ハンバーグのつなぎでおすすめは?定番のパン粉・豆腐やごはんも?

ハンバーグのつなぎといえば多くの人が使うおすすめといえば、パン粉です。しかし、そのパン粉が切れていて、しかもスーパーに買いに行く時間がない!となった時につなぎの食材に代用できるのがあります。パン粉以外にハンバーグのつなぎで使えるごはんや豆腐といったつなぎに使える食材や、塩や卵等ハンバーグに必要な物になど、ハンバーグに定番のパン粉以外でも出来るつなぎの食材を中心に紹介していきましょう。

ハンバーグのつなぎでおすすめは?定番のパン粉・豆腐やごはんも?のイメージ

目次

  1. 1ハンバーグのつなぎはパン粉だけじゃない!
  2. 2ハンバーグのつなぎにおすすめの食材
  3. 3ハンバーグのつなぎ【パン粉編】
  4. 4ハンバーグのつなぎ【ごはん編】
  5. 5ハンバーグのつなぎは必要?役割は何?
  6. 6ハンバーグの作り方
  7. 7ハンバーグのつなぎの口コミ
  8. 8ハンバーグはつなぎを使い分けて作ってみよう!

ハンバーグのつなぎはパン粉だけじゃない!

ハンバーグを作る時に必要なるのは上手につなぎとめるつなぎと呼ばれる食材です。ハンバーグのつなぎは、一般的にパン粉が定番ですが、最近ではパン粉以外のつなぎをつかうものも増えています。ハンバーグとしてつなぎは必要なのですが、どういうものがあるのか紹介していきましょう。

いままでパン粉がなくて慌ててスーパーに買いに行ったりしていた人も、これからおすすめするつなぎの食材があればなくても急いで買いに行く必要がなくなります。

ハンバーグのつなぎにおすすめの食材

パン粉以外でハンバーグのつなぎにおすすめとされている食材を、定番のパン粉やごはんはもちろん、お餅や麩など家に余っていてなかなか使い道がない食材でハンバーグのつなぎが出来る事を紹介していきましょう。

ごはんやパン粉

最初にハンバーグのつなぎ食材として紹介するのは、パン粉とごはんです。パン粉は特にハンバーグのつなぎ食材としては定番の食材です。ハンバーグを作る上では必要ですし、揚げ物に使う事があるので置いている人も多いでしょう。

しかし、パン粉がなかったりすると焦ってしまいます。そんな時におすすめなのが、ごはんです。冷えたごはんなど微妙に余っていたりするごはんをハンバーグのつなぎに使う事も出来るのです。どちらも家に必ずあるものなのでつなぎに定番の食材として人気です。

豆腐や高野豆腐

次にハンバーグのつなぎ食材としておすすめするのは豆腐と高野豆腐です。高野豆腐なんか特に中途半端に余ったりして使い道が困ります。そんな高野豆腐をハンバーグのつなぎ食材として使う人もいます。また豆腐も近年の健康志向からパン粉から切り替える人もいるのです。

豆腐や高野豆腐をつなぎ食材として必要する人のほとんどは、パン粉ではカロリーが上がってしまうとヘルシー志向でハンバーグを食べたいという人が多いです。後は、中途半端に余った高野豆腐の使い道を困っていたという事が多いのです。ヘルシーなハンバーグになりそうです。

さらに最近ハンバーグのつなぎ食材として人気なのが、麩です。麩というとお味噌汁に使うとイメージしかありません。だけど、味噌汁以外ではなかなか使う機会がなく減る事がありません。その為に必要以上に余ってしまいます。そこで麩をハンバーグのつなぎ食材に使う方法が広がりました。

麩の使い方としては、包丁で細かく刻んで牛乳につけるだけです。パン粉と同じですが、パン粉とはまた違う食感があります。では次にハンバーグのつなぎ食材の定番を2つ紹介しましょう。

Thumb【豆腐ハンバーグのカロリー】豆腐で作る低カロリーハンバーグのレシピを紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ハンバーグのつなぎ【パン粉編】

ハンバーグのつなぎに使うおすすめの食材が分かった所で、定番のパン粉について実際繋ぎにつかうとどうなるのか、またレシピでもパン粉をつなぎに必要とする事をかいてありますが、どうしてなのか紹介します。

役割

黄色の背景にチェックの文字

では、ここでハンバーグのつなぎ食材で王道の食材であるパン粉について、役割から紹介していきましょう。パン粉をハンバーグのつなぎとしてはおすすめの食材で知られています。しかし、パン粉をハンバーグに使うとどのような役割があるのか知っていますか?

パン粉をハンバーグに使う役割としては、肉汁を吸い取ってくれる事です。パン粉だからこそできる役割でもあったりします。そんなパン粉をハンバーグに使う時どのように使っているのでしょうか?

使い方

ハンバーグのつなぎとしてパン粉を使う時の使い方として、よく使われているのが、牛乳につけて使う事が多いです。牛乳に染み込ますことで、つなぎとしての機能を果たしているのですが、もう一つ牛乳に入れると、ある効果が使われています。

それは牛乳につけることで「固さ調節」「肉肉しさを調整する」事ができるのです。つまりパン粉として肉汁を吸い付けるだけではなく牛乳につけることでさらにハンバーグの旨味を引き立てるのもつなぎの使い方でもあります。

 

食感など仕上がりは?

実際パン粉を使ったところ、ほとんどの人が「いつも食べているハンバーグ」という事が多いです。実際パン粉を使ったハンバーグはとても固さ調節のされていて、日本人の味付けになっています。そしてもう一つは、牛肉の匂いを軽減するためです。

牛肉の匂いが苦手な人でもパン粉を入れる事でハンバーグは食べやすいのです。しかし、今まで王道とされていたパン粉ですが、近年の小麦粉アレルギーの子が増加に伴いつなぎとして使いにくい家庭が増えました。そこで、今パン粉に代わって人気なのがごはんを使ったつなぎのハンバーグが多いのです。

ハンバーグのつなぎ【ごはん編】

パン粉がなくても次に比較てどこの家庭にでもあるごはん。このごはんもハンバーグのつなぎ食材として最近おすすめされています。ごはんを使った場合のハンバーグの食感などの仕上がりや役割について簡単に紹介しましょう。

役割

近年小麦粉アレルギーが増えてきた事からハンバーグのつなぎにパン粉が使いづらい家庭が多いです。そんな家庭の間で人気を呼んでいるのが、「ごはん」をつなぎに使ったパターンです。では、ごはんの場合、どのような役割があるのか知っていますか?

ごはんをつなぎに使った場合として言われているのが「ハンバーグの食感が違う」という事です。パン粉とはまた違った味わいを楽しめるのです。後半で食感について紹介していきましょう。ではごはんをつなぎに使うにはどのように使うのか紹介しましょう。

使い方

ハンバーグのつなぎに食感を使う方法としては、簡単です。ごはんと言っても色々なごはんがあります。そこでごはん別にどのようにして食べればいいのか紹介していきましょう。小麦粉アレルギーの人も安心してハンバーグを食べる事ができます。

残りもののご飯を使う場合手でほぐしてから肉に混ぜます。そして出来立てのご飯を使う場合は、よく冷ましてから使うことです。冷えたご飯と出来立てとでは使い方が異なりますので注意してください。

しかしごはんとなると粒が気になる人が多いですが、必ずハンバーグに入れる時は、すり鉢にいれてしっかりすりつぶして置く事で、ご飯粒も気にならなくなります。では次にごはん粒のハンバーグの食感について紹介しましょう。

食感など仕上がりは?

ごはんつぶを使ったハンバーグの食感は実際どのような食感について紹介します。それはパン粉に比べてごはんをつなぎに使ったハンバーグは「ハンバーグがふっくら、ヘルシーに仕上がる」との事です。プロの料理人ですら太鼓判押す位美味しいのです。そんなふっくらしているだけではなく、ヘルシーに食べれるのは嬉しいです。

王道のパン粉やごはんそして豆腐などいろんなつなぎが増えていますが、そもそもつなぎはどうして必要なのか?そもそもの役割ってどんな事があるのか知らない人も多いでしょう。そこで次にハンバーグのつなぎの必要性や役割について紹介しましょう。

ハンバーグのつなぎは必要?役割は何?

そもそもハンバーグのつなぎはどうして必要なのか?考えた事ありますか?そもそもハンバーグのつなぎの材料としてパン粉やご飯などを必要とするのには役割があるということです。そこでハンバーグのつなぎが必要な訳、役割について紹介しましょう。

肉をまとめる役割

では、ここでハンバーグのつなぎはどういう役目を持っているか知っていますか?実は、つなぎはハンバーグにとって大事なモノなのです。ハンバーグというのは諸外国ではつなぎは塩以外使わないそうです。日本だけ、パン粉やごはん、豆腐などいろんなものを入れてつなぎにしています。

一般的につなぎというのは材料と材料を1つにまとまりやすくするために使う食材と言われています。ハンバーグの場合は、肉が綺麗にまとめてくれる食材という事です。そこで諸外国ではつなぎに塩を使うと言っていましたが、実際塩だけでつなぎになるのでしょうか?それについて紹介しましょう。

塩だけでもつなぎになる

外国では、ハンバーグに使うつなぎ食材のおすすめは塩です。実は外国では塩でつなぎに使われるのには、理由があります。その理由として見てみると実は、ハンバーグの旨味を最大に引き出している事が分かるのです。

挽き肉に塩を混ぜてこねると、塩が肉のたんぱく質を分解し全体に粘りが出てくること、焼く工程で肉同士がより結着になること、塩味を付ける役割や保存性を高める働き等色々あります。こうしてみるとつなぎ食材としても塩は使えます。次に意外なつなぎ食材として卵を紹介します。

卵は旨味と水分をプラス

卵もつなぎの食材としておすすめされて使われているのは意外ですが、卵自身が既に食材の中で使うのでえ?となります。しかし卵も立派なハンバーグのつなぎ食材になってくれます。卵をつなぎ食材に使う事でハンバーグの旨味もまた変わってきます。

卵をつなぎ食材で使うならばやはり期待されるのは、うま味を増やし、水分量を増やすという事です。そして卵が持つ保水性により水分を逃がさないため食感で柔らかい食感を味わえるのが卵を使った時に味わえるのです。次に小麦粉や片栗粉の場合はどうなるのか紹介しましょう。

小麦粉や片栗粉は舌ざわりを良く

最後につなぎ食材として使える小麦粉や片栗粉を使った場合です。小麦粉や片栗粉を使う時は、肉に混ぜるよりは、まとめた肉ダネのまわりにまぶすようにするのが一番理想の使い方です。小麦粉と片栗粉は、水分を含むと膨張して糊状になります。

また、それ以外としてはハンバーグの表面を焦げにくくしたり、舌触りをよくしたり、ソースをからみやすくしたりする役割などあります。つまりつなぎは中に入れるだけではなく、まわりにまぶす事でも十分繋ぎの役目になっています。

ハンバーグの作り方

ここで改めて、ハンバーグの作り方について作り方について紹介していきましょう。実は以外とハンバーグの作り方をしっかり言えるかと言うと言えない人が多いでしょう。ここでハンバーグの作り方を紹介しましょう。

材料とタネの作り方

  • 牛の挽肉
  • 玉ねぎ

  1. ボウルに牛肉に挽肉と炒めた玉ねぎを入れてしっかり混ぜていきます。
  2. その後に、塩を入れていきます
  3. そしてしっかり混ざって固めたらハンバーグのタネとして完成です。

ハンバーグのつなぎ食材に分かった事でハンバーグの作り方について紹介しましょう。簡単に作れるけど、お店の様なハンバーグにならなくて困る事が多いです。そこでハンバーグの材料とタネづくりを紹介しましょう。

材料をしっかり混ぜた後、塩をつなぎに入れて、焼いていけば完成です。しかしタネや材料を混ぜてもこの後の焼き方やソース次第でハンバーグの味が左右されてしまいます。

均一に火を通す焼き方

ハンバーグをより美味しく出来る方法としてやはり焼き方も左右されます。焼き方次第でハンバーグのおいしさを左右してしまいます。そこでハンバーグ作りでよくある、焼きムラ等についての問題を解決する方法を紹介しましょう。

それは、ハンバーグを軽く煮込むという方法です。煮込んでしまうの?と思いますが、煮込む事で均一ににハンバーグに火が通るのです。実際プロの人もハンバーグを軽く煮込んでから焼き上げると美味く出来上がるのです。

ソースの作り方

最後にハンバーグに欠かせられないのがソースです。ソースもいろんなソースがありますが、家で作ろうと思うとどうしても上手く行かない事が多いです。そんなハンバーグのソースにもおすすめの作り方があります。いつも通りのソース用の材料にあるものを加えるだけです。

それは、赤ワインです。赤ワインの投入して、アルコールが飛んだら後にソース用の材料を入れて、皿に煮込んだところでバターを入れたら濃厚なハンバーグソースの出来上がりです。これでハンバーグもより美味しくなります。

Thumbハンバーグソースの簡単人気27選!殿堂入り・和風などのレシピ紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ハンバーグのつなぎの口コミ

実際、パン粉以外のハンバーグのつなぎを食材に使った時の口コミというのはどうなっているのか?という事は気になります。実際口コミは賛否両論です。やはりつなぎに使う食材の食感というのは十人十色という様に、それぞれの好みがあります。

口コミはあくまで一つの意見として取り入れる程度にして、いろんなつなぎになる食材をハンバーグに使って作り上げてみるといいでしょう。パン粉がいいと思えばごはんが合ったり、塩や卵だけでもいければ、豆腐をいれると好みだったり様々です。

ハンバーグはつなぎを使い分けて作ってみよう!

ここまでハンバーグのつなぎに関して色々紹介してみました。今までパン粉を切らしてしまってつなぎの食材がない!と焦る必要はありません。ごはん、塩、卵、豆腐、麩等、家に余っている食材でハンバーグのつなぎを作る事が出来ます。

どのつなぎが自分の作るハンバーグに合うかは、色々なつなぎを試してい見るといいでしょう。その中でパン粉以外の食材でも美味しいハンバーグができるでしょう。

Thumbひじき入りハンバーグのレシピ!豆腐や鶏肉を使った人気料理も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ