冷凍チャーハンおすすめ人気ランキングTOP25!味を徹底比較!

冷凍食品は美味しくない、というのは昔の話で、今や冷凍食品は便利な食材として立派な地位を確立しています。その中でも種類が豊富な冷凍チャーハンは昼夜問わず大活躍です。もし「誰が味付けしたかもわからない加工食品は口あわない!」と避けている方は、今から紹介する冷凍チャーハンから気になるものを、だまされたと思って試してみて下さい。いつも行くラーメン屋さんのチャーハンに負けず劣らずおいしい冷凍チャーハンに巡り合えるかもしれません。そんな具材にも味にもこだわった冷凍チャーハンからTOP25を紹介します。

冷凍チャーハンおすすめ人気ランキングTOP25!味を徹底比較!のイメージ

目次

  1. 1今日はどれにする?種類豊富な冷凍チャーハン
  2. 225位・24位はコンビニならではの便利な冷凍チャーハン
  3. 323位:ファミリーマート「甘口たれの牛カルビごはん」
  4. 422位:テーブルマーク「下町食堂の焼きめし」
  5. 521位:セブンイレブン「札幌すみれチャーハン」
  6. 620位:トップバリュ「高菜チャーハン」
  7. 719位:大阪王将「牛バラ炒飯」
  8. 818位:日清「出前一丁鉄板チャーハン」
  9. 917位:日清「金の炒飯」
  10. 1016位:あけぼの「紅ズワイがにのあんかけチャーハン」
  11. 1115位:大阪王将「ラーメン炒飯」
  12. 1214位:大阪王将「餃子屋のチャーハン」
  13. 1313位:トップバリュ「ビビンバ炒飯」
  14. 1412位:味の素「具だくさん高菜炒飯」
  15. 1511位:セブンイレブン「極上炒飯」
  16. 1610位:マルハニチロ「あおり炒めの焼豚炒飯」
  17. 179位:味の素「香炒飯」
  18. 188位:大阪王将「キムチチャーハン」
  19. 197位:マルハニチロ「直火炒めビビンバチャーハン」
  20. 206位:西友「きほんのき五目チャーハン」
  21. 215位:ニチレイ「豚肉と青菜のチャーハン」
  22. 224位:味の素「ザチャーハン」
  23. 233位:ニチレイ「本格炒め炒飯」
  24. 242位:マルハニチロ「炒飯の極み」
  25. 251位:UCC「ロイヤルシェフ炒飯」
  26. 26おかずとご飯が1つになったチャーハンをおうちで!

今日はどれにする?種類豊富な冷凍チャーハン

加工食品の中でも、知名度の高い冷凍チャーハンですが、インターネットで「冷凍チャーハン」と検索をすれば、たくさんの種類が出て来ます。一見すると冷凍チャーハンの名称がよく似ているものも多く、違いが分かりにくいものもあります。

そこで、どんな特徴でどんな味なのか、作り方などの解説や食べ方のアレンジなど、ランキング形式で25種類もの冷凍チャーハンを一挙に発表します。忙しいお昼に、お弁当に入れればおかずが少なくても具が入っているので安心の冷凍チャーハンの世界を一緒に見ていきましょう。

Thumbチャーハンレシピの味付けやアレンジ紹介!パラパラにするコツは? | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

25位・24位はコンビニならではの便利な冷凍チャーハン

25位:ローソン「ふっくらパラっと炒飯」

近年のコンビニエンスストアには、冷凍などの加工食品が充実していますが、ローソン「ふっくらパラっと炒飯」は、ご飯1杯分ほどの量200gで、なんと108円というお手頃価格の冷凍チャーハンです。定番の焼豚、玉ねぎ、ニンジンなどの具材をオイスターソースで味付けした本格的な具材と味付けでコスパ最高です。

他の冷凍チャーハンに比べて量が少なめな分、作り方も、電子レンジで3分(600W)、フライパンで炒めても3分半と短い時間で本格チャーハンが食べられるのも魅力です。簡単調理でお弁当に入れたり受験生の夜食にと、そのアレンジ力がランキング入りの大きな理由です。

24位:セブンイレブン「やみつき濃厚な味わいチャーハン」

味の素とセブンイレブンの共同開発商品、「やみつき濃厚な味わいチャーハン」は、自ら「濃厚」と謳っているだけあって、濃い目の味付けになっています。又ネギのしっかりした香りや、しっかり味付けされたチャーシューなど、おかずいらずで、汁物を一品足せば立派な夕食に、カップの味噌汁を付ければ、満腹のお弁当になります。

170gで150円という良心価格ですので、見つけた時に買ってストックしておけば、「冷蔵庫に何もない!」と困った時に便利です。レンジかフライパン炒めの簡単な作り方で、サッと出せて本格的な味わいですので、使い勝手とアレンジ力がランキング入りも頷ける、優秀な加工食品です。

Thumbコンビニ冷凍食品おすすめランキング!人気の商品や値段とカロリーも! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

23位:ファミリーマート「甘口たれの牛カルビごはん」

中華じゃなくて焼肉屋さんの味がする冷凍チャーハン

炒飯と言えば中華料理の定番メニューですが、紹介する「甘口たれの牛カルビご飯」は、焼肉屋さんの味がする一味違ったチャーハンです。焼肉のたれ風の甘辛タレがからんで、こってり濃厚な味わいに牛カルビが入って、一度食べればヤミツキになります。日本人の大好きな甘辛タレと牛肉の組み合わせは、ランキング入りも納得です。

サンクスとファミリーマートの合併後に発売された為か、非常にクオリティが高く、又280gで288円と少し高めの価格設定ですが、男性でも充分満腹になるチャーハンです。数あるコンビニエンスストアの加工食品の中でも、冷凍チャーハンランキングに食い込むだけの事はある、納得のおいしさが味わえます。更にお肉を乗せたらボリューム満点のご飯に、おにぎりにしてお弁当やお昼ご飯にと、アレンジ力のある商品です。

22位:テーブルマーク「下町食堂の焼きめし」

お母さんに作ってもらった家の焼きめしの味

休みの日のお昼ごはんにお母さんが作ってくれた、中華料理店ともラーメン屋さんとも違う、懐かしい家の焼き飯が、この冷凍チャーハンで食べられます。テーブルマークの「下町食堂の焼きめし」は、飽きの来ないシンプルでやさしい味わいで、かまぼこ入りなのが特徴です。

チャーハンではなく、あえて「焼き飯」と商品名に入れているだけあって、家庭で食べる焼き飯を目指してあっさりした味に仕上げています。その為、あんかけにしたり、卵を乗せて天津焼き飯にしたりとアレンジしたり、お弁当に入れてもおいしい焼き飯です。外食の味を家で食べたいというコンセプトで作られている商品が多い中、家庭の味に近いものがランキング上位に入るのも、孤食が多くなってきている時代の流れでしょうか。

21位:セブンイレブン「札幌すみれチャーハン」

有名ラーメン店とのコラボを実現した冷凍チャーハン

おいしい味噌ラーメンランキングでは常に上位に入る有名店の札幌すみれですが、その名店監修の元作られた冷凍チャーハンが、セブンイレブンの「札幌すみれチャーハン」です。パラパラにこだわるチャーハンが多い中、あえてラードを使ってしっとり食感を追求し、しっかり濃厚な味わいです。

300gで267円と、加工食品としてはボリューム満点な上にコスパ最高のこの冷凍チャーハンは、一度食べたら又次も食べたくなるおいしさです。家系味噌ラーメンを足して夕食をアレンジすれば、札幌すみれで食べている雰囲気になるかもしれません。又しっかり味なので、食べ盛り男子のお弁当にも最適です。

20位:トップバリュ「高菜チャーハン」

食感と風味を楽しむ冷凍チャーハン

イオン系列のプライベートブランド「トップバリュ」は、加工食品の品ぞろえに定評があり、更に自社で作っているのでコスパも非常に優秀です。そんな加工食品の中でも、紹介するトップバリュ「高菜チャーハン」は、しっかり濃い味付けが主流の冷凍チャーハンの中でも比較的あっさりした味わいに、適度な酸味と歯ごたえが楽しい冷凍チャーハンです。又加工食品では珍しく大き目の卵が味にアクセントを加えます。

450gで278円と、他の冷凍チャーハンに比べてかなり多い量が入っていますが、あっさりした味と高菜の歯ごたえもアクセントになっていて、女性でもペロッと食べられます。又簡単なアレンジとして醤油を少しかけて食べても非常においしく食べられます。濃い味のおかずでも邪魔をしないあっさり味なので、お弁当にも便利です。

Thumb高菜の人気レシピ集!油炒めから漬物を使った簡単・活用料理も紹介 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

19位:大阪王将「牛バラ炒飯」

「肉」に特化したボリューム満点の冷凍チャーハン

大阪王将のお店で食べられるメニューが、加工食品として販売されており非常に人気があります。又炒飯の多くは豚肉で作られる場合がほとんどですが、この大阪王将の牛バラ炒飯は、牛肉を使用しており珍しいパターンです。更にコチュジャンとテンメンジャンという2種類の中華調味料を使用する事で味付けが非常に濃くなっています。

又、具材も大きめにカットしてあり、鮮やかな色を沿える青梗菜がアクセントになっていて、同時に口の中をが少しスッキリます。400g350円と納得の価格設定で、満足の冷凍食品です。しっかりとした味付けと青梗菜の色味がお弁当に入れても良し、一人のお昼ごはんにとアレンジ力豊富な逸品です。

18位:日清「出前一丁鉄板チャーハン」

みんな大好きインスタントラーメンとのコラボチャーハン

「あーらよ、出前一丁」のテーマソングを口ずさめる人がたくさんいるほど人気のインスタントラーメンですが、これがラーメンではなく冷凍チャーハンとなっているのですから、当然試したくなります。出前一丁と言えば秘伝の胡麻ラー油ですが、もちろん冷凍チャーハンになっても健在です。

カップラーメンの生みの親である日清は、今やインスタントラーメンだけでなく、ご飯の入った加工食品にも力を入れており、紹介する「出前一丁鉄板チャーハン」も非常においしい冷凍チャーハンに仕上がっています。パッケージにはおなじみの出前坊やがプリントされていて、まさに鉄板でわざと焦がしたような香ばしい醤油の香りと焼き豚が、懐かしさと新しさを同時に感じられる美味しさです。

17位:日清「金の炒飯」

こちらも「すぐおいしい、すごくおいしい」でおなじみのチキンラーメンが冷凍チャーハンになった日清の「金の炒飯」です。あのチキンラーメンのシンプルな醤油味やふわふわ卵をチャーハンに上手に生かした、優しくシンプルな味付けですので、レンジ調理も可能ですが、フライパン炒めの作り方で、納豆を入れて納豆チャーハンにしたり、唐辛子をかけてピリッと辛みを利かせるなどのアレンジもおすすめです。

ひよこちゃんが炒飯を作っているかわいらしいイラストと、黄色いデザインが目を引く「金の炒飯」は、鶏ガラスープの深い味わいやチャーシューにも鶏肉を使うなど、チキンラーメンと言うだけあって鶏へのこだわりも特徴的な冷凍チャーハンです。このようなコラボものの加工食品は、一過性の人気になる事が多い中、たくさんの冷凍チャーハンの中からランキング上位に入っていることからも、そのクオリティの高さがうかがえます。

Thumbチキンラーメンアレンジが人気!ちょい足しや簡単おすすめレシピを厳選! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

16位:あけぼの「紅ズワイがにのあんかけチャーハン」

優しい味わいが他とは違う冷凍チャーハン

「あけぼの紅ズワイがにのあんかけチャーハン」は、今まで紹介した冷凍チャーハンとは少し違います。何が違うかと言うと、まずこの冷凍チャーハンの作り方が違っていて、トレーに入っていてそのまま電子レンジにかけます。あんかけとチャーハンの間にシートが挟んであり、電子レンジにかけた後引き抜けば、あんをかけたてのような美味しさになります。

そして何より、チャーハンと言えばガツンと濃い味が多い中、この冷凍チャーハンは、紅ズワイガニのうまみが食べればひとたび癒される優しい味わになっています。受験生の夜食や、飲みに行った後に家で何か食べたい時に、レンジでチンするだけのシンプルな作り方ですぐに食べられるので、買い置きをおすすめします。

15位:大阪王将「ラーメン炒飯」

かけ算効果で数倍おいしくなった冷凍チャーハン

炭水化物と炭水化物を掛け合わせといえば、有名どころでは神戸発祥のそばめしがありますが、ここで紹介するのは禁断のかけ算、大阪王将の「ラーメン炒飯」です。卵やネギ、豚肉などの一般的なチャーハンの具材がベースですが、そこに入っているとんこつ風味のもちっとした麺と紅ショウガが、絶妙なラーメン感を醸し出しています。

食べてみると、ご飯と麺がバランスよく配合され、見た感じよりもコショウが効いているのがニクいアクセントになっています。まかない飯のような禁断の冷凍チャーハンは、コラボアレンジ商品の中でも一度は試してみる価値のある一品です。

14位:大阪王将「餃子屋のチャーハン」

王将と言えば餃子ですが、ビールと一緒に頼むか、チャーハンやラーメンと一緒に頼むのが一般的です。しかしここで紹介するのは、ありそうでなかった餃子味のチャーハン、大阪王将「餃子屋のチャーハン」です。お店で食べるクオリティーを維持した加工食品に定評のある大阪王将のメニューの中でも、人気ランキング上位に入る「餃子屋のチャーハン」は一度は食べてみたい逸品です。

お店でまかない飯として食べられてきた餃子味の炒飯は、王将秘伝の餃子餡をチャーハンの具材として使った冷凍チャーハンで、ガラスープが効いていて、しょうががアクセントになっています。そこに卵とネギがイロドリとしてプラスされ、見た目はシンプルながらインパクト大の味に、アレンジ商品の中でもヤミツキ必至の冷凍チャーハンです。

Thumb餃子の王将と大阪王将の違いは?餃子の味やメニューなど美味しさを比較 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

13位:トップバリュ「ビビンバ炒飯」

具材とイロドリを楽しむ冷凍チャーハン

焼肉屋さんでも常に上位ランキングに入るビビンバですが、そのおいしさの特徴は何と言っても上にのっているナムルです。紹介するトップバリュの「ビビンバ炒飯」は、ビビンバとチャーハンの良いところをミックスした加工食品で、冷凍チャーハンと言えば、卵やチャーシュー、ネギなどのシンプルな具材で作られているものが多いですが、トップバリュの「ビビンバ炒飯」は、ナムルさながらの具材で、イロドリ鮮やかです。

ビビンバとはいうものの辛みはほとんどなく甘めの味付けになっているのでお子様でも食べられます。石焼鍋にビビンバチャーハンと明太子やチーズ、高菜などと一緒にアツアツを食べたり、アイデア次第で幅広い年齢層に親しまれる商品になります。

12位:味の素「具だくさん高菜炒飯」

こちらの味の素「具だくさんチャーハン」は何と言ってもその高菜の量に驚きます。ポリポリと食感の良い高菜に加え、人参やゴマなど他の冷凍チャーハンではあまり見かけない具材がたくさん入っています。ボリューム重視の近年の冷凍チャーハンの中で、具だくさんであっさりとした味わいが、ランニング上位に入った理由も納得のできるクオリティです。

パッケージを見てもわかるように、具材が彩りよくたくさん入っていて香りと風味豊かな冷凍チャーハンに仕上がっています。又ゴマ油も入っている事であっさりの中にしっかりした味付けがされていて、又次も食べたくなる冷凍チャーハンです。

11位:セブンイレブン「極上炒飯」

こだわりが随所に光る極上の冷凍チャーハン

中華料理店の本格チャーハンを目指して作られた、セブンイレブン「極上炒飯」は、極上とついているだけあって、味付けや具材の随所にこだわりを利かせた冷凍チャーハンです。味付けも本格的で、コクのラード、深みのオイスターソース、うまみのXO醤がいいバランスになっていますが、その分醤油や塩などの塩分は控えめな味付けになっています。

更に炒飯ならではパラっと仕上げで、ご飯はチャーハンに適した、新潟県産のコシイブキを使用するなど、まさに「極上」の味を体現した冷凍チャーハンです。作り方だけで既にこだわり抜いているので、食べる側はそのこだわりを壊さぬよう、フライパンで炒めてパラっとチャーハンを楽しみましょう。

Thumbセブンイレブンのチャーハン「極上炒飯」のカロリーや値段を調査! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

10位:マルハニチロ「あおり炒めの焼豚炒飯」

ごろっとチャーシューが大満足の冷凍チャーハン

商品名に「焼豚炒飯」と名付けられているように、何と言っても大きく切ったごろっとチャーシューがたくさん入っていて、ボリューム満点の冷凍チャーハンです。味付けはシンプルな中華料理屋さんのチャーハンで、安定のおいしさです。からあげと揚げ餃子と一緒にお弁当に入れて中華弁当にしたり、おにぎりにして持っていてっておいしく食べられます。シンプルな味付けですので、アレンジ自由自在です。

ボリュームの具材が注目される冷凍チャーハンですが、実は中華街の名店、赤坂離宮の譚オーナーシェフ直伝の「ぱらっと炒め製法」が採用されていて、ぱらっとしているのにしっとりした食感は、さすがと言わざるを得ません。もともとしっとり食感なので、作り方に少し手間をかけてフライパン炒めをすると、よりおいしく食べる事ができます。

9位:味の素「香炒飯」

本格中華の香りにこだわった冷凍チャーハン

パッケージを見ただけでも美味しそうな、プリっとしたエビと「八角」の文字が印象的な、味の素「香炒飯」は、その商品名にもあるように、香りを楽しめる工夫が随所に光る加工食品の冷凍チャーハンです。そんなこだわりチャーハンですが、他のチャーハン同様作り方は簡単で、レンジかフライパン炒めですぐにおいしく食べられます。

高級中華料理店を彷彿とさせる焼豚の八角の香り、さらに生姜やオイスターソースと言った、香りに特化した具材や調味料をふんだんに使う事で、「香炒飯」にしか出せない独特の香りが楽しめます。ボリュームが男性向けとするなら、香りに特化したこの冷凍チャーハンは、どちらかと言えば女性に好まれる要素がふんだんに含まれているので、OLさんのライチタイムにおにぎりに持って行ったり、アレンジも楽しい逸品です。

8位:大阪王将「キムチチャーハン」

赤い色が食欲をそそる冷凍チャーハン

透明のパッケージから見える、赤いご飯の色を見ただけで食欲がわく、みんな大好きなキムチの冷凍チャーハンを紹介します。ただ辛いだけでなく、唐辛子の辛みと卵のまろやかさがいい具合にミックスされていて、香辛料も、辛みの豆板醤だけでなく、コチュジャンやテンメンジャンを使用する事で味に深みが出ています。

適度な辛みが、辛さが苦手な方やお子様にも人気のようで、冷めてもぱらっと美味しいので、お弁当に入れれば育ち盛りの男子にはもってこいの一品です。又家系ラーメンと一緒に出せばラーメンライスになったり、おうちごはんのアレンジにもおすすめです。作り方は簡単で、耐熱皿に食べたい分だけ平たく入れて、ラップをせずにレンジにかければすぐに食べられます。

Thumbキムチは賞味期限が切れても食べられる?日持ちする保存方法で開封後も美味しく! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

7位:マルハニチロ「直火炒めビビンバチャーハン」

野菜の食感がおいしいビビンバとのハイブリットチャーハン

チャーハンとは少し趣の違う、マルハニチロ「直火炒めビビンバチャーハン」は、チャーハンと言うよりはやはりビビンバ色の強い冷凍チャーハンです。特化して紹介したいのは、もやし・にんじん・ほうれん草の一般的な野菜だけでなく、ゼンマイやたけのこなどのナムル独特の具材も入っていて、そのシャキシャキした食感は、他のチャーハンにはないおいしさです。

又、味もゴマ油とコチュジャンがピリッと良く効いていて、そこにコチュジャンに漬けこんだような味わいの深いカルビが、案外大きいサイズで入っていて、味のアクセントにもなっています。電子レンジだけでなくフライパンで炒めて食べるのも作り方の一つですので、おうち焼肉の後にホットプレートで冷凍チャーハンを炒めてアツアツをみんなで食べるなど、アレンジ一つでみんなで楽しく食べる事できます。

6位:西友「きほんのき五目チャーハン」

基本に忠実に作ったコスパ最高の冷凍チャーハン

西友のプライベートブランド「きほんのき」シリーズの五目チャーハンは、ポークベースと醤油の香りに加え、卵・ネギ・人参・玉ねぎ・チャーシューと、その名の通り基本的な具材が入っています。一見いわゆる「普通のチャーハン」ですが、この基本へのこだわりがとてもおいしいチャーハンを作り出しています。

そして何よりおすすめしたいのは、そのコスパのすばらしさです。700g入って321円(税込)と、育ち盛りのお子様がいても十分お腹いっぱいにできる量です。電子レンジでも調理はできますが、フライパンでの作り方をホットプレートに代えて、みんなで炒めたらパラっとアツアツチャーハンを家族で楽しむアレンジ中華パーティーの出来上がりです。

5位:ニチレイ「豚肉と青菜のチャーハン」

シャキシャキ食感が楽しい冷凍チャーハン

他の冷凍チャーハンではあまり見かけない、葉物の緑が鮮やかなニチレイ「豚肉と青菜のチャーハン」ですが、その緑の正体はこれもあまり他に例の無い葉大根を使用し、シャキシャキした食感が良いアクセントになっています。色味があるので、男子女子どちらのお弁当にも最適です。このような使い勝手の良さも含めて、納得のランキング上位です。作り方もレンジとフライパン炒めが可能で、簡単に食べられます。

そして、さらに特徴的なのは、チャーハンの全体の色が黒っぽい事です。黒大豆を蒸して発酵させた豆鼓という中華調味料を、細かく切ってチャーハンに入れ込む事で、強いうまみが出ます。これに加えたまり醤油を味付けに使用してるため、黒っぽい色になっています。そんなこだわりの詰まった加工食品の冷凍チャーハンを一度試してみて下さい。

4位:味の素「ザチャーハン」

冷凍チャーハン界のニューヒーロー登場

「焦がしニンニクのマー油と葱油が香る」という文字、そしてゴールドと黒のパッケージがおいしさを確信させる味の素「ザチャーハン」は、加工食品の冷凍チャーハン市場拡大の火付け役となったと言われる程、人気のある商品です。知名度と味、共にランキング上位に食い込むには、みんなが納得する理由があります。

スーパーに行くのは女性ですが、購入するポイントは夫が喜ぶかどうかで選んでいる点をうまく利用し、男性が満足するボリュームや味をメインに、ザチャーハンは作られています。600gのボリュームに加え、中華料理店のチャーハンさながらの風味と香ばしさ、そしてみんな大好きなにんにくが加えられ、食べ盛り男子のお弁当に入れても大満足の仕上がりです。

3位:ニチレイ「本格炒め炒飯」

最近の流行にモノ申す!15年前から変わらない味のチャーハン

冷凍の加工食品と言えば、多くの人が応える「ニチレイ」ですが、やはりその分野のパイオニアだけあって、15年以上も前から冷凍チャーハンを作っていました。それが冷凍チャーハンランキング映えある第3位の「本格炒め炒飯」です。電子レンジにかけるかフライパンで炒めるかの簡単な作り方で食べられるチャーハンを、15年も前から作っていたなんて、ニチレイに脱帽です。

ご飯をパラっとさせる為に、今では当たり前に施されている卵のコーティング技法を早くから取り入れ、焼豚・ご飯・卵だけのシンプルな味わいで15年前から愛されている事が、シンプルイズベストを証明していると言っても過言ではありません。ご飯が足りない時に食卓にプラスしたり、具材を足して家庭の味にしたりと、使い勝手の良さも人気です。

2位:マルハニチロ「炒飯の極み」

複雑な味が深みを感じる冷凍チャーハン

冷凍チャーハンランキングの第2位は、マルハニチロ「炒飯の極み」です。「極み」と自ら名乗るからには、名前負けしない品質の維持が必要ですが、食べてみればそのクオリティの高さを感じられます。真っ赤なパッケージデザインで既に高級な感じがしますが、エビとXO醤を使用していて実際にも高級感あふれる味わいです。

有名中華料理店の赤坂離宮を引き継いだ譚オーナー監修の元に作られた冷凍の加工食品「炒飯の極み」は、たけのこ・豚肉・小松菜などの歯ごたえや色味にこだわった五目具材と共にパラっと炒められていて、600gというボリュームも相まって第2位の貫禄十分です。お子様がたくさんいても、大容量なのでお弁当にも不足はありません。作り方は食べる分だけレンジかフライパンで炒めましょう。

1位:UCC「ロイヤルシェフ炒飯」

お取り寄せ通販で高評価の冷凍チャーハン

冷凍チャーハンランキングの映えある第1位は、「ロイヤルシェフ炒飯」です。販売元があのコーヒーで有名なUCCの会社であることも驚きですが、通販で高評価を得た話題の冷凍チャーハンです。作り方は簡単で、電子レンジで温めるかフライパンで炒めて、普通のお皿に丸くして盛り付ければ、中華料理屋さんで出てくるチャーハンかと間違えるほどのクオリティです。

お料理上手なお母さんなら、加工食品でも具材や調味料を足して、自分好みに調理する方もいますが、この「ロイヤルシェフ炒飯」ならそのまますぐに食べられます。甘辛い味付けのチャーシューに、オーソドックスな卵やネギなどをさっぱり醤油味で味付けしていて、焼き飯感覚で食べられます。又お弁当に入れれば、おかずを少なくしても十分満足できてお母さんも朝少しだけゆっくりできます。

おかずとご飯が1つになったチャーハンをおうちで!

たくさんの冷凍チャーハンを紹介してきましたが、一言で「冷凍チャーハン」と言っても、色々なこだわりが詰まっていて、改めて日本の食文化がいかにバラエティ豊かかを改めて知る事ができました。作り方も簡単で、レンジかフライパンで炒めるだけで、お弁当にも軽食にも便利なチャーハンが、一定のクオリティで楽しめます。

家で焼き飯を食べる時はご飯が余っている時で、そうでなければラーメン屋さんや中華料理屋さんへの外食でチャーハンを食べるのが一般的でしたが、家に居ながらにして(余ったご飯が無くても)、又がお弁当に入れて学校で、チャーハンが食べられるのが冷凍チャーハンだと考えると、日本の加工食品業界のアイデアの深さに驚くばかりです。電子レンジと冷凍加工食品が存在する日本に生まれた事に感謝です。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ