クリームシチューの隠し味ランキングTOP21!コクを出す調味料は?

寒くなってくると食べたくなるのがクリームシチューではないでしょうか。クリーミーで滑らかさが特徴のクリームシチューですが、今では市販のルーで簡単に作ることできます。それだけでもとても美味しいクリームシチューに隠し味を入れてさらに美味しくしてみましょう。それに入れる隠し味の種類によってクリームシチューの味も少し変わってきます。隠し味でさらに美味しく、簡単にコクとうまみを出し美味しいクリームシチューを作ってみましょう。

クリームシチューの隠し味ランキングTOP21!コクを出す調味料は?のイメージ

目次

  1. 1クリームシチューの隠し味ランキングTOP21を大公開!
  2. 2クリームシチューの隠し味ランキング21~16位
  3. 3クリームシチューの隠し味ランキング15~11位
  4. 4クリームシチューの隠し味ランキング10~6位
  5. 5クリームシチューの隠し味ランキング5~1位
  6. 6クリームシチューを上手に作るポイントは?
  7. 7クリームシチューは隠し味プラスでコクたっぷりの本格味!

クリームシチューの隠し味ランキングTOP21を大公開!

クリームシチューの隠し味にはいくつか種類があり、その種類によりコクや旨味などそれぞれ役割のようなものがあります。クリームシチューの味を左右する大事な隠し味をランキング形式で紹介していきます。身近な食材でコンソメ、味噌、しょうゆなどがランキングに入っています。

よく料理に使う味噌やしょうゆはコクを出すためだったり、洋風スープで使うコンソメは野菜のうま味を、グラタンに使うチーズなどは滑らかさを出すなど調味料から色々な食材までクリームシチューに合うものがたくさんあります。ランキングの中で皆さんが一番使う隠し味はどのようなものなのか、それにどのような味になりどのようにクリームシチューが変わるのかも紹介していきます。

Thumbクリームシチューを使ったリメイクレシピ25選!簡単ドリアなど紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

クリームシチューの隠し味ランキング21~16位

それでは早速クリームシチューの隠し味ランキング21~16位までを紹介していきます。調味料ももちろん、食材関係でもいい出汁が出るものもあります。クリームシチューに入れるとどんな味になるのかなど詳しくみていきましょう。あまり知られていないものもあるようなのでこの機に試してみましょう。

第21位:旨味がたっぷり食材「マッシュルーム」

皆さんおなじみの食材のキノコ類の中でもクリームシチューに入れるとしたらマッシュルームではないでしょうか。このマッシュルームなどのキノコ類ですが、うま味成分のグルタミン酸が入っているのでクリームシチューを作るときに入れると旨味成分が溶け出しいい出汁になり美味しくなります。

それにマッシュルームを入れるタイミングも重要で、キノコ類は高い温度よりじっくり加熱することでよりいい出汁が出るので出来れば水から入れてじっくり火を通してみましょう。そうすることでうま味成分も溶け出し沸騰したお湯に入れるより美味しくなるそうです。

第20位:優しい甘みとコクの「コーン」

コーンはそのまま食べても美味しく甘みのある食材でもあります。そんなコーンをクリームシチューに入れると、コーンの甘みと旨味でコクが出ます。よくスーパーにはコーン缶が売られていますが、そのコーン缶は汁ごと全部入れるとスープにより甘みが出ます。

市販のクリームシチューに入れる場合、コーン缶の汁は煮込んでいるときに入れておきコーンは少し後に入れるといい出汁が出て美味しくなります。自然な甘みとコクがあり、クリームシチューもまろやかになるのでおすすめの食材です。

第19位:意外と味わう深くなる「にんにく」

ニンニクといったら臭み消しなどに使ったりすることの多いニンニクですが、実は隠し味で使うと深みが出るということで使う人もいます。それに匂いもある食材なのでクリームシチューに入れて匂いが気になるなど気にする人もいるかもしれませんが、入れる量もそんなに多くないので匂いを気にせず美味しく食べることができます。

隠し味としてはニンニクのすりおろりなどを入れると深みが出てよりコクが出るという意見があります。ちょっと意外な組み合わせではありますが、意外とこれが合い隠し味として使う人も多いようです。この機にぜひ隠し味に使ってみましょう。

第18位:これを入れると身体もぽかぽか「生姜」

生姜の特徴といえば身体を温める効果のあるものですが、これをクリームシチューに入れて身体の芯から温まる美味しいシチューにしてみましょう。それにコクも出るとのことで生姜好きな人は隠し味の定番として入れることが多いそうです。

生姜を隠し味と入れると、さっぱりした味わいの中にもコクが出てよりクリームシチューが美味しくなります。すりおろり生姜を入れることが多いですが、千切りにして入れる人もいるようです。コクなどの出具合は変わらないのでお好きな切り方などで入れてその味わいを楽しみましょう。

第17位:もっとまろやかクリーミーに「生クリーム」

ケーキなどや冷製スープなどでよく使う生クリームですが、その味の通りクリーミーな味わいで滑らかさが出るのでクリームシチューの隠し味としてもよく合うものです。それにコクも出してくれるのでより旨味がまし美味しくなります。

クリームシチューの決め手となる滑らかさに加えより本格的なクリーミーさとなるので隠し味の中でも密かに人気があります。クリームシチューは通常牛乳で作りますが、その牛乳を生クリームで代用する人もいるくらいです。よりコクが出てまろやかな味わいになりますが、少量加えて隠し味として使う場合は最後に仕上げとして入れてひと煮立ちさせるといいでしょう。

第16位:そのまま食べてもうまい「骨付きチキン」

チキン自体そのまま食べても美味しく、スープやカレーなどにも使う人も多いはずです。そのチキンの中でも骨付きチキンを使うことで骨からもいい出汁が出て野菜など煮込んでいるスープ自体美味しくなります。じっくり野菜とともに煮込むことで骨から味が染み出てスープも野菜も美味しくなります。

それに骨付きチキンなのでそのまま食べることもできクリームシチューとしても相性抜群です。ただ同じ鍋で煮込むと雑味が出るので、先に下茹でなどすることをおすすめします。下茹でなどで灰汁などを取ってからじっくり火を通すことでより美味しい出汁が出ます。

クリームシチューの隠し味ランキング15~11位

さてここからはクリームシチューの隠し味ランキング15位~11位までを紹介していきます。21位~16位までは意外な食材もありましたが、ここからは皆さんが知っている食材や調味料など身近なものが増えていきます。スープにも使うコンソメなどがランキングに出て来るので、ぜひ参考にし美味しいクリームシチューを作ってみましょう。

第15位:肉肉しくてコクが出る「ソーセージ」

子供が喜ぶものとしてソーセージは定番になっていますが、そのソーセージをクリームシチューに入れてコクとうまみを出しより美味しくしてみましょう。お肉とはちょっと違い、ソーセージは肉とあらゆるスパイスが入っているので旨味成分がたくさんあります。

そのまま入れても美味しい出汁が出ますが、より美味しくするために半分に切ったり切り込みを入れたりして中の美味しい出汁を出すように工夫するといい出汁が取れます。それに子供たちも喜ぶのでお子さんがいる家庭でぜひ入れてみてほしいおすすめ食材です。

第14位:磯野香りで深みが出る「のりの佃煮」

これも意外な食材で、ご飯のお供といえばこれというくらい定番ののりの佃煮です。黒っぽいから入れたら色が変わるのではと心配する人もいますが、そんなに量を入れず気持ちほんの少しでいいのです。入れると磯の香りが少しして深みが出るのが特徴の隠し味です。

しかしやはりご飯のお供というイメージからなのかランキングは下のほうに入っています。のりの佃煮自体はとても美味しいのですが、色がちょっと黒いという点から少し戸惑っている人もいるようです。それでもクリームシチューに入れた人は美味しかったという声もあるので、食べる直前に入れてみるのも一つの方法です。ぜひ試してみましょう。

第13位:独特な香りが特徴の「セロリ」

セロリといえばちょっと独特な香りが特徴的で少し苦手な人も多い食材でもあります。しかしこのセロリですが薬味として活用できるので、野菜やお肉を煮込んでいるときに一緒に入れると肉~出る臭みなどの雑味を消してくれます。

それにセロリ独特の香りはハーブのような役割があり、入れるとクリームシチューの香りをよくしてくれると隠し味で使った人の声があります。ちょっと癖がありそのままでは苦手という人でも、煮込んでクリームシチューになれば食べれることもあるので、ぜひこの機会に試してみるのもいいでしょう。

第12位:コクと甘みが増す「はちみつ」

はちみつは優しい甘さと滑らかな舌触りが特徴の食材です。それをクリームシチューに入れてよりコクと甘さを出して美味しくしてみましょう。しつこい甘さではないので上品な味わいにもなり、クリームシチューも優しい味わいになります。

ただはちみつに入っている成分が原因で、ルーを入れてからはちみつを入れるととろみがなくなる可能性があるので、できればルーを入れる前にはちみつを入れて20分ほど煮込むことをおすすめします。そうすると成分がなくなるのでルーを入れてもとろみが出ます。はちみつを入れるときはタイミングをしっかり守って入れるようにしましょう。それにはちみつは年齢制限がある食材なのでその点も注意し使いましょう。

第11位:より出汁の深みが増す「コンソメ」

よく野菜スープなど色々なものに使うコンソメですが、クリームシチューに入れてもよく出汁に深みが増し美味しくなします。コンソメは色々なスパイスも入っているため、どんな食材でも合うようになっています。それぞれの食材の味を引き立たせながらいい出汁を出してくれるので、コンソメは万能調味料的な存在なのです。

お肉の味を良くしスープの味も良くしてくれるのでコンソメは一石二鳥の調味料で、コクも出るほか深みも増します。コンソメを一個入れるだけでより味わい深いクリームシチューになるのでぜひ試してみましょう。ただコンソメは味が少し濃いので、あまり入れすぎないように注意しましょう。今は粉末のコンソメもあるので少ない量から入れることができ便利です。

クリームシチューの隠し味ランキング10~6位

さてランキングもこれから上位になって10~6位までを紹介していきます。知っている食材や意外と知られていない身近な食材まで、多くの人が隠し味として使っているものばかりです。皆さんもよく使う食材や調味料で美味しいクリームシチューにしてみましょう。

第10位:クリーミーさとコクが出る「ホワイトチョコレート」

カレーなどにはチョコレートを入れることが多いかと思います。クリームシチューにはチョコレートといってもホワイトチョコレートを使うと、滑らかさが増すのとクリーミーになりコクが出ます。家によくあるお菓子ではあるので使いやすくすぐ使える隠し味として重宝する食材です。

今回はクリームシチューということなのでホワイトチョコレートを使い、色が変化しないようにいています。バターなどと同じような油性分なのでコクと滑らかさが出ます。少し甘みも出るので優しい味にも仕上がります。

第9位:まろやかなクリーミーさが特徴「コンデンスミルク」

甘くてクリーミーなコンデンスミルクですが、クリームシチューに入れるとまろやかになりクリーミーさも増すのでとても美味しくなります。コンデンスミルクは滑らかさもあり優しい甘さとクリーミーさが特徴の食材なので、クリームシチューには最適なものなのです。

入れすぎると甘くなったりコクなるので大体大匙1/2ほどで十分でしょう。煮込んでいる最中に入れるというよりは、ルーを入れて仕上げに少し入れるという感覚でいいそうです。食べる直前に入れるとほんのり甘いコンデンスミルクの味わいとクリーミーさが楽しめることでしょう。

第8位:食材の甘さを引き出す「砂糖」

料理をするときに欠かせない砂糖ですが、甘みを出したりすることが多い食材です。その砂糖を隠し味として使うことも多く、入れると甘さが増すのと野菜の麻美も増すという効果もあります。ルーの甘さをプラスするというイメージで入れるので、量的には少量で十分といえます。

第7位:味のキレと深みが出る「しょうゆ」

日本人にはおなじみの調味料のしょうゆですが、料理以外にも隠し味として使うことも多いです。しょうゆは味の濃さが足りない場合に入れるとちょっとキレのあるクリームシチューになります。日本人に馴染みのある調味料なので手軽に使うことができ、家に必ずあるものなのでいつでも使うことができます。味をコクしてくれるほかにコクも出してくれるのでぜひ使ってみましょう。

第6位:和風だしでうま味アップ「昆布茶」

昆布茶といったらの日本の和食の隠し味として定番のものですが、洋風の料理にも意外と合うのです。昆布茶に含まれているうま味成分は食材や料理そのものの旨味を引き出してくれるので、クリームシチューの隠し味として入れると旨味がましより美味しくなります。それに深い味わいもあるのでコクが出てクリームシチュー自体も味わい深区なるので、隠し味として入れたいということからランキング上位にきています。

クリームシチューの隠し味ランキング5~1位

さていよいよランキング上位の紹介です。皆さんがよく使っている食材や日本人になじみの深い味噌など調味料が主にランキング上位に入っています。使いやすくよりクリームシチューのコクやクリーミーさなど旨味を引き出してくれる食材なのでぜひ活用してみましょう。

第5位:一気にうま味アップ「ベーコン」

ソーセージや骨付き肉も肉本来の旨味が出て美味しくなるのですが、ベーコンはそれよりはるかにクリームシチューを美味しくする食材として人気なのでランキング上位に入っています。どの家庭にもある食材であり、なお使いやすいものとして定着しているので隠し味として使うことも多く、スープなどで使うこともあります。

そのベーコンをクリームシチューに入れると、うま味成分が溶け出しうま味が増します。ちょっと手まではありますが、ベーコンを焼いてから煮込むとその香ばしさとベーコン自体の香り、それにうま味成分がより出てくるのでますます肉のうまみがわかるようになります。ぜひ焼いてからベーコンを入れ野菜と一緒に煮込んで美味しいクリームシチューを作ってみましょう。

第4位:粉っぽさがなくなり滑らかに「白ワイン」

お酒として飲む白ワインですが、洋風の料理には欠かせないお酒で香りなどが特徴的な隠し味です。その白ワインを入れるとなぜか粉っぽさがなくなるという理由からランキングが上位にきています。確かにクリームシチューを市販のルーで作ってみても粉っぽさがあるとき少し気になってしまいます。そんなときは、野菜など食材を炒めているときに白ワインを加えて炒めて煮込んでいくだけで、最終的に粉っぽさがなくなっているようです。

それに牛乳で煮込むのを白ワインに少し代用するのも粉っぽさをなくすという方法もありよりクリーミーさが増します。市販のルーでも粉っぽさはなくなりますが、一から粉から手作りする人には最適な隠し味で使いやすいという理由でランキング上位に入っています。

第3位:コクと滑らかわさにはこれが一番「バター」

香りがよく滑らかさも抜群でコクも出る食材としてバターは最高ではないのでしょうか。いつも冷蔵庫にあり普段使っているからこそ使いやすいという理由もありランキング3位に入っています。野菜など食材を炒めているときにバターを使うという手もありますが、煮込んでいるときに入れるとより滑らかなクリームシチューに仕上がります。

それにコクと濃厚な味わいが出るので、隠し味としてクリームシチューに最適なものです。ただ入れるときは溶かしたバターを使うといいそうです。それにバターは塩分が多く含まれているので、入れる量を加減しクリームシチューに入れるようにしましょう。

第2位:とにかく濃厚な味わいになる「チーズ」

そのまま食べてもとても美味しいチーズですが、濃厚でコクのあるチーズもあります。そのチーズをクリームシチューに入れてよく深い味わいと濃厚でクリーミーにしてみましょう。チーズにも種類があり迷ってしまうかもしれませんが、濃厚さを出したいときは煮込んでいるときに入れるので角チーズなどをいれましょう。

食べる前に粉チーズを振ってから食べると滑らかさが増し美味しくなるとのことです。滑らかで濃厚だけど天地チーズ感が出ないようにしたいのならナチュラルチーズなどがいいでしょう。それより濃厚でより滑らかな感じとコクをもっと出したいという人には、コーダチーズやチェダーチーズのような味の濃いものを選んでもいいでしょう。

第1位:奥ゆかしい香りと深みの「味噌」

日本人に最も欠かせない調味料で昔から手作りされている味噌を入れてコクと深みのあるクリームシチューにしてみましょう。隠し味ランキング堂々の1位の味噌ですが、和食の隠し味のイメージもあります。しかし洋食の深みを出すなどにも活用されているのでクリームシチューにも断然合う調味料が味噌なのです。

味噌は発酵食品なのでうま味成分が凝縮されたものです。なので味噌を隠し味として使うとコクとうま味、深みのあるクリームシチューの味になります。だた味噌には塩分があるので味が濃くなってしまう場合もあります。その時はクリームシチューの塩分を控えめにし、味噌を入れて味の調節をするようにしましょう。

ランキング外:ピリッと大人の味「柚子胡椒」

ちょっと癖がありお子さんには向かないのですが、大人向けとして柚子胡椒を使うとピリッとした味わいでいつもと違うクリームシチューになります。いつもと違うクリームシチューにしたいとき、柚子胡椒を入れて大人の味を楽しんでみましょう。

ランキング外:玉ねぎをあめ色に炒めたものと同じ「ウイスキー」

ウイスキーは酒の種類であの琥珀色の濃い色が特徴で香りもよくカレーなどの隠し味として入れる人もいます。それをクリームシチューにも入れるとあめ色玉ねぎより旨味が出ると言われています。あめ色玉ねぎより旨味を引き出してくれるウイスキーですが、タイミングとしては煮込むときにウイスキーを入れていきます。煮込むとアルコール分は飛んでしまうので気にせず食べれます。

ランキング外:栗のように甘いジャガイモ「インカのめざめ」

クリームシチューには欠かせないジャガイモですが、その種類も豊富で色々あります。その中でも甘くて栗のように美味しいインカのめざめという品種があります。それにナッツのような香りも特徴的なジャガイモで切れて作ると甘さと香りがよくなりますますクリームシチューが美味しくなります。

隠し味でワンランク上のクリームシチューに

クリームシチューに入れる隠し味ランキングを紹介しましたが、意外な食材もあり今すぐできるものもあります。それに家庭にあるいつもの調味料や食材で美味しくなるのでこの機会にぜひためしてみましょう。ただ塩分など多く含まれているものなど隠し味は大量に入れず、少量から入れていき味を確認しながらにしてくと美味しいクリームシチューに仕上がります。好きだからといって入れすぎないように注意しましょう。

Thumb絶品クリームシチューのレシピを紹介!ルーなしで簡単プロの味! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

クリームシチューを上手に作るポイントは?

隠し味ランキングで味噌やコンソメなど使うと美味しくなることがわかりましたが、クリームシチューを上手に作るポイントなどは知っていますか?ただ隠し味を入れたからといって美味しくなるわけでもなく、野菜やお肉などちょっと気遣って料理したりするだけで味が変わってきます。ぜひポイントを押さえ美味しいクリームシチューを作ってみましょう。

クリームシチューの基本の作り方

今回は市販のルーを使い基本の作り方を紹介します。食材はジャガイモ・人参・玉ねぎ。鶏肉(豚肉でも)水・牛乳が主な材料です。それに隠し味として味噌やコンソメ、昆布茶やバターやチーズなどを入れていきます。まずは基本の作り方を知り、そのうえで隠し味でより美味しいくなるようにしていきましょう。

野菜は均等な大きさに切ろう

クリームシチューに入れる野菜はジャガイモをはじめ、ニンジンと玉ねぎがあります。その食材類を皆さんはどのように切っていますか?じジャガイモやニンジンは一口大というのは知っているかと思います。乱切りでも構いませんがなるべく野菜の大きさをそろえて切るように心がけましょう。それだけで野菜に均等に味が染み込み美味しくなります・

玉ねぎも大きさを揃えて切って炒めていきますが、均等に切ることで同じく火が通りまんべんなくあめ色になります。このように野菜も均等に切るとこで味や柔らかさも同じになり、クリームシチューの味もワンランク上になるのでここはしっかり揃えていきましょう。

肉には下味をつけよう

お肉といえば鶏肉や豚肉を使う人が多いかと思います。これにも一工夫をしより美味しいクリームシチューにしていきましょう。一口大に切ったお肉に下味をつけていきますが、しょうゆ・砂糖・塩で味を染み込ませておきます。これだけで煮込んでいる間にあ肉の味が出てより美味しいクリームシチューになります。お肉そのままでも出汁は出ますが、今度はお肉そのものの味が味気なくなってしまいます。

下準備の時に一工夫し下味をつけるだけで、お肉の味もしっかりつきクリームシチューの味も格段に美味しくなるのでおすすめです。それにお肉も似ている間に固くならず柔らかしっとりした感じになります。お肉に下味をつけるだけでこんなに変わるのでぜひクリームシチューを作るときに実践してみましょう。

隠し味の入れすぎには注意しよう

ランキングの中には塩分が多く含まれていたり、隠し味そのもののスパイスが効いていたりなどちょっと入れすぎるとクリームシチューの味が濃くなったりすることもあります。コンソメなどはうま味成分を凝縮したものなので入れすぎてしまうとクリームシチューの味が濃くなりちょっとしょっぱい感じになります。

味噌も同様に入れすぎてしまうと、味噌の風味と濃さがまし味が濃くなるので入れるときに小さじから入れていきましょう。コンソメなどの凝縮した固形タイプは1個から入れていき、その都度味を確認しながら足していきましょう。どんな食材や調味料にしても入れすぎは禁物なので中止しながら隠し味を入れてクリームシチューを美味しくしましょう。

クリームシチューは隠し味プラスでコクたっぷりの本格味!

クリームシチューに入れると美味しくなる隠し味ランキングを紹介しましたが参考になったでしょうか。食材では濃厚になるチーズやうま味を出すベーコン、調味料だとコクと深みを出す味噌や野菜や食材の旨味を引き出すコンソメなど色々なものがあります。これから寒くなる季節にクリームシチューを作る機会があれば、ぜひ隠し味を入れて美味しいクリームシチューを作ってみましょう。

シチューの関連レシピはこちら!

Thumbシチューに合う副菜レシピを紹介!簡単おすすめ料理17選! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbシチューの冷蔵・冷凍保存方法は?保存期間と解凍方法も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ