カレーの隠し味に牛乳を入れると美味しい!牛乳を使ったレシピと口コミ情報

カレーの隠し味に牛乳がいい、という話を聞いたことがありますか?あまり合わないように思われる方もいるかもしれませんが、味がまろやかになってとてもおいしいのでおすすめです。でも入れるタイミングを間違ってしまうと隠し味どころか、おいしくなくなってしまいます。今回はカレーの隠し味に牛乳を入れるベストなタイミングや量、おすすめのレシピまでを徹底解説します。いつものカレーががらっと変わります!

カレーの隠し味に牛乳を入れると美味しい!牛乳を使ったレシピと口コミ情報のイメージ

目次

  1. 1カレーの隠し味に牛乳を使うと劇的に美味しくなる!
  2. 2カレーに牛乳を使うメリット
  3. 3カレーに牛乳を入れるポイント
  4. 4牛乳を隠し味に使ったカレーのおすすめレシピ
  5. 5牛乳で煮たカレーを美味しく食べて健康に

カレーの隠し味に牛乳を使うと劇的に美味しくなる!

カレーの隠し味といえば、コーヒーやチョコレート、しょうゆ、味噌、赤ワインなどが有名ですが、実は牛乳を入れるとおいしいということを知っていますか?隠し味に使うことでカレーの味がまろやかになるのはもちろんのこと、意外なメリットがあるんです。

今回はカレーの隠し味に使う時のポイントやおすすめレシピを大公開します!一見異色の組み合わせに思われがちですが、隠し味に使ったカレーの素敵な変化について徹底解説していきます。カレー好きな方も、いつもの家庭のカレーに物足りなさを感じている方も最後までチェックしてみてください。

カレーに牛乳を使うメリット

カレーの隠し味に牛乳?と驚かれた方も多いと思いますが、実は乳製品とカレーは好相性です。カレーの本場インドではヨーグルトを入れたカレーは一般的ですし、乳製品であるチーズとカレーの組み合わせは間違いないということは誰もが知ることです。

このセクションではミルクを隠し味に使って得られるメリットを味と栄養の観点から紐解いていきます。どんな利点があるのか、ぜひご覧ください。

味の変化

カレーに牛乳を入れると、スパイスの風味がまろやかになり食べやすくなるというメリットがあります。少量加えるだけでもコクが深くなり、辛さも和らいで辛いものが食べられないという小さな子供でも抵抗なく食べられるようになります。

カレーのスパイスが強すぎたり、辛すぎたと感じた場合は少量加えてみてください。食感や見た目は普通のカレーと変わらないのに、驚く程食べやすくなります。スパイスを入れすぎてしまったという方もミルクを入れることでリカバリーできるので覚えておくと便利です。

牛乳の栄養と効果

カルシウムが多いことでも知られるミルクをカレーの隠し味に使うことで、栄養価もアップするのもメリットです。ミルクには各種栄養素がバランスよく含まれているため、順完全栄養食品とも呼ばれているほどです。ここで改めてその栄養価とその効果についておさらいしましょう。

カルシウム

牛から絞ったミルクの場合コップ一杯あたり220mgのカルシウムが含まれています。カルシウムは体の骨や歯を作り丈夫にするのに欠かせない栄養素のひとつで、イライラ解消や深い睡眠にも役立つ効果もあります。子供の成長にも欠かせない栄養素なので、小さな子供のいるママは積極的に摂取して欲しいです。

たんぱく質

ミルクは200mlあたり6.8gの良質なたんぱく質を含有し、必須アミノ酸をバランスよく含んでいるため健康なカラダづくりをスムーズにサポートしてくれます。たんぱく質はわたしたちの体の筋肉、内蔵、骨、皮膚、髪、脳、血管などさまざまな細胞と組織をつくるのに欠かせない材料になるため、積極的に摂取しなくてはなりません。

また、細菌や病原体から体を守ったり、酸素を運ぶ赤血球、神経細胞、ホルモンなどをつくる材料にもなるため、生命維持を行う上でも欠かせない栄養素となっています。

ビタミンやミネラル

ビタミンB1、B2、B6、B12などのビタミンB群に加え、ビタミンA、ミネラル類もバランスよく含んでいます。これらの栄養成分は成長を促進したり、目の健康の維持、組織の損傷保護、神経物質の手助けなど重要な働きを担っています。

隠し味に入れる量はそこまで多くなくても、少しでも入れるだけで体作りに有効な栄養成分が摂取できるので使わない手はありません。

カレーに牛乳を入れている人の口コミ

「カレーにミルクれるとおいしいと聞いてやってみたら、本当においしかった!次からはこれでいこう。」「カレーの隠し味に入れてみたらめっちゃ美味しい!」「我が家ではカレーの隠し味の定番です。まろやかになるだけでなく酸味も増しておいしいです。」と口コミでは実際にやってみたらおいしかった、という声が多く見られました。

カレーに牛乳を入れるポイント

ここまでの記事を読んで隠し味に使ってみたい、と思った方へ入れるときのタイミングや分量について詳しく解説していきます。使い方を間違ってしまうと隠し味にならないばかりか、美味しくなくなってしまう場合もありますのでしっかりとチェックしてから取り入れましょう。

入れる牛乳の種類

隠し味に使うミルクの種類は好みに合わせて選んでください。例えばコクがあってまろやかな味が好きな方は乳脂肪分が3.0%以上あるミルクを選ぶとよいでしょう。逆にあっさりめの風味がよいという方は、低脂肪乳や無脂肪乳を選んでください。

また、ミルクはあまりイメージにないかもしれませんが、意外とカロリーが高めなのでダイエット中の方は低脂肪乳や無脂肪乳がおすすめです。

分量

隠し味に使うときの分量は大さじ1杯程度が適量です。少なすぎるとカレーの味に負けて隠し味になりませんし、多すぎると酸味が強くなりすぎたり、乳臭くなる場合もあります。量が心配な方は少量ずつ入れてみて味をチェックしながら、量を増やしていくと良いでしょう。あくまで味は好みになるので大さじ1を目安に調整してみてください。

入れるタイミング

隠し味に入れる時のタイミングはとても重要です。タイミングを誤ってしまうと大惨事になってしまうこともあります。隠し味に入れるには仕上げの段階に入れるのがベストです。

ミルクは沸騰させてしまうと成分が分離したり、凝固してしまい口当たりがざらっとしておいしくありません。ミルクを入れてからも沸騰させないように注意しながら温める程度で仕上げましょう。

牛乳を隠し味に使ったカレーのおすすめレシピ

ここからはおいしいと評判のレシピを厳選して紹介していきます。簡単に作れるのにもかかわらず、絶品のレシピとなっているのでぜひ試してみてください。カレーの概念がガラっと変わること請合いです。

クリーミーカレーうどん

  • うどん(冷凍)2玉
  • 豚こま切れ肉 100g
  • 玉ねぎ 1/2個
  • しめじ 1/2パック
  • サラダ油 大さじ1/2
  • 細ねぎ(刻み) 適量
  • めんつゆ(3倍濃縮)100cc
  • カレー粉 大さじ1
  • 牛乳 200cc
  • 水 300cc
 
  1. うどんは耐熱皿にのせ、ふんわりとラップをし、表記の時間通りレンジで解凍します。
  2. 玉ねぎは薄切りにし、しめじは根元を切り落としてほぐします。
  3. フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚肉を加え火が通るまで中火で炒めます。
  4. 玉ねぎ、しめじ、カレー粉を加え、しんなりとするまで炒めます。
  5. めんつゆ、水を加え、ふたをし弱火で5分煮ます。
  6. うどん、牛乳を加え混ぜながら煮たら完成です。

クリーミーさがたまらなくおいしいレシピを紹介しました。辛いものが苦手な方や、スパイスがあまり得意でない方も安心して食べていただけます。まろやかな味わいとコシのあるうどんとの相性もとてもよいレシピです。レシピの仕上げに粉チーズをプラスするなどアレンジもおすすめです。

青森B級グルメ「味噌カレー牛乳ラーメン」

  • 中華太麺 2袋
  • 豚ひき肉 100g
  • にんにく 15g
  • 生姜 15g
  • 長ネギ 1/2個
  • 豆板醤 少々
  • 甜麺醤 少々
  • 酒 40ml
  • 赤味噌 100g
  • カレー粉 10g
  • 牛乳 100ml
  • A鶏がらスープの素 20g
  • A水 1000ml
  • 豚ブロック肉 120g
  • キャベツ 200g
  • 人参 1/3個
  • もやし 150g
  • メンマ 100g
 
  1. 酒で味噌を溶いておきます。
  2. しょうがはみじん切り、ネギはあらみじん切りにしておきます。
  3. フライパンに油を熱しひき肉、長ネギを入れて炒めます。
  4. 甜麺醤、味噌を加えて味噌だれを作っておきます。
  5. フライパンに油を熱し、豚肉と野菜、メンマを入れて炒め、カレー粉を入れて炒めたら材料Aと味噌だれを入れて煮込みます。
  6. 牛乳を入れて沸騰させないように気をつけながらスープを作ります。
  7. 丼に茹でた中華麺を入れ、スープを入れ、バターを乗せたら完成です。

青森県で有名なB級グルメ、味噌カレー牛乳ラーメンのレシピです。味噌、カレー、牛乳、ラーメン、と一見バラバラに見える食材ですが、合わせると意外なおいしさを発揮します。青森県民の愛する味を一度家庭でも再現してみてはいかがでしょうか?

牛乳で煮たカレーを美味しく食べて健康に

カレーの隠し味に牛乳を使った場合の味の変化や、入れ方のポイントについて紹介してきました。今まで試したことのない方は、これを機にぜひ一度チャレンジしてみて下さい。意外なおいしさにハマること間違いなしです。

また、牛乳を使ったカレーのおすすめレシピも紹介していますので、ランチやさくっと済ませたい日の晩ごはんに作ってみてはいかがでしょうか?

Thumbカレーにコクを出す方法まとめ!いつものカレーが隠し味で本格的に | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbカレースパイスの種類と配合!簡単ベースの作り方とスパイスアレンジ | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbカレーの隠し味にヨーグルト!鶏肉が柔らかくなる?アレンジレシピ7選 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ