まな板のおすすめ人気ランキング!木やゴムなど素材別に紹介!

毎日の料理で何気なく利用しているまな板ですが、ひと昔前と違い様々な素材でおしゃれな人気のまな板が登場しています。かなりの数のまな板が販売されていますので、おすすめはどういったまな板が良いのか、迷ってしまう方も多いと思います。まな板購入の際に参考になるように、人気のおすすめまな板をランキング形式でご紹介sいています。衛生的でおしゃれなまな板も近年登場していますので、まな板選びの参考にしてみてください。

まな板のおすすめ人気ランキング!木やゴムなど素材別に紹介!のイメージ

目次

  1. 1人気のまな板コレ!おすすめランキング!
  2. 2おすすめのまな板の素材や種類
  3. 3職人おすすめ!不動の人気「木製まな板」
  4. 4木製まない板に利用されている樹木の種類
  5. 5おすすめ人気木製まな板TOP5位:まな板otoita
  6. 6おすすめ人気木製まな板TOP4位:土佐きよら一枚板
  7. 7おすすめ人気木製まな板TOP3位:四万十ひのき自立型スタンドまな板
  8. 8おすすめ人気木製まな板TOP2位:国産高級檜 一枚板 まな板
  9. 9おすすめ人気木製まな板TOP1位:MIYABI ヒノキカッティングボード
  10. 10料理初心者におすすめ「プラスチック製まな板」
  11. 11おすすめ人気プラスチック製まな板まな板TOP5位:アドバンス2.0
  12. 12おすすめ人気プラスチック製まな板まな板TOP4位:Licute C-1249
  13. 13おすすめ人気プラスチック製まな板まな板TOP3位:アーネスト A-10048
  14. 14おすすめ人気プラスチック製まな板まな板TOP2位:栗原はるみ まな板(丸)
  15. 15おすすめ人気プラスチック製まな板まな板TOP1位:カットバリア
  16. 16人気の進化系まな板「ゴム製まな板」
  17. 17おすすめ人気ゴム製まな板TOP5位:ビタクラフト
  18. 18おすすめ人気ゴム製まな板TOP4位:シェフズ抗菌まな板CHM-100
  19. 19おすすめ人気ゴム製まな板TOP3位:キッチンスター
  20. 20おすすめ人気ゴム製まな板TOP2位:アサヒクッキンカット
  21. 21おすすめ人気ゴム製まな板TOP1位:備長炭入りゴム製まな板
  22. 22お気に入りのまな板を使って料理を楽しもう!

人気のまな板コレ!おすすめランキング!

ひと昔前と違ってまな板と言っても、様々な素材で数多くのまな板が販売されています。そんなまな板選びの参考になるように、まな板に適したサイズはどのようなものなのか、まな板いの素材で木やゴム、プラスチックはそれぞれどういった特徴があるのか、おすすめの人気まな板をランキング形式で特徴などを詳しく解説させて頂きます。

おすすめのまな板の素材や種類

まな板と言えば木製のまな板が主流でしたが、加工技術が発達したことにより木製以外の素材である、樹脂でつくるプラスチック製のまな板やゴム製のまな板などが登場するようになりました。それぞれまな板の素材によってメリットとデメリットがあり、特徴や価格も違ってきます。まな板の素材によってどのように違いがあるのか詳しく見ていきましょう。

衛生的状況を保つ殺菌加工とは

まな板選びのポイントとして衛生的な状態を保ちやすい、まな板を選択することは重要なことです。木製であればヒノキなどは樹木の特性上、殺菌作用があったりしますが、プラスチックやゴム製のまな板は抗菌加工がされているものが多く、料理後のメンテナンスが面倒な方や、定期的なお手入れに自信が無い方にはおすすめです。抗菌加工された商品というと、木製以外のまな板になります。
 

主にまな板の素材になるものに殺菌効果が高い、備長炭や銀などを練り込み抗菌コーティングがなされている事が多いものです。そういった抗菌効果が高いまな板は主に雑菌の繁殖を防ぎ、食中毒などの危険から身を守ります。まな板は、包丁で切るため、手入れ不足があるとまな板の傷口から菌が繁殖していることが多く、そのまま食材を切ると食中毒の危険があります。

そういった菌を繁殖させないため、まな板本体で雑菌が湧かないような加工を施し、菌を繁殖させない、菌が付きにくい環境にする、殺菌効果を高めるといったことが抗菌効果をもつまな板となります。抗菌作用をもつまな板は、されていないまな板に比べると殺菌効果が非常に高く、衛生的に利用できるため料理初心者にもおすすめなまな板と言えます。

Thumbマグロ包丁の厳選11選!通販・老舗店の値段や日本刀との違いも解説! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

職人おすすめ!不動の人気「木製まな板」

木製のまな板はプラスチックやゴム製の素材と比較すると、包丁で切った際の感触が柔らかく、長時間利用しやすいまな板と言われています。木製のまない板に利用される樹木は、ヒノキをはじめイチョウの木、ヤナギなどが利用されることが多いようです。木製の素材であるまな板の大きなメリットというと、包丁への痛みが少なく、まな板に安定感があり包丁を扱いやすいということです。また、木製のため水気を含ませることで、具材の臭い移りを防ぐことが出来るところも優れています。

木製まな板のデメリット

昔から利用されている木製の素材を利用したまな板は、木製のため水気を含みやすく料理後にそのまま放置しておくことで、カビや雑菌が繁殖してしまう理由となります。また一度黒カビがまな板に発生すると、木製のため漂白剤では対応できずカンアなどで削るほかありません。また乾燥させる際に直射日光にあてるとまな板がダメになるなど、料理後の手間がほかの素材のまな板に比べるとかかりすぎる事が挙げれます。

木製まない板に利用されている樹木の種類

木製のまな板は実はすべてが同じ木材で作られている訳ではなく、ひのき・桐・銀杏・青森ひばなどの木で作られています。また樹木をつなぎ和わせて作られた合成板か一枚板で作られたまな板であるか製造方法も違います。木製のまな板はプラスチックやゴム製と違い、木製という素材の中にも種類があるのでどれを選べよいか迷ってしまいますが、それぞれの特徴を見ていきましょう。

人気の「檜(ひのき)」のまな板

木製の中では高級な部類に入る檜のまな板ですが、耐水性・防虫効果・抗菌作用があり木製の素材の中でも、とりわけメンテナンスが一番楽なまな板になります。比較的簡単なお手入れで長く利用でき、檜の香りが良く使いやすい木製まな板と言われています。ただし使い始めはこの檜の臭いがきつ過ぎるということもあるようです。
 

包丁のダメージ少ない「銀杏(いちょう)」のまな板

樹木の中でも銀杏のまな板は、一番包丁への負担がすくなく切り心地が柔らかいと言われています。なぜならイチョウの木事態が触るとわかるのですが、柔らかく弾力性を有しているためです。また銀杏の木は油分を多く含み、水分をはじく働きがあり過剰な水濡れを防ぎます。ただし檜のように抗菌作用はありませんので、しっかりとメンテナンスが必要です。

軽く女性におすすめ「桐(きり)」のまな板

木製のまな板はほとんどの場合、重量感があり重いものが多いですが桐の樹木で作られたまな板は、とにかく軽く女性でも扱いやすいおすすめの素材だと言えます。また抗菌作用もあり、速乾性に優れ弾力性もあるので包丁も傷みにくく、比較的木製まな板の中ではメンテナンスが簡単な素材と言えます。ただし、軽いというメリットも抱えつつ重量感が無いため、食材が重いと不安定になるというデメリットがあります。

木製最強の性能で人気「青森ひば」

青森ひばという樹木は、ヒノキチオールという油分を保有しており樹木に耐水・抗菌・消臭性能という機能的な成分を保有するため木製まな板としては、一番おすすえめな素材と言えます。料理した後のメンテナンスも非常に簡単で、まな板を洗って室内乾燥だけで十分に雑菌の繁殖を防ぐことが可能です。ただし、この青森ひばという樹木は育つのに時間がかかるため、他の木製素材より高価になります。
 

木製まな板の加工種類とは?

上記で木製のまな板と言っても、数種類の樹木が素材として利用されていることは記載しましたが、実は木製のまな板は加工するときに、一枚板を利用した木製のまな板と、木と木を組み合わて作る合板のまな板が存在します。では一枚板のまな板と合板のまな板の特徴やメリット・デメリットについて見ていきましょう。

一枚板と合板製の木製まな板

木製のまな板も最大のメリットというと、プラスチック製やゴム製に比べると長持ちで使い方によっては一生ものと言っても良いでしょう。一枚板と合板では耐久性が違い、はやり一枚板のまな板のほうが合板性に比べると、耐久年数がアップし長くつかることが出来ると言えます。木製のまな板は傷が出来るとヤスリで削り平にできるのですが、合板の場合長く使うとほころびが出てきます。

ただし合板性の木製まな板は、初期投資が一枚板のまな板に比べると安くすみ数年から10年単位程度で交換していくのであれば、とくに合板板のまな板でも良いかもしれません。一枚板か合板か分からない場合は、まな板の側面をみると、継ぎ目の有無でわかります。また比較的値段が安い木製のまな板の場合は、合板製のものが多いようです。
 

Thumb刺身包丁のおすすめランキングTOP11!選び方と使い方も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

おすすめ人気木製まな板TOP5位:まな板otoita

料理が上手になるまな板otoitaの特徴は厚みがあるため安定感があり、多くの食材を素早く切りやすところです。日光産の檜の一枚板のまな板は丈夫で堅牢性に優れ、抗菌作用に優れているため衛生的に利用できる木製のまな板と言えます。包丁の当たりが柔らかく長持ちさせます。またまな板の裏表が利用可能で、魚と肉と使い分けられ匂いうつりを防げます。

おすすめ人気の木製まな板情報

「料理が上手になるまな板otoita」の重量は1100グラムとなり、サイズが縦34cm×横24cm×厚さ3cmとなります。材質は木製の中でも衛生的な日光八溝山のヒノキが利用されています。一枚板のまな板の中でも価格が安く、裏も表も利用可能で機能性に良い木製まな板と言えます。また削り直しメンテナスサービスのチケットも同梱されており、購入後もしっかりとサポート対応してくれます。

おすすめ人気木製まな板TOP4位:土佐きよら一枚板

土佐の森の中から厳選された素材を選びだし、四万十ヒノキの中でも油分がとりわけ多い特殊な木製素材をで作られたまな板になります。一般的なヒノキのまな板に比べると抗菌作用が高く、防腐作用も働くため木製まな板でもより衛生的に使えるまな板と言えます。また木製まな板のメンテナンスで水切りが重要になりますが、自立型のスタンドが付いているため毎日衛生的に利用可能です。

おすすめ人気の木製まな板情報

土佐きよら一枚板の木製まな板は、虎斑竹専門店「竹虎」というメーカーが製造しています。まな板のサイズは縦37cm×横24cm×厚さ3cmの使いやすサイズで、重さ1300gになります。材木は四万十ひのきを利用した一枚板の木製まな板になります。やや重量はある木製のまな板になりますが、自立型のスタンド付きで収納スペースも場所を取らず便利と言えます。
 

おすすめ人気木製まな板TOP3位:四万十ひのき自立型スタンドまな板

厚みがあり反りにくいどっしりした安定感がある木製まな板になります。重くて硬いカボチャなどを切る際には、プラスチック製のまな板などは動いてしまうことが多く扱いづらいのですが、この四万十ひのきを利用したまな板は重量感があり簡単に切ることが可能です。また木製まな板では珍しく漂白剤を利用することが可能です。ただし変色の恐れがあるので、気になる方はサンディングペーパーで磨きましょう。
 

おすすめ人気の木製まな板情報

四万十ひのき自立型スタンドまな板は、土佐龍×竹虎というメーカーの商品で、届いた商品に不備があった場合は、すぐに交換などサポートもしっかりしています。サイズは縦46cm×横23cm×厚さ3cmで、重量が1500gあり木製まな板でもどっしりと重量感があります。材木は国産の高級ヒノキが利用されている一枚板の木製まな板となります。四万十ヒノキの中でもかなり貴重な部位が利用されており満足度が高い一枚となるでしょう。

おすすめ人気木製まな板TOP2位:国産高級檜 一枚板 まな板

厚さ3cmの高級木材を利用したまな板は、安定感がありほとんどのどの食材を扱う場合もまな板がズレることなく切ることが出来ます。また商品到着後にまな板に不備があった場合は、返品・交換保証がついているので通販でも安心して購入することが可能です。国産ヒノキを利用しており衛生面でも安心して利用することが可能です。

おすすめ人気の木製まな板情報

まな板のメーカーはkicoriyaになり、サイズ縦46×横23×厚さ3cmのまな板になります。このまな板の重量は1500gとなり木製まな板の一般的な重量と言えます。材質は高級な国産ヒノキが利用されており、防菌、防カビ、防虫の効果が高く衛生的で使いやすい木製まな板と言えます。針葉樹林で木質では当たりが柔らかく包丁のダーメジが少ないまな板と言えます。
 

おすすめ人気木製まな板TOP1位:MIYABI ヒノキカッティングボード

国産のヒノキの中でも特にヒノキ油分が多い南国土佐四万十のヒノキが利用されています。そのため抗菌・防腐作用があり、余分な水分は弾くの衛生的に利用できる木製まな板と言えます。またカビや雑菌の増殖を抑制する働きがあります。稀少な柾目材を利用しているため、まな板も長期間利用することが出来きます。木製まな板の中でも本格的な和食料理人も好んで愛用される名品です。

おすすめ人気の木製まな板情報

製造元はツヴィリングJ.A.ヘンケルスというドイツのゾーリンゲンに本社がある、刃物メーカーになります。日本でも有名な料理人である道場六三郎氏と共同開発となり、まな板のサイズは縦40cm×横25cm×厚さ3cmになり、重量は1350gとなります。素材は贅沢な国産ひのきを利用しており一枚板で柾目を利用していますので、一般的な木製まな板に比べると価格が高くなります。
 

料理初心者におすすめ「プラスチック製まな板」

プラスチック製のまな板のメリットは、種類や色が豊富で低コストで加工することが可能なため、初心者も購入しやすく、おしゃれなものが多く女性にも人気です。また木製の素材のように水を吸収しないため後片付けが便利で、軽く扱いやすところも人気と言えます。また漂白剤が利用でき抗菌対策がしやすく、耐熱加工されているの乾燥も簡単でとくかくメンテンナンスが楽というのが特徴と言えます。

プラスチック製まな板のデメリット

木製まな板に比べるとメンテナンスが簡単な素材ではありますが、プラスチック素材は木製に比べて固く包丁のへダメージが大きいと言われています。また、木製に比べるとまな板の安定性が少なく、プラスチック製のため食材が滑りやすいなどの欠点もあり、素早く多くの食材を切るのであればプラスチック製の素材は不向きです。木製に比べると劣化が早く耐久年数が短いというデメリットも抱えています。

プラスチック製のまな板選びのポイント

木製のまな板に比べとコスパに優れ、料理後のメンテナンスが簡単でカビが発生しにくいプラスチックまな板ですが、種類が多くてどれを選択するのが良いのか逆に分からない方もいると思います。そんなプラスチックまな板を選定する際の基準について4つの選定基準について触れていきたいと思います。

まな板のサイズ

プラスチックのまな板も他の素材のまな板同様に、適切なサイズ選びというのが非常に重要となります。一般的なまな板のサイズを合わせてまな板の厚さも重要になりますが、ご自宅のキッチンがどの程度のまな板のサイズまで利用可能なのか、きちんと計って購入しましょう。広めのサイズのまな板は確かに効率よく食材をカットできるのですが、キッチンスペースが小さすぎると逆に使いにくくなりますので注意が必要です。
 

衛生的な抗菌加工がされているか

プラスチックのまな板は木製と違い、加工する際に抗菌効果が高い素材を一緒に練り込むことが可能になります。そういった抗菌加工がされているまな板というのは、カビの繁殖を抑制し、雑菌や食中毒の要因となるウイルスの増殖も抑える働きがあります。また、料理後のお手入れも抗菌加工がされていないものに比べると非常に簡単と言えます。

耐熱処理がされているまな板かどうか

プラスチック製のまな板は、木製に比べると安価で頑丈ですが耐熱処理がされていないまな板は、熱に弱く食器洗浄機など利用はできません。そういった処理がされているのかどうか購入前に確認しておきましょう。耐熱温度はプラスチック製のまな板に限らず加工処理されているかどうかは、記載がありますが無い場合は購入を控えるか購入元に確認しましょう。

収納が可能かどうか!

プラスチック製のまな板を選択する際には、収納スペースも考えて購入する必要があります。まな板は日々の生活で利用するものになりますので、利用するときや直すときには、素早く出し入れが出来るサイズのものを選びましょう。プラスチック製品のまな板は、木製と違い取ってがついている場合があるので、壁にフックを作って収納するのも良いかもしれません。

プラスチック製のお手入れ方法

素材に関わらずまな板は利用後に、食器用の洗剤でしっかりと洗うと思いますが、実はそれだけでは綺麗に汚れが落ちていないことが多いケースが多々あります。そういった場合は、まな板が黒ずんだり、雑菌が繁殖したりと定期的なメンテナンスが必要になります。とりわけプラスチック製のまな板で白い製品の場合は、黒ずみが目立ち不衛生的な印象を与えてしまいますので注意が必要です。

またプラスチック製のまな板は、包丁でカットした際に傷がつきやすく食器用の洗剤だけの洗浄ではしっかりと洗い落とす事が困難な場合があります。木製のまな板のように頻繁な手入れは必要はありませんが、そういったことを考えると黒ずみやカビや雑菌対策のためにしっかりとした知識をつけてお手入れしましょう。
 

取り分け、生のお肉やお魚を調理したまな板というのは、加工品や加熱処理された食品と比べると雑菌が付いていることが多く、洗浄が弱いと食中毒の恐れもあります。そういった食材をカットしたまな板は、よりしっかりと洗浄するようにしましょう。ちなみにプラスチックのまな板の寿命はおおよそ2年から3年程度と言われています。しかし毎日しっかりとメンテナスを心がけることでまな板いの寿命も長く伸ばすことも可能です。

おすすめ人気プラスチック製まな板まな板TOP5位:アドバンス2.0

他のまな板と違い用途に合わせて利用できるように、肉・野菜・魚・調理済食材用のまな板が4枚セットになった、色とりどりで使っていて楽しいおしゃれなまな板になります。またそれぞれのまな板が収納できるケースが付いており、ストレスなく利用することが可能です。食材によって利用を分けれるので衛生的で非常に便利なまな板と言えます。
 

おすすめ人気のプラスチック製まな板情報

デザイン性に優れおしゃれで、機能的な商品を数多く手掛けるイギリスのロンドンに本社があるJoseph Joseph (ジョゼフジョゼフ)が製造しているプラスチック製のまな板になります。総重量はケースも含め1.88kgと思うそうですが、一枚一枚のまな板の重量は480g程度です。サイズは33cmx8.5cmx24cmとほど良い大きさのサイズになります。

おすすめ人気プラスチック製まな板まな板TOP4位:Licute C-1249

色とりどりのカラフルでおしゃれなまな板は、キッチンに立てかけておくだけでも明るい雰囲気を演出します。まな板自体は軽量で薄いのですが、ほとんど場合まな板がズレ込むこともなく、かぼちゃなども上手に切る事が可能です。両面使うことが可能ですが、絵柄が同じなので裏表で使い分けたい方は目印などを付けて置く方が良いでしょう。食洗機にも対応しているため後片付けが簡単です。    

おすすめ人気のプラスチック製まな板情報

パール金属が製造しているプラスチック製まな板は、重量485gになります。まな板いのサイズは縦34.9cm×24.5cm×厚さ1.7cmで厚みを求めない方には、軽量で扱いやすくおすすめなまな板と言えます。おしゃれな淡いドット柄がまな板のイメージとは離れていますが、価格も1000円程度なので非常に人気が高い商品です。
 

おすすめ人気プラスチック製まな板まな板TOP3位:アーネスト A-10048

定番のプラスチックまな板である「A-10048」は、抗菌・抗カビ処理が施されているため、不快なヌメリやカビの臭いなども防ぎ、衛生的に利用することが可能です。今時のおしゃれなプラスチックまな板と比較すると、普通のデザインですが見飽きること無く、包丁の当たりも柔らかいので木製はちょっと高いけど厚みがあるプラスチックまな板を探している方におすすめです。

おすすめ人気のプラスチック製まな板情報

アーネストが製造しているプラスチックまな板の王道ともいえる商品です。重量は699gと軽量で縦41cm×横24cm×3cmのサイズです。厚みも木製のまな板同様3cmでありながら軽く、料理後のお手入れも簡単です。またまな板の表面はダイアカット加工ですべりにくく、包丁の刃先のダメージを抑えた上で効率く良く食材をカットする事が可能です。

おすすめ人気プラスチック製まな板まな板TOP2位:栗原はるみ まな板(丸)

料理番組などでも利用されている、おしゃれな丸いまな板になります。まな板というと一般的には四角いまな板ですが、この円形の形が回転させてながら場所を変えて包丁で切る事ができるため便利です。裏表でネイビー×ホワイトの二色もおしゃれで魚と肉を使い分けて利用することが可能です。大小セットの丸いまな板は並べて使ってもおしゃれで可愛らしいまな板と言えます。    
 

おすすめ人気のプラスチック製まな板情報

栗原はるみのまな板はヨシカワ(Yoshikawa)が製造しています。重量は590gで縦24.5x横24.5x厚さ1.5cmでコンパクトでありながら、丸いまな板がおしゃれです。中華テーブルのように回しながら切ることも可能で、ネイビー×ホワイトでおしゃれでありながら実用性に長けています。また丸いまな板がシンクにすっぽりと収まり洗いやすいまな板です。
 

おすすめ人気プラスチック製まな板まな板TOP1位:カットバリア

プラスチックの中でもゴム製にメリットも取り入れた、最新式のまな板になります。まな板に傷がつきにくいため雑菌が繁殖しにくく衛生的です。またおしゃれですが厚さ3mmで軽量のため女性や子供でも簡単に利用することが可能です。料理後の後片付けも簡単で、さっと拭くだけで乾きやすく清潔で長持ちできるまな板です。鮮やかな色味のまな板がおしゃれです。

おすすめ人気のプラスチック製まな板情報

おしゃれな赤と黒の二色から選ぶことが出来る「協和工業株式会社」のまな板となります。素材はプラスチックのプリウレタンが利用されています。サイズは横25.5x縦37x厚さ0.3cmとなります。重量は349gとかなり軽く、耐熱許容範囲は150度になります。傷がつきにくく、プラスチック特有の滑り安いというデメリットを滑り止めが付いているため緩和させます。    
 

人気の進化系まな板「ゴム製まな板」

木製からプラスチック製の素材がまな板に利用され2000年にはいると、ゴム製の素材を利用したまな板が登場するようになりました。ゴム製のまな板のメリットは、ゴムなので柔らかく包丁や手首へのダメージが少なく、まな板も傷つきにくい点です。また抗菌加工されているものが多く衛生的でカビや雑菌が繁殖しにくいと言われています。また食材の臭いがつきにくい安定感があり使いやすいのが特徴です。

ゴム製まな板のデメリット

木製とプラスチック製の素材のまな板のデメリットを改善したようなまな板ですが、やはり欠点もあります。まずゴム製なので食材によってはゴムの臭いが移るという方もいるようです。また厚いものは重量を感じるものがあり、熱にめっぽう弱く揚げ物などはゴム溶けの懸念があると言われています。またおしゃれなまな板が少なく単一茶色のような商品が多いの素材になります。

Thumb包丁おすすめランキングTOP13!人気ブランドや初心者向けなど選び方も! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

おすすめ人気ゴム製まな板TOP5位:ビタクラフト

ビタクラフトのまな板は殺菌加工がされているため、滅菌率99%以上と非常に衛生的なまな板と言えます。その殺菌効果は半永久と言われ、大腸菌やブドウ球菌、サルモンラ菌などの繁殖を防ぎます。また耐熱温度も高く食器洗いや乾燥機にも対応していて、料理後のメンテナンスも簡単です。ビタクラフトのまな板は傷がつきにくくまな板表面に凹凸加工がされているため薄くても安定感があります。

おすすめ人気のゴム製まな板情報

VITA CRAFT (ビタクラフト)から登場しているゴム製のまな板になります。グリーン・ピンク・ブラック・ベージュの四色から選べ、ゴム製のまな板の中ではスタイリッシュでおしゃれなまな板と言えます。まな板のサイズは37x24x0.6cmの超薄型のまな板になります。重量は0.58gとかなり軽く特殊エラストマー合成樹脂のゴム製のため耐久性に長けています。耐熱温度は130度で耐冷温度は-30度になります。

おすすめ人気ゴム製まな板TOP4位:シェフズ抗菌まな板CHM-100

包丁の切り込みも柔らかい刃当たりで、傷がつきにくく雑菌が湧きにくいため衛生的で優れた耐久性を誇ります。またゴム製というと木製まな板同様に漂白剤が利用できないものもありますが、こちらのまな板は漂白剤利用可能で、水切れが良く速乾性があるためメンテナンスが簡単です。おしゃれなまな板とは言えませんが、抗菌作用がある銀成分も練り込まれているため安心して利用可能なまな板です。

おすすめ人気のゴム製まな板情報

京セラとサヒゴムが共同で開発製造したゴム製のまな板になります。重量は1.79Kgとゴム製では重量感があり食材をカットする際には安定感があります。まな板のサイズは39.9cm×24.4cm×2cmになりゴム製のまな板の中でも厚みがあり使い心地抜群と言えます。抗菌効果は国際基準規格IOSに合格しているため衛生的な面では安心して利用することが可能です。
 

おすすめ人気ゴム製まな板TOP3位:キッチンスター

キッチンスターは、大手百貨店でも取り扱われるほど人気が高いゴム製のまな板いになります。おしゃれではありませんが、汚れがつきにくく落ちやすい特徴を持ちます。また耐久性に優れへこみにくいため食材を効率よく切ることが可能です。木製のまな板同様に包丁の当たりが優しく刃先を傷つけません。また食材が滑りにくく素早く切る場合も、程よくカットすることが可能です。

おすすめ人気のゴム製まな板情報

キッチンスターは、株式会社テクノ月星が製造しているゴム製のまな板です。重量は907gとゴム製では少し重さはありますが、他の素材に比べると軽量で持ち運び便利です。まな板のサイズは縦34.6cm×横21.8cm×厚み1.5cmとなります。耐熱温度は-30度から130度まで対応しているため、食器洗浄機や食器乾燥機にも対応しています。揚げ物などを切る場合もゴム臭さが付きません。
 

おすすめ人気ゴム製まな板TOP2位:アサヒクッキンカット

アサヒクッキンカットのまな板がゴム製なのため、ちょっとした物好きが購入する類のまな板と思われがちですが、その機能性の高さからプロの料理人も愛用する人がいる位、まな板としての実力は折り紙付きです。傷がつきにくいため雑菌などが湧きにくく衛生的に利用することが可能です。また包丁を利用していても柔らかな切口で、汚れもつきにく万能まな板です。

おすすめ人気のゴム製まな板情報

アサヒゴムが製造しているアサヒクッキンカットは、Medium・Large・LL・3Lと4種類のサイズが登場しています。一番人気のサイズはスタンダードなMediumタイプになり、重量は1.06kgと軽量です。サイズは縦38cm×横21cm×厚さ1.4cmの薄型のまな板となります。1965年年にまな板として登場していら多くの人に愛用されており、機能性の高さに驚かされるゴムまな板です。

おすすめ人気ゴム製まな板TOP1位:備長炭入りゴム製まな板

外観が真っ黒なまな板というのは衝撃的ですが、抗菌作用が強力な備長炭がゴムに練り込まれているため衛生的に利用することが可能です。またゴム製のまな板というと加熱に弱く安いものは溶けてしまうものや、ゴム臭が食材に移ってしまうものもあるのですが耐熱強度130度まで利用することが可能です。軽量かつゴムなので耐久性にも優れ、持ち運び便利なのでアウトドアにもおすすめなまな板です。

おすすめ人気のゴム製まな板情報

パール金属が製造している備長炭入りのゴム製のまな板になります。重量は180gと非常に軽く、サイズは縦39cm×横26cm×厚さ2mmになり薄いゴムまな板になります。耐熱処理もされているため、食器洗い機も食器乾燥機にも対応していて耐久性に優れています。またまな板が曲がるため切った食材をそのままフライパンに投入することが可能で、水はけも良いため衛生的であり機能的なゴム製まな板です。

Thumb三徳包丁のおすすめブランドランキング!ステンレス製のも紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

お気に入りのまな板を使って料理を楽しもう!

人気のおすすめまな板を素材別にランキング形式で、ご紹介させて頂きましたが如何だったでしょうか?まな板というと木の素材で四角いまな板か、白いプラスチックの素材のまな板をイメージされる方が多かったかもしれません。おすすめのまな板を見ると素材もさまざまでおしゃれなまな板も出ていますので、あなたにとって好みのまな板選びの参考にして見てください。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ