スペイン料理を東京で楽しむならココ!おすすめ人気のバルを紹介!

スペイン料理を楽んでみたいという人は多いと思いますが、東京には本格的なスペイン料理を提供しているバルやレストランが案外多く存在します。東京のスペイン料理事情を掘り下げれば、本場さながらの雰囲気も含めて楽しめるお店から、スペイン料理を安いランチで試せるお店までさまざまな楽しみ方ができそうです。今回は、東京でスペイン料理を楽しむのであればここという、特におすすめで美味しいお店を紹介します。

スペイン料理を東京で楽しむならココ!おすすめ人気のバルを紹介!のイメージ

目次

  1. 1スペイン料理がおすすめの東京のお店でおしゃれに食事!
  2. 2スペイン料理が美味しい東京のおすすめバル「東京駅編」
  3. 3スペイン料理が美味しい東京のおすすめバル「渋谷・新宿編」
  4. 4スペイン料理が美味しい東京のおすすめバル「銀座・六本木編」
  5. 5スペイン料理が美味しい東京のおすすめバルは他にもたくさん!
  6. 6スペイン料理が楽しめる東京のお店は陽気で楽しい美味しい!

スペイン料理がおすすめの東京のお店でおしゃれに食事!

情熱の国スペインはさまざまな芸術やグルメが集い日本人にとっても旅行先として人気の国ですが、日本国内のスペイン料理事情もかなり熱くなってきています。ヨーロッパの料理といえばやはりフレンチとイタリアンが二大巨頭とはなっていますが、スペイン料理はそれらに通ずる部分もありつつ独自の美味しい料理が数多く存在し、多くの人を魅了しています。そんなスペイン料理は、最近では本格派のものを東京でも楽しめるのです。

今回は、そんな東京のスペイン料理事情を掘り下げていきます。東京に最近増えつつあるスペイン料理店・スペインバルの中でも、特におしゃれで特に美味しいお店を紹介します。デートや女子会にもぴったりのスペイン料理はぜひともおすすめ店を把握しておきたいものですが、安い価格で楽しめるランチスポットなども目白押しです。そんな安いランチも含め、東京のスペイン料理のおすすめ店をエリアごとに要チェックです。

Thumbスペイン料理といえば!タパスなどスペインバルで食べるべき定番メニューを紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

スペイン料理が美味しい東京のおすすめバル「東京駅編」

スペイン料理は東京のさまざまなエリアで楽しむことができますが、その中でもまず外せないのが東京駅周辺ではないでしょうか?東京駅はさまざまなシーンで利用することが多いですが、グルメスポットが多くスペイン料理も激戦区となっています。そんな東京駅だからこそ本当に美味しいスペイン料理のお店やランチを安い価格で美味しく楽しめるお店などを知っておけば、ランチ女子会やビジネスシーンでも利用できそうです。

お安いランチセットでスペイン料理「TOKYO Mar Mare」

東京駅のスペイン料理屋の中でも、安い価格でランチセットを食べたいのであれば、TOKYO Mar Mareがピカイチでおすすめです。TOKYO Mar Mareは地中海料理全般を楽しめる人気店であり、スペイン料理に代表されるような地中海の海鮮の味が特に人気です。ランチでは魚ランチか肉ランチかを選ぶことができ、価格はドリンクバーやサラダバーつきでなんと1100円と激安です。

東京駅のMar Mareの安いランチでは濃厚なブイヤベースまたはローストビーフをメインとして選ぶことができ、フランスやスペイン料理のエッセンスを楽しめます。気取りすぎないカジュアルおしゃれな空間は女子会などにもぴったりですが、東京駅八重洲口から徒歩3分というアクセスも魅力的です。安いランチタイムは11時半から14時半まで、ディナーは17〜23時半までとなっており、個室利用も可能です。

夜には貸切コースなどもあり、4500〜5000円程度で飲み放題つきのブイヤベースなどをメインとしたコースなどが人気となっています。また、単品では魚貝パエリアが1580円で楽しむことができ、スペイン料理の中でもパエリアに目がない人には特におすすめです。また、鮮魚のオーブン焼きもスペインのビルバオ風に仕上げたものやスペイン料理のエッセンスを加えたトリッパのトマト煮込みなど、ワインと相性のよい料理も多いです。

人気のスパニッシュランチが絶品「スペインバル Mon-CiRCULO 丸の内」

東京駅周辺でスペイン料理の安い美味しいランチを食べるスポットとしては、スペインバル Mon-CiRCULO 丸の内も忘れてはいけません。スペインバル Mon-CiRCULO 丸の内はパエリアが絶品すぎると話題になっており、東京随一の味を楽しめると口コミでも話題です。数量限定のパエリアランチは1200円で楽しむことができ、特大鍋で調理されていることで旨味がしっかり全体に行き渡った味わいは、1日10食限定で楽しめます。

そんな絶品パエリアの他にも、パスタパエリアであるフィデウアを1200円で楽しめるのも嬉しいものです。普段はなかなか食べる機会のないパスタパエリアは塩鱈や海老などの海鮮、さらにはキノコなどと炊かれることでえも言われぬ味わいになります。さらにスペイン料理の中でも煮込み料理の定番であるチリンドロンなども、本場の素材を使って作られる丁寧で優しい味わいが魅力的です。そんなランチタイムは、11〜14時半までです。

さらにスペイン産の熟成豚をあしらった東京の他のスペイン料理屋ではなかなか楽しむことができないスペイン料理ランチもホリデーランチとして楽しめるようですが、夜は17時半から23時半までの営業であり旬の食材にこだわった旬コースが5000円と安いのも嬉しいものです。そんなスペインバル Mon-CiRCULO 丸の内は東京駅丸ノ内口から徒歩4分のアクセスであり、落ち着いた居心地よい雰囲気の店内には34席が用意されています。

駅のおしゃれなワインバー「ウォルプタス東京駅グランルーフ店」

ウォルプタス東京駅グランルーフ店は東京駅直結のグランルーフ内にある人気店であり、11〜15時までを安いランチ、17〜23時までがディナーでありその間の時間もカフェ利用できる便利なお店です。イタリアンやスペイン料理を厳選して提供しており、通常のパスタも楽しめる上にパスタのパエリアであるフィデウアも楽しめるという人気店です。イタリアンもいいけれどスペイン料理も楽しみたいときには特におすすめです。

絶品と話題のフィデウアはレギュラーサイズが1600円・ラージサイズが2400円ですが、通常のパエリアも同じ値段で楽しめます。また、パスタ類はカルボナーラからトマトクリームや和風まで揃えており、1200〜1900円程度で楽しめます。さらにアヒージョも見逃すことはできない美味しさであり、エビとマッシュルームや牡蠣とベーコンなどの間違いない組み合わせを、950円で堪能できてしまいます。

東京駅のお店ということで席数が84席と多いのも魅力的であり、その中で広々としたテラス席やおしゃれなカウンター席など色々な席があるのも嬉しいものです。ワインの種類も豊富であり、イタリアやスペインだけでなくチリやオーストラリアなどのワインも取り揃えており、食事にぴったりのひとつを見つけることができそうです。仕事終わりなどにワインを飲みつつ、絶品のスペイン料理とイタリアンを堪能してみてください。

シーフードならここ「La Pesquera MARISQUERIA」

東京駅周辺にはさまざまなタイプのスペイン料理店を楽しむことができますが、La Pesquera MARISQUERIAはシーフードのスペイン料理を楽しむなら間違いないという人気おすすめ店です。大手町駅から徒歩2分の位置にあるLa Pesquera MARISQUERIAは11〜24時まで営業しており、ランチも含めて好きな時間に美味しい魚介のスペイン料理を楽しめます。138席と席数も豊富なので、色々なシーンで利用できるでしょう。

ランチでは週替わりのパエージャを1200円で楽しむことができますが、固定メニューのパエージャとしてはやりいかと海老のシーフードカルドソはパエージャよりも深い鍋で作るだしのきいた味わいがたまらない料理となっており、値段は1100円です。そしてディナーでは他にはなかなかないバスク風の蟹の甲羅焼きなどのタパスを650円、イベリコ豚のタンと豚トロの盛合せを850円などで楽しめます。

また、タコのガリシア風やアボカドのタルタル、ピクルスやムースなどの各種タパスはたったの500円で楽しむことができます。さらにディナーのパエージャとしてはパスタを使ったフィデウアが2000円の上に各種パエージャも3600円でシェア向きのサイズをお得に楽しめます。そんな海鮮スペイン料理をとことん楽しめる席数が豊富で居心地のよい空間は、大人数での宴会や女子会にもぴったりでしょう。

スペイン料理が美味しい東京のおすすめバル「渋谷・新宿編」

美味しいスペイン料理が楽しめるお店は東京の中でも東京駅周辺には特に多いですが、それだけでなく渋谷や新宿などの都心エリアも見逃すわけにはいきません。やはり都心エリアも東京の中でも特にグルメの激戦区であり、スペイン料理に関しても安い価格で美味しいものを楽しめるお店が非常に多いです。ミシュランガイドに選出された超人気店からお酒も一緒に楽しみたくなる人気店まで、渋谷・新宿のおすすめ店を要チェックです。

ミシュランガイド選出の実力派「サル イ アモール」

ミシュランガイドに選出されるほどの実力派の人気おすすめスペイン料理店が、サル イ アモールです。サル イ アモールは東京の中でも特におしゃれな代官山の人気店であり、代官山駅から徒歩4分・渋谷駅から徒歩8分のアクセスです。平日は17時半から24時まで営業しており、休日はランチも楽しめます。スペイン料理を代表するさまざまなお米料理の専門店となっており、パエリアだけでも地方ごとの特色を楽しむことができるのです。

パエージャ・バレンシアーナというバレンシア地方のパエリアは、3700円で鶏肉とウサギ肉をあしらった伝統的なバレンシアのパエリアを楽しめます。また、アロス・ネグロというイカスミのパエリアは3400円であり、イカスミ好きにはたまらない味わいです。また、汁気の残ったアロス・カルデロ・ムルシアノというパエリアは3300円でムルシア地方の伝統技を楽しむことができ、通常のパエリアよりも旨味がさらに強くおすすめです。

パエリアの数が東京の人気おすすめスペイン料理店の中でも特に多いのが、アロス・カルデロ・ムルシアノの特色だと言えます。そんなパエリアと一緒に飲みたいスペイン料理には欠かせないワインであるカバやその他各種ワインなども、スペインのものを厳選しスペイン料理に合うようにセレクトしています。土日のランチは2000円程度で冷菜とパエリアを楽しめるアロス・カルデロ・ムルシアノは、東京随一のお米料理の名店です。

豊富なピンチョスでまずはお酒を楽しむ「リザラン」

西新宿駅から徒歩5分・新宿駅西口から徒歩10分の位置にあるリザランは、東京都心でも特にパラエティ豊かなスペイン料理を安い価格で楽しめる人気スポットです。ランチタイムは11時半から15時まで、ディナーは17〜23時半まで営業しており、シックな装いの店内は大人のスペイン料理ディナーデートにもぴったりです。また、立ち飲みなどもできるので気軽に立ち寄ってちょっとスペイン料理を食べたいときにもおすすめです。

そんなリザランは、東京の数あるスペイン料理のお店の中でも、特にピンチョスの種類が豊富で美味しいと話題になっています。温製・冷製含め常時20種類以上あるピンチョスはをワインなどとの相性も抜群です。色々な食べ物をパンにのせた状態で少しずつ楽しめるので、種類を食べれば主食代わりにもなる上に主食を食べた後でも複数個ペロリといけてしまいます。色鮮やかでインスタ映えになる上に、値段も120円〜とかなり安いです。

さらに2時間飲み放題つきの8皿10種のコースが4500円と安いのも魅力的であり、東京の中でも新宿エリアで女子会をするときには予約するのもアリでしょう。さらにランチはスープ・サラダ・ご飯つきで鶏肉グリルやグラタンなどをたったの1000円で楽しめます。東京の他のお店で食べる豪勢なパエリアもよいけれど、スペイン料理と切っても切り離せないピンチョスの色々な味を楽しみたいなら、リザランは特におすすめのお店です。

青山女子会はここで決まり「青山TORO」

渋谷エリアの中でも特に表参道・青山エリアというのはおしゃれなお店が多く、スペイン料理に関しても青山TOROは特におしゃれで味も洗練された上品なものを楽しめるとして人気を博しています。スペインの田舎にあるちょっとしたお店のような雰囲気も人気の理由ですが、何と言っても本格仕様のパエリアが美味しいと話題です。現地のパエリア専門店で修行してきたスタッフが作るパエリアは、間違いない逸品です。

数あるパエリアの中でも、東京の他のスペイン料理店では味わえないような絶品だと話題のものが、アロスアバンダと呼ばれる海老の濃厚なパエリアです。複数種のエビを殻ごと煮詰めることで濃厚な旨味を引き出し、複雑な味わいを楽しめる2600円のパエリアは、女子会でぜひシェアして楽しみたいものです。さらにタパスもスペイン産のオリーブや生ハム盛り合わせなど、スペイン料理の王道を楽しむことができ、人気のようです。

また、ワインに関してもスペイン産のものを他の東京のお店ではあまり見かけない珍しいものを取り揃えており、女子会には欠かせないと言えます。そんな青山TOROは表参道駅から徒歩1分で、ディナーは17〜23時まで、席数は50席ほどです。また、ランチではタパスの盛合せのランチを1000円と安い値段で楽しむことができ、ランチタイムは12〜14時までですす。完全個室もあるので、まさに女子会にぴったりの人気店です。

朝まで自由なスタイルで楽しむ「シブヤバル209」

東京のスペイン料理屋・スペインバルの中でも、やはり朝まで営業しているお店というのはさまざまなシーンで重宝することでしょう。中でも渋谷のシブヤバル209は渋谷駅・神泉駅から徒歩5分のアクセスの上にタパスも豊富な種類を用意しておりおすすめです。50席ある店内は初めて訪れても非常に居心地がよく、17時半から翌日5時まで営業しており、土曜日は15時からオープンしているのも魅力的です。

そんなシブヤバル209の名物のひとつとなっているのがラクレットチーズであり、専用オーブンで焼き上げる味わいはこんがりした外側ととろりとした内側のコントラストがたまりません。そんなラクレットチーズは1280円で楽しめますが、同じ値段で海鮮のパエリアを気軽に食べることもできます。この値段でパエリアを食べられるのはかなり安いと言えますが。新鮮な素材を使った味わいは病みつきになること必至です。

他にもアヒージョやオリーブなどさまざまなタパスを安い値段で楽しむことができますが、そんな豊富な種類のスペイン料理とよく合うワインは19時までのハッピーアワーではボトルを全て1900円で楽しめるという魅力もあります。翌日5時まで営業しているシブヤバル209では、美味しいスペイン料理とワインを飲み、朝まで飲み明かしてボトルを皆で数本開けてしまうというのも楽しいかもしれません。

スペイン料理が美味しい東京のおすすめバル「銀座・六本木編」

東京の中でも東京駅周辺や東京都心のスペイン料理屋というのは特に利便性も高く、都会のオアシス的な雰囲気も魅力的です。一方で銀座や六本木などの華やぐ大人の街にも、スペイン料理の人気おすすめ店があるものです。ちょっとリッチな気分で女子会などを楽しみたいときにはぴったりのお店もぜひチェックしておきましょう。銀座や六本木のスペイン料理は、洗練された味と美味しいお酒を一緒に楽しめるスポットが多いです。

色々パエリアで女子会が楽しい「スペイン料理銀座エスペロ」

銀座でリッチに女子会というのもたまにはよいものですが、そんなときスペイン料理も選択肢にあると心強いものです。スペイン料理銀座エスペロは銀座駅・銀座一丁目駅から徒歩1分の駅近のお店であり、パエジャコンクールでさまざまな受賞歴のある敏腕シェフの味を楽しめます。そんなスペイン料理銀座エスペロで前菜としてまず楽しみたいのがスペイン産イベリコ豚の生ハムの盛り合わせであり、価格は2000円となっています。

また、アヒージョもさまざまな種類を用意しています。マッシュルームのアヒージョもあればエビのアヒージョもあるスペイン料理銀座エスペロですが、どれも1000円以下と安いのも魅力的です。さらにスペインオムレツなども一度は食べておきたい人気メニューですが、やはりコンペティションで受賞したという魚介類のパエジャを一人前1700円で楽しめるのは嬉しいものです。そんなパエジャ中心のコースは4000円強となっています。

そんな豪勢なコース料理を含めディナータイムは17〜23時まで楽しむことができますが、逆に11時半から15時までは平日日替わりランチを1150円で食べることができ、その内容は肉料理のこともあれば魚料理のこともあります。銀座らしい上品な空間には60席が用意されており、アンダルシア地方の洞窟をイメージした部屋などもあります。東京のスペイン料理屋の中でも、ひときわ女子会などにぴったりのお店としておすすめです。

ひとり飲みにもおすすめな人気店「フェルミンチョ ボカ」

銀座に安いランチや女子会ディナーで使える美味しいスペイン料理のお店があるのは実に嬉しいものですが、一方でフェルミンチョ ボカのようにひとり飲みにおすすめの人気店も銀座・六本木エリアにはあります。フェルミンチョ ボカは六本木アークヒルズサウスタワーにある人気店であり、一人でもスペイン料理をお酒とともに楽しみたいというときに利用しやすいスポットで、六本木一丁目駅から徒歩90秒のアクセスがまず魅力的です。

フェルミンチョ ボカは現地スペインでも話題のガストロバルと呼ばれる美食バルスタイルのスペイン料理を楽しめるお店であり、現地スペインのバスク地方の星付きレストランで腕を磨いた敏腕料理人による洗練された味を堪能することができます。生ハムやサラダひとつをとっても上品な味がすることで有名なフェルミンチョ ボカですが、シェフお任せのタパス盛り合わせは一人前で980円であり、マストで頼みたい味わいのようです。

また、注文してから焼き上げるスペインオムレツなども絶品と名高いですが、カタロニア風ソーセージのブティファラは1200円であり、一人飲みには欠かせない味わいでしょう。ランチではパエリアランチが1200円となっているフェルミンチョ ボカですが、昼は11〜14時半、夜は17〜23時までの営業です。カウンターが10席あるので一人でしっぽり誰にも邪魔されずにワインとタパスを楽しむには最高の空間でしょう。

スペインワインを深夜に飲める「バイスバスコ」

銀座駅から徒歩3分のアクセスであるバイスバスコは、スペイン料理の中でも特に美味しいと名高いバスク地方のスペイン料理を楽しめる一軒家風のお店です。バスクの地酒であるチャコリはもちろん、スペイン料理との相性抜群のスペインワインを50種類以上取り揃えており、ワインありきでスペイン料理を楽しみたいお店です。また、営業時間が17時半から翌日3時までと長いので、深夜にしっぽり飲むにも最適なお店となっています。

そんなバイスバスコでは、飲み放題付きでタパスからデザートまでを幅広く味わえるコースが5800円となっていますが、3階まで席が用意されており3階は屋根裏部屋のような雰囲気の一方で一階のハイチェア席などもかなりおしゃれです。そんなバイスバスコではまず好みに合わせておすすめのワインを選びつつ、タパスの盛り合わせを1050円で楽しみましょう。素材は国産も含め厳選素材にこだわっており、熟成肉なども提供しています。

また、スペイン料理のデザートの中でも伝統的なアロスコンレッチェやピニャコラーダなども食事の後に確実に食べたいと言われるほど人気であり、女性にも大人気です。スペイン料理ならではのエッセンスが取り込まれた魚料理や米料理なども人気となっていますが、料理ごとによく合うワインなどを尋ねて楽しむのもよさそうです。東京のスペイン料理で深夜営業をしておりワインの種類が多いなら、ピカイチでバイスバスコでしょう。

スペイン料理が美味しい東京のおすすめバルは他にもたくさん!

ここまで東京のスペイン料理が美味しいスペインバルを東京駅周辺や都心、銀座エリアなどを中心にみてきましたが、他のエリアにもスペイン料理が美味しいバルが多数存在します。その中でも特におすすめとなるお店を厳選してチェックしていくので、アクセスやキャパシティ、予算などに合わせてぜひ自分にぴったりのお店をみつけてみてください。

おしゃれ美味しい料理で気分もあがる「オセアノ 吉祥寺」

吉祥寺も東京随一のグルメタウンとして知られていますが、そんな吉祥寺ではオセアノ吉祥寺が特におすすめのスペイン料理バルとなっています。吉祥寺駅公園口から徒歩3分の立地で食前・食後には井の頭公園などをゆったり散歩するのもおすすめですが、オセアノ吉祥寺ではガスパチョなどのスープ系からオリーブやピクルスなどの前菜も充実している上に、アヒージョやパエージャなども本格仕様を楽しむことができるのが魅力的です。

17〜26時、日曜日は24時まで営業しているオセアノ吉祥寺では、ほどよく緑が配置された心地よい空間での食事を楽しむことができます。30席ある店内はしっぽりとしたデートなどにぴったりの雰囲気ですが、スペイン料理がどれも本格仕様であるのも人気の理由です。まず食べたいガスパチョは300円、イベリコ豚のソーセージは850円であり、アヒージョもお酒と相性抜群のエビのピリ辛アヒージョなどがあり、おすすめだと言えます。

さらにパエージャも魚介たっぷりのものとイカスミのものと定番二つを用意しており、2400円以下で楽しめるのはかなりリーズナブルだと言えるでしょう。東京のスペイン料理バルの中でも特にコスパのよい良店として知られているオセアノ吉祥寺ですが、コースも3500円でタパス盛り合わせやアヒージョ、パエージャと定番をとことん楽しめる充実した内容となっているので、特にお得にスペイン料理を食べたいときにはおすすめです。

ゆったりデートにおすすめ「カタルーニャ厨房 カサマイヤ」

東京の西エリアにも穴場的なスペイン料理の名店は数多く存在するものですが、町田の玉川学園前駅から徒歩4分のアクセスであるカタルーニャ厨房 カサマイヤは、ゆったりとデートするのにおすすめです。ランチタイムは12〜14時までであり、2160円・3600円・5400円の3つのコースからランチを選ぶことができます。2160円でも充実した内容であり、メインはパスタパエリアのフィデウアかソーセージのブティファラを選べます。

さらに5400円のコースであればシェフお任せの4品を楽しむことができます。店内は16席のみですが二人用のテーブル席が多く、スペイン料理を食べながらデートするにはぴったりですが、貸切で立食パーティーなどを開催することも可能となっています。さらに夜にはより多くのカタルーニャ地方の料理を堪能できますが、本場のスタイルでありながら日本の質の高い素材なども活かし、タパス類は390円〜と安い価格で楽しめます。

さらにソーセージなどのグリル料理からパエリアなどのお米料理まで充実しており、フランと呼ばれるプリンも常時5種類以上から選べるというのも魅力的なポイントです。ランチ同様に5400円のコースでは4品の料理に名物のデザートまで充実しており、ちょっと特別な日のデートにはぴったりです。東京都心の忙しない喧騒から離れてスペイン料理ディナーを楽しみたいときには、カタルーニャ厨房 カサマイヤを利用してみてください。

美味しいラムチョップの人気店「スペインバルカリエンテ」

本郷三丁目駅から徒歩1分の位置にあるスペインバルカリエンテでは、絶品のスペイン料理の数々とともにニュージーランド直送の新鮮なラムチョップを堪能できます。木のぬくもり溢れる店内は昭和初期の民家を改装して作られているからこその温かみに満ちており、ラムチョップを含めたタパスを美味しく楽しむためのワインやサングリア、その他のドリンクも豊富に取り揃えられています。

ビールに関してもスペインの人気ビールを樽生で楽しむことができ、その値段は一杯980円です。そんなビールとも合わせて楽しみたいラムチョップは一本590円であり、ラム肉の概念を変えるほど美味しいと言われています。さらにスパニッシュソーセージは1080円となっており、海老のアヒージョもシェリー風味のものを880円で楽しめます。さらにパエリアも、季節のものを1980円で楽しめます。

さまざまなスペイン料理とともにラムチョップを楽しめるお店は東京にも他になかなかありませんが、18〜26時まで営業しており、お酒を夜遅くまで楽しめるのも実に魅力的です。席数はおよそ60席で二階席を半個室として貸切で楽しむことも可能です。吹き抜けになっており開放感のあるロッジ風の民家改装空間は、ついつい長居してしまうような居心地のよさで、一人飲みでも女子会でも利用する価値が高いでしょう。

陽気な雰囲気が大人気「maru 2F」

東京のスペイン料理店の中でも、特に陽気な雰囲気を楽しむことができるのが、八丁堀の酒屋宮田屋の二階にあるmaru 2Fです。酒屋が営むバルということで東京のスペインバルの中でもスペインワインなどに限らず美味しいお酒を各種用意しており、それでいてタパス類やパエリアなども充実しているのが嬉しいものです。16時半から23時まで営業しており、八丁堀駅を出てすぐのところにあるなどアクセスも抜群です。

東京には洗練された雰囲気や味わいのスペイン料理店というのも増えてきましたが、本場のスペインバルの真骨頂とも言える陽気さを味えるのがmaru 2Fの魅力です。60席もある店内は席数に対応したほどの広さは感じず、だからこそ皆でワイワイ楽しむのに適しています。そんなmaru 2Fでは、地鶏と魚介のパエリアを2400円で楽しむことができ、東京で楽しめるパエリアの中でも特に欲張りな人にはおすすめの逸品です。

また、生ハムに関しても最上級ハモンイベリコ・ホセリートとハモンイベリコ・シンコホタスという東京の他のお店ではなかなか楽しむことのできない最上級の二つを組み合わせて堪能できます。そんな生ハムとの相性抜群なお酒はビールからワイン、テキーラやウイスキーなどさまざまな種類から選ぶことができ、お酒にこだわりたい人にもおすすめです。

スペイン料理が楽しめる東京のお店は陽気で楽しい美味しい!

今回は東京にあるおすすめスペイン料理店を厳選してみてきましたが、いかがでしたでしょうか?スペイン料理のお店というのは陽気で楽しい雰囲気のバルが多く、定番のスペイン料理から日本ではまだあまり知られていない本格的なスペイン料理までを楽しむことができます。東京の中でも利便性の高い東京駅周辺はもちろん、華やぐ銀座や六本木エリアだけでなく、都心から西側のエリアにも美味しいお店が案外多く存在します。

今回紹介したスペイン料理のお店は、デートや女子会にぴったりなお店も多いので、安い上に美味しいスペイン料理を皆とシェアしながらお酒なども飲んで楽しんでみてはいかがでしょうか?パエリアなどのご飯ものをがっつりシェアするのも楽しいですし、生ハムなどを食べながらスペインワインをしっぽり飲み談笑するのもよさそうです。ぜひ東京のスペイン料理をシーンにも合わせておもいおもいの形で満喫してみてください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ