すき家のキングは裏メニュー!値段・量・サイズとカロリーは?

皆さん牛丼はよく食べますか?お手頃な値段で牛丼が楽しめる牛丼チェーン店は、どのお店も人気です。その中でも、多彩なメニューで人気なのが『すき家』でしょう。すき家は、量もミニからメガまで多くのサイズを揃えていますが、メガの上の「キング」という裏メニューサイズが存在することは知っていますか?すき家のメガを上回る量のキングとは一体どのような裏メニューなのでしょうか?気になる値段や、カロリーも併せて紹介します。

すき家のキングは裏メニュー!値段・量・サイズとカロリーは?のイメージ

目次

  1. 1サイズも豊富な牛丼チェーン『すき家』
  2. 2すき家のメニューは選べる量もサイズもいろいろ
  3. 3値段もお得なすき家の大容量の裏メニュー!キングサイズ
  4. 4値段もお得な大容量キングサイズは元々はレギュラーメニュー
  5. 5すき家の最大量キングサイズを頼めない場合とは?
  6. 6すき家の大容量キングサイズ以外のメニューサイズを紹介
  7. 7サイズを決める時はご飯と肉の量を参考に
  8. 8すき家の大容量裏メニューキングサイズの値段は?
  9. 9値段もお得な裏メニューキングの量は?
  10. 10値段もお得な裏メニューキングの牛丼の量は?
  11. 11値段もお得な裏メニューキングの豚丼の量は?
  12. 12値段もお得な裏メニューキングのカレーの量は?
  13. 13値段もお得なすき家のキングサイズの重さは?
  14. 14すき家の裏メニューキングのカロリーは?
  15. 15値段もお得な裏メニュー!すき家のキングサイズ

サイズも豊富な牛丼チェーン『すき家』

皆さんは牛丼屋さんには良く行きますか?牛丼チェーンといえば手ごろな値段で牛丼を楽しめ、注文すればすぐ商品を提供してくれることから、時間がない会社員の人たちのお昼としても人気です。様々な会社が日本中に店舗を展開しており、牛丼チェーンはお手頃な値段で楽しめる身近な店舗の一つでしょう。

数ある牛丼チェーン店の中で、自分はここ、というお気に入りの店舗がある人も多いのではないでしょうか。その中でも、今回の記事では、特にサイズやメニューが豊富なすき家野のとあるメニューについて紹介します。すき家は2017年時点で日本最多の店舗数を展開しており、なんと日本国内に1900店舗を超える数のすき家があります。

すき家のメニューは選べる量もサイズもいろいろ

すき家のメニューはとても豊富で、牛丼チェーンでありながらメニューのバリエーションは牛丼だけでなく、カレーライスやうな丼、まぐろのたたき丼などの海鮮系のメニューまで楽しむことが出来ます。そして、すき家の種類が豊富なのはメニューだけでなく、サイズも非常に多くの中から選べる、小食の人からたくさん食べたい人までが嬉しいシステムとなっています。

すき家の公式サイトで紹介されているサイズは6種類あり、その6種類とは一番小さいミニ、並盛、中盛、大盛、特盛、そして一番大きいメガサイズとなっており、カレーでは牛丼のサイズラインナップとは少し変わっており、一番小さいミニ、並盛、1.5倍盛、大盛、特盛となっています。すき家のカレーライスのサイズラインナップはメガサイズ、中盛が無く、中盛の代わりに1.5盛となっています。

メガサイズとまでなるとかなりの量であり、「少し人よりも多く食べられる」ぐらいの人では完食するのが難しいかもしれません。上の画像は左が並盛で、右側の牛丼がメガサイズになるのですが通常の並盛サイズがとても小さいサイズに見えてしまうほどメガサイズは大きいです。これ以上の大きいサイズは無いだろうと思ってしまいますが、すき家にはまだメガの上の裏メニューであるサイズがあることを知っていますか?

値段もお得なすき家の大容量の裏メニュー!キングサイズ

すき家の裏メニューである、メガサイズの上のサイズとは、キングサイズです。名前を聞いただけでもかなりの大きさが想像される名前ですが、公式サイトのサイズ表を見てみても、すき家の店内を見回してみてもキングサイズの文字は見えません。本当にすき家にキングサイズが存在するのか心配になってしまいますが、本当に注文すれば食べられるのでしょうか?それでは、こちらのレシートを見てください。

写真の様に、すき家のキングサイズのメニューは公式サイトや店内には記載されていないのですが、注文すればしっかりレシートには「キング牛丼」と印字されています。メニューとしては存在しているのにオープンに公開されてはいない、知る人ぞ知るメニュー。まさに裏メニューと言えるでしょう。しかし、もともとはこのキングサイズは、裏メニューではなく、すき家のレギュラーメニューとして販売されていました。

Thumb吉野家の裏メニューは無料で楽しめる?注文用語と頼み方を解説! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

値段もお得な大容量キングサイズは元々はレギュラーメニュー

すき家の最大サイズ、キングサイズはもともとは裏メニューではなく、レギュラーサイズとして普通に売られていたサイズでした。もちろんキングサイズが登場した時は宣伝もされていたでしょうし、公式サイトや店内にも掲示されていた物なので、この記事を見ている人の中にはキングサイズと聞いて聞き覚えのあった方も居たかもしれません。

すき家によく行く人であれば、そのときにキングサイズのメニューを食べたことのある人も居るでしょう。もしかしたら、今もレギュラーメニューでキングサイズが存在していて、キングサイズがすき家の「裏メニュー化」している事に逆に驚いた人も居るかもしれません。

ですので、すき家の「裏メニュー」として用意されていたサイズではなく、元々レギュラーメニューであったキングサイズがレギュラーで無くなった今も、ストックに余裕があればメニューとして対応してもらえる、という状況になっています。メニューに載っていないサイズであるキングサイズを注文するのは、少し通っぽいかもしれません。

すき家の値段もお得な裏メニューキングサイズの注文法は?

それでは、果たしてすき家のキングサイズはどの様に頼めばよいのでしょうか?また、公式サイトや店内などから姿を消してしまったキングサイズの量や値段、カロリーはどのような物なのか、早速チェックしてみましょう。裏メニューであるキングサイズですが、一体どのように注文すればよいのでしょうか?

すき家でキングサイズを注文するには、他の商品を注文する時と同じように「キングサイズで」と店員さんに伝えるだけです。店舗にあまりストックが無い場合など、店舗の状況によっては不可能な場合もあるようなので、その場合は諦めて他のサイズを注文するか、他の店舗を探しましょう。

すき家のメニューは持ち帰りで楽しむことが出来るのですが、キングサイズのメニューは店内限定メニューとなっており、持ち帰りをすることは出来ません。「自宅で食べて残った分は冷凍」といったことは出来ませんので、店内で食べきれる自信のある場合だけキングサイズは注文するようにしましょう!

Thumbすき家のおすすめメニューランキング!食べ方やトッピングも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

すき家の最大量キングサイズを頼めない場合とは?

すき家で店員さんに注文すればキングサイズの商品が注文できると言いましたが、実はすべての商品が可能な訳では無いようです。牛丼、豚丼、カレーはキングサイズで注文することが可能なのですが、うな丼やマグロ丼などの海鮮系メニューなどでは注文できないようです。もしキングサイズを注文したい!という猛者の方が居ましたら、牛か豚丼、もしくはカレーを注文するようにしてください。

新しい店舗では大容量のキングサイズを提供してもらえない場合も

そして、店舗にストックが無い場合以外にも、もう一つキングサイズを用意してもらえ無い場合があります。それは、新規店舗の場合です。前述した通り、キングサイズとはもともとレギュラーメニューとして提供されていたものです。

すき家のサイズは様々な種類がありますが、それぞれのサイズに応じた器が用意されています。キングサイズも例外ではなく、キングサイズ用の特大の容器が必要なのですが新規店舗だとその容器が置いていないからです。既存店舗ならレギュラーメニューとして提供していた時に使用していた容器が残っていますので、キングサイズにも対応してもらえるようです。新しそうな店舗に訪れる際は、注意した方が良いでしょう。

すき家の大容量キングサイズ以外のメニューサイズを紹介

すき家のキングサイズの紹介に入る前に、すき家の他のサイズの紹介をしておきましょう。キングサイズの紹介をする上で他のサイズと比較しながら説明しますので、こちらも一度読んでみてください。サイズの種類は前述した通り6種類なのですが、基準となるのは「並盛」になります。それでは見ていきましょう!

裏メニュー以外のすき家のメニューサイズの牛丼、豚丼の量は?

それでは、すき家のメニューのサイズについて説明します。ミニサイズなどは分かりやすいのですが、特にややこしいのが並盛と中盛ではないでしょうか。聞いた感じではどちらが大きいかが分かりづらいですし、公式サイトを覗いてみても詳しい説明はなされていません。

そこで違いについて調べてみると、中盛とは、ご飯は並盛よりも少なく、お肉の量が並盛よりも6割ほど多く入ったメニューのようで、肉好きだけど大盛りほどは、という人におすすめしたいサイズです。因みに、中盛と大盛りは値段が同じなのですが、大盛りは並盛よりもご飯、お肉共に多めに入っています。

肉の量は中盛よりも大盛りの方が多く感じますが、実は中盛の方が多く入っているようです。少しややこしいので整理すると、「ご飯の量中盛<並盛<大盛」、「お肉の量並盛<大盛<中盛」といった具合です。

サイズを決める時はご飯と肉の量を参考に

上記を見てもらえれば分かるように、中盛か大盛りかにするかは、ご飯とお肉どちらかを重視するかで選ぶと良いでしょう。続いては、特盛です。特盛もやはり並盛よりもご飯が多く、肉は約2倍入っています。「大盛りでは足りない!」という人はこちらをチョイスしてみましょう。

こちらでもまだ物足りないという方には、さらに上のメガサイズがおすすめです。こちらもご飯が大盛りに入っており、お肉はなんと並盛の3倍入っています。写真で見てもすごい迫力のメニューサイズです。こちらでもまだ、という方には、とうとうキングサイズの出番です。それでは、キングサイズの値段を見ていきましょう!

Thumbすき家の中盛りと大盛りの違いは?牛丼の肉とご飯の量を比較! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

すき家の大容量裏メニューキングサイズの値段は?

それではまず、すき家のキングサイズの値段を見ていきましょう。キングサイズの大きさがよりよく分かるための比較として、キングサイズ以外の値段も一緒に載せていきます。それでは衝撃の大きさのキングサイズの牛丼、豚丼、カレーライスと順番にチェックしていきましょう!

すき家の大容量裏メニューキングサイズの牛丼の値段は?

牛丼はミニ290円、並盛350円、中盛480円、大盛480円、特盛630円、メガ780円、そしてキング1140円となっています。値段は、並盛の約3個分といったところです。キングの量については後でもう少し詳しく説明しますが、メガサイズの量が「ご飯大盛り、お肉3倍」といった具合でしたのでお得と言える値段ではないでしょうか。続いて、豚丼の値段を見てみましょう。

すき家の大容量裏メニューキングサイズの豚丼の値段は?

続いては、すき家の豚丼のキングサイズの値段を比較します。豚丼はミニ310円、並盛380円、中盛480円、大盛480円、特盛630円、メガ780円、そしてキング1140円となっています。中盛以降は牛丼と同じ値段となっています。続いては、カレーライスを比較してみましょう。

すき家の大容量裏メニューキングサイズのカレーの値段は?

続いては、カレーの値段を比較してみましょう。今回は、カレーと牛丼の両方が楽しめると人気の、牛あいがけカレーの値段を紹介します。ミニ590円、並盛690円、1.5盛790円、大盛820円、特盛920円となっています。すき家のキングサイズは裏メニューであることに加え、メニューの値上げなどが影響しカレーのキングサイズについてははっきりとは分からないようです。

カレーのバリエーションによって値段が異なるのはもちろん、店舗によっても値段が違うようなので、行ったお店で確認するのが正確でしょう。990円で売られていた時もあったようです。

値段もお得な裏メニューキングの量は?

それでは、続いてすき家の裏メニュー、キングサイズの量について調べてみましょう。名前からも相当な量が想像されますが、一体どれほどのボリュームなのでしょうか?今回も牛丼、豚丼、カレーライス、と順番に見ていきましょう!

値段もお得な裏メニューキングの牛丼の量は?

それでは、まずは牛丼のキングサイズの量から見ていきましょう。キングサイズの量は、なんとご飯が並盛の3倍弱、そして肉の量が並の約6倍となっているようです。メニューに載っている最大サイズであるメガサイズが、肉の量が並の3倍という事を考えると、かなりのボリュームであることが分かります。それでは、キングサイズの牛丼の写真を見てみましょう。

左側に映っているのが並盛の牛丼、右側に映っているのがキングサイズの牛丼となります。ご飯が3倍、肉の量が6倍というだけあって相当なボリュームです!チャレンジするのはかなり自信のある人だけにした方が良さそうです。いきなりキングサイズを頼まずに、メガサイズで様子を見てみるのがおすすめです。

ただ、前述した通り、すき家の牛丼の並盛が350円、キングサイズが1140円なのでこのボリュームならかなりお得と言えるでしょう。「たくさん食べたい」、「キングサイズの量を食べきる自信がある!」という方には断然キングサイズをおすすめします!味が変わらないと飽きてくる可能性も考えられるので、好きなトッピングを追加しておくと良いかもしれません。すき家の牛丼キングサイズの横の断面も見てみましょう。

写真の通り、横からの見た目もものすごいボリュームです。肉の量もすごいのですが、ご飯の量も普段の生活ではまずお目にかかることは無い量でしょう。しかし、ご飯は多くてもしっかりとつゆがしみ込んでいて、つゆだく状態で食べることができそうです。ご飯の底の方につゆが溜まっている状態になっていますので、つゆは少な目の方が好きだという方は、オーダーの際に少な目と頼んでおいた方が良いかもしれません。

値段もお得な裏メニューキングの豚丼の量は?

続いては、すき家の豚丼のキングサイズの量を見ていきましょう。豚丼のキングサイズも、ご飯は並盛の3倍弱、肉の量が並の約6倍となっているので牛丼と同じ増量具合となっています。値段も牛丼のキングサイズと同じ1140円となっていますので、牛丼か豚丼にするかは好みで選びましょう。

値段もお得な裏メニューキングのカレーの量は?

続いては、すき家のカレーのキングサイズの量について見ていきましょう。カレーキングの量は、ご飯が並盛の約3倍、カレールーが並盛の約4倍となっているようです。キングサイズのご飯の量が640gとされており、ご飯だけでもお腹が膨れることは間違いないでしょう。それでは、キングサイズのカレーの写真を紹介しましょう!

牛丼のキングサイズに負けず、こちらもかなりの量となっています。お皿のサイズもかなりの大きさなことが分かりますが、そのお皿から溢れそうなくらいなみなみとカレーが注がれています。カレーライスに比べて福神漬が少ないように見えますが、福神漬けはおかわりが出来る店舗もあるようです。

値段もお得なすき家のキングサイズの重さは?

牛丼やカレーのキングサイズの量を確認したところで、キングサイズの重さも調査してみましょう。まず牛丼のキングサイズの重量は、ごはん640g、牛肉500g越えとなっており、なんと総量は1kg越えとなっています。牛肉だけで500g越えとなっていますが、ステーキで500gと考えるとものすごい量です。

焼肉の食べ放題に行っても、なかなかそれだけの量を食べることは難しいでしょう。それに加えて、ご飯が640gもあるのですからいかに「キングサイズ」がものすごい量なのか、ということが分かります。続いて、カレーの重さを調べてみましょう。

すき家のカレーのキングサイズの重さは、なんと1.6kgもあるようです。カレーのルーは液体なので牛丼よりは食べやすいとはいえ、かなりの総量です。お腹を空かせて行きましょう、というレベルの量ではないので興味本位で注文してしまうのは止めた方が良いかもしれません。

Thumbすき家のメガ盛り牛丼の量と値段とカロリーを紹介!肉が通常の3倍? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

すき家の裏メニューキングのカロリーは?

それでは、続いてすき家のメニューのキングサイズの気になるカロリーを見てみましょう。量がかなり多くお得なキングサイズのメニューですが、カロリーもかなりの物と予想されます。ここまで量が多いともうカロリーは知りたくない気もしてきますが、摂取カロリーを把握しておくのも大事なことですのでチェックしていきましょう。今回も牛丼、豚丼、カレーに分けてキングサイズのカロリーを調べてみます。

値段もお得なすき家の裏メニューキングの牛丼のカロリーは?

それでは、まずはメインメニューである牛丼のカロリーを見ていきましょう。ミニサイズ432kcal、並盛639kcal、中盛660kcal、大盛845kcal、特盛988kcal、メガサイズ1182kcal、そしてなんとキングサイズが2240kcalとなっています。

メガサイズの倍という驚きのカロリーとなっています。いうまでもなくカロリーを気にしている人は避けた方が良いでしょう。トライしてみたいという人は、一緒に食べてくれる人を連れて行ってシェアして食べるのも良いかもしれません。

値段もお得なすき家の裏メニューキングの豚丼のカロリーは?

続いては、豚丼のキングサイズのカロリーを見ていきましょう。ミニ522kcal、並盛743kcal、中盛788kcal、大盛996kcal、特盛1145kcal、メガサイズ1409kcal、そしてキングサイズは2458kcalとなっています。豚肉というだけあって、牛丼よりもカロリーは高くなっています。

値段もお得な裏メニューキングのカレーのカロリーは?

続いては、すき家のキングサイズのカレーのカロリーを紹介します。今回も、価格と同じくカレーと牛丼が同時に楽しめる、牛あいがけカレーのカロリーを例に紹介しましょう。ミニ558kcal、並盛896kcal、1.5盛1028kcal、大盛1246kcal、特盛1377kcal、そしてキングサイズが2338kcalとなっています。

キングサイズのカロリーは牛丼2240kcal、豚丼2458kcal、カレー2338kcalと、さほどは変わらないようです。成人男性に必要なカロリーが2000kcalとされていますので、成人男性でも一食で一日分のカロリーを超えてしまうハイカロリーっぷりです。

値段もお得な裏メニュー!すき家のキングサイズ

如何でしたでしょうか?すき家はメニューもサイズも豊富ですが、かなり大きいサイズであるメガサイズの、更にその上のいくキングサイズがあることを紹介しました。全てのメニューをキングサイズに出来るわけではありませんし、持ち帰りには対応していないようですが、牛丼やカレーを大盛りで楽しみたい!という人にはとてもお得なサイズとなっています。

メガサイズと比べてもかなりサイズアップしているので量は倍近くとなっており、大食いに自信のある人しか完食は難しいかもしれませんが、メガサイズでもまだ量が足りないという、完食に自信のある人は是非チャレンジしてみてください。他の店舗ではなかなか見ることができない大容量のメニューに出会う事が出来ます。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ