チゲは鍋?スープ?どんな意味?チゲの種類や本格的なレシピを紹介!

チゲのおすすめレシピ及び種類や特徴といった基礎知識等についてまとめてみました。日本でも人気のあるチゲですが、これは果たして鍋なのか?それともスープなのでしょうか?この機会にチゲについての知識をより深めていきましょう!

チゲは鍋?スープ?どんな意味?チゲの種類や本格的なレシピを紹介!のイメージ

目次

  1. 1チゲの知識や本格レシピを紹介!
  2. 2チゲの基礎知識
  3. 3チゲの主な種類
  4. 4家庭で作れるチゲの本格レシピ
  5. 5チゲを家庭でも作ってみよう!

チゲの知識や本格レシピを紹介!

アツアツのキムチチゲ

韓国料理の中でも特に人気の高いチゲ料理。本記事ではそのチゲにスポットを当て、チゲに関する基礎知識や代表的なチゲの紹介、更には本格的なチゲのレシピなどをまとめてみました。

チゲの基礎知識

「チゲ」は「鍋」

日本ではチゲのこと「チゲ鍋」といった名称で呼んでいますが、実はこれ大きな間違いです。チゲというのは韓国語で「鍋」といった意味を表している言葉であり、もし「キムチチゲ鍋ください」なんて言おう物なら、それは即ち「キムチ鍋鍋ください」と言っているのと同じことになるのです。

厳密に言うとチゲとは、トゥッペギと呼ばれる一人用の土鍋を用いた鍋料理です。そしてこのチゲの他にも、タンやチョンゴルといったスタイルの異なる鍋料理があります。どちらにせよ「チゲ鍋」なんて言い方をしていたら、韓国の人々に笑われてしまうでしょう。

本場韓国でのチゲの食べ方

韓国ではチゲを注文するとごはんやおかず、キムチなど数品と一緒に出される場合が殆どです。これをグツグツと煮立ったチゲの中に入れ、クッパのようにして頂くのが本場韓国でのポピュラーな食べ方となります。もちろん別々で食べても問題ありませんが、ここは1つ「郷に入れば郷に従え」の精神でチャレンジすることをおすすめします。

チゲの主な種類

チゲの種類①キムチチゲ

キムチチゲはその名の通り白菜キムチが味の主体となったチゲで、具には肉類または魚介類に野菜、豆腐などが使われます。〈①キムチと肉類を炒めてだし汁を注ぐ〉〈②塩や醤油、おろしニンニクや唐辛子粉などで味を調える〉〈③ネギや白菜などの野菜や豆腐といった具を加えて煮る〉というのが一般的な調理方法です。

ただし、キムチチゲのみならずチゲは家庭やお店によって具材や調理法にもさまざまな違いがあるので、必ずしもこの通りという訳ではありません。

チゲの種類②スンドゥブチゲ

スンドゥブチゲは、豆腐をメインにした韓国でも非常にポピュラーな鍋料理です。スンドゥブチゲの「スンドゥブ」とは「純豆腐」のことで、日本の汲み出し豆腐(おぼろ豆腐)にあたる柔かい豆腐の名称です。

この順豆腐とアサリやシジミなどの海鮮とお肉、そして野菜などを組み合わせ、コチュジャン、唐辛子粉、ニンニク、ごま油などを使った合わせ調味料で煮込みます。落とし卵のまろやかな味わいが、ピリリとした辛口のスープとよく合います。

チゲの種類③トンテチゲ

トンテチゲは、冬の鍋料理の定番である鱈を使った鍋料理です。鱈は韓国でも高い人気を誇る魚であり、これをメイン食材としたトンデチゲも同じく高い人気を誇ります。ホクホクとして甘みのある鱈と、辛口のスープが程良くマッチした一品です。

チゲの種類④テンジャンチゲ

テンジャンチゲは、韓国人にとってのお味噌汁の様な存在の料理です。言ってみればソウルフードの様な存在と言っても良いでしょう。家庭や食堂などで日常的に食されている料理です。テンジャンチゲのテンジャンは韓国の合わせ味噌の様な物で、優しい味わいが特徴です。

そして、このテンジャンチゲの大きな特徴の1つに辛くないという点が挙げられます。チゲの名称が付く鍋料理はどれも辛いと思われがちですが、中にはこのテンジャンチゲの様に辛くない料理も存在しているのです。

チゲの種類⑤チョングクチャンチゲ

日本ではなかなか耳にしないチョングクチャン(チョングッチャン)は、韓国料理に使われる、発酵させた大豆のペーストの名称で、簡単に言うと韓国版納豆ペーストの様な食品です。味や匂いはまさに納豆そのものといったところで、チョングクチャンチゲはこれにジャガイモやタマネギといった野菜と豆腐等を加えて煮込みます。

チゲの種類⑥ビジチゲ

このビジチゲも、チョングクチャンチゲ同様日本ではなかなかお目にかかる機会の少ない料理です。ビジチゲはおからのチゲで、優しくまろやかな味わいが楽しめます。日本では殆ど知られていませんが、韓国では非常に高い人気を誇る一品です。

チゲの種類⑦プデチゲ

プデチゲは、チゲの中でも歴史の浅い鍋料理です。在韓米軍部隊からの残飯や援助物資に唐辛子を混ぜて作られたのが、このプデチゲ発祥の由来といわれています。プデチゲ(部隊鍋)という名称は、まさにそこから名付けられた物であるといえるでしょう。

スパムやインスタントラーメンなどといった、他のチゲとは毛色の違う食材が使用されるなどの特徴があります。また、他のチゲとは違い大鍋を使用するのもこのプデチゲの大きな特徴の1つです。

家庭で作れるチゲの本格レシピ

キムチチゲ

【材料】(レシピ:1〜2人分)

  • キムチ…150g
  • 豚バラ肉…120g
  • 水…1コップ
  • 長ネギ…1/3本(斜め切り)
  • 玉ねぎ…1/4個(角切り)
  • キムチの汁…大さじ4
  • ニンニクチューブ…大さじ1
  • 醤油…大さじ1
  • 唐辛子粉…大さじ1
  • きざみのり…適量
  • ご飯…適量

【作り方】
  1. 鍋に豚肉を入れて色が変わるまで炒め、水を入れて煮込む。
  2. キムチ、キムチの汁、玉ねぎ、ニンニクチューブ、醤油、唐辛子粉、長ネギを加える。
  3. グツグツと7分間ほど煮込んだらご飯を盛り、きざみのりを散らして出来上がり。

多くの人が「チゲ」と言って真っ先に思い浮かべるのは、恐らくこのキムチチゲでしょう。キムチと豚バラ肉、そしてに青ネギや玉ねぎといった定番具材で作られるキムチチゲは、数有るチゲの中でも定番中の定番といった一品です。このキムチチゲをベースにお好みの食材を追加し、アレンジを楽しむこともできます。

本場韓国に倣い、ご飯をチゲの中に投入して頂くのがおすすめですが、〆はうどんを入れて頂く食べ方もアリな選択肢です。

スンドゥブチゲ

【材料】(レシピ:2人分)

  • 鶏ガラスープ…800㏄
  • コチュジャン…小さじ1
  • 豆腐…1丁
  • アサリ…50g
  • しめじ…1/2パック
  • 牡蠣…80g
  • イイダコ…2ハイ
  • 卵黄…1個
  • ラーメン…1玉
〈A〉
  • ごま油…大さじ1
  • 韓国唐辛子(細)…大さじ1
  • 醤油…小さじ1
  • 砂糖…小さじ2
  • ニンニクすりおろし…1片
  • 生姜すりおろし…1片

【作り方】
  1. 塩と片栗粉で牡蠣をキレイに洗う。
  2. アサリの砂出しと汐出しを行う。
  3. 土鍋にAの材料を入れ、弱火で焦がさないように炒める。
  4. 香りが出たら鶏ガラスープを加える。
  5. 土鍋を火にかけてコチジャンを加えて溶かす。
  6. 豆腐としめじ、あさりを入れて煮込む。
  7. イイダコと牡蠣も加え、牡蠣に火が通ったら卵黄を落として出来上がり。

日本にも多数の専門店ができる程、人気と話題を呼んだスンドゥブチゲ。アサリやしじみなどの魚介の旨味と、辛口のスープが混じり合う何とも堪らない味わいが楽しめます。純豆腐が手に入らない場合は汲み豆腐を活用すると良いでしょう。

トンテチゲ

【材料】(レシピ:2〜3人分)

  • 鱈…お好みの量(冷凍でも生でもOK)
  • 煮干し出汁…1,000ml
  • 塩…小さじ1
〈A〉
  • きのこ…お好みで
  • 大根…お好みで
  • 春菊…お好みで
  • ズッキーニ…お好みで
  • 豆腐…お好みで
  • もやし…お好みで
  • 玉ねぎ…お好みで
  • ニラ…お好みで
  • 〈B〉
  • 味噌…小さじ1
  • 粉唐辛子…大さじ3
  • 醤油…大さじ3
  • おろしニンニク…大さじ1
  • おろしショウガ…少々

【作り方】
  1. 鱈を解凍(生の場合はOK)し、野菜を適当な大きさに切る。
  2. Bをボウルで混ぜ合わせる。
  3. 鍋に出汁を注ぎ、大根とBを入れる。
  4. 5分間ほど沸騰させてアクを取り除く。
  5. 鱈を加えて再度沸騰させる。
  6. 残りの野菜を加えて煮込む。
  7. 塩を振って味を調えたら、器に盛り付けて出来上がり。

ふっくらホクホクの鱈の味わいが堪らない「トンテチゲ」のレシピです。冬の鍋物といえば何といっても鱈でしょう。日本でも韓国でも、冬場の鍋に鱈は欠かせません。辛さが物足りない場合は、青唐辛子を入れて辛さを増してあげると良いでしょう。

テンジャンチゲ

【材料】(レシピ:4人分)

  • ジャガイモ…80g
  • ズッキーニ…90g
  • しらねぎ…1/2
  • しいたけ…3個
  • 木綿豆腐…1丁
  • 韓国味噌(テンジャン)…大さじ3
  • 唐辛子粉
  • いりこ…15g
  • 水…500cc

【作り方】
  1. 水を張った鍋にいりこを入れて出汁を取る。
  2. 野菜を食べやすい大きさに切る(皮剥きなどの処理も忘れずに)
  3. 鍋からいりこを取り出し、韓国味噌(テンジャン)を加える。
  4. 味噌をよく溶かしてから具材を加えていく。
  5. 辛い物が好きな方は粉唐辛子を加える。
  6. 強火でグツグツと煮込む。
  7. 一煮立ちしたら火を止め、お椀によそって出来上がり。

続いては韓国のソウルフード「テンジャンチゲ」です。野菜たっぷりのテンジャンチゲは、家庭料理の定番料理でもあります。韓国のおふくろの味は何かといえば、真っ先にこのテンジャンチゲの名が挙げられることでしょう。辛めが好きな方は粉唐辛子の量を多めに投入してください。

チョングクチャンチゲ

【材料】(レシピ:2〜3人分)

  • チョングッチャン…100g
  • キムチ…100g
  • エホバク…1/3(ズッキーニで代用可)
  • 玉ねぎ…1/4
  • 豆腐…100g
  • ネギ…1/3
  • コチュカル…3g
  • にんにく…小さじ1
  • 塩…適量
  • だし汁500ml(いわし、昆布)

【作り方】
  1. 鍋に出汁を沸かし、キムチとチョングッチャンを加える。
  2. 沸騰してきたらネギ以外の野菜を加える。
  3. 調味料を加えて更に煮込む。
  4. キムチの汁→豆腐→ネギの順番で鍋に加える。
  5. 火を止めて蓋を閉じ、5分ほど余熱で温める。
  6. お椀によそって出来上がり。

コク深い味わいが楽しめるチョングクチャンチゲは、食べれば食べる程にくせになる一品です。大豆ならではの凝縮した旨味を、たっぷりと堪能することができます。

ビジチゲ

【材料】(レシピ:2人分)

  • おから…300g
  • 豆腐…1/3丁(100g)
  • 豚肉…50g(肩ロースまたはバラ肉)
  • 白菜キムチ…2枚(100g)
  • チョンヤン唐辛子…1/2個
  • 赤唐辛子…1/2個
  • 煮干だし…2カップ(だしの素+水でもOK)
  • ごま油…小さじ1
  • サラダ油…少々
〈A〉
  • キムチの汁…小さじ3
  • 粉唐辛子…小さじ2/3
  • ねぎのみじん切り…小さじ1/2
  • おろしニンニク…小さじ1/2
  • 薄口醤油…大さじ1
  • イワシエキス…大さじ1
  • 粗塩…少々

【作り方】
  1. 豆腐を2cmの角切りにする。
  2. 赤唐辛子とチョンヤン唐辛子は斜め切りにする。
  3. 豚肉は1cm幅に切る。
  4. キムチも1cm幅に切る。
  5. ボウルにAを入れて混ぜ合わせ、合わせ調味料を作る。
  6. 中火で熱した土鍋にサラダ油を引く。
  7. 豚肉を加えて火が通るまでしっかりと焼く。
  8. キムチと合わせ調味料を加えて、2分間ほど炒める。
  9. 煮干だしを注ぎ、おからと豆腐を入れる。
  10. 強火に掛けて混ぜながら沸騰させていく。
  11. 沸騰してきたら中火に落とし、2種類の唐辛子を加える。
  12. そのまま10分ほど煮込む。
  13. トロミが着いたらごま油を入れ、軽く混ぜ合わせて出来上がり。

おからの優しい味わいが堪らない「ビジチゲ」。おからに豆腐に醤油と、これだけ大豆由来の食品を使用しているのですから、美味くない筈がありません。唐辛子の辛さと共に、まろやかな甘さが楽しめる一品です。

プデチゲ

【材料】(レシピ:2〜3人分)

  • もやし…1袋
  • 玉葱…1/2個
  • 椎茸…1/2個
  • 長ネギ…1/2本
  • SPAM…1缶
  • ウィンナー…1袋
  • 豆腐…1/2丁
  • キムチ…100g
  • ラーメン(乾麺)…1/2個
  • チーズ…1枚
​〈A〉
  • おろしニンニク…大さじ1
  • 醤油…大さじ2
  • コチュジャン…大さじ1
  • 料理酒…大さじ1
  • コショウ…少々
  • 唐辛子の粉…大さじ2
  • サゴルコムタン…250g

【作り方】
  1. Aの材料を全て合わせてタレを作る。
  2. 鍋に材料を入れる。
  3. サゴルコムタンとラーメン、そしてチーズを加えて煮込む。
  4. テーブルに鍋ごと移したら出来上がり。

韓国版ジャンク鍋といった感のある「プデチゲ」は、ガッツリとチゲを食べ尽くしたい時におすすめの鍋料理です。何といってもパワフルな具材達が特徴で、食べ終わった頃には完全なる満足感を味わっていることでしょう。

チャムチチゲ

【材料】(レシピ:2〜3人分)

  • ツナ…100〜130g
  • キムチ…100〜130g(酸っぱくなったもの)
  • 玉ねぎ…1個
  • 豆腐…1/2〜1個
  • しいたけ…お好みで
  • とぎ汁…800ml(又は水)
  • にんにく…1〜2片
  • 薄口醤油…大さじ1
  • 粉とうがらし…お好みで
  • 青唐辛子…お好みで
  • 塩…少々

【作り方】
  1. 玉ねぎを角切りにする。
  2. ツナ缶の汁をキムチに入れて混ぜる。
  3. キムチを鍋に入れ、玉ねぎとお米の研ぎ汁を加える。
  4. 粉唐辛子と青唐辛子で辛さを調節する。
  5. 醤油とニンニクを加え、中火で10〜15分程煮込む。
  6. 煮立たせたらツナを入れ、5分ほど煮立たせる。
  7. 豆腐と椎茸を入れ、味を見て塩で調整する。
  8. 卵を割り入れ、ごま油を回しかけたら出来上がり。

最後はツナとキムチがメインのチゲである「チャムチチゲ」のレシピです。ツナとキムチの相性が良いことは有名ですが、この両者をチゲにすることで更なる旨味と奥深い味わいを楽しむことができます。ネギやチーズなどのトッピングもおすすめです。

チゲを家庭でも作ってみよう!

湯気の立ち込めるスンドゥブチゲ

韓国の定番料理「チゲ」についてまとめてみました。美味しさがギッシリと詰まったチゲは、季節を問わずオールシーズン楽しむことができる鍋料理です。意外と作り方は簡単ですので、ぜひともこの機会に自宅で作ってみてください。

Thumb韓国料理の簡単人気レシピ22選!チャプチェからチヂミ・キンパまで! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbカムジャタンの人気レシピ!簡単・本格的に韓国の味!豚バラの下処理も! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbコチュジャンを使った人気レシピ!料理が旨辛に!鍋やタレやスープにも | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ