ローズネットクッキーがロングセラーの秘密とは?カロリーや作り方も!

山崎製パンのローズネットクッキーを知っていますか?ローズネットクッキーは販売店が限られているものの、その独特な食感と甘さから過食を引き起こす程の大人気商品です。この記事では、ローズネットクッキーについてまとめています。ローズネットクッキーを冷凍する美味しい食べ方やカロリー、ローズネットクッキーの再現レシピの作り方などについてもまとめているので、ローズネットクッキーについて知りたい方はぜひチェックしてみてください。

ローズネットクッキーがロングセラーの秘密とは?カロリーや作り方も!のイメージ

目次

  1. 1ローズネットクッキーの魅惑的な味と食感にハマる!
  2. 2ローズネットクッキーの味わいとカロリーが気になる!
  3. 3ローズネットクッキーを再現した作り方を紹介!
  4. 4ローズネットクッキーの販売店をチェック!
  5. 5ローズネットクッキーの美味しい食べ方
  6. 6ローズネットクッキーは過食に気をつけて美味しく食べよう

ローズネットクッキーの魅惑的な味と食感にハマる!

ローズネットクッキーを知っていますか?ローズネットクッキーは、山崎製パンのロングセラー商品です。販売店は関東以東と限定されていますが、その独特の食感や美味しさからついつい過食を引き起こしてしまうという声がたくさん上がっている大人気の商品です。この記事では、ローズネットクッキーについてまとめています。ローズネットクッキーについて知りたい方は、ぜひチェックしてみてください。

ローズネットクッキーとは山崎製パンの名品

ローズネットクッキーは、山崎製パンのロングセラー商品です。具体的にいつから販売されているかなどの情報は山崎製パンの公式ホームページにも記載されていませんが、少なくとも12年前には販売されていたようです。ローズネットクッキーという名前の通り、バラの花をモチーフにしています。食卓の花というキャッチフレーズもある華やかな菓子パンです。

クッキータイプの生地のしっとりさっくりとした歯触りや表面のシュガーコーティングのサクッとした食感に病みつきになる人も多く、高カロリーでありながらついつい過食を引き起こしてしまうという声もあります。オーブンで温めてから食べたり、冷凍して食べるとより美味しくなるなどの口コミもあるので、ローズネットクッキーはぜひ色々な食べ方を試してみてください。

ローズネットクッキーはサクサクのドーナツのよう

ローズネットクッキーはクッキーという名前ですが、生地は油で揚げられているのでサクサクのドーナツに近い食感をしています。身近な例だと、ミスタードーナッツのオールドファッションに近い食感だと評価する声が多いです。オールドファッションとは違い、シュガーコーティングがされているのでオールドファッションよりも甘く、カロリーが高いのがローズネットクッキーの特徴です。

ローズネットクッキーは油で揚げられた上にシュガーコーティングでカチカチに固められています。この固いコーティングとしっとりさっくりとした生地の相性が良く、その食感の良さからカロリーが高いのに過食を引き起こしてしまうという声も上がっています。シンプルでどこか懐かしい味わいと独特の食感や歯触りの気持ち良さから、ついつい食べ過ぎてしまうようです。

ローズネットクッキーはバラの羽をモチーフにした菓子パンです。バラの花びらのように波打った生地は油で揚げた際の固さもバラバラで、どこを食べても食感が違い飽きることがありません。この食感の良さが原因で、カロリーが高いのに過食を引き起こしてしまうという、ダイエット中の人からの悩みの声が上がっています。ダイエット中の人は過食を抑える為にも食べるのは避けた方が無難です。

ローズネットクッキーは紅茶やコーヒーと相性抜群

ローズネットクッキーはロングセラー商品なので、シンプルな甘さが魅力です。最近のお菓子のような華やかさや複雑な甘さはありませんが、素朴なのでコーヒーや紅茶との相性も抜群です。シュガーコーティングの影響でかなり甘いので、コーヒーはブラック、紅茶はストレートがおすすめです。カロリーは高いですが、コーヒーや紅茶のお供として、バラの花の形のローズネットクッキーに花を添えてもらいましょう。

ローズネットクッキーの揚げ時間や生地の形、シュガーコーティングの厚さなどは少しずつ違います。販売店でも、こんがりとしたキツネ色のローズネットクッキーもあれば、少し色の薄いローズネットクッキーもあります。シュガーコーティングが薄い物もあれば砂糖の粒が目立つジャリジャリしたものもあるので、販売店を見付けたらいくつか買って、少しずつ味の違うローズネットクッキーを楽しみましょう。

ローズネットクッキーの味わいとカロリーが気になる!

ここで、ローズネットクッキーの味わいとカロリーについて紹介します。ローズネットクッキーはとてもカロリーの高い菓子パンですが、ついつい過食を引き起こしてしまう程の人気商品です。1個で500キロカロリーを超えてしまう上に、美味しさのあまり過食を起こす人もいるので、カロリーが気になる方は注意しましょう。

ローズネットクッキーのカロリー

山崎製パンの公式ホームページによると、ローズネットクッキーは、1個当たり520キロカロリーです。一般的なショートケーキが1個100グラムとして約349キロカロリーなので、ローズネットクッキーのカロリーがかなり高いことが分かります。

ローズネットクッキーは昔はもう少し大きく、1個で600キロカロリーを超えていました。現在は原材料の高騰などから小さくなりましたが、それでもカロリーは500キロカロリーを大幅に超えています。1日のおやつとして食べるにはカロリーが高過ぎる上に、その美味しさと食感の良さから過食を引き起こす人も多いので、ダイエット中の方やカロリーが気になる方は注意しましょう。

ローズネットクッキーの値段

ローズネットクッキーの価格は、販売店にもよりますがおよそ税込みで113円程度です。販売店によって少しずつ値段は違いますが概ね120円程度で購入ができるので、販売店を見かけたらぜひ購入してみてください。1つで520キロカロリーとかなりの高カロリーですが、販売店を見かける度に5個は購入すると言う人もいる程の人気商品です。

ローズネットクッキーの販売店は関東以東ですが、札幌には売っていないようです。販売店が無くてもAmazonや楽天などの大手通販サイトで購入ができるので、ローズネットクッキーを食べてみたい方はぜひ購入してみましょう。販売店ではまとめ買いをする人もいて入手ができないこともありますが、通販であれば安定して購入することができます。

ローズネットクッキーは過食に注意!

ローズネットクッキーは、その美味しさと食感の良さからついつい過食を引き起こしてしまいがちです。バラの花びらのように波打った部分はザクザクとした食感が楽しく、中心部はしっとりなめらかな食感です。その上シュガーコーティングをされているのでより表面が固くなり、クッキータイプの生地の柔らかさとの相性が抜群で、1個2個とついつい食べ過ぎてしまう人も多いようです。

ローズネットクッキーはクッキーとは言うものの、油で揚げられたドーナッツに近い食感です。その為、噛んだ際の油のコクやシュガーコーティングの強い甘さ、生地のザクザク感としっとり感など、病みつきになってしまう美味しさです。カロリーが高い上に病みつきになって過食を起こすこともあるので、ダイエット中やカロリーが気になる方は注意しましょう。

ローズネットクッキーの味わいを口コミで紹介!

ここで、ローズネットクッキーの口コミを紹介します。ローズネットクッキーはロングセラー商品なので、小さい頃から食べ続けている人もいれば、最近になってから初めて食べた人など様々です。食べ方も人それぞれで、過食を起こす人や過食を起こしそうなのを我慢する人など、色々な声が上がっています。

「学生時代購買部に売っていたのでほとんど毎日食べてた。今食べても素朴で美味しい、ダイエット中だから過食が怖いぐらいにハマる!」「コンビニで1個だけ買ったけど後悔。こんなに美味しいならもっとたくさん買えば良かった!」「いつも食べてるお馴染みの味。冷凍して食べると更に食感が良くなるのでおすすめ」「スーパーにあったら5個は買ってる、最高」など、病みつきになってしまう方が多いようです。

「カロリーが高いと分かっていてもやめられない。太りそう」「カロリーが高いので、カロリーを摂取することを覚悟してからじゃないと食べられない」「太るのが気になるから食べたくないけど、どうしても美味しいから見付けるとつい買っちゃう…」「デブまっしぐらでもどうしても食べたい!困った!」など、カロリーを気にしつつも食べてしまうといった口コミも書き込まれています。

ローズネットクッキーを再現した作り方を紹介!

ここで、ローズネットクッキーの再現レシピの作り方を紹介します。ローズネットクッキーは販売店が限られているので、ファンの間では再現する為の作り方やレシピが公開されています。ローズネットクッキーはシンプルな味わいが魅力なので作り方を工夫すればそれらしいものを作ることができます。ローズネットクッキーの販売店が身近に無い方は、これらの作り方を参考にしてローズネットクッキーを再現してみましょう。

シンプルな材料で簡単再現「ひそかに有名なドーナッツの作り方」

ローズネットクッキー風のドーナッツは、作り方を工夫すれば自宅でも簡単に作ることができます。作り方も簡単なので、ローズネットクッキーをどうしても再現したい、家出好きなだけ食べたいと言う方は作り方を参考に作ってみましょう。また、販売店では絶対に得られない揚げたてのローズネットクッキーを食べられるのも、再現レシピの魅力です。

  • 薄力粉100グラム
  • 卵1個
  • 砂糖30グラム(甘い物が好きな人は45グラムから50グラムで調整)
  • 溶かしバター60グラム

  1. まず、薄力粉以外の材料を混ぜ合わせます。
  2. 薄力粉を入れてよく混ぜ、生地を絞り袋に入れます。口金は星型のものを選ぶと、よりローズネットクッキーに近い食感になります。
  3. キッチンペーパーの上に生地を絞り出します。円を描くように絞ると形がキレイにできます。
  4. 鍋に揚げ油を入れ、低温でじっくりと揚げます。キッチンペーパーごと油に入れて揚げて行きましょう。生地に火が通って浮いて来たら、キッチンペーパーを外します。
  5. 表面がキツネ色になったら出来上がりです。

簡単おやつに最適「HMでローズネットクッキー風ドーナツ」

ホットケーキミックスを使った作り方であれば、より簡単にローズネットクッキー風ドーナッツを作ることができます。ローズネットクッキーは素朴で優しい味わいが魅力なので、ホットケーキミックスを使った作り方でも近い味を出すことができます。粉砂糖を水で溶かしたものを塗れば、よりローズネットクッキーに近い食感を作ることができます。

  • ホットケーキミックス150グラム
  • 卵1個
  • 砂糖10グラム
  • 溶かしバター20グラム
  • 揚げ油適量

  1. 耐熱容器にバターを入れて電子レンジにかけて溶かしバターを作りましょう。
  2. 溶かしバターにホットケーキミックスと砂糖、卵を入れてゴムベラでよく混ぜます。粉っぽさが無くなって生地がまとまったら成型します。
  3. 手に油(分量外)を塗って、生地を適当な大きさに分けて好きな形にします。
  4. 180度の油に成型した生地を入れて揚げて行きます。表面がきつね色になったら出来上がりです。
  5. 粉砂糖をかけたり、粉砂糖を水で溶かしたものをかけてコーティングすればよりローズネットクッキーに近い食感になります。

生クリームでしっとり「さくふわドーナッツ」

ローズネットクッキーの素朴な味わいは、色々なレシピと作り方で再現されています。このレシピはローズネットクッキーよりややしっとりとしていますが、味はローズネットクッキーに近いです。ローズネットクッキーの中心部のしっとりした部分が好きな方におすすめのレシピです。

  • 強力粉230グラム
  • 砂糖40グラム
  • 塩2つまみ
  • ベーキングパウダー大匙1
  • 生クリーム100グラム

  1. ボウルに粉類を入れて軽く混ぜ合わせ、生クリームを加えて全体を切るように混ぜます。全体を一まとめにして大きめのラップで包みましょう。この時、生地が粉っぽくても構いません。
  2. 生地をラップで包んだら30分ほど冷蔵庫で休ませます。
  3. 冷蔵庫で休ませたあとも生地が粉っぽくまとまらない場合は、牛乳を少し加えてまとまりやすくしましょう。
  4. 生地をラップで包んだまま麺棒などで伸ばします。生地を三つ折りにして更に麺棒で伸ばし、1センチぐらいの厚さになったら型で抜きましょう。
  5. 揚げ油を温め、中火できつね色になるまで揚げて出来上がりです。

ローズネットクッキーの販売店をチェック!

ここで、ローズネットクッキーの販売店について紹介します。ローズネットクッキーは元々、関東以東でしか販売されていません。その為、関西などの方には馴染みの無いお菓子です。関東以東であればスーパーやコンビニ、薬局など販売店も多くあるので、子供の頃から食べていた馴染み深い方も多いと思います。

ローズネットクッキーはスーパーやコンビニで購入できる

ローズネットクッキーはあまり珍しい商品ではなく、関東以東であればスーパーやコンビニ、薬局など身近な場所で購入できます。定番の人気商品なので入荷も多く、手に入れることも容易です。ファンの中にはまとめ買いをする人もいるので、ローズネットクッキーが確実に欲しい人は早い時間に買いに行きましょう。販売店によっては価格も違うので、最寄りの販売店で直接確認するようにしましょう。

ローズネットクッキーは関東以東のスーパーやコンビニで広く販売されていますが、札幌を含む北海道の一部地域では販売されていません。身近にローズネットクッキーの販売店が無い場合は、再現レシピの作り方を参考にローズネットクッキーを作ってみるか、通販サイトなどで購入しましょう。

ローズネットクッキーは関東エリアではお馴染み

ローズネットクッキーは関東を中心に販売されています。関東以東のスーパーやコンビニでも販売されていますが、札幌を含め北海道の一部エリアでは販売がされていません。山崎製パンの商品なので、newdaysなどの山崎製パンの商品を多く取り扱うお店では簡単に購入できます。山崎製パンの商品を取り扱っているお店でも、ローズネットクッキーを取り扱っていないこともあるので、直接お店に行って確認しましょう。

ローズネットクッキーは中部エリアや関西など、関東より西の地域ではほとんど販売されていません。その為、関西や九州の方には馴染みの薄い菓子パンです。最近では大手通販サイトのAmazonや楽天などでも販売されているので、ローズネットクッキーの販売店が身近に無い方は通販を活用しましょう。

ローズネットクッキーは通販でも購入できる

ローズネットクッキーは、通販でも購入ができます。大手通販サイトのAmazonや楽天などでも購入できるので、身近にローズネットクッキーを取り扱っているお店が無い方は通販を活用しましょう。通販の場合、1個ずつ購入することはできません。Amazonの場合は3個からの購入になります。山崎製パンの通販サイトもありますが、送料や梱包の都合から3個以上でないと注文ができません。

通販の場合は送料や梱包などの都合から、ローズネットクッキーは3個からでないと購入ができません。Amazonの場合は3個で1セットなので、たくさん欲しい場合は3個ずつのセットで購入しましょう。山崎製パンの通販ページでは、3個以上であれば任意の数で購入ができます。また、品質管理の為に受注生産となるので、発送や到着が遅くなります。ローズネットクッキーが欲しい場合は早めに注文をしておきましょう。

ローズネットクッキーの美味しい食べ方

ここで、ローズネットクッキーの美味しい食べ方を紹介します。ローズネットクッキーは定番の人気商品なので、作り方を工夫して再現しようとする人や、冷凍して食べる人、温めて食べる人など様々なファンがいます。中でも人気なのが冷凍して食べるやり方で、わざわざローズネットクッキーを買ってきて一晩凍らせてからでないと食べないと言い切る人もいる程です。

ローズネットクッキーは冷凍させると更に美味しい!

ローズネットクッキーのファンの中でも人気の食べ方が、冷凍させることです。冷凍させることでローズネットクッキーの甘さが抑えられ、甘すぎて好きではないと言う人でも冷凍させたものはパクパク食べられるという声もあります。また、冷凍すると生地が更にゴリゴリと固くなって歯触りが面白くなるので、冷凍して食べるのはオススメです。

ローズネットクッキーの冷凍はローズネットクッキーファンの間では定番の食べ方で、まとめ買いして全部冷凍庫に入れてしまう人もいる程です。シュガーコーティングや生地がより固くなって食感が変わることや、冷凍することで甘さを感じづらくなり、ローズネットクッキーが甘すぎて苦手な人でも食べやすくなります。

ローズネットクッキーを冷凍するのは定番の食べ方で人気も高いですが、冷凍ならではの注意もあります。人間の舌は、冷たいと甘みを感じづらくなります。その為、冷凍したローズネットクッキーは通常の物より甘さが弱くなり、一度にたくさん食べられるようになります。冷凍してもカロリーは変わらないので、カロリーが気になる方やダイエット中の方は食べ過ぎに注意しましょう。

オーブンやトースターで温めても美味しい!

ローズネットクッキーはそのまま食べても美味しいですが、温めることで更に美味しくなります。表面のシュガーコーティングが少しだけ溶けて生地に溶け出し、そのまま食べるよりも甘く美味しくなります。噛んだ時に溶けた砂糖と油がジュワッと出て来る間隔も楽しめるので、ローズネットクッキーを複数個買った時はそのまま食べるだけでなくぜひ温めて食べてみましょう。

チョコレートをかけてオールドファッション風に

ローズネットクッキーは、ミスタードーナッツの定番メニューのオールドファッションに似ているという声があります。ザクザクとした表面や中身のしっとり感、素朴な味わいはオールドファッションに近いので、溶かしたチョコレートをかければオールドファッションのアレンジであるチョコファッションのようになります。

作り方も簡単で、チョコレートを溶かしてローズネットクッキーにかけるだけです。チョコレートも湯煎せず、電子レンジで溶かすだけで十分です。チョコレートをかけたあとはすぐに食べるのではなく、しばらく置いておいてチョコを固めるとパリッとしてより美味しくなります。

ローズネットクッキーは過食に気をつけて美味しく食べよう

いかがでしたか?ローズネットクッキーは、販売店が限られているものの山崎製パンのロングセラー商品です。ファンの間では隠れた名品とも呼ばれており、少しずつ販売店も減っているようです。その代わり、通販でも簡単に購入ができるので、ローズネットクッキーを食べてみたい方は通販を活用しましょう。ローズネットクッキーを食べてファンになった方は、再現レシピやアレンジした食べ方もぜひ試してみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ