コーヒーの美容健康効果が凄い!効能を上げる飲み方と飲みすぎのデメリット!

コーヒーの効果効能を知っていますか。コーヒーはカフェインを多く含んでいるので眠気予防として飲んでいる方も多いです。実はコーヒーには、眠気予防の他にも美容効果や健康効果もあります。今回は、コーヒーの効能を上げる飲み方や飲みすぎによるデメリットを紹介します。

コーヒーの美容健康効果が凄い!効能を上げる飲み方と飲みすぎのデメリット!のイメージ

目次

  1. 1コーヒーの効果効能で健康な体へ
  2. 2コーヒーの成分効果
  3. 3万能薬にもなるコーヒーの健康効果と効能
  4. 4コーヒーの美容効果と効能
  5. 5コーヒーのデメリットによる健康効果への危険性
  6. 6妊娠中や授乳中の方へのコーヒーのデメリット
  7. 7コーヒーのデメリットによる美容効果への危険性
  8. 8効果効能を上げるコーヒーの種類
  9. 9効果効能を上げるコーヒーの飲み方
  10. 10コーヒーを飲むタイミング
  11. 11健康効果や美容効果もあるコーヒー

コーヒーの効果効能で健康な体へ

コーヒーとは、コーヒーノキの果実から採れたコーヒー豆を焙煎し挽いたものをお湯や水に溶かして飲む飲料です。昔は、健康管理の秘薬として使われていましたが、焙煎技術により一般的な嗜好品として広まりました。コーヒーは、カフェインを多く含むので健康を害すると誤解されがちですが、飲み方や飲む適量を知っていれば美容や健康効果を多く得ることが出来ます。ではコーヒーの効果効能にはどういったものがあるのでしょうか?

コーヒーの成分効果

カフェイン

コーヒーの成分で最も知られているのがカフェインです。カフェインは、眠気覚ましや利尿作用が主な働きです。なぜ、眠気覚ましになるのかというと自律神経の働きを高め、運動機能を向上させる効果があるためです。カフェインはコーヒーの他にもお茶や炭酸飲料など普段口にする飲み物にも含まれています。コーヒーはカフェインが多いと思われがちですが、玉露にはコーヒーよりも多い量のカフェインが含まれています。

コーヒーポリフェノール

ポリフェノールは、ワインに多く含まれ健康への効果効能も高いため注目されている成分の一つです。コーヒーにもコーヒーポリフェノールが含まれていて、実はカフェインよりも成分量が多くなっています。ポリフェノールの含有量でいうと緑茶よりも高く、ワインに次ぐ含有量があります。コーヒーの美容や健康効果が高いのはポリフェノールの成分によるものも多いです。

コーヒーノキの実は、真っ赤なさくらんぼのように見えるのでコーヒーチェリーと呼ばれています。海外ではサプリなどになっていて、栄養価が高いと評判のようです。コーヒーチェリーは特に抗酸化作用の働きが高いため老化予防になります。コーヒーが苦手という方は、コーヒーチェリーの摂取でも健康管理が出来るのでおすすめです。

万能薬にもなるコーヒーの健康効果と効能

脳の活性化

コーヒーを朝、眠気覚ましのために飲んでるという方は多いのではないでしょうか?その効果はコーヒーに含まれるカフェインによるものです。カフェインを摂取すると脳にある神経に働き、体は疲れていても脳は活発に動く性質があるためです。脳の活性化により、認知症やアルツハイマーなどの記憶に関する病気の予防にもなると言われています。

ウィルス抑制

thecoffeetime_homeさんの投稿
28158237 192147284717807 3039402227706888192 n

風邪を引いた時にもコーヒーは有効です。カフェインは血液収縮効果があるので脳の血管が拡張し引き起こされる頭痛の緩和にもなります。また交感神経を刺激するので発汗作用が高まり、新陳代謝が良くなるので風邪などのウィルスが早く排出される効果も期待出来ます。気管支拡張の効果もあるので喘息の方にも効果があると言われています。薬を服用する場合は、コーヒーにもデメリットがあるので注意する必要があります。

リラックス効果

コーヒーを飲んだら落ち着いてリラックス出来た経験はありませんか?コーヒーにはストレスを軽減させる効果もあります。コーヒーを飲んだ時にリラックスした時にでるα波が同じように出ることがわかっています。コーヒーの香ばしい匂いを嗅いだ時、コーヒー特有の苦味、酸味がストレス解消に繋がっているようです。コーヒー豆の焙煎の仕方によりリラックス効果効能は変化します。

asu.0401さんの投稿
28151737 331453587361540 7116551747643899904 n

コーヒーのストレス解消効果は、コーヒー豆の産地や焙煎の仕方により変わります。焙煎の仕方には、浅煎り、中煎り、深煎りがあります。最もストレス解消に効果があるのは深煎りのコーヒーです。コーヒーの効果により、コーヒー豆を変えたり焙煎の仕方も変えてみるとより効能を上げることが出来ます。コーヒー豆の定番のブルーマウンテンやグアテマラは、ストレス解消効果が高い豆と言われています。

利尿作用効果

hirano37さんの投稿
28429286 1516473328451406 5821903649483259904 n

コーヒーには利尿作用があります。利尿作用が高いと体の中に入ったウィルスや老廃物を外に出す回数が増えるのでウィルスなどの排出が促進されます。また、利尿作用には血圧を下げる効果もあるので高血圧の方にもおすすめです。飲みすぎるとトイレに行く回数が増えてしまうので就寝前やトイレに行けない状態の時は、飲むことを控える必要があります。利尿作用は、場合によってはデメリットにもなります。

april.kareiさんの投稿
28154230 1673672229322134 9058104414018994176 n

コーヒーの利尿作用は、アルコールを摂取した後の二日酔いにも効果があります。利尿作用により早くアルコールを体外に出すことができるので回復を早める効果が期待出来ます。近年の研究結果によると肝臓にも良いことがわかっています。コーヒーを飲む量によりアルコールによる肝硬変のリスクを下げる効果があるそうです。肝硬変だけではなく、肝臓がんのリスクも抑えられることが出来ます。

うつ病の予防

コーヒーにはストレス解消効果があるのでそれに伴い、うつ病の予防にもなります。うつ病は現代病とも呼ばれ、ストレスが主な原因で引き起こされる病気です。一度病気にかかってしまうと治療に長期間かかることも多いので定期的にストレスを解消させることはとても重要です。またコーヒーと自殺の関係性の研究も進められ、コーヒーを飲んでる方は飲んでいない方と比べて自殺のリスクが低下することもわかっています。

コーヒーの美容効果と効能

抗酸化作用

コーヒーにはポリフェノールが含まれています。ポリフェノールの成分クロロゲン酸により抗酸化作用の効果があります。肌のシミ予防や老化予防になり、健康的な肌を作る美容効果があります。コーヒーのクロロゲン酸が直接働き、肌のメラニン色素が増えるのを予防してくれます。肌の酸化を防いでくれるのでシワにも効果があり、アンチエイジングにも繋がります。

ポリフェノールの効能は、シミやシワだけでなくニキビにも有効的です。ニキビは、毛穴に皮脂や角質が詰まることが原因です。ポリフェノールの抗酸化作用により、皮脂の酸化を防ぎ、毛穴に詰まりにくくなるためニキビを予防することが出来ます。また血行が良くなることにより、肌を明るく見せるのでくすみ予防にもなります。コーヒーの飲みすぎは、肌へ逆効果になるので注意しましょう。

ダイエット効果

コーヒーに含まれるカフェインには胃腸の働きを促進する効果があります。胃腸の調子が良いと便秘の解消が期待出来ます。便秘が解消することにより、老廃物が体外に出されダイエットにもなります。便秘は肌荒れの原因にもなるので便秘を解消することで美容効果も発揮されます。老廃物を常に排出することにより、美容効果だけでなく健康管理もしやすくなります。

コーヒーのカロリーは、1杯約10kcalととても低いのでダイエット中でもカロリーを気にすることなく飲むことが出来ます。コーヒーに含まれるクロロゲン酸の効果で胃液の分泌量を増やし消化を促進します。促進することのより、脂肪燃焼効果も期待出来ます。約10kcalというのはブラックコーヒーのカロリーなので、砂糖やミルクを入れてしまうと大幅にカロリーや糖分が増えるので注意が必要です。

コーヒーのデメリットによる健康効果への危険性

カルシウム不足

コーヒーを飲みすぎるとカルシウム不足になります。コーヒーには利尿作用があるのでカルシウムやミネラルなど体に必要な成分も一緒に体外に排出されてしまうためです。カルシウム不足になるとイライラしやすくなったり、骨がスカスカになり骨粗鬆症になる可能性が高まるので注意が必要です。

鉄分不足

コーヒーに含まれるタンニンが原因です。タンニンは鉄分の吸収を妨げてしまうので、コーヒーを飲みすぎると鉄分不足になってしまいます。タンニンはワインやお茶などにも含まれています。またコーヒーに入れるミルクの成分カルシウムにも同じような作用があるので、コーヒーにミルクを入れて飲む場合は特に気をつけましょう。鉄分不足になると貧血になり、立ちくらみやめまいが症状として出てきます。

心臓への負担

コーヒーに含まれるカフェインにより、神経が過度な興奮状態になり動悸や不整脈を引き起こす可能性があります。またカフェインを多量に摂取することにより、脳が覚醒し過ぎてしまい眠れなくなります。不眠になると自律神経が乱れ、精神面にも影響を及ぼします。いずれも飲みすぎた場合なので毎日適量飲む分には問題ありません。就寝する約4時間前は、コーヒーの摂取を控えることをおすすめします。

あまり知られていませんが、コーヒーアレルギーも存在します。コーヒーを飲んで吐き気や気分が悪くなる方はコーヒーアレルギーの可能性があるのでコーヒーの摂取を控える必要があります。コーヒーアレルギーは、遅発型アレルギーと呼ばれていて、飲んだ直後は症状が出ず時間が経つと症状が出てくるそうです。また持病をお持ちの方も注意が必要です。

妊娠中や授乳中の方へのコーヒーのデメリット

カフェインには、デメリットもあるので特に妊娠中や授乳中の方は注意が必要です。日本では妊娠中のカフェイン摂取量を明確に定めらてはいないそうですが、明確に定めらている国もあります。妊娠中にコーヒーを飲みすぎると早産、流産、胎児の発達障害につながる可能性があります。また授乳中にカフェインを多量に摂取すると母乳にも成分が流れてしまいます。

コーヒーのデメリットによる美容効果への危険性

コーヒーの利尿作用による過度なビタミンやミネラルの排出により、健康面だけでなく美容面でも影響を及ぼします。健康的な肌を保つためには、ビタミンやミネラルは不可欠です。ビタミンが不足することにより、シミやシワなどに影響し肌のハリが失われてしまいます。またコーヒーの飲みすぎにより、胃が荒れてしまうとニキビや吹き出物ができやすくなってしまいます。

kenta_life_cafeさんの投稿
28430543 156021638444246 8212268106093953024 n

過度に覚醒してしまうと眠れなくなり、睡眠不足になります。睡眠不足になると新陳代謝が低下し、自律神経が乱れてしまいます。自律神経の乱れが原因となり、肌のターンオーバーも低下します。美肌を保つためには、肌のターンオーバー機能をしっかり働かせることが大切なのでコーヒーの飲み方にも気を配ることが重要です。

効果効能を上げるコーヒーの種類

gentledripperさんの投稿
28156465 1804650103174357 1123803073743945728 n

コーヒーにも簡単で手軽に飲めるインスタントコーヒーや缶コーヒーなど様々な種類があります。コーヒーの効能を上げるのであればインスタントコーヒーよりも自家焙煎をおすすめします。焙煎にも浅煎り、中煎り、深煎りがあります。抗酸化作用を上げたい方は、浅煎りが効果的です。クロロゲン酸は、熱に弱い性質を持つため深煎りよりも浅煎りの方が多く含まれています。

リラックス効果効能を上げたい方は、深煎りのコーヒーを飲むと効果的です。その時の気分やストレスの負荷に合わせ、コーヒー豆の煎り具合を調整して飲むとより効果が発揮されます。飲みすぎるとデメリットの方が多くなってしまうので少量でリラックスしたい方は、エスプレッソをおすすめします。エスプレッソは深煎りで豆を少量しか使わないのでカフェインも少ないのが特徴です。

Thumbコーヒー豆おすすめランキングTOP23!市販や通販でおいしいと人気なのは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

効果効能を上げるコーヒーの飲み方

ekusoy_rさんの投稿
28427274 224710291425059 373586065111384064 n

効果効能を上げるコーヒーの摂取量は、健康な成人であれば1日3〜5杯飲むことをおすすめします。この数値は1日の最大摂取量なので1日1杯でもコーヒーの効果は十分に発揮されます。またこの最大摂取量は体重や健康状態にもよるのであくまで目安になります。1日の摂取量を超えてしまうと逆効果になり、コーヒーの効果効能がデメリットになるので適量を摂取しましょう。

purple.6890さんの投稿
19429334 241361263026188 2978120272822927360 n

コーヒーの効果効能は、ブラックで飲む場合により多く発揮されます。世界中でコーヒーはメジャーな飲み物になり、コーヒーラテやホイップクリームをトッピングしたものなど種類がたくさんあります。ブラックが苦手という方には少量のミルクのみを入れることをおすすめします。クリーム、砂糖などトッピングが多いものは、糖質過多になり健康を損なう恐れがあります。飲みすぎには気を付けましょう。

コーヒーを飲むタイミング

コーヒーには、デメリットもあるので飲み方だけではなく、飲むタイミングも考える必要があります。まず、空腹の時に飲むのは禁物です。空腹の時にコーヒーを飲んでしまうと胃腸が荒れてしまうためです。食事の前に飲んでしまうと満腹感を感じてしまい、食事が美味しく食べられない可能性もあります。朝食後に飲むことをおすすめします。朝食後に飲むことにより、胃を荒らさずに覚醒作用も得ることが出来ます。

jet_yoshiさんの投稿
28434052 151278412221299 4738826413417693184 n

コーヒーの覚醒効果は約4時間持続すると言われているので就寝前には飲まない方がいいでしょう。睡眠不足になるとコーヒーのメリットがデメリットになり、美容効果もなくなってしまいます。仕事の合間にコーヒーブレイクを取ると気持ちもリフレッシュされ、脳の機能も活性されるのでストレス解消になります。

健康効果や美容効果もあるコーヒー

コーヒーはあまり体によくないイメージが多かったのではないでしょうか?実は、コーヒーの成分カフェインの効果は覚醒作用だけではなく、利尿作用など健康面での効果が期待出来ます。コーヒーのもう1つの成分ポリフェノールには、シミ予防やシワ予防など美容面での効果も期待出来ます。デメリットとしては精神面や貧血などを引き起こす可能性があります。くれぐれもコーヒーの飲みすぎには注意しましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ