【ゆで卵の冷凍】冷凍保存方法と保存期間!解凍レシピ5選も紹介

ゆで卵が冷凍保存できると知っていますか?意外と時間のかかるゆで卵が冷凍保存できるなんてとっても魅力的!そう感じる人も多いはず。ですが、ゆで卵をそのまま冷凍庫に入れて保存するという保存方法では、せっかくのゆで卵もまずくなってしまいます。この記事では、ゆで卵をおいしく冷凍できる保存方法や、保存期間、賞味期限、そして解凍方法や冷凍したゆで卵フィリングの簡単レシピを紹介していきます。冷凍したゆで卵はレンジは使わず自然解凍でオッケーというのも嬉しいポイントです。ぜひ、参考にしてみてください。

【ゆで卵の冷凍】冷凍保存方法と保存期間!解凍レシピ5選も紹介のイメージ

目次

  1. 1ゆで卵の冷凍保存について知りたい!
  2. 2ゆで卵の冷凍保存方法
  3. 3ゆで卵を冷凍するメリット
  4. 4ゆで卵の保存期間
  5. 5ゆで卵のフィリングの作り方
  6. 6冷凍ゆで卵フィリングの解凍方法
  7. 7冷凍ゆで卵フィリングを使った解凍レシピ5選
  8. 8ゆで卵を冷凍して上手に活用しよう!

ゆで卵の冷凍保存について知りたい!

キッチンでオッケーサインをする女性

そのまま食べても美味しく、だまごサラダやタルタルソースにもアレンジできるゆで卵。でも、忙しい時には作っている時間がない!そう思っている人もいるはず。そんな人に朗報です!ゆで卵は冷凍保存することができるのです。冷凍しておけば、いつでも美味しいゆで卵が食べられます。

でも、ちょっと待って!冷凍保存の方法をしっかり確認しないと、おいしいゆで卵が冷凍することでまずくて食べられないものになってしまいます。

この記事では、ゆで卵をおいしく食べるための冷凍保存方法や保存期間、賞味期限、そしてレンジいらずの解凍方法、そして冷凍ゆでたまごを使ったアレンジレシピを紹介していきます。

ゆで卵の冷凍保存方法

ここからはさっそく、ゆで卵の冷凍保存方法について紹介していきます。大げさに「冷凍保存方法」などと言っていますが、実際にはゆで卵に一手間加えて冷凍するだけの簡単な方法!誰でも気軽に試すことができるので、ぜひ、ゆで卵を冷凍して活用していきましょう。

そのまま冷凍できない

×をもつ女性

お鍋に入れるだけで簡単にできるゆで卵ですが、意外と失敗することはありませんか?その原因は、使う分だけと2、3個鍋に入れ、沸騰したお湯の中で卵が踊りだしてしまうことにあります。踊り出した卵にひびが入り、中身が出てきて、ちょっと失敗…という経験をしたことをある人も多いはずです。

そして、そんな失敗を防ぐためにと、1パック全てゆで卵を作って冷凍するという人もいるのではないでしょうか?一度にたくさん作るとゆで卵の失敗は大分防げるのですが、冷凍保存の方法を間違えると大変なことに!

やってみた人は分かるかもしれませんが、そのまま冷凍保存したゆで卵は、全然美味しくありません!冷凍しても黄身はあまり変わらないのですが、白身は、スカスカ、ボゾボゾまるでゴムのように変化してしまいます。

冷凍には下処理が必要

キッチンでオッケーサインの女性

先に述べた通り、そのまま冷凍すると不味くなってしまうゆで卵ですが、すぐに使わない場合や作りすぎてしまった時など、何とか冷凍保存したい!賞味期限を延ばしたい!保存方法でどうにかならないの?と思う人もいるはずです。そんな人に知ってもらいたいのが、ゆで卵を下処理してから冷凍で保存するという方法です!

そして、この保存方法が本当に便利で、一度作ってみるととまたやりたくなる、保存期間も長いのでつくりおきの一品として常備したくなるはずです。

フィリングの冷凍方法

ゆで卵を冷凍保存する方法は、「フィリング」にしてから行う、たったそれだけのことです。フィリングにすると書きましたが、皆さんは「フィリング」という言葉を知っていますか?初めて聞いた人のために簡単に説明させてください。


「フィリング」とは、菓子パンやケーキ、サンドイッチなどの「具材」という意味の英語です。りんごとレモン・砂糖でアップルパイにのせるりんごフィリングや、ホクホクさつまいもで作るサツマイモのフィリングのように「たまごフィリング」でたまごサンドを作ると言うわけです。

そして、フィリングの作り方・冷凍方法・解凍方法はとても簡単なのが魅力です。ゆで卵を固めに作って殻をむき、フォークで細かく潰し、ジップロックなど密閉袋や容器に入れて冷凍庫に保存するだけなのです。また、シリコンカップに入れたり、離乳食用の小分けの容器に入れるなどして冷凍しておくと、一回分ずつお弁当に使うこともできます。

ゆで卵を冷凍するメリット

簡単にできて冷凍もできるゆで卵のフィリング、ゆで卵は冷凍することで保存期間も長くなるので、ちょっと時間がある時に作っておくだけでとっても便利です。ここからは、ゆで卵を冷凍保存するメリットについて詳しくみていきましょう。

長期保存ができる

ゆで卵を冷凍保存するメリットの1つ目は、「保存期間が長いこと」です。ゆで卵は殻付きのまま冷蔵保存したとしても賞味期限は2~3日なのですが、ゆで卵をフィリングして冷凍保存することで保存期間・賞味期限が長くなります。

フィリングにしたゆで卵の保存期間についてはあとで詳しく解説しますが、保存期間は長い!卵を大安売りで買ったのはいいけれど、消費できない、賞味期限が迫っている!という時にもぜひ、フィリングにして冷凍保存しておきましょう。

調理が楽になる

キッチンで喜ぶ女性

ゆで卵を冷凍保存するメリットの2つ目は、「調理が楽になること」が挙げられます。決して作るのが難しいわけではないゆで卵ですが、半熟卵で6分程、固ゆでだと12分程かかります。時間に余裕がある時には何でもない料理ですが、忙しい朝や急いでいる時にはちょっと面倒に感じてしまうものではないでしょうか?

そんな時、冷凍したゆで卵があるととっても便利です!薄めの味付けにして冷凍しておくと、その日の気分によってアレンジを楽しめるのも嬉しいポイント!冷凍したフィリングを冷凍のままパンに挟んでサンドイッチにしたり、冷凍のままおにぎりの具にしたりと簡単メニューがあっという間に出来上がります。

たまごの安売りの時に買い込み、大量にゆで卵フィリングにして冷凍しておくのもいいでしょう。いつもの調理時間が短縮できて心の余裕にも繋がるはずです。

ゆで卵の保存期間

冷凍ゆで卵フィリングは保存期間が長く、調理が楽になる、という「ゆで卵を冷凍するメリット」は分かっていただけましたか?ここからは、意外と知られていないゆで卵の保存期間、賞味期限についてみていきたいと思います。

賞味期限

買ったばかりの卵には賞味期限がきちんと記されていますが、ゆで卵の賞味期限は意外と知らない人も多いのではないでしょうか?せっかくなので、ここでゆで卵の賞味期限について詳しくみていきましょう。

一言でゆで卵と言っても様々な状態がありますが、殻を剥いた状態のゆで卵の賞味期限は1日程と言われています。そして、ヒビが入ってしまったゆで卵は2日殻付きのままだと3日、煮卵だと3日程です。もちろん、季節や保存方法が悪ければもっと、賞味期限は短くなってしまうので、冷凍しない場合はなるべく早く食べるようにしましょう。

冷凍したフィリングは?

指を指す女性

殻つきのままでも最長3日程しか賞味期限がないゆで卵ですが、なんと、フィリングにして冷凍すると1ヶ月は日持ちするのです。保存方法を工夫することで、こんなにも賞味期限が延びるなんてとっても嬉しい!大量に買いすぎた卵も、作りすぎたゆで卵も冷凍することで無駄にせずにすみます!

ゆで卵のフィリングの作り方

ではさっそく、冷凍に便利なゆで卵フィリングの作り方を見ていきましょう。保存方法も簡単、保存期間も長く、色々なレシピにアレンジできるゆで卵のフィリング。パパッと作って、冷凍庫に入れておきましょう。

マヨネーズを使う時

ゆで卵フィリングの定番といえば、マヨネーズを使って作るフィリング!このゆで卵フィリングを使って冷凍しておくと、忙しい朝や、子どものおやつのための卵サンドもあっという間にできてしまうので本当にで便利です。では、さっそくゆで卵を作ったたまごフィリングの作り方を紹介します。

まず、ゆで卵の殻を剥き、マッシャーやフォークでゆで卵をつぶしていきます。ゆで卵のつぶし加減は、お好みでどうぞ。そこに、マヨネーズと塩こしょうを入れるとゆで卵のフィリングが完成です!

子ども用にはマヨネーズを入れたシンプルなものを、大人用には粒マスタードを追加するとピリッとしたアクセントがあって絶品です!保存方法はとっても簡単!ジップロックなど密閉容器に入れて冷凍するだけです。

マヨネーズを使わない時

ダイエット中やカロリーが気になる時は、マヨネーズを使わない方法でフィリングを作って冷凍することもできます。作り方は、マヨネーズを使って作った時と基本的には同じなので簡単です!

ゆで卵の殻を剥き、フォークなどでゆで卵をつぶしていきます。そのつぶしたゆで卵に塩こしょうで薄目に味付けをします。そこにオリーブオイルとレモン汁を加え、ボソボソとしたゆで卵が少ししっとりしてくるはずです。保存方法は、これをそのままジップロックなどに入れて冷凍すればオッケーというわけなのです。

カロリー控えめなマヨネーズを使わないのが嬉しいポイントのゆで卵フィリングですが、マヨネーズを使わないことで、冷凍しても分離の心配がないのも魅力です。

タルタルソースにする場合

エビフライや白身フライとの相性抜群のタルタルソース。そんなタルタルソースもゆで卵でフィリングを作り、冷凍保存しておくことができるのです。ゆで卵をつぶし、そこに微塵切りした玉ねぎ、ピクルス、マヨネーズ、塩こしょうを入れて完成です。また、アクセントとしてウスターソースやポン酢を加えのもおすすめです!

時間のない時などタルタルソースが作ってあるととても便利!冷凍しておくといざという時にパパッと料理ができていいものです。ですが、玉ねぎやピクルスなどを入れたタルタルソースは、冷凍してしまうと解凍した時に水っぽくなってしまうこともあります。

もし、大事なおもてなし料理や時間に余裕がある時の料理には、冷凍したゆで卵のフィリングに、あとで玉ねぎやピクルス、マヨネーズを加えて味を整える方法がベストです。そうすることで、野菜のシャキシャキ感、瑞々しさを損なうことなく、ちょっぴり時間を短縮して料理をすることができます。

繰り返しになりますが、もちろん、タルタルソースの状態で冷凍が悪いわけではありません!冷凍しても大した問題もなく、美味しく食べることができます。大事な日には、冷凍ゆで卵のフィリングと後から野菜を入れたタルタルソースを、そして、日頃の夕食のためには予めタルタルソースを作り冷凍しておく、そんな使い分けをしてもいいのではないでしょうか?

 

冷凍ゆで卵フィリングの解凍方法

冷凍しておくだけで便利な「冷凍ゆで卵フィリング」、作り方や保存方法がとても簡単でしたが、実は解凍方法もびっくりする程簡単なのです。冷凍ゆで卵フィリングの解凍方法は、自然解凍でオッケー!では、冷凍ゆで卵フィリングの解凍方法を詳しくみていきましょう。

自然解凍がおすすめ

フィリングして冷凍したゆで卵は、解凍する際に電子レンジでなどで過度に熱を加えてしまうと、美味しくなくなってしまいます。そこで、一番美味しく簡単にできる解凍方法は何と言っても「自然解凍」!

冷凍卵フィリングを食べる数時間前に冷蔵庫に移動させておいたり、半日前から自然解凍させておくといいでしょう。お弁当に冷凍したままのタルタルソースを入れておいたり、パンにはさんで卵サンドにするというのもおすすめです!

解凍方法も楽々、自然解凍でおいしいゆで卵が味わえるだけではなく、夏場は特に冷凍したフィリングが保冷剤代わりになってとっても便利と言う声が聞こえてきます。

ただし、解凍方法で1つ気をつけなければならないのが、菌の繁殖です。自然解凍してすぐに調理する、食べる場合はいいですが、解凍して長い間そのままにしておくと危険です。もし、冷蔵庫には入れずに自然解凍をするのなら、解凍後すぐに使うようにしましょう!

電子レンジを使う場合

電子レンジ

自然解凍で簡単に解凍できる冷凍ゆで卵フィリングですが、解凍するのを忘れたり、急に料理に使いたくなることもあるはずです。そんな時も慌てなくても大丈夫!早くできる解凍方法は何と言っても電子レンジを使うことです。

電子レンジでの解凍方法で注意することは1つ!熱し過ぎて水っぽくならないようにすることです。そこで、電子レンジでの解凍方法は、一度に長い時間温めるのではなく、10秒、20秒など細かく時間設定を行い、解凍状況をみながら行っていくのが大事です。

時間短縮できる解凍方法電子レンジも上手に使いながら、冷凍ゆで卵フィリングを活用しましょう。

冷凍ゆで卵フィリングを使った解凍レシピ5選

ここからは、冷凍ゆで卵フィリングを使った解凍レシピを5つ紹介します。保存期間も長く、解凍方法も簡単な冷凍ゆで卵フィリング、冷凍庫にこれがあるだけでいつもの料理がより美味しく、そして華やかにはること間違いなしです。どれも冷凍ゆで卵フィリングを解凍して作る簡単レシピなのでチャレンジしてみてください!

冷凍ゆで卵フィリングで簡単ヘルシー「オーブンで焼くチータマハムカツ」

(ハムカツ4個分)

  • ハム8枚
  • スライスチーズ1枚
  • 冷凍ゆで卵フィリングお好みで
  • パン粉1/2カップ
  • サラダ油大さじ1
  • 卵1個
  • 小麦粉大さじ1/2
  • 水1/4カップ
 
  1. 冷凍しておいたゆで卵フィリングの解凍方法ですが、半日前に冷凍庫から冷蔵庫に移動させておきましょう。
  2. 卵・小麦粉・水を混ぜ合せバッター液を作っておきます。
  3. パン粉にサラダ油を混ぜ、600wで1分半加熱し、かき混ぜます。そして、もう一度同じように加熱し、こんがりしたらオッケーです。
  4. まな板にハムを並べ、解凍したゆで卵フィリング、1/4に切ったスライスチーズをのせ、バッター液をハムの端に塗り、ハム2枚をくっつけます。
  5. 4をバッター液に浸し、3のパンをまぶします。
  6. オーブンシートを敷いた天板の上にのせ、オーブンで5分ほど焼いたら完成です。

油で揚げずオーブンでハムカツが作れるのは、健康面でも片付けの面でも嬉しい最高のレシピです。ゆで卵フィリングを冷凍しておけば、あとはハムとチーズをのせるだけ。少ない材料ですが、夕食のメインにもなれる絶品レシピ!冷凍ゆで卵フィリングで時間短縮、家族の笑顔も増えることでしょう。

冷凍ゆで卵フィリングと冷蔵庫にある野菜で「タルタルソースグラタン」

  • タルタルソース(適量)
  • ブロッコリー1房
  • エリンギ2本
  • ベーコンお好みで
  • バター適量
  • 塩こしょう適量
  • とろけるチーズ適量
  • 乾燥パセリ少々
 
  1. 冷凍したゆで卵フィリングは事前に解凍しておきましょう。解凍方法は、時間がなければ電子レンジで、時間に余裕があれば冷蔵庫でゆっくり解凍するのがいいでしょう。
  2. ブロッコリーを下茹でし、ベーコンは細切り、エリンギは短冊切りにしていきます。
  3. フライパンにバターを入れ、エリンギ→ベーコン→ブロッコリーの順に炒め、塩こしょうで薄く味付けをします。
  4. グラタン皿にバターを塗り、3を入れ、その上からタルタルソースをかけ、とろけるチーズをのせてトースターで焼き目がつくまで焼いていきます。
  5. 最後に乾燥パセリをかけたら完成です。

タルタルソースを作って冷凍しておけば、いくらでもアレンジできるグラタンレシピです。このレシピでは、エリンギ、ベーコン、ブロッコリーを使っていますが、冷蔵庫にある野菜をたっぷりいれたり、冷凍庫にストックしてあるシーフードミックスなどを使ってアレンジすることもできます。

夕食や休日のランチはもちろん、小さなカップに入れて、お弁当に入れるのもいかがでしょうか?冷凍ゆで卵で簡単に作ったレシピとは思えない特別なメニューに仕上がっています。

ゆで卵フィリングで「卵とツナ野菜のサンドイッチ」

  • 冷凍ゆで卵フィリングお好みで
  • 食パン4枚
  • バター少々(またはマスタード)
  • にんじん1/2本
  • きゅうり1本
  • ツナ缶1缶
  • 酢小さじ1/2
  • おからパウダー大さじ2
  • マヨネーズ大さじ3
  • 塩お好みで
  • こしょうお好みで
  • 塩(水出し用)小さじ1/2
  • ハム4枚
 
  1. 冷凍ゆで卵のフィリングは解凍しておきます。
  2. にんじん・きゅうりは薄く千切りにします。
  3. 2をボウルに入れ、水出し用の小さじ1/2の塩を振りかけ、5分くらい置き水出しをします。その後、さっと水洗いをします。
  4. 3を絞り、水を切ってキッチンペーパーで水分を拭き取ります。そこにツナを入れ、おからパウダー、酢、塩、こしょう、そしてマヨネーズを混ぜ合わせます。
  5. パンにバターまたはマスタードを塗り、塗った面にハムをおきます。その上にゆで卵フィリング、4の野菜とツナをのせ、さらにその上にハムをもう1枚のせ、パンでサンドしたら完成です。

野菜もたっぷり、ツナや卵でたんぱく質も摂れる朝食やランチにぴったりなサンドイッチレシピを紹介しました。子どもにはパンにバターを塗って、大人はマスタードを塗ってどうぞ。冷凍ゆで卵フィリングのおかげで、野菜が苦手な子もきっと、パクパクと食べてくれるそんなサンドイッチになっています。

彩りきれいで簡単「冷凍ブロッコリーと冷凍ゆで卵フィリングのサラダ」

  • 冷凍ゆで卵フィリング
  • 冷凍ブロッコリー
  • からし
  • マヨネーズ
 
  1. 冷凍ゆで卵フィリングを事前に解凍しておきます。
  2. 冷凍ブロッコリーをレンジで解凍します。
  3. 解凍したブロッコリーを食べやすい大きさに切ります。
  4. マヨネーズとからしを混ぜ合わせ、ゆで卵フィリング、ブロッコリーを混ぜたら完成です。

冷凍ブロッコリーと冷凍した卵フィリングで簡単にできるサラダレシピです。時間がない時でも簡単にできる一品です。もちろん、冷凍ブロッコリーではなく、生のブロッコリーを使うことも可能ですし、お好みでコーン缶やアボカド、トマトなど入れるともっとバランスが良くなることでしょう。

冷凍ゆで卵フィリングで「スコッチエッグ」

  • 冷凍ゆで卵フィリング
  • 豚ひき肉300g
  • 玉ねぎみじんぎり1/2個
  • 卵1個
  • パン粉1/2個
  • 塩小さじ1
  • こしょう少々
  • パン粉
  • 揚げ油
 
  1. 冷凍ゆで卵フィリングは半日前から冷蔵庫に移し、解凍しておきます。
  2. 豚ひき肉、みじん切りした玉ねぎ、卵、塩、胡椒をボウルに入れ、よく捏ねて混ぜ合わせます。
  3. 2がまとまってきたら、解凍したゆで卵フィリングを中に入れ、包み込むように丸い形を作っていきます。
  4. 3ができたら、パン粉をまぶし、空気を抜きながら形を整えていきます。
  5. 油を入れ、170℃~180℃に温め、挽き肉に火が通るまでしっかりと揚げたら完成です。

子どもも大喜びのスコッチエッグを冷凍ゆで卵フィリングで作るレシピです。普通のゆで卵で作るだけでもおいしいスコッチエッグですが、マヨネーズも使った冷凍ゆで卵フィリングを使うことで美味しさはアップします!ソースをかけて食べるのもいいのですが、そのままでも十分美味しく食べることができます。

ゆで卵を冷凍して上手に活用しよう!

たくさんのゆで卵

ゆで卵を冷凍しておくことで、毎日の料理が楽になり、料理の幅も広がるような気がしませんか?冷凍ゆで卵フィリングは、保存期間・賞味期限も長く、レンジ要らずで解凍できるというのも嬉しいものです。時間がある時、卵が安い時にフィリングにして冷凍し、アレンジして使いましょう。

特に夏場などは、冷凍したゆで卵フィリングが保冷剤代わりにもなり、一石二鳥です。ぜひ、ゆで卵を冷凍して上手に活用していきましょう!

Thumbゆで卵の保存方法と保存期間は?常温・冷蔵・冷凍別に紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumbゆで卵はどれだけ日持ちする?ゆで卵の賞味期限や生卵との比較も | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb卵サンドイッチの簡単レシピ集!人気のだし巻きや厚焼きサンドも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ