バナナ豆乳ダイエットのやり方!効果やカロリーと口コミを調査

バナナ豆乳がダイエットに効果的との口コミがあります。バナナも豆乳も様々な豊富な栄養素が詰まっているので、身体に良さそう!しかも美味しい。そのバナナ豆乳を飲むだけで痩せることが出来たら嬉しいですね。バナナ豆乳の効果や、痩せる効果をよりよく出すためのダイエットのやり方やカロリーを調べてみましょう。そして、実際にバナナ豆乳ダイエットを試した方々の口コミも紹介していきます。

バナナ豆乳ダイエットのやり方!効果やカロリーと口コミを調査	のイメージ

目次

  1. 1バナナ豆乳ダイエットで痩せることができる?
  2. 2バナナ豆乳ダイエットのやり方
  3. 3バナナ豆乳の簡単な作り方
  4. 4バナナ豆乳のダイエット効果
  5. 5バナナ豆乳のカロリーと栄養
  6. 6バナナ豆乳ダイエットをした人の口コミ
  7. 7バナナ豆乳ダイエットでストレスなく痩せる

バナナ豆乳ダイエットで痩せることができる?

豆乳は大豆が原料で栄養価が高いため健康や美容に効果的であり、またダイエットにも適していると言われることがあります。バナナは、食物繊維が豊富ですので、お通じが良くなる一助の食材となり、この食材を組み合わせる事によって、豆乳ダイエットを行えば痩せることが出来るのです。

バナナ豆乳ダイエットのやり方

バナナ豆乳がダイエットに有効的な作用を及ぼすとはいっても、やり方を誤ってしまっては意味がありません。バナナも豆乳も長短がありますので、ダイエットの為に有効的効果が得られて、痩せるために効率の良い方法を調べてみましょう。

効果的な飲むタイミング

バナナ豆乳のやり方としては食前がおすすめタイミングです。満腹感で食事の量を自然と減らすことができます。食前30分に豆乳を摂取すると、大豆サポニンにより脂肪やコレステロールが吸収されるのを抑制し、食事による血糖値の上昇も緩やかとなり、肥満予防に効果的でダイエットに繋がります。起床時に摂取すると便秘の改善に効果があります。

バナナ豆乳はダイエットサポート飲料としておすすめのドリンクですが、「量」と「飲む期間」がポイントになりやり方の誤りや飲みすぎには気をつけましょう。また、痩せる効果をしっかり得たい、ダイエット効果を得たい場合は、生理前だけ飲むようにした方がおすすめです

1日の適正摂取量

バナナ豆乳はバナナにも豆乳にも健康と美容に効果的な栄養素が含まれていますが、摂取しすぎると弊害が出てしまいますので、1日に摂取してよい量を知っておきましょう。豆乳の摂取量は1日に200mlとなっております。大豆イソフラボンの過剰摂取問題により「大豆イソフラボンを含む特定保健用食品の基本的な考え方」が示されています。

豆乳で副作用を出さない為には、イソフラボンの摂取量を1日に70mg~75mgに抑えることが必要です。現在、3種類の豆乳が販売されていて、無調整が68mg・調整が50mg・豆乳飲料はメーカーによって異なり18mg~30mgになります。イソフラボンの過剰摂取はホルモンバランスの乱れの原因になるのでダイエットのやり方に気を付けて下さい。

ダイエット期間

バナナ豆乳ダイエットを行うに当たっておすすめの期間は、生理の7日~10日前からバナナ豆乳を摂取始めるとよいでしょう。生理の時期は体内のデトックスが行われるので、その時期あるいは前からバナナ豆乳ダイエットを始める事で腸内環境が活性化して、便秘の改善を促進して痩せる効果が得やすくなります。

ホルモンの関係上、生理前は水分を体内に溜め込みやすく、ダイエットの無駄期と言われています。生理後は、余分な水分が体内から排出され脂肪が燃えやすいダイエットに最適な痩せ期になります。生理後は最大のダイエットチャンスとなりますので、生理前から準備に入ると効率的に痩せることが出来ます。やり方をしっかりと学習しておきましょう。

効果が出始めるまでの期間

バナナ豆乳ダイエットを始めて効果が出始めるのは、勿論個人差はあります。早い人は1週間で効果が出始める人もいますが、一般的には効果が出るまで、1ヵ月程の期間をみて下さい。バナナ豆乳は栄養価が高く、満足感を得られ、基礎代謝を下げずに自然に食事量を抑えることが出来るため、筋肉を落とさずに健康的にダイエットが出来るのです。

豆乳にはイソフラボンが多く含まれていて、女性ホルモンを増やしてその働きを助けてくれます。生理の影響によるイライラや生理不順なども改善してくれます。これらの効能からダイエット効果を高め短い期間で効果を出すことが可能となり、痩せることが出来るのです。ダイエットのやり方を誤らずにしっかりと効果を出しましょう。
 

バナナ豆乳の簡単な作り方

バナナ豆乳はとても簡単に作ることが出来る美味しいダイエット飲料で、無理をせずに作り、摂取が出来る飲み物です。バナナ豆乳の簡単な作り方を調べてみましょう。痩せるために、毎日美味しいバナナ豆乳作り楽しんで下さい。

 

材料

バナナ豆乳というくらいですから、材料は勿論、バナナと豆乳になります。豆乳は、無調整豆乳は大豆の固形分が8%以上で大豆以外のものは含んでいません。調整豆乳は大豆の固形分が6%以上で、大豆意外に食塩・砂糖・食用植物油を加え、風味や口当たりを良くしています。調整豆乳には砂糖や油が含まれているのでカロリーが高いと思いがちです。

200ml当たりのカロリーは、無調整豆乳は104kcalで調製豆乳のカロリーは68kcal、となります。実は、調整豆乳の大豆は、脂質を少なくしたものを使用しているので、低カロリーなのです。ダイエット向きには、調整豆乳の方がおすすめなのです。そして、出来ればバナナはシュガースポットが出ているような完熟バナナがおすすめです。

用意するもの

バナナ豆乳を作るに当たり必要なものは、とても少ないのです。バナナを包丁でカットしてもフォークで潰しても良いし、ミキサーでかくはんすることがかんたんなのですが、ミキサーが無くてもナイフで細かくカットする事でO.K.です。基本的に必要なものは、フォーク・まな板・ミキサー・グラスなどの器です。

作り方

バナナは皮を剥き1cmくらいの厚さにカットします。バナナと豆乳をミキサーに入れてかくはんするだけであっという間にバナナ豆乳の出来上がりです。グラスに移して完成です。

ミキサーが無い場合でもバナナ豆乳を作ることが出来ます。バナナを包丁で細かくカットする・フォークでバナナを潰す・細かくカットしたバナナをビニール袋に入れて更に細かく潰すなどをしたバナナと豆乳を混ぜてグラスによそると豆乳バナナの完成です。

保存方法と保存期間

200mlのバナナ豆乳のパックは未開封であれば、パックに記されている賞味期限内に飲みましょう、一般的には1~2ヵ月位先の日付が記されています。パックを開けてしまった飲みかけの場合は、空気中の雑菌が豆乳に悪影響を及ぼしますので、冷蔵庫で保存して2~3日中には飲み干しましょう。

豆乳自体の保存方法は15℃~25℃が目安です。スーパーなどでも豆乳は冷蔵コーナーに位置しているので、手作りのバナナ豆乳は、その日の内に飲み干すことがベストです。

バナナ豆乳のダイエット効果

バナナ豆乳ダイエットの効果には、豆乳、バナナそれぞれに含まれている成分が大きく関わっています。豆乳の材料は大豆です。大豆の植物性タンパク質はダイエット効果が期待でき、豆乳には肥満予防に効果を発揮するサポニンが含まれていて痩せることが出来ます。

バナナはミラクルフルーツと言われるほど栄養豊富で優れた栄養バランスの食品です。タンパク質・ビタミン・カリウム・マグネシウムなど日常生活で不足しがちな栄養素がバランスよく含まれていて、健康的にダイエットが出来、痩せることが出来ます。
 

脂肪吸収を抑える

豆乳の原材料である大豆に含まれるサポニンは絨毛(じゅうもう)を収縮させ、脂肪の吸収を抑えることが可能になります。また、大豆ペプチドは、身体の基礎代謝を増加させ、体脂肪の燃焼を促進する作用があります。

大豆サポニンとビタミンB類は脂肪吸収を抑えてくれるという訳で、ダイエットに効果があります。
 

脂肪の蓄積を抑える

大豆ペプチドはアミノ酸の吸収効率が高く、アミノ酸は脂肪の分解を促す働きがあり、脂肪を燃焼しやすい状態にします。大豆はアミノ酸の吸収率が高いので、大豆ペプチドを摂取することによって、効率良く脂肪が燃焼されるようになります

バナナに含まれる糖は様々な種類で、それぞれの糖が体内に吸収される速度が異なります。すべての糖が体内へ吸収されるまでには時間がかかりますので、血糖値の上昇が緩やかになります。その影響で脂肪の蓄積を防ぐことが出来、肥満を予防します。このように大豆とバナナの栄養素によって、バナナ豆乳はダイエットの強い味方という訳です。

便秘改善

バナナは腸内環境を整えてくれる最強のフルーツで、バナナに含まれるオリゴ糖が腸内の善玉菌の栄養となり、バナナの豊富な食物繊維とオリゴ糖が頑固な便秘を解消するのに効果を発揮してくれます。また、豆乳で最も便秘改善の効果を得るには起床時に飲むことで期待が持てます。

豆乳もバナナも便秘解消に役立つ成分を含んでいるので、豆乳バナナは、この2つをミックスしたドリンクですので、腸が活発に動いて便秘の解消に役立ってくれます。
 

満腹感を得られる

バナナの豆乳に含まれる大豆サポニンは、栄養を吸収する腸内の絨毛(じゅうもう)を収縮する働きがあります。その働きによって、食事の吸収速度が遅くなり、満腹感が持続し、結果腹持ちが良くなります

バナナ豆乳に含まれているバナナは満腹感を感じる、腹持ちがいい食品です。また豆乳に含まれている大豆タンパクは、体内でゆっくりと吸収・分解されるので空腹を感じにくくなりダイエット中に空腹感のストレスを感じなくなります。

代謝を良くする

豆乳に含まれている大豆ペプチドの効果によって、基礎代謝をあげてくれ、さらに食後の消費エネルギーも上げてくれます。豆乳には大豆タンパクが多く含まれています。タンパク質は筋肉を作るためには欠かせない栄養素です。

バナナ豆乳を飲むことで、良質なタンパク質が摂取でき、筋肉をつけることによって基礎代謝をあげることができるので、ダイエットの効果が得やすくなります。

むくみ解消

最後に、バナナ豆乳の材料であるバナナにはカリウムが豊富に入っているので、余分な水分や摂り過ぎた塩分を排出してくれ、むくみが解消できます。過剰な塩分は、むくみやすく、太りやすい体質になる原因となります、その塩分の排出をカリウムが促してくれます。バナナ豆乳を美味しく飲むだけでむくみ解消ができ、ダイエットに繋がります。

コレステロールの吸収を防ぐ

大手メーカーのコマーシャルでもうたっているように、豆乳にはコレステロールを低下させる働きがあります。コレステロールが気になるかた向けに、「特定保健用食品」として国産大豆の調整豆乳をすすめているくらいです。毎日、1日に200mlを目安に、豆乳を摂取することでコレステロール値が下がります
 

バナナ豆乳のカロリーと栄養

バナナ豆乳は思っているほど、カロリーが高くありません。その割に栄養豊富で腹持ちが良いのでダイエット食品としては、おすすめです。そのバナナ豆乳はメーカーや手作りによって多少のカロリーや栄養が異なりますので調べてみましょう。

手作りバナナ豆乳のカロリー

手作りのバナナ豆乳はバナナと豆乳の量のバランスやバナナの糖度・使用する豆乳の種類によって、多少の誤差はありますが、目安としては豆乳はコップ一杯(200ml)あたり、大体100Kcal前後でバナナは1本当たり 標準サイズで100kcal弱です。よってバナナ豆乳のカロリーは200mlで200kcal弱と思ってよいでしょう。

有名メーカーの200mlのカロリーを調べてみます。キッコーマンの無調整豆乳は115kcalで調整豆乳は117kcal・スジャータの無調整有機豆乳は55kcalで調整豆乳は76kcal・大塚チルド食品の無調整タイプは107kcal・ふくれんは無調整豆乳で99kcalとなります。
 

市販のバナナ豆乳のカロリー

スーパーやコンビニに並んでいる市販のバナナ豆乳は、手頃で冷蔵庫にまとめて保存しておくといつでも飲めるとても便利です。代表的なメーカーの200mlのカロリーはどのくらいあるのか調べてみましょう。キッコーマンは135kcal・カゴメはマルサンでは豆乳飲料バナナにカロリー50%オフのタイプがあり50kcalと大変低カロリーになっています。

濃厚な味をとるか?カロリーをとるか?ダイエットのやり方に合わせて市販のバナナ豆乳を購入する際には、考慮して下さい。

バナナの栄養

バナナは高カロリーと思いがちですが、100g(中サイズ1本)で86kcalとなり、ご飯やパンよりも低カロリーなのです。しかも、バナナはとても栄養豊富で、日常生活で不足しがちな栄養がバランスよく含まれている健康食品なので、ダイエットに用いられる事が多い食品です。

シュガースポットの出ているバナナは特に栄養価が高いので完熟バナナの方が栄養豊富となり、ダイエット中の健康維持の為にもおすすめです。

豆乳の栄養

豆乳は「畑のお肉」と言われる大豆が原料であり、栄養が吸収しやすい状態になっています。基礎代謝を活発にしてくれる大豆タンパクが豊富で血流改善や動脈硬化を予防してくれます。

その他にも、イソフラボン・レシチン・ビタミンBやE・カリウム・マグネシウムなど凄い栄養成分が含まれています。健康的に美しく痩せるために豆乳は、栄養豊富でとても優れた食品なのです。

バナナ豆乳ダイエットをした人の口コミ

バナナ豆乳でダイエットに挑戦した方々の口コミややり方の口コミがありますので、体験者の口コミをいくつか紹介しますので参考にして、ご自身のダイエットの参考にして下さい。

バナナに含まれる栄養素には、血液のミネラルといわれていて素晴らしい効果があり、バナナ豆乳やバナナヨーグルトといった、バナナとの組み合わせによるダイエット効果が期待できるようです。豆乳の美容やダイエット効果をバナナと一緒に摂取することで飲みやすく、更に豆乳とバナナの栄養素の相乗効果があるという口コミもありました。

バナナ豆乳ダイエットでストレスなく痩せる

ストレスを抑制するバナナと、大豆イソフラボンを含みホルモンバランスに働きかける豆乳の最強コンビで、イライラを抑えたダイエット方法です。ダイエットはストレスフリーで行いたいものです。バナナ豆乳は手に入り易い・手作りし易い・美味しいので実践しやすいと思います。

バナナ豆乳ダイエットは効果を得やすくするための、やり方がありますのでそのやり方に沿って効果的にダイエットをしましょう。口コミなども参考にしながら、健康的に美味しく、ストレスなくバナナ豆乳でダイエットを行い理想体型を目指しましょう

Thumbバナナのカリウム含有量は?むくみに効果的な食べ方も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」
Thumb豆乳ダイエットで痩せる理由とは?効果的な正しいやり方も紹介! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ