かぼちゃの煮物は冷凍保存できる?レンジでの解凍や日持ちなど!

多くの煮物料理の中でもホクホク食感で懐かしさを感じるかぼちゃの煮物ですが、スーパーなどで購入する際は1/4のものが多く作りすぎてしまう家庭も多いのではないでしょうか?そこで今回の記事では、かぼちゃの煮物を多く作りすぎてしまった時の保存方法について紹介していきます。かぼちゃの煮物はどのくらい日持ちするのか、冷凍して保存する方法、冷凍できる期間なども紹介しています。また、冷凍したかぼちゃの煮物のレンジを使った解凍方法や注意点もまとめているのでかぼちゃの煮物を作る際の参考にしてください。

かぼちゃの煮物は冷凍保存できる?レンジでの解凍や日持ちなど!のイメージ

目次

  1. 1かぼちゃの煮物は冷凍できる?
  2. 2かぼちゃの煮物の冷凍保存方法と注意点
  3. 3かぼちゃの煮物の冷凍の日持ち
  4. 4冷凍したかぼちゃの煮物の解凍方法
  5. 5かぼちゃの煮物を冷凍して活用しよう!

かぼちゃの煮物は冷凍できる?

お袋の味として多くの家庭で作られることがあるかぼちゃの煮物ですが、ついつい多く作ってしまうかぼちゃの煮物は長期間保存することができるのでしょうか?また、かぼちゃの煮物は冷凍保存をすることができるのでしょうか?最初はかぼちゃの煮物の日持ち期間やかぼちゃの煮物を冷凍した際にどのくらい保存することができるのかを紹介していきます。

かぼちゃの煮物の日持ち

皆さんはかぼちゃ自体の日持ちを知っていますか?かぼちゃ自体は常温でも1か月以上日持ちするため、長時間保存できる食材として多くの家庭で使われています。それではかぼちゃの煮物の日持ち期間を見てみましょう。かぼちゃの煮物の大体の保存期間の目安は、常温では1日持たない、冷蔵庫で最大4日程度は日持ちします。調理前のかぼちゃと比べても圧倒的に保存期間が短くなってしまいます。

その理由としては、内部の水分や栄養価が高く、常温保存だとそれが大量に流れでてしまい痛んでしまうということになります。さらに、かぼちゃの煮物など火を通すことで傷みをより加速させてしまうため、カビが生えやすくなったり、腐りやすくなってしまいます。

かぼちゃの煮物は冷凍して長期保存できる

かぼちゃは非常に硬い食材で、調理するのに時間が手間がかかってしまうため、何度も調理するよりも一気に調理してしまうことが多いです。そのため、かぼちゃの煮物を作る際にはついつい作りすぎてしまう家庭も多いのではないでしょうか?

作りすぎてしまったかぼちゃの煮物を一気に食べるのは難しく、保存しておきたいという家庭におすすめの保存方法は冷凍保存です。かぼちゃの煮物は調理後でも冷凍保存することができ、約2週間ほど日持ちさせることが可能です。ただし、冷凍保存をする際のかぼちゃの煮方や冷凍の仕方、解凍の仕方によってかぼちゃの食感が変わってしまうという注意点もあります。

Thumbかぼちゃの保存方法と賞味期限は?長持ちさせるコツは選び方! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

かぼちゃの煮物の冷凍保存方法と注意点

かぼちゃの煮物の冷凍保存方法

次にかぼちゃの煮物の冷凍保存の方法と冷凍する際の注意点について紹介していきます。上記でも紹介したように冷凍する仕方によってかぼちゃの食感が変わってしまうので適切な冷凍の仕方を覚えておきましょう。かぼちゃの煮物を冷凍する際は、完成した後すぐに冷凍するのではなく、できるだけ早く粗熱を取るようにします。かぼちゃの煮物を作った時に出る煮汁は一緒に冷凍しても別々に冷凍しても大丈夫です。

また、お弁当に入れることを前提とするならば、あらかじめお弁当に入れる小さめのカップなどにかぼちゃの煮物を移して冷凍しておくことで、簡単にお弁当に詰めることができます。ただし、水分が多い煮汁と一緒に冷凍することで解凍した際にべちょべちょとした食感になるので注意しましょう。

かぼちゃは煮崩れしていないものを選ぶ

かぼちゃの煮物を美味しく冷凍する際の注意点の1つとしては、煮崩れしていないかぼちゃを選ぶことです。煮崩れしているかぼちゃを冷凍することで解凍する際にぐちゃぐちゃになってしまい、食感がべたついてしまいます。そのため、冷凍保存をする際には、煮崩れをしない調理方法や煮崩れのしにくい種類のホクホクとした西洋かぼちゃを使ってかぼちゃの煮物を作ることをおすすめします。

かぼちゃの煮物を煮る際にも少し工夫をすることで煮崩れを防ぐことが可能です。かぼちゃの煮崩れを防ぐ方法としては、煮る際の鍋にかぼちゃをぴったりと並べることです。かぼちゃの煮物を作る時は火の通りを均一にするためにかぼちゃを重ならないように並べることが重要となりますが、隙間が大きいとかぼちゃが動いてしまい、煮崩れの原因となるので、なるべくかぼちゃがぴったりと並べられる鍋を使って調理しましょう。

かぼちゃの煮物は冷やしてから冷凍する

かぼちゃの煮物を冷凍する時の2つ目の注意点はしっかりと冷やしてから冷凍するようにすることです。冷凍することを前提に作る場合だとついつい熱いまま冷凍庫に入れてしまいがちです。温かいまま冷凍すると凍りにくくなるだけではなく、冷凍庫の温度が急激に上がることで温度が下がるまでに時間と電気代が大幅にかかってしまいます。冷凍庫に入っている他の食材までも傷めてしまう原因となります。

Thumbかぼちゃの冷凍保存の仕方と日持ち期間を調査!下ごしらえのポイントとは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

かぼちゃの煮物の冷凍の日持ち

かぼちゃの煮物の冷凍期間は1ヶ月

次はかぼちゃの煮物を冷凍した際の保存期間について紹介していきます。かぼちゃの煮物の冷凍期間は、煮汁をしっかりと切ってから冷凍保存をすることで1か月ほど保存することでが可能です。ただし、長期間の保存ではかぼちゃの風味や食感などを失いやすくなってしまうので、できるだけ早く食べることをおすすめします。

味や風味を気にするなら2週間以内に食べ切ろう

上記でも紹介したように煮汁をしっかりと切ることで、かぼちゃの煮物は1か月ほど冷凍保存することが可能となっていますが、この期間はあくまでかぼちゃの煮物を保存できる期間で、かぼちゃ本来の風味や食感などの美味しさを保ったまま食べたいという人は、2週間以内には食べきるようにしましょう。

Thumbかぼちゃの煮物のカロリーと糖質は?ダイエット中のおすすめ食べ方も! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

冷凍したかぼちゃの煮物の解凍方法

最後にかぼちゃの煮物を冷凍した後の解凍方法について紹介していきます。しっかりと適切にかぼちゃの煮物を冷凍できたとしても、解凍する際にやり方を間違えてしまうとべちょっとしてしまったり、かぼちゃの風味や食感が変わってしまうので、解凍する際も注意点をしっかり把握しておきましょう。

レンジで加熱する方法

まずは、電子レンジを使った解凍方法です。電子レンジはどの家庭にもある電化製品なので、冷凍したかぼちゃの煮物の解凍にもっともおすすめの方法となります。電子レンジを使ってかぼちゃの煮物を解凍する場合は、温め機能ではなく電子レンジに付いている解凍機能を使います。解凍機能がない電子レンジの場合はワットをできるだけ低くして解凍しましょう。

電子レンジで解凍する際の注意点として、高いワット数でかぼちゃの煮物を温めた時に温めすぎるとかぼちゃが爆発する危険性もあるため、必ず確認しながら解凍するようにしましょう。また、冷凍庫から取り出してすぐに温めると水分が出てびちゃびちゃになってしまうので、温める前に冷蔵庫などで自然解凍することをおすすめします。

冷蔵庫で解凍させる方法

かぼちゃの煮物の解凍方法の2つ目は、冷蔵庫で解凍させることです。冷蔵庫で解凍させる場合は、食べる前日に冷凍庫から冷蔵庫に移動させて解凍していきます。冷蔵庫を使って解凍する際のメリットは、器を移し替えるなどの手間がなく、寝る前などに移し替えておくだけで次の日に食べることができることです。

冷蔵庫を使ったかぼちゃの煮物の解凍のデメリットとしては電子レンジを使っての解凍と異なり、1日ほど時間がかかってしまいます。そのため、すぐに食べたい場合は電子レンジを利用して解凍させましょう。

冷凍のままお弁当に入れる方法

かぼちゃの煮物を解凍させる方法の3つ目は、直接お弁当などに入れて常温で解凍する方法です。朝方にお弁当などに冷凍されたままのかぼちゃの煮物を入れておくことで、食べる時間帯のお昼頃には自然と解凍されています。直接お弁当に入れる場合は冷凍する時に、お弁当に入れるカップなどに移して冷凍することで簡単に詰めることができます。

また、冷凍したかぼちゃの煮物には多くのリメイクレシピも存在しています。少し工夫するだけでもかぼちゃのホクホクとした食感を活かしたお弁当のおかずを作ることができるので、ぜひ作りすぎてしまったかぼちゃの煮物を使ってアレンジレシピを作ってみてはどうでしょうか?

Thumbかぼちゃの煮物のリメイク方法は?お弁当にも使える簡単レシピ集! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

かぼちゃの煮物を冷凍して活用しよう!

かぼちゃの煮物の冷凍保存の仕方や解凍の仕方、冷凍する際の注意点などを紹介してきましたが、どうだったでしょうか?多くの家庭でのかぼちゃの定番料理としても出ることが多いメニューですが、ついつい作りすぎてしまって食べきれない場合も多いです。その際には、適切な冷凍方法で冷凍して保存しておきましょう。また、解凍方法もしっかりと覚えていつでも美味しいかぼちゃの煮物を味わってみてはどうでしょうか?

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ