鍋の素ランキングTOP25!おすすめや定番を食べ比べ!アレンジレシピも!

スーパーやコンビニなどに並ぶ市販の鍋の素は、年々ラインナップが増え、定番の鍋すきやちゃんこ鍋だけではなく、トマト鍋やレモン鍋などのアレンジ鍋に、有名料亭監修の鍋などその種類の豊富さにそれを選んだらよいか悩んでいませんか?そこで、今回は鍋の素のおすすめランキングを25位から1位までまとめました!おすすめ具材やシメのレシピもご紹介しています。ランキングを参考に、好みの鍋の素を見つけてください!

鍋の素ランキングTOP25!おすすめや定番を食べ比べ!アレンジレシピも!のイメージ

目次

  1. 1鍋の素で簡単&おいしい鍋料理を!
  2. 2鍋の素おすすめの選び方
  3. 3鍋の素ランキング第21~25位
  4. 4鍋の素ランキング第16~20位
  5. 5鍋の素ランキング第11~15位
  6. 6鍋の素ランキング第6~10位
  7. 7鍋の素ランキング第5位「ヤマキ軍鶏系地鶏だし塩鍋つゆ」
  8. 8鍋の素ランキング第4位「ミツカン〆まで美味しいキムチ鍋つゆストレート」
  9. 9鍋の素ランキング第3位「博多華味鳥水たきスープ」
  10. 10鍋の素ランキング第2位「ミツカン〆まで美味しいとんこつしょうゆ鍋つゆ ストレート」
  11. 11鍋の素ランキング第1位「くばらはくさいのうま鍋あごだし醤油味」
  12. 12鍋の素を使ったアレンジレシピ:トマトチーズフォンデュ鍋
  13. 13鍋の素アレンジレシピが知りたい!:豚とコーンのとんこつ炊き込みご飯
  14. 14鍋の素おすすめランキングまとめ

鍋の素で簡単&おいしい鍋料理を!

今夜はお鍋!という献立の時、一から出汁をとって、調味料を合わせて…という手間をかけるのは面倒なもの。そんな時頼れる味方が鍋の素です!ささっと鍋に入れて具材を放り込むだけで簡単に味が決まって、なおかつおいしく、毎日鍋でも食べ飽きない豊富なバリエーションがあり、と鍋の素はまさにいいことづくめ。冬が近づくと毎年趣向を凝らした鍋の素の新商品が続々と登場し賑わうなど、鍋の素市場はとても熱いのです!

今回はみんなに愛される定番の鍋の素から、ニューカマーまでおすすめ全25種類をランキング形式でご紹介しまので、ぜひいろんな鍋の素で食べ比べをしてはいかがでしょうか?鍋の素を使ったおすすめの簡単アレンジレシピや、味が変えて楽しめる調味料などもまとめましたので、ぜひチェックしてみてください。これを読めばきっと今晩の献立はお鍋に決まりです!

鍋の素おすすめの選び方

スーパーには定番の水炊きから、ちゃんこ鍋、キムチ鍋、もつ鍋、カレー鍋やトマト鍋などたくさんの種類があり食べ比べて楽しみたいものです。最近はレモン鍋などさっぱりした鍋の素や、少量を手軽に作れる一人鍋も登場して、冬だけでなく一年中食べるメニューになってきました。そんなお鍋ですが、選ぶときは誰と食べるか意識して選ぶのがコツ。一緒に食べる人の好みも反映してあげるとより満足度がUPします。

たとえば小さな子供がいる家庭では、トマト鍋がおすすめです。子供が大好きなウィンナーや肉団子、チーズなどの具材との相性がぴったりで、シメもパスタやリゾットなどにアレンジできるため、子供も喜びます。キムチなど唐辛子で辛さを加えたような鍋の素は、子供によっては辛過ぎる場合もあるので、注意してください。

女子会などで持ち寄りしてパーティなどを楽しむ場合は、おしゃれでヘルシーなものをセレクトしてはいかがでしょうか?たとえば、最近いろんな種類が出てきたレモン鍋はさっぱりとしていて、美肌にきくビタミンCなど女性に嬉しい栄養素もたっぷり!おいしく鍋を食べながらキレイになれるので、女子ウケするに違いありません。また、イソフラボンがたくさん含まれた豆乳鍋などもおすすめなので、食べ比べてみてはいかがでしょうか?

すこし目上の人や義両親などを呼んでのおもてなしの場では、普段とは少し違うこだわりの鍋の素を選んでみましょう。だしが化学調味料不使用だったり、「茅の舎」や「博多華味鳥」など老舗の料亭や有名料理店発の鍋の素なども出ているので、価格は高めですがおいしさはお墨付きなので選ぶ価値はあります。一人暮らしや帰宅が遅いお父さん、ダイエット中のお母さんには一人用鍋の素が便利。好きな時に好きな分使えるのが便利です。

Thumbミルフィーユ鍋レシピ人気は豚バラと白菜!簡単おすすめアレンジも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

鍋の素ランキング第21~25位

スーパーやコンビニで手に入る鍋の素、多種多様にありすぎてどれがおいしいのが悩んでしまいますが、評判の高い鍋の素ランキングを25位から1位まで順番に発表していきます!食べ比べて楽しみましょう!それぞれ鍋の素によっておすすめの具材や、シメのアレンジレシピも紹介しているので、作る時に参考にしてみてください。

鍋の素ランキング第25位「味の素鍋キューブスープカレー鍋」

1キューブ1人前なので、ひとり鍋から家族で食べる時まで個数によって好みの濃さや量を調整できる便利なキューブ状の鍋の素です。チキンブイヨン、香味野菜、20種類以上のスパイスを合わせて作ったスープカレー鍋のもとは、ぎゅっと詰まった芳醇な味わいが特徴です。具材は鶏肉やじゃがいもなどが鉄板です。シメはカレーピラフにアレンジするのがおすすめ!他にもシリーズがあるため食べ比べてみましょう!

鍋の素ランキング第24位「マルヱごま柚子こしょう鍋スープ」

九州ではおなじみの柚子こしょうに二種類のごまをブレンドした一風変わった鍋の素です。口に入れると濃厚なごまの香りと、ぴりりとした柚子こしょうの辛味が広がり、箸が止まらないおいしさです。豚肉を入れてしゃぶしゃぶにすると、いつもとは違った濃厚で深みのある豚しゃぶが楽しめます。シメにはうどんを入れて、最後まで濃厚なごまの旨みを味わってください。

鍋の素ランキング第23位「カゴメ甘熟トマト鍋スープ」

完熟トマトと3種類のチーズを使った甘味とコクのあるスープが特徴の洋風鍋の素です。トマトの程よい甘味と酸味のバランスがよく、食べやすいので野菜嫌いの子供も喜んで食べてくれると評判です。ウィンナーやきのこ、星型に抜いたにんじんなどを入れると見た目もかわいく盛り上がりそう。シメにはごはんを入れて少し煮た後、溶き卵を流し入れたオムライスへのアレンジがおすすめです!ふわとろ食感は病みつきになること必須です。

鍋の素ランキング第22位「ダイショーCoCo壱番屋 チーズカレー鍋スープ」

大手カレーチェーンCoco壱番屋監修のこちらの鍋の素は、15種類もの厳選したカレースパイスに、濃厚なチェダーチーズとクリームチーズをブレンドしたことで、辛さの中にもまろやかな味わいが特徴です。辛すぎないので、小さな子供がいる家庭でも安心していただけます。シメのおすすめは、ご飯を入れたカレーリゾットです。仕上げにはとろけるチーズをプラスすると、いくらでも食べられそうなおいしいリゾットが楽しめます。

鍋の素ランキング第21位「エバラキムチ鍋の素」

オキアミのうま味にキムチの発酵した風味を加えた本場さながらのキムチ鍋の素は、昔から愛される定番のロングセラー商品です。適度な辛さがありながら後味はすっきりした食べやすい味わいが特徴です。濃縮タイプになっているので、お好みに合わせて希釈してお使いください。使いたい量だけ使うことが出来るので、他にキムチチャーハンやキムチラーメン、キムチリゾット、浅漬けキムチに使うなどアレンジも自由自在です。

鍋の素ランキング第16~20位

鍋の素ランキング第20位「味の素鍋キューブ濃厚白湯」

1キューブ1人前の鍋の素は、人数に合わせて使う量を調整できる便利さがウケて大ヒットしました。中でも濃厚白湯は、とんこつと鶏がらだしをべースに、しょうが、にんにくなどの香味野菜、かつお風味を隠し味に効かせた濃厚で深い味わいが特徴です。肉や野菜を入れて煮込めば、食材の味を引き立たせてくれるのでいくらでも食べられそうです。鍋キューブはシリーズで色んな味があるので、食べ比べて楽しんでみるのもおすすめです。

鍋の素ランキング第19位「茅乃舎/だしとつゆ生姜鍋」

福岡でこだわりの自然食を提供する「茅野舎」は、秘伝のレシピで作られるだしのおいしさに定評のある名店。焼きあごやかつお、昆布などを細かく粉砕した茅乃舎だしに、生の生姜と乾燥生姜をダブルでたっぷりと配合した生姜鍋つゆは、香りと辛味が格別の贅をつくした大人の鍋に仕上がっています。魚介の相性はもちろん、豚肉や鳥団子との相性も抜群なので、お好みでアレンジしてみてください。食べた後は体がぽっかぽかになります。

鍋の素ランキング第18位「カルディオリジナル塩レモン鍋の素」

輸入食材店カルディで一時売り切れ店舗が続出したという塩レモン鍋の素です。1人前ずつ小分けにされた濃縮タイプなので、1人から気軽に食べられます。割と酸味が強めなので、好みが分かれるところですが、女性ウケは抜群でしょう。具材は意外と何にでも相性がよく、キャベツやきのこ類など冷蔵庫にあるものでアレンジOKですが、うまみだしが出るため鶏肉は外せません。シメは粉チーズを入れたレモンリゾットがおすすめです。

鍋の素ランキング第17位「モランボン海鮮キムチチゲ用スープ」

オキアミ塩辛、魚醤、熟成コチュジャンなどを熟成した原材料に、旨みたっぷりの渡りガニを合わることで、魚介の旨みをしっかり引き出した濃厚スープは魚介好きも納得の味です。あさりやおぼろ豆腐を入れると本場でいただくようなスンドゥブにも早変わり!仕上げには卵を加えてもおいしくなりそう。モランボンはキムチ作りの技には定評があり、キムチ鍋シリーズも多数出ているため、いろんな種類を食べ比べてみるのもおすすめです。

鍋の素ランキング第16位「モランボン菜の匠もやし担々鍋用スープ」

焙煎ねりごまとすりごまの2種類のごまをブレンドし、豆板醤ベースのスープに合わせました。ピリっとした味の中にもごまの風味がしっかりきいており、まろやかな味わいになっているため家族みんなで食べられるマイルドな辛さです。具材はもやしをどっさりと入れて、坦々麺スープに絡んだしゃきしゃきとしたもやしの食感を楽しんでください。シメアレンジは中華麺!ひき肉、チンゲン菜をプラスして本格坦々麺にしてもよいでしょう。

鍋の素ランキング第11~15位

鍋の素ランキング第15位「叙々苑キムチチゲ」

有名焼肉店「叙々苑」のキムチチゲを家庭で味わえるキムチチゲの素は、味噌と唐辛子をベースに、話題のしじみエキスオルニチンを加えて、コクと旨みをアップさせました。オルニチンにはアルコールを分解する効果があるため、お酒を楽しみながらの鍋パーティにもおすすめです。シメにはつゆをに煮詰めた後に、ご飯を入れキムチチャーハンにアレンジするのがおすすめです!本場韓国でも一般的によく食べられているシメの食べ方です。

鍋の素ランキング第14位「ダイショーちゃんこ鍋スープ醤油味」

しょうゆをベースに、地鶏だしのうま味、焼津産かつおぶし、日高昆布だしの風味を加えた鍋スープです。誰からも愛されそうなベーシックで飽きのこないスープのため、白菜や長ネギ、豆腐などシンプルにいただくのが一番おいしい食べ方です。シメは、だしの旨みが最大限に味わえる雑炊がイチオシです。卵とネギをトッピングしていただきましょう!ほかにちゃんこ鍋スープ味噌味もあるので、食べ比べてみるのもおすすめです。

鍋の素ランキング第13位「まつやとり野菜みそ」

石川県でおなじみのご当地料理とり野菜みそを気軽に楽しめる鍋の素です。大豆と米麹から作られる石川県の家庭みそをベースに、香辛料などを合わせたことでぐっと深みが増しています。白菜や長ネギ、豚肉などいろんな具材を入れて煮込むと、旨みが染み出てほっこりとしたおいしさ。鍋以外にも野菜炒めや、豚汁、煮込みうどんなどのレシピにアレンジできるため、ひとつ常備しておくと忙しい時のお助け調味料としても安心です。

鍋の素ランキング第12位「キッコーマン贅沢だしがおいしい鴨だし鍋つゆ」

家庭ではハードルの高い贅沢な鴨のだしのお鍋を手軽に楽しめる鍋の素です。鴨だしをより引き出すため、パウチの封をする直前に国産鴨だしと厚切りかつお節を入れて加熱する製法を取っていて、隠し味に入れたネギ油が上品なアクセントになっています。パッケージを開けると鴨だしの贅沢な香りが広がり、高級料亭でいただくようなお鍋が楽しめます。おすすめのシメは鴨そば!おいしい鴨だしでいただくそばは絶品です。

鍋の素ランキング第11位「モランボンもつ鍋用スープしょうゆ味」

かつお節、焼きあごを合わせたしょうゆベースのスープに、スライスにんにくと、輪切りの唐辛子、豚の背脂を合わせたがっつり系の鍋の素です。スープはコクがあって濃厚な味わいなので、モツを入れても臭みがなく、するするとお腹に入ります。もつ、野菜などお好みの具材を入れて煮るだけで、本場博多風のもつ鍋が楽しめます。おすすめ具材はキャベツ。ほんのり甘みのあるキャベツが、パンチのあるスープにぴったり合います。

鍋の素ランキング第6~10位

鍋の素ランキング第10位「ミツカン〆まで美味しいごま豆乳鍋つゆストレート」

ミツカンの〆まで美味しいシリーズはたくさんの種類が出ていて食べ比べできる人気の鍋の素です。中でもこちらのごま豆乳鍋つゆは、鶏と昆布だしに豆乳をプラスしたスープにすりごまの風味がきいていて、あっさりとしているのにコクがきいたまろやかな味わいです。豚肉や白菜、水菜などどんな具材との相性も抜群ですが、豆腐はおいしいので必ず入れてください!シメのアレンジはやはりうどんを入れたごま豆乳うどんがおすすめです!

鍋の素ランキング第9位「エバラプチッと鍋寄せ鍋」

うすくちしょうゆとかつお、昆布だしに、しょうがをほんのりきかせた寄せ鍋つゆです。1人分ずつのポーションタイプになっていて、一人鍋なら1つ、2人で食べるなら2つと調整できるので便利です。澄んだだしに野菜やお肉を入れて煮込めば、素材の旨みが溶け出してしみじみとしたおいしさが味わえます。鍋にするのはもちろん、煮込みうどんや炊き込みご飯の調味料としてもアレンジできるので、ひとつ常備しておくと何かと使えます。

鍋の素ランキング第8位「ミツカン〆まで美味しい焼きあごだし鍋つゆストレート」

焼きあごだしは、九州でよく食べられている乾燥させて焼いたトビウオからとっただしで、風味がよく高い香りが特徴です。焼きあごだしを中心に、かつお、煮干、鶏がら、しいたけ、昆布など7種類ものだしを贅沢にブレンドすることで、あっさりしているのに、コクと深みのある絶品だしに仕上がっています。おすすめシメレシピは、だしのおいしさを味わえる雑炊です。食べ比べて楽しみたい〆まで美味しいシリーズの人気商品です。

鍋の素ランキング第7位「イチビキストレート赤から鍋スープ3番」

名古屋生まれの全国有名チェーン居酒屋「赤から」名物の鍋を忠実に再現した鍋の素です。こちらの鍋スープは1~3の辛さ展開で、3は一番辛いタイプになります。パンチの効いた刺激的な匂いと真っ赤なスープは唐辛子や豆板醤などの辛味調味料に、味噌やはちみつが入っているため、辛いだけではなく甘味も共存しています。じわじわ汗をかきながらおいしく食べましょう!お店の味と食べ比べてみるのも楽しいかもしれません。

鍋の素ランキング第6位「もへじ塩レモン鍋つゆ」

レモンの爽やかな酸味と香りが特徴のレモン鍋は最近鍋市場に現れた新しいジャンルです。こちらの「もへじ塩レモン鍋つゆ」はじっくり煮出したチキンスープをベースに、レモンを合わせてアレンジしたストレートタイプの鍋の素です。レモン特有の酸味がなく、鶏肉、きのこ、はくさいなど素材の味をぐんと引き出してくれます。おすすめのレシピは、上からスライスレモンをプラスすると、見た目も華やかになって盛り上がります!

鍋の素ランキング第5位「ヤマキ軍鶏系地鶏だし塩鍋つゆ」

鶏のなかでも特にうま味が強いと評判の軍鶏系の阿波尾鶏からしっかりとった地鶏だしの濃厚スープに、高知県産の生姜を加えた鍋つゆです。コクがあるのに、塩味のすっきりとした味わいがあとを引く美味しさで、あの坂本龍馬が最後に食べようとしていた軍鶏鍋を意識して作られたというから気になります。おすすめレシピは白菜や長ネギ、豆腐などをいれてシンプルにつゆの味を楽しむのおすすめです。

鍋の素ランキング第4位「ミツカン〆まで美味しいキムチ鍋つゆストレート」

鶏油で炒めた韓国産の唐辛子とニンニクにコチュジャンやラージャンという熟成唐辛子ををたっぷり入れた本格的な辛味のキムチ鍋つゆです。濃厚でコクのあるつゆは、本場でいただく鍋そのものの味わいです。辛味がきいているため、豚バラや海老、キャベツなど甘味の出る具材がおすすめです。シメまでおいしく開発されているだけあり、最後まで濃厚な旨みが続くので、ラーメンを入れるとスープまで一緒に旨みを丸ごと味わえます。

鍋の素ランキング第3位「博多華味鳥水たきスープ」

博多中洲に本店を構える水炊きの名店「博多華味鳥」の看板メニューである水炊きを再現したストレートタイプの鍋の素です。九州産の銘柄鶏華味鳥をじっくり炊きだした、コクがありながらさらりとした口当たりのスープは、シメに行きつくまえにごくごく飲み干してしまいそうな優しい味わいです。鍋の素としてはお値段が少し高めになっていますが、料亭の味を家庭で味わえるなら買って損はありません。たまの贅沢におすすめです。

鍋の素ランキング第2位「ミツカン〆まで美味しいとんこつしょうゆ鍋つゆ ストレート」

じっくり煮込んだ豚骨と鶏ガラスープの合わせせだしに、本醸造しょうゆを加えたコクのある濃厚な味わいのとんこつしょうゆつゆは、食欲をそそる深い味わいが特徴です。おすすめは白菜、豚肉、大根などの定番野菜にもやしをたくさん入れると、濃厚なとんこつ味に具材が絡み合い、箸がとまらないおいしさです。シメはやっぱりラーメンを足して、とんこつ醤油ラーメンにアレンジしてください!メインに匹敵する主役級のうまさです。

鍋の素ランキング第1位「くばらはくさいのうま鍋あごだし醤油味」

テレビ番組「マツコの知らない世界」で紹介されたことで有名になった鍋の素です。今までいろんな鍋の素がありましたが、白菜に特化しているユニークな商品です。上品なある焼きあごに、かつお、椎茸の合わせだしに、しょうゆをの風味を効かせた上品な和風仕立てで、ほんのり甘みがあるのが特徴。白菜を入れて煮込むと、芯まで味が染み込んでなんともいえないおいしさです。野菜の滋味を最大限に味わえる鍋つゆの素です。

Thumb鍋スープの簡単手作りレシピを紹介!おすすめや人気アレンジも! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

出典: ://

鍋の素を使ったアレンジレシピ:トマトチーズフォンデュ鍋

「カゴメ甘熟トマト鍋スープ」を使って、トマトチーズフォンデュ鍋はいかがでしょうか?簡単レシピで子供も大喜びしそうなアレンジです。フォンデュソースをかける前と食べ比べて味の違いを感じるのもおすすめです。材料はカゴメ甘熟トマト鍋スープ1袋、キャベツ1/2玉、ウィンナー4本、鶏もも肉350g、玉ねぎ1/2個、にんじん1/2本、しめじ1パック、トマト1個、ブロッコリ-適量、ピザ用チーズ100g、牛乳大さじ2です。

作り方は鶏もも肉、野菜、きのこは一口大に切ります。鍋にカゴメ甘熟トマト鍋スープを入れ、沸騰させたら鶏肉から野菜の順に入れ煮ていきます。耐熱容器にピザ用チーズ、牛乳を入れ500wのレンジで1分加熱します。チーズと牛乳をしっかり混ぜたら、鍋にかけて完成です。チーズフォンデュソースと酸味と甘味のあるトマトスープとの相性は抜群です!シメのアレンジレシピはパスタを入れて、トマトパスタがおすすめです!

鍋の素アレンジレシピが知りたい!:豚とコーンのとんこつ炊き込みご飯

「ミツカン〆まで美味しいとんこつしょうゆ鍋つゆ」を使った炊き込みご飯のレシピです。鍋の素をそのまま使うレシピなので、味付けいらずでおいしい炊き込みご飯が出来上がります。濃厚な旨みだしをたっぷり吸った炊き込みご飯はいくらでも食べられそうな味わいです。材料はお米4合、豚バラ肉150g、コーン1缶、玉ねぎ1/2個、にんじん1/3本、〆まで美味しいとんこつしょうゆ鍋つゆ1袋、万能ねぎです。

作り方は、お米は洗い炊飯器に入れます。豚バラ肉は1cm幅に、玉ねぎは5mm幅に、にんじんは細切りにします。〆まで美味しいとんこつしょうゆ鍋つゆを全量入れ、全体をかき混ぜたら炊飯します。炊き上がったら器に盛りつけ、ネギをふったら完成です。鍋との違いを食べ比べてみてください。

鍋の素おすすめランキングまとめ

食べ比べて楽しみたい鍋の素のおすすめランキングを紹介してきました。それぞれにこだわりのレシピで作られただけありどれも甲乙つけがたい美味しさです。気分で選べる豊富なラインナップなので、家族や友人と食べ比べてみてお気に入りをみつけてみてはいかがでしょうか?おすすめのアレンジレシピもご紹介していますので、ぜひ試してみてください!

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ