ボロネーゼのレシピで人気は?なすやトマト缶を使ったソースなど紹介!

ボロネーゼは人気のイタリア料理ですがじつはミートソースとは違うレシピだって知っていましたか?ボロネーゼにはそんなしられざる秘密がたくさんある上に、人気のレシピがたくさん存在します。とてもおいしくて子供から大人まで楽しめるボロネーゼの秘密とおいしいレシピを紹介していきます。ポイントを抑えれば、あなたもきっと本格的なボロネーゼを自宅で簡単に楽しめることでしょう。

ボロネーゼのレシピで人気は?なすやトマト缶を使ったソースなど紹介!のイメージ

目次

  1. 1ボロネーゼの人気レシピを作ってみたい!
  2. 2ボロネーゼのトマト缶で作る基本のレシピを紹介
  3. 3ボロネーゼの生トマトを使った絶品レシピを紹介
  4. 4ボロネーゼの人気のレシピを紹介
  5. 5ボロネーゼのナスを使たおすすめソースを紹介
  6. 6ボロネーゼにおすすめの付け合わせを紹介
  7. 7ボロネーゼの人気のレシピで本格的な味を堪能しよう!

ボロネーゼの人気レシピを作ってみたい!

ボロネーゼとは本場ではラグー・アッラ・ボロニェーゼといわれており、タマネギ、セロリなど、刻んだ香味野菜をオイルで炒め、じっくり焼いた肉、特にひき肉をワインを素材として合せた、イタリア料理・フランス料理のソースのことです。パスタなんかによくかかっていて、イタリアのボローニャ地方の料理だからボロネーゼです。

意外と知らないボロネーゼとミートソースの違い

ちなみにボロネーゼと日本でも人気のミートソースの違いって知っていますか?実は同じでないこの2つ。似ても似つかぬその明確な違いはワインにあります。レシピ上の大きな違いとしてボロネーゼは主としてトマトを殆ど使わずにワインで煮込むのに対し、ミートソースはトマトで煮込むので作り方が違うのです。

味はというとボロネーゼはワインの渋みを利用した肉ベースの味に対して、ミートソースはケチャップや砂糖などを加えることが多くトマトベースの甘い味付けになります。どちらもおいしい料理ですが、今回はこの美食通に人気のボロネーゼを作っていこうと思います。

ボロネーゼのトマト缶で作る基本のレシピを紹介

肉の渋みとワインのうまみがきいた大人の味付けのボロネーゼ。そんなボロネーゼを作る基本的なレシピを紹介していきましょう。おいしいミートソースだね、といわれたらすぐさま「これはボロネーゼよ」といいましょう。きっとびっくりされるでしょう。しかし、そのためにはおいしいボロネーゼでなければなりません。しっかりと手順を覚えていってください。

基本のボロネーゼの材料を揃えよう

基本的なボロネーゼの作り方をご紹介しましょう。ボロネーゼといえばやっぱり大切なのはひき肉でしょう。このひき肉選びがおいしいボロネーゼの作り方につながってきます。あとはたまねぎ、ニンジン、セロリ、にんにくを用意してください。

そしてボロネーゼになんといっても大切なのがトマトです。レシピの主役といっても過言ではないトマトはトマトペーストと、トマト缶を用意しましょう。トマトを生で使うことでフルーティさがましますよ。さらに赤ワイン 、ローリエ、タイム、ローズマリー、塩コショウを用意していきます。これらの準備が出来たらおいしいボロネーゼを作っていくことが出来るでしょう。
 

基本のボロネーゼの作り方

ボロネーゼの作り方はまずは鍋に火をかけていくところからはじめるとよいでしょう。中火に熱した鍋にオリーブオイルをひき、野菜を炒めていきソフリットを作ります。ソフリットとはタマネギ、ニンジン、セロリといった甘味野菜をオリーブオイルでじっくりと炒めることによって作られるものをいいます。このとき、量は多く作らなくても大丈夫です。ミートソースと違い、肉がメインになるからです。

次に肉を炒めていきますが、最初にベーコンから炒めましょう。もし用意できるならパンチェッタと呼ばれる塩漬け豚バラ肉があるとより本格的な味に近づくでしょう。火の強さは始めは中火から温め、油がやや少なくなったと感じたら弱火にし、焦がさないように最低でも10分ほど火を入れていきます。火加減には十分にちゅういしましょう。
 

肉は野菜とは別のフライパンを使って炒めていきましょう。肉は塩、こしょう、ナツメグでしっかりめに下味をつけたひき肉を使います。ひき肉は固まりにしてひゅうお面だけを焼くようにしましょう。表面に焼き色がついたら玉ねぎ、人参、セロリのソフリットに加え、さらに炒めていきます。肉のフライパンにある肉汁にはワインをいれて煮立たせます。そして野菜と肉を炒めているほうに戻していきましょう。

できたらにんにくとトマトペーストを加え、さらに、さらに炒めていきましょう。やがてトマトのペーストが馴染んでくるはずなのでトマト缶と赤ワインを入れ強火にし、沸騰したら中火に戻すとよいでしょう。しばらくしたら3種のハーブを加え、蓋をして2時間ほど煮詰めていきましょう。2時間くらいみて、ふたを開けてみましょう。ハーブを取り出し少し水分を飛ばし味見をして塩コショウで整えます。

トッピングのチーズには何がおすすめ?

ミートソースやボロネーゼにもっともあうチーズは何か?と聞かれれば正直なところ、日本の食卓事情も考慮するとそこはやはりパルメザンチーズではないでしょうか。しかしながら、せっかく記事を読んでくれた方にそれでは申し訳なさ過ぎるわけです。ですので、それ以外も紹介しましょう。

ひとつ人気のチーズをあげるとするならばパルミジャーノ・レッジャーノというチーズを紹介していくべきでしょう。これはイタリアを代表するチーズのひとつに数えられ、イタリアチーズの王様とも呼ばれテイルチーズでボロネーゼのレシピに加えるだけでぐっとその本格具合が増します。

パルミジャーノ・レッジャーノはパルマ、レッジョ・エミリア、モデナなどのエミリア・ロマーニャ地方で作られるチーズでDOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パルミジャーノ・レッジャーノ」を名乗ることができ、認定を受けられなかったものは側面に×印をうたれてしまうという若干シビアな門を潜り抜けてきたハードチーズです。

原料は、前日に搾った牛乳を一晩置いて分離した乳脂肪分を抜いたものと当日の朝搾った牛乳を混合したものを用いるので、1日に1回だけ製造できるというなんとも手間のかかったチーズです。水分を完全に抜き切り、18から36カ月、長い物では5年以上熟成させる為、超硬質のハードチーズとなり、アミノ酸が結晶化して白い斑点ができるのが特徴です。しゃりしゃりとした歯ごたえとチーズ本来の芳醇で濃厚な風味が魅力です。

ボロネーゼの生トマトを使った絶品レシピを紹介

本格的なボロネーゼについてしることが出来たところで、生のトマトを使ったボロネーゼの作り方を紹介していきましょう。肉も自分でひき肉にしてみるとよりおいしいかも知れません。たまにはいちから手作りで作ってイタリアが古くから育んできた食文化を体感してみるのも良いかも知れません。

肉は自分で挽いてひき肉にしてみよう

ひき肉を自分の手作りにして見ましょう。基本的にはあいびきのひき肉で作ることがおおいボロネーゼですが、そこは好みでかまわないでしょう。もし本格的なボロネーゼを目指すならば、パンチェッタ(塩漬けの豚肉)を使ってみるとよりよいのかも知れません。

また、ひき肉を自分でつくるとうれしいメリットがたくさんあります。ひとつは好きな引き具合を選べること。粗挽きが好きなひともいるでしょうし、細かく引いて滑らかに仕上げたい人も多いはず。また、好きな調合もできます。お好きな肉で挽肉を作ってボロネーゼに使ってみましょう。

挽肉を作る方法はいくつかあります。フードプロセッサーにぶち込んで引いても良いでしょうし、最近では挽肉の簡易な製造機も売られています。それに挽肉といっても要は肉のミンチですので、包丁でたたきにしても良いわけです。自分オリジナルに仕上げていきましょう。

香味野菜のバランスも大事

ミートソースと違って肉がメインのボロネーゼですが、レシピには香味野菜も含まれています。香味野菜を炒めるソフリットのおいしいバランスは「1:1:1」とのことですので基本的なバランスを保ったまま調理していきましょう。

トマトを焼いて使うと酸味が抑えられるのでおすすめ

トマトはおいしい野菜ですが、その酸味が厄介だったりします。生のトマトを使うとフルーティな味わいを楽しめるほか、酸味のとげとげしい味になやまなくてはいけません。そんなときに150℃に設定したオーブンで焼いてみてください。低温で1時間じっくりと火を通すことによって、トマトの本来持ち合わせている甘みが引き出されおいしい味わいに仕上がります。

トマトをそのままフライパンに放り込んでその生々しい素材本来の味を楽しむのも良いですが、一度火を通してやさしく甘い味わいのボロネーゼをつくってみるのはいかがでしょうか。一味違ったプロの味わいをたのしめるでしょう。

絶品ボロネーゼの作り方を紹介

では素人でも作れるボロネーゼの絶品レシピを紹介いたしましょう。まずは玉ねぎ1/2個、人参3/1本、セロリ1本、ニンニク 2かけ、合挽肉200g、赤ワイン 200cc、トマト1缶をご用意ください。用意が出来たら具材を全てみじん切りにして、玉ねぎ、人参、セロリを弱火でじっくり炒めていきましょう。ソフリットを作っていきます。

ソフリットが全体的にかさが少なくなってきたら、ニンニクを入れましょう。しばらくするとニンニクの香りがでて、全体的に茶色くなってきますので一度皿に空けます。出来たらフライパンにオリーブオイルをしき、強火で熱した後、挽肉を入れて強めに塩胡椒しましょう。

肉に色がつき焦げ目がついてきたらひっくり返して塩胡椒で味をつけていきましょう。味をつけたら赤ワインを入れて、アルコールを飛ばします。これで人煮立ちさせましょう。アルコールが飛んでいきます。そうしたら先程取り出しておいた炒めた野菜のソフリットを戻していきましょう。少し混ぜた跡にトマトを入れて弱火で30分程煮込めばとろみが出てきます。塩コショウで好きな味にしたてて出来上がりです。

ボロネーゼの人気のレシピを紹介

ボロネーゼといってもさまざまなアレンジや、ちょっとした工夫で多様なおいしさを演出することができます。パスタに限らず楽しむことが出来るのもボロネーゼの一つの楽しみかも知れません。ボロネーゼを使ったレシピをいくつか紹介するので、ぜひ真似をしておいしいボロネーゼを楽しんでみてください。

パスタ以外にも「アレンジできる本格簡単ボロネーゼ」

ボロネーゼと同じでレシピに挽肉を使うオムレツに、ボロネーゼのソースを使ってみてはいかがでしょうか。絶品の洋食が完成すること間違いなしです。早速ボロネーゼを使ったおいしいオムレツのレシピをご紹介していきましょう。用意する材料は卵、、塩、胡椒、粉チーズ、ミートソース、ケチャップ、パセリです。準備が出来たらおいしいオムレツを作っていきましょう。

本格ボロネーゼオムレツの作り方は簡単です。まずはボロネーゼソースの手順にそってボロネーゼを作っていきます。もし、作りすぎてあまったときは凍らせてとっておいてもよいでしょう。

ボロネーゼが用意できたらまずは卵を割り、よくとき、塩、胡椒を加えて味を調えていきます。それができたらフライパンにオリーブオイルをいれて温めていきましょう。温まってきたのを確認できたら溶き卵をいれていきましょう。すぐに半熟状態になるでしょうから、完全に固まる手前でボロネーゼのソースを加えていきましょう。ゆっくりと壊れないように巻いていけば完成します。実に簡単です。

プロの味「簡単激ウマボロネーゼの秘密」

プロ級の味を追求するのは難しいでしょうか。それだけで漫画が一本かけてしまいそうです。しかしそんな長き道をも凌駕するレシピは存在するものです。是非ともプロの味をご自宅で堪能してみて下さい。材料はパスタ、200g、バター20g、粉チーズ大さじ1、オリーブオイル 大さじ1、にんにくを1片、合挽き肉300g、塩小さじ1、胡椒少々、カットトマト1/2缶(200g)、ボロネーゼ1皿分、赤ワイン100cc、水です。

まずは香味野菜を炒めてソフリットを作っていくことからはじめましょう。その間にベツノフライパンで油とにんにくを温めておきましょう。目安はにんにくが狐色になるまでです。だんだんと色がついてきたら香りがしてきます。この段階で一度にんにくは外に出しましょう。

にんにくを取り除いたフライパンに挽肉をいれて焼いていきましょう。塩と胡椒をふり、肉を強火焼いていきます。形を作って後は触らずに表面だけ色を付けていきましょう。両面焼くことが出来たらワインを流しいれていきましょう。30秒ぐらい強火にかけて、アルコールをしっかり飛ばしましょう。アルコールが飛んだらトマトとソフリットを入れていきましょう。

ソフリットと合いびき肉を混ぜたら2分くらい中火で加熱しましょう。その後水を入れてここでひとつ隠し味にビーフシチューのルーをいれるとおいしく出来上がります。これをパスタにかけるととてもおいしいので試してみてください!

お手軽ボロネーゼレシピ!

とても簡単なアレンジも出来るのがボロネーゼの良いところです。簡単にマッシュポテトと食べるレシピもご紹介しましょう。必要な材料はボロネーゼソース200〜300g、じゃがいも4つくらい、ほうれん草小2束くらい、ピザ用チーズ適量、塩コショウ適量用意しましょう。とても簡単なレシピになるのであまったソースをつかってみても良いでしょう。

簡単お手軽ボロネーゼのレシピを解説していきましょう。まずはほうれん草を茹でるためのお湯を沸かしていきましょう。その間にじゃがいもの皮をむき、小さめに切って5~6分くらいレンジにかけていきましょう。しばらくしてお湯が沸いたらほうれん草を茹でていきましょう。茹で上がったら水に5分さらして、キッチンペーパーで水気を取ります。水気がなくなったら3センチ幅に切ります。

水気をふき取り、カットしたほうれん草は温めたジャガイモと一緒にボウルに入れ混ぜながら軽く塩コショウをしましょう。出来上がったら耐熱皿にマッシュポテト、ボロネーゼソース、を入れて上からチーズをかけてオーブントースターで焼きます。まるでどこかの本格イタリア料理のような味が堪能できるお手軽アレンジレシピです。

余ったボロネーゼで簡単本格リゾット!

もしも大切に作ったボロネーゼが余ったら、捨ててしまわずリゾットにしてみてはいかがでしょうか。すでにそれ自体がおいしいので簡単においしいリゾットを作ることが出来ます。是非ともやってみてください。まずは材料の準備です。米2合くらい、余ったボロネーゼソース1袋、水600cc前後、鶏がらスープの素小さじ1、塩すこし、粗びきブラックペッパー、ガーリックパウダーすこし準備が出来たら簡単本格レシピを紹介します。

早速簡単本格リゾットを作っていきましょう。リゾットなので米は洗わないでフライパンに入れて油で炒めましょう。ちなみに冷ご飯でもよいです。米が透明になってきたら水400ccをいれて煮込んでいきます。お好みでピザ用のソースやきのこ、ソーセージなどの具を入れてもおいしいです。

しばらくすると煮汁がなくなってきますので水100cc足し、米がアルデンテになるまで更に煮ましょう。水分と米の硬さを見ながら微調整していきましょう。調整の最後に水の代わりに牛乳を入れると、酸味がまろやかになるので好みで試してみましょう。最後にボロネーゼソースをかければ感性です。

ボロネーゼトーストも試してみよう

ボロネーゼソースは味もしっかりしているので多くの主食に味が相性がよいです。たとえばトーストに乗せてもおいしいです。朝ごはんから絶品簡単レシピを試せるなんてすばらしいと思いませんか。是非ともやってみましょう。必要な材料は食パンとボロネーゼソース、さらにシュレッドチーズ、ドライパセリです。これらが用意できたらおいしい本格ボロネーゼを使ったトーストを作っていきましょう。

本格ボロネーゼがあまったらとても簡単に作ることが出来ますので、冒頭の項目を参考にボロネーゼソースを作りましょう。作ったらそのソースを食パンにかけていきましょう。あまり欲張るとこぼれてしまうので注意しましょう。かけたら、その上からシュレッドチーズをのせましょう。焼いている最中にあふれるので焼く前に下にアルミホイルをしくのも忘れないようにしましょう。

用意が出来たらトースターに入れて、トーストモードで焼いていきましょう。あとは指をくわえて待つだけです。しばらくすると焦げてきますのでいい加減で食べましょう。本格ボロネーゼがおいしいアレンジ料理でした。

ボロネーゼのナスを使たおすすめソースを紹介

ボロネーゼはいろんなアレンジがおいしい食材ですが、そんな中でもナスとの相性も抜群でさまざまなアレンジ、コラボレシピが開発されています。ですので紹介していきましょう。ナス嫌いのあなた本格ボロネーゼレシピでおいしく食べることが出来ること間違いなしです。是非とも試してみてください。

激うまレシピ「なすとひき肉のボロネーゼ風パスタ」

ボロネーゼ風のパスタをナスと挽肉で作ってみましょう。とてもおいしいので是非ともまねしてみてくださいね。必要な材料はパスタ80g、豚ひき肉(合挽きでも)50g、ナス1本、にんにく1片、ケチャップ(デルモンテ使用)大さじ2杯、ウスターソース 大さじ1杯、顆粒コンソメ 小さじ1/2、塩適量、ブラックペッパー適量、パルメザンチーズです。準備したら簡単本格レシピをみていきましょう。

簡単本格レシピを作るときはまずはパスタをゆでていきましょう。にんにくはみじん切り ナスはヘタを取って洗い小さめのひと口大に切っていけばよいでしょう。それとどうじにフライパンを熱して温めていきましょう。温まったら肉を入れ炒めていきます。

肉の色が変わったらにんにくを入れ炒めいい香りがしてきたらナスも入れましょう。全体に混ぜながら炒めナスがしんなりしてきたら塩 コショウし混ぜ ケチャップ、ウイスターソースコンソメをいれていきましょう。最後に茹でたパスタをかけていけば完成です。

ナスとポテトのボロネーゼ焼き!

ナスとジャガイモを使った本格イタリアン風の料理を作っていきましょう。本格ながら、簡単お手軽レシピなので挑戦しやすいです。是非とも試してみましょう。必要な材料はなす2本くらい、じゃがいも中2〜3個ていど、玉ねぎ中1個くらい、昨日あまったボロネーゼソース、チーズを適量、サラダ油、塩適量、胡椒適量です。用意ができたら早速作っていきましょう。
 

まずはナスを切っていきましょう。きり方は半月きりです。出来たらじゃがいもを賽の目切りに、玉ねぎは繊維に沿って幅1cm程度に順序良くテキパキときっていきましょう。出来上がったらサラダ油を敷いたフライパンにそれらの野菜を加えていき、塩コショウをしていきましょう。ジャガイモの色がついてくるまで炒めていきましょう。

しばらくしたらグラタンの皿に炒めたものを入れていきましょう。しっかりと盛り付けることが出来たら上から昨日余ったボロネーゼソースをかけていきましょう。最後にチーズをのっけてオーブンで焼き上げればおいしい本格イタリアン風アレンジ料理の出来上がりです。

ナスとボロネーゼのグラタン

ナスとボロネーゼを使ってグラタンをつくるのもいいと思いませんでしょうか。とてもおいしいので一度はやってみたい本格レシピのはずです。早速レシピを紹介していきましょう。材料はなす2個、ブロッコリー1/2個、昨日のあまったボロネーゼ1個、ピザ用チーズはあるとおいしいのでおすすめです。材料の準備をみれたら早速レシピの詳細をみていきましょう。

ナスはへたを切って1センチほど厚さに切って水に晒しておくと良いでしょう。2から3分くらいが目安になるでしょう。出来たら水気をキッチンペーパーでふいておきましょう。同時にブロッコリーは茹でておきましょう。

フライパンにサラダ油をうすくひいて1のナスを軽く焼き色がつく程度に両面を焼いて取り出しておきましょう。出来たら耐熱皿にボロネーゼを入れていきます。暑さを1センチくらいにしておきましょう。できたらなすと部路コリーを入れてその上からさらにボロネーゼをかけましょう。最後にチーズをかけてオーブンで焼けば出来上がりです。

なすとボロネーゼ炒め

ボロネーゼはそれだけでもおいしいのでナスを一緒に炒めておいしいおかずをつくっていきましょう。ささっと出来てお得な簡単本格料理です。ぜひやってみましょう。材料はナス、玉ねぎ、豚ひき肉、ケチャップ、酒、しょうゆ、水、コンソメ、片栗粉です。

まずは調味料(ケチャップ、酒、しょうゆ、水、コンソメ、片栗粉)を混ぜていきましょう。片栗粉は固まらないようによく混ぜていきましょう。混ぜることが出来たら野菜を刻んでいきましょう。玉ねぎはみじん切りに、ナスは好みの大きさに切りましょう。野菜を切ることが出来たら、フライパンに油をひいて温めていきましょう。

フライパンが温まったら玉ねぎと豚ひき肉を炒めていきましょう。挽肉はさっと炒めていきますが豚ひき肉の色が変わってきたら、ナスを入れて炒めましょう。しばらくするとナスがしんなりしてきますので、まぜておいた調味料を入れてすばやく絡めていきましょう。これでナスのボロネーゼ炒めが完成します。

茄子和風ボロネーゼのチーズ焼き

ボロネーゼを使った和風のレシピもご紹介していきましょう。これも簡単で人気のレシピなのでしっかりと手順を学んでおいしいボロネーゼのレパートリーを増やしましょう。材料は茄子(中)2本、玉葱1/2個挽き肉150グラム、トマトソース200㏄、コンソメキューブ1個、水200㏄、醤油大さじ1、鰻の蒲焼きのタレ大さじ1、片栗粉 とろみ用適量、とろけるチーズ適量です。

作り方は簡単です。ナスを一口大にきっていき、たまねぎはすらいすしていきましょう。中火で油をしき、挽き肉を炒めて、茄子を炒めましょう。最後に玉葱も炒めましょう。ここでトマトソースをいれますが、作りおいているボロネーゼがあればそれでも大丈夫です。さらに水200㏄としょうゆ、鰻の蒲焼きのタレをいれます。これは焼肉のタレや自家製のたれでもOKです。

最後に水溶き片栗粉でとろみをつけていきましょう。出来上がったらグラタン皿に入れ、チーズをのせてトースターやオーブンでやいていきましょう。焦げ目がついたら出来上がりです。

ボロネーゼにおすすめの付け合わせを紹介

ボロネーゼの料理はそれだけでもおいしい人気のレシピですが、そこにさらに付けあわせでスープがあったりすればさらにおいしいです。ですので実に簡単ではありますが、スープのレシピを紹介します。このスープじゃなくても市販のスープでも十分おいしいです。

「しめじとキャベツのコンソメスープ」

ボロネーゼを食べるときに是非とも試したい簡単で人気のコンソメスープをご紹介いたしましょう。簡単なだけでなく人気のスープですのでぜひ試してみてください。材料はめじ1/2パック、キャベツ1枚、水300cc、コンソメ(固形) 1個、塩コショウ少々セリのみじん切りがあればなおよいです。おいしく人気のレシピをみていきましょう。

まずはシメジの石づきをとって小さくちぎっていきましょう。キャベツは千切りにすればよいでしょう。その後、鍋に水、コンソメを入れて火にかけ、沸騰したらシメジやキャベツを加えて軽く煮ていきましょう。その後は塩と胡椒で味を整えていきます。出来たら器に盛り、パセリのみじん切りをトッピングすれば完成します。

ミルクチーズポテト

ミルクチーズポテトは付け合せに人気のメニューです。材料はじゃが芋(中)2個、バター15g、牛乳1カップ、水1/2カップ、塩小さじ1/4、白胡椒少々、砂糖小さじ1/2、スライスチーズ(溶けないタイプ)1枚、生クリーム 大さじ2杯です。とてもおいしい付け合せ料理なのでしっかりと手順を覚えていきましょう。
 

まずはじゃがいもの皮をむいて、5mmの厚さにスライスしていきましょう。このとき水にはさらさないでも大丈夫です。スライスができたらフライパンを中火で熱してバターを溶かしましょう。バターが溶けてきたらジャガイモのスライスを投入していきましょう。全体にバターを絡めるようにして1分ほど炒めていきましょう。

しばらくしたらジャガイモの中に牛乳と水、塩、コショウ、砂糖を入れて混ぜていきましょう。しばらく煮込んでいって水分が1/3になるまで見ていきましょう。最後にジャガイモの様子をみて火が通っているならスライスチーズと生クリームも加えてチーズが溶けとろみが付いたら火をとめていきましょう。これで完成です。すこし焦げ目がつくくらいがおいしいです。

ボロネーゼの人気のレシピで本格的な味を堪能しよう!

ボロネーゼとは本場イタリアではラグー・アッラ・ボロニェーゼと呼ばれる香味野菜をオイルで炒めと、ひき肉をワインを素材として合せた伝統的な料理でした。日本にもあるミートソースとボロネーゼは挽肉を使ったソース料理なのでとてもよく似ていますが肉とワインがメインのボロネーゼと野菜やそのたの材料もおおいミートソースはまったく違う料理でした。ボロネーゼは肉の渋みがおいしいのが特徴でした。

ボロネーゼにはさまざまなレシピがありましたが、挽肉を一から作ったりトマトを生で使うとさらに本格的な味に仕上がりました。特にトマトはポイントで一度火をとおすことで酸味をおさえてまろやかな味付けになる工夫がありました。また、本場の味付けに近づけるにはワインを使ったりパンチェッタと呼ばれる塩漬けの豚ばら肉をつかうのも良いとのことでした。自分で手作りするときには参考にしましょう。

またボロネーゼにはさまざまなアレンジレシピがあるのも特徴のひとつではないでしょうか。味がしっかりしている本格的なソースなのでリゾットや、トーストなどさまざまな主食にあう上に、加える材料によって、あるいはその配合によって自分好みの料理にすることも可能だということが解りました。是非ともさまざまなアレンジで試した見たいのがボロネーゼの特徴的な部分でしょう。

いかがでしたでしょうか?ボロネーゼは汎用性も高く、それ自体にイタリアの古来から伝わる伝統の技術と味が詰まったおいしい料理だということは良くわかっていただけたのではないでしょうか?かんたんで人気かつ本格的なボロネーゼを是非とも自宅でもおいしく楽しんでください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ