キムチのおすすめは?スーパーの市販品からお取り寄せまで人気を紹介

キムチは家庭では欠かせないおかずのひとつであり、漬物の中でも特に好きだという人も多いでしょう。そんなキムチはぜひおすすめの美味しいものを食べたいですが、最近では本場韓国の味のものから国産素材にこだわったものまで、スーパーで買える市販品にも色々な種類のものがあるようです。今回は、そんな美味しいおすすめキムチを食べ比べるべく、特に厳選しておすすめできる市販キムチを紹介するので、キムチ好きの人は必見です。

キムチのおすすめは?スーパーの市販品からお取り寄せまで人気を紹介のイメージ

目次

  1. 1キムチのおすすめ品を食べ比べてみたい!
  2. 2キムチのおすすめをスーパーの市販品からお取り寄せまで紹介
  3. 3キムチの選びのポイントを紹介
  4. 4キムチの人気おすすめ品を参考に食卓に並べてみよう!

キムチのおすすめ品を食べ比べてみたい!

キムチは韓国料理の定番のひとつであり、焼肉屋や韓国料理屋で提供されるのは当たり前になっている上に、家庭でも気軽に食べられるご飯に合うおかずとしてかなり人気があります。そんなキムチには実にさまざまな種類の商品がありますが、果たしてスーパーで気軽に買える市販品の中ではどれがおすすめでありどれを選べばよいのでしょうか?

シンプルなようでいて奥が深いキムチは、スーパーに並べられている市販品でもひとつひとつ味やこだわりが異なるものです。キムチ好きの人はそんな数々のキムチを食べ比べ、自分にぴったりのキムチをみつけたいと考えていることでしょう。今回は、さまざまなタイプのキムチの中から特におすすめできるものを厳選して紹介していきます。

Thumbキムチの栄養成分は?美容や健康への効能と効果的な食べ方を徹底解説 | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

キムチのおすすめをスーパーの市販品からお取り寄せまで紹介

キムチはスーパーで気軽に買える上に他に特におかずがなくてもそれさえあればご飯が進むので、重宝している主婦の人も多いことでしょう。さらにキムチは一人暮らしにもおすすめのおかずでもありますが、そんなキムチのおすすめを厳選して20選紹介するので、ぜひ市販品を比較して他にはない特徴のある美味しいキムチを試してみてください。

スーパーで買える人気商品「フードレーベル牛角韓国直送キムチ」

今回キムチのおすすめ商品としてまず紹介したいのは、スーパーで買える超人気商品のひとつである、フードレーベルの牛角韓国直送キムチです。牛角といえば人気の焼肉店でありキムチなどのサイドメニューも充実していますが、この商品は本場韓国から直輸入されたキムチであり、辛さがやや強めなもののその中に穏やかな甘みが隠されています。

ボトルタイプであれば500g、330g、200gという内容量のラインナップになっているので、自分に合った食べ切れるサイズを選べそうです。また、小分けパック用も売られていますが、こちらは一人暮らしにもぴったりでしょう。330gであれば安いスーパーで320円程度で買えることもあるなど、コストパフォーマンスがかなり高いのも嬉しいです。

甘辛で酸味はやや控えめなタイプのキムチが好きだという人には特におすすめな市販キムチですが、取り扱っているスーパーが多いために夕飯のおかずを決めきれないときなどには重宝すること間違いなしです。味の決め手となるにんにくの奥深さを味わえるフードレーベル牛角韓国直送キムチですが、サラダや鍋などのアレンジレシピもおすすめです。

国産白菜使用で安全性も高い!「東海漬物こくうま」

やはりキムチを選ぶ上でも国産素材にこだわりたいという人は多いと思いますが、国産白菜を使用してその旨味をぎゅっと閉じ込めたタイプで美味しいと話題なのが、東海漬物こくうまです。海外産のキムチはいくら美味しくても安全性的に信頼が置けないという人にとっては、安全性も味も抜群におすすめできるのが東海漬物こくうまでしょう。

東海漬物こくうまは320gと200gの容量タイプがありますが、320gであれば370円ほどで購入できるようです。そんな東海漬物こくうまの味の特徴は唐辛子に魚介エキスなどを加えてたれがベースとなっており、辛味はもちろんのことだしの旨味やコクというものが活かされており、ご飯によく合うことを前提として作られていることでしょう。

やはりキムチは白米と合わせてシンプルに食べたいという人も多いと思いますが、そんな人はぜひ東海漬物こくうまを選んでみてはいかがでしょうか?賞味期限は製造日より25日のためそれを考慮してサイズを選びたいですが、東海漬物こくうまはスーパーでもよくみかける定番キムチのために、日々の食生活を彩ってくれる存在となるでしょう。

乳酸発酵のうまみ「モランボン韓キムチ」

モランボンの発酵食品というのは非常に人気度が高いですが、中でもモランボン韓キムチは乳酸発酵によってhき出された旨味が性別・年齢問わずに人気になっているキムチです。白菜や唐辛子、塩辛なども本場韓国仕様でこだわりがうかがえますが、あまり甘くないものの魚介の旨味がしっかりと効いたキムチがよいという人はおすすめです。

モランボン韓キムチはアミ塩辛・イワシ塩辛という二種類の塩辛を贅沢に使用しており、その複雑な旨味が特徴的です。さらに辛さの異なる2種類の唐辛子を使用していることで一辺倒な辛さではなく、刺激的ながらも酸味や旨味、コクとのバランスがとれた味わいになっています。400gで375円というコストパフォーマンスの高さも実に魅力的です。

そんなモランボン韓キムチは、韓国農水産物100%にこだわっているために、国産よりもとにかく本場韓国の美味しいキムチを味わいたいという人にはうってつけだと言えるでしょう。75gの食べきりサイズも用意されているのでとりあえず試してみたいという場合にはそちらを選ぶのもおすすめですから、ぜひ本場の味を体感してみてください。

焼肉店のあの味「フードレーベル焼肉チャンピオンが本気で作ったキムチ」

フードレーベルのキムチやその他の漬物・発酵食品というのは総じてレベルが高いですが、焼肉店で提供される美味しいキムチの味を再現している人気市販商品が焼肉チャンピオンが本気で作ったキムチです。200gで320円ほどと他の市販品よりはやや高めですが、甘さはかなりあるもののお肉との相性も抜群の味わいに仕上がったキムチです。

人気焼肉店のひとつである焼肉チャンピオンが監修しているキムチであり、白菜一枚一枚に丁寧にタレを塗ることで作られています。ホタテエキスを使用しているためにかなり強い旨味とほどよい甘さが特徴的であり、そのまま食べるのはもちろんのことお肉と合わせたり炒め物に使用したりするときの味のキーとなること間違いなしでしょう。

また、一口サイズにカットしてあるのでお酒のおつまみとして食べる際にも便利でしょう。焼肉店で食べるキムチというのは非常に美味しくスーパーの市販品でもそんな美味しいキムチを食べたいという人は多いと思いますが、そんな多くの人の願いを叶えたキムチこそが焼肉チャンピオンが本気で作ったキムチだと言えるでしょう。

安い国産キムチ「トップバリュ国産白菜使用キムチ」

価格が安いものの素材にこだわった国産のキムチが食べたいという人には、トップバリュ国産白菜使用キムチがおすすめです。イオンのプライベートブランドであるトップバリュの食品というのはコストパフォーマンスが高いものが非常に多いですが、国産白菜使用キムチは国産ならではの美味しい白菜の食感と味を楽しめる市販商品です。

イオンのスーパーで買い物をする機会が多いという人には特に馴染深い商品であると言えるトップバリュ国産白菜使用キムチですが、300gで200円台前半という価格の安さは他の人気スーパーのおすすめ商品をはるかに凌駕するでしょう。辛さはあくまで控えめであるものの、酸味と甘みはやや高めで箸休めなどにはぴったりのキムチでしょう。

また、辛さが控えめであることから子供にも大人気の市販おすすめキムチとなっています。普段からイオンの食品が好きで気に入っているものが多いという人にとってはこのトップバリュ国産白菜使用キムチも長く食べ続けたいお気に入りになること間違いなしですから、ぜひ千葉県の工場で作った安心の味わいを試してみてください。

変化する酸味を楽しむ「大象ジャパン宗家キムチ」

数あるキムチの中でも特に酸味の変化を楽しみたいという人や魚介の旨味がしっかりと感じられるタイプのキムチを楽しみたいという人におすすめなのは、大象ジャパン宗家キムチです。100gあたり62kcalとかなり低カロリーながらも魚介由来の旨味の強さは数あるスーパー市販品の中でもピカイチであり、老若男女に美味しいと評価されています。

そんな大象ジャパン宗家キムチは380gという容量ながらも値段は500円ほどであり、他のブランドのものに比べるとコンパクトサイズではなく値段もやや高めだという印象もあるかもしれません。しかし、宗家キムチは本場韓国でシェアナンバー1を誇る人気商品であり、いわしの塩辛やオキアミの塩辛などの旨味のバランスは秀逸という他ありません。

本場韓国で30年近くに渡りシェアナンバー1を獲得し続けている宗家キムチは、王道の白菜キムチを食べたいという人やそのまま食べて美味しいのはもちろん料理に使っても美味しいキムチを求めているという人には特におすすめです。他の調味料をあまり使わずに美味しいキムチ鍋やキムチチャーハンを作りたいケースでも、大活躍するでしょう。

辛いのが苦手なら「美山イチオシキムチ」

キムチというと辛味もあり酸味も強いというような印象がありますが、数あるスーパー市販品の中でも美山イチオシキムチは、酸味と甘みに特化しており辛いのが苦手な人でも楽しめるタイプのキムチとなっています。植物乳酸菌の力で発酵させている美山イチオシキムチは、腸内環境改善・便秘解消などの嬉しい効果も期待できそうな商品だと言えます。

美山イチオシキムチの味は、リンゴの甘みを中心に昆布や塩辛など日本人にとってもかなり馴染みやすいタイプの旨味が引き出されており、和風に仕上がっているのがなんとも言えない美味しさにつながっています。定番の白菜キムチですが軽やかな食感はいくらでも食べられてしまいそうなくらいで、白米との相性もかなり抜群だと言えます。

美山イチオシキムチは200gで210円台で売っているスーパーが多く、価格的にもかなり手の出しやすい気軽に食べられるキムチだと言えるでしょう。辛さをキムチには求めていないという人、そしてキムチなどの食品にも健康面での効果を期待しているという人には特におすすめですから、ぜひ食卓に美山イチオシキムチを取り入れてみてください。

辛口が好きならこれ「徳山物産おいしいキムチ鶴橋」

キムチというのはやはり甘く食べやすいのがよいという人が多い一方で、辛口の日本酒のおつまみなどを探している人にぴったりなのは、かなり辛口で美味しいと話題のキムチであり徳山物産おいしいキムチ鶴橋です。徳山物産おいしいキムチ鶴橋は決して甘くないというわけではないものの、あとをひくような圧倒的な辛さが味の決め手です。

酸味も特出しているわけではありませんが、時間が経過することで酸味は増していくので、酸味と辛味どちらも強いものが好きだという人は賞味期限近い徳山物産おいしいキムチ鶴橋を食べるのがおすすめだと言えるでしょう。340gで300円強という価格の徳山物産おいしいキムチ鶴橋ですが、魚介とフルーツの風味のコンビネーションが抜群です。

大阪鶴橋は日本有数のコリアンタウンとして知られていますが、そんな徳山物産おいしいキムチ鶴橋で長年に渡って愛されてきた味をスーパーや通販などで気軽に購入できるのは嬉しいものです。植物性乳酸菌を使用しているという特徴もありますが、ぜひ日数の変化・味の変化に伴って異なるおすすめレシピで楽しんでみてはいかがでしょうか?

上品な酸味「八社会韓国直輸入本場キムチ」

キムチの味の決め手のひとつとなるのが酸味ですが、そんな酸味は強すぎても弱すぎてもしつこい・物足りないと感じてしまうものです。そんな中で、酸味が強いタイプではあるもののその酸味が上品で食べやすく美味しいと話題の市販キムチこそが、八社会韓国直輸入本場キムチです。本場韓国から直輸入されている味は、韓国人のお墨付きです。

75gほどの容量で150円ほどで売られていますが、400gほどの大容量であれば300円以下で買えるのでお得です。そんな八社会韓国直輸入本場キムチは、甘くないキムチを探している人にもおすすめです。上品な酸味とほどよい辛味のバランスが心地よいというレビューも多いですが、この爽やかな酸味は乳酸菌のなせる技だと言えるでしょう。

酸味の強くて甘くないキムチは鍋料理に特に相性がよいものですが、数ある市販おすすめキムチの中でも八社会韓国直輸入本場キムチは鍋料理のトッピングや具材としても大活躍してくれるでしょう。国産の甘いキムチが好きだという人も、本格派の酸味の効いたキムチが食べたいという場合は、ぜひ八社会韓国直輸入本場キムチを試してみてください。

長野の素朴な味わい「カナモト食品こだわりキムチ」

カナモト食品こだわりキムチは、国産の美味しいおすすめキムチの中でも特に素朴な味わいで日本人好みだとして話題になっている商品です。カナモト食品こだわりキムチは合成保存料・合成着色料・合成甘味料などを一切使用していないというこだわりようですが、無添加である上に白菜なども契約農園のものにこだわるという徹底ぶりなのです。

320gで480円程度のカナモト食品こだわりキムチですが、自社農園の白菜は圧倒的なシャキシャキ感と新鮮さが魅力的ですが、ナチュラルな甘みにも富んでいます。そんな白菜の甘みを感じられるのは辛味と酸味が控えめになっているからでもありますが、イワシの塩辛や昆布だしなどが効いているので日本人好みに仕上がっていると言えます。

国産素材にこだわっているからこそ白菜が美味しいということに加え、味的にも日本人好みで白米との相性が抜群によいという点も実に魅力的だと言えるでしょう。本場韓国のキムチや甘くない大人の味わいのキムチもよいものですが、日本人だからこそ選びたい市販のキムチとしてカナモト食品こだわりキムチを取り寄せてみてはいかがでしょうか?

にんにく風味が強い「関口漬物食品にんにくたっぷり白菜キムチ」

続いて紹介する関口漬物食品にんにくたっぷり白菜キムチは、にんにくの風味がかなり豊かに感じられる美味しい白菜キムチです。関口漬物食品にんにくたっぷり白菜キムチはスライスにんにくとおろしにんにくをどちらも使用しているためににんにくの風味を豊かに感じることができ、ガーリック味が好きな人にはうってつけのキムチでしょう。

にんにくの風味が豊かな関口漬物食品にんにくたっぷり白菜キムチですが、全体的には日本人向けの甘さがあり、からすぎるキムチや酸味の強いキムチが苦手だという人にもおすすめの商品となっています。全体的な味はかなり濃いめなのでそのまま食べるというよりもご飯と合わせるのがおすすめですが、値段も200g200円以下と安いです。

また、関口漬物食品にんにくたっぷり白菜キムチはしじみ140個分のオルニチンが含まれており健康への効果も期待できる上に、アレルギー物質がほとんど無添加になっているので身体に配慮してキムチを食べたいという人にはおすすめです。にんにくの臭いが気になるという人でも、ぜひ休日にご飯と合わせてたっぷり食べてみてください。

旨味がとことん豊富「秋本食品オモニの極旨キムチ」

国産白菜を使用した安全性の高いものを選びたいという人や旨味の強いキムチが好きだという人にぴったりの市販おすすめキムチは、秋本食品オモニの極旨キムチです。やはりスーパーでキムチを選ぶときにも国産素材にこだわりたいという人はぜひ秋本食品オモニの極旨キムチを食べてみてはいかがでしょうか?

オキアミの塩辛をふんだんに使用している上に魚介エキスの旨味も凝縮されている秋本食品オモニの極旨キムチは、かなり旨味の強いタイプのキムチとなります。価格は400gという大容量で350円強とお得なので、家族でシェアするのにもおすすめです。

甘くないタイプのキムチがよい人には最適とは言えないかもしれませんが、甘すぎるというよりも辛味や酸味のが抑えられているという味付けになっています。ぜひクセのない旨味を引き出した秋本食品オモニの極旨キムチを食べて、王道のキムチの楽しさを体感してみてはいかがでしょうか?

白米のお供に「ピックルスコーポレーションご飯がススムキムチ」

スーパーでよくみかけるタイプのキムチの中でも、ご飯によく合うタイプのキムチもあればそのまま食べるのがおすすめというキムチもあるものですが、ピックルスコーポレーションご飯がススムキムチは特にご飯との相性がよいと話題の商品です。りんごと魚介系の甘みは、ご飯をとにかく食べたくなるようなほどよい甘さとなっています。

植物由来の乳酸菌が含まれているピックルスコーポレーションご飯がススムキムチですが、具沢山なヤンニョムを使用していることでこってりとした味わいに仕上がっており、そのままではやや濃厚だと感じるような感覚があるもののご飯と合わせたときの爆発力はピカイチです。その上、保存料や合成着色料は不使用という魅力があります。

そんなピックルスコーポレーションご飯がススムキムチは最近カップラーメンなどにもなって話題になっていますが、200gで250円の価格で売られています。また、お得用の350gも350円程度で売られているのでお得感が欲しいときには大容量タイプもおすすめですが、大容量タイプでも一人でペロリと平らげられるような美味しさでしょう。

伝統の手仕込み「イケガミ宮廷キムチ手仕込み」

伝統の製法にて丁寧に作られたキムチが食べたいという人におすすめなのが、イケガミ宮廷キムチ手仕込みです。味は本格仕様で本場韓国のキムチを彷彿とさせるものの、素材的には国産白菜などにこだわっており安全性の高さにも定評があります。辛味よりも酸味が強いタイプのキムチですが、甘くないキムチが好きな人にはぴったりでしょう。

甘みが強いタイプのキムチはご飯との相性が抜群な一方で、お酒とともにちょっとずつ楽しむタイプのキムチはどちらかというと酸味が強い方が適しているものです。辛味はあくまで刺激的すぎない仕様になっており辛いのが苦手な人にもおすすめなのがこのイケガミ宮廷キムチ手仕込みですが、価格は200gで330円以下となっています。

そんなイケガミは臭わないタイプのキムチというのもかなり人気度が高まっているようですが、主力商品であるイケガミ宮廷キムチ手仕込みは、やはり王道の味わいを楽しむことができます。保存料や合成着色料などが不使用で安心して楽しむことができますが、塩などに関しても天日塩を使用しているなどのこだわりぶりが嬉しいものです。

鍋にもぴったり「今泉食品絶品キムチ」

あまり甘みの強すぎるキムチを鍋に入れるとただただ甘くなってしまうというデメリットもありますが、ほどよい酸味の効いた今泉食品絶品キムチであれば、鍋に入れるキムチとしてはかなり適しているのでおすすめ度が高いです。今泉食品絶品キムチはりんご由来の自然な甘みと酸味が楽しめる、鍋の具材としても抜群におすすめな商品です。

そんな今泉食品絶品キムチは800円以上の高価格帯のキムチかと思いきや500gとかなりボリューミーなので、皆で鍋を囲むときやご飯と一緒に食べるときなど、さまざまなシーンで活躍してくれるキムチとなるでしょう。今泉食品絶品キムチはりんごの甘みと酸味に加えて、塩辛由来の旨味が効いており、和風に仕上がっています。

キムチは韓国の食品ではあるものの、国産の人気商品も増えており日本人が本当に美味しいと思えるキムチの追求に余念がない今泉食品のようなメーカーも少なくありません。白菜の芯から中心部やでっぷりとした葉っぱまで余すことなく入った今泉食品絶品キムチは、一枚一枚丁寧に漬けられているからこその美味しさが魅力的でしょう。

人気スーパーの逸品「成城石井白菜キムチ」

成城石井といえばかなり質の高い惣菜類でも有名ですが、中でも成城石井白菜キムチは定番の白菜キムチながらもパイナップルのほどよい甘みが効いたバランスのよい味わいに仕上がっています。成城石井ということで価格がたかそうなイメージもありますが、500gと大容量にも関わらず700円程度で買えてしまうのでかなりお得でしょう。

そんな成城石井白菜キムチは、韓国のヨンヤン産の唐辛子にこだわって使用しており、品のよい辛味を楽しむことができます。その上浅漬けなのでさっぱりめに楽しめるという魅力もありますが、100gあたり43kcalという低カロリーなのも女性に人気の理由です。ワンランク上のキムチを食べたいという人には、特におすすめな商品なのです。

見た目はかなり赤く辛そうですが、ただ辛いだけでなく甘さとのバランスがとれているので性別年齢問わずに楽しめるキムチだと言えます。厳選素材にこだわって作られた成城石井の人気キムチは、他の一般的なスーパーでは買えないものの成城石井の各店舗や成城石井のオンラインストアからもゲットできるので、ぜひチェックしてみてください。

海老の旨味たっぷり「備後漬物旨えびキムチ」

広島県発の備後漬物はキムチを含めさまざまな人気の漬物商品を生み出している人気のブランドですが、備後漬物旨えびキムチは中でも人気度の高い定番商品となっています。トマトを含めたキムチや吉野家とコラボしたキムチなど人気商品を続々とリリースする備後漬物ならではの厳選素材と独自製法で作られたキムチは、間違いない美味しさです。

一般的なキムチに比べて辛味も酸味も控えめであり、和風の美味しさが引き立っているのが備後漬物旨えびキムチの特徴です。備後漬物旨えびキムチは和風の旨味をベースとしながらも、アミエビを豊富に入れていることでよりコクが引き立つような味に仕上がっているようです。また、450gで400円以下のコスパもおすすめの理由です。

そして和風タイプながらも漬け込みはじっくりと行われているのでほどよい辛さと酸味におさえられているものの、キムチらしさを損ねずにバランス感のよいキムチへと昇華されているのです。旨味の種類の中でもエビ由来の旨味が好きだという人には、備後漬物旨えびキムチは特におすすめの商品だと言えるでしょう。

個性的な人気商品「くにを鮭キムチ」

数あるキムチの中でも特に個性的で人気度が高いと言えるのが、くにをの鮭キムチです。唯一無二の存在感を放つくにをの鮭キムチですが、アトランティックサーモンをたっぷりと使っているキムチであり一般的な白菜タイプやカクテキとは異なります。プリプリの鮭の旨味とほどよい辛味を楽しめるこの商品は、メディアで話題沸騰中です。

そんなくにをの鮭キムチは250gで1000円というなかなかの価格であり、通販で取り寄せるのが基本となりますがその人気ぶりから一時注文をストップしたり入手するためにも数ヶ月待ちになったりという場合が多いようです。だからこその珠玉の味わいを、キムチ好きや塩辛好きならぜひ一度は味わってみたいものです。

食べ比べが楽しい「高麗食品キムチ4種お試しセット」

一つのキムチに縛られるよりもさまざまな種類のキムチを食べ比べたいという人におすすめなのが、高麗食品キムチ4種お試しセットです。定番の白菜キムチ・きゅうりキムチに加えてカクテキや小松菜キムチも加わっているので、それぞれの食材の食感の違いやそれぞれに合うように調整された酸味や辛味などの変化も楽しんでみたいものです。

やはり一つの食材では飽きてしまうという場合もあるものですが、4つの異なる味わいを一度に楽しめるというのは実に嬉しいものです。そんな高麗食品の食べ比べセットは各200gで合計800gという容量で2350円という価格で販売されているようです。

「エバラ本技おいしいキムチ」

辛いだけではない美味しいキムチを気軽にスーパーで買えるもので楽しみたいと思っている人は多いと思いますが、焼肉のたれで有名なエバラの本技おいしいキムチはコスパ最強だとして話題になっています。焼肉のたれもエバラのものを買えば、ちょっとした焼肉パーティーを美味しいキムチつきで楽しめることでしょう。

確かな芯のある辛味がありながらも、あとから魚介や野菜の旨味があふれ出すような味わいに仕上がっているのがエバラ本技おいしいキムチです。300gで約500円という価格で売られているエバラ本技おいしいキムチですが、味のバランスにこだわりたい人や信頼できるメーカーのキムチがよいという人にはぴったりでしょう。

キムチの選びのポイントを紹介

ここまでキムチのおすすめ品として安い価格でスーパーで気軽に買える市販品から、飲食店のこだわりの味を家でも気軽に楽しめるキムチまで20選をみてきました。キムチと一口に言ってもスーパーには色々な商品が陳列されている上にレアものを取り寄せるのも可能ですが、そんなキムチ選びを行う上で知っておきたいポイントをみておきましょう。

キムチの種類について知っておこう

キムチのおすすめ市販品をスーパーで選ぶ際にまず知っておきたいのは、キムチの種類でしょう。おすすめのキムチと言っても種類ごとに原料や味わいが異なるものですが、代表的なキムチの種類は確実におさえておきたいものです。厳密には180種類以上もあるというキムチですが、スーパーに売られているものだけでも数種類はあることが多いです。

特に定番中の定番のキムチとして知られているのが白菜キムチですが、この白菜キムチは白菜を主原料としながら他の野菜や薬味類を混ぜ込んだものです。白菜のシャキシャキ食感を楽しめる定番であり、日本人にも大人気でしょう。この白菜キムチと並んで焼肉屋など飲食店でも人気なのが、大根を角切りにして漬け込んだカクテキではないでしょうか?

他にもあっさり系のトンチミキムチや白キムチなどもありますが、淡白ながらも白菜と大根どちらも均等に味わえる水キムチなども人気です。さらに白菜の葉で薬味を包んだ状態で漬けるボサムキムチなどの一風変わったタイプのキムチもありますから、ぜひ今回のおすすめキムチも参考に色々な種類の市販キムチを食べ比べてみてはいかがでしょうか?

食べきれるサイズを選ぼう

最近では本場韓国の味を見事に再現している上に原料を国産にこだわっているおすすめ市販キムチも増えていますが、キムチを選ぶ上では味や種類以外にも、サイズという部分を重視したいものです。キムチというのは家族などでシェアする場合にはすぐになくなることも多いですが、一方で食べきれずに余してしまう場合もあるかもしれません。

もちろん自分が確実に美味しいと知っており毎日でも食べられるおすすめ市販品なら別ですが、新しいおすすめ国産キムチなどを試したいときには、食べきれるかどうかはわからないものです。そのため、最初から大容量のものを買うのではなく、小パックに分かれて売られるものなど、一食で食べきれるようなサイズのものがよりおすすめとなります。

もちろん大容量の方がお得感はあるものですが、キムチというのは市販品ひとつひとつ酸味や辛さの度合い、具材の食感などが異なり、好き嫌いがかなり分かれやすい食品だと言えます。そのため、キムチが全体的に好きだとしても余してしまう商品などもある可能性があるので、まずはぜひ食べ切れるサイズのキムチから試してみてください。

好みの酸味や辛味のバランスで選ぼう

お伝えしたようにキムチは種類だけでなくサイズも考慮して選びたいものですが、それに加えて味に関しては酸味や辛味のバランスで選びたいものです。キムチというのは発酵食品であり特有の酸味が個性的ですが、唐辛子が加わっていることで辛味というのも特徴のひとつであり、これらのバランスというのが美味しいキムチを形作るものです。

本場韓国のキムチは特に辛いと言われることも多いですが、地域やお店ごとにもかなり異なるものです。そして国産のキムチは甘い傾向が強いと言われることもありますが、中には国産でも本場の味に近いような酸味と辛味のバランスを実現している市販品もあり、どれかひとつの味が悪目立ちするのではないバランス感がキムチの美味しさでしょう。

キムチは酸っぱいから好きだという人も多いですし辛いのが好きで唐辛子が多量に入っていても余裕で食べられるという人もいると思いますが、キムチを選ぶときの観点のひとつとしてぜひこの酸味と辛味のバランスを意識してみてはいかがでしょうか?こうしておすすめキムチを選べば、よりキムチの奥深い世界を理解することにつながるでしょう。

キムチの人気おすすめ品を参考に食卓に並べてみよう!

今回は、キムチの人気おすすめ商品をその選び方とともにみてきましたが、いかがでしたでしょうか?特にフードレーベル牛角のキムチや東海漬物のこくうまなどはスーパーでもよく見かける市販品の代表格ですが、最近では甘くない本格派のキムチや小分けになっており食べ切れるタイプのキムチなど、色々な種類のキムチが存在するものです。

そのため、特には全く違う種類のキムチを食べるのも面白いですし、さまざまなおすすめキムチを食べ比べていく中で本当に自分が好きなキムチはこれだったという発見があるかもしれません。たかがキムチされどキムチというようにキムチの世界はかなり深いですから、ぜひ今回のおすすめを参考にキムチの世界をとことん掘り下げてみてください。

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ