ゆで卵をレンジで作る簡単レシピ!爆発させず温める方法とは?

レンジでゆで卵を作って爆発させてしまった、というのは料理を始めたてのあるあるですよね。しかし、正しい方法で行えばレンジでも簡単にゆで卵を作ることは可能です。今回は、爆発させずにゆで卵をレンジで作る簡単レシピをご紹介します!

ゆで卵をレンジで作る簡単レシピ!爆発させず温める方法とは?のイメージ

目次

  1. 1ゆで卵をレンジで作るのは危険?
  2. 2レンジで加熱するとなぜゆで卵は爆発する?
  3. 3レンジで簡単にゆで卵を作る方法①アルミホイル
  4. 4レンジでゆで卵を作るのにアルミホイルを使っても大丈夫?
  5. 5レンジでゆで卵を作る方法②温泉卵編
  6. 6レンジでゆで卵を作る方法③厚焼き玉子編
  7. 7レンジでゆで卵を作る方法④スクランブルエッグ編
  8. 8レンジでゆで卵を作るための便利グッズをご紹介!
  9. 9ゆで卵をレンジで作る方法を動画でもっと詳しく!
  10. 10レンジでゆで卵を作れば、時短もできて節約も可能!

ゆで卵をレンジで作るのは危険?

cozue_coさんの投稿
26868890 146136489526182 5868891317550972928 n

今や電子レンジは調理に欠かせない時短に大活躍な家電の一つですよね。湯で野菜や野菜の下ごしらえなど様々な用途で使える電子レンジですが、電子レンジでゆで卵を作れたらと考える人も多いのではないでしょうか?お弁当や付け合わせに1つだけゆで卵を使いたいという時に、わざわざお湯を沸かして卵を入れて時間を計って、というようにゆで卵を作るのは正直手間ですよね。

koimo_akiさんの投稿
27581064 165710917485664 3778616045523173376 n

お湯が沸くまでの時間もロスですし、お弁当作りなどで忙しい朝にゆで卵を作るのは難しいです。さらにガスコンロを一つ占領することになりますので、他の作業をすることができません。ガス代よりも電子レンジで作れれば光熱費も抑えられるのにと思う方も少なくないでしょう。しかし、電子レンジをうまく使えばレンジに入れて放っておくだけでゆで卵を簡単に作ることができます。今回はその作り方を見ていきましょう。

レンジで加熱するとなぜゆで卵は爆発する?

apeyan303さんの投稿
24174799 500892000309538 4234550107011284992 n

ゆで卵や目玉焼きをレンジで作ろうとして爆発させてしまった、という経験をしている人も少なくありません。他の食材は大丈夫なのに、なぜ卵だけはだめなのか?と思ってしまいますよね。卵がレンジで爆発すると後片付けが大変ですし、なによりレンジが壊れてしまったりけがをする恐れもあり大変危険です。では、なぜ卵はレンジで加熱すると爆発してしまうのでしょうか。

miiina928さんの投稿
17126029 278916685874636 766698726587629568 n

それは、卵の黄身がレンジの電磁波によって急速に加熱されるからです。卵の黄身は薄い皮に包まれているため、その中で急激に黄身の中が温められると、皮の中で沸騰し、水蒸気が生まれます。さらに熱で膨張することで、皮が圧力に耐えきれなくなり爆発するというのがレンジで卵が爆発してしまう仕組みです。

manastagram0v0さんの投稿
26872528 375207482945525 7467483719989723136 n

皮付きのソーセージやたらこなどがレンジで爆発してしまうのも同じ原理。黄身を急激に沸騰させなければレンジでゆで卵は作れるということになります。そもそもレンジは食材を温める時マイクロ波という電磁波を利用して温める仕組みになっているので、このマイクロ波を卵に直接当てないよう加熱すればゆで卵を爆発させずに作ることができますね。では、仕組みがわかったところで早速作り方を見ていきましょう。

レンジで簡単にゆで卵を作る方法①アルミホイル

gudetamayukoさんの投稿
25007805 1750040275302095 2364591899760656384 n

まずはアルミホイルを使ってゆで卵を作る方法をご紹介します。用意するのはアルミホイル、卵、卵を入れても余裕がある大きさのマグカップ、ラップ、水です。最初に卵をアルミホイルで包みます。この時アルミホイルで隙間なく卵を覆えていないと爆発の原因になりますので、注意してください。しっかりアルミホイルで包めたらマグカップにいれ、卵にかぶる量の水を注ぎます。この時もアルミホイルが水面から出ないよう水の量に気を付けてください。

mitsuki_withさんの投稿
26067677 1000908520048384 5438098225087119360 n

マグカップに水を注いだらすこし隙間ができるようふんわりとラップをかぶせます。固焼きのゆで卵なら600Wで11分加熱し、加熱が終わったら2,3分そのまま置いて、余熱で火を通します。時間になったら冷水につけて十分に冷やしてから殻をむけば完成です。加熱後はマグカップもアルミホイルも厚くなっているので、十分気を付けて作業してください。

xxakira69さんの投稿
26866364 129899027821372 6445546219556044800 n

半熟のゆで卵を作る場合は、600Wのレンジで8分30秒ほど加熱し、すぐに冷水につけて十分に冷ましてから皮をむけば半熟のゆで卵が簡単に作れます。レンジで加熱して放っておくだけなので、朝のお弁当作りにもおすすめです。1つの場合はマグカップで足りますが、2個以上同時に作りたいときは深さのある耐熱容器で作れば同じように作ることができます。

レンジでゆで卵を作るのにアルミホイルを使っても大丈夫?

レンジでアルミホイルを加熱すると発火するのは、アルミホイルの材質とレンジの出す電磁破が反応してしまうためです。今回ゆで卵を作るのに卵をアルミホイルで包みましたが、発火しないのは水でアルミホイルを覆っていたからです。アルミホイルを発火させないためにアルミホイルは重要な役割を果たしているため、必ずアルミホイルが隠れる水の量をカップに注がないといけません。

genkiishii1226さんの投稿
26867799 1956863954634330 9105596667729543168 n

ここまでご紹介しましたが、アルミホイルを電子レンジで使うのが不安な人やゆで卵だけではなく他のレシピも知りたいという人のために、レンジを活用したゆで卵以外の簡単レシピもご紹介していきます!

レンジでゆで卵を作る方法②温泉卵編

丼ものやパスタ、うどんなど何に乗せても合う卵ですが、ゆで卵ではなく温泉卵で食べたいときもありますよね。そんなときも、電子レンジで簡単に作ることが可能です。

couleur_kanazawaさんの投稿
27579785 666812513442376 7485365666002763776 n

用意するものはマグカップ、水、竹串だけ。まずマグカップに半分くらい水を注ぎ、その中にそっと卵を割り入れます。次に黄身を竹串に刺し、空気穴を作ってあげます。この時空気穴がきちんと開いていないと爆発する恐れがありますので、不安な人は2,3箇所穴をあけておきましょう。

fleming_tanさんの投稿
26869730 537851356583987 165891222022389760 n

あとはレンジで500wで1分から1分半温めます。家庭のレンジによって癖がありますので、固まり具合を見ながら温めが足りなければ10秒づつ様子を見て温めてください。ちょうどいい固さになったら水を捨て、お皿に盛れば完成です。温泉卵はゆで卵より簡単にできてしまいますね。温泉卵をそのまま朝食で食べるという時は小皿に同じように水をはって作っても同様に作ることができます。

レンジでゆで卵を作る方法③厚焼き玉子編

watanabe.oさんの投稿
27573637 152008128834189 4934451625310814208 n

レンジでゆで卵や温泉卵ができるなら、当然他の卵料理もできるはずですよね。次はお弁当にピッタリな厚焼き卵をレンジで作るレシピをご紹介します。

kame_girouさんの投稿
26869816 382334675525863 6819228646553681920 n

用意するものはタッパや深めのお皿とだしのみです。まずタッパかお皿に卵を割り、白身が残らないようしっかり混ぜます。この時、白身に大さじ1~2の水をかけると白身が溶けて混ざりやすくなりますのでぜひ試してみてください。卵が十分に混ざったらだしとマヨネーズを混ぜ、レンジで600W1分から1分半温めます。容器の底に卵液が残っていなければ完成です。気になる人は様子を見ながら10秒づつ温めて見てください。

mura173さんの投稿
27579326 176861099745271 436139699682148352 n

タッパで作れば四角い形になりますが、お皿で作った場合形が気になるという人は、ラップの上に取り出し、海苔巻きのようにくるくると丸め、ラップをキャンディーのように端をねじって止め、数分置いておけばきれいな形に仕上がります。お弁当用に玉子焼きを作ろうとして焦がしてしまったり、うまく丸まらなかったりと失敗の多い厚焼き玉子もこの方法なら失敗知らずです。

a.lo.ha.k.fさんの投稿
26223487 144670676246036 1715114882359099392 n

もちろんダシだけでなくお砂糖や醤油でも作ることができますお弁当に欠かせない厚焼き玉子も、3分もかからずレンジでできてしまうのがうれしいポイントですね。もちろんこのように卵サンドに使うこともできますよ。

レンジでゆで卵を作る方法④スクランブルエッグ編

satto_k25さんの投稿
27576510 712212832501090 758161972280688640 n

もちろんスクランブルエッグもレンジで作ることができます。厚焼き玉子と同様に深めのお皿に卵を溶き、マヨネーズを入れてよく混ぜます。ラップをせず600wのレンジで1分ほど温め、すぐに取り出しはしでかき混ぜればスクランブルエッグの完成です。マヨネーズを入れることでふんわりさせることができますので、ぜひ入れてみてください。加熱後はマヨネーズの匂いや味も気になりません。

tamamoto1217さんの投稿
26872451 211623682720273 4067200902505693184 n

タルタルソースや卵サラダを作るのに1つだけゆで卵を使いたいという時などもこのレシピが便利です。しっかり卵を溶かなくても白身が残る程度に黄身をつぶして同じようにレンジで1分から1分半温め、はしやフォークで卵をくずし、マヨネーズなどの材料を混ぜればすぐに作れてしまいます。せっかく作ったゆで卵を崩すのは二度手間ですから、ぜひこの方法を試してみてください。

レンジでゆで卵を作るための便利グッズをご紹介!

ganm0yukiさんの投稿
19227132 443193089397880 3558502837073739776 n

レンジでゆで卵を作る方法をご紹介しましたが、ゆで卵を作る便利グッズも数多く販売されています。こちらは卵を入れてレンジで5分温めるだけで最大4個のゆで卵ができる優秀なアイテム。鶏のフォルムがとてもかわいらしく、キッチンにおいておいてもインテリアとして楽しむことができますね。

100均のダイソーで取り扱われているこちらはだし巻き卵を作るためのアイテム。なんと押し型がついているので、巻きすを使わずに厚焼き玉子を見栄え良く作れてしまいます。お弁当にもピッタリですね。

ダイソーでは温泉卵メーカーも販売されています。料理に乗せるだけで見た目もボリュームもアップさせてくれる温泉卵が1分で作れてしまうなんて嬉しいですよね。もちろん100円で手に入れることができますので、一つ家庭にあるといざという時困りません。

ゆで卵をレンジで作る方法を動画でもっと詳しく!

こちらはアルミホイルを使用したゆで卵の作り方です。簡単にゆで卵ができていますね。ワット数や家庭のレンジの癖によって加熱時間は変わるので、様子を見ながら作ってみてください。

こちらも同様の手順で作るゆで卵のレシピです。耐熱容器であればこのようなタッパで作ることもできます。ふたつきのシェイカータイプのタッパであれば、動画内でされていたように手を汚さず殻をむく方法もできてさらに時短になりますね。ぜひ皆さんも試してみてください。

レンジでゆで卵を作れば、時短もできて節約も可能!

non_non0313さんの投稿
26431511 533780590334182 4726808652541853696 n

いかがでしたか?ゆで卵はレシピやお弁当に彩をプラスしてくれるメインにも引き立て役にもなる優秀な食材ですよね。レンジで作れば簡単かつ素早く作ることができます。ただ、今回ご紹介した方法でもやり方を間違ってしまうと100%爆発しないとは断言できませんので、調理する際は必ず様子を見ながら進めてください。作り方をマスターすればアレンジの幅も広がりますから、ぜひこの機会に挑戦してみてください!

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ