コンビーフのおすすめの食べ方13選!簡単人気レシピも紹介!

コンビーフは気軽にお肉を楽しむことが出来る缶詰として、人気の食材です。今回の記事では、そんな人気のコンビーフのおすすめの食べ方や、簡単にできる活用レシピなどを紹介していきます。また、レシピや食べ方などの他にもコンビーフとコンミートとの違いや、独特の形をした缶詰の開け方などについても紹介しています。コンビーフの様々な種類についても紹介していきますので、こちらも是非チェックしてみてください。

コンビーフのおすすめの食べ方13選!簡単人気レシピも紹介!のイメージ

目次

  1. 1コンビーフについて知りたい!
  2. 2コンビーフのおすすめの食べ方:そのまま編
  3. 3コンビーフのおすすめの食べ方:加熱調理編
  4. 4コンビーフの簡単レシピで食べ方をアレンジ!
  5. 5コンビーフで食べ方の幅を広げよう!

コンビーフについて知りたい!

みなさんはコンビーフは好きですか?缶詰を開けるだけで簡単に楽しむことが出来て、そのまま食べても調理して食べても美味しいコンビーフは好きだという方も多いかと思います。今回の記事では、そんなコンビーフについて、名前の似ているコンミートとの違いや、簡単にできるレシピや缶詰の開け方など、詳しく紹介していきます。いろいろな食べ方が出来る人気のコンビーフの魅力を再発見してみませんか?

そもそもコンビーフとはどんな食べ物?

普段何気なく食べている人気のコンビーフですが、どのようなものなのか改めてチェックしていきましょう。コンビーフは、英語で書くと「Corned Beef」となります。「Corned」とは塩漬けというで、その名前があらわす通りコンビーフは塩漬けした牛肉の事です。脂身や筋を取り除いたあとで塩漬けにされていますので、柔らかい食感のお肉を楽しむことが出来るようになっています。

そして、塩漬けにされた牛肉はほぐれやすいように加熱されているのだそうです。煮たり蒸したりと方法は様々なのですが、加熱されることで繊維状にほぐしやすくなりますので、この後はきれいにほぐされて調味料で味付けがなされます。これを缶に詰めれば、普段よく見かけるコンビーフの完成となります。それでは、コンビーフとよく名前の似ているコンミートとの違いはどのようなものなのでしょうか?

コンビーフとコンミートの違いは?

コンビーフの売り場の隣に、「コンミート」という名前の商品を発売されているのを見た事があるかと思います。「ミート」とついているからにはこちらもお肉だということはわかりますが、コンビーフとコンミートとの違いはどのような点なのでしょうか?コンビーフは牛肉を塩漬けにされたものとなっていますが、コンミートでは少し違い、牛肉や馬肉なども原料として使用されています

発売されたばかりのころ、牛肉の値段はまだまだ高くコンビーフの値段もどうしても高くなっていました。そんなコンビーフを少しでも安い値段で作ることが出来ないか、という思いで作られたのが「ニューコンミート」という商品です。当時、馬肉は牛肉とは違い安く購入することが出来たのでニューコンミートの原料として使用されていました。

ニューコンミートとコンビーフの味の違いはというと、実はあまり違いはなく、どちらも美味しく楽しむことが出来るものとなっています。2005年までは現在の名前とは違い、「ニューコンビーフ」という名前で発売されており、こちらの名前の方が馴染みがあるという方も多いかもしれません。

JAS改正により「牛肉100%」以外の物は「ビーフ」という言葉が使えなくなってしまったため、現在ではニューコンミートという名前となりました。続いて、コンビーフの種類について紹介します。

コンビーフのその他種類

それでは、人気のコンビーフのその他の種類にはどのようなものがあるのか、続いてチェックしていきましょう。コンビーフと一口に言ってもいろいろな種類のものがあり、違いもありますので、様々な種類を食べ比べてみるのも楽しいかと思います。

沖縄では「コンビーフハッシュ」という種類のコンビーフを購入することが出来、普通のタイプとは違い、ジャガイモが入ったコンビーフを楽しめます。卵と混ぜてオムレツにしても美味しく楽しむことが出来る人気商品です。

原料以外でも調味料の違いでも様々な種類のコンビーフがあり、発色剤を使用していない「無塩せきコンビーフ」という種類や、脂肪分が気になるという方に人気の「脂肪分50%カットコンビーフ」などといった種類もあります。また、独特の形の缶詰を開けられるか不安だという方には、便利なプラカップの種類もありますので、活用してみてください。また、缶詰の開け方につきましては、次の項目で詳しく紹介していきます。

コンビーフの缶詰の開け方

紹介した通り、最近ではプラカップタイプの種類もありますから、缶詰を開けるしか方法がなかった時とは違いコンビーフやコンミートの缶の開け方がわからない、という方もいるかもしれません。種類に続いてコンビーフの缶詰の開け方についてみてみましょう。

開け方は一見難しそうにも見えますが、見た目とは違い以外と簡単で、楽しく缶を開けることが出来ます。それではまず最初に、開け方を紹介する前にコンビーフについている巻取り鍵をチェックしてみましょう。缶の上部に鍵のようなものが付いているかと思います。この鍵はコンビーフの缶詰の独特な開け方にはとても大切なものです

これをなくしてしまうと缶詰が開けられなくなってしまいますので、なくさないように注意しましょう。開け方は簡単で、まず缶の開け口を探しましょう。ベロのようなものがあるかと思いますので、その部分を起こしたらカギの穴に入れます。あとはくるくると回すように缶を1周します。

コンビーフの缶詰の開け方は以上です。最初の部分は、少しかためになっていますので強めに力を入れましょう。開け方を覚えれば、2回目からは簡単に開けることが出来るかと思いますので是非開け方をマスターしてください。

コンビーフの缶詰の形の秘密

人気のコンビーフやコンミートの缶詰の開け方を紹介しましたが、コンビーフは開け方だけではなく、缶詰自体も他の缶詰とは違い、変わった種類の形をしています。そもそもなぜこのような変わった形の缶詰になっているのでしょうか?このような形になったのは、保存性が理由だとされています。この独特な台形ですと空気が抜けていく形となっていますのでこのような形となっているのだそうです。

発見する女性

現在では技術の進歩し、この形でなくても保存性の高い商品を作ることもできるそうですが、やはりコンビーフやコンミートというと台形のイメージが強く、そのイメージを大切にしているためにあえて形は台形のままにしているのだそうです。

コンビーフのおすすめの食べ方:そのまま編

それでは、続いて人気のコンビーフの美味しい食べ方についてみていきましょう。塩漬けにされた牛肉である、コンビーフはそのまま食べたり調理をしたりして、いろいろな食べ方で楽しむことができます。人気の食べ方を紹介していきますので、普段は何もつけずにそのまま食べる派だ、という方も新しい食べ方を試してみたいという人も是非人気の食べ方をチェックしてみてください。

シンプルにそのまま楽しむ

まず最初に紹介するコンビーフの美味しい食べ方は、シンプルにそのまま楽しむという方法です。加熱もしませんし味付けも行いませんので、シンプルで簡単にコンビーフを楽しむことが出来ます。コンビーフの中には国産牛を使用したものなどの高級なものもありますので、こういったものを楽しむ時にはまずシンプルにそのままの味を楽しんでみるというのが良いのではないでしょうか?

卵黄を絡めてユッケ風に

続いて紹介するコンビーフの美味しい食べ方は、「ユッケ風に楽しむ」という食べ方です。コンビーフと卵黄とを和えることで、ユッケ風にして楽しむことが出来ます。本来ユッケは生肉料理なのですが、牛肉の塩漬けであるコンビーフを使用することで、生肉の心配をすることなく簡単にユッケ風レシピを楽しむことが出来ます。ごま油などを使用すれば、香り高い仕上がりになります。

マヨネーズと合わせておつまみに

続いては、マヨネーズと合わせてみましょう。マヨネーズと合わせれば、おつまみとしても美味しく楽しむことが出来ます。コンビーフを5mmくらいの厚さに切ったら、マヨネーズをかけましょう。コンビーフの脂肪分とマヨネーズとの相性が最高によく、ビールもますます進むおいしさとなっています。トースターで焼き上げても美味しく楽しめますよ。

醤油との相性も抜群

マヨネーズと相性ピッタリのコンビーフは、醤油との相性も抜群です。コンビーフを軽くほぐしたら、醤油をひと回ししてみましょう。ご飯の上にかければ、これだけで十分なご飯のおかずになります。また、生卵を入れれば、少しマイルドな味わいに変化して違う味を楽しむことが出来ます。マヨネーズとはまた違う楽しみ方となっています。

サンドイッチの具にしてゴージャス

続いて紹介するコンビーフの食べ方は、サンドイッチの具材にするという楽しみ方です。サンドイッチのためにお肉を用意するのは少し面倒ですが、コンビーフならば簡単に準備することが出来ますし、加熱する手間もいりませんので便利です。ご飯との相性もぴったりのコンビーフですが、食パンなどのパンとの相性もぴったりとなっています。

サラダに入れればヘルシーに

続いて紹介するコンビーフの美味しい食べ方は、サラダに入れて楽しむ食べ方です。サラダにコンビーフをプラスして楽しめば、野菜も一緒に楽しむことが出来てヘルシーに楽しむことが出来ます。野菜があまり好きではない方も、コンビーフの旨味があれば野菜を食べやすくなるのではないでしょうか?マヨネーズで和えればマイルドなおいしさを楽しむことが出来ます。

じゃがいもと炒めてハッシュ風に

続いて紹介するコンビーフの美味しい食べ方は、「じゃがいもと炒める」という食べ方です。じゃがいもとコンビーフを一緒にした商品である「コンビーフハッシュ」という人気の商品がありますが、普通の商品でもじゃがいもと一緒に炒めることでコンビーフハッシュのように楽しむことが出来ます。コンビーフとじゃがいもとの相性はぴったりで、おつまみとしてもぴったりです。

コンビーフと塩もみキャベツでお手軽ランチ

お皿の画像

続いて紹介するコンビーフの美味しい食べ方は、塩もみキャベツでお手軽などんぶりを作るという食べ方です。塩を振ってしんなりした春キャベツをどんぶりに持ったご飯の上にのせて、ほぐしたコンビーフと温泉卵とを載せれば完成となります。食べ応えもありますので、しっかりしたランチをお手軽に楽しみたいという方にも是非お勧めしたい簡単レシピになっています。

コンビーフのおすすめの食べ方:加熱調理編

続いては、コンビーフを加熱して楽しむ食べ方を紹介していきます。もちろん加熱しなくても美味しく楽しむことが出来るコンビーフですが、加熱することで食べ方のバリエーションもぐっと広がります。まずはシンプルに、フライパンでソテーする食べ方から見ていきましょう。

フライパンでソテーしてカリっと美味しい

オッケーマークの女性

シンプルな調理法ですが、コンビーフはフライパンでソテーしただけでも美味しく楽しむことが出来ます。コンビーフをソテーすればカリッとして違った食感を楽しむことが出来ます。コンビーフだけをソテーしただけでも美味しいですが、お好きな野菜と一緒にソテーすれば見た目もますますおいしそうな仕上がりとなります。加熱するとコンビーフの脂肪分も溶けて、ご飯との相性もぴったりです

野菜炒めの具材として重宝

続いて紹介する人気のコンビーフの美味しい食べ方は、野菜炒めの具材として楽しむという方法です。具材にカット野菜を使用すれば、包丁やまな板いらずで簡単に作ることが出来る料理となります。コンビーフに十分に味が付いていますので、塩コショウで味付けをする際には入れすぎてしまわないようにしましょう。野菜炒めでは少し物足りない、という方におすすめのお肉でボリュームアップ出来る食べ方となっています。

カレーに加えて旨み増し増し

続いて紹介するコンビーフの美味しい食べ方は、カレーに加えるという楽しみ方です。カレーはビーフやボーク、ラムなどいろいろなお肉が具材として使用されますが、その代わりとしてコンビーフを入れてしまおうという食べ方です。コンビーフをフライパンで軽く炒めて、ほぐした状態になったものをカレーに加えればお手軽にキーマカレーのように楽しめます。旨味も増して絶品カレーを楽しめます。

揚げてサクサク美味しい

コンビーフの美味しい食べ方の中で、少し変わり種となっていますのが「揚げて楽しむ」という食べ方です。あまりフライにして楽しむというイメージが無いかもしれませんが、サクサク食感を楽しむことが出来て、意外とおつまみとしてもぴったりです。とうもろこしなどと一緒にフライにすれば、野菜の甘みも増して更においしく楽しむことが出来るでしょう。お子さんにもおすすめの食べ方です。

電子レンジで簡単調理!

続いて紹介するコンビーフの美味しい食べ方は、電子レンジで加熱するという食べ方です。コンビーフを加熱して楽しみたいけれど、フライパンを出して焼くのは面倒だ、という方もいるのではないでしょうか?そんな時、便利なのが電子レンジです。コンビーフを缶から取り出したら、600Wぐらいのワット数で20秒くらいチンしてみましょう。コンビーフの脂が溶けて美味しく楽しむことが出来ます。

コンビーフの簡単レシピで食べ方をアレンジ!

それでは、続いてコンビーフを使用した簡単レシピを紹介していきます。コンビーフはすでに味付けがされた食材となっていますので、簡単レシピで食べ方をアレンジして楽しむことが出来ます。

簡単美味しいおつまみにも「コンビーフポテトサラダ」

  • じゃがいも大きめのもの2個
  • マヨネーズ大さじ4
  • コンビーフ50g
  • 塩コショウ適量

  1. まず、大きめのじゃがいも2個をふかしましょう。ふかす以外にも茹でたり、電子レンジでチンしても大丈夫です。
  2. 続いて、じゃがいもはまだ温かいうちにフォークでつぶしてマヨネーズ、そしてコンビーフを混ぜ合わせていきましょう。
  3. しっかりと混ざったら、塩コショウで味を調えて完成となります。簡単にできて、おつまみとしてもぴったりのレシピとなっています。

旨みが凝縮「ポテトコンビーフグラタン」

  • じゃがいも5個
  • コンビーフ1缶
  • にんにくの薄切り2かけ
  • ピザ用のチーズ100g
  • 生クリーム1/2カップ
  • 塩少々
  • コショウ少々

  1. まずじゃがいもは皮をむいて、水に10分ほどさらしてざるに上げておきましょう。水から上げたら水気をしっかりと切っておき、スライサーなどで薄切りにしましょう。薄切りにしたじゃがいもはボールに入れます。
  2. 続いてオーブンを180度に温めたら、先ほどのじゃがいもを入れたボウルにコンビーフを入れましょう。コンビーフはほぐしながら入れていきます。にんにくとピザ用チーズを半量、そして塩と胡椒少々を加えたら手で混ぜます。
  3. しっかりと具材を混ぜたら、耐熱皿に材料を入れましょう。残りのチーズ半量を耐熱皿に散らしたら、生クリームを全体にかけていきます。
  4. オーブンに入れて30分ほど焼き上げたら、続いてオーブンの温度を上げ、200度の温度でさらに20分ほど焼いていきます。
  5. 表面にきれいな焦げ目がついたら、コンビーフを使用したポテトグラタンの完成です。旨味が凝縮されたワインなどのお供にもピッタリのレシピです。

シンプル味付けでしっかり旨い「春キャベツのコンビーフ炒め」

  • 春キャベツ1/2個
  • コンビーフ1個
  • しめじ1/2個
  • サラダ油少々
  • しょうゆ少々
  • コショウ少々

  1. まず、キャベツを切っていきましょう。硬い芯の付け根に包丁の刃を入れたら、1枚づつはがして軸を切り分けていきましょう。
  2. 切り分けた葉は大きめの一口大に切っておき、軸の方は薄切りにしていきましょう。しめじは小房に分けていきます。
  3. フライパンに油大さじ1/2を入れたら熱してキャベツを入れて、水少々を振り入れながら炒めていきましょう。加熱してしんなりとしてきたら、フライパンに橋にキャベツを寄せて空いているスペースにコンビーフを入れましょう。コンビーフはほぐしながら加えていきます。しめじも加えたら、更に炒めていきましょう。
  4. 全体に火が通ってしんなりとしてきたら、しょうゆ大さじ1/2、そしてコショウ少々で味を調えて完成となります。ご飯のおかずにもピッタリのレシピとなっています。

飽きのこない美味しさが魅力「コンビーフピラフ」

  • ご飯150g
  • コンビーフ30g
  • 青じそ5枚分
  • 塩コショウ少々
  • 醤油適量
  • 料理酒適量

  1. まず、コンビーフをフライパンで炒めていきましょう。コンビーフには脂肪分が多く含まれていますので、油は引かなくても大丈夫です。コンビーフを炒めていき、ほぐれてきたらご飯を続いてフライパンに入れます。ご飯は白ご飯でも美味しいですが、雑穀米などを使用するのもおすすめです。
  2. ご飯とコンビーフとがしっかりと混ざったら、いったん味見をしましょう。味が少し物足りないようであれば、塩コショウやしょうゆを適量加えて、味を調えていきましょう。ご飯をふっくらとした仕上がりにさせるために、仕上げに料理酒を適量ふったら強火でアルコールを飛ばして完成となります。
  3. お皿に盛り付けたら、青じそをトッピングすれば彩りもきれいに仕上がります。さっぱりとした青じそとコンビーフとの組み合わせを楽しむことが出来るレシピとなっています。

シャキシャキ食感が楽しい「蓮根のコンビーフ挟み焼き」

  • 蓮根260g
  • 水適量
  • コンビーフ100g
  • 薄力粉大さじ2
  • ときたまご1/2個
  • マヨネーズ大さじ1
  • すりおろしにんにく小さじ1/2
  • 塩少々
  • コショウ少々
  • サラダ油大さじ1

  1. まず、れんこんは皮をむいて8mmほどの輪切りにしていきましょう。輪切りにした蓮根は、水に10分ほどさらしておきましょう。
  2. 続いて、ボウルにコンビーフと、ときたまご、マヨネーズ、すりおろしにんにく、塩、胡椒とを入れてよく混ぜます。
  3. 水気を切った先ほどのレンコンの片面に、薄力粉をまぶしましょう。まぶした蓮根に2のグザイをのせたら、更に蓮根をのせてサンドしていきましょう。
  4. フライパンを中火で熱したら、サラダ油を引いて、具材をサンドした蓮根をのせたら焦げ目がつくまで焼いていき、完成となります。蓮根のシャキシャキ食感も楽しむことが出来、食べ応えもばっちりのレシピとなっています。

コンビーフで食べ方の幅を広げよう!

いかがでしたでしょうか?今回の記事では身近な缶詰である、人気のコンビーフについて紹介してきました。コンビーフはコンミートの一種であり、種類もポテト入りのものや保存料不使用のものなど、いろいろな種類のものがあります。コンビーフの缶詰は独特の形をしており、開け方がわからないという方もいたかもしれませんが、意外と簡単なものとなっていますので開け方を是非覚えて挑戦してみてください。

また、コンビーフはそのまま食べても美味しいのですが、様々なレシピに活用することもできます。コンビーフは塩漬けにした牛肉を缶詰めにしたものであり、味付けもさっと整えるだけで簡単に調理することが可能となっています。皆さんも、種類も豊富なコンミートである、コンビーフを活用して人気レシピの数々を楽しんでみてはいかがでしょうか?

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ