物があげられますが、早める効果や遅らせる効果のある食べ物を上手く活用することで生理周期をずらすことができるので、ぜひ参考に活用してみましょう。

食べ物ではなかなか効果が出ない方には、薬が必要な時もあります。プラノバールなどの中用量ピルなどを上手く使いながら大切な日に生理が当たらないように調整しましょう。食べ物も薬も上手く活用することで体に負担をかけることなく生理周期を調整しずらすことができます。

月経は女性の体に取って必要な事なので生理周期をずらすことは必要最低限で行い過度に行ったり、遅らせたり早めたりと効果を早く出したいからと言って効果のある食べ物を過剰摂取をすると逆に体に負担がかかり逆効果になってしまうので気を付けましょう。

Thumb生理痛を和らげる飲み物&食べ物まとめ!生理中に控えるべきものも解説 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbナッツの食べ過ぎに注意!体に及ぼす影響や一日の摂取量目安について | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ