ハマボウフウは食べられる?食べ方や生息地・栽培方法を紹介!

ハマボウフウとはどんな植物なのでしょうか?実はハマボウフウは食べることもできて、漢方薬などにも使われる植物として知られています。今回は「ハマボウフウは食べられる?食べ方や生息地・栽培方法を紹介!」と題しまして食べ方や生息地、栽培方法や育て方などを詳しく紹介していきます。今まで育て方が分からなかった方でも分かりやすく紹介していきますので、自分で育てて美味しく食べましょう。

ハマボウフウは食べられる?食べ方や生息地・栽培方法を紹介!のイメージ

目次

  1. 1ハマボウフウについて詳しく知りたい
  2. 2ハマボウフウについて生息地など詳しく紹介
  3. 3ハマボウフウのおすすめの食べ方や効能を知っておこう
  4. 4ハマボウフウの栽培方法
  5. 5ハマボウフウのおすすめ料理レシピの紹介
  6. 6ハマボウフウを手に入れて美味しい料理してみよう!

ハマボウフウについて詳しく知りたい

ハマボウフウとは、どんな植物なのでしょうか?今回、ハマボウフウとはどんな植物なのか詳しく紹介していきます。ハマボウフウの生息地や栽培方法、おすすめの食べ方や栽培方法、育て方、おすすめのレシピなど紹介します。

ハマボウフウについて生息地など詳しく紹介

ハマボウフウという植物はどんなところに生息しているのでしょうか?ハマボウフウの生息地と生息地以外にも食用としても用いられることもあります。ハマボウフウの名前の由来や漢方に用いられていること、ハマボウフウに似た植物があることなどを詳しく紹介していきます。

ハマボウフウとは?

ハマボウフウとはどんな植物なのでしょうか?ハマボウフウはセリ科ハマボウフウ属の一種での多年草になります。葉は1回~2回3出葉の羽状複葉で厚く光沢があり放射線状に広がります。夏に白い小花が密に咲きます。海岸の砂浜に自生して根が黄色で深く伸びごぼうを細くしたような感じで、茎は赤紫色をしていて短くて大きさは高さ5cmから10cmぐらいになります。噛むとセリのような味がします。

学名はハマボウフウ属Glehniaと言い、ロシアの植物採集家であり研究家でもあるグレーンからとられたものになるそうです。種小名はlittoralis海浜生のという意味です。そして、和名がハマボウフウで海浜に生える防風の意味になります。中国ではハマボウフウの皮をはがし、根を北沙参として利用します。

ハマボウフウは食べられる植物

ハマボウフウは実は食べられる植物なのです。香りの高い高級食材としても知られており、食べ方として、料亭などではお刺身のつまとして料理の彩や香りとして添えられていたり、畑でも栽培されるようになったので市場に出回る機会も増えましたが、まだまだ生産量が少ないので高級食材として扱われています。ハマボウフウは第一級の山菜となりますが、野菜にも近いです。噛むとセリ科独特の風味が口に広がります。

ハマボウフウの生息地について

ハマボウフウの生息地とはどんなところなのでしょうか?ハマボウフウの生息地は海岸の砂地になります。陸上植物なので、生息地として北海道から西南諸島まで海岸沿いの砂地で生息してることが多いですが、今では浜辺などの生息地の環境が変わり生息できなくなっていて、減少しているので、栽培されることが多くなりました。

全く生息地とは違う、栽培物は海岸のない埼玉県川口市で栽培されていますが、質の良い物をハウスで栽培しています。また、茨城県では土を盛り軟化栽培という育て方で栽培を行っています。

近年は浜辺の浸食により自生が減少

生息地として、各地の海岸で生息していたハマボウフウですが、年々海浜の河川護岸や川砂採取などによって砂の供給量が減り、海浜の浸食などで自生が減ってしまっています。海岸線の開発なども進み棲む場所が追いやられてしまい分布できなくなってしまったのも原因の一つと言われています。なるべく自生している物は取らないようにしましょう。市場にも出回るので、出回ったものを手にしたり、自分で栽培してみましょう。

食用のほか漢方薬としてもも強いられる

ハマボウフウは漢方薬や民間療法薬としても使われています。日本では生約の一種、防風の代用品としても使われています。セリ科ハマボウフウの根を水洗いし、日干しして乾燥されたものが漢方薬などどして使われ、解熱、鎮咳、去痰、鎮痛、婦人病や糖尿病などの作用があると言われています。成分としてクマリン、フロクマリン、ポリアセチレンが含まれています。

ハマボウフウは代表的な漢方の中では、防風通聖散、十味敗毒湯、荊芥連翹湯に含まれています。

ハマボウフウの旬とは?

ハマボウフウは初夏に花を咲かせます。ハマボウフウの収穫は春に新しい芽を上して行き、花が咲くまでの間となります。そのため、だいたい3月頃から5月頃にかけてが旬となります。芽吹いた新芽はさわやかな香りで、シャキシャキとしていて食べると柔らかくて美味しいです。

ハマボウフウの名前の由来は?

浜辺は水分がすぐに乾いてしまいます。そのため、根を地上部の10倍ぐらいの長さの地下まで伸ばしていきます。そうすることで、地下の水を吸い上げています。また、根が深くはびこることで浜辺の砂が風で飛び散るのを防ぐことから「浜防風(ハマボウフウ)」という名が付きました。砂丘を風から防ぎます。また、別名は「防風(ぼうふう)」「浜菅菜(はますがな)」「八百屋防風(やおやぼうふう)」ともいわれています。

ハマボウフウに似た植物とは?

同じセリ科の海岸植物と言うことでハマボウフウににた植物でボタンボウフウという植物があります。見た目がとっても似ていいますが違いは生育場所が違うこととハマボウフウの方が光沢が強いこと、そして、ボタンボウフウの方が株立ちして大きくなるところなどで見わけをつけることができます。ボタンボウフウは長命草とも呼ばれていて、生活習慣病や老化予防、むくみの改善、利尿作用効果などがあると言われています。

ハマボウフウのおすすめの食べ方や効能を知っておこう

ハマボウフウが食べられることが分かったところで、では、ハマボウフウのおすすめの食べ方とはどんな食べ方なのでしょうか?また、ハマボウフウの効果効能やハマボウフウの保存の仕方やハマボウフウの選び方など詳しく紹介していきます。

ハマボウフウのおすすめの食べ方

ハマボウフウのおすすめの食べ方として、自生している物は少し固い物が多いのでさっと湯がいてから食べると良いでしょう。栽培されている物の食べ方として、栽培物は柔らかくて、クセがないので生のままでも食べることができます。代表的な食べ方として、刺身のあしらいや天ぷら、おひたしや和え物、パスタや魚料理の付け合わせなどにして食べると美味しく食べることができる食べ方になります。

ハマボウフウに期待される効果効能とは?

ハマボウフウは漢方薬や民間療法の1つとして用いられることから、効果効能も気になります。浜亡父に含まれる効果効能はたくさんあり、リウマチ、肥満、高血圧、ニキビ、蕁麻疹、湿疹、耳や鼻の異常に有効だったり、風邪の発汗、発熱、頭痛、関節痛に有効だったり、風邪予防、中風の予防、糖尿病の予防に効果があると言われています。根の部分は漢方薬では北沙参と呼ばれていて、解熱、去痰、鎮咳、鎮痛の作用があります。

また、ハマボウフウの根や根茎を乾燥させ、木綿袋に入れて鍋で煮だして入浴直前に袋ごと入れる防風風呂では血行を良くしてくれ、体を温め、疲労回復、筋肉痛の緩和、風邪予防、湯冷め防止に効果があると言われています。

ハマボウフウの保存方法と選び方とは?

ハマボウフウの保存方法は、乾燥をしないように保存しましょう。ポリ袋などに入れて冷蔵庫に入れ、なるべく早めに食べるようにしましょう。また、ハマボウフウを選ぶ時には、茎の色がきれいな物で赤く発色している物を選ぶようにしましょう。また、茎の部分がシャキシャキしている物の方が鮮度が高いです。飾りとして使う場合には、葉が開きったばかりの物を選ぶと良いです。葉も青々としたものの方が鮮やかできれいです。

ハマボウフウの栽培方法

ハマボウフウの栽培の仕方はどのように行うのでしょうか?種からの育て方、苗からの育て方、また苗はどこで入手するのか、育て方の基本として、苗付けの時期、栽培に適した条件、収穫のポイントなどを詳しく紹介します。今までにハマボウフウを育て方などが分からずに、諦めていた方でも、簡単に育てることができるので、ぜひ育ててみましょう。
 

苗はインターネットでの入手が簡単

ハマボウフウを栽培するのあたり、苗はどうしたらよいのでしょうか?自生している物を採って移植となると乾燥に弱いハマボウフウなのでなかなか難しいかもしれません。では、どうしたらよいでしょうか?実は最近ではインターネットなどで種屋さんが苗を販売していることが多いので、簡単に入手することができるようになりました。栽培を考えている方はぜひ、インターネットなどでハマボウフウの苗を探してみましょう。

ハマボウフウの苗付けの時期

ハマボウフウの育て方としてはじめに苗付けはどんな時期に行うのでしょうか?ハマボウフウの苗は季節の寄って異なってきます。春は芽だしの時期で葉の収穫や成長中になります。夏は葉の茂っている時期になり、秋は葉が枯れ始める時期で根の収穫の時期でもあります。冬は休眠になり地上部には何もなくなります。ですので、春から夏にかけてが苗付けをしやすい時期となっています。秋から冬にかけては苗の販売もされていません。

ハマボウフウの栽培に適した管理条件

ハマボウフウの育て方として、日向のあたりが良い砂地が適しています。鉢やプランターでの栽培方法は難しい植物になっています。砂質土や火山灰土のような土が好ましく、肥料はあまり与える必要はありません。おすすめの育て方として、軟化栽培と言って土寄せや盛ろ土をすることでやわらかく仕上げる栽培方法で良く差だちます。状況に応じて液肥を葉面に酸蒸してあげると良いです。

ハマボウフウの収穫のポイントとは?

ハマボウフウは早春に若葉を摘み取って食べます。アクがなくクセがない物は生のまま天ぷらにしたり、塩を入れたお湯でさっと湯がいてから、和え物やおひたしにしたり、根の部分はきんぴらやみそ付けにもして食べることができます。

ハマボウフウの種からの育て方とは?

ハマボウフウの種は1cmほどもある大きな種になります。発芽率が低くて種の外側が柔らかく水に浮いてしまうため、なかなか発芽しづらいようです。種の皮を剥いてみるとセリ科と言うこともあり、セリのような皿やかな香りがします。中からはごぼうの種のような、似た形の物が出てきます。
 

ハマボウフウの種からの育て方を紹介します。種を蒔く時期は12月から1月の冬まきと3月から4月の春まき、10月から12月の秋まきがあります。まき床に元肥は不要で、畝幅75cm、まき幅30cmとして、畝の長さ1mから1.5mぐらいに種をばらまきして3cmから4cm覆土して超冬させます。雑草が生えて繁殖してしまうと株が埋まって生育が悪くなってしまうので早めに除草作業をしましょう。

発芽後は間引きをしましょう。収穫は翌年の4月から6月頃に行います。ハマボウフウの栽培の仕方は路地栽培、トンネル栽培、ハウス栽培と3種類あります。種から直接まく育て方、苗から育てる育て方とありますが、種から育ててみたいという方はぜひチャレンジしてみましょう。

白絹病がハマボウフウをダメにする

白絹病とは地際部付近の葉柄や根茎が軟化して腐敗し、のちに萎凋枯死してしまいます。罹病部及び周辺の土壌には白色菌糸を密生して次第に茶褐色栗粒大の菌核を多く形成します。菌糸の育成は10度から40度で見られ、育成の適温は30度ぐらいと言われています。土壌に交じって伝染するので菌核は土壌の中で適温で湿度もあると菌糸を出してハマボウフウを侵してしまいます。

病害虫としては、キアゲハの幼虫の食害が大きいので、早期発見することが大切です。白絹病、キアゲハ以外にもさび病、紫紋羽病、株枯れなどがあります。株養成は連作しません。

ハマボウフウのおすすめ料理レシピの紹介

ハマボウフウとはどのように調理して食べるのでしょうか?美味しくおすすめの食べ方とはどんな料理なのでしょうか?ハマボウフウを使ったハマボウフウの胡麻和え、ハマボウフウの酢味噌和え、ハマボウフウの天ぷら、ハマボウフウのスープ、おひたし、パスタ、炒め物などの美味しい食べ方のレシピを紹介します。レシピを参考に、家庭の食卓にもハマボウフウの料理を一品味わってみましょう。

食べやすくておすすめ「ハマボウフウの胡麻和え」

食べやすくておすすめのハマボウフウの胡麻和えの作り方を紹介します。まずは、材料の紹介からです。材料はハマボウフウ80gから100g、すりごま大さじ2、麺つゆ大さじ1、砂糖小さじ1です。作り方は、ハマボウフウをよく洗い、茹でやすいように半分の長さに切りましょう。水を沸騰させて鍋に30秒ほどさっと茹でます。茹でたハマボウフウは軽く水でさらしてぎゅっと水気を切り3cmの長さに切ります。

ボウルにハマボウフウとすりごま、麺つゆ、砂糖を入れてよく混ぜ合わせたら出来上がりです。ハマボウフウは、セリに近い味でクセがありますが、胡麻和えにすることですごく食べやすくなります。

さっぱりと「ハマボウフウの酢味噌和え」

ハマボウフウの香りがとても良くてお酒のつまみにもなるハマボウフウの酢味噌和えの作り方を紹介します。まずは材料の紹介からです。ハマボウフウ150gから200g、酢味噌の材料はみそ大さじ2、砂糖大さじ2、みりん大さじ1、酢大さじ1、からしお好みの量です。作り方は、ボウルに水をためて砂や汚れを何度も洗いしっかり洗い流します。鍋にお湯を沸かして、30秒ほどさっと湯通しします。
 

湯がいた後、軽く冷水にさらし、ぎゅっと絞り水気をしっかり切ります。みそ、砂糖、みりん、を混ぜ合わせて電子レンジ600Wで50秒~1分程かけて、そこに酢を加えて混ぜ合わせます。酢味噌とハマボウフウを混ぜ合わせたら出来上がりです。

サクサクの「ハマボウフウの天ぷら」

ハマボウフウの香りを楽しめる天ぷらの作り方を紹介します。まずはじめに材料の紹介です。材料はハマボウフウ80g、薄力粉50g、水80ml、酢大さじ1、卵白1個分、揚げ油適量です。作り方は、ハマボウフウをザルに入れて流水で大まかに砂や汚れを落とした後、1束づつきれいに水で洗いましょう。大きめのキッチンタオルに洗ったハマボウフウをのせ、しっかりと水気を切っておきます。

ボウルに水、卵白、酢を入れてしっかり混ぜ合わせた後、薄力粉を入れて軽く混ぜ、ハマボウフウを入れて衣をつけて170度に温めた揚げ油で揚げたら完成です。ポイントとして、揚げる前に水分をしっかり取っておくことでサクサクの天ぷらになります。また、衣を混ぜすぎてしまうとグルテンができてシトシトの天ぷらになってしまうので混ぜすぎないようにしましょう。

栄養満点「ハマボウフウのスープ」

ハマボウフウを入れることで風邪予防にもなるスープの作り方を紹介します。まずは材料の紹介です。材料はハマボウフウ一握り、コンソメキューブ1個、ベーコン1枚、卵1個、塩コショウです。では、作り方の紹介です。ハマボウフウをザルに入れて砂などを落としながらよく洗います。鍋にお湯を沸かしハマボウフウを茹でます。茹でたあと小さく切ります。ベーコンは細切りにします。鍋にお湯を沸かし、コンソメを入れて溶かします。

コンソメがとけたら、ベーコン、茹でたハマボウフウ、塩コショウを入れて味を整え、最後に溶き卵を入れたらハマボウフウスープの出来上がりです。身体も温まり、風邪予防にもなるハマボウフウスープは、風邪の引きはじめなどにもおすすめです。

ポン酢によく合う「おひたし」

ハマボウフウのおひたしはポン酢がよくあいます。ハマボウフウのおひたしの作り方を紹介します。材料はハマボウフウ、大根おろし、ポン酢適量です。ハマボウフウのおひたしの作り方は、はじめにハマボウフウをボウルに入れ、水でよく洗います。汚れなどを良く落としましょう。鍋にお湯を沸かし、3分程ハマボウフウを茹でましょう。茹で終わったら冷水にとります。水気をよく絞り、ポン酢と大根おろしで和えたら出来上がりです。

ハマボウフウはえぐみなどはなくさっぱりしていてセリに似ているのでゆずぽん酢でもよく合います。さっぱりしたものが食べたい時などにおすすめの一品です。

「ハマボウフウのチキンの炒め物」

ビールにもピッタリのハマボウフウのチキンの炒め物の作り方を紹介します。材料はハマボウフウ90g、鶏もも肉250g、塩少々、ごま油大さじ1、めんつゆ25ml、鶏がらスープ25mlです。作り方の紹介です。ハマボウフウはボウルに水を張りよく洗い汚れなどを良く落としましょう。半分に刻みます。鶏のもも肉は2cm程度の大きさに切ります。熱したフライパンに、ごま油をひいて鶏のもも肉を入れて軽く炒めてから塩を振ります。

鶏のもも肉の色が変わるまで中火で炒めます。色が変わるまで炒めたらハマボウフウを入れて麺つゆと鶏がらスープを入れてハマボウフウがしんなりするまで中火で炒めます。炒め終わったら、汁を残して器にハマボウフウと鶏肉の炒め物を盛り、汁は強火で軽くとろみがつくまで水分を飛ばします。最後に回しかけたら完成です。輪切りの唐辛子を加えてビリっと辛くするのも美味しいポイントの1つです。

パスタにもあう「ハマボウフウのパスタ」

ハマボウフウはパスタにもとっても合います。今回はボンゴレ風のハマボウフウのパスタを紹介します。材料は、パスタ70g、アサリ80g、鷹の爪2個、にんにく2片、オリーブオイル大さじ1、白ワイン大さじ1、お湯1リットル、塩10g、パセリ適量、ハマボウフウ適量です。作り方は、アサリは砂抜きをしておきます。鍋にお湯を沸かし、塩を入れ、よく洗ったハマボウフウをさっと湯がきます。その後パスタを入れて規定の時間で茹でます。

鷹の爪は1つは種を抜いて輪切りにします。1つは飾り用になります。にんにくはみじん切りにします。フライパンにオリーブオイル、にんにく、鷹の爪を入れて香りが立つまで炒めて弱火にします。香りが立ってきたらアサリを入れて1分程中火で炒めます。その後ハマボウフウを加えて、白ワインとパスタのゆで汁大さじ3を入れて蓋をして弱火で1分蒸し焼きにします。フライパンに茹で上がったパスタを入れて絡めたら完成です。

ハマボウフウを手に入れて美味しい料理してみよう!

今回「ハマボウフウは食べられる?食べ方や生息地・栽培方法を紹介!」と題しまして紹介しましたが役に立てたでしょうか?ハマボウフウは、今では生息地では自生も少なく高級食材として扱われていますが、育て方も簡単なので家庭でも栽培をすることができます。効果効能も素晴らしく、漢方や民間療法の1つとしても使われることもあるので、なかなか手に入らない時には、インターネットなどを使って苗を手に入れてみましょう。

自分で育てたもので、ぜひいろいろな料理にも活用してみましょう。セリ科と言うこともあり、セリの香りがして、天ぷらやおひたしなどの料理にもとても合うので、食卓の一品に並べてみましょう。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ