ローストビーフをフライパンで作るには?簡単人気レシピなど紹介!

デパートやお店で食べることが多いローストビーフですが、今回はフライパンで作る簡単レシピやそのコツを紹介していきます。難しいそうなローストビーフですが、手順とコツさえ分かっていればジューシーで美味しいローストビーフが出来上がります。フライパンで作る方法のほかに、湯煎で作る作り方も紹介します。人気で美味しいローストビーフを簡単に家で作って、いつもと違う食卓にしてみましょう。

ローストビーフをフライパンで作るには?簡単人気レシピなど紹介!のイメージ

目次

  1. 1ローストビーフをフライパンで簡単美味しく作ってみよう!
  2. 2ローストビーフをフライパンで作る手順
  3. 3ローストビーフをフライパンで作るコツ!
  4. 4ローストビーフは湯煎でも簡単に作れる!
  5. 5ローストビーフのフライパンで簡単人気レシピ集
  6. 6ローストビーフはフライパンで豪華簡単に料理

ローストビーフをフライパンで簡単美味しく作ってみよう!

人気のローストビーフはお店などで買って食べるというイメージで、家で作るとなると難しいイメージがありますが、実は簡単に作ることができるのです。しかもいつも使っているフライパンで簡単に手間がなく作ることができ、しかもジューシーに仕上がります。それにはしっかり前準備やお肉の状態などちょっとしたコツが必要になりますが、それも難しいこともないので手軽にできるのです。

この作り方を知ればちょっとハードルが高かったローストビーフ作りですが、手軽に簡単に作ることができ買ってきて食べなくとも手作りで作ることができます。誕生日などのお祝い事にローストビーフを作り、少し豪華な食事にしてみてはいかがでしょうか。

Thumbローストビーフの作り方を詳しく解説!簡単なのや本格的なのも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ローストビーフをフライパンで作る手順

早速フライパンで作るローストビーフの作り方を紹介します。フライパンでローストビーフを作るときはしっかり手順を踏んで作るようにするとより簡単に美味しいローストビーフが作れるようになります。それにお肉の種類も豊富で、家で作るなら牛ももで作られることが多いようです。どの部位でも美味しく作れるので好きなものを使いましょう。

材料を用意しよう

まずは材料を用意しましょう。材料は、牛もも塊・クレイジーソルト・黒コショウ・ローズマリーが主な材料になっています。これにプラスしてにんにくをすり込んでみたり、多少アレンジもあるようです。まずは基本的な作り方からやっていきましょう。そして一番大事なのは牛肉の部位にもよりローストビーフにおすすめがあるので少し紹介します。

ローストビーフの材料として最適なものは赤身の部分が多い部位です。理由としては、脂身が多い部位をローストビーフにすると冷めたときに固くなってしまいとろけるような口どけにならなくなります。「もも肉」はローストビーフを作る時に一番使われている部位です。初心者でも作りやすく赤身の部分も豊富にあるのでり、焼き肉でも美味しく食べられています。

「サーロイン」に関しては国産牛より輸入された脂身の少ないものがローストビーフに向いているそうです。国産牛よりお手頃な価格で買いやすく作りやすいのが特徴です。「ヒレ」も牛肉の代表的な部位ですが、ちょっとほかの部位より高級感のあるお肉で少ししか取れないと言われるところです。特徴としてとても柔らかい部位で脂身も少ないのでローストビーフに向いています。特徴や味も違うので好きな部位を準備しておきましょう。

肉は常温に戻しておこう

買ってきた牛肉は冷蔵粉に入れて保存しておくと思いますが、調理するときは前もって冷蔵庫から出しておき常温にしておくことが大事になります。出しておくとなんとなく悪くなると思われているかと思いますが、それは意外と大丈夫なようでそれよりはお肉自体の温度をしっかり常温に戻しておくことが大事なのです。

冷蔵庫から出してすぐ焼くとなかなか芯まで火が通らず、表面だけがどんどん焦げていくということになってしまうのです。そうならないためにもなるべくお肉を常温に戻すようにし芯まで火が通るようにするといいのです。時間的には30分~1時間ほど置いておくといいのですが、その時の季節などで室温が違うので、夏場は30分ほど冬場は1時間置いておいていいでしょう。

しっかり常温に戻してから焼いていきますが、時間がない場合は密閉袋に入れてお湯に入れると時間短縮で常温に戻るのでぜひ試してみましょう。それに冷たいまま加熱すると外が焼けすぎてしまうほかに、肉汁や赤身も失われてしまうのでできる限り常温にしてから焼いていきましょう。

肉に下味をつけよう

お肉の部位と常温に戻すことが分かったところで次はお肉自体に下味をつけていきましょう。通常は焼く前に下味をしてという流れなのですが、ローストビーフはお肉の塊なのでなかなか中まで味が染み込みにくいのです。そのため焼く前に下味をつけても表面だけの味だけで終わってしまいます。

そうならないためにも常温に戻したお肉に下味をつけていくとしたら、塩・こしょうをすり込んでいき焼くまで10~15分ほど寝かせておきましょう。常温に戻っているのですぐ焼けるのですが、このままだと中まで味が染み込まずしっかり味がつかないので、この下味をつける作業にも少し時間を使いましょう。

それに食べた時の味のムラをなくすためにも味を染み込ませる作業が必要となります。しかし時間がないときなどにはあらかじめ焼く日の前日に下味をつけて冷蔵保存しておくという方法もあります。それにも常温にお肉を戻してから下味をつけなければならないのですが、ローストビーフを作る日には下味の作業が減るので時間短縮で簡単になります。

フライパンにオリーブオイルを入れて中火に

下味も付けたことなので早速焼いていきましょう。フライパンを加熱する前にオリーブオイルを入れてからフライパンを熱していきます。火をつけていきますがお肉が焦げないようにしたいのでここは中火で焼いていくといいでしょう。高温で焼き目を付けるという方法なのですが、あまり強い火にしてしまうと逆に焦げてしまう可能性もあります。初心者の方は中火で焼いていくようにしましょう。

よくお肉を焼くと肉汁が出て香ばしい香りがすると思います。それはお肉に含まれる糖とアミノ酸が反応しておこるメイラード反応というものだそうです。その反応により美味しそうな香ばしい香りが出てくるのですが、弱火だと時間がかかってしまいその反応も遅くなります。表面を香ばしくカリッと焼いていくとしたら中火~強火が一番いいとされているのでその火加減でお肉を焼いていきましょう。

肉を入れて触らず2分焼こう

さてフライパンが温まってきたので早速お肉を焼いていきましょう。お肉を焼いている最中どうしても気になってしまい裏返してみたりといったことをしてしまいがちですが、ここはじっくり待ってお肉には触らず2分待ってみましょう。

お肉を焼いているときに触っていじったりすると焼き色にムラが出ることがあります。それに焼き色もきれいではなくなり、お肉のうまみを閉じ込めている最中なのでむやみに触ったりするのは厳禁なのです。ここはじっくり待ってお肉本来の美味しさを閉じ込めているので見守ってあげることも必要です。

前面に焼き色をつけよう

お肉を焼き2分たったら裏返して逆の面も同じように焼いていきます。お肉の塊なので合計4面焼き色を付けていきますが、上下はじっくり焼き色を付けサイドの面は肉汁を閉じ込めるといった役割があるので、1分ほどでもいいくらいです。

ただ初心者の人は全面焼き色を2分付けておきましょう。じっくり焼き色をつけ肉汁とうまみを閉じ込めたら焼く作業は終わりになります。焼いている最中のそんなに作業があるわけではないので、難しいことなく簡単に焼くことができます。

火を止めて30分置いておこう

これで焼く作業は終わり後はお肉自体の余熱で中まで火が通ればローストビーフは完成です。その寝かせる時間は30分ほどでいいのです。その時に熱が逃げないように工夫するのも一つの手です。寝かせるときに役に立つのがアルミホイルです。焼き色がついたらアルミホイルに包み熱が逃げないようにして置き寝かせると中まで火が通っていきます。

アルミホイルだけでは余熱が逃げてしまうこともあるので、そんなときはタオルなども活用しより熱を逃がさないようにしてもいいでしょう。じっくり熱を通すことで表面は香ばしく、中はジューシーなローストビーフに仕上がります。

ローストビーフは「待つ」のが大事

フライパンで作る簡単ローストビーフの作り方の手順を簡単に紹介しましたが、そんなに難しい作業はなく手軽に作ることができます。それになによりローストビーフ作りには「待つ」ということが大事なのがわかります。お肉を常温に戻すことも、下味をつけること、焼き色を付けることも、中まで火を通すことも、すべてが「待つ」になります。

作る手間も材料もそんなにないのですが、待つということをしなければ美味しいローストビーフは作れないと思います。ローストビーフを作る時は時間に余裕を持ち、待っている時間は違う料理などを作る時間にするなど工夫して豪華な食卓にしてみましょう。

Thumb簡単ローストビーフの作り方を丁寧解説!人気のソースも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ローストビーフをフライパンで作るコツ!

さてフライパンで作るローストビーフの手順はわかりましたが、ちょっとしたコツでさらに美味しいローストビーフにすることができます。基本的な作業は同じなのですが、少し工夫をすることでジューシーになりよりお肉のうまみが増します。フライパンで作る時のコツを紹介するのでぜひ試してみましょう。

アルミホイルを使ってジューシー柔らかに!

フライパンでローストビーフを作る時、油を敷いてそのまま焼いていきますがほかの方法もあるのを知っていますか?油を使わずにジューシーに焼ける方法として、アルミホイルをフライパンにしいてからお肉を焼くという方法があります。余分な脂が出ず焼き色が付くので旨味が凝縮されてよりジューシーになります。それに表面も焦げた感じもあまりなく、全体的に柔らかいローストビーフに仕上がります。

フライパンにアルミホイルを敷いてから焼く方法には洗い物が少なくなるという利点もあるので、一度は試してみたい方法でもあります。ただこの方法は好みがあり、しっかり焼き色がついて香ばしい感じが好きな人は直接フライパンで焼く方がいいと思います。焼き色をあまり付けす柔らかい食感にしたい場合におすすめの方法です。

フライパンに残った肉汁はソースに活用!

そのまま食べて美味しいローストビーフですが、ソースをかけてより美味しくしてみましょう。そのソースですがどのように作り、どんなソースが合うのでしょうか。せっかくなのでソースも手作りで作ってみましょう。そんなに難しくなく簡単に作ることができます。

簡単に作るソースですが、お肉を焼いたフライパンの肉汁を活用しましょう。旨味などがたくさん入った肉汁を活用しソースを作るとお肉とも相性がよく美味しいソースになります。一から作るより手間も省け美味しくなるならフライパンの肉汁を使って作る方がとても簡単です。

Thumbローストビーフの本格的な作り方を詳しく解説!本格ソースも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ローストビーフは湯煎でも簡単に作れる!

今まで紹介したのはフライパンで作るローストビーフの作り方ですが、これを湯煎で作る作り方作り方もあります。この作り方も簡単で難しくはないので初心者でも作ることができます。そんな湯煎で作るローストビーフの作り方を紹介します。ぜひ参考にし作ってみましょう。

フライパンで肉の表面を焼く

表面の焼き色などはフライパンの時と同様、お肉を常温に戻し下味をつけていきます。表面に焼き色を付けていきますが、この時少時間があるので大きめの鍋に水を入れて火にかけておきましょう。お肉の表面を焼く時間は同じで2分づつ触らずにじっくり待つようにして焼いていきます。

ラップでしっかり包んでさらに密閉袋に入れる

お肉の表面に焼き色がついたならラップでしっかり包んでいきます。そして密閉できるジップロックなどの袋に入れて密閉します。袋に入れる時の注意点としては、ラップでしっかり包むことと密閉袋に入れる時は、空気を抜いておくことが重要になります。なかなか空気が抜けない場合は、ストローなどを使い空気を抜くようにすると上手に抜けます。

沸騰したお湯に3分入れる

密閉袋にお肉を入れたらお湯に入れて湯煎していきます。沸騰したお湯に入れていくとき、あまり沸騰しすぎた鍋には入れないように気を付けましょう。ゆっくりじっくり火を通しながら湯煎していきます。この時お肉が浮いてきてしまうのでちょっと抑えながら湯煎していきます。それにひっくり返して湯煎するとよりまんべんなく火が通るのでおすすめです。

余熱で20分程度置いておく

3分たったら火を止めて20分ほど置いておきましょう。余熱でじっくり火を通すことでジューシーで美味しいろーすとビーフに仕上がります。お肉の塊が大体300グラムであれば15分ほど、それより大きい塊であれば20~25分置いておくといいでしょう。このように湯煎でも簡単にローストビーフを作ることができます。こちらも同様待つことが大事になってきますが、

Thumbローストビーフのアレンジレシピ17品!お弁当のおかずも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

ローストビーフのフライパンで簡単人気レシピ集

ローストビーフの簡単な作り方がわかったところで、簡単人気レシピを紹介していきます。ローストビーフと言ってもにんにくやローズマリーなどのハーブ系をすり込むこともあります。それにローストビーフをそのまま食べるのではなく少しアレンジしたおしゃれなレシピも紹介していきます。ぜひ参考にしてみましょう。

赤ワインソースで贅沢気分「贅沢ローストビーフ」

赤ワインを使ったグレイビーソースで贅沢なローストビーフを作ってみましょう。材料は、牛もも塊・おろしにんにく・塩コショウ、ソースの材料は、しょうゆ・赤ワイン・砂糖です。ローストビーフのお肉は常温に戻し塩コショウ・おろしにんにくをすり込みフライパンで焼き色を付けていきます。その後アルミホイルに包んで30分ほど置いておきましょう。

次にソースを作っていきます。小鍋に砂糖・しょうゆ・赤ワインを入れて煮立たせていきます。アルミホイルの中の肉汁も一緒に加えて混ぜていき、とろみがついたら完成です。ソースに白ごまや白ネギのみじん切りなどを入れても美味しくなるそうです。簡単にお店で出てくるようなローストビーフが出来上がるレシピで、初心者の方でも気軽にできるので、ぜひ作ってみましょう。

甘めなソースで美味しく「ローストビーフのメープルソース」

メープルシロップはパンケーキなどに人気のシロップですが、それを思い切ってローストビーフのソースに活用したらとても美味しくなったそうです。そんな意外な食材を使い美味しいソースを作っていきましょう。材料は、牛もも塊・塩コショウ、ソースの材料は、メープルシロップ(ギャニオンのアンダーまたはダーク)・しょうゆ・すりおろしにんにくです。お肉はフライパンで焼き色を付けていきます。

手順通りにお肉を寝かせたらソースを作っていきます。フライパンに残った肉汁を活用し、メープルシロップ・しょうゆ・おろしにんにくを入れて軽く火にかけます。それだけで甘めのメープルソースが完成します。ほかの料理でもよく調味料として使われることもあるメープルシロップでいつもと違うローストビーフにしてみてもいいでしょう。

食欲が進む「湯煎で簡単ローストビーフ丼」

ローストビーフをそのまま食べても美味しいのですが、これをアレンジしご飯の上にのせて丼にしてみましょう。ローストビーフの作り方は簡単な湯煎で作ってきます。ソースも簡単なレシピで、材料は牛塊肉・にんにく(チューブ)・塩コショウ、ソースはしょうゆ・バルサミコ酢・はちみつです。ローストビーフは湯煎で作っていきます。お肉を常温に戻し下味をつけたらフライパンで焼き色を付けていき、密閉袋に入れて湯煎します。

お肉を焼いたフライパンの肉汁を活用し、バルサミコ酢を煮詰めていきます。煮詰めたらはちみつとしょうゆを入れてひと煮立ちさせソースは完成です。ご飯を盛り付けて薄く切ったローストビーフをのせソースをかけて完成です。ちょっとアクセントに卵の黄身だけを中心にのせてまろやかさをプラスしてもいいでしょう。簡単なレシピで丼は人気の料理なので、ぜひ作ってみましょう。

人気のソースで旨味アップ「簡単ローストビーフのこく旨玉ねぎソース」

玉ねぎのソースと言えば万能でなんにでも合うソースとして人気で作りやすいレシピです。そして旨味がたくさんあるのでローストビーフがより美味しくなります。簡単なレシピなので作ってみましょう。材料は、牛もも塊・塩・黒コショウ・すりおろしにんにく・すりおろしにんにく・ローズマリー(タイムなどお好みで)、ソースの材料は、玉ねぎすりおろし・しょうゆ・みりん・赤ワンか日本酒・すりおろしにんにくです。

お肉はフライパンレシピで簡単に作っておきましょう。焼き色を付けたお肉をアルミホイルで置いている間に簡単レシピのソースを作っていきましょう。フライパンの肉汁を活用し、にんにく・玉ねぎ・を炒め、お酒・しょうゆ・みりんを加えて煮詰めていきます。お肉を薄切りにし盛り付けたらソースをかけて完成です。隠し味ではちみつを入れても美味しいソースになるそうです。作りやすい人気の玉ねぎソースを、ぜひ作ってみましょう。

パンに挟んでカフェ風に「デリカフェ風華やかわんぱくサンド」

いつものローストビーフの食べ方からちょっとアレンジして、人気のサンドイッチ風にし美味しく食べてみましょう。ローストビーフはフライパンレシピで簡単に作っておきます。材料は、食パン(薄切りタイプ)・紫キャベツ・人参サラダ(フラッペしたものなど)・卵、調味料は、マヨネーズマスタード・バターです。人参のサラダについてはマリネした人参でも美味しく作れます。紫キャベツは千切りにしマヨネーズとよく和えます。

卵で目玉焼きを作り軽く塩コショウをしし、両面焼いておきましょう。パンにマヨネーズ・バター・マスタードを薄く塗り野菜をたっぷりのせます。葉物野菜以外は味をつけることがポイントです。ローストビーフ、卵をのせてパンをのせラップでぴっちり包んで少し休ませます。半分にカットして完成です。簡単なうえにきれいなサンドになるので食欲をそそる一品です。いつもと違うパンレシピでローストビーフを食べてみましょう。

ポテトチップスで簡単サラダ「ローストビーフアレンジ!簡単デリ風サラダ」

ローストビーフとお菓子のポテトチップスがコラボした簡単サラダレシピです。人気のポテトチップスを使うことでいつもとは違うサラダになります。材料は、牛もも塊・塩コショウ・ポテトチップス・ベビーリーフ・レタス・粗びき胡椒、ソースは、ホースラディッシュ(西洋わさび)・マヨネーズです。ローストビーフはフライパンレシピで簡単に作っておいたものを使いましょう。レタスはちぎってベビーリーフと合わせ器に盛ります。

野菜の上にポテトチップスと薄切りにしたローストビーフをのせていきます。ホースラディッシュとマヨネーズを合わせたソースをかけ、最後に粗びき胡椒でとお好きなローストビーフのソースをかけて完成です。マヨネーズソースだけでは味が足りないので、好きなソースをプラスして食べてみましょう。

和風ソースでピリッと辛い「ローストビーフの和風カルパッチョ」

日本人になじみのある人気の調味料わさびを使いピリッと辛みのある和風カルパッチョを作っていきましょう。材料は、牛もも塊・塩コショウ・おろしにんにく(お好みで)・みょうが・かいわれ菜、ソースの材料は、ポン酢しょうゆ・オリーブ油・おろしわさびです。ローストビーフはフライパンで作っておいたものを使います。みょうがは縦半分の薄切り、かいわれ菜は根元を取り除いておきます。

器に薄切りにしたローストビーフを並べ、みょうがとかいわれ菜を添えます。調味料を全て混ぜたソースをかけて仕上げにわさびを添えて完成です。人気のわさびを使ったピリ辛ソースが特徴の和風カルパッチョが簡単に出来上がります。いつもと違うローストビーフになるのでおすすめレシピです。

ローストビーフはフライパンで豪華簡単に料理

人気のローストビーフの簡単な作り方を紹介してきましたが参考になってたでしょうか。いつも使っているフライパンだけで簡単に作れて、初心者でも気軽に作れるのでとてもおすすめなのです。それにローストビーフ以外にも人気レシピなどソースの作り方も色々あり、毎回楽しめるレシピがたくさんあります。この機にぜひ手作りローストビーフで豪華な食卓にしてみましょう。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ