鶏胸肉の栄養効果・効能を紹介!皮なしの栄養成分なども調査!

鶏胸肉は低カロリーでタンパク質などの栄養成分が多く含まれているため、ダイエット中の方や身体を鍛えている方など、男女共に大人気の食材です。皆さんは、鶏胸肉の栄養効果や栄養成分について、詳しく知っていますか?鶏胸肉が人気とは知りつつも、栄養効果や栄養成分についてまではよく分からないという方も多いかもしれません。今回は、鶏胸肉の皮なしの場合なども含め、栄養効果や栄養成分について詳しく掘り下げていきたいと思います。鶏胸肉を使ったおすすめのレシピなども紹介していきますので、ぜひ参考にしてみて下さい!

鶏胸肉の栄養効果・効能を紹介!皮なしの栄養成分なども調査!のイメージ

目次

  1. 1鶏胸肉の栄養効果が知りたい!
  2. 2鶏胸肉はどんな肉?
  3. 3鶏胸肉の栄養成分とその効果を紹介!
  4. 4鶏胸肉の栄養はダイエットに効く?皮なしの効果は?
  5. 5鶏胸肉の栄養を摂るためのおすすめレシピ
  6. 6鶏胸肉で栄養をたくさん摂ろう!

鶏胸肉の栄養効果が知りたい!

鶏胸肉というと、皆さんはどのようなイメージがありますか?カロリーが低そう、タンパク質が多く含まれていそうなど、栄養効果や栄養成分が高いというイメージを持っている方が多いのではないでしょうか?鶏胸肉は、多くの栄養効果、栄養成分を持つ上にヘルシーで比較的安く買えるという、とても魅力的な食材です。

そんな魅力的な食材である鶏胸肉の栄養効果、栄養成分について、鶏胸肉がどんな食材なのかを基本的なところから順にこれから詳しく紹介していきたいと思います。食卓に並ぶことも多い鶏胸肉について、詳しく知っておくことで、今後の食生活を豊かにすることができるのではないかと思います。ぜひ、最後までチェックしてみて下さい。

鶏胸肉はどんな肉?

鶏胸肉は鶏肉の中でもどんな部位だか皆さんは知っていますか?鶏肉は比較的スーパーなどで安価に手に入れることができるため、食卓に登場する回数も多い身近な食材なのではないかと思います。鶏肉といえば、鶏胸肉の他にも鶏もも肉やささみなども家庭料理で人気の食材です。

これから、鶏肉の中でも鶏胸肉がどのような部位の食材なのかを詳細に確認していきます。また、鶏胸肉以外の他の部位との比較や違いなども紹介していきたいと思いますので、ぜひ確認して下さい。今後の食材選びに役立つことまちがいなしです。

鶏胸肉は鶏もも肉と並ぶ代表的な部位

鶏肉は、比較的スーパーなどで安価に手に入れることができることから、主婦の味方として人気の食材です。皆さんの家庭でも食卓に登場する回数は多いのではないでしょうか?特に、料理をする上で使うことの多い鶏肉の部位は、今回紹介する鶏胸肉と、鶏もも肉なのではないかと思います。鶏胸肉は、鶏もも肉に並ぶ代表的な部位であることは間違いありません。

これから鶏胸肉の部位について説明していきます。鶏胸肉は、上記の絵に示されている通り、鶏の胸部分の肉のことをいいます。特徴としては、脂肪分が少なくさっぱりとして食べやすいという点があります。肉に厚みがあり、淡泊であっさりとした味が特徴です。

もう一つの代表的な部位である鶏もも肉は、鶏胸肉に比べると柔らかくジューシーな食感が特徴です。脂肪分が特に皮の部分に多く、旨味があるため人気の部位です。もしかしたら、鶏胸肉は鶏もも肉よりも少しパサパサする、鶏もも肉の方がジューシーで美味しく食べることができるというイメージの方もいるかもしれません。

鶏肉はほかにも様々な部位が

鶏肉の代表的な部位である鶏胸肉と鶏もも肉がどんな部位なのかを確認してきましたが、鶏肉には他にも様々な部位があります。まず、よくスーパーなどで見かける部位として、ささみがあります。ささみは、胸肉の一部で、脂肪がほとんど入っていない部位でダイエット中の方や胃腸を休ませたいときに適しています。鶏胸肉同様、淡泊であっさりとした味わいが特徴です。

次に、鶏肉の代表的な部位は手羽先と手羽元です。上腕から指までの部分を手羽といい、上腕部分を手羽元、手羽元以外を手羽先といいます。コクがあり濃厚な味わいが特徴で、脂肪量もバランスが良く柔らかいい食感をしています。

他にも、鶏肉の有名な部位としてレバーがあります。レバーといえば、鉄分を多く含む鶏肉の内臓の部位です。しっとりとした食感で、コクのある味わいが特徴です。旨味のある部位ですが、少しクセのある味のため、好き嫌いが分かれる部位でもあります。

鶏胸肉の栄養成分とその効果を紹介!

これまで、鶏肉の部位について紹介してきました。次に、鶏胸肉の栄養成分、栄養効果について、とり詳しく掘り下げていきたいと思います。なんとなくヘルシーなイメージ、身体に良さそうというざっくりとしたイメージから、より具体的に鶏胸肉の栄養成分、栄養効果について皆さんに知ってもらえるよう紹介していきます。

爪や髪の毛の修復に役立つたんぱく質

皆さんは、タンパク質の栄養効果や働きを知っていますか?タンパク質は、人間の体の15%~20%を構成しています。タンパク質は肌や髪、爪、筋肉や臓器、免疫物質、体内のホルモンや酵素を生成している、人間のとって大切な栄養成分です。そんな重大な栄養効果を持つ栄養成分であるタンパク質を多く含むのが、鶏胸肉です。

鶏胸肉は、100gあたり23.3gのタンパク質を含む、高タンパク質の食材として人気です。比較的低カロリーでヘルシーな部位にも関わらず、効率よくタンパク質を摂取することができるので、嬉しい方も多いのではないでしょうか?皮なしの場合でも、カロリーが下がる上に豊富なタンパク質を取ることができるため、ダイエット中の方や、ジムなどで身体を鍛えている方にとてもおすすめの食材です。

疲労回復を助けるイミダゾールジペプチド

鶏胸肉には、イミダゾールペプチドという栄養成分を多く含まれています。イミダゾールペプチドは、人間の自律神経中枢を含む脳と、主要な骨格筋に豊富に含まれている栄養成分です。イミダゾールペプチドは、悪玉の活性酸素を取り除く働きがあり、自律神経を整える栄養効果があるため、疲労回復を助けることができます。

学校や仕事、育児などで肉体的にも精神的にも慢性的な疲労症状を抱えている方は多いのではないでしょうか?鶏胸肉を食べることで、このような栄養成分であるイミダゾールペプチドを摂取することができるため、鶏胸肉は疲労回復を助ける食材といえます。イミゾダールペプチドは、睡眠の質を高める栄養成分とも言われているため、睡眠不足の方にもおすすめです。慢性的な疲労症状で困っている方は、ぜひ積極的に鶏胸肉を食べましょう。

ダイエットに効果的なビタミンB6

鶏胸肉には、豊富なビタミンB6が含まれています。皆さんは、ビタミンB6の栄養効果を知っていますか?ビタミンB6の特徴をこれから紹介していきます。ビタミンB6は、水溶性のビタミンで、食べ物から摂ったタンパク質や脂質、炭水化物をエネルギーなどの体に必要なカタチに作り変える働きを持っています。この作り変える働きのことを代謝といいます。

ビタミンB6は、タンパク質や脂質、炭水化物などの多くの栄養成分の代謝に影響をもたらしています。中でも、血液、ホルモン、筋肉、免疫に関係する抗体などの材料となる栄養成分であるタンパク質を構成するアミノ酸の合成を促す効果がとても重要です。ビタミンB6不足の方は、肌荒れや口内炎、下痢、貧血などが症状に現れる可能性があります。妊娠中の方も、お腹のの胎児のためにビタミンB6を積極的に摂ることを推奨されています。

また、ビタミンB6はダイエットに効果的であると言われています。ビタミンB6の栄養効果は、タンパク質の代謝を助けるだけでなく、脂質と炭水化物の代謝も助けてくれるからです。さらに、肝臓に脂肪がたまるのを妨げる効果もあります。人間の身体は、脂質の代謝によってエネルギーを産生し、コレステロールや脂肪酸といった細胞膜の成分が作りだされます。

そのため、ビタミンB6が不足すると皮膚や粘膜が荒れ、肌荒れや口内炎などの症状が出る可能性があり、健康状態に大きな影響がある栄養成分です。また、ビタミンB6には他にも栄養効果があり、神経機能を正常に保つ効果があります。ビタミンB6は、神経細胞間で情報を伝える神経伝達物質の合成に必要な栄養成分で、不足をすると手足のしびれやけいれん、悪阻の悪化などの症状が出る可能性があります。

続いて、ビタミンB6が不足した場合、血液中のホモシステインという物質が増え、動脈硬化うあアルツハイマー病になる可能性が高まると言われています。また、ビタミンB6はナイアシン不足を予防する効果も期待できます。

ここまで紹介をしてきたように、ビタミンB6にはダイエットにも健康にも高い効果があります。高い栄養効果のあるビタミンB6を効率良く摂取することができるため、鶏胸肉は人気の食材であり、積極的に食事に取り入れていきたい食材です。

鶏胸肉の栄養はダイエットに効く?皮なしの効果は?

これまで、鶏胸肉の部位としての特徴や栄養効果について掘り下げてきましたが、鶏胸肉に期待する栄養効果として特に期待している方が多いのは、ダイエット効果ではないでしょうか?鶏胸肉を皮なしで食べると、ダイエットに良いなどと聞いたことのある方も多いかもしません。

では、実際に鶏胸肉を皮なしで食べることでダイエット効果は期待できるというのは本当なのでしょうか?そんな鶏胸肉を皮なしで食べる場合のダイエット効果も含めて、これから主に鶏胸肉のダイエット効果について紹介していきます。ぜひ、現在ダイエット中の方やダイエットを始める予定の方は、参考になる情報だと思いますので、チェックしてみて下さい。

鶏胸肉のカロリーは元々低め

鶏胸肉のカロリーが比較的低く、ヘルシーな食材であるというイメージを持った方は多いのではないでしょうか?実際に、鶏胸肉はダイエット中の方に大人気の食材です。では、具体的に鶏胸肉のカロリーについて説明していきます。

分かりやすく、100gあたりのカロリーを肉の部位別に見ていきたいと思います。例えば牛肉の場合、バラ肉は517キロカロリー、サーロインは498キロカロリーと高カロリーです。牛肉の中で比較的低カロリーの部位としては、ヒレ肉が221キロカロリーとなっています。

次に、豚肉のカロリーについてです。豚肉では、バラ肉が434キロカロリーと高カロリーの部位になっていて、比較的低カロリーなのはロースに肉263キロカロリーとなっています。また、牛肉も豚肉も、ヒレ肉は100キロカロリー前半と、より低カロリーの部位となってます。

では、最後に鶏肉について見ていきましょう。まずは、鶏もも肉の場合ですが、鶏もも肉のカロリーは253キロカロリーでこちらも比較的低カロリーです。そして鶏胸肉は、244キロカロリーとこちらも低カロリーの部位となっています。しかし、上記のカロリーはあくまで皮つきで鶏もも肉や鶏胸肉を食べた場合の数値のため、ダイエット中でカロリーを抑えたい方には皮なしがおすすめです。

皮なしだとカロリーがもっと低く!

上記で牛肉や豚肉、鶏肉の皮つきの場合のカロリーを確認し、それぞれ高カロリーの部位と低カロリーの部位のイメージがついてきたのでなないでしょうか?では、ダイエット中の方に特におすすめしたい低カロリーの部位の食べ方として、鶏肉を皮なしで食べるという方法です。牛肉や豚肉と同様に、鶏肉を皮なしで食べた場合のカロリーも確認していきます。

まず、鶏もも肉を皮なしで食べた場合のカロリーは、100gあたり138キロカロリーと非常に低カロリーになっています。鶏肉がヘルシーな食材と言われる理由がよく分かるのではないでしょうか?そして、鶏胸肉を皮なしで食べた場合の100gあたりのカロリーですが、鶏もも肉よりさらに低カロリーの、121キロカロリーとなっています。

先述のように、身体に大切な高い栄養効果のある食材でありながら、低カロリーということで、鶏胸肉はダイエット中の方やダイエットを始めたい方にとってとっても嬉しい食材です。ダイエット中の方に鶏胸肉が人気なのも頷けると思います。ぜひ、ダイエット効果を期待する方は、鶏胸肉を皮なしで積極的に摂りいれていきましょう。

鶏胸肉の栄養を摂るためのおすすめレシピ

ここまで鶏胸肉について掘り下げてきましたが、実際に鶏胸肉を活用して料理をしてみたい方は多いのではないでしょうか?これから、鶏胸肉の栄養を摂ることのできるおすすめレシピを2つ紹介していきます。どちらも簡単で作りやすいレシピなので、ぜひ普段の食卓に取り入れてみて下さい。

皮なし鶏胸肉をさっと茹でてサラダに

材料は、皮なし鶏胸肉150g、砂糖小さじ1、塩小さじ1で三人前で、まず鶏胸肉を一口大の削ぎ切りにし、砂糖を揉み塩も加えます。そのまま1時間以上置き、味を染み込ませましょう。その後、耐熱容器を使用し、電子レンジで3分間温めて下さい。あとは、お好みのサラダやドレッシングを組み合わせるだけで、簡単な上に腹持ちも良く、野菜を摂ることができるおすすめのレシピです。

定番のぱりぱり照り焼き

材料は、鶏胸肉1枚、小麦粉、塩コショウ適量で一人前です。ソースは、醤油・みりん・料理酒をそれぞれ大さじ2杯、砂糖大さじ1杯、にんにく、しょうがを少々です。

まず、鶏胸肉に塩こしょうで味つけをし、小麦粉をまぶします。フライパンを中火にし、鶏胸肉がパリパリになるまで両面を焼きます。最後にソースの材料を入れ、味を調えたら完成です。お好みの野菜を添えましょう。

鶏胸肉で栄養をたくさん摂ろう!

さて、今回は鶏胸肉について詳しく掘り下げてきましたが、いかがでしたでしょうか?鶏胸肉がとても魅力的な食材であると思われた方も多いのではないかと思います。鶏胸肉は低カロリーでダイエットにも最適で、その上栄養効果も非常に高い万能な食材です。ぜひ、ダイエット中の方や、健康を気にされている方は、積極的に食事に取り入れていきましょう。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ