味噌ラーメンの作り方・レシピ!人気の具や簡単スープも紹介!

味噌ラーメンと言えば、お店で食べたり、インスタントラーメンを食べることが思い浮かぶ方が多いですが、実は自宅でも簡単に作ることができるのです。そこで、味噌ラーメンの作り方のレシピを紹介していきます。簡単に自分でスープを作ることもできます。基本の味噌ラーメンの作り方のレシピから、本格派の作り方のレシピ、手間をかけずに簡単に味噌ラーメンを作る方法やアレンジの方法まで紹介していきます!

味噌ラーメンの作り方・レシピ!人気の具や簡単スープも紹介!のイメージ

目次

  1. 1味噌ラーメンの作り方レシピが知りたい!
  2. 2味噌ラーメンの基本の作り方レシピ
  3. 3自宅で作る本格派の味噌ラーメン人気レシピ
  4. 4味噌ラーメンの簡単人気作り方レシピ
  5. 5味噌ラーメンのアレンジ人気作り方レシピ
  6. 6味噌ラーメンにおすすめの具は?
  7. 7味噌ラーメンの作り方レシピをマスターしよう!

味噌ラーメンの作り方レシピが知りたい!

味噌ラーメンを食べたくなった時ってどうしていますか?お店に食べに行ったり、インスタントラーメンを作ったりという方が多いことでしょう。でも、実は味噌ラーメンは自分で手軽に作ることができるラーメンなのです。中華麺から作るのは大変なので、中華麺だけは買ってくることが必要ですが、あとは、特別な調味料や食材を使う必要はありません。味噌ラーメンはご家庭にある調味料や材料で簡単に作ることができるのです!

でも、ラーメンはだしを取ったりしなければいけないので、作るのが大変というイメージを持っていることでしょう。でも、そんなことはありません。鶏がらスープの素を使えば簡単にご家庭で作ることができるのです。そこで、基本の味噌ラーメンの作り方から、本格派の味噌ラーメンのレシピ、簡単に作れる味噌ラーメンや味噌ラーメンのアレンジ方法、人気の具材について味噌ラーメンの作り方レシピを一挙紹介していきます!

味噌ラーメンの基本の作り方レシピ

どんなものを作るにしてもまずは、基本が大切です。基本をマスターしたらアレンジすることも簡単にできるようになるので、まずは、基本の味噌ラーメンのスープの作り方レシピを紹介していきます。基本の味噌ラーメンのスープのレシピなので本当にシンプルで簡単に作ることができます。では、基本の味噌ラーメンはどのように作ればよいのでしょうか?その時にどんなことを注意すればよいのか、作り方のコツはあるのでしょうか?

味噌ラーメンの基本のレシピ

基本の味噌ラーメンの作り方が分かれば、自分の好みに味を変えていくことができます。でも、基本の作り方を知らなければ、なかなかアレンジしてさらに美味しく自分の好みに合わせてつくることは難しいことでしょう。そこで、まずは基本の味噌ラーメンの作り方をマスターしてしまいましょう。まずは基本の味噌ラーメンを作った後で、それからぜひご自身で、ご自分の味覚やご家族の味覚に合わせてアレンジしていってみてください。

では、基本の味噌ラーメンの作り方をマスターしましょう。まず、中華鍋を使ってごま油、ニンニク、ショウガ、豆板醤、豚肉を炒めていきます。そこで全体的に火が通ったところで、あらかじめ千切りにしておいた人参やもやし、ざく切りにしておいたキャベツなどの野菜を入れてさらに軽く炒めて塩コショウをします。

そこに水を入れてしょうゆ(大さじ1)、みりん(大さじ1)、味噌(大さじ2)、甜麺醤(小さじ1)、料理酒(小さじ1)、酢(小さじ1)、鶏がらスープの素(小さじ2)を入れます。このスープが沸騰する前に麺を茹で始めます。茹で上がった麺をどんぶりに入れて、沸騰させたスープと具材をさらにどんぶりに盛り付けて、薬味ねぎをのせたら基本の味噌ラーメンの出来上がりです。

味噌ラーメンを美味しく作るコツ

どんな料理にもコツってありますよね。もちろん味噌ラーメンのスープを作るうえでもコツがあります!そのコツを知っているだけでも、美味しい味噌ラーメンを作ることができます。まず、味噌ラーメンを美味しく作るための絶対的なコツは、味噌料理の基本と同じで、味噌が固まりにならないようにしっかりと溶かすことです。味噌が溶かされていなければ、味が濃いところと薄いところができてしまい美味しくなくなってしまいます。

そして、味噌は沸騰させすぎると味噌独特の風味が飛んでしまいます。なので、味噌ラーメンのスープを作るときに味噌は一度沸騰させますが、沸騰させすぎないように気を付けてください。また、野菜を炒めるときにはお好みにもよりますが、適度に歯ごたえが残るように炒めるのが良いでしょう。そうすると、口の中でシャキシャキとした食感を楽しむことができるので、お店で食べるような食感を味わうことができます。

自宅で作る本格派の味噌ラーメン人気レシピ

基本の味噌ラーメンのスープの作り方レシピをマスターしたところで、今度は、本格派の味噌ラーメンに挑戦してみませんか?味噌ラーメンはちょっとの工夫で家庭で作っても本格派の味を作り出すことができます。ラーメンはやっぱり店で食べるものと思っておられる方でも、この味噌ラーメンを食べたら、店に行く必要がなくなるかもしれません。ぜひご家庭で本格派の味噌ラーメンを楽しんで召し上がってみてください。

ピリ辛味がクセになる「おうちで味噌ラーメン」

味噌ラーメンと言えばそのままよりもちょっとピリッと辛いほうが好みという方も多いです。そんな方におすすめなのがこの「おうちで味噌ラーメン」です。家で作るからこそ、自分の好みのピリッとした辛さにすることができます。お子様がいてもお子様でも食べれるぐらいのピリッとちょっと刺激があるかなぐらいに作ることが可能なレシピです。ぜひ、自分の好みの辛さに調整して作ってみてください。

では、おうちで味噌ラーメンの作り方レシピを見ていきましょう。鍋にごま油を熱してニンニク、ショウガ、豆板醤を炒めて香りが出たところでひき肉を入れて強火で炒めます。軽く炒めたらあらかじめ沸かしていたお湯を注ぎ入れます。そこに中華スープの素(大さじ1)、酒(大さじ1)、塩(小さじ1/2強)、砂糖(大さじ1強)、あれば人参、玉ねぎのすりおろし(5センチ大分位)、味噌(大さじ3)、胡椒とゴマはお好みの量を入れて沸騰させます。

あらかじめ沸かしておいたお湯でまずはもやしをサッと茹でます。そのまのお湯を使って、麺を茹でます。麺を茹でている間に野菜を強火にで塩コショウを振って軽く炒めておきます。麺が茹で上がったら、よくお湯を切って、麺を器に入れたらスープを注ぎ、野菜、具をその上にのせたら出来上がりです。麺が伸びないうちに具材の準備をするように心がけましょう。あとは、お好みに合わせて辛さを調整して作ってみてください。

オイスターソースが隠し味「こくうま味噌ラーメン」

味噌ラーメンを作るときにオイスターソースを入れてみたことがありますか?実は、オイスターソースを入れることによってさらに味噌ラーメンのコクを増すことができるのです。そして、オイスターソースと味噌との相性もばっちりなので、ぜひ味噌ラーメンを作るときにオイスターソースを隠し味に使ってみてください。たったそれだけでも「こくうま味噌ラーメン」になります。では、作り方レシピを紹介します。

まずは、ニンニク、ショウガ、ザーサイをみじん切りにしておきます。そして鶏ガラスープの素(小さじ1)、水(4カップ)を混ぜておきます。片栗粉(大さじ1と1/2)、水(大さじ1と1/2)も混ぜておきます。フライパンにごま油を中火で熱しておいてニンニク、ショウガ、赤唐辛子を加えて炒めます。香りが立ったところで、豚ひき肉を入れてほぐしながら炒め、豚ひき肉の色が変わったところでザーサイを加えてさらにサッと炒めます。

そして、そこに混ぜて置いた鶏がらスープと水を加えて混ぜ、煮立ったら酒(大さじ1)、みりん(大さじ2)、オイスターソース(大さじ1)、味噌(大さじ3)を加えて混ぜます。調味料が溶けたら、混ぜて置いた水溶き片栗粉を少しずつ加えて、手早く混ぜてとろみをつけます。片栗粉に火を通したらいったん火を止めます。

そして、別のフライパンでもやしを塩を振って炒めて、別の器に取り出しておきます。その後中華麺を茹でて湯切りをして、スープを温めたら、麺とスープをどんぶりにのせて、炒めたもやしをその上に盛り、あとはお好みでラー油を回しかけたら完成です。

お店に行く必要がなくなるほど「本格味噌ラーメン」

ちょっと調味料が多いですが、本格的なラーメンをお家で作り出せるレシピです。もしかしたら、今後お店で味噌ラーメンを食べる機会がなくなるかもしれないほど、美味しい味噌ラーメンを作ることができます。調味料が少し多いだけで、作り方は簡単です。スープ自体はスープの調味料を一気に混ぜて火にかけるだけなので、一度試しに作ってみてはいかがでしょうか?

スープ用の鍋に、水(700cc)、味噌(大さじ2と1/2)、創味シャンタン(大さじ1と1/2)、酒(大さじ2)、豆板醤(小さじ2)、塩コショウ(適宜)、砂糖(小さじ1と1/2)、おろしニンニクとおろしショウガはお好みで、すりごま(大さじ2)、ごま油(大さじ2)を入れて煮立たせます。そして、麺を茹でる用のお湯を沸かしておきましょう。

トッピングする野菜を切ってフライパンにサラダ油とごま油を入れて、肉を炒めて、野菜を固いものから順番に炒めてあらびき塩コショウをかけて炒めましょう。炒めたら、麺を茹で始め、スープを温めます。麺は湯切りをして器に盛り、スープと炒めた野菜を載せて、ネギや茹で卵をお好みでトッピングしたら出来上がりです。太麺が合いますが、細麺で作るときには、少し塩分を控えめにすると美味しいです。

味噌ラーメンの簡単人気作り方レシピ

料理をするときにはできるだけ簡単に作れると時間がない時でも作って食べることができるので簡単レシピは重宝します。でも、味噌ラーメンのスープを自分で作ろうと思うと、いろいろとショウガやニンニクをすりおろしたり、ネギを切ったり、味噌を溶いたりと結構作るのが面倒に感じる方がいます。もし味噌ラーメンも簡単に作れたらうれしいですよね。では、味噌ラーメンのスープを作るのにも簡単な作り方レシピはあるのでしょうか?

家にある材料で作れる「お湯で溶かすだけの味噌ラーメンスープ」

簡単に作れる味噌ラーメンのスープの作り方レシピでお湯で溶かすだけというレシピがあります。調味料を全部器に入れて後はお湯を注いで、すべての調味料を溶かすだけという簡単レシピです。しかも、具材として載せるものは切ったり炒めたりしますが、スープに必要な材料を刻む必要もありません。フライパンで炒めたりする必要もないのです。では、どのようにお湯で溶かすだけで作れる味噌ラーメンが出来上がるのでしょうか?

まずはどんぶりに味噌(小さじ2)、3倍濃縮のめんつゆ(大さじ1)、鶏がらスープのもと(小さじ1)、砂糖(小さじ1/4)、すりおろしチューブのショウガとニンニク(小さじ1/4ずつぐらいでお好みの量)、ラー油またはごま油ををお好みの量を入れます。後はお湯を200ml注いで、茹でた麺を入れるだけです。お好きでお好みの野菜などをトッピングして完成です。野菜は前もって切ったり、必要に応じて炒めておくと良いでしょう。

この作り方レシピはあくまでも目安なので、しょうが、にんにく、油の量はお好みで加減して入れていただき、その他の味噌、めんつゆに関してもメーカーによって味が変わってくるのでお好みで量を調整されることをおすすめします。簡単に作れるので、時間がない時などにぜひ試しに作ってみてください。

本格派なのにあっという間に作れる「行列ができる簡単味噌ラーメン」

家で作るとやっぱり家の味になってしまうと感じる方が多くいますが、作り方のレシピによってはお店の味に近づけるように工夫されているものがあります。その名も「行列ができる簡単味噌ラーメン」です。行列ができるほど美味しいと思える味噌ラーメンをご家庭でも作ることが可能なのです。しかも、本格的な味に対してそんなに手間暇をかけずに簡単に作れるのがこのレシピの魅力です。では、どのように作るのでしょうか?

まず長ネギ10センチぐらいを縦に割ってから太めに刻んでおきます。鍋に豚ひき肉(100g)、ごま油(大さじ1/2)、チューブのおろし生姜とニンニク(1センチずつ)、味噌(大さじ3)、豆板醤(小さじ1)、切っておいた長ネギをいれて炒めます。ひき肉に火が通るまで炒めていきます。

そしたらそこに、鶏がらスープの素(大さじ1)、3倍濃縮めんつゆ(大さじ1)、塩(小さじ1/2)、砂糖(小さじ2)、お好みでラー油、コショウ、ゴマを入れて沸騰させます。5分ほど煮込んだら味噌ラーメンのスープの完成です。あとはそこに茹でた麺とお好みの具材を盛り付けて出来上がりです。でも、必ず仕上げてにバターを載せることを忘れないでください。スープの美味しさがパワーアップします。

ズボラな人にもおすすめ「超簡単野菜たっぷり味噌ラーメン」

ズボラな人にとって味噌ラーメンのスープを自分から作るなんて考えるだけで面倒に感じることでしょう。でも、そんな方でも簡単に作れる味噌ラーメンのレシピがあるのです!麺は別で茹でる必要がありますが、それ以外は一つの鍋で作ることができるので、洗い物の手間も省けます。ぜひ面倒に感じるズボラな方にも一度作ってみてほしい味噌ラーメンの作り方レシピです。

味噌ラーメンの具の野菜を食べやすい大きさに切って全部鍋の中に入れます。よく使われる野菜だと、玉ねぎ、ネギ、キャベツ、もやしですが、それを全部一緒に入れてしまってください。そこにお肉と鶏がらスープの素(大さじ1)と水(600ml)を入れて、全体に火が通って野菜がしんなりするぐらいまで煮ます。

野菜がしんなりしてきたところでお玉一杯分ぐらいの味噌を入れて溶かします。そこに豆板醤(大さじ1~2)、ごま油(大さじ1)を加えます。後は野菜が好みの硬さになるまで火を通します。ラーメンは別の鍋で茹でて器に盛り付けます。そこにラーメンスープを盛り付けて、お好みで白ごま、七味唐辛子、ニンニクなどを入れたら出来上がりです。豆板醤によってコクが出ますが、辛くなるので、お好みで調整して作ってみてください。

味噌ラーメンのアレンジ人気作り方レシピ

普通に食べても美味しい味噌ラーメンですが、アレンジするとさらに美味しく食べることができます。アレンジの仕方も簡単です。また、市販品のインスタントラーメンを使って美味しくアレンジすることもできます。市販品のインスタントラーメンはそのまま食べても十分美味しいですが、アレンジすることによってさらに美味しくなり、他とはちょっと違った味を楽しむことができます。では、どんなアレンジレシピがあるでしょうか?

暑い日に食べたい「冷やし味噌ラーメン」

暑い日にこそ冷やしラーメンを食べてスタミナを付けませんか?夏は料理をするという気になかなかなれないかもしれません。でも、インスタントラーメンを使えば簡単に美味しい冷やしラーメンを作ることができます。市販のたれをそのまま使って作っても十分美味しいですが、一手間かけてさらに美味しくしませんか?ぜひ夏にふさわしく、スタミナ回復にもふさわしい豚しゃぶ冷やし味噌ラーメンを作ってみてください。

まずは、具材の卵を茹でて茹で卵にします。万能ねぎは小口切りにしておき、玉ねぎは薄くスライスしておきます。新玉ねぎだとそのままでも大丈夫ですが、玉ねぎの辛みが気になる方はこのタイミングで、玉ねぎを水にさらして、水気をとっておくと食べるときに玉ねぎの辛みが気になりません。器に市販の味噌ラーメンについている粉末スープ(小さじ1)とすりおろしニンニク、牛乳(30cc)とすりごまを混ぜておきます。

そこに、あらかじめ茹でて水気を良く切っておいた豚肉とスライスした玉ねぎを入れて和えます。そして、茹でた麺を器にもって、スープをかけます。後は、茹で卵とコーン、万能ねぎを盛り付けて、市販についてくる七味スパイスをお好みでかけたら完成です。のせる具材に関してはご自分の好みのものに変えてみてください。お好みでラー油をかけてお召し上がりになるとさらに美味しくなります。

しっかり野菜が食べられる「坦々ごま鍋で作る味噌ラーメン」

坦々ゴマ鍋を作って食べた後の締めにラーメンがとてもよく合います。冷蔵庫に入っている野菜で簡単に美味しいく作ることができるので、冷蔵庫の中のものを一掃したいときにもおすすめのメニューです。鍋として、またラーメンを入れて味噌ラーメンとして一度で二度おいしい食べ方ができるので、ぜひ作ってみてください。

水とだし昆布、野菜を鍋に入れ火にかけます。その間に肉味噌を作ります。フライパンにごま油を熱してひき肉を炒め、色が変わってきたらフライパンの片側に寄せます。空いているところに豆板醤、甜麺醤を炒めます。そして、酒(大さじ1)、みじん切りしたネギ(1/2本)、おろしショウガとニンニク(小さじ1ずつ)、すりごま(大さじ3)、水(50cc)、砂糖としょうゆ(小さじ1ずつ)、味噌(大さじ2)、酢(大さじ1)を入れひと煮立ちさせます。

その間に鍋が沸騰してくるので、豚肉を入れて煮ます。灰汁が出てきたら丁寧に救ってください。そこに肉味噌を覆うように入れて、簡単に混ぜます。しばらく煮込んで野菜が柔らかくなり、肉味噌がだしに落ち着いたところで、豆腐とにらを入れたら坦々ゴマ鍋の完成です。このあとでぜひ茹でたラーメンを入れてください。絶品です。

簡単に味付けできる「味噌ラーメンde油そば」

こってりが好きな方は油そばが好きな方も多いでしょう。市販のインスタント麺を使って油そばを簡単に作ってみませんか?市販のインスタント麺と添付されているスープで味を付けるので、調味料を図って合わせるなどの手間がいりません。市販のスープを使うことでいつでも同じ味付けを楽しむことができます。いつものインスタント麺を一手間加えてさらに美味しく食べてみませんか?

ニンニク、にら、万能ねぎをみじん切りにしておきます。インスタント麺から添付されているスープの袋を1つ取り出して容器に入れておきます。フライパンでごま油を熱したらニンニクを入れます。香りが立ってきたところで豚ひき肉を入れてさらに炒めます。ひき肉の色が変わってきたところで、液体スープ(小さじ1強)を入れてなじませたら、にらを加えてサッと炒めておきます。

ラーメンを表示よりも少し短めに茹でたらザルにあけて湯切りをして熱いうちに器に盛ります。残っているゆで汁お玉一杯分ぐらいを残った液体スープにかけて溶かしてごま油と一緒に麺に回しかけ、麺をほぐしながら絡ませます。後は炒めたひき肉を載せて卵などを載せたら出来上がりです。食べるときには良く混ぜて召し上がってください。ラー油やお酢をお好みでかけて食べても美味しく食べれます。

お店の味再現!つけ麺として食べる「冷やし味噌ラーメン」

お店の味が再現された本格的な冷やし味噌ラーメンのレシピです。スープと麺を別々に盛り付けてつけ麺として食べてみてください。お店に行かなくても手軽に家でお店の味を楽しむことができます。お店の味を再現といってもそんなに手間暇がかかって難しいわけではありません。簡単に作ることができます。

まずは弱火でラー油(一びん)、唐辛子(大さじ1)、ニンニクスライス(3かけ分)を炒めます。香りが立ったところで豚肉を入れて火を通します。そこに、一味唐辛子(大さじ3)、味噌(大さじ2)、味の素(大さじ1/3)、鶏がらスープの素(大さじ1/3)、砂糖を適量入れて、味噌の香りがしてくるまで炒めます。

その間にお湯を沸かして、もやしを茹でて、同じお湯で麺も茹でておきます。先ほど作ったスープにこのゆで汁をお玉で4~5杯分ぐらいを入れてひと煮立ちさせたらスープの完成で器に盛ります。めんは冷水で閉めてもやしを添えたら出来上がりです。つけ汁にゆで汁を使うことによってコクととろみが出ます。つけ汁はしょっぱめになっているのでお好みで味噌の量や砂糖の量を調整してご自分の好みに仕上げてみてください。

味噌ラーメンにおすすめの具は?

味噌ラーメンの具材と聞くとどんなものが思い浮かびますか?いつもはどんなものを入れていますか?人によって入れたいものは違うと思いますが、ここでおすすめの味噌ラーメンに合う人気の食材を紹介していきます!紹介する具材は、どれもより味噌ラーメンの良さを引き出して、麺とスープと絡んで美味しくなること間違いありません。では、味噌ラーメンにおすすめの人気の具材には何があるのでしょうか?

ボリューム満点でシャキッと美味しい「野菜炒め」

ラーメンは栄養が偏ってしまいがちですが、野菜炒めを入れれば美味しくて栄養も摂取することができます。味噌ラーメンは味噌の味がしっかりとついているので、スープが具材に負けることなくどんな具材でも合います。そして、複数の具材を載せることによってさらに美味しさがパワーアップします。味噌と相性の良い具材であるならどんなものでも美味しくなる味噌ラーメンですが、野菜炒めはどんな野菜を入れると良いのでしょうか?

味噌ラーメンに入れるときの野菜はどんなものでも基本的には合います。普通におかずとして野菜炒めを作るときと同じ野菜を使って野菜炒めを作ると良いでしょう。ただ、味噌ラーメンに入れるときの野菜炒めの一般的な具材としては、もやし、ニンジン、ピーマン、キャベツが多いです。どの野菜も味噌とよく絡むので美味しくなります。

ただ、味噌ラーメンに入れるときの野菜炒めを作るときのワンポイントは味噌で味を付けることです。塩や醤油で味を付けてもある程度美味しいですが、ちょっとこだわりのある方には何か違和感を感じることになるかもしれません。そこで、味噌ラーメンと同じような味付け、つまり味噌で味をつけることによってその違和感を解消させることができます。ぜひ試してみてください。

味噌ラーメンに合うおすすめの野菜炒めの作り方レシピです。まず、みりん(大さじ1)、酒(大さじ1)、味噌(大さじ1/2)、鶏がらスープの素(小さじ1/2)を混ぜておきます。フライパンを熱してバターとかしたら、豚肉を入れて色が変わるまで炒め、野菜ミックスを入れます。野菜に火が通ったら混ぜて置いた調味料を入れて全体的に絡めたら完成です。豚肉を一緒に炒めることでさらに美味しい野菜炒めになり、味噌ラーメンに合います。

Thumb野菜炒めのカロリーは高い?ダイエットに効果的なおすすめ方法とレシピとは! | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

バターの風味は濃厚でまろやかな「コーンバター」

味噌ラーメンの具材と言えば定番として浮かぶ一つにコーンバターがあるのではないでしょうか。味噌ラーメンにコーンを入れると彩りが鮮やかになって食欲をそそる見た目になりますよね。また、バターを仕上げにのせて麺とコーンと具材と絡ませて食べることによって味がまろやかになるだけでなく、コクがさらに加わって美味しさがより増します。よく入れるコーンとバターですが、いつもそのまま入れていますか?

コーンとバターを別々にそのまま入れても十分味噌ラーメンを美味しく引き立ててくれます。でも、コーンバターをあらかじめ炒めて少し味噌を加えて味を付けておくと、さらに麺とスープとの相性が抜群になります。時間がない時や面倒なときにはそのまま入れて、ちょっと手間をかけてもよいなと思うときには、一度コーンバターを別のフライパンで作ってから味噌ラーメンにのせてみてください。いつもと違う風味になりますよ。

コーンバターを先に炒めておくのは簡単です。フライパンにバターを溶かしたらコーンと味噌を入れて炒めて、あとは塩コショウで味を調えたら出来上がりです。この時に、あまり味を濃くすると味噌ラーメンの味も濃くなるので、加減しながら味の調整をしてみてください。ちょっとの一手間でいつもの味噌ラーメンもワンランクアップです。

がっつり食べたい時におすすめの「ひき肉」

他のラーメンだとチャーシューが一般的ですが、味噌ラーメンにはひき肉がよく合います。ひき肉は味噌ラーメンの定番の具材と言っても過言ではないでしょう。皆さんは味噌ラーメンにひき肉を入れるときにはどのようにしていますか?スープを作るときに一緒に炒めて作るタイプのレシピもありますが、ひき肉を入れないで作る味噌ラーメンのスープのレシピもあります。そのようなときにはどうしているでしょうか?

ひき肉をフライパンで炒めて塩コショウで味付けをして味噌ラーメンの上にのせても十分美味しく食べることができます。でも、肉みそを作って載せるとさらにお肉の味と味噌の風味とが加わって味噌ラーメンをより一層美味しいものに変化させてくれます。肉の風味と味噌をよく絡ませることによって、お肉の脂分がラーメンのスープや麺によく絡むようになるのです。ぜひ肉味噌を味噌ラーメンの上にのせてみましょう。

肉味噌の作り方ですが、まず、鍋にサラダ油とみじん切りにしたニンニクを入れて弱火にかけ、香りが出たらみじん切りにした玉ねぎを加えて中火で炒めます。玉ねぎの色が少し透き通ってきたら、ひき肉を加えて炒めます。火が通ったところで、鍋の隅に寄せて中央に味噌(大さじ1)と豆板醤(小さじ1/2)を入れて香りが出るまで炒めたら、しょうゆ(大さじ1/2)、砂糖(小さじ1)を加えて混ぜ、水を大さじ3加えて2,3分煮たら出来上がりです。

Thumbひき肉のレシピ・簡単料理を紹介!ササっと作れて美味しい人気のメニュー | お食事ウェブマガジン「グルメノート」

味噌ラーメンの作り方レシピをマスターしよう!

いかがでしたでしょうか?味噌ラーメンと一口に言ってもいろいろな作り方があります。でも、お店に行かなくても、インスタントラーメンが家になくても実は手軽につくることができる便利なメニューでもあったのです。家に、中華麺、生のラーメンの麺などがあればいつでも作ることができます。家で自分で作ると自分の好みの味に仕上げることができるので、もしかしたらお店よりも自分の好みに合うものが作れるかもしれません。

今回は、基本的な味噌ラーメンの作り方から、本格的な味噌ラーメンのレシピ、お湯を注ぐだけやあっという間に作れる簡単な味噌ラーメンの作り方、そして、アレンジ方法やおすすめの具材について紹介してきました。人によって調理に掛ける時間はそれぞれですので、ご自分に合ったレシピを探して作っていただけたら幸いです。ぜひ味噌ラーメンの作り方をマスターして自分の好みに合った味噌ラーメンを食べましょう!

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ