台湾で人気のオーギョーチー(愛玉子)有名店を厳選!日本で食べられるお店は?

みなさんは、台湾で人気となっているオーギョーチーというスイーツを知っていますか?オーギョーチーは、愛玉子とも書き、台湾の伝統的なデザートであるスイーツとなっており、つるっとした食感を楽しむことができ、栄養も多く含まれているという嬉しい食べ物になっています。今回の記事では、気になるオーギョーチーの味や材料について、そして効能やどのような栄養が含まれているのかなどについて詳しく紹介していきます。美味しくて体の栄養にもなる注目のスイーツをチェックしていきましょう。

台湾で人気のオーギョーチー(愛玉子)有名店を厳選!日本で食べられるお店は?のイメージ

目次

  1. 1オーギョーチー(愛玉子)を食べてみたい!
  2. 2オーギョーチー(愛玉子)について紹介
  3. 3オーギョーチーの効能について知っておこう
  4. 4オーギョーチーが食べられる台湾の有名店
  5. 5オーギョーチーを日本で楽しめるお店は?
  6. 6オーギョーチーを味わってみよう!

オーギョーチー(愛玉子)を食べてみたい!

みなさんは、愛玉子というものを知っていますか?愛玉子はオーギョーチーと読み台湾で人気となっているスイーツとなっています。オーギョーチーとは日本ではあまり効いた事が無いという方も多いかと思いますが、一体どのような材料を使用し、どのような味を楽しむことができるスイーツなのでしょうか?

今回の記事では、台湾で人気となっているスイーツ、オーギョーチーがどのような物なのか、また台湾で楽しむことが出来るおすすめのお店や、日本で楽しむことができるお店、材料などを紹介していきます。オーギョーチーを食べることで期待できる、効能や栄養についても紹介していきますのでチェックしてみてください。

オーギョーチー(愛玉子)について紹介

台湾の人気スイーツオーギョーチー(愛玉子)

それでは、オーギョーチーというスイーツが、一体どのような物なのかをチェックしていきましょう。オーギョーチーというのは、台湾では知らない人はいないというほどの伝統的スイーツとなっています。夜市などで楽しむことが出来、台湾の人に愛され続けているスイーツです。台湾で楽しまれているスイーツとなっていますので、中国などではあまり見かけることはないのだそうです。

オーギョーチーとはどんなデザート?

考えるシマウマ

それでは、台湾で親しまれている伝統的スイーツ、オーギョーチーとは一体どのようなスイーツなのかを見ていきましょう。オーギョーチーは、屋台などで楽しむことが出来る人気のスイーツとなっており、ゼリー状となっているスイーツとなっています。ゼリー状になっていますので日本人にも親しみやすく、おすすめのデザートとなっていますので、台湾を訪れた際には是非試していただきたいスイーツとなっています。

オーギョーチーの味は?

それでは、台湾で親しまれているスイーツであるオーギョーチーの味は一体どのような味なのかを見ていきましょう。オーギョーチー自体には、実は味はないのだそうです。それ自体に味が無いオーギョーチーは、シロップをかけて楽しむのだそうです。ですので、オーギョーチーの味はシロップで決まるのだそうです。食感はつるんとしており、のどをするっと通るような感じで楽しむことが出来ます。

オーギョーチーの材料について

それでは、続いてはオーギョーチーの材料についてチェックしていきましょう。オーギョーチーの材料は、愛玉子という果物なのだそうです。材料の愛玉子は、日本語では「アイギョクシ」と読みます。オーギョーチーの材料である愛玉子は、イチジク属の植物なのだそうです。材料の愛玉子は、熟すと実の外側が硬くなり、裂けるのだそうです。実が裂けると、内側が裏返り、表に出るようになります。

材料である愛玉子の内側には、まるでゴマのような、小さな果実がたくさんついているのだそうです。これらの果実はもちろん、そのまま食べても良いのですが、これらを乾燥たものがオーギョーチーの原料として使用されるのです。材料である愛玉子は、台湾でしか自生していない植物となっているために、オーギョーチーは台湾の伝統的スイーツとなっているのだそうです。オーギョーチーの栄養成分についても見ていきましょう。

栄養成分ペクチンによってゼリーになる!

それでは、なぜ材料である愛玉子という植物がゼリー状になるのかを見ていきましょう。オーギョーチーはゼリー状のスイーツとなっているのですが、実はゼラチンを入れて固めているわけではありません。オーギョーチーの原料となっている愛玉子は、栄養成分であるペクチンを多く含んでいるのだそうです。

メモを取る画像

皆さん知っての通り、栄養成分であるペクチンはゼリー化させる働きが大きいため、愛玉子を使用したオーギョーチーはゼリーのような食感を楽しめるスイーツとなっています。

愛玉子の名前の由来は?

考える子供

それでは、愛玉子の名前の由来をチェックしていきましょう。愛玉子というかわいらしい名前となった由来は、「実を水の中で揉むと固まる」という性質を発見した人の名前、「愛玉」にちなんで名づけられたといわれています。中国で「子」という感じには、幼い、といった意味や柔らかいといった意味があるのだそうです。どこか可愛らしい印象を受けるこちらの名前は、発見者の娘さんの名前という事で、納得です。

オーギョーチーの効能について知っておこう

オッケーマークの女性

それでは、続いてはオーギョーチーを食べることで期待できる、効能についてチェックしていきましょう。つるっとした食感で食べやすい、台湾の伝統的スイーツであるオーギョーチーは、ただ美味しいだけではなく体にも良いのだそうです。美味しいスイーツを食べて体にも良いとはいいことづくめのスイーツと言えそうです。オーギョーチーを食べることで、どのような効能が期待でき、どんな栄養があるのかをチェックしていきましょう。

肝臓の働きを良くする効能がある

それでは、早速美味しいだけではなく、体にも良いという台湾の伝統的スイーツ、オーギョーチーがどのような栄養、そして効能を持っているのかを見ていきましょう。まず最初に紹介するオーギョーチーを食べることで期待できる効能は、肝臓の働きをよくするという効能です。オーギョーチーはご飯と同じくらいのカロリーがあり、「肝臓の妙薬」とも呼ばれているそうで、夏バテ防止に食べられたりもするのだそうです。

デトックス効果に優れている

続いて紹介する、オーギョーチーを食べることで期待できる効能は、デトックス効果です。台湾の伝統的スイーツであるオーギョーチーは、薬膳の効能を持っており、「肺潤」という効能があるのだそうです。この肺潤という働きを持っていると何が良いのかというと、体の調子を整えてくれたり、不純物を体の外に排出してくれたり、という効果があるのだそうです。

オーギョーチーは美味しいスイーツでありながら、体の栄養にもなるという嬉しいスイーツとなっています。不純物をデトックスてくれるという効果から、モデルさんの方々にも人気があるといいます。体の栄養にもなるオーギョーチーの原料となる愛玉子は台湾でしか取れないという植物となっていますが、お店などに行った際にはぜひ試してほしい一品となっています。また、オーギョーチーの効能はこれだけではありません。

むくみ防止にも効果効能が期待できる

続いて紹介する、オーギョーチーを食べることで期待できる効能は、むくみ防止に期待が出来るという点です。つるっとした食感で人気のオーギョーチーは、食べるだけでむくみの防止、解消に役立ってくれるという嬉しい効能を持っています。オーギョーチーを食べることで、腎臓の調子を整えてくれるという効果があるそうですが、腎臓の調子を整えてくれるという事は体の熱を取ってくれる、という事でもあります。

体の熱を取ってくれるという事は、体のクールダウンや、むくみの解消にも役立つ、というわけです。次の項目で紹介していきますが、台湾には美味しいオーギョーチーを楽しむことが出来るお店がたくさんあります。オーギョーチーを楽しむことが出来る有名店を紹介していきますので、台湾に行った際には是非チェックしてみてください。また、日本でオーギョーチーを楽しむことが出来るお店も紹介していきます。

オーギョーチーが食べられる台湾の有名店

紹介する男性

それでは、続いて体の栄養もなり、豊富で美味しいオーギョーチーを楽しむことができる、台湾の有名店をチェックしていきましょう。栄養にもなって伝統的なデザートであるオーギョーチーはもちろん多くのお店で楽しむことができるのですが、今回の記事ではオーギョーチーを楽しむことが出来る台湾の有名店を紹介していきます。台湾を訪れた際には、是非チェックしてみて下さい。それでは、早速見ていきましょう。

台湾スイーツの人気店「古早味豆花」

それでは、早速台湾で人気となっている、おいしいオーギョーチーを楽しむことができるお店をチェックしていきましょう。まず最初に紹介する台湾でおすすめのオーギョーチーが美味しいお店は、台湾スイーツの人気店である「古早味豆花」です。「豆花」という台湾スイーツを聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?店名にも入っている通り、こちらのお店では美味しい豆花を堪能することも出来ます。

美味しい豆花を楽しむことができるこちらの古早味豆花ですが、楽しむことができるのは豆花だけではなく、おいしい台湾デザートを楽しむことができますのでオーギョーチーを楽しむことも出来ます。琥珀色の透き通ったビジュアルが食欲をそそる見た目になっており、適度な弾力を楽しむことができて癖になる食感となっています。はちみつレモンのシロップをかけていただきましょう。

こちらの古早味豆花の場所は、台湾の寧夏夜市にあるお店となっています。人気店となっており、観光客の人や地元の人でかなりにぎわっているお店となっていますのですぐにわかるかと思います。こちらのお店は豆腐デザートである豆花が人気のお店となっていますが、今回紹介したオーギョーチーも是非楽しんでみてください。

仙草ゼリーも人気「愛玉乃夢遊仙草」

続いて紹介する、台湾でおすすめのオーギョーチーを楽しむことができるお店は、仙草ゼリーも人気となっているお店である「愛玉乃夢遊仙草」です。仙草ゼリーというのは、愛玉子と同じようにペクチンを多く含んだ植物である「仙草」を材料としたゼリーであり、黒い煮汁を冷やして固めたものとなっています。こちらの仙草ゼリーも台湾で人気のゼリーとなっているのですが、オーギョーチーも是非チェックしてみてください。

オーギョーチーはしっかりと冷えていますので、寒い季節に注文するのには迷う方もいるかと思いますが、おいしいので寒さも忘れるほどだ、という口コミもあるほどだそうです。また、トッピングしてもらうことも可能ですがボリューム満点のデザートとなっていますので、3人で1つのオーギョーチーでも十分だ、という意見もありますのであまりお腹がいっぱいの時ではない時の方が良いかもしれません。

オーギョーチーや仙草ゼリーの専門店となっている、こちらの愛玉之夢遊仙草は、台北の臨江街夜市の入り口にあるというお店になっています。オーギョーチーと一緒に、人気の台湾デザートである仙草ゼリーも楽しんでみてはいかがでしょうか?

食後のデザートで楽しみたい「東區粉圓」

続いて紹介する、台湾で人気のオーギョーチーを楽しむことができるおすすめのお店は、食後のデザートで楽しみたいオーギョーチーを楽しむことができるという「東區粉圓」です。こちらの東區粉圓では、オーギョーチーは今まで紹介してきた食べ方とは違った食べ方で楽しむことができます。これまでのオーギョーチーはそれ自体を主役として楽しみましたが、こちらではおしるこのトッピングとして楽しむことができます。

おしるこに入れると聞くと意外に感じる方も多いかもしれませんが、台湾では冷たいおしるこがよく楽しまれるのだそうです。台湾のおしるこは、日本で食べられているものよりもさっぱりとしていて、さらっと楽しむことができます。このトッピングで、オーギョーチーを楽しむことができます。そのものを主役として楽しむ食べ方もおすすめなのですが、おしるこのトッピングとしても楽しんでみてはいかがでしょうか?

イートイン席もありますので、お店で食べていくことも出来ます。つめたいおしるこでオーギョーチーを楽しむことができるという、こちらの東區粉圓は、台湾の「東区」と呼ばれる若者の町にあります。にぎわいのある町であるこの町で、冷たいおしるこでリフレッシュしてみてはいかがでしょうか?

屋台で味わうなら古早味の看板を目印にしよう!

台湾で人気のデザートであるオーギョーチーは、屋台でも気軽に楽しむことが出来る人気のスイーツでもあります。屋台でオーギョーチーを楽しむことができるお店を探したいのなら、古早味」という看板を目印にして楽しみましょう。この「古早味」というのは、伝統的な味という意味という意味になっており、台湾の伝統的スイーツであるオーギョーチーを楽しむことができる屋台となっています。

また、レモン味のさっぱりとしたオーギョーチーを楽しみたいのなら、「檸檬愛玉」というスイーツを楽しむことができる屋台がおすすめとなっています。お店でも楽しむことができる台湾の伝統的スイーツ、オーギョーチーは屋台でも気軽に楽しむことが出来ますので、屋台巡りをした時にも是非「古早味」と書かれた看板をチェックして、美味しいオーギョーチーをたのしんでみてください。

オーギョーチーを日本で楽しめるお店は?

虫眼鏡で発見する女性

愛玉子を材料とした台湾で楽しむことができる人気のデザート、オーギョーチーを楽しむことが出来る台湾の人気店を紹介していきましたが、興味はあるけどわざわざ台湾まで行くのはちょっと、という方が多いかと思います。ここで紹介したいお店が、日本でオーギョーチーを楽しむことが出来るお店です。こちらはなんとオーギョーチーの専門店となっており、注目のお店でもあります。早速どのようなお店なのかを見ていきましょう。

日本唯一の専門店「愛玉子」

それでは、早速日本にあるオーギョーチーを楽しむことが出来るがどのようなお店なのかを見ていきましょう。日本にあるオーギョーチーの専門店は、実は1店舗しかありません。その名も、分かりやすい「愛玉子」という名前です。日本でオーギョーチーを食べることが出来るだけでも珍しいのですが、そのオーギョーチーの専門店という事で、是非チェックしておきたいお店となっています。

愛玉子の場所と営業時間

それでは、まずは日本でオーギョーチーの専門店となっている唯一のお店「愛玉子」がどこにあるのかと、営業時間についてチェックしていきましょう。日本に唯一ある愛玉子の専門店は、東京の台東区、上野にあります。谷中というエリアにあるお店となっており、下町情緒がのこるエリアとして人気にもなっているお店です。お散歩ついでに寄ってみるのもお勧めです。

それでは、続いては日本で唯一のオーギョーチー専門店である、愛玉子の営業時間についてチェックしていきましょう。愛玉子の営業時間は、10時から18時までとなっているそうです。オーギョーチーが売り切れ次第終了となっているそうなのですが、日によっては18時以降も営業している日があるのだそうです。定休日は不定休となっていますので、営業日には注意してください。

昭和レトロな店内で味わえるオーギョーチーは種類も豊富

愛玉子を材料として作られる、オーギョーチーを楽しむことが出来る愛玉子はかなり昭和レトロな雰囲気を味わうことが出来るお店となっています。それは、外見からも伝わってきます。今ではなかなかお目にかかれないような雰囲気の愛玉子の外観は、きっと一度見たら忘れられないインパクトになると思います。そしてそれは、もちろん店内の様子にも言えることです。

最近の喫茶店やカフェではお目にかかれないようなグッズなどが並べられたインテリアは、懐かしいと感じる方もいるかもしれません。そんな昭和レトロ感満載のこちらの愛玉子では、シンプルな愛玉子をはじめとして様々な味のオーギョーチーを楽しむことが出来るようになっています。

先ほども少しふれたとおり、オーギョーチー自体には味はありません。一般的なのはレモンシロップをかけた食べ方で、こちらでもその食べ方を楽しめます。

レモンシロップで楽しむことができるシンプルなオーギョーチーを楽しんだ後は、少し変わり種のオーギョーチーに挑戦してみてはいかがでしょうか?愛玉子で楽しむことができるオーギョーチーは実はシンプルな物だけではなく、色々なトッピングや別のシロップで楽しむことができるデザートとなっています。それでは、愛玉子ではどのようなオーギョーチーを楽しむことが出来るのかを順番にチェックしていきましょう。

まず最初に紹介する愛玉子で楽しむことができるオーギョーチーは、「チークリーム」です。こちらのチークリームというメニューは、ごろッと入ったオーギョーチーの上に、レモンシロップをかけて、アイスクリームを乗せたというデザートになっています。アイスクリームの冷たい食感は、オーギョーチーとの相性も抜群なのだそうです。普通のオーギョーチーよりもデザート感がアップした一品となっています。

次に紹介する愛玉子で楽しむことができるオーギョーチーは、「チー紹興酒」です。オーギョーチーにかけるのはレモンシロップではなく、紹興酒をプラスしたという一品になっています。あっさりした味わいを楽しむことができるそうですので、甘めの物よりもあっさりしたオーギョーチーを楽しんでみたい、という方におすすめしたいデザートとなっています。

お土産も入手できる

さらに愛玉子では、オーギョーチーをお土産として持って帰ることも可能です。愛玉子のオーギョーチーをお土産に持って帰るという様子は、「こち亀」でも登場しており店内にも「お土産用オーギョーチィあります」といった張り紙がありますので、もって帰りたいという方はお店の方にお土産を注文してみましょう。昭和レトロの店内でオーギョーチーを楽しむのもおすすめですが、持ち帰って家で楽しむのもおすすめです。

オーギョーチーを味わってみよう!

いかがでしたでしょうか?オーギョーチーは台湾で楽しまれている伝統的なデザートとなっており、「愛玉子」という植物を材料にして作られているデザートとなっています。つるっとした食感でさっぱりと食べることができるデザートとして、人気となっているデザートの一つです。オーギョーチーはただ美味しいだけではなく、様々な栄養が詰まっており体にも良いとされています。

オーギョーチーは台湾に行った際には色々なお店で楽しむことができ、オーギョーチーを楽しむことが出来る人気店もたくさんそろっています。台湾を訪れた際には是非チェックしていただきたいデザートとなっていますが、実は日本でもオーギョーチーを楽しむことができます。オーギョーチー専門店である愛玉子では、昭和レトロな雰囲気で楽しむことができます。美味しくて体の栄養にもなるオーギョーチーを是非楽しんでみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ